Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • You would think breaking out of prison would be  difficult, but a man named Steven Jay Russell  

    刑務所から脱獄するのは難しいと思われがちですが、スティーブン・ジェイ・ラッセルという男が

  • made it look easy. He escaped from prison not  just once, but four different times. How did  

    それは簡単に見えた。彼は一度だけでなく、4回も脱獄しています。どのようにして

  • he do it? You're probably thinking that Russell  couldn't have just walked out, but that is exactly  

    彼はそれをしたのか?ラッセルが出て行くはずがないと思っているでしょうが、それこそが

  • what he did on two different occasions. And you  won't believe how he escaped the other two times!

    彼が2度にわたって行ったこと。残りの2回はどうやって脱出したのか、信じられないでしょう

  • Steven Russell started his criminal career ascon artist. As the police would find out later,  

    スティーブン・ラッセルは、詐欺師として犯罪キャリアをスタートさせました。後に警察が発見したように

  • he was really good at what he did. Russell's  first major con was something simple,  

    彼は自分のやっていることが本当に得意だった。ラッセルの最初の大きな詐欺は、単純なものでした。

  • but would end up evolving intolifetime of making the authrorties  

    が、結局はオートロティーを作るための生涯に進化していくことになる。

  • look incompetent. It would also result  in him getting 144 years in jail.

    は無能に見えます。その結果、彼は144年の懲役を食らうことにもなる。

  • In the 1990's Russell faked a slip and fall to  collect on insurance money for a big pay day.  

    1990年代、ラッセルは滑落を偽装して保険金を集め、多額の報酬を得ていた。

  • However, upon investigation, his con was  uncovered and he was convicted for fraud.  

    しかし、調査の結果、彼の詐欺が発覚し、詐欺罪で有罪判決を受けたのです。

  • Russell was sentenced to six months  in prison, but he had no intention  

    ラッセルは6ヶ月の懲役を言い渡されましたが、彼にはその気はありませんでした。

  • of staying incarcerated for that long. This  would be the first time he would use his con  

    それほど長い間、投獄されていたということです。これは、彼が自分のコンドームを使う最初の機会となるでしょう。

  • artist abilities to get out of jail early. Inway, his first escape was a tragic love story.

    アーティストとしての能力を発揮して、早くも刑務所から脱出。ある意味、彼の最初の脱獄は、悲劇的なラブストーリーだった。

  • Steven Russell was in love with a man named  Jimmy Cambell who was dying from AIDS. They  

    スティーブン・ラッセルは、エイズで死にかけていたジミー・キャンベルという男性と恋仲でした。彼らは

  • had been together when he was caught for  fraud, and Russell had no desire to let  

    詐欺罪で捕まった時に一緒にいたことがあり、ラッセルはその時のことを思い出したくなかった。

  • the man he loved go through the terrible  disease alone. So, Russell did the only  

    愛する人が一人で恐ろしい病気にかかってしまったのです。そこで、ラッセルは、唯一の

  • thing he could. He escaped from prison so that  he could be by Cambell's side until the end.

    彼ができること最後までキャンベルのそばにいるために脱獄した。

  • Russell had been in jail for only four weeksbut he was so in love with Jimmy Cambell  

    ラッセルは刑務所に入って4週間しか経っていなかったが、ジミー・キャンベルをとても愛していた。

  • that he couldn't wait any longer. The conman  concocted a scheme that would allow him to walk  

    これ以上は待てない、と。詐欺師は、自分が歩けるようにするための策を練った。

  • right out of the prison without a single person  noticing he was missing, until he was long gone.  

    彼がいなくなったことに誰も気づかないまま、彼はずっと前に刑務所から出て行った。

  • While in jail Russell had stolen street clothes  that had been discarded. He then confiscated a  

    ラッセルは刑務所の中で、捨てられていた道着を盗んだ。その後、彼は

  • walkie talkie to complete his escape disguiseHe hid the items away until the time was right.

