Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • The woman known as Madame LaLaurie walks amongthrong of socialites at the party she’s put on at  

    マダム・ラロリーと呼ばれる女性が、社交界の人々の間を歩いています。

  • her New Orleans mansion. Dressed in an exquisite  puffed-gown, its skirt intricately embroidered  

    ニューオーリンズの豪邸。スカートに複雑な刺繍が施された絶妙なパフドガウンを着て

  • with blood-red roses, she sips from a crystal  flute containing imported champagne. Oh what  

    血のように真っ赤なバラをあしらったクリスタルのフルートに、輸入されたシャンパンを入れて飲みます。ああ、なんと

  • joie de vivreis on show, she remarksas her drunken guests chortle in agreement

    "酔っぱらった客たちが同意の笑みを浮かべる中、彼女は「生きる喜び」を表現した。

  • Not a few feet below them is a torture chamberThere, African slaves are chained to the walls.  

    その数メートル下には、拷問部屋があります。 そこではアフリカの奴隷たちが壁に鎖でつながれています。

  • Some of their necks are fitted with spiked  collars. Their limbs have been stretched and  

    いくつかの首にはスパイク付きの首輪がつけられています。彼らの手足は伸ばされており

  • broken. As they moan in pain, occasionally  a slither of light exposes their horribly  

    壊れた。痛みに呻いていると、時折、光が差し込んできて、彼らの恐ろしい姿が露わになります。

  • mutilated faces. One man sits in silence  as maggots fester in the hole in his head.  

    切り刻まれた顔。頭に開いた穴にウジ虫がわいているのを黙って見ている男がいる。

  • It’s only a matter of time before they  are dead, and so with their last vestige  

    彼らが死ぬのは時間の問題なので、彼らの最後の痕跡である

  • of strength, they plot their escape. Welcome to a real American horror story

    力を振り絞って、脱出を企てる。本物のアメリカン・ホラー・ストーリーへようこそ。

  • Born on March 19, 1787, as Marie Delphine Macartyshe took her first breaths in New Orleans, which  

    1787年3月19日、マリー・デルフィーヌ・マカティとして生まれた彼女が最初に息をしたのは、ニューオリンズでした。

  • was then part of Spanish Louisiana. With a silver  spoon firmly planted in her mouth, she understood  

    当時はスペイン領ルイジアナの一部だった。銀のスプーンを口にくわえていた彼女が理解したのは

  • from a young age that her well-connected  family was almost like royalty in those parts

    幼い頃から、彼女のコネのある家族は、その地域ではほとんど王族のようなものだった。

  • She also understood the contempt some her extended  family had for their slaves, a contempt that would  

    彼女はまた、自分の親戚が奴隷を軽蔑していることも理解していました。

  • result in an uprising and the death of her uncleAs she moved among the finely dressed adults in  

    その結果、反乱が起きて叔父が死んでしまったのだ。 洗練された服を着た大人たちの間を移動しながら、彼女は

  • her house, she would listen as people talked about  brutes and how they should not be spared the whip

    彼女の家では、人々が獣の話をしているのを聞いて、いかに彼らが鞭を使わずに済むかを考えていた。

  • Delphine was just 13 when she married Ramon  López y Ángulo de la Candelaria, an officer to  

    デルフィーヌが13歳で結婚したのは、ラモン・ロペス・イ・アングロ・デ・ラ・カンデラリアという官吏でした。

  • the Spanish crown. At 17, pregnant with his childshe became a widow after his ship hit a sandbar

    スペインの王室のために。17歳で彼の子供を妊娠した彼女は、彼の船が中洲に衝突した後、未亡人となった。

  • On her 20th birthday, she married a rich, some say  ruthless, businessman named Jean-Paul Blanque. Her  

    20歳の誕生日に、金持ちで、冷酷とも言われる実業家のジャン=ポール・ブラックと結婚した。彼女は

  • mother had just died, and she inherited among  other things, a plantation and 52 slaves. As  

    母親が亡くなったばかりで、彼女は農園と52人の奴隷を相続した。そして

  • a marriage gift, the couple also received another  plantation that came with an additional 26 slaves.  

