Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • December 1999.

    1999年12月

  • Police in Pakistan find a package and a 32-page diary that outlines the brutal murder of 100

    パキスタンの警察が、100人の残虐な殺人事件を記した32ページの日記と小包を発見する。

  • children aged eight to 16.

    8歳から16歳までの子どもたち。

  • The writer of the diary explains in gruesome detail how he lured the kids into his trap,

    この日記を書いた人は、子供たちをどのようにして罠に誘い込んだかを陰惨なまでに詳しく説明している。

  • strangled them, chopped them into small pieces, and dissolved their body parts in acid.

    絞め殺したり、切り刻んだり、酸で溶かしたりしました。

  • He even provided police photos of the victims prior to their demise.

    また、被害者が亡くなる前の写真を警察に提出した。

  • Cops were dealing with the worst serial killer ever in the country of Pakistan, a killer

    警官は、パキスタンという国で史上最悪の連続殺人犯を扱っていた。

  • who enraged the public so much they literally wanted to rip him to pieces.

    このような状況の中で、私は、人々を激怒させ、文字通り八つ裂きにしたいと思った。

  • Maybe his fate should mirror his crimes, people said, with Hammurabi's code in mind:

    彼の運命は彼の罪を反映したものでなければならないのではないか、と人々はハムラビ法典を念頭に置いて言った。

  • “A life for a life, an eye for an eye, a nose for a nose, an ear for an ear, a tooth

    "命には命を、目には目を、鼻には鼻を、耳には耳を、歯には歯を

  • for a tooth, an equal wound for a wound.”

    歯には歯を、傷には傷を」。

  • Welcome to one of the darkest stories in the annals of human history.

    人類の歴史の中で最も暗い物語の一つへようこそ。

  • The extent of these atrocities would come to light when the killer, 40 year old Javel

    このような残虐な行為は、犯人である40歳のジャベルが

  • Iqbal, sent a letter to a newspaper in Lahore that read like this:

    イクバルは、ラホールの新聞社にこんな手紙を送っている。

  • All the details of the murders are contained in the diary and the 32-page notebook that

    "殺人事件の詳細はすべて、日記と32ページのノートに書かれていて

  • have been placed in the room and had also been sent to the authorities.

    は部屋に置かれ、当局にも送られていた。

  • This is my confessional statement.”

    これが私の告白文です」。

  • When the cops got to his three-room apartment what awaited them was a scene of utter horror.

    警官が3部屋のアパートに到着すると、そこには全くの恐怖の光景が広がっていた。

  • The walls were covered in blood; children's clothes were strewn across the floor; dozens

    壁は血まみれ、床には子供の服が散乱し、何十人もの人が

  • of pairs of little shoes and sandals were scattered around.

    の小さな靴やサンダルが散乱していました。

  • In one room, there was a vat of acid, still bubbling, with what looked like the remains

    ある部屋には、まだ泡立っている酸の桶と、その残骸のようなものがありました。

  • of legs bobbing up and down.

    の脚が上下に揺れている。

  • A cop looked at the floor and picked up a note that was lying there.

    警官が床を見て、そこに転がっていたメモを拾った。

  • It read: “The bodies in the house have deliberately

    と書かれていました。"家の中の遺体は、故意に

  • not been disposed of so that authorities will find them.”

    当局が見つけられるように処分されていない」。

  • There were the remains of three children in that house.

    その家には3人の子供の遺体があった。

  • On a blood-spattered wall, there was a large piece of paper.

    血が飛び散った壁には、大きな紙が貼られていた。

  • Scrawled on it were the words, “Yesterday, I killed my employee, Sajid, and incinerated

    そこには「昨日、私は従業員のサジッドを殺し、焼却した」と書かれていた。

  • his body in the container so that he could be punished for theft and for disturbing me

    窃盗と私の邪魔をしたことを罰するために、彼の体をコンテナに入れました。

  • again and again.”

