Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • There's something strange in the woods of  Maine. It's bipedal, walks upright like a  

    メイン州の森の中に奇妙なものがある。それは二足歩行で、人間のように直立して歩きます。

  • human being, and is occasionally heard  to mumble strange vocalizations far,  

    人間とは思えないような、不思議な声で遠くからつぶやくこともあります。

  • far away from all civilization. Even stranger  still, the creature has an appetite for peanut  

    文明から遠く離れた場所にいる。さらに奇妙なことに、その生物はピーナッツを食べることができます。

  • butter and has been known to break into remote  cabins to steal bread to compliment its favorite  

    バターはもちろんのこと、離れた山小屋に侵入してパンを盗み、お気に入りの

  • snack with. It's never harmed anyone, but  local residents still live in terror of it.

    のスナックです。人に危害を加えることはありませんが、地元住民は今でもその恐怖にさらされています。

  • But that's no bigfoot, it's fugitive  Christopher Knight, who fled his home in  

    しかし、それはビッグフットではなく、逃亡中のクリストファー・ナイトである。

  • Massachusetts in 1986 and spent almost thirty  years living completely alone in the woods.

    1986年にマサチューセッツ州で生まれ、約30年間、森の中で一人で暮らしていました。

  • The tale of the white phantom, the North Pond  Hermit, would only come to light in 2013.

    白い幻のような「北池の仙人」の物語が明るみに出るのは、2013年になってからである。

  • On a fateful night in April of 2013, Knight sneaks  towards the site of a summer camp he's become  

    2013年4月の運命の夜、ナイトは自分が参加することになったサマーキャンプの会場に忍び込んだ。

  • accustomed to stealing from. He moves silent as  a ghost, every square inch of his woods memorized  

    盗むことに慣れているのだ。彼は幽霊のように静かに動き、森の隅々まで記憶している

  • after 27 years living in the wild. He's careful  to step where he knows he'll leave no tracks,  

    27年間の野生での生活を終えて彼は、足跡が残らないとわかっている場所に足を運ぶように気をつけている。

  • and as he slinks up onto the sleeping  summer camp, he's as silent as a ghost.

    そして、眠っているサマーキャンプに忍び寄り、幽霊のように静かにしています。

  • He uses a screwdriver to force open  the door of the camp's dining hall,  

    ドライバーを使って、キャンプ場の食堂のドアを無理やり開ける。

  • knowing that he'd be able to score a few  pounds of food from the freezer. The camp  

    冷凍庫から数ポンドの食料を調達することができるからだ。キャンプの様子

  • staff had taken to locking the freezer after  his numerous raids over the year, but Knight had  

    スタッフは、彼が1年間に何度も襲撃した後、冷凍庫に鍵をかけるようになりましたが、ナイトは

  • discovered a key to the padlock and stolen that on  a previous raid. Now the missing food left campers  

    南京錠の鍵を発見し、それを以前の襲撃時に盗みました。食材がなくなったことでキャンパーは

  • scratching their heads, seemingly disappearing  out of a still-locked freezer all on its own.

    頭をかきむしりながら、鍵のかかった冷凍庫から勝手に消えていったようなものです。

  • This was something he'd been doing for  years, Knight has the routine down pat  

    これは彼が何年も前から行っていることで、ナイトはその手順を熟知している。

  • and uses his expert woodsman skills to move  completely unheard by the sleeping campers.  

    と、森の専門家としての技術を駆使して、寝ているキャンパーには全く聞こえないように移動する。

  • But in the 27 years Knight had spent living in the  wild, he'd failed to understand how technology had  

    しかし、ナイトは27年間の野生生活の中で、テクノロジーがどのように進化してきたかを理解していなかった。

  • evolved. Completely unaware, Knight sets off  a motion detector installed by Game Warden  

    進化しました。何も知らないナイトは、ゲーム・ウォーデンが設置したモーション・ディテクターを作動させてしまう。

  • Sergeant Terry Hughes, who'd become obsessed  with catching the phantom thief for years.

    テリー・ヒューズ軍曹は、何年も前から怪盗を捕まえることに執着していた。

  • Hughes sneaks down to the camp and calls  the local Sheriff's office for backup,  

    ヒューズはキャンプに忍び込み、地元の保安官事務所に応援を要請する。

  • then surprises Knight as he exits the camp  dining hall, bag full of stolen food and candies.  

    キャンプ場のダイニングホールから出てきたナイトは、盗んだ食べ物やキャンディーが詰まったバッグを持っていて驚きました。

  • Soon he was in handcuffs and in  the back of a sheriff's vehicle,  

    すぐに彼は手錠をかけられ、保安官の車の後部に乗せられた。

  • but still Knight refused to answer any  questions. Finally, he began to speak,  

    しかし、それでもナイトは何も答えようとしない。そして、ついに彼は話し始めた。

  • admitting that he remained silent at first out of  shame for what he'd done. As he spoke though it  

    最初は自分のしたことが恥ずかしくて黙っていたのだという。しかし、彼が話すにつれ、それは

  • became clear that it took effort, almost as if he  was struggling to remember how to properly speak.

