Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • September 7, 1996, Tupac Shakur and MarionSugeKnight are driving in a 1996 BMW

    1996年9月7日、トゥパック・シャカールとマリオン・"スージ"・ナイトは、1996年式のBMW

  • 750 sedan, heading eastbound on Flamingo Road in Las Vegas.

    ラスベガスのフラミンゴ・ロードを東に向かっていた750のセダン。

  • At 11.15 pm, a white, four-door, late-model Cadillac, pulls up alongside them.

    午後11時15分、白い4ドアの後期型キャデラックが2人の横に停車した。

  • The back window of that car rolls down.

    その車の後ろの窓がロールダウンする。

  • As Tupac realizes what's happening, he tries to clamber into the back seat.

    事態を把握したトゥパックは、後部座席に乗り込もうとする。

  • Bullets are fired in rapid succession from a .40 S&W Glock 22.

    弾丸は.40S&Wのグロック22から連続して発射される。

  • Knight is only grazed by bullet fragments, but Tupac is seriously hurt.

    ナイトは銃弾の破片がかすっただけだが、トゥパックは重傷を負った。

  • He's been hit twice in the chest, once in the thigh, and once in the arm.

    胸を2回、太ももを1回、腕を1回打たれています。

  • Knight puts his foot down and heads towards Las Vegas Boulevard and Harmon Avenue.

    ナイトは足を止めて、ラスベガス大通りとハーモン・アベニューに向かった。

  • There a Bike Patrol pulls them over and immediately alerts paramedics.

    そこで、バイクパトロール隊が彼らを引き止め、すぐに救急隊員に連絡します。

  • The two men are soon taken to University Medical Center.

    2人はすぐにUniversity Medical Centerに運ばれます。

  • On the way to the emergency room in a frail voice, Tupac says, “I'm dying.”

    救急室に向かう途中、弱々しい声でトゥパックは "I'm dying "と言う。

  • He's right.

    彼は正しい。

  • Days later, his girlfriend Kidada Jones asks him, “Do you know I love youDo you know

    その数日後、恋人のKidada Jonesが「Do you know I love you...Do you know」と問いかけてきます。

  • we all love you?”

    we all love you?"

  • She thinks he manages to nod even in his terrible state.

    彼女は、彼がひどい状態でもなんとかうなずいていると思っている。

  • He'll soon be dead.

    彼はすぐに死んでしまう。

  • But what actually happened?

    しかし、実際にはどうだったのか。

  • Who killed Tupac?

    誰がトゥパックを殺したのか?

  • This has become one of the most enduring mysteries in recent times.

    これは、最近の最も永続的な謎の一つとなっている。

  • First, let's look more closely at events that night.

    まず、その夜の出来事を詳しく見てみよう。

  • Tupac and Knight had just watched Mike Tyson beat Bruce Seldon at the MGM Grand Garden

    トゥパックとナイトは、MGMグランド・ガーデンでマイク・タイソンがブルース・セルドンを倒すのを見たばかりだった。

  • Arena in Las Vegas.

    ラスベガスのアリーナ。

  • The fight lasted a grand total of 109 seconds.

    試合時間は109秒でした。

  • Another fight later broke out in the lobby of the hotel with Tupac and friends and Los

    その後、ホテルのロビーでもトゥパックや友人たちとの喧嘩が起こり、Los

  • Angeles gang Southside Crips member Orlando Anderson.

    ロサンゼルスのギャング、サウスサイド・クリップスのメンバー、オーランド・アンダーソン。

  • Tupac was told by a guy in his entourage named TrevonTrayLane, that Anderson had

    トゥパックは、側近のトレボン・"トレイ"・レーンという男から、アンダーソンが

  • stolen his Death Row chain and pendant a while back in a Foot Locker store in Compton.

    以前、コンプトンのフットロッカー店で、Death Rowのチェーンとペンダントを盗まれたことがある。

  • Lane was a member of the M.O.B.

    レーンは、M.O.B.のメンバーでした。

  • Pirus gang, an enemy of the Southside Crips.

    サウスサイド・クリップスの敵であるピルス・ギャング。

  • Tupac approached the guy, said, “You from the South”, and punched him in the face.

