Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • In September of 1991, German tourists Helmut and Erika Simon were hiking together through

    1991年9月、ドイツ人旅行者のヘルムートとエリカ・シモンは、一緒にハイキングをしていました。

  • the Otztal Alps, when they spotted something eerie in the distance.

    その時、遠くに不気味なものを発見した。

  • As they hiked closer to investigate, they were horrified to discover that it was a dead

    調べようと思って近づいてみると、それが死んでいることに気がついて愕然とした。

  • body sticking out of the snow.

    体が雪の中に突き出ている。

  • Though initially they assumed it was the frozen corpse of a dead hiker, the truth was even

    当初はハイカーの死体が凍ったものだと思っていたが、実際にはさらに

  • creepier.

    creepier.

  • Upon retrieval by law enforcement, the body was identified as the victim of a 4000-year-old

    法執行機関によって回収された遺体は、4000年前に発生した

  • unsolved murder, and the possible subject of a deadly curse.

    未解決の殺人事件であり、致命的な呪いの対象である可能性がある。

  • This is the story of Otzi, the cursed ice mummy.

    これは、呪われた氷のミイラ、Otziの物語です。

  • You've heard of cold cases before, but no case is quite as cold as this one.

    コールドケースという言葉を聞いたことがあると思いますが、この事件ほどコールドな事件はありません。

  • Once Otzi - so named because of the Otztal region he was discovered in - was extracted

    発見されたOtztal地方にちなんで名付けられたOtziを抽出すると

  • from the glacier, it became apparent to authorities that this was not the body of a recently deceased

    氷河から出てきたこの遺体が、最近亡くなった人の遺体ではないことが当局によって明らかにされた。

  • hiker.

    ハイカー

  • For starters, the thousands of years he'd been stuck in the glacier had left him in

    まず、氷河の中に何千年も閉じ込められていたことで、彼は

  • a mummified state, and his body was desiccated, but perfectly preserved.

    はミイラのような状態で、体は乾燥していましたが完全に保存されていました。

  • On top of that, he clearly wasn't wearing the latest hiking gear - Instead, he was wearing

    しかも、最新の登山装備を身につけていないのは明らかで、代わりに

  • a cloak woven from grass, over leggings, a coat, a loincloth and shoes, all made from

    で作られたレギンス、コート、ふんどし、靴の上に、草で編んだマントを羽織っていました。

  • animal hides stitched together with sinew.

    動物の皮を糸で縫い合わせたもの。

  • It was immediately apparent that Otzi had been up there for a long time.

    オッツィがずっと上にいたことはすぐにわかった。

  • After a brief border dispute over whether or not the discovery of the mummy occurred

    ミイラの発見があったかどうかで一時的に国境を越えた争いがあったが

  • in Austria or Italy, it was determined that Otzi was property of the Northern Italian

    オーストリアやイタリアでは、Otziは北イタリアの所有物であると判断された。

  • province of South Tyrol.

    南チロルの州。

  • But the local government agreed to lend him to Innsbruck University, a college in neighboring

    しかし、地元政府は彼を隣国の大学であるインスブルック大学に貸し出すことに同意した。

  • Austria, so that he could be properly examined.

    オーストリアでは、彼を適切に検査するために

  • This could have been one of the most important archeological finds in Innsbruck history,

    これはインスブルックの歴史の中で最も重要な考古学的発見の一つだったかもしれない。

  • but the magnitude of the discovery was soon overshadowed by something even stranger: The

    しかし、この発見の大きさは、すぐにもっと奇妙なものに取って代わられた。それは

  • deadly curse that Otzi appeared to have brought down from the mountain with him.

    オッチーが山から持ってきたと思われる死の呪文。

  • The first death attributed to the curse of Otzi was that of Rainer Henn, a forensic pathologist

    オッツィの呪いが原因とされた最初の死は、法医学の病理学者であるライナー・ヘンの死でした。

  • at Innsbruck University.

    innsbruck大学にて。

  • Henn was part of the original team that removed Otzi from the ice.

