Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • Long before the stately house at 112 Ocean Avenue in Amityville, New York became infamous

    ニューヨーク州アミティヴィルのオーシャン・アベニュー112番地の豪邸が悪名高いものになるずっと前から

  • for the supposed paranormal activities that plagued the house and its occupants, it was

    この家とそこに住む人々を悩ませていた超常現象と思われるものについては

  • the site of a very horrific, and very mysterious murder spree.

    非常に恐ろしい、そして非常にミステリアスな殺人事件の現場である。

  • The true history of the Amityville Horror killer is even more shocking and gruesome

    アミティビル・ホラーの犯人の真相は、さらに衝撃的で陰惨なものになっている

  • than the horror movies based on the house's alleged hauntings, and the most terrifying

    この家にまつわるホラー映画の中で、最も恐ろしいのは

  • part is that it's all true

    の部分は、すべて真実であるということです。

  • In December 1975, George and Kathy Lutz were overjoyed to be moving into their dream home

    1975年12月、ジョージ・ルッツとキャシー・ルッツ夫妻は、夢にまで見た家に引っ越すことができて大喜びでした。

  • - a 5 bedroom colonial house at 112 Ocean Avenue in the quiet commuter suburb of Amityville,

    - 閑静な通勤圏であるAmityvilleの112 Ocean Avenueにある5ベッドルームのコロニアルハウスです。

  • New York, just 40 miles from New York City.

    ニューヨーク市からわずか40マイルのところにあるニューヨーク。

  • At just $80,000, the house was a steal of a deal - it almost seemed too good to be true,

    8万ドルという破格の値段は、あまりにも魅力的であった。

  • and it might very well have been.

    と言っていたが、その通りになったかもしれない。

  • Before moving in, the Lutzes knew exactly why the house was such a bargain - it had

    入居する前に、ルッツ夫妻はこの家がなぜお買い得なのかをよく知っていました。

  • sat empty for over a year, ever since the last family who had lived there had met their

    最後に住んでいた家族が亡くなってから、1年以上も空き家になっていました。

  • tragic and violent end inside the home.

    家の中で悲劇的で暴力的な終わり方をした。

  • Despite the house's dark history, the Lutzes couldn't turn down the deal, and Goerge,

    暗い歴史を持つ家ではあったが、ルッツ家はこの契約を断ることができず、ゲルゲは

  • Kathy and their 3 kids moved into the home shortly before Christmas.

    キャシーと3人の子供たちは、クリスマスの少し前にこの家に引っ越してきました。

  • But, just 28 days later, the Lutz family would flee the house in a panic, leaving behind

    しかし、そのわずか28日後、ルッツ家はパニックに陥り、以下のものを残して家を飛び出します。

  • everything they owned, and never return.

    自分の持っているものすべてを持って、二度と戻ってこない。

  • They claimed that the Amityville house was haunted by malevolent spirits.

    彼らは、アミティビル・ハウスが悪霊に取り憑かれていると主張した。

  • George claimed that he experienced intense changes to his mood, and that he became sullen

    ジョージは、自分の気分に強烈な変化が起こり、不機嫌になったと主張した。

  • and angry towards his family.

    と家族に怒りをぶつけていました。

  • He would wake up every night at 3:15 A.M. - right around the time that the previous

    毎晩、午前3時15分に目が覚めていた。

  • family had been violently attacked - and that one night, he claimed to have been standing

    家族が暴力を受けていたこと、そしてある夜、彼は立っていたと主張したこと。

  • outside in the yard when he saw a strange and terrifying half man, half pig with glowing

    庭に出てみると、そこには光り輝く半人半豚の奇妙で恐ろしい姿があった。

  • red eyes staring at him from one of the upstairs windows.

    二階の窓から赤い目が彼を見つめていた。

  • The family also claimed to have seen a mysterious slime oozing from the walls of the house,

    また、家の壁から謎のスライムがにじみ出ているのを見たとも言っている。

  • and a priest who came to bless the home claimed to have heard an angry male voice telling

    祝福に来た神父さんが、「男の人が怒っている声を聞いた」と言っていました。

  • him toGet out!”.

    と言って、「Get out!

  • The priest also claimed that shortly after leaving the house, he experienced a strange

    この神父は、家を出た直後に奇妙な体験をしたとも言っている。

  • illness and blood mysteriously seeped from his hands.