    を繰り返しています。

  • What in God's name were they dealing with, the cops thought as they searched through

    いったい何をしているのだろうと思いながら、警官たちは探し回った。

  • the mess.

    混乱しています。

  • For some reason, the killer had kept snakes.

    犯人はなぜか蛇を飼っていた。

  • Police found the boxes they would have been contained in.

    警察は、それらが入っていたであろう箱を見つけました。

  • In another room, they found a bunch of board games that children might enjoy.

    別の部屋には、子どもが喜びそうなボードゲームがたくさん置いてありました。

  • One of the cops picked up a video cassette from the floor, a popular Italian exploitation

    警官の一人が床に落ちていたビデオカセットを手に取ったが、これはイタリアの人気搾取作品である。

  • film entitled, “The Beast in Heat.”

    "The Beast in Heat "というタイトルの映画です。

  • On another wall was another note that read, “The world will remember this mode of revenge.

    別の壁には「世界はこの復讐方法を忘れないだろう」と書かれたメモがあった。

  • The bodies flowed through the sewer just like my blood.”

    死体は私の血のように下水道を流れていった」。

  • The lengthy diary described how he'd killed the kids.

    長文の日記には、子供たちを殺した方法が書かれていた。

  • There were even sometimes details as to where they likely lived, and who their parents were.

    ときには、どこに住んでいたのか、両親は誰なのか、ということまで書かれていました。

  • The diary explained how he got hold of them and the terrible things he did to them.

    この日記には、彼がどのようにして彼らを手に入れたのか、そして彼らにした恐ろしいことが書かれていた。

  • It even detailed how much acid it took to dissolve a body, which according to the killer

    遺体を溶かすのに必要な酸の量まで詳しく書かれていて、犯人によると

  • was exactly 120 rupees, just over a couple of dollars back then.

    はちょうど120ルピーで、当時は2ドル強だった。

  • Very soon after, the cops launched one of the biggest manhunts that Pakistan had ever

    その直後、警察はパキスタン史上最大の捜査を開始した。

  • seen.

    を見ました。

  • But, who was this man, this monster?

    しかし、この男、この怪物は何者なのか?

  • He was the sixth child of a fairly well-off businessman named Mohammad Ali Mughal.

    彼は、モハマド・アリ・ムガールというかなり裕福なビジネスマンの6番目の子供だった。

  • He went to school and college and had pretty much everything he needed.

    学校にも大学にも行き、必要なものはほとんど揃っていた。

  • His pop set him up in the steel recasting business and let him stay at one of his houses.

    親父さんが鉄の鋳造の仕事を紹介してくれて、自分の家に泊めてくれたんだ。

  • To all appearances, he was a young professional man who was doing just fine in life, but obviously,

    見た目には、人生を順調に歩んでいる若い社会人男性だったが、明らかに

  • that wasn't the case at all.

    は、全くありませんでした。

  • As you'll see, behind that normal life were some very dark secrets.

    ご覧の通り、普通の生活の裏には非常に暗い秘密がありました。

  • He hadn't acted alone in the murders.

    彼は単独で犯行に及んだわけではない。

  • Prior to his arrest, four teenagers were arrested on charges of helping him.

    彼の逮捕に先立ち、4人のティーンエイジャーが彼を助けた容疑で逮捕されました。

  • One of them soon died in police custody.

    そのうちの1人は、警察に拘束されたまま死んでしまった。

  • The cops said he'd jumped out of a window, but reports stated it was more likely they'd

    警察は彼が窓から飛び降りたと言ったが、報道によれば、それよりも可能性が高い。

  • beaten him to death.

    殴り殺してしまった。

  • In fact, the murder was so obvious the administration of the Lahore cops was moved around.

    実際、殺人事件があまりにも明らかだったので、ラホールの警官の政権が移動した。

  • Still, the 100s of relatives of the missing kids who'd seen photos of their loved ones

    しかし、行方不明になった子供たちの写真を見た100人もの親族は

  • weren't exactly upset over the slaying of one of Iqbal's helpers.

