Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • It's the break of day in a small European village circa 1650.

    1650年頃のヨーロッパの小さな村の日暮れ時です。

  • Amid the sound of chickens clucking and the distant moos of cows, a blacksmith's hammer

    鶏の鳴き声や牛の鳴き声が響く中、鍛冶屋の金槌が

  • can be heard.

    が聞こえてきます。

  • A woman carries a pail of milk across the road, and as she stops to wipe the sweat from

    女性が牛乳の入ったペール缶を道路に運び、立ち止まって汗を拭いていると

  • her face, she sees in the distance an approaching mass of ragged-looking men.

    彼女の顔を見ると、遠くにぼろぼろの男たちが近づいてくるのが見える。

  • Soon after, people are dragged screaming from their homes.

    やがて、人々は悲鳴を上げながら家から引きずり出される。

  • Children's cries fill the village.

    子供たちの泣き声が村中に響く。

  • The marauders, savages without a modicum of morality, tie one man down to a wooden board.

    道徳心のかけらもない野蛮人である略奪者たちは、一人の男を木の板に縛り付ける。

  • His mouth is pulled open and a wedge is forced between his teeth.

    口を開けられ、歯の間にくさびを入れられてしまう。

  • He's asked one time to tell them where the money is hidden.

    金の隠し場所を教えてくれと一度だけ言われている。

  • The marauders hold a bucket of human waste over his head, a noxious mixture of urine

    襲撃者は彼の頭上に人間の排泄物の入ったバケツを持ち、尿の混じった有害なものを

  • and excrement.

    と排泄物が出てきます。

  • He's about to taste the lethal Swedish Drink.

    致死量のスウェーデン・ドリンクを味わうことになる。

  • You can only imagine what it would be like to be forced to swallow a bucket of pee and

    バケツ一杯のおしっこを飲み込まされたときの気持ちを想像してみると

  • poop, but it seems that wasn't the only thing used in this terrible punishment.

    しかし、この恐ろしい罰に使われたのは、ウンチだけではなかったようです。

  • If no human sewage was on hand, the drink might well have been boiling hot water or

    人間の汚物がなければ、飲み物は熱湯か

  • liquid manure.

    液体肥料。

  • Whatever the case, as you'll soon see, if enough of any mixture is force-fed to a human,

    いずれにしても、すぐに分かるように、何かの混合物を人間に大量に与えれば

  • the results can be horrifying.

    その結果、恐ろしいことになるかもしれません。

  • But before we get into the physical side of things, let's have a look at where this

    しかし、物理的な側面に入る前に、この製品がどこにあるのかを見てみましょう。

  • particularly disgusting punishment came from.

    その中でも特に嫌な罰が与えられました。

  • It's called theSwedish Drink”, so it looks as though we can blame the Swedes

    スウェーデン・ドリンク "と呼ばれているので、スウェーデン人のせいにしてもよさそうだ。

  • for this one.

    を使っています。

  • This is apparently how it came to life.

    このようにして誕生したらしいです。

  • From 1618 to 1648 there was something called theThirty Years' Warin Europe, which

    1618年から1648年にかけて、ヨーロッパでは「三十年戦争」と呼ばれる戦争がありました。

  • while you might not have heard of it, was one of the deadliest wars in European history.

    皆さんはご存知ないかもしれませんが、この戦争はヨーロッパの歴史上、最も大きな被害をもたらした戦争の一つです。

  • It's thought that as many as eight million people lost their lives, but the war itself

    800万人もの人々が命を落としたと言われていますが、戦争そのものは

  • is not something we're going to discuss in detail today.

    は、今日は詳しく説明するつもりはありません。

  • All you need to know is that much of the war was fought in Germany, and for all manner

    戦争の大部分がドイツで行われたことを知っていればいいのですが、あらゆる方法で

  • of reasons, including commercial rivalries, religion, and territory, many countries were

    商業上の対立、宗教、領土など様々な理由で、多くの国が

  • at each other's throats.

    互いの首を絞めることになる。

  • After it finished the map of Europe looked significantly different, with many nations

    終わってみると、ヨーロッパの地図は大きく変わっていて、多くの国が

  • gaining or having to concede territory.

    領土を獲得したり、譲歩したりすること。

  • Ok, so now the floor is set, you need to know that Sweden was one of the main countries

    さて、ここでは、スウェーデンが主要国のひとつであったことを知っておいてください。

  • involved.

    に関わっています。

  • It amassed an army, but it also hired regular citizens as mercenaries.