    また、結婚祝いとして、26人の奴隷を追加した別の農園も贈られた。

  • In the eight years they were married they  had four kids, and then Blanque also died

    結婚して8年の間に4人の子供が生まれたが、その後ブランケも亡くなってしまった。

  • Delphine was now known as a woman of great wealth,  a socialite with properties and plantations,  

    デルフィーヌは今では大金持ちの女性として知られており、不動産やプランテーションを持つ社交家だった。

  • and a woman who seemed to curse her husbands. She  was 38 when she met her last one, a physician by  

    と、夫たちを呪うような女性だった。彼女が最後に出会ったのは38歳の時で、医師の

  • the name of Leonard Louis Nicolas LaLaurie. It was  with him she built her mansion on Royal Street,  

    レオナルド・ルイ・ニコラ・ラロリーの名である。彼女は彼と一緒にロイヤル・ストリートに大邸宅を建てたのです。

  • a palatial house replete with slave quarters. It  was in those quarters that inhumanity breathed  

    邸宅の中に奴隷の部屋がある。非人間的なものが息づいていたのは、その宿舎でした

  • its rancid breath over innocent people forced  to work for those wicked white imperialists

    邪悪な白人帝国主義者のために働かされている罪のない人々に、その腐った息を吹きかけている。

  • Delphine was not a happy woman, her marriage  described in letters as an acrimonious affair.  

    デルフィーヌは幸せな女性ではなく、結婚生活は険悪なものだったと手紙に書かれています。

  • In those missives, she said she was beaten by  the doctor, but she also mentioned from time to  

    その手紙の中で、彼女は先生に殴られたと言っていますが、それ以外にも、時々

  • time how sometimes she was cruel to her slaves. This was an understatement of the highest degree.  

    彼女は時々、奴隷に残酷なことをしていた。これは最高レベルの控え目な表現でした。

  • She was not only fond of torture, but  she killed, serially. Rumors spread  

    彼女は拷問が好きなだけではなく、連続して殺していた。噂が広がり

  • around town that this woman had a penchant for  cruelty. Some people took a dim view of this,  

    この女性は残虐なことが好きだと町中で噂になっていた。それを見て非難する人もいた。

  • even though in those days maltreating  slaves was normal in some people’s eyes.  

    当時は奴隷を虐待するのが当たり前の時代だったのに。

  • Nonetheless, some of those socialites stopped  frequenting the parties she held at her mansion

    それにもかかわらず、一部の社交界の人々は、彼女が自分の邸宅で開くパーティーに足を運ばなくなった。

  • She was also prone to acting out in publictalking to her friends about how she was so  

    また、彼女は人前で行動することが多く、友人に「私はこんなことをしている」と話していました。

  • very concerned about the well-being of her  slaves. This was a lie. One woman who later  

    奴隷の健康状態をとても気にしていました。これは嘘だった。ある女性は、後に

  • wrote about Delphine and her slaves said what  she saw were haggard and wretched people not  

    デルフィーヌとその奴隷たちについて書かれた記事によると、彼女が見たのは、憔悴した哀れな人々であった。

  • showed a modicum of human kindness. Harriet Martineau, who once attended  

    は、人としてのささやかな優しさを示していた。かつて通っていたハリエット・マルティヌーは

  • one of Delphine’s parties, wrote that the host  “would hand the remains of her glass of wine to  

    デルフィーヌのパーティーでは、ホストが「グラスに残ったワインを手渡して」と書いています。

  • the emaciated negro behind her chair,” and  say, “with a smooth audible whisper, ‘Here,  

    椅子の後ろにいる痩せこけた黒人に向かって、「滑らかな声で『ここだよ』と言ってみてください。

  • my friend, take this; it will do you good.’” It was all show, a canard to hide what she was  

