Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • One short scream, and John was under the waves.

    一瞬の悲鳴で、ジョンは波の下へ。

  • From their vantage point on the raft, four survivors watch in horror as tiger sharks

    4人の生存者は、イカダの上で、タイガーシャークの恐怖を見ていた。

  • rip their friend apart.

    その友人を引き裂く。

  • The sharks are in a feeding frenzy, and begin to eat John while he's still alive and struggling

    餌付けに夢中になったサメたちは、生きているジョンを食べ始め、もがき苦しむ

  • to surface for air.

    が空気を求めて浮上する。

  • Five days earlier the skies are clear and the sea is calm.

    5日前の空は晴れていて、海は穏やかだ。

  • It's perfect weather for sailing, and Deborah Scaling Kiley, her friends Brand Cavanagh

    セーリングには絶好の天気で、デボラ・スケーリング・カイリーと友人のブランド・カヴァナーは

  • and Mark Adams, and Captain John Lippoth along with his girlfriend Meg Mooney are all enjoying

    とマーク・アダムス、そしてキャプテン・ジョン・リッポスとガールフレンドのメグ・ムーニーの4人が

  • cutting through the low waves aboard the Trashman, an 18 meter luxury yacht decked out with all

    トラッシュマン号は、18メートルの豪華なヨットで、低い波を切り裂きます。

  • the luxuries of 1982.

    1982年の贅沢な生活。

  • The five have been hired by a billionaire to sail his yacht from Maine to its new owner

    億万長者に雇われた5人は、彼のヨットをメイン州から新しいオーナーのもとへ運ぶために航海します。

  • down in Florida, and the experienced sailors are making great time.

    フロリダでは、経験豊富なセーラーたちが素晴らしい時間を過ごしています。

  • It's a total cake job, the weather is wonderful, and the yacht is pretty plush.

    完全にケーキの仕事で、天気も素晴らしく、ヨットもかなり豪華です。

  • Plus, she's a speed demon, and zips through the waves like a hot knife through butter.

    さらに、彼女はスピードの鬼で、まるでバターを切る熱いナイフのように波をすり抜けます。

  • The Trashman is worth every dollar spent on her, and Deborah can't believe she's actually

    トラッシュマンにはお金をかけただけの価値があり、デボラは彼女が本当に

  • being paid to basically take a pleasure cruise down to sunny Florida with some of her closest

    報酬を得て、親しい人たちと太陽の光が降り注ぐフロリダへのプレジャー・クルーズに出かけることになりました。

  • friends.

    の友人たちがいます。

  • The group is having a blast and thoroughly enjoying their adventure, sailing through

    楽しそうに冒険を楽しんでいる一行は、船を走らせながら

  • the first night and into yet another perfect sunrise.

    1日目の夜には、またしても完璧な日の出を見ることができました。

  • But later in the day, clouds start brewing.

    しかし、その日のうちに雲が出てきました。

  • At first, the group thinks it'll just be another late season storm- some wind, some showers.

    最初は、風が吹いたり、雨が降ったりと、季節外れの嵐に過ぎないと考えていた。

  • Rough seas, but nothing of any real concern.

    海は荒れていたが、特に問題はなかった。

  • Plus, the crew is made up of veteran sailors, trained and experienced in handling stormy

    さらに、クルーはベテランの船員で構成されており、荒天時の対応について訓練を受け、経験を積んでいます。

  • seas.

    seas.

  • The calm waves begin to grow as rain pours down and winds gust.

    雨が降り、風が吹くと、穏やかな波が大きくなります。

  • Normally six to eight feet, the waves are now peaking at twenty feet.

    通常6~8フィートの波が、今では20フィートにまで達しています。

  • The Trashman handles them no problem, though the big dips and crests throw the crew around

    トラッシュマンはそれらを問題なく処理しますが、大きなディップやクレストではクルーは翻弄されます。

  • some.

    をいくつか紹介します。

  • Meg Mooney accidentally slashes her leg on some rigging, the cut is not life threatening,

    メグ・ムーニーはリギングで誤って足を切ってしまったが、命に別状はない。

  • but it is deep and large.