    トゥパックはその男に近づき、「お前は南から来た」と言って、顔を殴った。

  • Soon after he told his girlfriend that this guy hadstarted a fight with me for nothin'.”

    その直後、彼はガールフレンドに、この男が「何もしていないのに喧嘩を始めた」と言った。

  • He also told her, “Something's up.

    また、「何かあるんじゃないか?

  • You stay here.”

    あなたはここにいてください"

  • MGM Grand video surveillance showed Tupac, Knight, and their entourage beating Anderson

    MGMグランドの監視カメラには、トゥパックとナイト、そして彼らの側近がアンダーソンを殴っている様子が映っていた。

  • until security broke it up.

    警備員が壊すまで。

  • There must have been about six people kicking the guy when he was down, a beating perhaps

    倒れている人を6人くらいで蹴っていたのではないか、殴っていたのではないか。

  • severe enough to enrage a man enough to commit murder.

    殺人を犯すほどの男を激怒させるには十分な厳しさだ。

  • Just after 11 pm, Tupac and Knight were driving down Las Vegas Boulevard heading to Knight's

    午後11時過ぎ、トゥパックとナイトはラスベガス・ブルバードをドライブしながらナイトの家に向かっていた。

  • Club 662, when they were pulled over by the Las Vegas Metropolitan Police Department Bike

    クラブ662は、ラスベガスの警視庁にバイクを止められたときに

  • Patrol.

    パトロールの様子。

  • They were told they were playing music too loud and asked why the car didn't have a

    音楽の音量が大きすぎると言われたり、「なぜ車には

  • license plate.

    ナンバープレート

  • There was one, in the trunk, and the cops let them go.

    トランクの中に一人いて、警官は彼らを解放した。

  • Just a few minutes later, they stopped at some traffic lights at an intersection at

    その数分後、彼らは、ある交差点の信号機で止まった。

  • East Flamingo Road and Koval Lane.

    East Flamingo RoadとKoval Lane。

  • In the car behind were their bodyguards.

    後ろの車には、彼らのボディーガードが乗っていた。

  • There were two cars in front, and to their side, there were some women in a car.

    前方には2台の車があり、その横には女性が数人乗っていた。

  • Tupac rolled down the window and invited them to the club, paying little attention to what

    トゥパックは、窓を開けて彼らをクラブに招待したが、彼らが何を言っているのかは気にも留めなかった。

  • was going on elsewhere.

    は別の場所で行われていた。

  • Then the Cadillac pulled up beside them.

    そして、その横にキャデラックが停まった。

  • It had California plates.

    カリフォルニア・ナンバーだった。

  • Some reports state that the guy shot from the window, but others say he got out of the

    窓から撃ったという報道もあれば、窓から出たという報道もあります。

  • car.

    の車です。

  • Whatever happened, 13 shots were fired and Tupac, who'd survived being shot five times

    いずれにしても、13発の銃弾が発射され、5回撃たれても生き残っていたトゥパックは

  • just two years earlier, wasn't going to survive this one.

    2年前には、この問題を解決することはできませんでした。

  • By the way, Tupac thought rapper and enemy Biggie Smalls had a hand in the previous shooting.

    ところで、トゥパックは、ラッパーであり敵でもあるビギー・スモールズが前の銃撃事件に関わっていると考えていた。

  • Some people still think Biggie, a man that was gunned in a way not dissimilar to the

    と似たような方法で銃殺されたビギーのことを、いまだに信じている人がいます。

  • way Tupac was killed, was involved in the Las Vegas hit.

    トゥパックが殺された時、ラスベガスの事件に関わっていた。

  • All will be explained later.

    すべては後で説明します。

  • Ok, so what happened next?

    OK、では次に何が起こったのか?

  • As you know, Knight sped off, tires screeching.

    ご存知の通り、ナイトはタイヤの音を響かせながら走り去った。

  • Chris Carroll, who was then working with the Las Vegas Metropolitan Police Department,

    当時、ラスベガスの警視庁に勤務していたクリス・キャロル。

  • said he was on the scene when the car stopped again.

    車が再び止まったときには、現場にいたという。

  • He said Knight got out and was running around with blood gushing from his head.