    Henn氏はOtzi氏を氷上から追い出した最初のチームの一員である。

  • He was also one of the first people to ever touch the corpse, as he was the one who prepared

    また、遺体に最初に触れた人物の一人であり、遺体を準備したのも彼であった。

  • it for removal.

    除去することができます。

  • Henn died in a car crash in 1992.

    Hennは1992年に自動車事故で亡くなった。

  • Ominously, it was while he was on his way to give a lecture about Otzi!

    不吉なことに、それは彼がOtziについての講義をする途中だったのだ。

  • Not long after this first death was the death of Kurt Fritz, who had led the search team

    この最初の死から間もなくして、捜索チームを率いていたクルト・フリッツが亡くなった。

  • to find the body following Helmut and Erika Simon's initial police report.

    ヘルムートとエリカ・シモンが最初に警察に届け出た後、遺体の発見に成功しました。

  • While working with alpine search and rescue, Fritz's unit was caught in an avalanche.

    アルパインサーチ&レスキューの活動中、フリッツの部隊は雪崩に巻き込まれた。

  • The rest of the team survived, but Fritz was tragically killed.

    チームの他のメンバーは生き残ったが、フリッツは悲劇的な死を遂げた。

  • Next, the cameraman who had filmed the removal of Otzi from the ice for part of a documentary,

    次に、オッツィーが氷から取り出される様子をドキュメンタリーの一部として撮影していたカメラマンである。

  • Rainer Hoelz, was diagnosed with a brain tumor that would turn out to be fatal not too long

    ライナー・ヘルツは、脳腫瘍と診断されましたが、間もなく致命的なものとなりました。

  • after the documentary was made.

    ドキュメンタリーが作られた後

  • And the deaths and misfortune wouldn't stop there.

    そして、死や不幸はそれだけに留まらなかった。

  • Could anything about Otzi's life tell us about why his body seems to carry such terrible

    オッツィの人生は、彼の体がなぜこのような恐ろしいものを背負っているように見えるかについて、何か教えてくれないだろうか。

  • luck with it?

    使ってみてどうでしたか?

  • Who was Otzi the Ice Man, really?

    氷の男オッツィとは?

  • Thankfully, the extensive autopsies and x-rays conducted by the scientists at Innsbruck university

    ありがたいことに、インスブルック大学の科学者たちが行った大規模な検死とX線撮影により

  • have given us a pretty clear picture of the man Otzi was before he became an ice mummy.

    は、Otziが氷のミイラになる前の姿をかなり明確に示している。

  • He was 160 cm tall, or about 5'3”, and, though his freeze-dried corpse only weighed

    彼の身長は160cmで、フリーズドライされた遺体の重さはわずかですが

  • about 30 kg, scientists have estimated that he probably weighed about 50 kg or 110 pounds

    約30kgだったのが、科学者の推定では約50kg(110ポンド)になったそうです。

  • while he was alive.

    彼が生きている間に

  • That might sound short by today's standards, but was probably average height for a neolithic

    現在の基準では背が低いと思われるかもしれませんが、新石器時代の平均的な身長であったと思われます。

  • man.

    の人です。

  • Skeletal analysis also shows that he was probably about 45 years old at the time of his death.

    骨格の分析結果からも、死亡時の年齢は45歳くらいだったのではないかと考えられています。

  • In the time since his discovery back in the 90's, 3D scanning and forensic reconstruction

    90年代に発見されて以来、3Dスキャンとフォレンジック・レコンストラクションは

  • technology has allowed archaeologists to reconstruct what his face might have looked like.

    の技術により、考古学者が彼の顔を復元することができました。

  • The reconstruction gave him a beard, deep-set brown eyes, and a weathered face that made

    復元したことで、彼はひげを生やし、深い茶色の目を持ち、風化した顔をしていた。

  • him look very old for 45.

