Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • Who doesn't love a good horror story?

    ホラー小説が嫌いな人はいないでしょう。

  • There's nothing quite like the thrill that comes from hearing a truly terrifying tale

    本当に怖い話を聞いたときのドキドキ感は格別です。

  • or spooky story.

    またはスプーキー・ストーリー。

  • But there's one kind of horror story that's almost too scary to contemplate- these horrible

    しかし、考えたくもないほど恐ろしいホラーストーリーがあります。

  • but true medical horror stories just might be scarier than the most terrifying ghost

    しかし、本当の医療ホラーストーリーは、最も恐ろしい幽霊よりも怖いかもしれません。

  • story or unsettling urban legend!

    物語や都市伝説のような不穏な空気が漂う

  • When it comes to medical horror stories, doctors are the ultimate source.

    医療の怖い話といえば、お医者さんが究極の情報源です。

  • Even though they've seen it all, there are always stories that stick with them, especially

    彼らはすべてを見てきたにもかかわらず、いつも心に残る話があります、特に

  • the most gruesome ones...

    最も陰惨なものを...。

  • For one doctor, the most memorable horror story of his career happened decades ago when

    ある医師にとって、最も印象的な恐怖体験は、数十年前に起こったものです。

  • he was still a resident, and it has stuck with him ever since.

    その時のことが、今でも心に残っています。

  • One night, this young doctor was the on-call resident for the Intensive Care Unit.

    ある夜、この若い医師は集中治療室のオンコール・レジデントとなった。

  • ICU patients are very sick, and there's a lot that can go wrong.

    ICUの患者さんはとても病んでいて、うまくいかないことがたくさんあります。

  • He was the only doctor in the entire hospital that night who could respond to emergencies.

    その夜、病院全体で緊急事態に対応できる医師は彼だけだった。

  • It was just after 2a.m., and the young resident had been up since 6 a.m. the previous day,

    夜中の2時過ぎ、その若い住人は前日の朝6時から起きていた。

  • so he decided to head to the on-call room to try and get in a quick nap.

    そこで、彼はオンコール・ルームに行って、ちょっとした仮眠を取ることにした。

  • He had just laid down and closed his eyes when his pager went off.

    横になって目を閉じたところで、ポケベルが鳴った。

  • The resident knew that the ICU nurses were extremely good at their jobs and knew what

    研修医は、ICUの看護師が非常に優秀で、何をすべきか知っていることを知っていました。

  • they were doing, and that they only called at night when they really needed help.

    彼らは、本当に助けが必要なときだけ、夜に電話をかけてくるのだという。

  • The resident rushed out of the on call room and ran into the ICU, where he found a patient

    慌ててオンコールルームを出てICUに駆け込んだ研修医は、そこで患者を発見しました。

  • sitting up in bed, surrounded by nurses and holding a bucket that was half full of blood.

    看護師に囲まれ、血が半分ほど入ったバケツを持って、ベッドに座っている。

  • The patient looked oddly serene and peaceful, but every few seconds he would violently throw

    患者は妙に穏やかな表情をしていたが、数秒ごとに激しく投げていた。

  • up - and he wasn't throwing up vomit tinged with a bit of blood - he was vomiting what

    吐いていたのは、少しの血が混じった嘔吐物ではなく、何かを吐いていたのです。

  • seemed like gallons of pure, red blood.

    純粋な赤い血が大量に流れているように見えた。

  • The resident knew immediately that the patient needed a central line, a larger type of IV

    研修医はすぐに、この患者にはセントラルラインという大きなタイプの点滴が必要だとわかりました。

  • that would allow the doctor and nurses to give him badly-needed fluids.

    そのためには、医師や看護師が必要な水分を与えなければならない。

  • The problem was, there was only one room in the ICU equipped to put in a central line.

    問題は、ICUにはセントラルラインを入れられる部屋が1つしかなかったことだ。

  • The resident left the room at a run, confirmed with ICU staff that the other room was available,

    入居者は急いで部屋を出て、ICUスタッフにもう一つの部屋が空いていることを確認しました。

  • and rushed back to the patient's room to prepare to move him for the procedure.

    と言って、急いで患者の部屋に戻り、手術のために患者を移動させる準備をしました。

  • He was gone no more than 3 minutes, but when he got back, the patient's head was slumped

    3分もしないうちに戻ってきたときには、患者の頭がぐったりしていた。

  • over the bucket, which was now near to overflowing with blood.

