Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • Phone calls that ring, but when answered there's just static.

    電話が鳴っても、出ると雑音が入る。

  • Lights mysteriously switch on.

    不思議とライトが点灯する。

  • Peculiar shadows in photos.

    写真に奇妙な影ができる。

  • Some people believe that after death, a loved one has communicated with them from the other

    死後、愛する人があの世から交信してきたと考える人もいます。

  • side.

    側になります。

  • These paranormal encounters- while spooky- were generally comforting, most felt their

    これらの超常現象は、不気味ではあるものの、一般的には快適なものでした。

  • loved one was saying a final goodbye.

    愛する人との最後のお別れの時。

  • But in some cases a spirit has reached out from the great beyond with a shocking revelation

    しかし、中には衝撃的な事実を伝える霊があの世から現れたこともあります。

  • that's had ramifications in the world of the living.

    それは生者の世界にも影響を与えた。

  • The Secret in the Red Barn

    赤い納屋の秘密

  • Ann Marten woke up gasping.

    アン・マーテンは息を呑んで目を覚ました。

  • For the last several weeks odd dreams about her stepdaughter Maria had repeatedly interrupted

    ここ数週間、連れ子のマリアに関する奇妙な夢が何度も中断されていた。

  • her slumber.

    彼女の眠りを誘う。

  • She didn't always remember what happened in these dreams, but she couldn't shake

    夢の中で何が起こったのか、いつも覚えているわけではありませんでしたが、その夢を振り切ることはできませんでした。

  • a sense of dread.

    恐怖感があります。

  • Unfortunately for Ann, her dreams were about to get worse.

    しかし、アンの夢はさらに悪化することになる。

  • By all accounts 24 year old Maria Marten was quite lovely.

    誰が見ても24歳のマリア・マルテンはとても可愛かった。

  • She was also an unwed mother which was scandalous according to her neighbors in the country

    また、彼女は未婚の母であり、田舎の隣人たちからはスキャンダラスな存在であった。

  • village of Polstead, in a quiet corner of England's Suffolk County.

    イギリスのサフォーク州の静かな一角にあるポルステッドという村です。

  • Though they had a tempestuous relationship, her latest lover William Colder asked her

    騒がしい関係だったが、最新の恋人ウィリアム・コルダーが彼女に

  • to elope.

    駆け落ちするために。

  • He made plans to rendezvous with Maria late one night at a local landmark, the Red Barn,

    ある夜、マリアとの待ち合わせは、地元の名店「レッドバーン」で行うことにした。

  • which had a unique red roof.

    は、赤い屋根が特徴的でした。

  • William even suggested that Maria disguise herself as a young man, suggesting the authorities

    ウィリアムは、マリアが青年に変装して、当局に提案することもあった。

  • had issued a warrant for her arrest on the charges of bearing illegitimate children.

    その結果、彼女は非嫡出子を産んだ罪で逮捕状を出されてしまいました。

  • Allegedly the couple eloped to the town of Ipswich on May 18, 1827.

    1827年5月18日、二人はイプスウィッチの町に駆け落ちしたと言われている。

  • William returned to Polstead a few weeks later.

    数週間後、ウィリアムはポルステッドに戻ってきた。

  • When friends and family asked where Maria was, he claimed that she had stayed in Ipswich.

    友人や家族がマリアの所在を尋ねると、イプスウィッチに滞在していたと主張した。

  • Eventually William left the area and traveled to London.

    やがてウィリアムはこの地を離れ、ロンドンへと渡った。

  • Then he settled on the Isle of Wight.

    そして、ワイト島に落ち着いた。

  • The Marten family received a letter from William, who said that he was writing on Maria's

    マーテン家には、ウィリアムからの手紙が届いていて、マリアの

  • behalf since she had hurt her hand.

    手を痛めてからの代表。

  • Maria claimed to be happy and settling into her new life.

    マリアは、新しい生活に慣れて幸せだと言っていた。

  • Though Ann wrote her stepdaughter several times, she only received a few letters bearing

    アンは義理の娘に何度も手紙を出したが、受け取ったのは数通だけだった。

  • excuses in return from WIlliam.

    と、WIlliamからの返答がありました。

  • Time went by.

    時間が過ぎていった。

  • Ann began having peculiar dreams of Maria.