    また、イクバルの協力者が殺されたことにも動揺はありませんでした。

  • But where was he?

    しかし、彼はどこにいたのか?

  • Well, like a scene from the movieSeven”, on December 30 he walked right into the offices

    映画「セブン」のワンシーンのように、12月30日、彼はオフィスに足を踏み入れた。

  • of the Urdu daily newspaper.

    ウルドゥ語の日刊紙の

  • He didn't exactly hold bloody arms up in front of him and say, “You're looking

    血まみれの腕を目の前に突き出して、「あなたは見ている」と言ったわけではない。

  • for me”, but he did say this: “I am Javed Iqbal, killer of 100 children.

    私のために」と言いながら、こう言った。"私は100人の子供を殺したJaved Iqbalです。

  • I hate this world, I am not ashamed of my actions and I am ready to die.

    私はこの世界を憎み、自分の行動を恥じることなく、死を覚悟しています。

  • I have no regrets.”

    悔いはありません」。

  • Things got very strange after that.

    この後、事態は大きく変化した。

  • He said that the reason he hadn't gone to the cops and had chosen the newspaper was

    警察に行かずに新聞を選んだ理由は、次のように語っている。

  • that he feared the police would kill him and try to make his murder look like something

    警察に殺されることを恐れ、自分の殺人を何かに見せかけようとしたことを

  • else.

    の他にもあります。

  • As you already know and as you'll see soon, he was certainly not being overly paranoid

    皆さんがご存知のように、そしてすぐに分かるように、彼は確かに過度に偏執的ではありませんでした。

  • for harboring that belief.

    そのような信念を持っていたからです。

  • He then changed his story, telling the judge in court that he hadn't actually killed

    その後、彼は法廷で裁判官に「実際には殺していない」と話を変えた。

  • the kids but had seen them being murdered by someone else.

    子供たちが何者かに殺されるのを見たのだ。

  • He told them that the reason he'd written the letters, the posters, and sent the packages,

    彼は、手紙やポスターを書いたり、荷物を送ったりした理由をこう語った。

  • was because he wanted to bring attention to the fact that parents had neglected those

    それは、親がそのような人たちを放置しているという事実に注目したかったからです。

  • kids and had left them to their own devices in the streets.

    子供たちを街中に放置していた。

  • Sure, there'd been previous confessions, his lawyer said, but some of them had been

    確かにこれまでにも自白はあったが、その中には

  • made during a three-week ordeal at the hands of very, er, persuasive cops.

    説得力のある警官の手によって、3週間の試練の中で作られました。

  • Still, this is the guy that had detailed the killings.

    しかし、この人は殺人事件の詳細を知っている人だ。

  • It's the guy that had children's clothes and shoes in his house.

    家の中に子供の服や靴を置いていた人だよ。

  • Could he really not be the killer?

    彼は本当に犯人ではないのか?

  • 105 witnesses were introduced to the court by the prosecution.

    検察側から105人の証人が法廷に紹介されました。

  • Even though the defense had claimed that many of the kids weren't actually dead and had

    弁護側は、子供たちの多くは実際には死んでいないと主張していました。

  • gone back home, the testimony of witnesses didn't seem to suggest that.

    目撃者の証言では、そのようには思えなかった。

  • In fact, every day during the two-month trial parents of victims and angry citizens waited

    実際、2ヶ月間の裁判の間、毎日のように被害者の親や怒れる市民が待っていた。

  • outside the courthouse screaming that this guy had to be put to death.

    裁判所の前で「この男を死刑にしなければならない」と叫んでいた。

  • All over the world, people watched news clips of parents weeping as they rummaged through

    世界中の人々が、両親が涙を流しながら物色しているニュースを見ました。

  • the pile of children's clothes police laid out.

    警察が並べた子供服の山。

  • It also turned out that Iqbal had been arrested in the past for a crime involving a boy.

