Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • The sound of furniture being tossed around  wakes up a couple in the middle of the night.  

    家具を動かす音で真夜中に起きてしまったカップル。

  • Terrified for the safety of their little boy, they  rush to their son's room, throwing open the door  

    息子の身の危険を感じた二人は、急いで息子の部屋に向かい、ドアを開けた。

  • and expecting to see the worst- some  kidnapper in the middle of attempting to  

    そして、最悪の事態を想定していた-誘拐を試みている最中の誘拐犯を。

  • kidnap their eight year old son. But as the  door is hurled open, the couple are stunned  

    8歳の息子を誘拐されたのだ。しかし、ドアが開け放たれたとき、夫妻は唖然とした。

  • to discover that though the room is a messthere's no one in there save for their son,  

    が、部屋は散らかっていても、そこには息子を除いて誰もいないことがわかった。

  • curled up in a corner of the room, terrified  and pointing the finger at his favorite doll-  

    部屋の隅で丸くなって怯え、お気に入りの人形を指差す。

  • which just happens to be perfectly  perched at the foot of his bed.

    偶然にも彼のベッドの足元にぴったりと収まっています。

  • Forget what you may have heard about Annabelle,  

    アナベルについて聞いていたことは忘れてください。

  • because the true story of the world's most  haunted doll is too scary even for Hollywood.

    なぜなら、世界で最も呪われた人形の実話は、ハリウッドでも恐ろしすぎるからです。

  • Robert the doll was made in Germany in 1904,  by the now famous Steiff company which produces  

    ロバートの人形は1904年にドイツで作られたもので、今では有名なシュタイフ社が製造しています。

  • high-end collector's teddy bears for people  who are definitely not on an FBI watch list.  

    ハイエンドのコレクターズテディベアは、絶対にFBIの監視リストに載っていない人のためのものです。

  • Robert's owner, Robert Eugene Otto- from whom he  adopted his name- received the doll as a gift from  

    ロバートの飼い主であるロバート・ユージン・オットー氏(名前の由来)からプレゼントされたものです。

  • his grandfather, and little Otto was overjoyed  at his life-size doll and new best friend.

    オットーは、等身大の人形と新しい親友に大喜びした。

  • The two were inseparable, and Otto would  take his favorite doll to bed with him,  

    2人は切っても切れない仲で、オットーはお気に入りの人形をベッドに持ち込んでいました。

  • out to play, even on shopping tripseventually the doll got his own wardrobe,  

    遊びに行ったり、買い物に行ったり、最終的には自分のワードローブを持つようになりました。

  • including a sailor outfit likely worn by  Otto which the doll wears to this day.  

    オットーが着ていたと思われるセーラー服も含まれており、人形は現在も着用しています。

  • However, things would soon start to take a turn  for the dark in Otto and Robert's relationship.

    しかし、オットーとロバートの関係は、やがて暗転していく。

  • Otto treated his doll as a real, living best  friend, and as time went on things would start  

    オットーは人形を生きた親友のように扱い、時間が経つにつれ、いろいろなことが始まりました。

  • to go missing or get broken in the houseThat's nothing new for any household with  

    家の中で行方不明になったり、壊れたりするのは のある家庭では、何の問題もありません。

  • a rambunctious little boy, but Otto was  insistent that it was actually Robert's  

    しかし、オットーは、あれはロバートのものだと言い張っていた。

  • fault, and not his. As more and more things  went missing or were found smashed to pieces,  

    彼のせいではありません。物がなくなったり、粉々になって見つかったりすることが増えてきた。

  • Otto's parents grew increasingly exasperated  with him- though he remained insistent that  

    オットーの両親は次第に苛立ちを募らせていったが、オットーはあくまでも

  • it really wasn't his fault. The doll was  behind it all, or at least most of it.

    それは彼のせいではありませんでした。人形がすべての、いやほとんどのことをしでかしたのだ。

  • Naturally, Otto's parents didn't  believe him- until one fateful night.

    当然、オットーの両親は彼を信じなかったが、ある運命の夜までは。

  • It was late at night when little Otto woke up  to find Robert sitting at the foot of his bed,  

    深夜、オットー君が目を覚ますと、ロバートがベッドの足元に座っていた。

  • staring at him with his black glass eyes. Then,  

    黒いガラスの目で彼を見つめていた。それから。

  • pandemonium. Furniture suddenly began to be  thrown around the room, dressers were tossed over,  

    パンデモニウム。突然、家具が部屋中に投げ出され始め、ドレッサーが倒された。

  • clothes spewed out all over the floor. Book  shelves were violently cleared of books,  

    衣類が床一面に噴出している。本棚からは激しく本が取り除かれた。

  • a desk smashed into a nearby wall, the  chair flying in an opposite direction.