    アンは、マリアの奇妙な夢を見るようになった。

  • Then the dreams took a horrible turn.

    そして、その夢は恐ろしい方向に向かっていった。

  • Ann dreamed that Maria was dead and buried under the Red Barn.

    アンは、マリアが死んで赤い納屋の下に埋まっている夢を見た。

  • After the second dream about Maria's death, Ann confessed to her husband Thomas.

    2度目のマリアの死の夢を見たアンは、夫のトーマスに告白した。

  • She hadn't wanted him to think her superstitious, but she could no longer deny her vision.

    迷信だと思われたくはなかったが、自分が見たものを否定することはできなかった。

  • She suggested that he investigate the Red Barn for her peace of mind.

    彼女は、自分の安心のためにレッドバーンの調査を提案した。

  • On April 19th, 1828 Thomas went to check out the barn.

    1828年4月19日、トーマスは納屋の様子を見に行きました。

  • While removing straw from the barn's dirt floor, he noticed a depression.

    牛舎の土間に敷かれた藁を取り除いていると、窪みがあることに気がついた。

  • He dug and found a shallow grave with a decomposing skeleton wrapped in a sack.

    掘ってみると、浅い墓があり、袋に包まれた腐乱した骸骨があった。

  • It had long hair and a green handkerchief around its neck.

    髪は長く、首には緑色のハンカチを巻いていた。

  • The corpse was soon identified as Maria Marten.

    死体はすぐにマリア・マルテンと判明した。

  • It appeared that she had been both shot and stabbed.

    彼女は、銃で撃たれ、刺されたように見えた。

  • 11 months after Maria was last seen alive, the police caught up with Will Corder in London.

    マリアの生存が確認されてから11ヶ月後、警察はロンドンでウィル・コーダーを逮捕した。

  • He had married a different woman and was running a school for genteel young ladies.

    彼は別の女性と結婚し、上品な若い女性のための学校を経営していた。

  • He denied ever knowing Maria.

    彼はマリアを知らないと言った。

  • William was arrested and charged with Maria's death.

    ウィリアムは、マリアの死の容疑で逮捕され、起訴された。

  • There was a media frenzy stoked by the lurid details of Maria's life.

    マリアの生い立ちの詳細がメディアに取り上げられ、熱狂的に支持された。

  • The courthouse was jammed packed for William's trial.

    ウィリアムの裁判では、裁判所は超満員だった。

  • He was quickly convicted and sentenced to death.

    彼はすぐに有罪判決を受け、死刑を宣告された。

  • On August 11, 1828, a crowd of over 7000 people gathered at the gallows at Bury St Edmunds,

    1828年8月11日、ベリー・セント・エドマンズの絞首台には、7000人を超える群衆が集まった。

  • Suffolk and watched as William was hung.

    サフォークでは、ウィリアムが吊るされるのを見ていた。

  • A few days before his execution he had confessed to a priest that he argued with Maria, got

    死刑執行の数日前、彼は神父に「マリアと口論して手を出した」と告白していた。

  • in a scuffle and accidently shot her.

    争っているうちに、誤って彼女を撃ってしまいました。

  • Gruesomely, after his death William's body was dissected, and his skin was used to bind

    ウィリアムの死後、彼の遺体は解剖され、その皮膚は拘束具として使われた。

  • a book that described his crime.

    彼の犯行を記した本がある。

  • After the discovery of Maria's body Ann's dreams returned to normal.

    マリアの遺体が発見された後、アンの夢は正常に戻った。

  • But Ann isn't the only one to have a ghost appear in a shocking dream.

    しかし、衝撃的な夢の中で幽霊が現れたのはアンだけではない。

  • She Looked Back

    彼女は振り返った

  • On January 23, 1897 Erasmus Shue, a blacksmith, sent his neighbor's 11 year old son to see

    1897年1月23日、鍛冶屋のエラスムス・シューは、隣人の11歳の息子に

  • if his wife needed anything from the market.

    奥さんに何か必要なものがあれば、市場に行ってみよう。

  • Unfortunately, Elva Zona Heaster didn't answer the door of the couple's rural Greenbrier

    残念ながら、エルバ・ゾナ・ヒースターは、グリーンブライヤーの田舎にある夫妻の家のドアには答えなかった。

  • County, West Virginia home.

    ウェストバージニア州郡の自宅。

  • The boy went inside and found Elva's lifeless body at the foot of the stairs.