    私の友人よ、これを受け取ってくれ。それはすべてショーであり、彼女の正体を隠すためのカナードでした

  • really up to. Down below in the slave quartersthere were locks on the doors seven inches in  

    本当のところはどうなのか。下の奴隷居住区では、ドアに7インチの鍵がかけられていて

  • diameter. The widows of that hellhole were  covered with iron shutters. There was no way out

    の直径がある。その地獄の未亡人たちは、鉄のシャッターで覆われていた。逃げ場がないのである。

  • And then slaves kept dying. Funeral records  showed that in just four years from the period  

    そして、奴隷たちはどんどん死んでいった。葬儀の記録によると、期間からわずか4年の間に

  • of 1830 to 1834, 12 slaves were taken out of that  mansion dead. One of the deaths was the cook,  

    1830年から1834年にかけて、その屋敷から12人の奴隷が死んで連れ出された。死者の一人は料理人だった。

  • a position in that house as youll  see was one to be mortally feared

    その家での地位は、見ての通り、死ぬほど怖いものだった。

  • What’s more, four children of the cook also diedThe cause of death was unknown, given that slaves  

    しかも、コックの子供4人も死んでしまった。 死因は不明だったが、奴隷のことを考えると

  • dying in those days wasn’t exactly a cause for  investigation. How they died well never know,  

    当時は死ぬことが調査の対象になることはなかった。どうやって死んだのかはわからない。

  • it could have been from infections, but given  what youre about to hear, maltreatment could  

    感染症の可能性もありますが、これからお聞きになる内容からすると、虐待の可能性もあります。

  • have easily been their downfall. Stories of Delphine’s wickedness  

    は、簡単に彼らを破滅させることができました。デルフィーヌの悪行の物語

  • towards her slaves became so widely circulated  that it was agreed by the authorities that her  

    彼女の奴隷に対する思いが広く伝わり、当局も彼女のことを

  • mansion should be searched, and her slaves  looked at. The lawyer appointed to do this  

    邸宅を捜索し、彼女の奴隷たちを調べなければならない。これを行うために任命された弁護士は

  • said he found no wrongdoing, but you have  to ask where he was looking and if he was  

    と言っていたが、どこを見ていたのか、どこを見ていたのかを問われている。

  • star-struck by the fabulously wealthy socialite. It seems that Delphine wasn’t only a master of  

    大金持ちのソーシャライツに心を奪われたのです。どうやらデルフィーヌは、ただのマスターではなかったようです。

  • deception but also a grand manipulator. She  did such a job on that lawyer that he wrote  

    騙すだけでなく、巧みに操ることもできる。彼女はその弁護士の仕事を見事にこなし、彼が書いた

  • in a report that he wasfull of indignation  against all who could suspect this amiable  

    の報告書の中で、「この愛すべき人物を疑うすべての人に憤りを感じている」と述べています。

  • woman of doing anything wrong. . .She could not  harm a fly or give pain to any human being.” 

    彼女は何も悪いことをしていません。.彼女はハエを傷つけることも、人間に苦痛を与えることもできなかった」。

  • He was wrong, so very wrong. Just after his visit, a neighbor said she  

    彼は間違っていた、とても間違っていたのだ。彼が訪れた直後、近所の人が

  • saw Delphine chasing a young girl while holdingwhip in her hand. The girl was so petrified about  

    デルフィーヌは、手に鞭を持ちながら少女を追いかけていました。その少女はとても怖がっていました。

  • what might happen to her, she ran along a part of  the roof. The shocked neighbor watched the scene,  

    このままでは大変なことになると、彼女は屋根の上を走った。その様子を、ショックを受けた隣人が見ていた。

  • as the girl lost her footing and fell to the  floor. That same neighbor said she watched that  

    その時、少女は足を踏み外して床に倒れました。その同じ隣人は、その様子を見て

  • night as the slave girl was secretly buried  in the courtyard. What had actually happened  