    ナイトは外に出て、頭から血を流しながら走り回っていたという。

  • Carroll said in an interview years later, “I mean the guy had clearly been hit in

    キャロルは数年後のインタビューで、「あの男は明らかに殴られていた。

  • the head, but he had all his faculties.

    しかし、彼には頭だけでなく、すべての能力がありました。

  • I couldn't believe he was running around and doing what he was doing, yelling back and

    彼が走り回っているのが信じられず、怒鳴り返したり

  • forth.”

    forth" です。

  • He said he managed to open Tupac's side and his body just fell out of the car.

    彼は、なんとかトゥパックの脇腹を開けて、彼の体がそのまま車から落ちてきたという。

  • Carroll, with a gun in his hand, grabbed hold of Tupac.

    拳銃を手にしたキャロルは、トゥパックを掴みました。

  • Blood was everywhere.

    いたるところに血が流れていた。

  • Knight started yelling, “Pac, Pac”, while Carroll thought Tupac was almost dead.

    ナイトは「パック、パック」と叫び始め、キャロルはトゥパックがほとんど死んだと思っていた。

  • For that reason, he tried to get a “dying declarationfrom him so the cops would

    そのために、彼から「死の宣告」を受けようとし、警察が

  • have an idea about who had shot him.

    誰が彼を撃ったのか見当もつかない。

  • Did Tupac actually see who had pulled the trigger?

    トゥパックは誰が引き金を引いたかを実際に見たのだろうか?

  • There had to be a chance.

    チャンスはあるはずだ。

  • Carroll said this is what happened next: “And then I saw in his face, in his movements,

    キャロルは、次のように語っている。"そして、彼の顔や動きを見て、私は確信しました。

  • all of a sudden in the snap of a finger, he changed.

    突然、指をパチンと鳴らして変わってしまったのだ。

  • And he went from struggling to speak, being noncooperative, to an 'I'm at peace' type

    そして、話すのに必死で、非協力的だったのが、「I'm at peace」タイプになりました。

  • of thing.

    のことです。

  • Just like that.

    そんな感じです。

  • . . He went from fighting to 'I can't do it.”

    ..戦っていたのが、"できない "になってしまった。

  • Carroll said at that moment Tupac looked into his eyes.

    キャロルは、その瞬間、トゥパックが彼の目を見たという。

  • Carroll looked back at him with a grave expression on his face, thinking Tupac might name the

    キャロルは、トゥパックが名前をつけるかもしれないと思い、重々しい表情で彼を振り返った。

  • shooter.

    のシューターです。

  • He asked again, “Who shot you?”

    彼はもう一度、"誰があなたを撃ったのか?"と尋ねた。

  • Tupac took a breath as if trying to find the energy to get something out, and then he said,

    トゥパックは、何かを吐き出そうと気力を振り絞るように一呼吸置いてから、こう言った。

  • “F-you.”

    "F-you"

  • After that, he became unconscious.

    その後、彼は意識を失った。

  • Tupac was taken to the hospital, with another officer on the way failing to get a dying

    トゥパックは病院に搬送されたが、途中で別の警官が瀕死の状態になってしまい

  • declaration out of him.

    と宣言していました。

  • Nothing.

    何もない。

  • Tupac was out of it.

    トゥパックは気が抜けていた。

  • One foot was already in the grave.

    片足はすでに墓の中に入っていた。

  • His girlfriend said that at one point in the hospital he did regain consciousness for a

    彼のガールフレンドによると、病院内で一時的に意識が戻ったことがあったそうです。

  • very brief moment, and that was when she played a song calledVincentby Don McLean.

    彼女がドン・マクリーンの "Vincent "という曲を演奏したときのことだ。

  • She said his eyes seemed to move and he moaned a little bit, but he wasn't able to speak.

    目が動いているようで、少しうめき声をあげていたそうですが、声は出ていませんでした。

  • When she said move your legs if you can hear me, the sheets moved at the end of the bed,

    声が聞こえたら足を動かして」と言うと、ベッドの端でシーツが動いた。

  • but then he was soon convulsing, and the end was near.

