Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • August 21, 1986.

    1986年8月21日。

  • A man named Joseph shakes himself out of a haze.

    ジョセフという男は、朦朧とした意識の中で自分を奮い立たせる。

  • His head is thumping.

    頭がドクドクしている。

  • He's almost delirious.

    彼はほとんど錯乱している。

  • His nostrils are filled with the most noxious smell.

    彼の鼻孔は最も有害な臭いで満たされている。

  • He tries to say something, but words won't come out of his mouth.

    何かを言おうとしても、言葉が出てこない。

  • He surveys his body.

    自分の体を調査する。

  • It's stained red and covered in painful blisters.

    真っ赤に染まり、痛々しい水ぶくれができています。

  • Before he can assess what's happened, he loses consciousness.

    何が起こったのかを理解する前に、彼は意識を失った。

  • He wakes up again and walks into his daughter's room.

    再び目を覚ました彼は、娘の部屋に入っていく。

  • She's already departed from this world.

    彼女はすでにこの世を去っています。

  • With eyes filled with tears, he slowly walks over to his neighbor's house.

    涙を流しながら、ゆっくりと隣の家に向かって歩いていく。

  • All of them are dead.

    全員が死んだ。

  • In every house in the village, he finds nothing but death.

    村のどの家に行っても、死しかない。

  • Riding on his motorcycle outside of the village he sees no sign of life.

    バイクに乗って村の外に出てみると、人の気配がない。

  • People he knew, even the animals in the fields: all of them are dead.

    知り合いも、野山の動物も、みんな死んでしまった。

  • This was one of the worst natural disasters ever to befall mankind, and the worrying thing

    これは人類史上最悪の自然災害の一つであり、心配なのは

  • is, it could happen again.

    が、また起こるかもしれません。

  • Let's now go back to the start, early evening close to Lake Nyos in northwestern Cameroon.

    さて、冒頭の話に戻りますが、カメルーン北西部のニオス湖に近い場所で、夕方からスタートしました。

  • Nothing is out of the ordinary, there are no signs of what's about to come.

    何の変哲もない、何の予兆もない。

  • Like on any other evening, Joseph is preparing dinner.

    いつもの夜のように、ジョセフは夕食の準備をしている。

  • His daughter is outside playing with her dog.

    彼の娘は外で犬と遊んでいる。

  • The villagers are cooking their meals, smokes from fires billows above their huts.

    村人たちは食事を作っており、小屋の上には焚き火の煙が立ち込めている。

  • Just after 9 pm, some of them swear they can hear a strange rumbling sound.

    午後9時を過ぎた頃、何人かが「ゴロゴロという奇妙な音が聞こえる」と言っていた。

  • Many people are already asleep, their bellies full, unaware that they're having the last

    多くの人は、お腹がいっぱいになった状態で、最後の

  • dreams they'll ever have.

    彼らの夢を実現するために

  • In just moments to come, they will be dead, as will just about any other living thing.

    瞬時にして、他のあらゆる生物と同様に死んでしまう。

  • Not far away at the lake, the rumbling stops for a while, and then whoosh, a massive jet

    遠くない湖のほとりで、しばらく音が止んだかと思うと、ヒューッと巨大なジェット機が現れた。

  • of water some 300 feet high (91 meters) sprays into the air.

    高さ91メートルの水が空中に飛び散ります。

  • This has never happened before, at least not for a long, long time.

    このようなことは、少なくとも長い長い間、これまでになかったことです。

  • This serene lake, which the locals rely on for their drinking water, has a dark secret

    地元の人々が飲料水として利用しているこの静かな湖には、暗い秘密があります。

  • no one is aware of.

    は誰も気付いていません。

  • When that jet of water rose into the air it brought with it carbon dioxide that had been

    噴出した水が空気中に舞い上がると、それまでに発生した二酸化炭素も一緒に運ばれてくる。

  • building up in the lake for maybe a thousand years.

    湖の中に1000年くらい溜まっていたのかな。

  • The gas formed a huge cloud, as wide as a football field, and it moved towards those

    そのガスは、サッカー場ほどの広さの巨大な雲を形成し、それらに向かって移動していきました。

  • villagers at a velocity that made it almost inescapable.