    バケツの上には、血があふれんばかりになっていた。

  • The patient was dead - in the few minutes that the resident was gone, the patient had

    患者は死んでいました。レジデントがいなくなった数分間に、患者は

  • vomited himself to death.

    嘔吐して死んでしまいました。

  • The resident went on to have a long and successful career as a family doctor, but he never ever

    その研修医はその後、家庭医として長く成功を収めましたが、彼は一度も

  • forgot that night and the incredible amount of blood that had come out of the patient's

    あの夜、患者の体から信じられないほどの量の血が出てきたことを忘れていた。

  • mouth.

    の口になります。

  • Doctors certainly have their fair share of medical horror stories, but experiencing a

    医師には、医療にまつわる怖い話はつきものですが、その中でも、「こんなことがあった。

  • medical horror story as a patient and being left to deal with the aftermath is a whole

    患者としての医学的な恐怖体験と、その後の対応に追われることは、全体の

  • new level of terror.

    新たな恐怖を感じています。

  • In 2016, at the Tokyo Medical University Hospital in Japan, a female patient was seriously injured

    2016年、日本の東京医科大学病院で、女性患者が重傷を負った際に

  • following the outbreak of a spontaneous fire in the operating room while she was on the

    手術中に手術室で自然発火が発生したことを受けて

  • operating table.

    手術台です。

  • Hospital administrators were understandably horrified, and vowed to get to the bottom

    病院の管理者は、当然のことながら恐怖を感じ、真相究明を誓った。

  • of the mysterious fire, but their investigations turned up nothing.

    謎の火災の原因を調査したが、何も出てこなかった。

  • All of the operating equipment had been operating normally, there were no flammable materials

    すべての動作機器が正常に動作していたこと、可燃物がなかったこと

  • nearby, and even a committee of outside experts brought in by the hospital was at a loss to

    近くには、病院が招いた外部の専門家の委員会でも、途方に暮れていました。

  • explain how the fire started.

    火事の原因を説明してください。

  • Finally, investigators determined what they believed had caused the mysterious fire - according

    謎の火災の原因が何であったかを調査した結果、次のように判明しました。

  • to their final report, the fire was caused by intestinal gasses.

    腸内ガスが原因で火災が発生したと最終報告書に書かれていた。

  • That's right - the fire was started by an ill-timed fart.

    そう、火災の原因は、タイミングの悪いおならだったのだ。

  • Investigators determined that the patient, who was having an operation on her cervix

    調査官は、子宮頸部の手術を受けていた患者が

  • that involved the surgeons using a special laser, had farted during the surgery, and

    特殊なレーザーを使った手術で、手術中におならをしてしまったことや

  • that the intestinal gasses that leaked from her body were ignited by the surgeon's laser.

    彼女の体から漏れ出た腸内ガスが、外科医のレーザーによって発火したと考えられます。

  • Once aflame, the fire quickly spread to the nearby surgical drapes, which burst into flames.

    炎上した後は、すぐに近くの手術用ドレープに燃え移り、炎上しました。

  • The unfortunate patient was left with severe burns in her nether regions.

    不幸なことに、この患者は下半身に重度の火傷を負ってしまった。

  • The memory of combustible farts might be enough to turn some people off of surgery for life

    可燃性のオナラの記憶があると、手術を一生受けたくないと思う人もいるだろう。

  • - but what if a medical procedure actually stole your memory?

    - しかし、ある医療行為が、実際にあなたの記憶を奪ったとしたら?

  • Going to the dentist is no treat, but for one British man, it was a true nightmare come

    歯医者に行くのは楽しいことではありませんが、あるイギリス人男性にとっては、まさに悪夢のような出来事でした。

  • to life.

    を生活に取り入れています。

  • William, a devoted husband and father, was also a successful military man stationed in

    献身的な夫であり、父親でもあるウィリアムは、軍人としても成功を収めていました。

  • Germany when he went in for what was supposed to be a routine root canal.

    ドイツでは、通常の根管治療のつもりで受診したときのこと。

  • William's trip to the dentist would end up being anything but routine.

    ウィリアムの歯医者通いは、決して日常的なものではなかったのだ。

  • As the dentist was in the middle of the procedure, inexplicably, William's memory completely

    歯科医が処置をしている最中に、不可解なことにウィリアムの記憶は完全に失われていた。

  • disappeared.