    机は近くの壁にぶつかり、椅子は反対方向に飛んでいきました。

  • Otto's parents tore out of bed, expecting to run  into an intruder either trying to rob the place  

    オットーの両親はベッドから出てきて、強盗に出くわすかと思った。

  • or steal their precious child- but when they  threw open the door all the commotion suddenly  

    しかし、彼らがドアを開けたとき、その騒ぎは突然に起こりました。

  • stopped. The room was a chaotic mess, but  utterly silent, and there was young Otto,  

    を停止しました。部屋は混沌としていたが、全くの無音で、若いオットーがいた。

  • curled up in terror. While the entire  room had been tossed upside down,  

    恐怖で丸くなっていた。部屋全体がひっくり返っていた中で

  • Robert the doll remained delicately  perched on the foot of the bed.

    ロバートの人形は、ベッドの足元に微妙に置かれたままでした。

  • From here things would only escalate.

    ここから先はエスカレートする一方だ。

  • Young Otto's obsession with his doll only  increased after the incident. He would  

    オットー少年の人形への執着は、事件の後、さらに強まった。オットーは

  • frequently be engaged in lengthy discussions with  Robert, treating it as if it really were living.  

    頻繁にロバートと長い議論を交わし、まるで生きているかのように扱っていた。

  • However, now his parents started to hear  an unfamiliar voice occasionally respond,  

    しかし、今度は両親が時々聞き慣れない声で返事をするようになった。

  • prompting them to rush into the room only  to discover little Otto and his doll,  

    慌てて部屋に入ると、そこには小さなオットーと彼の人形がいた。

  • all alone. When questioned on who he was talking  to, Otto would simply shrug and point at the doll.

    ひとりで。誰と話しているのかと聞かれると、オットーは肩をすくめて人形を指差すだけだった。

  • Sometimes though Robert would get angryand that's when furniture would once  

    でも、たまにロバートが怒ることがあって、その時には家具が一度だけ

  • more be flung across the room. Once Otto's  terrified parents would rush into the room,  

    さらには、部屋中に放り投げられる。怯えたオットーの両親が部屋に駆け込んでくると

  • the pandemonium would settle and Otto would be  left there alone, pointing at Robert. As the  

    騒ぎが収まると、オットーは一人でそこに残され、ロバートを指差していた。というように

  • doll's displeasure increased, toys would be found  missing limbs, or with their heads ripped off.  

    人形の不満が高まると、手足のないおもちゃや頭を切り落とされたおもちゃが出てくる。

  • The eyes on other dolls would have been  pulled off. Each time, the doll was blamed.

    他の人形の目は引っこ抜かれていたはずだ。その都度、人形は非難された。

  • It wasn't just Otto and his parents  experiencing the paranormal phenomenon either,  

    超常現象を体験したのは、オットーとその両親だけではなかった。

  • even the neighborhood kids were first hand  witnesses. Stories about the haunted doll  

    近所の子供たちも直接目撃していました。お化け人形にまつわる話

  • quickly spread through the local community, and  children passing by the house would give it a  

    瞬く間に地域に広まり、家の前を通る子供たちは、この家に

  • wide berth. While Otto was at school or awaythe doll would be left on a chair looking out an  

    オットーが学校に行っている間、あるいは留守の間、人形は椅子の上に置かれ、外を眺めていた。オットーが学校に行っている間、あるいは留守の間、人形は椅子の上に置いて外を眺めていた。

  • upstairs window. Often children would report  that they would look and see the doll there,  

    2階の窓からよく子供たちが、「見たらそこに人形がいた」と報告してくれました。

  • only to look again and have the doll be gone.

    しかし、もう一度見てみると、その人形はなくなっていました。

  • A plumber once got dragged into Otto's paranormal  world. Visiting the house to make some repairs,  

    配管工がオットーの超常現象の世界に引きずり込まれたことがある。補修のために家を訪れる。

  • the plumber began to hear the sound of children  playing, even though nobody but him was inside  

    水道屋さんは、自分以外に誰もいないのに、子供たちの遊ぶ声が聞こえてくるようになりました。

  • the house at the time. Investigating the source  of the sound, he walked into Otto's room to find  

    その時、家にいた。音の出所を調べるために、オットーの部屋に入ると

  • Robert sitting there, having moved from one side  of the window he was seated at to the other.  