    彼は45歳にしてはとても老けて見えます。

  • To be fair, life was much harder back then, so that was probably a very accurate decision

    しかし、当時の生活はもっと厳しかったので、その判断は非常に正確だったと思います。

  • (use photo: https://cdn.mos.cms.futurecdn.net/UdHLput7nYF8D2kURfKFRQ.jpg).

    (使用写真: https://cdn.mos.cms.futurecdn.net/UdHLput7nYF8D2kURfKFRQ.jpg)。

  • Otzi was also covered in tattoos - 61 of them, to be precise.

    また、Otziは61個ものタトゥーを入れていた。

  • Otzi's tattoos were mostly made up of sets of parallel lines in varying thicknesses,

    オッツィーのタトゥーは、太さの異なる平行線のセットがほとんどである。

  • tattooed mainly running down his legs, though he has a few on his arms and back as well.

    主に足に彫られていますが、腕や背中にもいくつかあります。

  • He also has a cross tattooed on the back of his knee.

    また、膝の裏には十字架のタトゥーが入っています。

  • These tattoos were done with what we would today refer to as a stick-and-poke technique,

    これらの刺青は、今でいうところの「スティック&ポーク」と呼ばれる手法で行われていました。

  • where pigment is rubbed into small punctures made through the top layer of skin.

    表皮に開けた小さな穴に色素を擦り込みます。

  • Microscopic analysis revealed that the pigment used to create Otzi's tattoos was likely made

    顕微鏡で分析した結果、オッツィーのタトゥーに使われた顔料は、おそらく

  • using fireplace soot, and the darkness and vibrance of the pigment suggests that Otzi

    暖炉の煤を使用しており、その顔料の暗さと鮮やかさから、Otzi

  • likely had his ink touched up multiple times during his lifetime.

    彼は生涯に渡って何度もインクを塗り直していたようです。

  • At the time of his discovery, Otzi was the oldest mummy found to have tattoos, but in

    発見当時、オッツィはタトゥーがあるとされる最古のミイラでしたが、その後

  • 2018, mummies with tattoos were found in Egypt that dated to around the same time period.

    2018年、エジプトで同時期に刺青を入れたミイラが発見されました。

  • While you might assume that Otzi was tatted up for cultural or aesthetic reasons, the

    オッツィは文化的、美的な理由でタトゥーを入れたと思われるかもしれませんが、その

  • locations of his tattoos take on an interesting significance when compared to Otzi's x-rays.

    彼のタトゥーの位置は、OtziのX線写真と比較すると、興味深い意味を持っています。

  • Examinations of the bones reveal a variety of age and stress related skeletal conditions

    骨を検査すると、年齢やストレスに関連した様々な骨格の状態がわかる

  • such as osteochondrosis and spondylosis, particularly in the spine and leg bones.

    特に背骨や足の骨では、骨軟骨症や脊椎症などがあります。

  • The skeletal damage lines up almost exactly with the locations of Otzi's largest clusters

    骨格の損傷は、Otziの最大のクラスターの位置とほぼ一致している。

  • of tattoos, suggesting that the tattoos may actually have been a primitive form of acupuncture.

    の刺青は、実は原始的な鍼治療だったのではないかと考えられています。

  • In fact, at least 9 of Otzi's 19 clusters of tattoos correspond to pressure points that

    実際、Otziの19クラスタのタトゥーのうち、少なくとも9つは、次のようなツボに対応しています。

  • are still used in modern-day acupuncture and acupressure treatments.

    は、現代の鍼灸・指圧治療にも使われています。

  • This was a mind-blowing find for archaeologists, as Otzi predates the earliest recorded use

    これは考古学者にとっては画期的な発見で、Otziは記録された最古の使用よりも前に発見されています。

  • of acupuncture in China by about two thousand years.

    中国の鍼灸の歴史は約2000年前に遡ります。

  • The same x-rays that found Otzi's skeletal damage also found something a little more

    オッツィーの骨格の損傷を発見した同じX線検査では、もう少し別のものも発見されました。

  • sinister- an arrowhead lodged in his left shoulder, which corresponded to a small rip

    不吉なことに、彼の左肩には矢じりが刺さっていて、それは小さな裂け目に相当する。

  • in his jacket.