    病気になり、手から不思議と血が滲んできました。

  • Facts about this are a little murky as the priest often contradicted himself.

    この件に関しては、神父がしばしば矛盾した発言をしていたため、事実関係は少し曖昧です。

  • After the Lutzes fled the home less than a month after moving in, they cashed in on their

    Lutz夫妻は、入居後1ヶ月も経たないうちに家を出てしまいましたが、その際、彼らは

  • experience by publishing a book, which would go on to inspire countless horror movies about

    その体験を本にして出版したことで、後に多くのホラー映画に影響を与えることになりました。

  • the house, like the original 1979 film Amityville Horror, the 2005 remake starring Ryan Reynolds,

    1979年に公開されたオリジナルの映画「アミティビル・ホラー」や、2005年に公開されたライアン・レイノルズ主演のリメイク版のように、家の中に入っていく。

  • as well as the movie The Conjuring 2, which chronicled Ed and Lorraine Warren's paranormal

    また、エドとロレイン・ウォーレンの超常現象を描いた映画「The Conjuring 2」も公開されています。

  • investigation of the supposedly haunted house.

    お化け屋敷の調査をしています。

  • The story of the haunting of the Amityville Horror house is now a well-known legend, but

    アミティヴィル・ホラー・ハウスの祟りの話は、今や有名な伝説となっていますが

  • less known is the equally haunting and completely true story of the family that was brutally

    あまり知られていませんが、同じように心を揺さぶる全くの実話である、残忍な

  • murdered in the home shortly before the Lutzes moved in.

    ルッツ家が引っ越してくる少し前に、この家で殺害されています。

  • In November 1974, just over a year before the Lutzes moved in, 23 year old Ronald Defeo

    ルッツ家が入居する1年前の1974年11月、23歳のロナルド・デフェオが登場した。

  • Jr. savagely murdered his entire family in the middle of the night as they slept in their

    Jr.は、真夜中に寝ていた家族全員を惨殺しました。

  • beds inside the house at 112 Ocean Avenue.

    オーシャンアベニュー112番地の家の中にあるベッド。

  • As the Lutzes were settling into their new home, Defeo was on trial for the heinous murders

    ルッツ家が新居に落ち着いた頃、デフェオは凶悪な殺人事件の裁判にかけられていた。

  • of his parents and his 4 siblings.

    ご両親と4人のご兄弟の

  • Defeo, who was known to friends and family asButch”, was the oldest of the 5 children

    友人や家族から「ブッチ」と呼ばれていたデフェオは、5人の子供のうち長男だった。

  • born to Ronald Defeo Sr., orBig Ronnie”, and his wife Louise.

    ビッグ・ロニー "ことロナルド・デフェオ・シニアと妻のルイーズとの間に生まれました。

  • Big Ronnie worked as a sales manager at a car dealership in nearby Brooklyn, and Louise

    ビッグ・ロニーはブルックリン近郊の自動車販売店でセールス・マネージャーとして働き、ルイーズは

  • was a stay at home mom to their 5 children - Butch, Dawn, Allison, Marc and John.

    は、ブッチ、ドーン、アリソン、マーク、ジョンの5人の子供たちの家庭のお母さんでした。

  • By all appearances, the Defeos were a well-off, devoutly religious and happy suburban family.

    一見すると、デフィー夫妻は裕福で、敬虔な宗教心を持ち、幸せな郊外の家庭であった。

  • But behind closed doors, things in the Defeo home may not have been so perfect.

    しかし、密室の中では、デフェオ家の状況はそれほど完璧ではなかったかもしれません。

  • At Butch's trial, members of Louise's family would testify that Big Ronnie had impossibly

    ブッチの裁判では、ルイーズの家族が「ビッグ・ロニーはどうしようもないほどの努力をしていた」と証言した。

  • high expectations for his firstborn son, and that his discipline often bordered on abusive.

    長男への期待が大きかっただけに、彼のしつけはしばしば虐待に近いものがあった。

  • Big Ronnie was known to shout and scream at his son, call him names, and force him to

    ビッグ・ロニーは、息子を怒鳴りつけたり、名前を呼んだり、無理やり連れて行ったりすることで知られている。

  • participate in lopsided boxing matches which were little more than excuses for the older

    このような状況の中で、私たちは、年配者のための言い訳に過ぎないような一方的なボクシングの試合に参加しました。

  • man to take out his frustrations on his disappointing eldest son.