    村人たちは逃れられないほどの速さで移動していった。

  • When it arrived at the huts in those villages, it wrapped around those people like a cloak

    その村の小屋に到着すると、その人たちをマントのように包み込み

  • of death, there was nothing they could do.

    死を前にして、何もできなかった。

  • With only carbon dioxide to breathe, they passed out and died fairly quickly from suffocation.

    二酸化炭素しか吸えない状態では、気を失って窒息死してしまうのが早かった。

  • Some people survived, but not many.

    生き残った人もいたが、多くはない。

  • Joseph, who is very much a real person, was one of those survivors.

    実在の人物であるジョセフは、そのような生き残りの一人でした。

  • He woke up at one point but then collapsed again.

    一度は目を覚ましたものの、また倒れてしまった。

  • He recalled seeing red on his trousers, his body covered in what he called a “starchy

    ズボンには赤いものが付いていて、体は「デンプン」と呼ばれるもので覆われていたと記憶している。

  • mess”.

    mess」です。

  • Later in an interview, he said, “I wanted to speak, my breath would not come out.”

    その後のインタビューでは、"話したいのに、息が出てこない "と語っていた。

  • He wasn't even in the worst-hit village, which was one of the reasons why he survived.

    最も被害の大きかった村にいなかったことも、彼が生き残った理由の一つだ。

  • After seeing his daughter lifeless and then seeing how most of the village was dead, he

    娘が死んでいるのを見て、さらに村のほとんどが死んでいるのを見て、彼は

  • got on his motorbike and headed over to the village of Wum.

    バイクに乗って、ウーム村に向かった。

  • This is what he said about that perilous journey: “I didn't see any sign of any living thing

    その危険な旅について、彼はこのように語っている。"生き物の気配を感じなかった。

  • ... When I got to Wum, I was unable to walk, even to talk ... my body was completely weak.”

    ...ウームに着いたとき、私は歩くことも、話すこともできなかった......私の体は完全に弱っていた」。

  • When he arrived there he was met with utter devastation he could not ever have imagined

    現地に到着すると、そこには想像を絶する惨状が広がっていました。

  • in his worst nightmare.

    彼の最悪の悪夢の中で。

  • Death everywhere, people were just lying in the road, collapsed over fences; dead cows

    いたるところに死があり、人々は道路に倒れていたり、フェンスの上に倒れていたり、牛の死体があったりしました。

  • in the hundreds were lying in the fields.

    畑には何百人もの人が倒れていた。

  • Chickens, pet dogs, all just lying on the ground not breathing.

    鶏もペットの犬も、みんな地面に倒れて息をしていない。

  • Still, in a few of the huts there were some people still breathing, but only just.

    しかし、いくつかの小屋では、まだ息をしている人もいたが、ぎりぎりだった。

  • Some of them would wake up in a day or two, only to find every single member of their

    中には、1日か2日で目が覚めると、自分のメンバー全員が

  • family had passed away.

    家族が亡くなってしまった。

  • It seemed impossible, and we guess to a western audience, something straight out of an apocalyptic

    それは不可能なことであり、西洋の観客にとっては、終末論的な話の真っ只中にあるものだと思います。

  • movie.

    の映画を見ました。

  • Word soon got to western scientists- nobody had heard of a catastrophic event of such

    西洋の科学者たちにもすぐに伝わりましたが、これほどの大災害は誰も聞いたことがありませんでした。

  • magnitude.

    の大きさです。

  • Just what had happened?

    何が起こったのか?

  • Soon newspaper headlines read things like, “Aid, and scientists, flow into Cameroon.”

    やがて新聞の見出しには、「カメルーンに援助と科学者が流れ込む」と書かれるようになった。

  • Teams of experts from North American and Europe booked their flights, hoping they might solve

    北米と欧州の専門家チームが、その解決策を求めて飛行機を予約しました。

  • this mystery of this mass death.

    この大量死の謎は

  • Why would so many people just die and there not be any clear sign of what did it?

    なぜ多くの人が死んでしまったのか、その原因がはっきりしないのか。

  • It seemed at first to be what is calledoutgassing.”

    最初は、いわゆる「アウトガス」と思われました。

  • This is when gas has been trapped and it suddenly gets released.