    脱出のための変装を完成させるために、トランシーバーを用意した。 時期が来るまでアイテムを隠していた。

  • When no one was looking, and the guards  were preoccupied, Russell donned the  

    誰も見ていない時、警備員が気を取られている時に、ラッセルはこの服を着ました。

  • civilian clothing he had stashed awayclipped the walkie talkie to his side,  

    隠し持っていた私服を着て、トランシーバーを脇に挟んだ。

  • and made his way through the prison as if  he was an undercover cop. Clearly no one was  

    と、まるで潜入捜査官のように刑務所の中を歩き回った。明らかに誰もいなかった。

  • worried that a man in regular clothes was walking  around the prison without proper identification,  

    制服を着た男性が、身分証明書を持たずに刑務所内を歩いていることを心配した。

  • since Russell made his way to  the exit and walked right out.

    ラッセルが出口に向かって歩いて行ったので

  • He then proceeded to locate Jimmy Cambell and  stay by his side until his lover eventually  

    彼はジミー・キャンベルの居場所を突き止め、彼の恋人が亡くなるまでそばにいた。

  • passed away from the virus. Russell mourned, but  continued to do what he was good at: being a con  

    がウイルスに感染して亡くなりました。ラッセルは嘆き悲しみましたが、自分の得意なことを続けました:コン

  • artist. However, something unexpected happened  as Russell flew under the police's radar: he  

    アーティストである。しかし、警察の目を潜り抜けたラッセルには思いがけないことが起こった。

  • fell in love again. The name of Russell's second  love interest may sound familiar to you, Phillip  

    は再び恋に落ちました。ラッセルの2番目の恋の相手の名前は、皆さんにも聞き覚えがあるかもしれませんが、Phillip

  • Morris. The reason you may have heard his name  before is because of the movie “I Love You Phillip  

    モリス皆さんが彼の名前を聞いたことがあるのは、映画「I Love You Phillip」の

  • Morrisstarring Jim Carrey. The movie is based  off of the next part of Steven Russell's life.

    ジム・キャリー主演の「モリス」。この映画は、スティーブン・ラッセルの人生の次の部分をベースにしています。

  • After the death of his former loverSteven Russell conned his way into a  

    かつての恋人の死後、スティーブン・ラッセルは、自分を騙して

  • CFO job at a medical management firm. He had  no experience as a chief financial officer,  

    医療管理会社のCFO職。彼には最高財務責任者としての経験はなかった。

  • or in the medical field. He also had a fraud  conviction, but to a conman like Russell that was  

    詐欺の前科もある。彼には詐欺の前科もありましたが、ラッセルのような詐欺師にとってそれは

  • all easily hidden or covered up. Russell knew he  was wildly unqualified for the job, but he wasn't  

    これらはすべて、簡単に隠したり隠蔽したりすることができます。ラッセルは、自分がこの仕事に全く不適格であることを知っていましたが、彼は

  • there to move up the corporate ladder; instead  he planned to steal money from the company.

    彼は出世のために入社したのではなく、会社からお金を盗むために入社したのだ。

  • He persuaded Phillip Morris to join in  on his scheme. They managed to embezzle  

    彼はフィリップモリス社を説得して、この計画に参加させた。彼らは横領に成功した

  • $800,000 from the company before it all came  to an end. The authorities discovered what  

    すべてが終わる前に、会社から80万ドルを受け取っていました。当局が発見したのは

  • Steven Russell was doing and who he wasThey immediately put him under arrest and  

    スティーブン・ラッセルが何をしていたのか、何者なのか。 彼らはすぐに彼を逮捕して

  • set his bond at $950,000. This was an  excessively high bail for embezzlement,  

    彼の保釈金は950,000ドルでした。これは、横領罪としては過剰に高い保釈金であった。

  • but the police knew Russell was a flight  risk and didn't want him skipping town.

    しかし、警察はラッセルが逃亡の危険性があることを知っていたので、彼が街を離れることを望まなかったのです。

  • However, Russell has no desire to spend  more time in jail. He had gotten out once,  

    しかし、ラッセルはこれ以上、刑務所で過ごすことを望んでいない。彼は一度出所しているのだから。

  • and he wasn't about to let the authorities cage  him up again. The first hurdle he had to overcome  

    彼は、当局に再び檻に入れられるようなことはしたくなかったのである。彼が乗り越えなければならなかった最初のハードルは

  • was lowering the incredibly high bail that the  court set for his release. While in prison,  

    は、裁判所が設定したとてつもなく高い保釈金を下げての釈放でした。獄中では

  • he called the county clerk claiming to be the  judge of his own case. He told the clerk's  

    郡役所に電話して、自分が裁判長だと名乗りました。彼は書記官の

  • office that there had been a mistake, and  Steven Russell's bail should be lowered to  

    オフィスでは、ミスがあったことを認め、スティーブン・ラッセルの保釈金を引き下げて

  • $45,000. Russel called the clerk, impersonated  the judge who was in charge of his case,  

    $45,000.ラッセルは事務員に電話をかけ、自分の事件を担当する裁判官になりすました。

  • lowered his own bail, and did it all  from within the walls of the prison.

