Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • the last thing Dave you, you started in comedy and we're seeing comedy in a weird place right now, where in some ways that the only speak people speaking the truth, but in some ways they feel like they can't say what they used to say.

    最後にデイブさん、あなたはコメディを始められましたが、今、コメディは奇妙な状況にあります。

  • And you know, we we see shows that were made 57 years ago that couldn't be made.

    また、57年前に作られた番組で、作れなかったものを見ることもありますよね。

  • Now, even, you know, one hour specials that couldn't be made.

    今では、1時間のスペシャル番組でも、作ることができなくなってしまいました。

  • Now, I know that's where your roots were.

    あなたのルーツがそこにあることは知っています。

  • What do you see in the comedy landscape and and will it ultimately be our savior somehow?

    あなたはコメディーの状況をどう見ていますか?そして、最終的にはコメディーが私たちの救世主になるのでしょうか?

  • It's true, brian, I used to be funny a long time ago.

    本当だよ、ブライアン。昔は面白かったんだけどね。

  • That's what I miss about the live thing.

    それがライブの懐かしいところです。

  • I mean, that's what I was doing with Jordan, I was warming up the crowd, I was having fun with everybody and, you know, on the off nights of the tour, I would sell out a comedy club and just get up there and yeah, I got I got five jokes, but I know how to get up there and just have fun with everybody and talk about the news and what's going on in the world and that kind of thing.

    ジョーダンでは、観客を温めたり、みんなと楽しんだりしていましたが、ツアーのオフの夜には、コメディークラブを完売させて、そこに立って、5つのジョークを言っていました。

  • Comedy has been decimated by woke ISm, I mean people that were funny, I suppose Stephen Colbert and jimmy Kimmel and Sarah Silverman, these people that were once funny have all become hysterical woke progressive activists by the way.

    つまり、スティーブン・コルベアやジミー・キンメル、サラ・シルバーマンなど、かつては面白かった人たちが、ヒステリックな覚醒した進歩的活動家になってしまったのです。

  • Several of the people I just mentioned have also been in blackface, so usually it's that they're just covering up their own sins, you know, that's, that's what they are often doing, jimmy Kimmel who's in blackface karl Malone for years, he was doing this and now he's the biggest social justice warrior on the planet and will run around telling you that your racist and that America's racist, I mean the guy's just a clown.

    ジミー・キンメルは何年も黒塗りをしています カール・マローンは何年も黒塗りをしていましたが、今では地球上で最大の社会正義の戦士となり、自分が人種差別者であることやアメリカが人種差別者であることを伝えて回っています つまり、この人はただのピエロなのです。

  • Um, I do sense that, that there is going to be this rebirth of it and that would be connected to what we were talking about earlier about young people that are just like screw all of you.

    そしてそれは、先ほどの話に出てきた、「お前らなんかクソ食らえ」というような若い人たちの話にもつながっていくのではないでしょうか。

  • Like we are not going to live by these ridiculous rules.

    こんな馬鹿げたルールでは生きていけないというように。

  • We're not going to be afraid of our shadow and what we say all the time and the rest of it.

    私たちは、自分の影や、いつも言っていることや、それ以外のことを

  • So I'm bullish on that new young comics will will come around and that's the other people.

    だから私は、新しい若い漫画家たちが集まってくるだろうと強気に考えているし、それは他の人々にも言えることだ。

  • I just, I just want to get back out there.

    私はただ、そこに戻ってきたいだけなのです。

  • We were thinking about maybe doing like a monthly live show in L.

    Lで月1回くらいのペースでライブができないかと考えていました。

  • A.

    A.

  • Just to get in front of people.

    ただ、人前に出るために。

  • I want people to laugh together to break bread together to to drink together again.

    一緒に笑って、一緒にパンを食べて、また一緒に飲んでほしい。

  • Um You know, it's been basically a year and a half since I went to a bar.

    あのね、バーに行くのは基本的に1年半ぶりなんだよ。

  • You know, even even here in L.

    ここLでも。

  • A.

    A.

  • Where we've opened up to some degree, you can't sit at a bar.

    ある程度オープンになったところでは、バーに座ることはできません。

  • I mean, it's just nonsense, but you know, I used to like going to a bar, sit down next thing, you know, you're chatting with somebody, next thing, you know, you're chatting with four people.

    くだらない話ですが、私は以前、バーに行って席に着くと、誰かと話していたかと思うと、次の瞬間には4人と話していたものです。

  • Pretty cool.

    かっこいいですね。

  • We don't do any of that anymore.

    今ではそのようなことは一切ありません。

  • So we got to rebuild those human connections and a lot of it does of course, come through comedy.

    そのためには、人と人とのつながりを再構築する必要がありますが、その多くはもちろん、コメディーを通して行われます。

  • Yeah, definitely.

    ええ、確かに。

  • And the Rubin report, I mean, man, there's no flies on you.

    ルービン・レポートは、つまり、あなたにはハエがいないということです。

  • I mean, you're producing content every single day.

    つまり、毎日コンテンツを制作しているということです。

  • It seems it's slick, it's well produced, you've got great guests.

    洗練されていて、よく作られていて、素晴らしいゲストを迎えているように見えます。

  • I mean, it's really it's it's blossomed and gone a little exponential.

    つまり、それは本当に花開いて、ちょっとした指数関数的なものになっているのです。

  • Obviously that's intentional on your part.

    それは明らかにあなたの意図的なものです。

  • But how do you do all that and where is it going in the future?

    しかし、それをどうやって行うのか、そして将来的にはどこへ行くのか。

  • You know, I like doing, I mean, that really is the truth.

    好きでやっていることなので、それは本当のことです。

  • We've shifted a little bit away from interviews.