    が、その不満を不甲斐ない長男にぶつける。

  • Butch was not the only target of Big Ronnie's rage - loud and sometimes violent fights between

    ビッグ・ロニーの怒りの対象はブッチだけではなかった。

  • Big Ronnie and Louise were not uncommon, and Louise even left at one time, though she eventually

    大物のロニーとルイーズは珍しくなく、ルイーズも一度は出て行ったが、結局

  • returned.

    を返しました。

  • During one particularly bad fight between his parents, in a moment that foreshadowed

    ある日、両親の喧嘩がひどくなったときに、彼はその予兆として

  • his violent future, 18 year old Butch pointed a loaded shotgun at his father and told him

    18歳のブッチは、父親に弾の入った散弾銃を向けて、自分の暴力的な将来を語った。

  • toLeave that woman alone”.

    を「あの女を放っておけ」と言っています。

  • After high school, Butch joined his father working at the car lot, but their relationship

    高校卒業後、ブッチは父親と一緒に自動車工場で働いていたが、二人の関係は

  • continued to be strained.

    は緊張し続けていました。

  • Butch, who had been bullied all throughout school for being overweight, had discovered

    太っていることを理由に学校中でいじめられていたブッチは、ある日、自分の身に起こったことを知る。

  • amphetamines, which helped him to shed pounds and also set him on a dark path.

    アンフェタミンのおかげで体重は減りましたが、暗い道を歩むことになってしまいました。

  • By the time of the murders, Butch had a reputation for drinking, drugs and fighting, and his

    殺人事件の頃には、ブッチは酒、ドラッグ、喧嘩の常習犯で、彼の

  • relationship with his father was more fraught than ever.

    父との関係は以前にも増して険悪になっていた。

  • Still, no one could have predicted just how dark a turn things would take next...

    しかし、次の段階でどれほど暗い展開になるかは、誰も予想できなかった。

  • On the night of November 13, 1974, after a particularly bad fight between Butch and his

    1974年11月13日の夜、ブッチと彼の間で特にひどい喧嘩があった後、彼は

  • father, an enraged Butch Defeo entered his family home just after 3 A.M. carrying a .35

    父親のブッチ・ディフェオは、午前3時過ぎに35口径の銃を持って家に入ってきた。

  • caliber lever-action hunting rifle.

    口径のレバーアクション・ハンティングライフル。

  • With just the faint light from the upstairs bathroom illuminating the stairs and the hallway,

    2階のバスルームからのかすかな光が階段と廊下を照らしているだけ。

  • Butch crept upstairs and entered his 43 year old parents' bedroom, where they laid asleep

    ブッチは2階に忍び込み、43歳の両親が眠る寝室に入った。

  • and oblivious to the fate that awaited them.

    そして、彼らを待ち受けていた運命に気づかなかった。

  • As his parents slept peacefully, Butch raised his rifle and shot each of them where they

    両親が安らかに眠っている間に、ブッチはライフルを構えて、それぞれの場所を撃った。

  • lay.

    レイです。

  • Big Ronnie was critically injured, but he struggled to his feet and attempted to fight

    瀕死の重傷を負ったビッグ・ロニーだったが、必死に立ち上がって戦おうとした。

  • his attacker, before Butch finished him off with another point-blank shot.

    しかし、ブッチはその前に至近距離からの一撃で彼を仕留めた。

  • He then turned to his mother, Louise, who lay moaning in bed, wounded and bleeding,

    そして、傷つき、血を流してうめきながらベッドに横たわっている母親のルイーズに目を向けた。

  • and ended her life with a second bullet.

    と言って、2発目の弾丸で彼女の命を終わらせた。

  • Not content just to rid himself of his abusive and overbearing parents, Butch next turned

    威圧的な両親から逃れるために、ブッチは次の行動に出た。

  • his attention to his younger siblings.

    弟たちに気を配っていました。

  • Butch entered the room of his youngest brothers, 12 year old Marc and 9 year old John, where

    ブッチは、12歳のマークと9歳のジョンという末っ子の兄弟の部屋に入り、そこで

  • the 2 young boys must have been laying frozen in terror in their beds after hearing the

    を聞いた2人の少年は、恐怖でベッドの中で固まっていたに違いない。

  • commotion in their parents' room.