    のジャケットを着ています。

  • The location of the arrow suggested a wound that would have been fatal even if Otzi had

    矢の位置からして、Otziが死んだとしても致命傷になるような傷だった。

  • been able to access modern medicine.

    は、近代的な医療を受けることができました。

  • The arrow had shattered his scapula and caused severe damage to his nerves, lungs, and blood

    その矢は肩甲骨を砕き、神経、肺、血液に深刻なダメージを与えていました。

  • vessels.

    の容器を使用しています。

  • Further analysis of Otzi showed that he had what seemed to be defensive wounds - bruises

    さらにOtziを分析してみると、防御創と思われる打撲傷があった。

  • and cuts to his hands, chest, and wrists, and a deep cut to his thumb which happened

    手、胸、手首の切り傷、親指の深い切り傷などがあった。

  • so close to his time of death that no healing had occurred on it.

    亡くなる間際になっても、ヒーリングが行われていなかったのです。

  • There were also signs of cerebral trauma, indicative of a serious blow to the head.

    また、頭を強く打ったことを示す脳挫傷の痕跡もあった。

  • The most widely accepted theory is that Otzi died of blood loss, and that based on his

    最も広く受け入れられている説では、Otziは失血死したとされており、それに基づいて彼の

  • posture, his body was handled by someone else before rigor mortis had time to set in.

    の姿勢で、死後硬直が始まる前に、彼の遺体は誰かに処理された。

  • Whoever killed Otzi flipped him onto his stomach in order to retrieve the shaft of the arrow,

    オッツィを殺した人は、矢の軸を取るためにオッツィを腹ばいにしました。

  • some broken remains of which were found still lodged in the wound.

    破損した破片が傷口に刺さっていた。

  • More recently, DNA analysis has shown that Otzi had blood from at least four other people

    最近では、DNA鑑定の結果、オッツィには少なくとも4人の人間の血液が付着していたことが判明した。

  • on him when he died.

    亡くなった時には、彼に

  • Blood from one person was found on his hunting knife, blood from another person was found

    狩猟用ナイフには一人分の血が付着しており、別の人の血も付着していた。

  • on the shoulder of his coat, and blood from two people was found on a single one of his

    の肩には、2人分の血液が付着していました。

  • arrows.

    の矢印が表示されます。

  • The interpretation of this evidence was that some time before his death, Otzi stabbed one

    この証拠の解釈は、死の直前にOtziが1人を刺したというものでした。

  • person, shot two people with the same arrow, and carried a fourth person over his shoulder,

    人、同じ矢で2人を撃ち、4人目を肩に担いでいました。

  • with the most common theory being that this fourth person was a fallen comrade.

    この4人目の人物は、亡くなった仲間だという説が最も多い。

  • The two most common theories for why Otzi was killed are that either he was a human

    オッツィーが殺された理由としては、「オッツィーは人間だった」という2つの説が有力です。

  • sacrifice, a theory supported by the discovery of similar wounds on bodies from the same

    犠牲になったという説がありますが、これは同じ地域の遺体から同じような傷が発見されたことによります。

  • time period found in peat bogs, such as Tollund man and Lindow man.

    トールンドマンやリンドウマンなど、泥炭地で発見された時代のものです。

  • Some have speculated that Otzi may have been a person of high status, likely a chieftain.

    また、Otziは地位の高い人物であり、酋長であったのではないかと推測されています。

  • The other theory is that he was murdered, or possibly killed in a fight with whoever's

    もう1つの説は、彼は殺されたか、あるいは誰かと喧嘩して殺されたのではないかというものです。

  • blood was later found on his knife and arrows.

    その後、彼のナイフと矢には血が付着していました。

  • Archaeologist Alessandro Vanzetti of Sapienza University, Rome, theorized that Otzi might

    ローマのサピエンツァ大学の考古学者アレッサンドロ・ヴァンゼッティ氏は、オッツィが

  • have been killed at a lower altitude and his body brought to a higher altitude to be buried

    低地で殺され、遺体は高地に運ばれて埋葬されたのではないか。

  • in the snow.