    また、イクバルは過去に少年の犯罪で逮捕されたことがあることも判明した。

  • The prosecutor said, ok, so we don't know where the bodies are, but there's enough

    検察官は、遺体がどこにあるかわからないが、十分に

  • evidence to put this man to death.

    この男を死刑にするための証拠だ。

  • But there was another story, too.

    しかし、別の話もあった。

  • If 100 kids had been killed, how could that happen, and no one report something when each

    100人の子供たちが殺されても、誰も何も報告しないのはなぜだろう。

  • disappearance occurred?

    失踪したのか?

  • Some people blamed poverty, and the fact some of those kids were lost and abandoned, often

    貧困のせいにする人もいれば、迷子になったり捨てられたりした子供たちがいたことを指摘する人もいました。

  • left alone to beg.

    一人で物乞いをしていました。

  • Others talked about a taboo issue hardly ever broached in Pakistan, the issue of poor kids

    また、パキスタンではあまり語られることのないタブーである、貧しい子供たちの問題について語る人もいました。

  • being prey to vulturous men.

    傲慢な男たちの餌食になる。

  • The whole macabre case underlines the terrible sexual frustration and perversion that lie

    "この不気味な事件は、私たちに潜む恐ろしい性的欲求不満と倒錯を強調しています。

  • just below the surface of our hypocritical society,” said one Pakistani journalist.

    あるパキスタン人ジャーナリストは、「私たちの偽善的な社会の水面下にあるものです。

  • He said such abuse was rampant, but the crimes were not spoken about.

    そのような虐待が横行していても、その犯罪が語られることはなかったという。

  • In court before the judge, Iqbal said, “Whatever I wanted to say has been distorted.

    裁判官を前にした法廷で、イクバルは「私が言いたかったことは何もかも歪められてしまった。

  • I have seen the children being killed.

    子供たちが殺されるのを見たことがある。

  • I am an eyewitness to that.

    私はその目撃者である。

  • I was considered an insane person.

    私は非常識な人間だと思われていました。

  • But I beg that my point of view must also be heard.

    しかし、私の意見も聞いていただきたいのです。

  • I considered myself as a culprit because I have been made a culprit by police.”

    自分が犯人だと思ったのは、警察に犯人にされたからだ」。

  • He said the cops in the past had extorted cash from him and his family.

    彼は、過去に警官が彼と彼の家族から現金を強要したことがあると言った。

  • He also said that he was beaten by his servants and he'd gone to the cops to complain.

    また、使用人に殴られたので、警察に訴えに行ったとも言っていた。

  • Instead of helping him, they also beat him and then set him up on a false charge.

    助けるどころか、彼を殴り、さらには冤罪を着せられてしまった。

  • He said, after that, he made a pledge of revenge.

    その後、リベンジの誓いを立てたという。

  • This is what he said to reporters when he turned up at their office to hand himself

    記者の前で、自分の名前を名乗ったときの言葉です。

  • in: “I could have killed 500, this was not a

    でのこと。"私は500人を殺すことができましたが、これは決して

  • problem, money was not a problem.

    の問題、お金の問題はありませんでした。

  • But the pledge I had taken was of 100 children, and I never wanted to violate this.”

    しかし、私が誓ったのは100人の子供たちであり、これを破ることは絶対にしたくなかった」。

  • He later changed this story, saying after the beating by his servants, he and some others

    その後、彼はこの話を変えて、使用人に殴られた後、自分と何人かの人が

  • went looking for them.

    を探しに行きました。

  • He said it was during those searches that he discovered many young boys living on the

    その際に、多くの少年たちが住んでいることを発見したそうです。

  • streets, abandoned by their parents.

    親に捨てられた子供たちが

  • He told the court that he took photos of them to bring attention to this social problem.

    彼は法廷で、「この社会問題に関心を持ってもらうために写真を撮った」と語りました。

  • Stories came out that painted a picture of Iqbal's secret life.