    軍隊を集める一方で、一般市民を傭兵として雇っていました。

  • They weren't exactly paid a lot, so part of the deal was that they got to raid villages

    給料は決して高くはないので、村を荒らすことができるというのが条件だった。

  • and keep the spoils.

    と言って、戦利品を確保します。

  • They did so all over Germany, and at times used the method of torture talked about today

    ドイツ全土で行われ、今日のような拷問方法も行われたという。

  • to get what they wanted.

    欲しいものを手に入れるために

  • The drink was actually given a German name, “Schwedentrunksince it was German victims

    このお酒は、実際にはドイツ人の犠牲者が出たので、「シュヴェーデントランク」というドイツ語の名前が付けられました。

  • that suffered the ordeal and Swedish mercenaries that handed it out.

    このような試練を受けた人々と、それを提供したスウェーデンの傭兵たち。

  • The problem was, often the most valuable things in a town or village were hidden, so the mercenaries

    問題は、町や村で最も価値のあるものが隠されていることが多いので、傭兵が

  • invented this torture to get people to speak.

    は、人に話をさせるためにこの拷問を考案した。

  • Why they concocted the Swedish Drink and didn't just chop off a few fingers we'll never

    なぜ彼らはスウェーデン・ドリンクを考案し、数本の指を切り落とさずに済んだのか、私たちにはわからない。

  • knowperhaps the drink put the fear of God in people, or the mercenaries just enjoyed

    飲み物が人々に神の恐怖を与えたのか、傭兵たちが楽しんだのかはわかりません。

  • the process.

    というプロセスがあります。

  • It's more likely it just worked very well in extracting confessions.

    むしろ、自白を引き出すのに非常に有効であったと思われる。

  • It was indeed horrific, so it was something you'd think would get people talking before

    さすがに恐ろしいので、以前から話題になると思っていたのですが

  • the first bits of the drink were administered.

    飲み物の最初の部分が投与された。

  • What was in the drink would change, but it was usually anything awful the mercenaries

    飲み物の内容は変わりますが、たいていは傭兵のひどいものが入っていました。

  • could get their hands on.

    と思っていました。

  • That was human excrement, animal feces, sludge, urine, and generally anything else you wouldn't

    それは、人間の排泄物、動物の糞、汚泥、尿など、通常では考えられないようなものだった。

  • want in your stomach.

    が胃の中に入ってきます。

  • It goes without saying that swallowing a load of this stuff would not have been pleasant,

    もちろん、このようなものを飲み込むのは楽しいことではない。

  • but then there were bacterial infections to think about on top of the nasty experience

    しかし、それに加えて細菌感染症のことも考えなければならないという厄介な経験をしました。

  • itself.

    自体があります。

  • You also have to think about what would happen if they just kept pouring?

    また、このまま注ぎ続けたらどうなるか、ということも考えなければなりません。

  • Would a person internally explode?

    人は内部で爆発してしまうのでしょうか?

  • Before we get to that you need to know that word on the street says once the person was

    その前に、巷の噂では、その人が一度は

  • significantly bloated, the mercenaries would then start doing things like walking over

    かなり肥大化した傭兵は、その後、上を歩くなどの行動を取り始めます。

  • the victims' distended bellies.

    被害者の膨らんだお腹を見て

  • They'd be prodded with sticks, punched, and according to some sources, have their

    棒で突かれたり、殴られたり、ある資料によると、彼らは

  • stomach pressed at each side with wooden boards.

    胃を木の板で両側から押さえる。

  • The pain of that was of course excruciating, but it's best we don't go any further

    その時の痛みはもちろん耐え難いものだったが、これ以上はやめておこう

  • until we hear some real-life accounts of the Swedish Drink.

    スウェーデン・ドリンク」の生の声を聞くまでは。

  • Oh, and so as not to upset our Swedish viewers, while the torture is eponymous with Sweden,

    また、スウェーデンの視聴者を怒らせないように、この拷問はスウェーデンの代名詞でもあります。

  • it seems many different armies and their mercenaries did it.

    様々な軍隊やその傭兵がやっていたようです。

  • One man that was around in those days was the German writer, Hans Jakob Christoffel

    その頃にいたのが、ドイツの作家、ハンス・ヤコブ・クリストフェルである。

  • von Grimmelshausen.

    von Grimmelshausen。

  • This is how he described a working model of the Swedish Drink:

    このようにして、彼は「スウェーデン・ドリンク」のワーキングモデルを説明した。

  • They laid the servant tied on the ground, stuck a plywood in his mouth, and poured a

    "彼らは召使を地面に縛って寝かせ、口にベニヤ板を突っ込んで、その上から注

  • milk bucket full of nasty dung-pool water into his body, which they called a Swedish

    ミルクバケツいっぱいの汚いダンプールの水を体に入れて、スウェーデン人と呼ばれていました。

  • trunk.”