    が、深くて大きいです。

  • She struggles to bandage it as best she can as the waves only continue to grow in intensity.

    波はますます激しくなる一方で、彼女は懸命に包帯を巻いている。

  • She has no idea that cutting her leg open has just doomed her friends to a horrible

    彼女は、自分の足を切り開くことで、友人たちが恐ろしい運命をたどることになるとは考えもしなかった。

  • fate.

    フェートです。

  • The boat struggles through what is now becoming a full-blown tropical storm, and as night

    本格的なトロピカルストームになってきた中、船は奮闘し、夜になると

  • falls the waves are reaching a whopping 40 to 50 feet.

    その結果、波の高さはなんと40~50フィートにも達しています。

  • The Trashman struggles through the gale force winds and massive waves, but she's taking

    強風と大波にもまれながらも、トラッシュマン号は

  • on water.

    水の上。

  • The bailing pumps are working over time, but it's an obviously losing battle.

    ベーリングポンプは時間をかけて動いていますが、明らかに負け戦です。

  • The small yacht is being swamped.

    小さなヨットが押し流されている。

  • Then, as another massive wave breaks over the ship, it's too late- the Trashman has

    そして、再び大波が船に押し寄せたとき、時すでに遅し、トラッシュマンは......。

  • taken on too much water, and is starting to slip beneath the waves.

    水分を取りすぎて、波の下に沈み始めている。

  • There's no time to grab supplies- going below decks is a death sentence.

    物資を手に入れる時間もなく、甲板に降りることは死の宣告。

  • Instead, the crew hurries to free an 11 foot zodiac raft from the sinking yacht.

    その代わりに、乗組員は沈みゆくヨットから11フィートのゾディアックラフトを解放するために急いでいる。

  • It's their only chance to survive, and they desperately tug at the ropes holding it in

    生きるための唯一のチャンスだと、必死になってロープを引っ張ります。

  • place even as the ship begins to drag it under.

    船に引きずられながらも、その場に留まっています。

  • With a final, desperate tug, the raft pops free- and just in time.

    最後に必死になって引っ張ると、ラフトがフリーになって、ちょうどいい具合になった。

  • All five crew members tread water and watch as the lights on the sinking Trashman blink

    沈没したトラッシュマン号のライトが点滅するのを、5人の乗組員全員が水に浸かって見ている。

  • off, the yacht sinking to the bottom.

    ヨットが沈んでしまったのだ。

  • But in that brief flicker of light, Deborah thinks she sees something.

    しかし、その一瞬の光の中に、デボラは何かを見たような気がする。

  • It's shaped like a torpedo, a large fish of some sort?

    魚雷のような形をしていて、何かの大きな魚?

  • Meg is running on pure adrenaline as she struggles to get onto the raft.

    メグは純粋にアドレナリンを出しながら、必死になってラフトに乗り込んでいく。

  • Her leg is bleeding profusely, the stress of trying to get off the sinking ship having

    彼女の足は大量に出血しており、沈みゆく船から脱出しようとするストレスが原因だ。

  • torn free the bandage she had wrapped around the wound.

    傷口に巻いていた包帯を破ってしまったのだ。

  • For several minutes Meg's leg has been bleeding freely into the Atlantic ocean, and something

    メグの足は数分前から大西洋に向かって大量に出血しており、何かが

  • has noticed it.

    はそれに気付いた。

  • The crew have to fight the massive waves to pull themselves up onto the raft.

    乗組員は巨大な波と戦いながら、自分たちの体をイカダに引き上げなければならない。

  • As he kicks against the water to lift himself up, Mark feels something hit his leg with

    水を蹴って体を起こそうとしたとき、マークは何かが足に当たるのを感じた。

  • considerable force.

    かなりの力が必要です。

  • He calls out in surprise, and Deborah leans over to look at the water below Mark, her

    彼が驚いて声をかけると、デボラは身を乗り出してマークの下の水面を見て、彼女の

  • face draining white in panic.