    が、すぐに痙攣してしまい、終わりが近づいていた。

  • Not weeks earlier, he'd told her he'd even consider having kids with her, despite

    その数週間前、彼は彼女との間に子供を持つことも検討すると言っていました。

  • the fact he'd said before he didn't want to bring kids into a “corrupt world”.

    彼が以前、「堕落した世界」に子供を連れて行きたくないと言っていたのは事実です。

  • That night he told her, “I'd take a bullet for you.”

    その夜、彼は彼女に「君のためなら銃弾を受けてもいい」と言った。

  • When they were packing to head to Vegas, she asked him if he wanted to take his bullet-proof

    ラスベガスに行くための荷造りをしている時に、彼女は彼に防弾チョッキを持って行きたいかどうか尋ねました。

  • jacket.

    のジャケットです。

  • He replied, “No, It'll be too hot.”

    彼は "No, It'll be too hot. "と答えた。

  • Had Tupac been able to talk on his death bed, perhaps he might have been able to say a name.

    トゥパックが死の床で話すことができたら、もしかしたら名前を言えたかもしれない。

  • Had he not issued that blunt two-letter pronouncement to the cop, maybe he could have uttered something

    もし彼が警官にあの露骨な2文字の宣告をしなかったら、何かを口にすることができたかもしれない。

  • that would have led to an arrest.

    逮捕につながるものだった。

  • Alas, he did not.

    残念ながら、彼はそうしなかった。

  • Tupac never spoke again.

    トゥパックは二度と口を開くことはなかった。

  • So, who killed him?

    では、誰が彼を殺したのか?

  • Well, the theories over the years have been churned out almost as frequently as rappers

    ラッパーと同じくらいの頻度で、長年にわたって様々な説が生まれてきました。

  • have been charged with serious crimes.

    は重大な犯罪に問われています。

  • One thing is for sure, Tupac had enemies, but then, back in those days where beefs were

    一つだけ確かなことは、トゥパックには敵がいたということですが、当時はビーフがあっても

  • settled with bullets, just about every big name in hip-hop had some seriously violent

    ヒップホップ界の大物たちは皆、銃弾を使った暴力的な事件を起こしていた。

  • enemies.

    の敵です。

  • An obvious enemy of Tupac that night would be the guy that got beaten up in the lobby.

    あの夜、トゥパックの明らかな敵は、ロビーで殴られた男だろう。

  • First of all, while Tupac might have told his girlfriend that some dude had just attacked

    まず第一に、トゥパックはガールフレンドに「ある男に襲われた」と話していたかもしれません。

  • him, the truth is Tupac started the ruckus.

    しかし、実際にはトゥパックがこの騒動を引き起こしたのです。

  • Anderson may well have snatched a chain from Lane in the past, but he didn't start that

    アンダーソンは、過去にレーンからチェーンを奪ったことはあっても、それを始めたわけではない。

  • fight.

    の戦いです。

  • He denied he had anything to do with the shooting, although rumors surfaced that he had bragged

    噂によると、彼が自慢していたという話もありますが、彼は銃撃との関係を否定しました。

  • about doing it.

    行うことについて。

  • This he later strenuously denied, telling the Los Angeles Times in an interview that

    後に彼は、ロサンゼルス・タイムズ紙のインタビューで次のように語り、これを強く否定した。

  • he was actually a big fan of Tupac's.

    は、実はトゥパックの大ファンだったのです。

  • It would turn out that this guy had a lot of different faces.

    この男にはいろいろな顔があることがわかった。

  • One of the guys there that night was Yaki Kadafi, and he was a witness to the shooting.

    あの夜、そこにいた一人が嘉田弥生で、彼は銃撃戦の目撃者だった。

  • The police, though, didn't even follow up on this.

    しかし、警察はこれをフォローすることすらしなかった。

  • Pity.

    哀愁。

  • This kid was found dead in a stairwell just three months after the Tupac shooting.

    この子は、トゥパック銃撃事件のわずか3ヶ月後に、階段の吹き抜けで遺体で発見されました。

  • It was said he was accidentally shot by Roddy Beale, a cousin of a member of one of Tupac's

    彼は、トゥパックのメンバーのいとこであるロディ・ビールに誤って撃たれたと言われています。

  • group, Outlawz.