    トランク"

  • Then there was a man named Peter Thieleno relation to the investor.

    そして、投資家とは関係のないピーター・ティーレという人物がいた。

  • He described an event in the German town of Beelitz in which a man was tortured this way.

    ドイツのベーリッツという町で、ある男性がこのような拷問を受けたという出来事を紹介した。

  • It went like this.

    それは、次のようなものだった。

  • The robbers and murderers took hold of the poor people by their throats, stirred

    "強盗と殺人者は、貧しい人々の喉をつかみ、かき乱した。

  • water, then poured it in, and yes, probably people's feces.

    水を入れてから、そう、たぶん人の排泄物を入れたんだと思います。

  • The people were miserably tormented for money, like the one citizen in Beelitz, called David

    人々はお金のために惨めに苦しめられていました。ベーリッツのダビデと呼ばれる一人の市民のように

  • Örtel, and soon he died of it.”

    Örtelは、すぐにそれで死んでしまいました」。

  • It was these few accounts that made the Swedish Drink a talking point in Europe, but you have

    スウェーデンの飲み物がヨーロッパで話題になったのは、このようないくつかのエピソードがあったからです。

  • to wonder just how common it was.

    と思っていたのですが、実際はどうだったのでしょうか。

  • Remember that punishments of the past were sometimes exaggerated as a means to make the

    過去の懲罰は、時には大げさにして、その人の心を動かすために行われていたことを忘れてはいけません。

  • other side look like savages, less than human, which has always been a go-to kind of propaganda.

    相手を野蛮人のように、人間以下のように見せるのは、昔からよく使われるプロパガンダです。

  • Nonetheless, it's very likely there was such a thing as the Swedish Drink and it's

    とはいえ、「スウェーデン・ドリンク」なるものが存在した可能性は高く、それは

  • very likely people died from it.

    それが原因で人が死んだ可能性も高い。

  • We say that because there's lots of evidence of a punishment called theWater Cure.”

    というのも、「ウォーター・キュア」と呼ばれる刑罰には多くの証拠があるからです。

  • It was similar, but different.

    似ているようで違っていた。

  • As for the word 'cure', that was American forces being ironic, since it was far from

    治療」という言葉については、アメリカ軍が皮肉ったもので、「治療」とは程遠いものだったからだ。

  • being a cure.

    は、治療法である。

  • This time the drink in some cases might have just been water, not the worst thing someone

    今回のドリンクは、場合によってはただの水だったかもしれませんが、最悪の事態にはなりませんでした。

  • could drink.

    が飲めるようになりました。

  • Although the punishment would consist of forcing a person's mouth open and via a funnel,

    罰としては、人の口を無理やり開けて漏斗を介して行うことになりますが。

  • pouring in large amounts of water.

    大量の水を注ぎ込む。

  • The person would fill up, which was painful enough if not deadly, and if they puked, it

    その人が満腹になると、死なないまでも十分な痛みがあり、吐いてしまうと

  • would begin again.

    が再び始まるのである。

  • We now have to look at something that was called theAmboyna massacre.”

    ここで、"Amboyna massacre "と呼ばれたものを見てみよう。

  • It happened on the Ambon Island in Indonesia in 1623.

    1623年、インドネシアのアンボン島で起きた事件。

  • The victims were English East India Company employees, as well as Japanese and Portuguese

    犠牲になったのは、イギリスの東インド会社の社員をはじめ、日本やポルトガルの

  • traders.

    のトレーダーがいます。

  • The perpetrators were people working for the Dutch East India Company.

    加害者は、オランダ東インド会社に勤務する人々である。

  • It seems there was a conspiracy between the English, Japanese and Portuguese to take out

    イギリス人、日本人、ポルトガル人の陰謀があったようです。

  • the Dutch so once they were captured they were tortured.

    オランダ人のため、捕まった後は拷問を受けた。

  • This is how the torture was described: “They poured the water softly upon his head

    拷問の様子はこのように描かれています。"頭にそっと水をかけられて

  • until the cloth was full, up to the mouth and nostrils, and somewhat higher; so that

    布がいっぱいになるまで、口と鼻の穴まで、そしてそれ以上の高さまで、つまり

  • he could not draw breath, but he must suck in the water: which being still continued

    彼は息を吸うことができず、水を吸わなければなりませんでしたが、それはまだ続いていました。

  • to be poured in softly, forced all his inward parts, come out of his nose, ears, eyes, and

    柔らかく注ぎ込まれ、内なる部分を全て押し出し、鼻、耳、目、そして

  • often as it was stifling and choking him, at length took away his breath, and brought

    頻繁に息が詰まり、窒息していたのが、ついには息を吹き飛ばしてしまった。

  • him to a swoon or fainting.”