    雪の中で

  • Vanzetti and his colleagues based this theory on a collection of stones found scattered

    ヴァンゼッティらは、散らばっていた石の集合体からこの説を導き出しました。

  • near the body, which they interpreted as a burial mound that had been disrupted by centuries

    遺体の近くには、何世紀にもわたって破壊された古墳があると解釈されています。

  • of glacial movement.

    氷河運動の

  • However, this theory has been widely rebuked by other scientists who have studied Otzi,

    しかし、この説は、オッツィを研究している他の科学者から広く反論されています。

  • as the paper that introduced this theory provided no compelling evidence.

    この理論を紹介した論文には説得力のある証拠がなかったからです。

  • Furthermore, as biological anthropologist Albert Zink argued, if Otzi's body had been

    さらに、生物人類学者のアルバート・ジンクが主張したように、もしオッツィの遺体が

  • moved up the mountain after his death, the intact blood clots found around his wounds

    彼の死後、山を登っていくと、彼の傷口の周りに無傷の血栓が見つかり

  • would have shown damage resulting from the change in altitude.

    は、高度の変化による損傷を示していたと思われる。

  • Regardless of whether he was killed on the mountain, or killed somewhere else and dragged

    山で殺されたのか、どこかで殺されて引きずられたのかは別にしても

  • there afterwards, Otzi's death was violent, and it seems that his life was as well.

    その後、オッツィの死は暴力的なものであり、彼の人生も同様であったようだ。

  • This feels like a textbook case of a dark ritual and a violent death leading to a restless

    暗い儀式と暴力的な死が、落ち着きのない状態に導くという教科書的なケースのように感じます。

  • spirit, stalking and punishing all those who disturbed its remains!

    の精神を持ち、その遺体を邪魔する者にはつきまとって罰を与える。

  • Whether or not you're the superstitious type, the eeriness here is hard to deny.

    迷信好きな人もそうでない人も、この不気味さは否定できません。

  • Because after this, the curse struck again!

    この後、再び呪いが襲ってきたからだ。

  • In 2004, the curse befell Helmut Simon himself, one of the original hikers to discover the

    2004年には、この呪いはヘルムート・シモン自身にも降りかかりました。彼は、この山を発見した最初のハイカーの一人です。

  • body.

    のボディになります。

  • At the time, Helmut was involved in a legal dispute over a finders fee that he had been

    当時、ヘルムートは、自分が受け取ったファインダー・フィーをめぐる訴訟に巻き込まれていました。

  • entitled by the Italian government following the discovery of Otzi.

    オッツィの発見を受けて、イタリア政府が命名したもの。

  • In 1994, the Simons had declined a symbolic payment of 10 million lire, valued at around

    1994年、サイモン夫妻は象徴的な支払いである1,000万リラ(約1億円)の支払いを断っていた。

  • 5 thousand euro today, far less than the 25% finders fee that the Simons were owed.

    今日では5,000ユーロで、Simon家が支払うべき25%の仲介手数料よりもはるかに少ない。

  • In 2003, the Simons filed a lawsuit, seeking equivalent to $300 thousand USD.

    2003年、シモンズ夫妻は30万米ドル相当の損害賠償を求める訴訟を起こした。

  • This suit would never come of anything, however, because in 2004, Helmut Simon went missing

    しかし、2004年にヘルムート・サイモンが行方不明になったため、この訴訟は実現しませんでした。

  • while hiking the Gaiskarkogel mountain range, also in Austria.

    同じくオーストリアのガイシュカルコーゲル山系をハイキングしているときのこと。

  • When his body was eventually found, it was discovered that he had slipped and fallen

    遺体が発見されたとき、彼は滑って転んだことが判明した。

  • to his death, landing in a pose that was eerily similar to that of Otzi.