    これは、閉じ込められていたガスが突然放出された場合です。

  • But what happened at Lake Nyos isn't common at all, in fact, it was a strange thing indeed,

    しかし、ニオス湖で起こったことは、まったく普通のことではなく、むしろ奇妙なことだったのです。

  • the worst of its kind in recorded history.

    史上最悪の事態となりました。

  • The scientists first had to understand just what had come out of the lake and what had

    科学者たちはまず、湖から何が出てきたのか、何が出てきたのかを理解しなければならなかった。

  • made that water spray into the air with such violence.

    その水が激しく空中に舞い上がった。

  • They lowered containers into the lake so they might check just what was in the water.

    水の中に何が入っているのかを確認するために、容器を湖に沈めた。

  • They were shocked to find that when they pulled some of those containers to the top, the lids

    その中には、上に引っ張ると蓋が出てくるものもあり、ショックを受けました。

  • blew off.

    が吹っ飛んだ。

  • What was certain is that there was so much carbon dioxide in the water that it created

    確かなのは、水の中に大量の二酸化炭素が含まれていて、それによって

  • enough pressure to cause the lids to blow.

    蓋が吹っ飛ぶほどの圧力がかかる。

  • What had happened at the lake, they agreed, was a “limnic eruption.”

    湖で起こったことは、「石灰岩の噴火」であるとの見解で一致した。

  • This is when dissolved carbon dioxide is somehow displaced from the bottom of a lake, and as

    これは、溶存している二酸化炭素が何らかの方法で湖の底から追い出され、それが

  • happened in this case, a large cloud of gas moves through the air, killing most living

    このケースでは、大きなガスの雲が空気中を移動し、ほとんどの生物を殺してしまいます。

  • things in its path.

    その通りになっている。

  • Everything caught in its wake suffocates in such a case.

    このような場合、その影響を受けたものはすべて窒息してしまいます。

  • The human death toll was almost 1,800, with over 3,500 livestock dying, all in an area

    人的被害は1,800人近くにのぼり、3,500頭以上の家畜が死亡しました。

  • of 16 miles (25 km) of the lake.

    の16マイル(25km)の湖上に位置しています。

  • These events are incredibly rare, but it had happened before, again in Cameroon, at Lake

    このような出来事は非常に稀ですが、以前にもカメルーンの湖畔で起きたことがありました。

  • Monoun in 1984.

    1984年のモノウン。

  • That time, 37 people died.

    この時は37名の方が亡くなりました。

  • But get this, there's a lake in Africa where a limnic eruption could occur and the lake

    しかし、アフリカには石灰岩の噴火が起こる可能性のある湖があり、その湖は

  • is 1,700 times larger than Lake Nyos.

    は、ニオス湖の1700倍の大きさです。

  • It's also surrounded by about two million people.

    また、約200万人の人々に囲まれています。

  • If an eruption happens, it could be one of the worst disasters known to man.

    噴火が起これば、人類史上最悪の災害の一つになる可能性があります。

  • We'll come back to that soon.

    その話はまた今度にしましょう。

  • First, let's look more closely at what went down at Nyos.

    まず、ニオスで起きたことを詳しく見てみましょう。

  • Scientists were sure that a limnic eruption had occurred, but they weren't sure what

    科学者たちは、石灰岩の噴火が起こったことを確信していましたが、何が起こったのかはわかりませんでした。

  • caused it.

    原因となりました。

  • Some geologists put forward the idea that a massive landslide had caused it, but others

    地質学者の中には、大規模な地滑りが起こったという説を唱える人もいましたが

  • said it must have been an earthquake.

    と言うと、「地震に違いない」と言われた。

  • Still, if that was true, wouldn't have someone felt it?

    でも、もしそれが本当なら、誰かがそれを感じていたのではないだろうか?

  • None of the survivors had felt the ground move beneath them prior to the gas attack.

    生存者の中には、ガス攻撃の前に地面が動くのを感じた人はいませんでした。

  • What seemed certain was that around 1.2 cubic kilometers of gas ended up forming that giant

    確かなことは、約1.2立方キロメートルのガスがこの巨大な物体を形成したということです。

  • cloud.