    少年が家に入ると、階段の下にエルバの無残な姿があった。

  • He panicked and ran home to tell his mother.

    慌てて家に帰って母親に伝えた。

  • HIs mother summoned the local doctor and coroner, George W. Knapp.

    母は、地元の医師であり検視官でもあるジョージ・W・ナップ氏を呼び寄せた。

  • But by the time Dr. Knapp arrived, Eramus had carried his wife upstairs, washed her

    しかし、ナップ博士が到着する頃には、エラムスは妻を2階に運び上げ、洗っていた。

  • and dressed her, laying her out on a bed.

    と言って、彼女に服を着せ、ベッドに寝かせた。

  • The clothes Eramus had chosen were suitable for burial-a high necked dress with a stiff

    エラマスが選んだ服は埋葬に適したもので、ハイネックのワンピースに硬い

  • collar.

    襟を立てています。

  • Also he placed a veil over Elva's face.

    また、エルバの顔にヴェールをかけた。

  • However, traditionally the women of the community would have attended to Elva's burial preparation.

    しかし、伝統的にはコミュニティの女性たちがエルバの埋葬の準備をしていたはずである。

  • Dr. Knapp briefly examined Elva's corpse.

    ナップ博士はエルバの遺体を簡単に調べた。

  • However, a grieving Eramus cradled Elva's head during the entire exam.

    しかし、悲しむエラムスは、試験中ずっとエルバの頭を抱きしめていた。

  • Dr. Kanpp noticed a small bruise on Elva's neck, but couldn't get a closer look because

    カンペール博士は、エルバの首に小さな傷があることに気づいたが、よく見ることができなかった。

  • Eramus freaked out.

    エラモスはパニックになった。

  • Dr.Knapp backed off.

    Dr.Knappは手を引いた。

  • He saw nothing amiss during the quick exam.

    簡単な検査では何の問題もなかったそうです。

  • Also he had been been treating Elva for a few weeks prior to her death.

    また、彼はエルバが亡くなる数週間前から治療を受けていた。

  • He listed the cause of death aseverlasting faintand then later changed it tocomplications

    死因を「常温失神」とし、後に「合併症」と変更した。

  • from pregnancyalthough it was not known if Elva was pregnant.

    エルバが妊娠していたかどうかは不明だが、「妊娠から」という言葉が出てきた。

  • During Elva's funeral Eramas acted erratically.

    エルバの葬儀のとき、エラマスは異常な行動をとった。

  • He paced by the casket, frequently adjusting Elva's body, especially her head and neck.

    彼は棺のそばを歩きながら、エルバの体、特に頭と首を頻繁に調整していた。

  • In addition to the veil, he covered her head and neck with a scarf.

    ベールに加えて、頭と首をスカーフで覆った。

  • It didn't match her burial outfit, but Eramus insisted, saying the scarf was Elva's favorite

    埋葬時の衣装には合わなかったが、エラムスが「このスカーフはエルバのお気に入りだから」と言ってくれた。

  • and that she would have wanted to be buried in it.

    そして、その中に埋葬されたいと思っていたことでしょう。

  • He also was antsy about other people getting too close to the casket.

    また、他の人が棺に近づきすぎることにも不安を感じていました。

  • Most guests chalked up Eramus' odd behavior to the fact that he had lost his beloved wife

    ゲストの多くは、エラムスの奇妙な行動を、最愛の妻を亡くしたことによると考えていた。

  • after only 3 months of marriage.

    結婚してわずか3ヶ月で

  • From the start Mary Jane Heaster had never liked her daughter's husband.

    メアリー・ジェーン・ヒースターは、最初から娘の夫を嫌っていた。

  • After Elva's death, she was convinced that Eramus had murdered her.

    エルヴァの死後、彼女はエラムスが自分を殺したと確信した。

  • She decided to pray for Elva to return and reveal the truth about her death.

    彼女は、エルバが戻ってきて、自分の死の真相を明らかにしてくれるように祈ることにした。

  • She prayed every evening for 4 weeks, until finally her prayer was answered.

    彼女は4週間にわたって毎晩祈り続け、ついにその祈りが答えられたのです。

  • For four nights in a row Mary Jane was visited by the ghost of Elva.