    その夜、奴隷の少女は中庭に密かに埋葬された。実際に起こったこと

  • before that no one knows, although rumors later  surfaced that the girl, aged 12 and named Lia,  

    それ以前のことは誰にもわからない。しかし、その後、12歳の少女が「Lia」と名乗っていたという噂が浮上した。

  • had been brushing Delphine’s hair when  she tugged on a knot. This was enough  

    デルフィーヌの髪を梳いていた時、彼女は結び目を引っ張った。これだけで

  • to provoke the satanic ire of her owner. It was after this that another legal inquiry  

    飼い主の悪魔の怒りを買ってしまったのだ。この後、別の法的調査が行われた。

  • took place and this one did find that Delphine was  mistreating her slaves. She was told that she must  

    が行われ、この中でデルフィーヌが奴隷を虐待していることがわかりました。彼女は次のように言われました。

  • sell those slaves at the market, to people who  might not have such a proclivity for violence,  

    その奴隷を市場で、暴力的な傾向のない人々に売る。

  • although Delphine secretly arranged that  they were bought by members of her family

    しかし、デルフィーヌは密かに自分の家族に買ってもらうように手配していました。

  • The slaves were soon given back to herwhere their treatment became even worse.  

    奴隷たちはすぐに彼女のもとに戻され、その扱いはさらにひどくなった。

  • Soon people would see what happened to  them, and it would become American history

    やがて人々は、自分たちに起こったことを目の当たりにし、それがアメリカの歴史となっていくのである。

  • The historic day was April 10, 1834, when  a fire engulfed part of the house. Delphine  

    歴史的な日は、1834年4月10日、火事で家の一部が焼失した日でした。デルフィーヌ

  • became hysterical, shouting to her neighbors to  come and help. What she didn’t know was that the  

    彼女はヒステリックになり、近所の人たちに助けを求めました。彼女が知らなかったのは、その時の

  • fire had been started on purpose, by a 70-year  old slave cook she had chained to the stove.  

    彼女がストーブに繋いでいた70歳の奴隷料理人が、わざと火をつけたのだ。

  • This cook had been beaten on many occasions. She’d  had enough, and so she set the fire, perhaps in  

    この料理人は何度も殴られていた。彼女はもう十分に満足していたので、火をつけました。

  • the hope that someone might discover Delphine’s  secret. It was either that or die in the flames

    デルフィーヌの秘密を誰かが知ってくれるかもしれないという期待を込めて。それか、炎の中で死ぬかのどちらかだった。

  • Delphine, still screaming, demanded people  in the street come to help, except she didn’t  

    デルフィーヌはまだ叫んでいて、道行く人に助けを求めていましたが、彼女はそうしませんでした。

  • mention all the trapped slaves, and instead  asked them to gather her precious valuables.  

    囚われの身となった奴隷たちに、「大事なものを集めてくれ」と言った。

  • News reports at the time stated that the  crowd of people ignored her, knowing slaves  

    当時の報道によると、群衆は奴隷を知っている彼女を無視していたという。

  • were in the house. They told Delphine to  hand them the keys to the slave quarter,  

    は家の中にいました。彼らはデルフィーヌに奴隷区の鍵を渡すように言った。

  • but she refused in what was called a “gross and  insulting manner”. After that, they kicked down  

    しかし、彼女は「粗野で侮辱的な態度」と呼ばれる方法で拒否しました。その後、彼らが蹴り倒したのは

  • the door. What greeted them was sheer horror. This is some text from The New Orleans Bee  

    ドアを開けると彼らを迎えたのは、まさに恐怖だった。ニューオリンズ・ビー紙からの抜粋です。

  • newspaper, published a day after the fire: “The conflagration at the house occupied by  

    炎上の翌日に発行された新聞"の家の火事が起きた。

  • the woman Lalaurie... is like discovering one of  those atrocities the details of which seem to be  

    ラロリーという女性...それはまるで、詳細が明らかになっているような残虐行為の一つを発見したかのようです。

  • too incredible for human beliefSeven slaves more  or less horribly mutilated were seen suspended by  

    人間が信じるにはあまりにも信じられない...7人の奴隷が、多かれ少なかれひどい傷を負っており、彼らが吊り下げられているのを見た。

  • the neck, with their limbs apparently stretched  and torn from one extremity to the other.” 