    自分で保釈金を下げて、刑務所の中でやっていました。

  • The clerk changed the bail to the much  more manageable amount of $45,000,  

    店員は、保釈金を45,000ドルという扱いやすい金額に変更した。

  • which allowed Russsell to pay itwith the help  of friends. He made bail, left the prison,  

    そのため、ラッセルは友人の助けを借りて支払いをすることができました。彼は保釈金を払って刑務所を出た。

  • and before anyone could figure out that they'd  been conned, Russell fled to Florida. His  

    そして、誰もが騙されたことに気づく前に、ラッセルはフロリダに逃げた。彼の

  • reasoning for pulling off this escape was so that  he could spend time with the new love of his life,  

    脱出を成功させた理由は、新しい恋人との時間を過ごすためだった。

  • Phillip Morris. There were a couple patterns  that defined Steven Russell during this time of  

    フィリップ・モリスこの時期のスティーブン・ラッセルには、いくつかのパターンがありました。

  • his life. The first was that he was really good  at getting out of jail. The second was that he  

    彼の人生。1つ目は、彼が刑務所から出るのがとても上手だったこと。2つ目は、彼が

  • was a hopeless romantic. His escapes seemed to  all center around being with the man he loved.

    彼は絶望的なロマンチストだった。彼の逃避行はすべて、愛する男と一緒にいることが中心だったようだ。

  • Eventually the authorities tracked down  Russell in Florida. When he was arrested,  

    最終的に当局はフロリダでラッセルを追跡した。彼が逮捕されたとき

  • his sentence was much longer than the  previous one. This time he got 45 years  

    彼の刑期は前回よりもはるかに長かった。今回、彼は45年

  • in prison. Phillip Morris also received  jail time for aiding and abetting Russell,  

    獄中でフィリップ・モリスもラッセルを幇助した罪で懲役刑を受けました。

  • but his sentence was for a much shorter period  of time. If Morris was going to be out of jail,  

    が、彼の刑期はもっと短かった。モリスが刑務所から出てくるとしたら

  • Russell wanted to be by his side. You can  probably guess what Steven Russell did next.

    ラッセルは、彼のそばにいたいと思った。スティーブン・ラッセルが次に何をしたか、あなたは想像できるでしょう。

  • In order to rejoin the man he loved in the  outside world, Russell needed to get out of jail,  

    愛する人と外の世界で再会するためには、ラッセルは刑務所から出る必要があった。

  • and he certainly was not going to wait 45  years to do so. Once again Russell would  

    そして、そのために45年も待つことはできなかった。もう一度、ラッセルは

  • walk right out the front door of the prison  without so much as a minor conflict. And this  

    些細な衝突もなく、刑務所の正面玄関からすぐに出てくる。そして、この

  • wasn't just any prison, Russell was being  held at the Maximum Security Estelle Unit  

    ラッセルが収容されていたのは、ただの刑務所ではなく、最大のセキュリティを誇るエステル・ユニットでした。

  • to make sure he wouldn't escape again. You  won't believe how he pulled this one off.

    二度と逃げられないようにするためです。彼がどのようにしてこれを成し遂げたのか、信じられないでしょう。

  • Russell discreetly started to collect green  markers from around the prison. He would hide them  

    ラッセルは目立たないように、刑務所のあちこちで緑色のマーカーを集め始めた。彼はそれを隠して

  • on his person and bring them back to his cellHe also managed to steal an extra generic prison  

    を身につけて、自分の部屋に持ち帰った。 彼はまた、余分な一般的な刑務所を盗むことができました。

  • uniform. The guards of the prison wouldn't just  let someone in a prison uniform walk out, but they  

    の制服を着ています。刑務所の看守は、囚人服を着た人をそのまま外に出すことはありませんが、彼らは

  • would let someone wearing medical scrubs leave the  prison unquestioned. It seems that the guards and  

    は、医療用のスクラブを着た人を何の疑いもなく刑務所から出す。どうやら、看守や

  • the medical staff at prisons don't always know one  another, so when Russell used the green markers to  

    刑務所の医療スタッフはお互いのことを知らないことが多いので、ラッセルが緑のマーカーを使って

  • dye the prison uniform, it looked just like a pair  of scrubs that the medical staff were wearing.