    のクラウドです。

  • The water turned a red color at the time as a result of the bottom part containing a lot

    その時、水が赤くなったのは、底の部分にたくさんの水が含まれていたからだ。

  • of iron, mixing with the air and being oxidized.

    の鉄が、空気と混ざって酸化されるのです。

  • That's why Joseph saw red all over himself.

    だからこそ、ジョセフは自分の体中に赤を見たのだ。

  • You might wonder why the cloud just didn't disperse in the air and harmlessly move right

    なぜ雲が空中で分散せず、無害なまま右に移動したのかと思われるかもしれませんが

  • over the heads of the villagers.

    村人たちの頭上には

  • The reason is carbon dioxide is denser than air.

    二酸化炭素は空気よりも密度が高いからだ。

  • That's why it moved low through the valleys and made its way to the villages.

    だからこそ、谷間を低空飛行で移動して、村までたどり着くことができたのです。

  • It moved fast, too, at around 12–31 mph (20–50 kilometers per hour).

    時速12〜31マイル(時速20〜50km)の高速で移動した。

  • Of course, that's not easy to get away from, but some people did.

    もちろん、それは簡単なことではありませんが、そうする人もいました。

  • Most others suffocated and died without even knowing what was happening.

    ほとんどの人は、何が起きているのかもわからないまま、窒息して死んでいった。

  • The survivors didn't get off easy.

    生き残った人たちも簡単にはいかなかった。

  • Many suffered from breathing problems after the disaster, while most of them had lesions

    震災後、多くの人が呼吸困難に陥り、ほとんどの人が病変を抱えていました。

  • all over their bodies.

    体中に

  • Some even became paralyzed, but later recovered.

    中には半身不随になった人もいたが、その後回復した。

  • Scientists wanted to know what had caused all those injuries.

    怪我の原因は何なのか、科学者たちはそれを知りたかった。

  • They figured CO2 was certainly the main culprit, but the release of sulfur dioxide and hydrogen

    CO2が主な原因であることは確かだが、二酸化硫黄や水素が放出されていると考えられている。

  • sulfide could also have caused people injuries.

    硫化物が人身事故の原因になることもある。

  • In Joseph's words, “My arms had some wounds ... I didn't really know how I got these wounds.”

    ジョセフの言葉を借りれば、「私の腕にはいくつかの傷があった・・・。どうしてこんな傷がついたのか、よくわからなかった」。

  • You can look at any medical website and it will tell that exposure to hydrogen sulfide

    どの医学サイトを見ても、硫化水素への暴露は

  • can cause headaches, nausea, convulsions, and certain eye and skin irritations.

    は、頭痛、吐き気、痙攣、特定の目や皮膚への刺激などを引き起こす可能性があります。

  • Joseph also said he smelled something awful, and that could have been the rotten egg malodor

    ジョセフも何かひどい臭いがすると言っていましたが、それは腐った卵の悪臭だったのかもしれません。

  • of hydrogen sulfide.

    硫化水素の

  • The villages were evacuated for the time being while the researchers stayed.

    研究者が滞在している間、村は当面、避難していた。

  • In fact, they had some disturbing news to report back to the Cameroonian government.

    実は、彼らはカメルーン政府に報告するための気になるニュースがあった。

  • That carbon dioxide was growing in the lake at a disturbing rate.

    その二酸化炭素は、湖の中で気になる速度で成長していた。

  • If something wasn't done about it, a similar disaster could happen again.

    このままでは、同じような災害が繰り返される可能性があります。

  • One survivor was named Suley.

    一人の生存者はスレイと名付けられた。

  • She lost all her children and another 31 members of her family.

    彼女は、子供たち全員と、さらに31人の家族を失った。

  • She lost over 400 cattle, too.

    彼女は400頭以上の牛も失った。

  • In the aftermath of the disaster, she and the other survivors even remarked that there

    震災後、彼女や他の生存者たちは、「あそこには......」と語っていた。

  • weren't any flies on all the dead bodies.

    死体の上にはハエもいませんでした。

  • The flies themselves had died.

    ハエ自体が死んでしまったのだ。

  • Those survivors banded together and helped each other out the best they could, but they

    生き残った人たちは、団結して精一杯助け合いましたが

  • were still afraid of the lake.