    メリージェーンは4日連続でエルバの亡霊に襲われた。

  • The ghost first appeared as a bright light then gradually took a human form as the room

    幽霊は、最初は明るい光として現れ、部屋の中で徐々に人の形になっていきました。

  • grew cold.

    が冷たくなった。

  • Elva's ghost cried to her mother that Eramus had abused her.

    エルバの亡霊は、エラムスに虐待されたと母親に泣きついた。

  • One night in a fit of rage, he attacked her when he thought that she hadn't made any

    ある夜、彼女が何も作っていないと思って激高し、彼女を襲った。

  • meat for his dinner.

    彼の夕食のための肉。

  • He had broken her neck.

    彼は彼女の首を折った。

  • The ghost of Elva rotated her head until it faced backwards to show how it was broken.

    エルバの亡霊は、自分の頭が壊れたことを示すために、後ろ向きになるまで頭を回転させた。

  • Then the ghost walked away, fading into the night while staring back at her mother.

    そして、幽霊は母親を見つめながら、夜に消えていくように歩いていきました。

  • Mary Jane convinced John Preston, the local prosecutor to reopen the case of her daughter's

    メリージェーンは、地元の検事ジョン・プレストンを説得して、娘の事件の再捜査を依頼した。

  • death.

    の死を意味します。

  • It's hard to say whether he believed Mary Jane or if he agreed to further investigation

    彼がメリージェーンを信じたのか、それともさらなる調査に同意したのかはわかりませんが

  • just to get her off his back.

    彼女を遠ざけるために。

  • John spoke to Dr. Knapp who brought up Eramus's odd behavior while he was trying to examine

    ジョンはナップ博士と話をしたが、彼は診察中にエラムスの奇妙な行動を指摘した。

  • Elva's body.

    エルバの体。

  • John found the lack of complete exam a reason to have an autopsy performed.

    ジョンは、完全な検査が行われていないことを、検死を行う理由とした。

  • An exhumation was ordered and an inquest jury formed.

    発掘が命じられ、審問陪審員が結成された。

  • Despite his objections, per law, Erasmus was required to witness Elva's autopsy.

    エラスムスの反対にもかかわらず、法律によりエルバの解剖に立ち会うことになった。

  • Her body was examined over 3 days beginning on February 22, 1897.

    彼女の遺体は1897年2月22日から3日間かけて検査された。

  • The medical examiners found that Elva's neck had been broken, and her windpipe was

    検死官によると、エルバの首は折れていて、気管は

  • smashed.

    を粉砕しました。

  • Furthermore, bruises in the shape of fingers indicated that she had been choked.

    さらに、指の形をしたあざは、彼女が首を絞められたことを示している。

  • Erasmus was arrested and charged with murder.

    エラスムスは逮捕され、殺人罪で起訴された。

  • Mary Jane was the star witness for the prosecution during Eramus's trial, though she didn't

    メリージェーンは、エラムスの裁判で検察側の主な証人となりましたが、彼女は

  • speak of the ghost.

    幽霊の話をする。

  • Hoping to make her look crazy, Eramus's lawyer extensively questioned Mary Jane about the

    エラモス社の弁護士は、メリージェーンの頭がおかしくなったように見せかけようと、様々な質問をした。

  • ghost's visits on cross-examination.

    反対尋問でのゴーストの訪問。

  • However, the tactic backfired, as she was calm and resolute that the ghost of her daughter

    しかし、この戦術は裏目に出てしまい、彼女は冷静に、娘の亡霊が

  • had visited her.

    は、彼女を訪ねてきた。

  • On the other hand, Erasmus took to the stand in his own defence and made a poor impression

    一方、エラスムスは自分を守るために証言台に立ったが、印象は悪かった。

  • on the jury by ranting and rambling.

    陪審員に暴言を吐くことで

  • The jury quickly returned a guilty verdict and Eramus was sentenced to life in prison.

    陪審員はすぐに有罪の評決を下し、Eramusは終身刑を宣告された。

  • Spirits don't only communicate in dreams though.

    霊は夢の中でしかコミュニケーションをとらないわけではありません。

  • Sometimes they take a more direct approach.

    時には、より直接的なアプローチをすることもあります。

  • The Possession February 21st, 1977 - Just before 9 pm the

    The Possession 1977年2月21日、午後9時前には

  • Chicago Fire Department responded to a 911 call for a raging fire on the 15th floor of

    の15階で猛烈な火災が発生したとの911番通報を受け、シカゴ消防局が出動しました。

  • an apartment building in the neighborhood of Lincoln Park.