    首から上は、手足を伸ばして引き裂いたようになっています。

  • The newspaper wrote that the slaves were the  property of a demon masquerading as a woman,  

    新聞では、奴隷は女性を装った悪魔の所有物であると書かれていた。

  • that some of them had been down there for  months, that most of them were in the most  

    何人かは何ヶ月も前から下に降りていたこと、ほとんどの人が一番の

  • dreadful condition. The New Orleans Advertiser  followed with another highly disturbing report

    恐ろしい状態である。続いて、ニューオリンズ・アドバタイザーが、これまた非常に気になるレポートを掲載した。

  • Delphine’s mask was finally removed. People  demanded justice. A giant mob formed

    デルフィーヌの仮面がようやく取れた。人々は正義を求めた。巨大な暴徒が形成された。

  • But she wasn’t immediately arrested, for a reason  we can only say was likely due to her wealth

    しかし、彼女はすぐには逮捕されなかった。その理由は、彼女が裕福だったからとしか言いようがない。

  • The next day she left her partly burnt  mansion, having said she was going to  

    翌日、彼女は一部が焼失した屋敷を後にして、「私はこれから

  • take a drive around the lake. Her carriage it  was said was driven by a male mulatto slave.  

    湖の周りをドライブしました。彼女の馬車を運転していたのは、マルチーズの男性奴隷だったと言われています。

  • She crossed the lake and from there she tooksailboat to Alabama. From Alabama, she sailed to  

    彼女は湖を渡り、そこからヨットでアラバマに向かった。アラバマから、彼女は船に乗って

  • France. This was not the end of the story, though. Mobs formed in the streets outside her house. They  

    フランスです。しかし、これで終わりではありませんでした。彼女の家の前の通りには暴徒ができていた。彼らは

  • didn’t know where Delphine had gone, but it  was written thatall classes and colorscame  

    デルフィーヌがどこへ行ったのかはわからなかったが、「すべての階級と色」が集まってきたと書かれていた。

  • out and according to one reportdemolished and  destroyed everything upon which they could lay  

    あるレポートによると、「彼らは敷設可能なすべてのものを取り壊し、破壊した。

  • their hands.” There was little left of the house  once they were done. “The rage of the crowd,  

    彼らの手で」。彼らが終わった後、家にはほとんど何も残っていなかった。"群衆の怒りは

  • especially of the French creoleswas excessive,” wrote one observer

    特にフランスのクレオール人は過剰だった」とある観察者は書いている。

  • As for the injured slaves, some people didn’t  believe a woman could have done such things.  

    怪我をした奴隷については、女性がそんなことをするはずがないと考える人もいた。

  • The New Orleans Bee reported that they were taken  to a place so they could be publicly viewed,  

    New Orleans Bee紙によると、これらの写真は一般に公開できる場所に持っていかれたそうです。

  • so the audience could see the extent  of the injuries they had suffered.  

    観客は、彼らが受けた傷の大きさを見ることができます。

  • 4,000 were said to have turned up. It was later  agreed, Delphine was demented and sadistic

    4,000人が参加したと言われています。後になって、デルフィーヌは痴呆症でサディスティックだったということが判明した。

  • Several weeks after the gruesome discovery the  Pittsfield Sun newspaper wrote that two of the  

    凄惨な発見から数週間後、ピッツフィールド・サン紙は、2人の

  • rescued slaves had died from their injuries. It  also wrote: “We understand ... that in digging  

    救助された奴隷たちは、その傷がもとで亡くなっていた。また、「私たちは理解しています......掘るということは

  • the yard, bodies have been disinterredand the condemned well in the grounds of  

    の敷地内には、遺体が埋葬され、非難された井戸があります。

  • the mansion having been uncovered, othersparticularly that of a child, were found.” 