    慌てて顔を真っ白にする。

  • There, just a few feet below Mark is that familiar torpedo-shaped body, and beyond it,

    マークの数メートル下には、おなじみの魚雷型のボディがあり、その先には

  • more like it.

    の方がいいですね。

  • Dozens of them.

    何十人もいる。

  • Sharks.

    Sharksです。

  • tiger sharks to be exact, the most dangerous shark in the ocean.

    正確にはタイガーシャーク、海の中で最も危険なサメです。

  • Known as the garbage cans of the sea, tiger sharks eat anything they come across.

    海のゴミ箱」と呼ばれるタイガーシャークは、何でも食べてしまう。

  • Incredibly aggressive, tiger sharks will even kill and eat prey just to deny it to another

    非常に攻撃的なタイガーシャークは、獲物を殺して食べることもある。

  • shark, and they are known to swarm the location of wounded prey, and even attack each other

    サメは、傷ついた獲物の居場所に群がり、互いに攻撃することも知られている

  • while in the midst of a mindless feeding frenzy- mortally wounded tiger sharks have been documented

    餌付けに夢中になっている間に、瀕死の重傷を負ったタイガーシャークが記録されている。

  • still eating prey.

    獲物を食べ続けている。

  • And now the sound of the sinking ship and the smell of Meg's blood in the water has

    そして今、沈みゆく船の音とメグの血の匂いがすることで

  • drawn two dozen tiger sharks to the raft's location.

    20数匹のイタチザメをラフトの位置に引き寄せた。

  • The sharks are anxious, and as the crew fight the waves, the blood-crazed sharks begin to

    サメは不安を感じており、クルーが波と戦うと、血に飢えたサメが現れ始めます。

  • ram into the raft, trying to knock it over and force someone overboard.

    筏に突っ込み、筏を倒して誰かを海に落とそうとする。

  • Over and over again the sharks attack the zodiac, smashing into it at high speed, driven

    サメは何度も何度も、高速でゾディアックに衝突し、追い込まれていきます。

  • into a frenzy by Meg's bleeding wound.

    メグの傷口からの出血で狂喜乱舞した。

  • Luckily for the shipwrecked five, the storm eventually blows itself out, as do the sharks,

    難破した5人にとって幸運だったのは、サメと同様に嵐もやがて去っていったことだ。

  • and as dawn comes the sea is calm once again.

    そして夜が明けると、海は再び穏やかになります。

  • But as Deborah and her friends look out across the waves, they see dozens of fins cutting

    しかし、デボラたちが波の向こうに目をやると、何十枚ものフィンがカットされているのが見えます。

  • through the water.

    水の中を

  • The sharks are still here.

    サメはまだここにいる。

  • And to make matters worse, there's no sign of land or of another ship.

    さらに悪いことに、陸地も他の船も見当たらない。

  • They've been blown into the gulf stream off the coast of North Carolina, into a lane of

    ノースカロライナ州沖のメキシコ湾岸に吹き飛ばされてしまいました。

  • ocean rarely frequented by normal shipping.

    通常の輸送ではほとんど通らない海。

  • They didn't even get a chance to radio off a mayday before the ship sank, and there's

    船が沈む前にメーデーを鳴らすこともできなかったし、それに

  • no rescue beacon technology in the early 1980s.

    1980年代初頭には、レスキュービーコンの技術はありませんでした。

  • In fact, the group of five has absolutely nothing with them but the clothes on their

    実際、5人のグループは、着ている服以外は全く持っていません。

  • backs.

    \(^o^)

  • No food.

    食べ物がない。

  • No water.

    水がない。

  • An ocean full of sharks.

    サメがたくさんいる海。

  • And nobody knows the Trashman has sunk.

    そして、誰もトラッシュマンが沈んだことを知らない。

  • The group tries to keep each other's spirits up.

    グループはお互いに気を引き締めようとする。

  • They know they're off the coast of North Carolina somewhere, and the east coast of the United

    ノースカロライナ州の沖合のどこかにいることがわかっていて、アメリカの東海岸は

  • States is one of the busiest stretches of ocean in the world.