    イクバルの秘密の生活を描いた記事が出てきた。

  • It was said that when he was in his 20s his parents tried very hard to arrange a marriage

    彼が20代の頃、両親は必死になって結婚しようとしていたと言われています。

  • for him, but he resisted their every attempt and ignored the photos of women they put in

    しかし、彼は彼らの試みに抵抗し、彼らが置いた女性の写真を無視した。

  • front of him.

    彼の目の前で。

  • The reason was he wasn't interested in women, but the opposite sex and preferably someone

    その理由は、彼は女性に興味があるのではなく、異性に興味があり、できれば誰か

  • of a young age.

    の若さである。

  • He did actually tell his parents he was going to get married, but it turned out he wanted

    彼は実際に両親に結婚することを伝えていましたが、彼が望んでいたことがわかりました。

  • to do that because the woman was the older sister of one of the boys he was attracted

    その女性は、彼が惹かれていた男の子の姉だったので、そのようにしたのです。

  • to.

    にしています。

  • That fake marriage lasted only three months.

    その偽装結婚はわずか3ヶ月で終わった。

  • It was also revealed how he opened a video game arcade, offering free stuff to boys.

    また、ゲームセンターを開いて少年たちに無料で提供していたことも明かされました。

  • People testified that he enjoyed nothing more than to just sit and watch them play.

    彼らのプレーをじっと見ているのが何よりの楽しみだったと人々は証言している。

  • Sometimes he'd surreptitiously put a 100 rupee note on the floor.

    時にはこっそりと100ルピー札を床に置くこともあった。

  • After a boy had picked it up and kept it, Iqbal would announce that everyone had to

    男の子がそれを拾って持っていると、Iqbalはみんなに発表しました。

  • be searched in a private room.

    は個室で検査します。

  • It was said that some terrible things happened to some of the boys, after which they were

    何人かの少年たちには恐ろしいことが起こったと言われています。

  • always given the 100 rupee note as a “gesture of goodwill.”

    100ルピー札は「親善の証」として常に渡されていました。

  • Some people that knew him understood his ways, saying he was anevil geniusthat was

    彼を知っている人の中には、彼のやり方を理解している人もいて、彼のことを「悪の天才」であり

  • cunning when it came to getting what he wanted.

    欲しいものを手に入れるためには狡猾さが必要だった。

  • Parents actually stopped their kids from going to that arcade after hearing what the wealthy

    富裕層の話を聞いて、親は子供をそのゲームセンターに行かせないようにしました。

  • young man was up to, but then he opened a gym, and also an aquarium, as another way

    しかし、彼はジムをオープンし、さらに水族館もオープンして、別の方法で

  • to get close to his prey.

    獲物に近づくために

  • The court heard these stories and they'd seen the evidence that was available.

    裁判所はこれらの話を聞き、用意された証拠を見ていた。

  • He had his sob story and it appeared he had a passionate lawyer that believed his stories.

    彼にはお涙頂戴の話があり、その話を信じてくれる情熱的な弁護士がいたようだ。

  • One of the problems was, the Pakistani police were corrupt and sometimes murderous, so accusations

    問題のひとつは、パキスタンの警察が腐敗していて、時には殺人を犯すこともあったため、非難の声が上がったことだ。

  • leveled against them by Iqbal weren't exactly unbelievable.

    イクバルが彼らに向けた言葉は、決して信じられないものではなかった。

  • It was actually discovered during the trial that many of the parents hadn't reported

    実際に裁判では、多くの親が報告していないことが判明しました。

  • their kids missing because they were afraid to speak to the cops.

    警察に話すのが怖くて、子供が行方不明になってしまったのです。

  • That might sound strange to some of our viewers, but in many parts of the developing world,

    視聴者の皆様には不思議に思われるかもしれませんが、開発途上国の多くの地域では

  • people would rather not report something, even a car accident, because the victims can

    人々は、たとえ交通事故であっても、何かを報告することを避けたがるものです。

  • end up paying corrupt cops or face false charges.