    グループ、Outlawz。

  • The cousin, the rapper Napoleon, later said in an interview that the accident had likely

    その従兄弟であるラッパーのナポレオンは、後にインタビューで、この事故はおそらく

  • happened because the guys had taken LSD.

    起こったのは、男たちがLSDを飲んだからだ。

  • Still, there are plenty of people that think Kadafi was taken out because of what he had

    しかし、カダフィは、彼が持っていたもののために排除されたと考えている人はたくさんいます。

  • seen.

    を見ました。

  • Just to let you know, we are not talking about fully grown adults here.

    言っておきますが、ここでは成人した大人の話をしているわけではありません。

  • When Tupac was killed he was 25 – and only 23 the first time he was shot.

    トゥパックが殺されたとき、彼は25歳で、最初に撃たれたときはまだ23歳だった。

  • When Kadafi was killed, he was 19.

    カダフィが殺されたとき、彼は19歳だった。

  • Napoleon was also 19 when it happened, although he didn't die.

    ナポレオンも19歳の時の出来事で、死にはしなかったが。

  • Biggie Smalls was just 24 when he was killed.

    ビギー・スモールズはわずか24歳で殺された。

  • There's evidence that the part of the brain called the prefrontal cortex doesn't stop

    脳の前頭前野と呼ばれる部分が止まらないという証拠があります。

  • developing until we are 25.

    25歳になるまで開発を続けています。

  • This is the part called theexecutive suite”, where rationality comes from, the organic

    これは「エグゼクティヴ・スイート」と呼ばれる部分で、合理性が生まれるところ、有機的な

  • machinery that tells you to calm down and not do something stupid.

    そのためには、「落ち着いて、バカなことをしないように」という機械が必要です。

  • You could say this had a lot to do with the murder.

    これが殺人に大きく関係していると言えるだろう。

  • As for Anderson, he was gunned down in 1998 when he was 23.

    アンダーソンについては、1998年、23歳の時に銃殺されています。

  • He'd attempted to get some owed money from another guy, and he shot him.

    彼は他の男から借りた金を取ろうとしたので、彼を撃ったのだ。

  • A firefight ensued and Orlando died as a result.

    炎上した結果、オーランドは死亡した。

  • So, was this guy Anderson a natural-born killer?

    では、アンダーソンという男は天性の殺人者だったのか?

  • His half-brother Pooh didn't think so, saying in an interview about him:

    異母兄弟のプーさんはそうは思わなかったようで、彼についてのインタビューでこう答えている。

  • Henever caused a problem.

    彼は「問題を起こしたことがない。

  • One thing about him, he was always involved in positive things.

    彼について一つ言えることは、彼は常にポジティブなことに関わっていたということです。

  • Always, always, always.”

    いつも、いつも、いつも」。

  • He said Anderson wasn't a gangster, nor did he kill Tupac, and was actually just a

    アンダーソンはギャングでもなく、トゥパックを殺したわけでもなく、実際にはただの

  • fan.

    のファンになりました。

  • Still, the Compton cops said Anderson was definitely in a gang, even though he was one

    それでも、コンプトンの警官は、アンダーソンは間違いなくギャングに属していると言っていたが、1

  • of the more quiet ones and actually prettycool.”

    の方が静かで、実際にかなり "クール "です。

  • Another friend of Anderson's said this about him:

    アンダーソンの別の友人は、彼についてこう言った。

  • We all had problems with our parents.

    "誰もが親との間に問題を抱えていた。

  • Our mothers were on crack and our dads weren't around.

    私たちの母親は麻薬をやっていて、父親はいませんでした。

  • Orlando had something I didn't have, and that was family.”

    オーランドには私にないものがあった、それは家族だ」。

  • He said Anderson didn't do drugs, he didn't smoke, and he wasn't keen on alcohol.

    アンダーソンはドラッグはやらない、タバコも吸わない、お酒も好きではないと言っていた。

  • He went to school, and unlike most of his friends, he didn't have a criminal record.

    学校にも通っていたし、他の友達と違って犯罪歴もなかった。

  • But then he became known as the guy that shot Tupac, even though his past suggested he was

    しかし、その後、彼はトゥパックを撃った男として知られるようになりましたが、彼の過去の経歴からは

  • not the kind of person to do such a thing.