    囚人服を染めると、医療スタッフが着ているスクラブにそっくりになる。

  • Perhaps the most surprising part of this escape  was that Russell was being held at a maximum  

    この逃亡劇で最も驚いたのは、ラッセルが最大でも1,000万ドルの収容施設に入れられていたことだ。

  • security prison, and yet, he was still able to  walk right out the front gate. After his escape,  

    しかし、彼は正門から歩いて出ることができたのです。脱獄後。

  • Russell had one thing on his mind: to find  Phillip Morris and be with him again. Once Russell  

    ラッセルの頭の中にあるのは、フィリップ・モリスを見つけて、もう一度一緒になりたいということだった。ラッセルが

  • tracked down his lover they ran away to BiloxiMississippi where they hoped to live peacefully  

    恋人を追ってミシシッピ州ビロクシに逃げ込み、平穏な生活を送ろうとしていた。

  • away from the Texan authorities that were now  scouring the country for the escaped conman.

    逃げる詐欺師を探し回っていたテキサス州当局の目を逃れるためだ。

  • Unfortunately for Russell and Morris, they  were eventually caught and returned to  

    ラッセルとモリスにとって不幸なことに、彼らは結局捕まってしまい、元の場所に戻されてしまった。

  • prison. This time Steven Russell was tried for  unlawful escape, which added another 45 years  

    刑務所に入った。今回、スティーブン・ラッセルは不法逃亡の罪で裁かれ、さらに45年の刑期が追加されました。

  • to his sentence. Once again Russell found  himself separated from the man he loved.  

    判決が下された。またしても、ラッセルは愛する人と離れ離れになってしまった。

  • At this point Russell must have been tired  of tricking the authorities and having them  

    この時点で、ラッセルは当局を騙すことにも、また当局に騙されることにも疲れていたに違いない。

  • chase him all around the country, so his  final escape would need to be conducted  

    追いかけて全国を回るため、最後の逃避行には

  • in a way that ensured the police wouldn't come  after him. Steven Russell knew just what to do.

    警察に追われないようにするために。スティーブン・ラッセルは何をすべきかを知っていた。

  • Russell figured that the only way the  police would ever leave him alone was  

    ラッセルは、警察が自分を放っておいてくれる唯一の方法は、と考えました。

  • if he was dead. So, he planned his own  death. This way he could live a long,  

    もし、自分が死んでしまったら。そこで、彼は自分の死を計画した。そうすれば、長生きできるからだ。

  • happy, life with Phillip Morris without  worrying about the bothersome authorities.

    煩わしい当局の目を気にすることなく、フィリップ・モリスとの幸せな生活を送ることができる。

  • Russell did not waste any time once  he was recaptured. He must have known  

    ラッセルは、再逮捕されてからも時間を惜しみませんでした。彼は知っていたに違いない。

  • Phillip Morris would be released long  before he was, so he set his plan in  

    フィリップ・モリスは、自分が釈放されるよりもずっと前に釈放されるだろうと考え、計画を立てたのです。

  • motion almost immediately. He needed to make  his fake death as convincing as possible,  

    そのためには、すぐにでも動き出したい。そのためには、自分の死を少しでも納得させる必要がある。

  • so every day he took laxatives to cause  his body weight to drop and make himself  

    そこで、毎日下剤を飲んで体重を落とし、自分を

  • seem ill. He also managed to do something  that has not been explained to this day.

    病気のように見えました。彼はまた、今日まで説明されていないことをやってのけた。

  • Russell somehow got a hold of his medical  records, and was able to change them to  

    ラッセルはどうにかして彼の医療記録を手に入れ、それを変更して

  • indicate that he had HIV. Steven Russell did  not have HIV, nor should he have had access  

    彼がHIVに感染していたことを示しています。スティーブン・ラッセルはHIVに感染していませんでしたし、感染しているはずもありませんでした。

  • to his own official medical records, this  may have been one of his greatest cons yet.