    リンカーンパークの近隣にあるアパートメントビル。

  • After firefighters put out the fire, they found a badly charred body under a smoldering

    消防隊員が火を消した後、くすぶっている下にひどく焦げた遺体を発見しました。

  • mattress.

    のマットレスです。

  • The body was that of Teresita Basa, a 47 year old respiratory therapist.

    遺体は呼吸療法士のテレシタ・バサさん(47歳)のものでした。

  • She had multiple stab wounds and a butcher's knife was still sticking out of her chest.

    彼女には複数の刺し傷があり、胸には肉屋の包丁が突き刺さったままだった。

  • Her apartment had been ransacked.

    彼女のアパートは荒らされていた。

  • Chicago Police Detectives Joseph Stachula and Lee Epplen investigated Teresita's murder

    シカゴ警察のジョセフ・スタキュラ刑事とリー・エプレン刑事がテレシタの殺人事件を捜査。

  • for over 6 months with little progress.

    を6ヶ月以上使用していますが、ほとんど改善されていません。

  • Teresita had lived a quiet life and was well thought of by her friends and coworkers.

    テレシタは静かな生活を送っており、友人や同僚からも慕われていました。

  • Then in August of 1977, Dr. Jose Chua contacted the detectives with a strange story.

    そして1977年8月、ホセ・チュア博士から刑事たちに奇妙な話が持ち込まれた。

  • He claimed that shortly after Teresita's murder, his wife Remi began having dreams

    彼は、テレシタが殺害された直後、妻のレミが夢を見るようになったと主張した。

  • in which Teresita appeared to her, begging her to go to the police about her murder.

    その中で、テレシタが彼女の前に現れ、自分が殺されたことを警察に相談してほしいと懇願した。

  • Teresita was a former coworker of Remi and she had taken her death quite hard.

    テレシタはレミの元同僚で、レミの死をかなり深刻に受け止めていた。

  • Jose worked in a different part of the hospital and didn't know Teresita, but he, Remi and

    ホセは病院の別の場所で働いていて、テレシタのことは知らなかったが、彼とレミと

  • Teresita were all natives of the Philippines.

    テレシタはすべてフィリピンの原住民である。

  • Apparently, on one particular afternoon Remi awoke from a nap and spoke in Tagalog with

    ある日の午後、昼寝から目覚めたレミがタガログ語で話しかけてきたらしい。

  • a strange Spanish-sounding accent.

    奇妙なスペイン語のようなアクセントで。

  • She claimed to be Teresita and told Jose not to be afraid.

    彼女はテレシタと名乗り、ホセに「怖くないよ」と言った。

  • She begged him to go to the police regarding her death.

    彼女は、自分の死について警察に相談してほしいと懇願した。

  • Her murderer's name was Allan Showery, a respiratory technician that had worked at

    犯人の名前はアラン・シャワリーといって、日本の病院で働いていた呼吸器技師です。

  • Edgewater Hospital with her.

    彼女と一緒にエッジウォーター病院

  • Allan repaired items as a side job.

    アランは副業として修理をしていました。

  • When Teresita had him come to her apartment to repair her TV, Allan attacked her.

    テレシタがテレビの修理のために彼をアパートに呼んだとき、アランは彼女を襲った。

  • He had stabbed her, then set the fire to destroy any clues he might have left behind.

    彼は彼女を刺した後、自分が残したかもしれない手がかりを消すために火をつけたのだ。

  • The spirit of Teresita begged Jose to go to the police.

    テレシタの霊は、ホセに警察に行くように頼んだ。

  • Later when Remi awoke, she had little memory of her earlier actions.

    その後、レミが目を覚ましたとき、彼女は自分の先ほどの行動をほとんど覚えていなかった。

  • Jose found the situation odd, but decided not to contact the police.

    ホセはこの状況を奇妙に思ったが、警察には連絡しないことにした。

  • Several days later Remi was again possessed by the spirit of Teresita.

    数日後、レミは再びテレシタの霊に取り憑かれた。

  • Again she spoke in slow, Spanish accented Tagalog.

    彼女は再び、スペイン語訛りのタガログ語でゆっくりと話した。

  • This time she asked Jose why hadn't he told the authorities?