    そのようなことをする人ではありません。

  • He even once said, “God is with me.

    彼はかつて、「神は私とともにある」と言っていた。

  • I'm not going to worry about it.

    気にすることはありません。

  • I can't spend the rest of my life worrying about Tupac.”

    トゥパックのことを気にしながら残りの人生を過ごすことはできません」。

  • It's a complicated story, but police were looking for a reason to lock up Knight, who

    複雑な話ですが、警察はナイトを監禁する理由を探していたようです。

  • was the owner of Death Row records.

    は、Death Rowレコードのオーナーだった。

  • He was considered more of a Godfather-type character than a mere gangbanger.

    彼は単なるギャングではなく、ゴッドファーザーのようなキャラクターと考えられていた。

  • His record label had cops on the payroll, cops who were stealing vast amounts of cocaine

    彼のレコード会社には警官が雇われていて、膨大な量のコカインを盗んでいました。

  • and sometimes stashing it in the Death Row offices.

    時にはDeath Rowのオフィスに隠しておくこともある。

  • We are talking about huge amounts of corruption here.

    ここでは膨大な量の汚職の話をしています。

  • It was part of something called The Rampart Scandal, and that corruption could have affected

    ランパート・スキャンダルと呼ばれるものの一環で、その汚職が影響している可能性があります。

  • how police investigated gangland murders.

    暴力団による殺人事件を警察がどのように捜査したか。

  • The Rampart Corruption Task Force discovered that quite a few police had been hired to

    ランパート汚職タスクフォースは、かなりの数の警察官が雇われていたことを発見しました。

  • work as security for the Death Row label, earning tons of money and basically being

    デス・ロウ・レーベルの警備員として働き、大金を稼ぎ、基本的には

  • gangsters at the same time they definitely weren't doing their jobs as police officers.

    暴力団員であると同時に、警察官としての仕事をしていなかったことは間違いない。

  • It's a theory that corrupt cop Rafaelrez was actually behind the Biggie shooting, with

    ビギーの銃撃戦の背後には、実は汚職警官ラファエル・ペレスがいたという説があります。

  • Knight being the one who hired him.

    彼を採用したのはナイト。

  • Why?

    なぜ?

  • Because Knight thought Biggie was behind Tupac's shooting.

    トゥパックの銃撃にビギーが関わっているとナイトが考えたからだ。

  • Ok, we digress, and we understand this is complicated, but we wouldn't be doing the

    さて、話が脱線しましたが、これが複雑であることは理解していますが、私たちは次のようなことはしないでしょう。

  • story justice if we don't go down a few bent avenues.

    物語の正義は、少しでも曲がった道を行かなければならない。

  • So, cops, non-gangster cops, understood that Knight had his fingers in a lot of illegal

    警官は、ギャングではない警官は、ナイトが多くの違法行為に手を染めていることを理解していた。

  • pies.

    のパイです。

  • They wanted to take him down, and so with the CCTV footage from the fight in the MGM

    倒そうと思っていたので、MGMでの試合のCCTV映像で

  • Grand lobby, they thought they could put him behind bars.

    グランドロビーでは、彼を牢屋に入れることができると考えていた。

  • Anderson told the police that Knight had indeed been one of the attackers, but when it was

    アンダーソンは、ナイトが確かに犯人の一人だったと警察に語ったが、その時は

  • time to say that on the witness stand, he didn't just say that Knight didn't hit

    証言台でそれを言うとき、彼はただナイトが殴っていないと言っただけでなく

  • him, but that he was actually trying to stop the fight.

    と言っていましたが、実際には試合を止めようとしていたようです。

  • The judge knew that Anderson was lying, but he didn't know that he'd very likely been

    裁判官は、アンダーソンが嘘をついていることは知っていましたが、自分がそのようなことをしている可能性が高いことは知りませんでした。

  • paid off by Knight.

    ナイトが払ってくれた。

  • Knight had done similar things before, once paying a huge bail sum for Tupac's release

    ナイトは以前にも同じようなことをしており、トゥパックの釈放のために多額の保釈金を支払ったことがある。

  • after he was convicted of sexual assault.