    両親の部屋での騒動。

  • After a recent football injury, Marc was only able to sleep on his back, but the killer

    サッカーで怪我をしたばかりのMarcは、仰向けでしか寝ることができませんでしたが、犯人は

  • ordered the 2 boys to lay face down on their beds before he shot each of them point-blank

    2人の少年にベッドに伏せるように命じてから、それぞれを至近距離から撃った。

  • in the back and left them to die.

    を背負って死なせてしまったのだ。

  • Next, Butch entered the room of his 13 year old sister Allison.

    次にブッチは、13歳の妹アリソンの部屋に入った。

  • As she turned her head to look at him, he shot the young girl in the face.

    彼女が振り向いたとき、彼は少女の顔を撃った。

  • The bullet hit her left cheek and exited through her right ear, killing her instantly and disfiguring

    弾丸は彼女の左頬に当たり、右耳から出て、即死し、体に傷を負った。

  • the once beautiful young woman.

    かつては美しい少女だった。

  • Finally, Butch entered the room of his oldest sister, 18 year old Dawn.

    最後にブッチは、長女である18歳のドーンの部屋に入った。

  • He pressed the barrel of his gun against the back of her head and fired, killing her instantly.

    彼女の後頭部に銃口を押し当てて発砲し、即死させました。

  • Once his entire family was dead, Butch discarded the evidence, including his bloody clothes,

    家族全員が死んだ後、ブッチは自分の血のついた服などの証拠を捨てた。

  • the rifle and bullets.

    ライフルと銃弾を

  • He then calmly took a bath in the house where his dead family's dead bodies lay, changed

    そして、死んだ家族の死体がある家の中で、落ち着いて風呂に入り、着替えて

  • his clothes, and went to work as usual.

    いつものように服を着て、仕事に出かけた。

  • Later that very same day, at around 6:30 P.M., Butch turned up at a local bar where he was

    その日の午後6時30分頃、ブッチは地元のバーに現れた。

  • a regular in a panic.

    パニックに陥った常連さん。

  • You got to help me!” he reportedly shouted.

    "You got to help me!"と叫んでいたという。

  • “I think my mother and father are shot!”

    "お母さんとお父さんが撃たれたみたい!"

  • Butch led a small group of men to his parents' nearby home, where they found the bodies of

    ブッチは少人数のグループを率いて、両親の近くの家に行き、そこで遺体を発見した。

  • his parents and siblings face down in their beds, shot to death and covered in their own

    自分の両親や兄弟がベッドに伏せられ、銃殺され、自分の体にまみれていた。

  • blood.

    の血を引いています。

  • One of the men had the good sense to call the police, who arrived and questioned Butch.

    そのうちの1人が気を利かせて警察に通報し、警察が到着してブッチに質問した。

  • After Butch mentioned that the murders might have been done by a mafia hitman and that

    ブッチが「マフィアの殺し屋がやったのではないか」と発言したことで

  • he himself might have been the real target, police took Butch to the station for his own

    ブッチは、自分が狙われているのではないかと思い、警察はブッチを警察署に連れて行きました。

  • protection.

    の保護になります。

  • Once there, however, his story started to fall apart.

    しかし、現地に着いてから、彼の話は崩れ始めた。

  • The hitman in question, Louis Falini, had an alibi, and investigators noticed significant

    問題のヒットマン、ルイ・ファリーニにはアリバイがあり、捜査官は重要な点に気付いていた。

  • holes in Butch's story, including his own whereabouts during the murders.

    ブッチの話には穴があり、殺人事件の時に彼自身がどこにいたかなども含まれている。

  • Before long, Butch broke down and confessed to having ruthlessly killed his entire family,

    やがてブッチは、家族を無慈悲に殺したことを告白した。

  • telling investigatorsOnce I started, I just couldn't stop.

    捜査関係者に「一度始めたらやめられない。

  • It went so fast.”

    あっという間でした」。

  • The next day, neighbors watched in shock and horror as police removed 6 bodies from the

    翌日、警察が6人の遺体を運び出すのを、近所の人たちはショックと恐怖で見守っていました。

  • home on Ocean Avenue.

    の家はOcean Avenueにあります。

  • The peace and quiet of their unassuming suburban neighborhood had been shattered, and the town

    郊外の平穏な住宅街の平和と静けさが打ち破られ、町には

  • would never be quite the same again.