    今度はホセに「なぜ当局に言わなかったのか?

  • Jose said that he couldn't accuse Allan, there was no proof.

    ホセは、証拠がないのでアランを非難することはできないと言った。

  • The spirit of Teresita said that Allan had stolen her jewelry after the murder and given

    テレシタの霊は、殺人事件の後、アランが彼女の宝石を盗み、それを

  • it to his girlfriend.

    それを彼女に渡した。

  • After Remi was possessed a third time, Jose finally went to the police.

    レミが3回目に憑依された後、ホセはついに警察に相談した。

  • Detective Stachula wasn't sure what to do with the information, but decided a background

    スタキュラ刑事は、この情報をどうすればいいのかわからなかったが、背景を明らかにすることにした。

  • check on Allan wouldn't hurt.

    アランをチェックするのも悪くない。

  • His investigation found that Allan had lived near Teresita.

    調査の結果、アランはテレシタの近くに住んでいたことがわかった。

  • Also co-workers confirmed that Allan had gone to Teresita's the night of the crime to

    また、同僚の証言によると、アランは事件の夜、テレシタの家に行って

  • fix her TV.

    彼女のテレビを修理する。

  • The detectives visited Allan's apartment.

    刑事はアランのアパートを訪ねた。

  • He voluntarily agreed to go to the police station for questioning.

    彼は自主的に警察署に行って尋問を受けることに同意した。

  • During the interview, he denied murdering Teresita.

    インタビューの中で、彼はテレシタの殺害を否定した。

  • Meanwhile, the police talked to Allan's live-in girlfriend.

    一方、警察はアランの同棲中の彼女に話を聞いた。

  • She had a pearl ring and jade pendant that she said Allan had given her as Christmas

    彼女が持っていたのは、クリスマスにアランからもらったという真珠の指輪と翡翠のペンダントだった。

  • presents, however they matched the description of jewelry stolen from Terestita.

    しかし、それらはTerestitaから盗まれた宝石の特徴と一致しました。

  • The jewelry was identified by Teresita's relatives.

    ジュエリーはテレシタの親族によって確認されました。

  • When confronted with these facts Allan Showery confessed.

    これらの事実を突きつけられたアラン・シャワリーは、こう告白した。

  • During his prosecution in what became known asThe Voice from the grave trial”, the

    墓場からの声裁判」と呼ばれるようになった彼の起訴の際には

  • defense claimed the police's arrest of Allan was illegal because police lacked probable

    弁護人は、警察がアランを逮捕したことは、警察が正当な理由を持たなかったため違法であると主張しました。

  • cause of his guilt.

    彼の罪悪感の原因。

  • Much was made of the fact the police only became interested in Allan because of info

    警察がアランに関心を持ったのは、情報があったからだと言われている。

  • that allegedly came from a ghost.

    幽霊から来たと言われている

  • Also Remi and Allan apparently had a difficult working relationship.

    また、レミさんとアランさんの関係も難しいものだったようです。

  • Furthermore, soon after Teresita's death, Remi had been fired from her job.

    さらに、テレシタの死後すぐに、レミは仕事を解雇されていた。

  • The defence suggested that with nothing to lose, Remi faked the trances to harass her

    弁護側は、失うものがないので、レミは彼女に嫌がらせをするためにトランス状態を偽装したと主張しました。

  • enemy.

    の敵です。

  • Allan only confessed because the police threatened him.

    アランが自白したのは、警察に脅されたからだ。

  • The trial ended in a mistrial with a deadlocked jury.

    この裁判は、陪審員の意見がまとまらず、無効審理となりました。

  • Just before his second trial was due to start Allan made a formal confession and pled guilty.

    2回目の裁判が始まる直前に、アランは正式に自白し、罪を認めた。

  • He was sentenced to 14 years for arson, robbery and murder.

    放火、強盗、殺人の罪で14年の刑に処せられました。

  • A ghost possessing someone is difficult enough.

    幽霊が誰かに憑依することは十分に難しい。

  • But what if a person had the will to come back just for a moment to provide vital information?

    しかし、もしその人が、重要な情報を提供するために、ほんの一瞬でも戻ってくる意志を持っていたとしたら?