    腐敗した警官に金を払うことになったり、冤罪になったりする。

  • In fact, it came out that young children went missing all the time in parts of the country

    実際、国の一部では幼い子供たちが常に行方不明になっていることが明らかになりました。

  • and no one breathed a word about it to the authorities.

    そして、誰もそのことを当局に漏らさなかった。

  • One mother whose kid was a victim said to Time magazine in the US, “It never even

    子供が犠牲になったある母親は、アメリカのタイム誌に「そんなことはなかった」と語っています。

  • occurred to me to go to the police for help.”

    警察に助けを求めようと思いました。

  • A Pakistani intellectual and newspaper columnist named Irfan Husain explained why, “The vast

    パキスタンの知識人で新聞のコラムニストであるイルファン・フセイン氏は、その理由を次のように述べています。

  • majority who are forced to come in contact with our cops, nine times out of ten, they

    我々の警官と接触せざるを得ない大多数の人々は、十中八九

  • are shaken down even when reporting a crime.”

    犯罪を通報しても振り回される」。

  • This case, as big as it was, was turning into something bigger, which was a powerful expose

    この事件は、大きな事件として、より大きなものに変わっていき、それは強力な暴露となった。

  • of societal wrongs.

    社会的な過ちの

  • That same columnist said Iqbal could easily have killed 500 poor kids and he absolutely

    その同じコラムニストは、イクバルが500人の貧しい子供たちを簡単に殺すことができ、彼は絶対に

  • would have gotten away with it.

    は、それで済んでいたかもしれない。

  • He had money, and his victims didn't.

    彼にはお金があったが、被害者にはお金がなかった。

  • The cops, he alluded, were more interested in money than justice.

    警察は、正義よりも金に興味があると言っていた。

  • When judgment day came the country was on the edge of one giant seat.

    審判の日が来たとき、国は一つの巨大な座席の端にあった。

  • Mobs crowded the courthouse, small riots broke out in the streets.

    裁判所には暴徒が押し寄せ、街では小さな暴動が起きた。

  • The judge had the weight of a country on his shoulders.

    裁判官の肩には一国の重みがあった。

  • The police scurried around in dark places like rats in the gutters, hoping no more light

    暗い場所では、警察が側溝の中のネズミのように、光が入らないことを願って慌てている。

  • would shine on their misdeeds.

    は、彼らの悪行に光を当てます。

  • The Judge, Allah Baksh Ranja, shocked everyone.

    裁判官のアラー・バクシュ・ランジャは、皆に衝撃を与えた。

  • He didn't only hand down the death sentence, but he ordered something that wasn't actually

    死刑判決を下しただけでなく、実際にはないものを注文した。

  • written into the law.

    法律に書かれています。

  • He said the death sentence should be carried out in public at Pakistan's National Monument

    彼は、死刑判決はパキスタンのナショナルモニュメントで公開で行われるべきだと言った

  • in Lahore.

    in Lahore

  • This is exactly what he told Iqbal that day in court:

    これは、あの日、法廷でイクバルに言ったことと同じだ。

  • You will be strangled to death in front of the parents whose children you killed.

    "子供を殺された親の目の前で、首を絞めて殺してやる」。

  • Your body will then be cut into 100 pieces and put in acid, the same way you killed the

    を殺したのと同じ方法で、あなたの体は100個に切り分けられ、酸につけられます。

  • children.”

    の子どもたち」。

  • The 100 pieces were for the 100 victims.

    100枚は100人の犠牲者のために。

  • It was a case of an eye for an eye, a tooth for a tooth, what's sometimes called the

    それは、目には目を、歯には歯を、と呼ばれることもあるようなケースでした。

  • law of retaliation.

    報復の法則

  • Even for some hardliners, the punishment was a bit too much for the late 20th century.