    は、二度と同じことはできないだろう。

  • Ronald, Louise and their murdered children were laid to rest in the nearby Saint Charles

    ロナルドとルイーズ、そして殺された子供たちは、近くのセント・チャールズに安置されました。

  • Cemetery in Farmingdale, New Jersey, and Butch was charged with 6 counts of murder.

    ニュージャージー州ファーミングデールの墓地で、ブッチは6件の殺人容疑で起訴されました。

  • At his trial, Butch didn't deny killing his family, but he still pled not guilty and

    裁判でブッチは家族殺しを否定しなかったが、それでも無罪を主張して

  • mounted a defence based on insanity.

    は、心神喪失に基づく弁護を行いました。

  • Family members testified about the abusive treatment that Butch experienced at the hands

    家族は、ブッチが経験した虐待について証言してくれました。

  • of his father, Big Ronnie, and how it had affected the fragile young man.

    父であるビッグ・ロニーの死が、彼の心にどのような影響を与えたのか。

  • He also claimed that he had heard voices, and that those voices told him that his family

    また、声を聞いたと言い、その声は、自分の家族が

  • was plotting against him.

    は、彼に陰謀を企てていた。

  • He said he believed that if he didn't kill his parents and siblings first, that they

    彼は、両親や兄弟を先に殺さなければ、彼らが

  • would kill him.

    は彼を殺すだろう。

  • A psychologist for the defence backed up his claims, but the prosecution's psychologist

    弁護側の心理学者は彼の主張を支持しましたが、検察側の心理学者は

  • didn't buy his story - he stated for the record that Butch was a drug abuser with a

    彼の話を信じなかった彼は、ブッチが薬物乱用者であることを明言した。

  • history of heroin and LSD use, and that he might very well have antisocial personality

    ヘロインやLSDの使用歴があり、反社会的人格を持っている可能性が高いと言われています。

  • disorder, but that he was entirely aware and in control of his actions during the heinous

    の間、自分の行動を完全に認識し、コントロールしていたことがわかった。

  • crimes, and was therefore responsible for his actions.

    犯罪を犯したのだから、その責任は重い。

  • The court agreed, and on November 21st, 1975, Butch was found guilty of 6 counts of second

    裁判所もこれを認め、1975年11月21日、ブッチは6件の第2の罪で有罪となった。

  • degree murder.

    度の殺人である。

  • On December 4th, 1975 - just over a year after he had callously and violently murdered his

    1975年12月4日、それは彼が自分の家族を無慈悲で暴力的に殺害してからちょうど1年後のことでした。

  • entire family - Butch Defeo was sentenced to 6 consecutive prison terms of 25 years

    家族全員 - ブッチ・デフェオは6回連続で25年の懲役刑を言い渡された。

  • to life, one for each of his innocent murdered family members.

    無実の罪で殺された家族のために、一人ずつ命を捧げる。

  • Butch was transffered to the Sullivan correctional facility, a maximum security facility in Fallsburg,

    ブッチは、フォールズバーグにあるサリバン矯正施設(最高警備の施設)に移送された。

  • New York, to begin serving his sentence.

    ニューヨークで刑期を迎えます。

  • While in prison, Butch gave many interviews and provided conflicting accounts of what

    ブッチは獄中で多くのインタビューに応じ、何が起こったかについて矛盾した証言をした。

  • had happened that night at the house in Amityville.

    あの夜、アミティビルの家で起こったこと。

  • He also consistently denied that he had killed his younger siblings.

    また、弟妹を殺したことも一貫して否定していました。

  • He applied for parole numerous times, but was denied each time, and he remained in custody

    何度も仮釈放を申請したが、その度に却下され、身柄を拘束されたままであった。

  • until March 12, 2021, when he died in prison at the age of 69.

    2021年3月12日に69歳で獄中死するまで。

  • Despite Butch's arrest and conviction for the murders of his family, controversy still

    ブッチは家族を殺した罪で逮捕され、有罪判決を受けたにもかかわらず、いまだに論争の的となっている。

  • surrounds the case to this day.

    今日に至るまで、この事件を取り巻く環境は変化し続けています。

  • Many believe that there is much more to the story than what the court case shows, and

    多くの人は、裁判で示された内容よりもはるかに多くのことがあると信じており

  • countless conspiracy theories have formed in the years since the killings.