    そこに座っているロバートは、自分が座っていた窓の片側から反対側に移動した。

  • Leaving the room, the plumber heard the sound of  objects being thrown, and rushed back in only to  

    慌てて部屋を出た配管工は、物を投げる音を聞いて慌てて部屋に戻りました。

  • discover that several toys that had been on the  doll's lap were now on the other side of the room.

    人形の膝の上にあったいくつかのおもちゃが、部屋の反対側にあることを発見しました。

  • Eventually young Otto grew  up and moved out of the home.  

    やがて若き日のオットーが成長し、家を出て行った。

  • Now Mr. Robert Eugene Otto, he went away  to art school in Chicago and New York.  

    ロバート・ユージン・オットー氏は、シカゴとニューヨークのアートスクールに通っていました。

  • Eventually Otto made his way to Paris, where he  met his wife. The two were married and moved back  

    やがて、オットーはパリに行き、そこで妻と出会った。二人は結婚して、再び

  • to the US. Otto was quick to recover several  of his childhood items from his parent's home  

    をアメリカに持ち込んだ。オットーは、実家で子供の頃に使っていたいくつかのアイテムをいち早く回収した

  • and move them to his new home with his new  family- including of course, Robert the doll.

    そして、それらを新しい家族と一緒に新しい家に移動させるのです。

  • Robert the doll got his own special room  in the attic, decorated with furniture,  

    人形のロバートは、屋根裏に家具で飾られた自分の特別な部屋を手に入れました。

  • toys to play with, and even a teddy bear just  for him specifically. Otto took good care of  

    オットーのために、テディベアも用意されていました。オットーが大事にしていたのは

  • his childhood best friend, but it seems Otto's  wife took serious issue with his obsession,  

    しかし、Ottoの妻は、彼の執着心を深刻に受け止めていたようです。

  • and the general creepiness of the doll itselfShe requested that the doll be kept locked up,  

    そして、その人形の不気味さに惹かれました。 彼女は、その人形に鍵をかけておくことを要求した。

  • so Otto made sure to lock the door  to the attic room after every visit.

    そのため、オットーは毎回、屋根裏部屋のドアに鍵をかけるようにしていた。

  • Robert the doll however, did not like being locked  up. Somehow, he would reappear on a chair facing  

    しかし、人形のロバートは監禁されるのが好きではありませんでした。椅子に座っていると、いつのまにか現れて

  • out one of the upstairs windows, like he had sat  back in Otto's childhood home waiting for his  

    2階の窓の外には、オットーの子供時代の家に座って彼を待っていたかのように、彼の姿があった。

  • best friend to get back from school. Predictablypeople began to give Otto's new home a wide berth,  

    親友が学校から帰ってくること。予想通り、人々はオットーの新居を疎ましく思うようになった。

  • unsettled by the very creepy doll staring out  the window at them. Rumors began to spread  

    窓の外を見つめる、とても不気味な人形に不安を感じたのだ。噂が広まった。

  • that Robert's glass eyes would actually  turn in his head and follow passerbys,  

    ロバートのガラスの目が実際に頭の中で回転し、通行人を追いかけるようになっていました。

  • with others saying that he would simply  disappear and when they looked back,  

    また、「このまま消えてしまうのではないか」、「振り返ったときには、このような状態になっているのではないか」という意見もありました。

  • reappear looking incompletely different direction.

    全く別の方向を向いて再登場する。

  • It wasn't just unwary pedestrians  who got spooked however,  

    驚いたのは、不注意な歩行者だけではありませんでした。

  • as visitors to Otto's home would often complain  of supernatural phenomenon. Many would swear that  

    オットーの家を訪れる人々は、しばしば超自然的な現象を訴えていた。多くの人は、次のように断言した。

  • they heard footsteps in the attic where Robert  was kept locked up. And of course, despite  

    ロバートが監禁されていた屋根裏部屋で足音が聞こえてきました。そしてもちろん、にもかかわらず

  • being under lock and key, Robert would havehabit of turning up places he didn't belong-  

    鍵をかけていたので、ロバートは自分の居場所のない場所に出没する癖があった。

  • like the guest room of a sleeping visitorEven more terrifying, shocked guests would  

    寝ているお客さんのゲストルームのようなものです。 さらに恐ろしいことに、ショックを受けた客は

  • find random objects move completely on  their own, as if pushed by an unseen force.

    ランダムな物体が、目に見えない力で押されたかのように、完全に自力で動くのを見つける。

  • Robert Eugene Otto died in 1974, leaving Robert  the doll to a woman who bought the house.  