    彼自身の公式医療記録によると、これは彼の最大の欠点の一つだったかもしれません。

  • At this point Steven Russell looked almost likecorpse. His skeleton was showing under his skin,  

    この時点で、スティーブン・ラッセルはほとんど死体のようになっていた。骨格が皮膚の下に現れていたのだ。

  • and he was at an unhealthy weight. Not  only did he physically not look well,  

    そして、彼は不健康な体重になっていました。身体的に元気がないだけでなく

  • but his medical records now falsely backed  up that Russell was very sick. In March of  

    しかし、彼の医療記録は、ラッセルが重病であることを偽って裏付けていました。3月には

  • 1998 Steven Russell was sent to hospice where the  authorities figured he would live out the rest of  

    1998年、スティーブン・ラッセルはホスピスに送られ、当局は彼が残りの人生を過ごすだろうと考えました。

  • his short life, and they would finally be rid of  the conman who embarrassed them once and for all.

    彼の短い人生の中で、自分たちに恥をかかせた詐欺師を最後に追い出すことができたのだ。

  • In a hospice facility, even one that contains  prisoners, the security is relatively relaxed.  

    ホスピスの施設では、たとえ囚人を収容していても、セキュリティは比較的緩和されています。

  • No one expects emaciated, dying, inmates to  make an escape. But, Russell was not dying,  

    痩せ細って瀕死の状態の収容者が脱走するとは誰も思わない。しかし、ラッセルは死にかけていなかった。

  • in fact, he wasn't even sick. Russell  waited for the ideal moment, and then  

    実際、彼は病気ですらありませんでした。ラッセルは、理想的な瞬間を待って、そして

  • walked out of the hospital to freedom. To  ensure that the Texas authorities wouldn't  

    は、自由を求めて病院を出て行った。テキサス州の当局がそうしないように

  • bother him again he even forged his own death  certificate and sent it to the Texas courts.

    また、彼は自分の死亡証明書を偽造してテキサス州の裁判所に送ったこともある。

  • Unfortunately for Steven Russell, he  had embarrassed the Texas authorities  

    残念ながら、スティーブン・ラッセルはテキサス州当局に恥をかかせてしまった。

  • one to many times. Not everyone believed he was  dead. The authorities had been tricked before,  

    何度も何度も。誰もが彼の死を信じたわけではない。当局は以前にも騙されたことがあった。

  • and they were not about to let this con  man trick them again. They dug deep to  

    そして、この詐欺師に再び騙されるわけにはいかなかった。彼らは深く掘り下げて

  • make sure that Russell was in fact  dead, and this was not just another  

    ラッセルが本当に死んでいるのか、これはただの事件ではないのかを確認するために

  • one of his cons. They soon discovered that  Steven Russell had once again duped them.  

    彼の詐欺の一つである。彼らはすぐに、スティーブン・ラッセルがまたしても彼らを騙していたことに気づきました。

  • Understandably upset, the Texas authorities  launched a manhunt to track down Steven Russell.

    当然のことながら、テキサス州当局は、スティーブン・ラッセルを追跡するための捜査を開始した。

  • They found Russell down in Florida where  he was captured in Fort Lauderdale. This  

    彼らはラッセルをフロリダで見つけ、フォートローダーデールで捕らえました。この

  • time when they arrested him, the police made  sure he would never escape and embarrass them  

    逮捕された時、警察は彼が絶対に逃げて恥をかかないようにした。

  • again. Steven Russell was sentenced  to 144 years in prison. 45 years for  

    を再度確認しました。スティーブン・ラッセルは懲役144年の判決を受けました。の45年。

  • the original embezzlement charges, and 99  additional years for his escapes. That is  

    最初の横領の罪で99年、逃亡の罪で99年。それは

  • a long time to put someone in jail when  the crimes committed were non-violent.

    暴力を伴わない犯罪を犯した人を刑務所に入れるには、長い時間が必要です。

  • But the authorities were not satisfied yetSteven Russell now spends 23 hours a day in  

    しかし、当局はまだ満足していなかった。 スティーブン・ラッセルは現在、1日23時間を

  • solitary confinement at the Polunsky Unit in  Texas. He only gets an hour for recreation and  

    テキサス州のポランスキー病棟での独房生活。彼にはレクリエーションのための1時間しか与えられず

  • shower time, where he is carefully watched  to make sure he doesn't escape again. Does  

    シャワータイムでは、二度と脱走しないように注意深く見守られています。どうですか?