    米国は、世界で最も忙しい海の一つです。

  • It's only a matter of time before somebody spots them, be it a merchant vessel or even

    誰かがそれを発見するのは時間の問題で、それが商船であれ、あるいは

  • a US Navy ship.

    米海軍の艦船。

  • They feel relieved at first, but Meg isn't doing very well.

    最初は安心していた二人だが、メグの様子があまりよくない。

  • She's lost a lot of blood, but even worse, it's clear her wound is becoming infected.

    大量に出血しているが、さらに悪いことに、傷口が膿んできているのは明らかだ。

  • Even now it's turning purplish and bruising.

    今でも紫に変色していて、あざができています。

  • And the sight of fins in the water is an ever-constant reminder of what lurks just past a few inches

    水面に浮かぶフィンの姿は、数センチ先に何が潜んでいるかを常に思い出させてくれます。

  • of hard rubber raft.

    硬いゴム製のラフトの

  • Dawn of the second day stranded at sea.

    海難事故から2日目の夜明け。

  • Dehydration is starting to take a serious toll on the crew.

    脱水症状が深刻な状態になってきた。

  • There's no cover from the sun above their heads, and now Deboarh and her friends are

    頭上には太陽の光を遮るものがなく、デボアールとその仲間たちが

  • wishing for a new storm.

    新しい嵐が来ることを願って

  • At least then there'd be cloud cover to shield them from the brutal sun's rays, and even

    せめて雲があれば、残酷な太陽の光を遮ることができるし、さらには

  • better- sweet, sweet rain water to drink.

    甘い、甘い雨水が飲めるようになりました。

  • The five are growing weak and hungry, but the dehydration is getting the worst of them.

    5人は弱ってきており、空腹感もあるが、脱水症状がひどくなってきている。

  • Meg's wound is definitely infected, and she's growing very sick.

    メグの傷は確実に膿んでいて、とても具合が悪くなっています。

  • There's nothing that they can do for her though, there's no food, no water, no medical supplies-

    しかし、食料も水も医療品もなく、何もできない。

  • nothing but their rubber raft and the vast open ocean all around them.

    周りにはゴム製のラフトと広大な海しかない。

  • Also, the sharks.

    あと、サメですね。

  • Incredibly, though their numbers have dwindled somewhat, the tiger sharks have stuck with

    信じられないことに、タイガーシャークは数が減ってきているにもかかわらず

  • the raft.

    ラフト

  • That's probably because the water the crew bail out of the bottom of their raft is full

    それは、スタッフがラフトの底から汲み上げた水が満タンになっているからだろう。

  • of Meg's blood and now pus.

    メグの血と膿が出てきた。

  • They're basically chumming the waters around them, but they have no other option- if they

    彼らは、基本的に周囲の水をチャンプルーしているのだが、他に選択肢はない。

  • don't continuously bail water this raft will sink just like the Trashman.

    絶えず水を汲んでいないと、このラフトはトラッシュマンのように沈んでしまいます。

  • By dawn of their third day stranded out at sea, Mark and John can't take it anymore.

    航海3日目の夜明けには、マークとジョンはもう我慢できなくなっていた。

  • Dehydration has impaired their judgment, and even as Deborah and Brad pull at them and

    脱水症状で判断力が鈍り、デボラとブラッドが引っ張っても

  • scream for them to stop, Mark and John lean over the edge of the raft and begin gulping

    マークとジョンはイカダの縁から身を乗り出して、彼らを止めようと叫んだ。

  • down briny sea water.

    海の水を飲む。

  • This is a fatal mistake, the salt-laden sea water may have cured their thirst temporarily,

    これは致命的なミスで、塩分を含んだ海水が一時的に彼らの渇きを癒したのかもしれません。

  • but the ingestion of so much sodium forces their kidneys to work overtime in a bid to

    しかし、大量のナトリウムを摂取すると、腎臓が過剰に働いてしまいます。

  • expel the lethal salt.