    は、まだ湖を怖がっていた。

  • They hadn't in the past had much interest in science, but instead, myths surrounded

    彼らは過去に科学に興味がなく、神話に囲まれていました。

  • the lake.

    ザ・レイク

  • Some of those stories stated it was home to their dead ancestors, and that it might rise

    その中には、死んだ祖先が住んでいて、それが蘇るかもしれないという話もありました。

  • up one day and cause calamity.

    ある日突然現れて、災いを引き起こす。

  • Tales of how dangerous the lake was had been passed on through generations.

    この湖がいかに危険であるかという話は、世代を超えて語り継がれてきた。

  • They were right, but perhaps ignorant of exactly what caused the danger.

    彼らは正しいのだが、何が原因で危険なのかを正確に知らなかったのかもしれない。

  • Scientists talked about suchgeomythology”, saying no doubt catastrophes have happened

    科学者たちはこのような「ジオミソロジー」について、「大災害が起きたのは間違いない」と語っていた。

  • over many years and stories have been passed down.

    長い年月をかけて、物語が受け継がれてきました。

  • What they wanted to do was make sure there were no more catastrophes.

    彼らが望んでいたのは、これ以上の大惨事が起こらないようにすることだった。

  • They got to work, not knowing if something would go off again and they'd be the ones

    彼らは、再び何かが爆発して自分たちが犠牲になるかもしれないと思いながら仕事をした。

  • lapsing into a coma and dying.

    昏睡状態に陥り、亡くなりました。

  • The villagers that survived invited them into their homes and made sure they always got

    生き残った村人たちは、彼らを家に招き入れ、常に彼らが

  • a good meal.

    美味しい食事を

  • You have to remember this place was extremely remote.

    この場所は非常に辺鄙な場所であることを忘れてはならない。

  • The only hotel was a hut.

    ホテルは小屋だけだった。

  • Over the weeks and months, they figured that the lake, made from a crater, sat on top of

    数週間から数ヶ月の間に、彼らは、クレーターから作られた湖がその上に座っていると考えました。

  • volcanic rubble.

    火山性の瓦礫。

  • They knew carbon dioxide was down there and that springs could take it into the water.

    彼らは、二酸化炭素が下にあることを知っていて、スプリングがそれを水に取り込むことができることを知っていました。

  • They didn't know what had caused the massive eruption, but they knew where that gas had

    大噴火の原因は分からなかったが、ガスの発生場所は分かっていた。

  • come from.

    から来ています。

  • It was a time bomb.

    時限爆弾のようなものだった。

  • It was sure to go off again one day.

    いつかまた、必ず爆発するだろう。

  • They considered digging tunnels down there to try and free the gas, but that would cost

    ガスを逃がすためにトンネルを掘ることも考えましたが、それにはコストがかかります。

  • way too much.

    をしています。

  • They even tinkered with the idea of using explosives to free the gas, but that was deemed

    爆発物を使ってガスを放出するというアイデアもあったが、それは却下された。

  • a bit on the dangerous side even if the immediate area was evacuated.

    避難しているとはいえ、ちょっと危険な状態です。

  • In the end, they decided to lay down a pipe at the bottom of the lake and let the gas

    最終的には、湖の底にパイプを敷いてガスを流すことにした。

  • run through that.

    駆け抜ける。

  • Small amounts could slowly be released through the pipe and then come out of the top of the

    少量がゆっくりとパイプを通って放出され、その後、上部から出てくる。

  • pipe into the air.

    パイプを空中に浮かべています。

  • Some experts thought that would be too dangerous, but by the time 2001 rolled around a pipe

    専門家の中には、それでは危険すぎるという意見もありましたが、2001年になると、パイプ

  • had been laid and the degassing of the lake began.

    が敷かれ、湖の脱ガスが始まった。

  • Right now, the lower parts of the area around Nyos are still eerily quiet.

    今、Nyos周辺の低地はまだ不気味なほど静かだ。

  • Many people have moved to safer places, but the disaster is never far away from their

    多くの人が安全な場所に移動しましたが、災害は決して遠いところにあるわけではありません。

  • thoughts.

    の思考になります。

  • Some others missed the place where they'd lived for so long, and are now living aside

    また、長い間住んでいた場所を懐かしく思い、今は離れて暮らしている人もいます。

  • the great lake again.