  • A Whisper from Beyond June 24, 2004 - It was a typical afternoon;

    A Whisper from Beyond 2004年6月24日 - それは、ある典型的な午後の出来事だった。

  • Danny Arizala dropped by his niece Catherine Ballesteros's home in the city of Makati

    ダニー・アリサラがマカティ市内にある姪のキャサリン・バレステロスの家に立ち寄った。

  • in the Philippines Islands.

    フィリピン諸島の

  • He knocked on her door several times, but Catherine never answered.

    何度もドアをノックしたが、キャサリンは答えなかった。

  • Which was odd, she was supposed to be home.

    奇妙なことに、彼女は家にいるはずだった。

  • Danny was able to force the house door open, but once inside, found Catherine's bedroom

    ダニーは家のドアを強引に開けたが、中に入るとキャサリンの寝室があった。

  • locked tight.

    をしっかりとロックしました。

  • He grabbed a stool and was able to peek through a gap between the bedroom wall and the ceiling.

    彼はスツールを手に取り、寝室の壁と天井の間の隙間から覗くことができた。

  • A horrific sight met his eyes.

    目の前には恐ろしい光景が広がっていた。

  • Catherine lay on the floor, bloody and lifeless.

    キャサリンは血まみれで床に横たわっていた。

  • Danny notified the Makati police and they quickly responded to the crime scene.

    ダニーはマカティ警察に通報し、警察はすぐに現場に駆けつけた。

  • Later an autopsy would reveal that Catherine had been stabbed 33 times.

    後日、検死の結果、キャサリンは33回も刺されていたことが判明した。

  • Several items were missing from her home making robbery a motive for the crime.

    彼女の家からはいくつかの物がなくなっており、強盗が犯行の動機になっています。

  • The police dusted her place for fingerprints.

    警察は、彼女の家の指紋を調べた。

  • In addition to the blood on the floor, the police found blood on a doorknob.

    床に落ちていた血痕に加え、ドアノブにも血痕が付着していた。

  • They sent both the fingerprints and blood swabs off to the crime lab, but weren't

    指紋と血痕の両方を鑑識に送ったが、その結果は

  • able to find a match in their database.

    は、彼らのデータベースにマッチするものを見つけることができました。

  • Meanwhile Catherine's grief stricken parents rushed to the crime scene, but were not allowed

    一方、悲しみに打ちひしがれていたキャサリン妃の両親は現場に駆けつけたが、それは許されなかった。

  • to view their daughter until she had been moved to a local funeral home.

    葬儀場に移されるまで、娘の姿を見ることはできませんでした。

  • When they were finally able to see the body, Catherine's mother Emer, unable to contain

    ようやく遺体を見ることができたとき、カトリーヌの母エマーは、抑えきれずに

  • her grief, gatherred Catherine to her for a final embrace.

    悲しみに暮れていたカトリーヌを、最後に抱きしめた。

  • That's when something supernatural happened.

    その時、超自然的なことが起こった。

  • Emer swore up and down that the corpse of Catherie whispered 'Baba' while Emer held

    エマーは、カタリーナの死体がエマーに抱かれながら「ババ」とささやいたことを断言した。

  • her.

    彼女の

  • Ryan Jay Viscarra a.k.a. "Babawas one of Catherine's neighbors.

    ライアン・ジェイ・ビスカラ、通称 "ババ "は、キャサリンの隣人の一人である。

  • He was known in the area as a petty thief.

    彼は地元では小心者の泥棒として知られていた。

  • Even more suspicious, when the police went to talk to him, Baba had vanished.

    さらに不審なことに、警察が話を聞きに行くと、ババは姿を消していた。

  • A few days later a relative of Baba's notified the Makati police that Baba had been arrested

    数日後、ババの親戚がマカティ警察にババが逮捕されたと連絡してきた。

  • for vagrancy in the nearby city of Manila.

    近郊のマニラで放浪の罪に問われた。

  • He was quickly sent back to their precinct.

    彼はすぐに自分の管区に戻された。

  • During questioning the police noted that Baba had a stab wound on his thigh.

    尋問中、警察は馬場の太ももに刺された傷があることを指摘した。

  • He confessed to receiving it while struggling with Catherine.

    キャサリン妃と闘っている時に受け取ったと告白しています。

  • Soon after they were able to match a blood sample taken at the crime scene to Baba's

    その結果、現場で採取された血液が馬場のものと一致したのだ。