    殺害されてから数年の間に、無数の陰謀論が形成された。

  • From prison, Butch has sometimes claimed that his oldest sister, Dawn, was the one who killed

    ブッチは刑務所内で、長女のドーンが殺したと主張することもある。

  • their siblings before Butch killed her following an argument.

    ブッチが口論の末に彼女を殺害する前に、彼らの兄弟たちは彼女を殺害した。

  • At other times, he has seemed to hint at family mafia connections being behind the slayings.

    また、殺害の背後にファミリーマフィアのつながりがあることをほのめかすような発言もあった。

  • Butch has also claimed that his lawyer pressured him into claiming insanity, and that the lawyer

    また、ブッチは弁護士から心神喪失を主張するように圧力をかけられたと主張しており、その弁護士は

  • was in cahoots with the next owners of the home, the Lutz family, to try and sensationalize

    は、家の次の所有者であるルッツ家と共謀して、センセーショナルな報道をしようとしていました。

  • the story and drum up publicity to boost sales of books and movies about the crime and the

    をテーマにした本や映画の売り上げを伸ばすために、宣伝をしているのです。

  • supposed haunting of the house.

    家の祟りと言われています。

  • There are some real mysteries surrounding the case, too.

    この事件には、本当の意味でのミステリーもあるのです。

  • For one thing, none of the family members made a run for it after hearing the first

    一つは、最初の音を聞いて、家族の誰もが逃げ出さなかったこと。

  • gunshot ring out in the silent house, lending credence to the theory that there were multiple

    静まり返った家の中に銃声が響き渡り、複数の人間がいたという説が有力になりました。

  • gunmen, and none of the nearby neighbours reported hearing anything unusual that night.

    その夜、近所の人たちは誰も異常な音を聞いていないと言っていた。

  • With all of the witnesses and now the alleged killer dead, it's unlikely that we'll ever

    目撃者が多く、犯人とされる人物も死んでしまった今、私たちには何もできないだろう。

  • know the full truth about what happened that night in the Amityville Horror house.

    あの夜、アミティビル・ホラー・ハウスで何が起こったのか、完全な真実を知ってください。

  • For their part, locals are dismissive of the tales of hauntings, and disdainful of the

    また、地元の人たちは、幽霊の話には否定的であり、そのような話をしている人たちを軽蔑しています。

  • attention that the case, and the resulting books and movies, have created around their

    この事件と、それに伴う書籍や映画が、彼らの周りに作った注目を集めています。

  • once quiet and peaceful town.

    かつては静かで穏やかな町でした。

  • The Amityville Horror house has sold 4 times since the murders, most recently in 2017 for

    アミティヴィル・ホラーの家は、殺人事件以降4回売却されており、最近では2017年に以下の価格で売却されました。

  • $605,000, and not one of the home's owners have claimed to experience anything paranormal

    60万5,000ドルですが、この家のオーナーの中で超常現象を体験したという人は一人もいません。

  • or unusual in the home since the Lutzes left.

    ルッツ家が去った後、家の中で何か変わったことはありませんでしたか?

  • Whether or not the house at 112 Ocean Avenue is haunted, the true history of the Amityville

    オーシャン・アベニュー112番地の家に幽霊が出るかどうかは別として、アミティヴィルの真の歴史は

  • horror killer is proof that a true horror story doesn't need to be paranormal.

    ホラーキラーは、真のホラーストーリーが超常現象である必要がないことを証明しています。

  • If you thought this video was fascinating, be sure and check out our other videos, like

    このビデオが魅力的だと思われた方は、以下のような他のビデオもぜひご覧ください。

  • this one calledAmerica's Worst Serial Killer - John Wayne Gacy”, or perhaps you'll

    アメリカ最悪の連続殺人犯、ジョン・ウェイン・ゲイシー」と題されたこの作品、あるいは

  • like this other video, instead.

    代わりに、この別のビデオのように。

Long before the stately house at 112 Ocean Avenue in Amityville, New York became infamous

ニューヨーク州アミティヴィルのオーシャン・アベニュー112番地の豪邸が悪名高いものになるずっと前から

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B2 中上級 日本語 ロニー 家族 ルイーズ ホラー 両親 殺人

アミティビル・ホラー・キラーの恐るべき歴史 (Scary History of the Amityville Horror Killer)

  • 3 1
    Summer に公開 2021 年 06 月 03 日
動画の中の単語