    一部の強硬派にしても、20世紀末にしてはちょっとやりすぎな処罰だった。

  • Iqbal's lawyer thought so, telling the British press: “There is no law which allows a person

    イクバルの弁護士はそう考え、イギリスの報道機関にこう語った。"人を許可する法律はありません。

  • to be hanged publicly, to cut up pieces of the body.

    を公然と吊るして、体の一部を切り刻むこと。

  • It is against the constitution of Pakistan.”

    それはパキスタンの憲法に反しています」。

  • So, did it happen just as the judge had ordered?

    では、判事の指示通りになったのかというと、そうではありません。

  • Well, we would say what we're about to tell you is shocking, but after hearing what you've

    今からお話することはショッキングなことだと思いますが、皆さんのお話を聞いていると

  • heard already you probably expect it.

    はすでに聞いているので、おそらく期待していると思います。

  • One day while Iqbal was in jail, he was found dead in his cell.

    イクバルが刑務所にいたある日、独房で死んでいるのが発見された。

  • The same day one of his accomplices was also found dead in his cell.

    同日、共犯者の一人も彼の部屋で死んでいるのが発見された。

  • This happened just four days after Pakistan's highest Islamic Court had agreed to listen

    これは、パキスタンのイスラム教最高裁判所が、この問題について耳を傾けることに同意したわずか4日後のことだった。

  • to Iqbal's appeal against the death sentence.

    死刑判決に対するイクバルの控訴に対して

  • How could this happen in one of the most high-profile criminal cases in the history of Pakistan?

    パキスタン史上最も注目される刑事事件の一つであるこの事件で、なぜこのようなことが起きたのか。

  • Surely someone should have been keeping a close eye on those guys.

    誰かが彼らを監視していたはずだ。

  • There weren't any CCTV cameras working that night.

    あの夜はCCTVカメラが動いていなかった。

  • As for the guard who should have heard or seen something, he'd fallen asleep on the

    何かを見聞きしていたはずの警備員は、その場で眠ってしまっていた。

  • job, a seemingly not uncommon occurrence when high-profile people die in jail cells.

    の仕事をしています。著名人が刑務所の独房で亡くなることは、一見珍しいことではありません。

  • You know how the authorities explained those deaths, and you'd be right in thinking that

    その死を当局がどのように説明しているかを知っているからこそ、そのように考えるのが正しいでしょう。

  • some of the public didn't buy into it even as much as people detested those men.

    人々は彼らを嫌っていたが、一部の人々はそれを信じなかった。

  • Not only was Iqbal found with a bloody nose and cuts to his face, but an autopsy revealed

    Iqbalは、鼻血や顔の傷が見つかっただけでなく、検死の結果、以下のことが判明しました。

  • he'd been severely beaten over a period of days.

    何日もかけて激しく殴られていたのだ。

  • It was also revealed that he'd recently written to his lawyer stating that he believed

    また、最近になって、彼の弁護士に、「私はこのように考えています」と書いたことも明らかになりました。

  • he was going to be murdered in his cell by prison authorities.

    牢屋の中で当局に殺されそうになっていたのだ。

  • You could call it rough justice, but the real injustice was the lives of some of the poorest

    荒っぽい正義とも言えますが、本当の正義は、最も貧しい人々の生活でした。

  • most vulnerable families in Pakistan remained blighted by abuses and corruption.

    パキスタンの最も弱い立場にある家族は、虐待と汚職によって損なわれたままです。

  • Now you need to watch, “Japanese Horrific Serial Killer - Tsutomu Miyazak (The Human

    今、あなたが見なければならないのは、「日本の凄惨な連続殺人犯・宮碕努(The Human

  • Dracula)” Or, have a look at

    ドラクエ)"または、見てみてください...

December 1999.

1999年12月

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 パキスタン 子供 警察 警官 裁判 事件

警官に止めてくれと頼んだ連続殺人犯 (Serial Killer Who Begged Cops to Stop Him)

  • 8 1
    Summer に公開 2021 年 06 月 13 日
動画の中の単語