  • this punishment fit the crime? Probably notbut it would seem the Texas authorities were  

    この刑罰は罪に合っているのだろうか?おそらくそうではないと思いますが、テキサス州当局は

  • so embarrassed by Russell's escapes that  they needed to make an example out of him.

    ラッセルの逃避行が恥ずかしくて、見せしめにする必要があったのだ。

  • In interviews Steven Russell recounted his final  intake process. He was stripped completely naked  

    インタビューの中でスティーブン・ラッセルは、最終的な収容プロセスについて語っている。彼は全裸にされました。

  • where he was thoroughly examined for  anything that was hidden on his body,  

    体に何か隠されていないか、徹底的に調べられた。

  • including in uncomfortably personal places. He  then was told to put his boxers back on and sit  

    居心地の悪い場所も含めて。その後、ボクサーを戻して座るように言われました。

  • in a chair so his head could be shavedAfter the physically invasive process,  

    椅子に座らされ、頭を剃られた。 肉体的に侵襲的なプロセスを経て

  • he was sent to the prison psychiatrist for  a mentally invasive interview. Some of the  

    彼は刑務所の精神科医のもとに送られ、精神的に侵されるようなインタビューを受けました。の一部をご紹介します。

  • questions asked of Russell were: “Where have you  been since you left our custody? What were you  

    ラッセルへの質問は"我々の保護下を離れてからどこにいたのか?何をしていたのですか?

  • doing? Were you in contact with Phillip MorrisDid you do drugs? Are you still a homosexual?”

    をしているのか?フィリップ・モリスと接触していたのか? ドラッグをやっていましたか?まだホモセクシャルなのか?"

  • Then, before he was transported to solitary  confinement where he would spend the rest of his  

    そして、残りの人生を過ごすことになる独房に移送される前には

  • life, he was stripped naked and searched once more  to make sure he did not steal anything while being  

    裸にされて、何かを盗んでいないかどうかをもう一度調べられた。

  • interviewed. Steven Russell is still in solitary  confinement with limited visitor privileges,  

    のインタビューを受けました。スティーブン・ラッセルは現在も独房に入れられており、面会も制限されています。

  • and only one hour of recreation a day. “I Love  You Phillip Morrisis based off of his escapes  

    そして、1日に1時間しか娯楽がない。"I Love You Phillip Morris "は彼の逃避行が元になっている

  • and love for a man he will most likely never see  again. Russell says that he only has himself to  

    そして、二度と会うことができないであろう男への愛。ラッセルは、自分には自分しかいないと言います。

  • blame for his sentence, and that he understands  why Phillip Morris has not come to visit him since  

    また、フィリップ・モリスが面会に来なかった理由も理解しています。

  • his final arrest. Some activist groups question  whether the sentence of 144 years in solitary  

    彼の最後の逮捕。活動家グループの中には、144年の独房生活という判決に疑問を持つ人もいます。

  • confinement fits the crimes that Steven Russell  committed. It would seem that embarrassing the  

    監禁は、スティーブン・ラッセルが犯した罪に合致します。を困らせることができると思われます。

  • Texas authorities over and over again is one  way to get a lifetime sentence in prison.

    テキサスの当局が何度も何度も繰り返しているのは、終身刑を受けるための一つの方法です。

  • Now check outThe Most Insane Ways  Men Escaped from Prison.” Or watch  

    では、"The Most Insane Ways Men Escaped from Prison "をご覧ください。を見るか

  • Man Escapes Prison Four Times - The  Japanese Houdini (Yoshie Shiratori).”

    "4回も脱獄した男-日本のフーディーニ(白鳥芳江)"

You would think breaking out of prison would be  difficult, but a man named Steven Jay Russell  

刑務所から脱獄するのは難しいと思われがちですが、スティーブン・ジェイ・ラッセルという男が

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 ラッセル 刑務 スティーブン 当局 フィリップ 脱獄

囚人はいかにして刑務所から出て行ったか (How a Prisoner Simply Walked Out of Prison)

  • 16 1
    Summer に公開 2021 年 06 月 08 日
動画の中の単語