    致命的な塩分を排出します。

  • Mark and John are actually urinating out more water than they're taking in, exponentially

    マークとジョンは、実際に摂取した水よりも多くの水を尿として排出している。

  • accelerating their dehydration.

    脱水症状を促進します。

  • It only takes hours for the hallucinations to begin.

    幻覚が始まるまで数時間しかかかりません。

  • John shouts out in happy surprise when he spots land on the horizon- but there's only

    地平線上に陸地を発見したジョンは、喜びの声を上げるが、そこにあるのは

  • one problem: it's a dehydration-inspired hallucination.

    問題は、脱水症状による幻覚だということ。

  • Brad and Deborah try to talk John down, telling him he's hallucinating and there's nothing

    ブラッドとデボラはジョンを説得しようと、彼は幻覚を見ていて、何もないと言う。

  • out there, but he only grows agitated at the two.

    しかし、彼は2人になると、ますます興奮してしまう。

  • Finally, he decides that his only chance is to swim for the safety of the phantom shore

    最終的に、彼は幻の岸辺の安全のために泳ぐしかないと決心します。

  • only he can see.

    彼にしか見えない。

  • Weak and severely dehydrated themselves, there's nothing Deborah and Brad can do as John jumps

    脱水症状に陥ったデボラとブラッドには何もできない。

  • into the water.

    を水の中に入れる。

  • The sharks have been waiting.

    サメは待っていました。

  • They're on him in seconds.

    数秒で彼に追いつきます。

  • One tiger strikes him in the leg, sinking its teeth deep into his flesh.

    一匹の虎が彼の足を襲い、その歯は彼の肉に深く食い込んでいる。

  • John screams- and then goes quiet as a second tiger strikes and drags him under the waves.

    ジョンは悲鳴を上げたが、2匹目の虎に襲われて波の下に引きずり込まれ、静かになった。

  • John does not surface again, the tigers are feeding with such ferocity that they keep

    ジョンが再び浮上することはなく、虎は猛烈な勢いで餌を食べ続け

  • his body under.

    体を支える。

  • Deborah turns away in horror, she's too shellshocked and dehydrated to cry.

    デボラは恐怖のあまり顔を背けてしまったが、シェルショックと脱水症状で泣くに泣けなかった。

  • The only sound is the vigorous splashing of sharks as they snatch up any stray bits of

    唯一の音は、サメの勢いのある水しぶきで、落ちているものを拾い上げることです。

  • John floating about.

    浮かれるジョン。

  • They'll eat again real soon.

    またすぐに食べてくれるよ。

  • A few hours later, Mark begins acting peculiar.

    数時間後、Markは奇妙な行動をとり始める。

  • He's clearly unaware of his surroundings.

    彼は明らかに周囲を意識していない。

  • It's as if he doesn't even realize he's on a raft in the middle of the ocean.

    まるで自分が海の真ん中でイカダに乗っていることに気づいていないかのようだ。

  • In fact, he clearly thinks he's back home, and he needs to make a run to the store.

    実際、彼は明らかに自分が家に戻ってきたと思っていて、店に行かなければならないと思っている。

  • Just like that, Mark stands up, takes a step, and falls right off the side of the boat.

    マークは立ち上がって一歩踏み出し、そのままボートの側面から落ちてしまった。

  • Bam!

    Bam!

  • The force of the attack slams Mark's body onto the bottom of the raft.

    その勢いでマークの体が筏の底に叩きつけられる。

  • Then, another massive blow from below as yet another shark tears into Mark.

    そして、また別のサメがマークを切り裂き、下から大きな打撃を与える。

  • The raft is pummeled by sharks as big as the raft itself, as the feeding frenzy goes into

    筏は、筏と同じくらいの大きさのサメに襲われ、餌付けの熱狂が起こります。

  • overdrive just inches underneath Deborah and Brad.

    オーバードライブは、デボラとブラッドのすぐ下にあります。

  • Mark is gone.

    マークがいない。

  • But the sharks aren't.