    が消えました。

  • The dentist performing the surgery didn't notice anything was amiss until after the

    手術を担当した歯科医師が異常に気付いたのは、手術が終わった後でした。

  • procedure was done and William appeared confused and dazed.

    処置が終わった後、ウィリアムは混乱した様子で呆然としていた。

  • The dentist's office called William's wife to come and get him, and he was rushed

    歯科医院からウィリアムの妻に連絡が入り、迎えに来てもらった。

  • to the hospital where he remained for a few days of observation.

    病院に運ばれ、数日間の経過観察を受けました。

  • Although some of his mental fog and confusion disappeared, his memory didn't come back.

    心のモヤモヤや混乱は消えたが、記憶は戻らなかった。

  • Though he could recall everything before the root canal perfectly, William was unable to

    根管治療を受ける前のことは完璧に思い出せるのに、ウィリアムは

  • form new memories that would last longer than 90 minutes of anything after the procedure.

    90分以上も続くような新しい思い出を作ることができる。

  • He remembers sitting down in the dentist's chair and getting a shot of anesthetic in

    歯医者の椅子に座って、麻酔の注射を打ってもらったことを覚えている。

  • his mouth, but after that - nothing.

    しかし、その後は何もありませんでした。

  • Doctors were stumped to explain William's memory loss.

    医師はウィリアムの記憶喪失の説明に窮していた。

  • They initially thought that a bad reaction to the anesthesia might have caused a brain

    彼らは当初、麻酔に対する悪い反応が脳に影響を与えたのではないかと考えていました。

  • hemorrhage, but further tests couldn't find any evidence to prove this theory.

    しかし、この説を証明する証拠を見つけることはできませんでした。

  • William's scans also weren't typical for someone with anterograde amnesia, and a battery

    ウィリアムのスキャンも前向性健忘症の人としては典型的なものではありませんでした。

  • of psychological assessments showed that he was otherwise emotionally healthy.

    の心理学的評価によると、彼は精神的には健康であった。

  • Though there have been other documented cases of spontaneous memory loss, no others have

    自発的に記憶を失ったという記録は他にもありますが、他にはありません。

  • occured in the dental chair, making William's case truly unique.

    このように、ウィリアムのケースは非常にユニークです。

  • William's life today is a stark reminder of just how little we actually know about

    今日のウィリアムの人生は、私たちが実際にはどれほど多くのことを知らないかということを思い起こさせるものです。

  • how our memories work.

    私たちの記憶の仕組み

  • His wife created a special note in his smartphone titledRead First Thingfor William

    妻は、ウィリアムのために「Read First Thing」というタイトルの特別なメモを彼のスマートフォンに作成しました。

  • to read each morning to remind himself who he is, and where, and when.

    自分が誰で、どこで、いつ、何をしているのかを思い出すために、毎朝読んでいます。

  • He has to be reminded daily that his son and daughter, who he remembers as small children,

    彼は、小さい頃に覚えていた息子と娘のことを、毎日のように思い出さなければならない。

  • are now 18 and 21.

    が18と21になりました。

  • William's case also shows how powerful emotion is in the formation of memories - the only

    また、ウィリアムのケースは、記憶の形成に感情がいかに大きな影響を与えるかを示しています。

  • new memory he has made in the last 15 years is of the highly emotional death of his father.

    この15年間で彼が作った新しい記憶は、非常に感情的な父親の死である。

  • He hopes he'll one day be able to remember his children's weddings and the births of

    彼は、いつか自分の子供たちの結婚式や誕生日を思い出せるようになりたいと思っている。

  • his grandchildren without a reminder, but for now, William's internal clock is stuck

    しかし、今のところ、ウィリアムの体内時計は止まったままだ。

  • at 1:40pm on March 14th, 2005 - right in the middle of his fateful root canal.

    2005年3月14日午後1時40分、運命の根管治療の真っ最中だった。

  • Memory loss is not what you would expect to get out of dental surgery, but what if you

    記憶喪失は、歯科医院の手術で得られるとは思えませんが、もしあなたが

  • inherited the life-threatening illness of an organ donor?

    臓器提供者の命に関わる病気を受け継いだ?