    性的暴行の罪で有罪判決を受けた後に

  • When Tupac was a free man he later told Knight over champagne, “I'm gonna make Death

    トゥパックが自由の身になったとき、彼はシャンパンを飲みながらナイトに「俺はデス

  • Row the biggest label in the whole world.”

    Row the biggest label in the whole world"。

  • Back to Anderson.

    アンダーソンに戻る

  • With the cash, he was going to start his own record label, but that didn't happen because

    そのお金で、自分のレコード会社を立ち上げるつもりだったが、そうはならなかった。

  • he was killed.

    彼は殺された。

  • Two other young men also died that day.

    この日は、他にも2人の若者が亡くなった。

  • By the way, all this happened just days after Anderson had settled out of court with Knight

    ところで、これらの出来事は、アンダーソンがナイトと裁判で和解した数日後に起こった。

  • for the damages he suffered when he got the beating.

    殴られた時に受けた損害を賠償する。

  • Had he had lived, he would have got $78,000.

    生きていれば、7万8,000ドルを手にすることができた。

  • Now we will introduce you to DuaneKeefe D” Davis, a former Southside Compton Crip

    さて、今回ご紹介するのは、元サウスサイド・コンプトン・クリップのDuane "Keefe D" Davisさんです。

  • who back in the day made millions of dollars selling drugs.

    その昔、薬を売って何百万ドルも稼いだ人がいました。

  • He is also the uncle of Orlando Anderson.

    また、オーランド・アンダーソンの叔父にあたります。

  • Davis, who now has cancer and is immune from prosecution, said not long ago it was time

    癌に侵され、訴追を免れているデイビス氏は、少し前に、「そろそろ

  • to come clean about Tupac's murder.

    が、トゥパックの殺害について白状した。

  • He said he was in the Cadillac that night and so was his nephew, Anderson.

    その夜、キャデラックに乗っていたのは、甥のアンダーソンも一緒だったという。

  • He didn't say who pulled the trigger, but said the bullets were fired from the backseat.

    誰が引き金を引いたかは言わなかったが、弾は後部座席から発射されたと言っている。

  • In separate interviews, he claimed Anderson fired the gun.

    別々のインタビューでは、アンダーソンが銃を撃ったと主張しています。

  • As the rounds continued flying I ducked down so I wouldn't get hit,” he said.

    "弾丸が飛んできたので、当たらないように身をかがめました」と語った。

  • Davis said that driving the car was Terrence “T-BrownBrown and he was beside him

    デイビスは、車を運転していたのはテレンス・"T-ブラウン"・ブラウンで、彼の隣にいたと言っています。

  • also in the front.

    も前面に出ています。

  • He claims DeAndreDreSmith and Anderson were in the back.

    DeAndre "Dre" SmithとAndersonが後ろにいたと言っています。

  • You can't ask Brown about that, because he was shot and killed in 2015 in a Compton

    ブラウンに聞いても無駄だよ、彼は2015年にコンプトンで射殺されたからね

  • medical marijuana shop.

    メディカル・マリファナ・ショップ

  • You can't ask Smith either, because he died of a heart attack in 2004.

    スミスも2004年に心臓発作で亡くなっているので、聞くことはできません。

  • Both men were said to be gangbangers.

    2人ともギャングと言われています。

  • Davis has said that the hit was due to the beating his nephew had taken, which fueled

    デイビス氏は、このヒットは甥っ子が受けた殴打によるものだと語っており、それが燃料となって

  • the fire that was already raging between rivalries.

    ライバル同士の火花が散っていた。

  • He also said that there was a bounty on Tupac's head, one million dollars offered by Sean

    また、トゥパックの首には、ショーンが提示した100万ドルの懸賞金がかけられているという。

  • Puff DaddyCombs, the man whose record label, Bad Boy Records, had Biggie signed

    "バッド・ボーイ・レコードと契約していたパフ・ダディ・コムズは

  • to it.

    にしました。

  • James McDonald, who was no stranger to gang violence and once worked security for Knight,

    ジェームス・マクドナルドは、かつてナイトの警備を担当していたこともあり、ギャングの暴力には無縁だった。