    再び湖に戻ってきました。

  • The good news is that the experts say there are just three lakes in the entire world where

    朗報は、専門家によると、世界には3つの湖しかないということです。

  • so much carbon dioxide can cause such a disaster.

    膨大な量の二酸化炭素がこのような災害を引き起こすのです。

  • Those are Lake Nyos, Lake Monoun that we mentioned, and Lake Kivu, which sits on the border of

    それは、ニオス湖、先ほど述べたモノウン湖、そして日本との国境に位置するキブ湖です。

  • The Congo and Rwanda.

    コンゴとルワンダ

  • The problem with Kivu is it's a giant, as we said, 1,700 times bigger than Nyos and

    キブの問題は、先ほど言ったように、ニヨスの1700倍という巨大なものであり

  • surrounded not by just small villages but millions of people.

    小さな村ではなく、何百万人もの人々に囲まれている。

  • Just remember that scientists don't exactly know what caused the Nyos eruption, so it

    ただ、ニオスの噴火の原因は科学者も正確にはわかっていませんので、その点はご了承ください。

  • seems such a thing could happen without any warning signs.

    何の前触れもなく、そんなことが起こるなんて。

  • If Kivu erupts, it could be a disaster like no other the world has ever seen.

    もしキブが噴火すれば、世界が経験したことのないような大惨事になるかもしれません。

  • Scientists went there after the Nyos disaster and what they found was a supersaturation

    ニオスの災害の後、科学者たちがそこに行って見つけたのは、過飽和状態だった。

  • of gas, meaning, it was a disaster waiting to happen.

    つまり、災い転じて福となす、というわけだ。

  • Sure, such events are supposed to take place maybe every 1,000 years, but no one knows

    確かに、そのような出来事は1000年に一度くらいの割合で起こると言われていますが、誰にもわかりません。

  • when the last one happened.

    最後の事件が起きたとき

  • What they do know is very large extinction events have occurred around that lake.

    分かっているのは、その湖の周辺で非常に大きな絶滅イベントが起きていることだ。

  • They say if it should happen again, and given a long enough timeframe it should, then a

    彼らは、もしもまた同じことが起こったら、そして十分に長い時間をかけて起こったら、その時は

  • lot of those two million people could die.

    その200万人のうち、多くの人が死ぬ可能性がある。

  • Experts also warn that lake tsunamis could also occur, due to those explosions of gas.

    また、ガスの爆発によって湖の津波が発生する可能性もあると専門家は警告しています。

  • Pipes could be built to allow the gas to release in a safe manner, but there are around 510

    ガスを安全に放出するためのパイプを作ることができるが、約510本の

  • million metric tons of carbon dioxide down there.

    百万メートルトンの二酸化炭素が下に落ちています。

  • That's about two percent of what's released into the atmosphere each year from humans

    これは、人間が1年間に大気中に放出する量の約2%にあたります。

  • burning fossil fuels.

    化石燃料を燃やす。

  • Right now, there are no pipes at Kivu.

    今、キブにはパイプがありません。

  • The locals might not have experienced such a catastrophic event in the area, but they've

    地元の人たちは、このような大災害を経験していないかもしれませんが

  • heard of the wordMazuku”.

    マズク」という言葉を聞いたことがあります。

  • This is Swahili and in English, it meansevil wind”, a wind that blows over people and

    これはスワヒリ語で、英語では「邪悪な風」という意味で、人に吹き付ける風や

  • animals and even plants, and when it's passed all in its wake are dead.

    動物や植物までもが通過してしまうと、後続のすべてが死んでしまいます。

  • Now you need to watch, “Worst Natural Disasters in Human History.”

    今度は「人類史上最悪の自然災害」を見る必要があります。

  • Or, have a look at, “How Fukushima Disaster ACTUALLY Happened.”

    また、"How Fukushima Disaster ACTUALLY Happened "もご覧ください。

August 21, 1986.

1986年8月21日。

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 ガス 災害 炭素 噴火 ジョセフ パイプ

死の湖-なぜ1800人以上もの人がすでに死んでしまったのか (Lake of Death - Why Did Over 1800 People Already Die There)

  • 13 2
    Summer に公開 2021 年 06 月 14 日
動画の中の単語