    そのときのポーズがオッツィにそっくりだったのだ。

  • Bizarrely enough, the leader of the search party for Simon's body would go on to suffer

    奇妙なことに、サイモンの遺体を探した捜索隊のリーダーは、次のような苦しみを味わうことになる。

  • a fatal heart attack on the same day as Simon's funeral.

    サイモンの葬儀と同じ日に、心臓発作で死亡した。

  • Since then, other scientists involved in studying Otzi have met tragic ends, mostly by illness.

    それ以来、オッチーの研究に携わった他の科学者たちは、ほとんどが病気という悲劇的な結末を迎えている。

  • Konrad Spindler, part of the original team to analyse the mummy, died from complications

    ミイラを分析した最初のチームの一員であるコンラッド・スピンドラー氏が合併症で死去

  • related to multiple sclerosis.

    多発性硬化症に関連する

  • Ironically, Spindler was openly dismissive of the curse, and frequently joked about being

    皮肉なことに、スピンドラーはこの呪いを公然と否定しており、「私はこの呪いを受けている」とよく冗談を言っていた。

  • its next victim, since he had already been diagnosed with MS at the time of Otzi's discovery.

    その次の犠牲者は、Otziが発見された時点ですでにMSと診断されていたからである。

  • This wasn't the case for Tom Loy, however.

    しかし、トム・ロイの場合はそうではなかった。

  • Loy was an American molecular archaeologist who was instrumental in analyzing the blood

    ロイはアメリカの分子考古学者で、血液の分析に尽力した。

  • stains on Otzi's clothes and weapons that we talked about earlier.

    先ほどお話したOtziさんの服や武器の汚れ。

  • He started working on Otzi in 1992, and during that same year, he would be diagnosed with

    1992年にOtziの制作を開始した彼は、その年に病気を患います。

  • a rare blood disease that would eventually kill him years later.

    珍しい血液の病気で、それが数年後に彼の命を奪うことになりました。

  • Fortunately, the deaths caused by the curse of Otzi seem to have stopped there.

    幸いなことに、オッチーの呪いによる死はそこで止まったようだ。

  • Since the majority of the hundreds of people who have handled the ice mummy over the years

    これまで何百人もの人がアイスミイラを扱ってきた中で、その大半が

  • are still alive and well, research into Otzi, his life, and his death have continued up

    は今も健在で、Otziとその人生、そして死についての研究が続けられています。

  • until the present day.

    現在に至る。

  • So, despite his apparent efforts from beyond the grave to stop them, scientists have been

    そのため、墓場の外から彼が止めようとしているように見えても、科学者たちは

  • able to uncover an insane level of detail about Otzi's life.

    は、Otziの人生について、非常に詳細なレベルまで明らかにすることができました。

  • For example, the axe he had on his person at the time of death was analyzed and found

    例えば、死亡時に所持していた斧を分析してみると

  • to have a blade made of pure forged copper.

    のように、純銅製の鍛造品を使用しています。

  • Despite the fact that copper was being mined in the alps at the time Otzi would have lived,

    オッツィが生きていたであろう時代に、アルプスでは銅が採掘されていたにもかかわらず。

  • molecular analysis proved that the copper wasn't from any local source.

    分子分析の結果、その銅は地元で採れたものではないことがわかった。

  • In fact, it came all the way from Tuscany.

    実はこれ、はるばるトスカーナからやってきたんです。

  • The blade shows clear signs of wear, and its presence among Otzi's possessions supports

    刃には明らかな摩耗の跡があり、オッツィーの持ち物の中に存在することが裏付けられている。

  • the theory that he was a chief or other high-class individual, as this axe would've been a very

    この斧が非常に高価なものであったことから、彼が酋長やその他の高級な人物であったという説があります。

  • valuable possession.

    貴重な財産です。

  • Otzi also had a few health problems he was dealing with at the time of his death.

    また、Otziは死の間際にいくつかの健康問題を抱えていた。

  • For example, he was suffering from whipworm, a type of intestinal parasite.