    それは、まるで正しい話し方を思い出すのに苦労しているかのように、努力していることが明らかになりました。

  • This was after all only the third human  interaction he'd had in almost thirty years.  

    約30年ぶりに会った3人目の人間との交流である。

  • Months before this a son and father duo had  stumbled across his camp, and they had exchanged  

    その数ヶ月前には、息子と父親のコンビが彼のキャンプに出くわし、彼らは交換していた。

  • only a few words with the two fishermen agreeing  to keep quiet about the hermit, who simply wished  

    二人の漁師は、ただ望みを叶えたいだけの仙人のことを黙っていることに同意して、わずかな言葉を交わしただけだった。

  • to be left alone. Years before that he'd come  across a hiker and simply nodded, and saidhi”.

    と言って、一人にしてもらいました。その数年前、彼はハイカーに出くわしても、ただ頷き、「こんにちは」と言っただけでした。

  • In thirty years, Christopher  Knight had spoken less words  

    30年間でクリストファー・ナイトが語った言葉は少ない。

  • with another human being than you use  to order your food at a restaurant.

    レストランで料理を注文するのと同じように、他の人間との会話を楽しむことができます。

  • The officers asked Knight how long he'd  been in the woods, but Knight was confused.  

    警官はナイトにどれくらい森の中にいたかを尋ねたが、ナイトは混乱していた。

  • He had long ago stopped keeping track  of the passage of time, and he simply  

    とっくに時間の経過を気にしなくなっていた彼は、単に

  • asked when the chernobyl nuclear disaster  had occurred. That was the year he had  

    チェルノブイリ原発事故が起きたのはいつですか?その年は、彼が

  • taken to living in the woods, 1986.  Knight had never seen a cell phone,  

    1986年、森の中の生活に連れて行かれた。 ナイトは携帯電話を見たことがなかった。

  • never heard of the internet, and blessedlyhad no clue what a 'Kardashian' was.

    インターネットも知らないし、幸いなことに「カーダシアン」という言葉も知りませんでした。

  • Seeking to avoid being discovered, Knight  had set up a secret camp amongst some large  

    見つからないように、ナイトは大きな建物の中に秘密のキャンプを張った。

  • boulders in a strand of trees, then taken  the time to carefully camouflage the area.  

    木々に囲まれた中に岩を置き、時間をかけて丁寧にカモフラージュした。

  • He went so far as to not light cooking  fires, eating his food raw or using a  

    また、火を使わず、生で食べることもなく、さらにはタバコを吸うこともありませんでした。

  • small propane stove when available, and slept  during the day, moving about only at night.

    プロパンガスの小型ストーブがあれば、日中は寝ていて、夜だけ移動した。

  • Living in the wild however was not easy for  Knight, especially in the notorious Maine winters.  

    しかし、ナイトにとって野生での生活は簡単ではなかった。特にメイン州の悪名高い冬は大変だった。

  • In order to survive, Knight had committed  something like 1,000 burglaries, breaking  

    ナイトは生き延びるために、1000件もの空き巣を行い、破壊した。

  • into homes and cabins- but he only did it when  he was sure nobody was around, and he never stole  

    しかし、誰もいないことを確認してから、家や小屋に侵入し、決して盗みはしませんでした。

  • anything of value. He only took food, propane  tanks, clothing, and most importantly: books  

    価値のあるものは何もありません。食料、プロパンガスタンク、衣類、そして最も重要なものとして、本を持っていっただけです。

  • to read. Hundreds of them, which were his only  companions during his lonely three decades alone.

    を読んだ。何百冊もの本が、孤独な30年の間、彼の唯一の友となりました。

  • A background check showed that Knight  had no previous criminal record,  

    身元調査の結果、ナイトには過去に犯罪歴がなかった。

  • but he was the only suspect in something close  to 1,000 burglaries reported over the 27 years  

    しかし、27年間で1,000件近く報告された強盗事件の唯一の容疑者だった。

  • that he lived in the woods. He was arrested  and transferred to a jail in the state capital,  

    森の中で暮らしていたこと。逮捕された彼は、州都の刑務所に移送された。

  • where he slept in a bed for the first  time in almost thirty years. His arrest  

    約30年ぶりにベッドで眠りについた。逮捕

  • was quickly made public, drawing stunned  disbelief from many in the local community.