  • When a 42 year old woman received a double lung transplant, she got more than just a

    42歳の女性が両肺移植を受けたとき、彼女が得たものはただの肺移植ではありませんでした。

  • new lease on life - she also inherited something else from her organ donor.

    また、臓器提供者から受け継いだものもあります。

  • Her transplant surgery went off without complications, her recovery went smoothly, and she was sent

    移植手術は無事に終わり、回復も順調で、彼女は送られてきました。

  • home to adjust to life with her new lungs.

    新しい肺との生活に慣れるために、家に戻ってきました。

  • Nearly 7 months after the surgery, while the woman was attending a support group meeting

    術後7ヶ月近く経った頃、女性がサポートグループのミーティングに参加している時に

  • for transplant survivors, she helped herself to a peanut butter cookie.

    移植を受けた人たちのために、ピーナッツバタークッキーを食べました。

  • Within moments she felt short of breath, lightheaded and itchy all over.

    その瞬間、彼女は息切れし、頭がぼーっとして、体中がかゆくなった。

  • Soon, she was having trouble breathing and she was rushed to the hospital, where testing

    すぐに呼吸困難に陥り、病院に運ばれ、検査を受けました。

  • confirmed that she had a severe, life-threatening allergy to peanuts.

    が、ピーナッツに対する重度の生死に関わるアレルギーであることが確認されました。

  • In hindsight, the woman realized that she had had 3 other minor allergic reactions in

    後から考えてみると、この女性は他にも3回ほど軽いアレルギー反応を起こしていたことに気づきました。

  • the months since her transplant surgery, she just didn't recognize them as allergic reactions

    移植手術後の数ヶ月間、彼女はそれらをアレルギー反応として認識していませんでした。

  • since she'd never had issues with allergies before in her life.

    それまでの人生で、アレルギーに悩まされたことがなかったからです。

  • It turned out, though, that her lung donor had had a peanut allergy - in fact, the 12

    しかし、彼女の肺ドナーはピーナッツアレルギーであることが判明しました。

  • year old had died of anaphylactic shock after eating peanuts.

    歳の子供がピーナッツを食べた後、アナフィラキシーショックで死亡していました。

  • Experts aren't sure exactly how an allergy can be transferred between donors and recipients,

    アレルギーがどのようにしてドナーとレシピエントの間で伝達されるのか、専門家は正確には分かっていません。

  • but there have been a handful of other documented cases of transplant recipients inheriting

    が、他にも移植を受けた人が遺伝したという報告例がいくつかあります。

  • their donor's allergies.

    ドナーのアレルギーにも対応しています。

  • Inheriting a medical condition from a stranger is certainly bizarre, but what if the very

    見知らぬ人から病状を受け継ぐのは確かに奇妙なことですが、もしその人がまさに

  • act of thinking could send you into violent seizures?!

    考えるという行為が、激しい発作を引き起こす可能性があるのです。

  • In the 1980s, a 12 year old English-Canadian boy discovered the world's greatest excuse

    1980年代、12歳のイギリス系カナダ人の少年が、世界最大の言い訳を発見しました。

  • for not doing your homework - doing math caused him to have seizures.

    宿題をしなかったために、数学をすることで発作を起こしてしまったのです。

  • His family first noticed something was off when they were playing cards - whenever the

    彼の家族が異変に気付いたのは、トランプをしている時でした。

  • boy was tallying up his hand or trying to calculate the score, he would be struck by

    少年が手札を集計したり、スコアを計算しようとしているときに、心を打たれて

  • a seizure.

    発作を起こした。

  • His parents took him to countless specialists to get to the bottom of their son's strange

    両親は、息子の奇妙な症状の原因を探るため、数え切れないほどの専門家に相談しました。

  • seizures, and further study revealed that the boy's seizures were triggered whenever

    さらに調べてみると、この子の場合、発作が起こるたびに

  • he did certain types of math.

    彼はある種の数学をしていました。

  • Whenever he tried to do some simple mental math, he would be blindsided by a seizure.

    簡単な暗算をしようとすると、必ず発作が起きてしまう。

  • Strangely, certain types of math triggered seizures more often than others - multiplication

    不思議なことに、ある種の数学は、他の数学よりも発作を引き起こす頻度が高かったのです。

  • and division usually triggered a seizure, but addition and subtraction were usually

    と割り算をすると発作が起きることが多いのですが、足し算と引き算は通常

  • safe.

    safeになります。

  • The boy's doctors diagnosed him with epilepsia arithmetices, an incredibly rare condition

    この少年は、医師から非常に稀な疾患である「算術てんかん」と診断されました。

  • that only a handful of people have ever been diagnosed with.