    しかし、サメはそうではありません。

  • Despite having eaten two of their friends, the sharks continue to circle the raft, occasionally

    仲間の2人を食べてしまったにもかかわらず、サメはラフトの周りを回り続け、時折

  • nudging it as if testing to see if it might sink soon.

    沈むかどうかを確かめるようになでてみる。

  • Deborah and Brad continue to bail water through the rest of the horrible day, Meg far too

    デボラとブラッドは残りの恐ろしい一日を水に流し続け、メグはあまりにも

  • sick to do anything.

    何もできない病気。

  • She's hardly conscious anymore.

    もうほとんど意識はありません。

  • The infection has begun to turn her leg black, as it aggressively spreads through her blood

    積極的に血液を介して感染が広がり、彼女の足は黒くなり始めています。

  • stream.

    の流れになっています。

  • The bottom of the raft is filled with a mixture of urine, blood, and pus, and Meg is now catatonic

    筏の底には尿と血と膿の混じったものが溜まっていて、メグは今、緊張状態にある。

  • and unresponsive.

    と反応しない。

  • As night falls, Deborah and Brad try and get what sleep they can, careful to maintain a

    夜になると、DeborahとBradはできる限りの睡眠を取ろうとしますが、そのためには

  • grip so a wave doesn't pitch them over the side and into the jaws of the hungry Tigers

    波が彼らを横から見て、空腹のタイガースの顎の中に投げ込まないようにグリップします。

  • below them.

    その下には

  • A few hours later, the two wake up from their fitful sleep.

    数時間後、2人は眠りから覚めた。

  • It's still dark, but under the moonlight it's become clear- Meg is dead.

    まだ暗いが、月明かりの下ではメグが死んだことが明らかになった。

  • The infection has spread through her body and shut down her organs.

    感染症は全身に広がり、臓器を停止させてしまいました。

  • The only question is what to do with her.

    問題は、彼女をどうするかだ。

  • The two are starving, and both are intimately familiar with the stories of sailors committing

    飢えに苦しむ2人は、船乗りのコミューターの話を親身になって聞いている。

  • cannibalism in order to survive.

    生き延びるためにカニバリズムを行う。

  • It's a bonafide taboo of the worst kind, but a stranded sailor lost out at sea is always

    最悪のタブーですが、海で遭難した船員は、常に

  • forgiven for committing what to many is the most horrific act imaginable- eating human

    人間を食べるという、多くの人にとって最も恐ろしい行為をしたことが許されるのです。

  • flesh.

    の肉になります。

  • Brad begins to consider how best to begin to eat Meg, but Deborah warns him- Meg is

    ブラッドはメグをどうやって食べ始めようかと考え始めるが、デボラはメグを警告する。

  • too infected to eat.

    食べることができないほど感染しています。

  • Her body is still boiling with an out of control infection that's now consuming it from the

    彼女の体は、制御不能の感染症でまだ沸騰しており、今では体を蝕んでいます。

  • inside out.

    インサイド・アウト

  • Despite their starvation, eating Meg could prove fatal.

    飢えているにもかかわらず、メグを食べると命取りになる。

  • But they can't keep the body in the raft with them, the filthy water they have to continuously

    しかし、遺体をイカダの中に入れておくことはできず、汚い水を継続的に

  • bail is filled with her bodily fluids and the smallest nick could see them infected

    ベールの中には彼女の体液が入っていて、最小のニックでも感染しているのがわかります。

  • as well.

    とも言われています。

  • There's just one thing to do.

    やるべきことはただひとつ。

  • The two remove Meg's jewelry and her shirt, hoping to give it to a family member should

    2人はメグの宝石とシャツを外して、家族にプレゼントしようと考えている。

  • they survive this ordeal.

    彼らはこの試練を乗り越える。

  • Then, with grim determination, they move the naked body onto the side of the raft and prepare

    覚悟を決めて、裸の体を筏の横に移動させ、準備する。

  • to push it over.