    ロバート・ユージン・オットーは1974年に亡くなり、この家を購入した女性にロバートの人形を残しました。

  • She kept it for 20 years before donating it  to the Fort East Martello Museum in Florida,  

    彼女は20年間保管していましたが、フロリダのFort East Martello Museumに寄贈しました。

  • warning that the doll was indeed hauntedand should be treated with great care.  

    この人形は本当に幽霊が出るので、大切に扱ってください」という警告だった。

  • The museum staff naturally discounted the tales  of a haunted doll, but were quick to change their  

    博物館のスタッフは、幽霊人形の話を当然のように否定しましたが、すぐに変更しました。

  • minds when they experienced their own paranormal  phenomenon. Once more Robert would wander out of  

    自分が超常現象を体験したときの心の動き。またしてもロバートはふらふらと

  • his locked display case, showing up places he  didn't belong. The sound of children's voices  

    鍵のかかった展示ケースの中で、自分の居場所のない場所に現れた。子供たちの声

  • would be heard in the dead of night, when nobody  but the closing staff was still in the building.  

    が、閉館スタッフ以外は誰もいない真夜中に聞こえてきた。

  • Often these would be accompanied by the sound of  running feet, and objects getting knocked over.

    その際、足音がしたり、物が倒されたりすることがよくありました。

  • Robert remains locked in his display case  to this day, and is one of the museum's  

    ロバートは現在も展示ケースに閉じ込められており、博物館の中でも

  • prime attractions. Visitors are warned to ask  for permission before taking Robert's photo,  

    プライムアトラクションです。ロバートの写真を撮るときは、必ず許可を得てから撮るようにと注意されています。

  • as those who don't almost always  find themselves running into tragedy.  

    そうしないと、いつも悲劇に遭遇してしまうからです。

  • Cameras will glitch when taking a photo when  permission was not granted, only to begin  

    許可されていない写真を撮影するとカメラが不具合を起こし、撮影が開始されます。

  • working again as soon as the visitor leaves  the museum. Others however suffer worse fates,  

    お客さんが美術館を出るとすぐにまた使えるようになります。しかし、もっと悪い運命をたどる人もいる。

  • with tragedy befalling them shortly after their  visit. Car wrecks, divorces, ruined finances,  

    訪れた直後に悲劇に見舞われることもあります。車の事故、離婚、経済の破綻。

  • job losses- the misery that Robert has wrought  in people's lives is so great that the museum  

    ロバートが人々の生活にもたらした悲惨さは、博物館が

  • regularly receives letters begging for his  forgiveness, and for him to lift the curse  

    定期的に「許してください」「呪いを解いてください」という手紙が届く。

  • he's placed on people's lives. An incredible  1 to 3 letters a day are sent to Robert.

    彼は人々の人生に大きな影響を与えました。信じられないことに1日に1~3通の手紙がロバートに送られてきます。

  • Not all letters however are asking for  forgiveness. Some are asking Robert for advice,  

    しかし、すべての手紙が許しを求めているわけではありません。中には、ロバートにアドバイスを求めているものもあります。

  • others asking for him to place a curse  on the subject of the writer's ire.  

    また、その人の怒りの対象に呪いをかけてほしいという人もいました。

  • Some are even fan lettersperhaps most disturbingly,  

    中にはファンレターのようなものもあり、これが一番気になるところです。

  • from children as young as eight years old  who often include portraits of the doll.

    8歳くらいの子供たちが、人形のポートレートを載せてくれたりします。

  • If you're curious to meet Robert in personyou can visit the Fort East Martello museum  

    ロバートに実際に会ってみたいという方は、Fort East Martelloミュージアムを訪れてみてください。

  • in key west yourself, but you better take  our advice and mind your manners when you do-  

    自分でキーウエストに行っても、私たちのアドバイスを受けて、マナーを守ってくださいね。

  • or you might find Robert waiting  for you at home when you get there.

    あるいは、家に着いたらロバートが待っているかもしれません。

  • Now check out Real Creepy Cursed Objectsor click this other video instead!

    さて、Real Creepy Cursed Objectsをチェックするか、代わりにこの別のビデオをクリックしてください

The sound of furniture being tossed around  wakes up a couple in the middle of the night.  

家具を動かす音で真夜中に起きてしまったカップル。

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 オットー ロバート 部屋 両親 子供 家具

世界一のお化け人形(アナベルではありません (World's Most Haunted Doll (Not Annabelle))

  • 19 1
    Summer に公開 2021 年 06 月 04 日
動画の中の単語