    このことはすぐに公表され、多くの地元住民から呆れられた。

  • These people had been reporting strange events  for decades, some turning to the paranormal for  

    これらの人々は何十年も前から奇妙な出来事を報告しており、中には超常現象に目を向ける人もいました。

  • answers. Flashlights would mysteriously  be missing their brand new batteries,  

    の答えが出ました。懐中電灯には新品の電池が入っていないことが多い。

  • food disappeared from fridges, and brand new  propane tanks on cooking grills would, at dawn,  

    冷蔵庫から食品が消え、グリルの真新しいプロパンガスタンクが消えたのは、明け方のことだった。

  • be replaced with old, empty tanks.

    は、古くて空っぽのタンクに置き換えられます。

  • Eventually, stories began to take shape and  give the mysterious thief an identity: the  

    やがて物語は形を変えて、謎の泥棒の正体を明らかにしていきます。

  • North Pond Hermit. Hundreds of people had their  own stories to tell, all reporting mysterious  

    北池の仙人。何百人もの人々がそれぞれの物語を持っていました すべての人が神秘的な報告をしています

  • thefts or break-ins. Each story was largely the  same- nothing of any real value was ever taken,  

    窃盗や不法侵入があった。どの話も大体同じで、実際に価値のあるものは何も取られていない。

  • only cold weather clothing, batteries, foodoccasionally even tools. At a homeowner's  

    寒冷地用の衣類、電池、食料、時には工具までも。ホームオーナーズでは

  • meeting in 2002 one man said how when he was  10 years old all his Halloween candy had been  

    2002年に開催された会議で、ある男性が、10歳の時に食べたハロウィンのお菓子が全部なくなってしまったと話していました。

  • stolen. Many refused to believe that someone  was actually committing all these robberies,  

    奪われた。多くの人は、誰かがこれらの強盗を実際に行っていることを信じようとしなかった。

  • and even when Knight was captured they refused  to accept the story as true- but it was.

    そして、ナイトが捕まったときも、彼らはその話を真実だとは認めなかったが、実際にはそうだった。

  • Knight was charged with multiple counts of  burglary, but ultimately was given only a  

    ナイトは複数の強盗罪で起訴されましたが、最終的にはただの

  • 7 month sentence. He expressed deep regret over  his stealing, but had found it a necessary evil  

    判決は7ヶ月。窃盗をしたことを深く後悔しているが、必要悪だと思っていた。

  • in order to survive in one of the worst winter  areas of the entire country. After his sentencing,  

    このようにして、全国でも有数の冬の寒さの厳しい地域で生き延びることができました。判決を受けて

  • even the prosecution agreed that a harsher  sentence would have simply been cruel.

    検察側も、これ以上厳しい判決は単に残酷なだけだと同意していた。

  • While in prison, Knight's condition seemed to  deteriorate. Out in the wilds he'd taken cold  

    刑務所の中で、ナイトの状態は悪化していった。大自然の中で風邪をひいてしまい

  • sponge baths and carefully groomed his hair in  order to avoid suspicion if spotted by hikers  

    ハイカーに発見されても怪しまれないように、スポンジ風呂に入り、髪の毛を丁寧に手入れしていた。

  • or campers. But while in jail, he'd simply let his  beard grow wild and unkempt. The noise of all the  

    やキャンパーのように。しかし、刑務所の中では、ただひげを野放しにしていた。その時の騒音は

  • other inmates and the general filthiness of the  prison grated at Knight, who was used to unspoiled  

    他の受刑者と刑務所の全体的な不潔さは、汚れのない環境に慣れているナイトには理解できないものだった。

  • nature and complete solitude. He attempted to  strike up conversations with other inmates,  

    自然に囲まれ、完全な孤独を味わった。彼は他の受刑者との会話を試みました。

  • but he was so far behind the times that he simply  couldn't relate. Movies, books, tv shows- he had  

    しかし、彼はあまりにも時代に取り残されていたため、単純に共感することができませんでした。映画、本、テレビ番組......彼は

  • absolutely nothing in common, a man totally out of  time, and it showed even in the way that he spoke.  

    共通点が全くなく、時間が止まったような人で、話し方にもそれが表れていました。

  • One inmate said that he spokelike a book”,  and after that Knight simply stopped speaking.

    ある受刑者は、彼が「本のように話す」と言っていたが、それ以降、ナイトは話すのをやめてしまった。

  • During that time Knight struck up a friendship  with a reporter for GQ magazine, and the two  

    その間、ナイトはGQ誌の記者と親交を深め、2人は

  • exchanged frequent letters. In those letters  Knight revealed more details of his time spent in  

    頻繁に手紙のやり取りをしていた。その手紙の中で、ナイトは、自分が留学していた頃のことを詳しく語っている。

  • the wilds, like how he tried to stockpile supplies  for the winter months in order to avoid leaving  

    そのために、冬の間に必要なものを備蓄していたのである。

  • footprints in the snow for others to discover. He  also spoke of the times he almost died- which were  

    雪の上に足跡をつけて、他の人に発見してもらう。彼はまた、死にかけた時のことも話してくれました - それは

  • frequent during the bitterly cold Maine wintersIn order to cope with not enough food or too  

    寒さの厳しいメイン州の冬には、頻繁に発生します。 食べ物が足りなかったり、多すぎたりすることに対処するために

  • much cold, he would turn to meditation. He also  expressed deep regret over his many burglaries.