    一握りの人しか診断されたことがない。

  • No word on whether he got a doctor's note to get out of math class...

    数学の授業を休むために医師の診断書をもらったかどうかは不明だが...。

  • Math-causing seizures are bad enough, but what if after the most blissful moments in

    数学的な発作が起こるのは十分に悪いことですが、もしも、最も至福の時を過ごした後に

  • your life you suffered nothing but pure hell?

    あなたの人生は、純粋な地獄以外の何ものでもありませんでしたか?

  • A study in the Netherlands in 2002 aimed to get to the bottom of a strange and understudied

    2002年にオランダで行われた研究では、これまであまり研究されてこなかった奇妙な

  • affliction that was affecting a small percentage of men all over the world.

    世界中でごく一部の男性が罹患していた病気です。

  • These men were struggling with a host of uncomfortable symptoms, from itchy hives and swollen, burning

    痒みを伴うじんましん、腫れや熱感など、さまざまな不快な症状に悩まされていました。

  • eyes, to nausea, an upset stomach and fatigue, to a runny nose and even trouble breathing.

    目、吐き気、胃の不調、倦怠感、鼻水、呼吸困難などがあります。

  • But the strangest thing about these symptoms was when they would strike - symptoms would

    しかし、これらの症状で最も不思議だったのは、症状が出るタイミングでした。

  • typically start within half an hour after the men had ejaculated.

    通常、男性が射精してから30分以内に始まります。

  • Seeing an underserved need, researchers jumped into the search for answers.

    ニーズがないと判断した研究者たちは、その答えを求めて飛び込んだ。

  • Given the similarity between the men's symptoms and the symptoms of an allergic reaction,

    男性の症状とアレルギー反応の症状が似ていることから

  • researchers wondered if the men might be allergic to something in their own bodies.

    研究者たちは、男性が自分の体に何かのアレルギーを持っているのではないかと考えた。

  • They gave allergy tests to 45 men in the study, pricking them with a needle dipped in a diluted

    この研究では、45人の男性を対象に、希釈液に浸した針で刺すアレルギーテストを行いました。

  • solution of the subject's own semen.

    被験者自身の精液の溶液。

  • 90% of the men in the study reacted to the diluted solution, and the diagnosis of Post-Orgasmic

    この研究では、90%の男性が希釈液に反応し、「Post-Orgasmic」と診断されました。

  • Illness Syndrome was born.

    Illness Syndromeが誕生しました。

  • Sadly, there's no cure for POIS, but a course of injections of the subject's own semen

    残念ながらPOISの治療法はありませんが、自分の精液を注射するコースがあります。

  • shows promise as an effective treatment, so there is hope.

    は、効果的な治療法として期待されており、希望が持てます。

  • Sometimes a good scare can be just what the doctor ordered, but these horrifying but true

    怖いもの見たさは、医者の注文通りになることもありますが、これらの恐ろしくも本当の話は

  • medical horror stories just might be taking things too far.

    の医療用ホラーストーリーは、ちょっとやりすぎかもしれません。

  • You definitely don't want to think about these stories before your next doctor's

    次の医師の診察の前に、これらの話を考えるのは絶対にやめた方がいい。

  • appointment!

    アポイントメント!

  • If you thought this video was fascinating, be sure and check out our other videos, like

    このビデオが魅力的だと思われた方は、以下のような他のビデオもぜひご覧ください。

  • this one calledWoman Allergic to Water - This Is How She Lives”, or maybe you'll

    これは「水アレルギーの女性はこうして生きている」というものですが、それとも

  • like this other video instead.

    代わりにこの別のビデオを見てください。

Who doesn't love a good horror story?

ホラー小説が嫌いな人はいないでしょう。

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 ウィリアム 手術 アレルギー 患者 発作 医師

悪夢のような医療体験談。あまりにも現実離れしたリアルな恐怖の医療体験談 (Nightmare Medical Stories: The Real Horrifying Medical Stories That Sound Too Unreal to be True)

  • 17 1
    Summer に公開 2021 年 05 月 24 日
動画の中の単語