    インタビューからは少しずつシフトしています。

  • I'm doing one or two interviews a week and I'm doing the Daily Director Camera thing, which I love doing.

    週に1、2回はインタビューを受けていますし、大好きなDaily Director Cameraの仕事もしています。

  • I wake up my producer and I we go through some stories, hey, what's interesting to talk about?

    私のプロデューサーを起こして、いくつかの話をして、何か面白い話はないか?

  • I have basically no script, you know, I have a cup.

    私は基本的に台本がないので、コップを持っていますよね。

  • I know I have to have the three stories.

    3つの物語を持っていなければならないと思っている。

  • Maybe I'm talking about one or two data points, but it's basically just me doing a brain dump, you know, just here's what's on my mind, let's do it.

    1つや2つのデータポイントについて話しているのかもしれませんが、基本的には私がブレインダンプをしているだけなんです。

  • And I try to be a little a little sillier and not make everybody depressed and angry.

    そして、みんなを落ち込ませたり、怒らせたりしないように、ちょっとだけおバカさんになろうと思っています。

  • So I'm loving that, you know, we we we do the interview one once or twice a week.

    だから、週に1回か2回、インタビューをするのが好きなんです。

  • As I said, I'd love to start doing some more live stuff, so hopefully doing some in front of crowds, that kind of thing.

    さっき言ったように、もっとライブをやりたいと思っているので、できれば観客の前でやってみたいと思っています。

  • And then we'll just kind of see where, where it continues to go.

    その後は、どこまで続くのかを見守っていきたいと思います。

  • You know, as locals continues to explode.

    地元では爆発的に増え続けていますからね。

  • You know, we're on a nice trajectory with that and that's obviously deeply connected to what's going on with the show.

    私たちはその点で良い方向に進んでいますし、それは明らかにショーで起こっていることと深く関連しています。

  • And if if the show can continue to be a hub of uh you know, where where sane people can come together and and get the word out on a little, a little decency, then I've done something all right.

    そして、もしこの番組が、正気の人たちが集まって、ちょっとした良識を伝えるための拠点であり続けることができれば、私はいいことをしたと言えるでしょう。

  • And Youtube is still playing nice with you relatively, you know, nobody knows we we are all it is by the grace of Susan majesky that any of us exists.

    そして、Youtubeは今でもあなたと仲良くしています。つまり、誰も私たちのことを知らないのです。

  • It's so true.

    本当にそうですね。

  • It's so true.

    本当にそうですね。

  • And you think that the interviews over the last five years allowed you to do the two camera stuff as well as you do it now, Do you think having that knowledge base?

    また、この5年間の取材によって、今のように2台のカメラを使った撮影ができるようになったと思いますが、そのような知識を身につけていると思いますか?

  • Because I know it did for me, I don't think I can you know this you know this as an interviewer.

    私の場合はそうだったので、インタビュアーとしてこれを知っているかというと、そうではないと思います。

  • The best part of being an interviewer is that if you're interviewing the right people you can get a little something from everybody.

    インタビュアーの醍醐味は、適切な人にインタビューをすれば、全員から何かを得られることです。

  • You know if you sit down with Jordan Peterson long enough if you don't get something from him really learn something then then there's something wrong with you.

    ジョーダン・ピーターソンと長い間一緒にいて、彼から何かを得られず、本当に何かを学べないとしたら、それはあなたに何か問題があるということです。

  • If you do, if you sit down with Peter thiel and you don't get something from him, something's wrong with you.

    もし、あなたがピーター・ティールと一緒に座って、彼から何も得られないとしたら、あなたは何か間違っている。

  • And then if you do that over years and years with a really varied collection of people thomas soul.

    そして、それを何年もかけて、本当に様々な人たちと一緒にやっていくと、トーマス・ソウルができあがります。

  • I mean some of the people have been so honored to sit down with each one of them.

    ひとりひとりと向き合うことができて、とても光栄に思っている人もいると思います。

  • I was able to take something from them in the in the best sense of it.

    良い意味で彼らから何かを受け取ることができました。

  • I was able to incorporate their worldview, their ideas.

    彼らの世界観やアイデアを取り入れることができました。

  • So it allowed me now to speak very clearly about the things that I care about.

    そのおかげで、今では自分が大切にしていることをはっきりと語れるようになりました。

  • So I think it it actually feels to me like a very natural progression of oh I I was an interviewer for let's say five years.

    ですから、例えば5年間インタビュアーをしていたとすると、とても自然な流れだと私は感じています。

  • That's mostly what I was known as we're now I'm known as something else.

    それは、私が以前に知られていたものであり、今では別のものとして知られています。

  • I'm known as you know somebody that's that's talking for a living rather rather than listening.

    私は、聞くよりも話すことを生業にしている人として知られています。

  • Although I enjoy the listening part to it refined all of it and uh you know who knows where it'll be in five years.

    聴くことも楽しいですが、そのすべてが洗練されていて、5年後にはどうなっているかわかりません。

  • Not my words.

    私の言葉ではありません。

  • Why?

    なぜ?

  • For more more.

    さらに詳しくはこちら

  • Yeah.

    うん。

  • Mhm.

    ムムム。

the last thing Dave you, you started in comedy and we're seeing comedy in a weird place right now, where in some ways that the only speak people speaking the truth, but in some ways they feel like they can't say what they used to say.

最後にデイブさん、あなたはコメディを始められましたが、今、コメディは奇妙な状況にあります。

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

A2 初級 日本語 コメディー インタビュアー インタビュー キンメル バー 一緒

お笑いの風景は我々の救世主となるか??- Dave Rubin On London Real With Brian Rose (Will The Comedy Landscape Be Our Saviour? ? - Dave Rubin On London Real With Brian Rose)

  • 8 0
    林宜悉 に公開 2021 年 06 月 14 日
動画の中の単語