    例えば、彼は腸内寄生虫の一種である鞭虫に悩まされていました。

  • This adds some context to another one of Otzi's possessions - a birch basket containing berries

    このことは、オッツィのもう一つの持ち物である、木の実の入った白樺の籠にも関係している。

  • and two species of fungus that he'd apparently foraged that day.

    そして、その日に採集したと思われる2種類の菌類。

  • One type of fungus - tinder fungus - was probably used to light fires, while the other - birch

    火をつけるために使われていたと思われる菌の一種「ティンダー菌」と、もう一つの菌である「シラカバ菌」。

  • fungus - was edible and has been known to be used as a treatment for parasites like

    のような寄生虫の治療に使われていたことが知られていますが、これは食用でした。

  • the ones found inside Otzi.

    は、Otziの中にあるものです。

  • On top of the worms, Otzi is also considered to be the oldest recorded person to have suffered

    虫の上に、オッツィは記録された中で最も古い苦しみを味わった人物とも言われています。

  • from Lyme disease, as the bacteria known to cause it was found in his system while scientists

    ライム病の原因とされるバクテリアが彼の体内から発見されたためです。

  • were sequencing his DNA.

    は、彼のDNAを解読していました。

  • And speaking of his DNA, Otzi's genome has been fully sequenced and the data was officially

    また、DNAといえば、オッツィのゲノムが完全に解読され、そのデータが公式に発表されました。

  • published in 2012.

    2012年に出版されました。

  • His Y-chromosome DNA possessed a gene known as G-L91, a gene that is today mostly found

    彼のY染色体のDNAには、G-L91と呼ばれる遺伝子がありました。

  • in the region of South Corsica.

    南コルシカ島の地域で

  • When Otzi's DNA was compared against the DNA taken from samples of 3,700 blood donors,

    3,700人の献血者から採取したDNAとOtziのDNAを比較すると

  • it was found that Otzi shared a common ancestor with 19 of those donors.

    が、そのうち19人のドナーと共通の祖先を持つことがわかりました。

  • Those 19 people all share the G-L91 mutation, a gene that can be traced back to the ancient

    その19人は全員、G-L91変異を共有しています。この遺伝子は、古代にさかのぼることができます。

  • Middle East and is associated with agriculture, as it's thought to have spread to European

    中東では農業と関連しており、ヨーロッパに広がったと考えられているので

  • populations through a northern migration of tribes who brought their farming practices

    部族の北方移動により、彼らの農耕技術が持ち込まれ、人口が増加しました。

  • with them to Europe.

    と一緒にヨーロッパに行きました。

  • So, while his body may or may have a curse placed on it - a claim which science can neither

    だから、彼の体には呪いがかけられているかもしれないし、かけられていないかもしれないが、科学的にはどちらともいえない主張だ。

  • prove or disprove, for now - there's no doubt that Otzi the ice mummy was a truly fascinating

    今のところ、氷のミイラのOtziが実に魅力的な人物であったことは間違いありません。

  • guy.

    の人がいます。

  • But personally, we'd like to leave the handling of his body to other people, just to be safe...

    ただ、個人的には、念のため、遺体の処理は他の人に任せたいと思っていますが...。

  • Now check outThe Deadly Curse of the Billionaire FamilyandReal Creepy Cursed Objects

    今度は "億万長者一家の死霊の呪い "と "リアル・クリープリー・カーズド・オブジェクト "をチェックしてみてください。

  • for more cursed facts!

    より多くの呪いの事実のために!

In September of 1991, German tourists Helmut and Erika Simon were hiking together through

1991年9月、ドイツ人旅行者のヘルムートとエリカ・シモンは、一緒にハイキングをしていました。

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B2 中上級 日本語 遺体 発見 ミイラ 呪い タトゥー 考古

アイスマン・ミイラの呪い」の解説 (Curse of the Iceman Mummy - Explained)

  • 15 1
    Summer に公開 2021 年 06 月 07 日
動画の中の単語