    を押してみましょう。

  • Despite intense dehydration and near-delirium though, the two stop- it doesn't feel right

    猛烈な脱水症状と錯乱状態に陥りながらも、2人は立ち止まった。

  • to just dump Meg over without saying something.

    が、何も言わずにメグを捨ててしまった。

  • So Deborah improvises, and she recites the Lord's Prayer and Psalm 23.

    そこでデボラさんは即興で、主の祈りと詩篇23を朗読します。

  • Thou preparest a table before me in the presence of mine enemies, thou anointest my head with

    あなたは、私の敵の前で私の前に食卓を整え、私の頭に油を注ぎ

  • oil; my cup runneth over.

    油、私のカップは尽きることがありません。

  • Surely goodness and mercy shall follow me all the days of my life; and I will dwell

    確かに、善意と慈悲は、私の生涯のすべての日に、私を追いかけ、私は住まう。

  • in the house of the Lord for ever.

    主の家で永遠に

  • And with a splash, they push Meg's body overboard.

    そして、水しぶきを上げて、メグの体を海に押し出す。

  • The sharks were waiting.

    サメが待っていた。

  • Physically, mentally, and emotionally exhausted, the two simply roll back over the edge of

    肉体的にも精神的にも、そして感情的にも疲れきった2人は、ただただ、その場で転がり落ちるようにして戻ってきました。

  • the raft and settle into the murky bottom.

    筏の中に入って濁った底に沈む。

  • They close their eyes and drift off to sleep as the sharks devour their dead friend.

    サメが死んだ友人を食べている間、彼らは目を閉じて眠りについた。

  • Dawn breaks on the fifth day.

    5日目に夜明けを迎える。

  • Brad and Deborah are close to death and they know it.

    ブラッドとデボラは死と隣り合わせで、それを知っている。

  • Their bodies are covered in staph infections, their minds on the edge of full-blown delirium

    彼らの体はスタフ感染で覆われ、心は完全な錯乱状態に陥っています。

  • even as their organs begin to shut down.

    臓器の機能が停止しても

  • And the sharks are still there.

    そして、サメはまだそこにいる。

  • Then, suddenly, there's something on the horizon- a ship!

    その時、突然、水平線上に何かがある!船だ。

  • Brad wipes his eyes and looks again, then blinks and looks a third time.

    ブラッドは目を拭いてもう一度見て、まばたきをして3回目に見ます。

  • He can't believe it, but it's real, and even more incredibly the distant ship seems to

    彼は信じられないが、それは現実であり、さらに信じられないことに、遠く離れた船は、そのように見える。

  • be sailing straight for them!

    真っ直ぐ航海してください

  • The two leap up to their feet and begin yelling as loud as they can and waving their arms

    2人は立ち上がり、思い切り大きな声で叫び、腕を振り始めます。

  • around.

    を中心にしています。

  • Miraculously, a deckhand spots them and begins waving back.

    奇跡的に甲板員が彼らを見つけ、手を振り返し始めた。

  • A Soviet cargo vessel rescues the two hundreds of miles from the American coast.

    アメリカの海岸から何百マイルも離れた場所で、ソ連の貨物船が2人を救出する。

  • The ship's medic immediately begins to treat their serious infections as the crew brings

    船の衛生兵はすぐに彼らの深刻な感染症の治療を開始し、乗組員たちは

  • them water and food to eat.

    彼らに水や食べ物を与える。

  • A few days later, the two will be back in the US where they'll be hospitalized as they

    数日後、二人はアメリカに戻り、入院しながら

  • recover from their ordeal, but the haunting memory of sharks eating their friends alive

    サメが友人を生きたまま食べていたという、忘れられない記憶が蘇ります。

  • will be with them until the day they die.

    は、彼らが死ぬまで一緒です。

  • Now watch I was lost at sea for 76 days with sharks circling, or click this other video

    サメが旋回する中、76日間海で遭難した」を見るか、他のビデオをクリックしてください。

  • instead!

    と言っています。

One short scream, and John was under the waves.

一瞬の悲鳴で、ジョンは波の下へ。