    邸宅が発見されたことで、他のもの、特に子供のものが発見された」。

  • But was it even worse than  those initial reports suggested

    しかし、最初の報道からは想像もつかないほどひどい状況だったのでしょうか。

  • Books written later claimed that what those  first people on the scene saw was worse than  

    後に書かれた本には、最初に現場にいた人たちが見たものは、より悪いものだったと書かれている。

  • had previously been reported. One of them  was calledJourney Into Darkness: Ghosts  

    は既報の通りです。その一つが「闇への旅」というものでした。幽霊

  • and Vampires of New Orleansand inside those  pages, there are stories of the utmost terror

    ニューオーリンズの吸血鬼たち」と題されたそのページには、最高の恐怖の物語が書かれています。

  • While there’s no doubt those slaves  were treated in a disgusting manner,  

    奴隷たちが嫌な扱いを受けていたことは間違いないが

  • some people think these more modern stories may  have contained some amount of embellishment.  

    このような現代の物語には、ある程度の装飾が施されているのではないかと考える人もいます。

  • The author of the last book is after all the  owner of a New Orleans ghost tour business

    前作の著者は、なんといってもニューオリンズのゴーストツアー事業の経営者です。

  • Delphine stayed in France until her ashes  were sent back to New Orleans after her death.  

    デルフィーヌは、死後、遺灰がニューオリンズに送り返されるまで、フランスに留まっていた。

  • It’s thought she might have died in  a boar-hunting accident, aged 62.  

    イノシシ狩りの事故で62歳で亡くなったのではないかと考えられています。

  • No attempt was ever made by the  authorities to bring her to justice

    彼女を法で裁くことはできなかった。

  • Scholars have since said locals talked  so much about the crimes of Delphine  

    学者たちは、地元の人たちがデルフィーヌの犯罪について多くを語ったと言っている。

  • so they could paint themselves as benevolent  slaveholders compared to her, but it doesn’t  

    彼らは、自分たちが彼女に比べて慈悲深い奴隷所有者であるかのように見せかけることができましたが、そうではありません。

  • change the fact the woman was a sadistic brute. As for that house, it is still there today. Well,  

    その女性がサディスティックな野蛮人だったという事実は変わらない。あの家については、今でもそこにある。まあね。

  • it isn’t quite the original, but an  1838 version based on the original.

    これはオリジナルではなく、オリジナルに基づいた1838年のバージョンです。

  • Over the years it was a school, a block of  apartments, a refuge for teenage delinquents, a  

    長年にわたり、学校、アパート、10代の非行少年たちの避難所、そして

  • furniture store, a bar, and it was later purchased  by the actor Nicolas Cage. It’s now owned by a  

    俳優のニコラス・ケイジが購入したこともあります。が所有するようになりました。

  • bank, a fitting tribute to a woman who lavished  herself with luxuries bought with blood money

    このように、血税で買った贅沢品で身を固めた女性にふさわしいのが、「銀行」です。

  • Now you need to watch, “The Countess that  Bathed in the Blood of her Victims!”. Or,  

    あとは、「犠牲者の血を浴びた伯爵夫人」を見てください。あるいは。

  • have a look at this gruesome tale, “Why  Did The King Of England Execute His Wives?”

    "Why Did The King Of England Execute His Wives?" (イングランド王はなぜ妻たちを処刑したのか)という恐ろしい物語を見てみましょう。

The woman known as Madame LaLaurie walks amongthrong of socialites at the party she’s put on at  

マダム・ラロリーと呼ばれる女性が、社交界の人々の間を歩いています。

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 女性 邸宅 少女 人々 結婚 社交

ソーシャライトからシリアルキラーへ - マダム・ラロリー (From Socialite to Serial Killer - Mad Madame LaLaurie)

  • 4 0
    Summer に公開 2021 年 06 月 11 日
動画の中の単語