    寒さが厳しくなってくると、瞑想をするようになります。また、多くの窃盗事件を起こしたことを深く反省していた。

  • Knight also talked about his survival strategiesIn spring and summer he'd do his best to fatten  

    また、ナイトは自分の生存戦略についても語った。 春から夏にかけては、できるだけ太らせるようにしていた。

  • up, eating as many calories as possible and  imbibing any alcohol he could steal. Much like  

    そして、できるだけ多くのカロリーを摂取し、盗んだお酒を飲みました。まるで

  • a hungry bear, his goal was to fatten up for the  hard winters, and he stepped up his burglaries  

    飢えた熊は、厳しい冬に備えて太ることを目的とし、強盗を増やしていった。

  • from April to September. Once the snows began to  fall however, he holed up in his hidden campsite,  

    4月から9月まで。しかし、雪が降り始めると、彼は隠れたキャンプ場にこもってしまう。

  • determined not to leave and give away  his presence with fresh bootprints.

    このままでは、新しい足跡で自分の存在を知られてしまうと思ったからだ。

  • Winter in Maine can be tough, and there were many  times he feared he'd die from starvation or cold.  

    メイン州の冬は厳しく、飢えや寒さで死んでしまうのではないかと思ったことも何度もあったという。

  • Meditation helped, as did his many  stolen books which helped keep his  

    瞑想が役に立ったし、盗まれた多くの本が彼の心を支えた。

  • mind off the pain of an empty belly or  the freezing cold. As soon as the birds  

    空腹の痛みや凍えるような寒さを忘れさせてくれる。鳥の声が聞こえてくると同時に

  • returned however and their songs filled the  woods, he knew that summer was on its way.

    しかし、この時期になると、彼らの歌が森に響くようになり、夏が近づいていることを実感しました。

  • After his imprisonment, Knight paid  $2,000 in restitution to the victims  

    懲役後、ナイトは被害者に2,000ドルの賠償金を支払った

  • that could be identified- many of them by Knight  himself. He was also reunited with his family,  

    その多くがナイト自身によるものであることがわかった。彼は家族とも再会した。

  • and secured a job working with one of his  brothers. His two brothers had kept his mother's  

    弟と一緒に仕事をすることになった。2人の兄弟は、母の

  • spirits alive ever since his disappearance  from his Massachusetts home by telling  

    彼がマサチューセッツ州の家から失踪して以来、彼の精神は生き続けています。

  • her that he was likely out west somewhereand never once hinted that he may be dead.

    そして、彼が死んでいるかもしれないとは一度も言わなかった。

  • When he originally disappeared the desperate  family hadn't reported him missing,  

    彼が失踪したとき、絶望した家族は彼の失踪届を出していなかった。

  • but had hired a private investigator  to try and find him. Knight however  

    しかし、彼を見つけるために私立探偵を雇っていた。しかし、ナイトは

  • had driven his car up to the deep woods  in Maine, then simply left it parked at  

    メイン州の深い森の中まで車を走らせ、そこに車を停めたままにしていた。

  • the end of a trail with the keys on  the dash, and walked into the forest.

    キーをダッシュボードに置いたまま小道の端に行き、森の中に入っていった。

  • But why did Christopher Knight become a hermit  for 27 years? When asked, he himself admitted  

    しかし、なぜクリストファー・ナイトは27年間も世捨て人になっていたのか?と聞かれると、彼自身がこう答えている。

  • that he didn't know. When he found his original  campsite back in 1986, he said that he simply  

    彼は知らなかったのだ。1986年にオリジナルのキャンプ場を見つけたとき、彼は単に

  • felt like this was the first place where he felt  at ease, and could give no more reason than that.

    それ以上の理由はありません。

  • Now go check out Russian Family Who Had Never Seen  Another Human, or click this other video instead!

    では、「人間を見たことがないロシアの家族」をご覧ください。または、別のビデオをクリックしてください。

There's something strange in the woods of  Maine. It's bipedal, walks upright like a  

メイン州の森の中に奇妙なものがある。それは二足歩行で、人間のように直立して歩きます。

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B2 中上級 日本語 ナイト キャンプ メイン 強盗 年間 刑務

27年間、人と接触せずに隠れていた逃亡者 (Fugitive Hiding With No Human Contact For 27 Years)

  • 15 1
    Summer に公開 2021 年 06 月 11 日
動画の中の単語