    卒倒したり、気絶したりします。

  • This action was repeated several times.

    この行為は何度か繰り返された。

  • It sounds a lot like extreme waterboarding, although the person was pretty much filled

    それは極端な水責めに似ているが、その人はかなり満たされていた。

  • up rather than given the occasional break.

    たまには休んでもいいんじゃない?

  • According to that same writer, the victim was two or three times bigger in the belly

    その作家によると、被害者は腹が2~3倍大きかったという。

  • when the torturers were done.

    拷問が終わると

  • Over in France at around the same time the English were being waterboarded by the Dutch,

    同じ頃、フランスでは、イギリス人がオランダ人に水責めにされていた。

  • the French had a torture method calledThe Questioning.”

    フランス人には「質問」という拷問方法がありました。

  • This basically meant having eight pints of water (3.6 liters) forced by way of a funnel

    これは、8パイント(3.6リットル)の水を漏斗で押し込むというもの。

  • into a person's mouth.

    人の口の中に

  • If that didn't work to make the person spill the beans, the French had theExtraordinary

    それでも相手が口を割らなければ、フランス人は「臨時の

  • Questionwhich was exactly double the amount of water.

    水の量がちょうど2倍になった「Question」。

  • As you'll soon see, this could be lethal for many reasons.

    すぐに分かるように、これは多くの理由で致命的なものとなります。

  • The inquisitors of Spain weren't averse to using water as a kind of punishment, either.

    スペインの審問官たちも、水を刑罰の一種として使うことを嫌っていませんでした。

  • We know this because a Scottish guy named William Lithgow wrote about his experience

    スコットランドのウィリアム・リスゴーという人が、自分の体験を書いているからです。

  • in a book published in 1632.

    1632年に出版された本の中で

  • He said the inquisitors wedged an iron prong into his mouth.

    審問官は彼の口の中に鉄の突起を入れたという。

  • The Spanish called this a “bostezo.”

    スペイン人はこれを "bostezo "と呼んでいた。

  • Lithgow had also been starved first.

    リスゴーも最初は飢えていた。

  • His description was this: “My hunger-clunged belly waxing great, grew

    彼の描写はこうだ。"飢えに苦しむ私の腹は大きく膨らみ

  • drum-like imbolstered: for it being a suffocating painmy throat with a struggling force;

    drum-like imbolstered: 息苦しいほどの痛みで...喉が苦しいほどの力で。

  • it strangled and swallowed up my breath from yowling and groaning.”

    それは私の首を絞め、私の息を飲み込んでしまった。

  • Yeah, the language is a bit dated, but you get the point.

    確かに言葉は少し古いですが、要点はわかりますよね。

  • Then came the American military, which was a proponent of the water cure during the PhilippineAmerican

    そして、フィリピン・アメリカ戦争時に水治療法を推進したアメリカ軍が登場します。

  • War.

    戦争です。

  • President Theodore Roosevelt once called it a “mild torture”, but quickly changed

    セオドア・ルーズベルト大統領は、かつてこれを「軽い拷問」と呼んだが、すぐに改めた。

  • his mind after a fact-finding mission.

    事実調査の結果、彼の心は

  • He then court-martialed an American general who refused to comply with his order to end

    また、彼の命令に従わなかったアメリカ軍の将軍を軍法会議で処刑しました。

  • the torture.

    拷問のようなものです。

  • There was also an official report that said, “A soldier who was with General Funston

    また、「ファンストン将軍と一緒にいた兵士」という公式レポートもありました。

  • had stated that he helped to administer the water cure to one hundred and sixty natives,

    その時、自分は160人の原住民に水治療を施したと言っていた。

  • all but twenty-six of whom died.”

    そのうち26人を除いて死亡した」。

  • It could hardly have been mild.

    穏やかなものではなかった。

  • It was also written about in detail by Lieutenant Grover Flint.

    また、グローバー・フリント中尉によって詳細に書かれている。

  • He said a Filipino prisoner would be forced on his back and held down by a bunch of men.

    フィリピン人の囚人が無理やり仰向けにされ、大勢の男たちに押さえつけられるという。

  • His jaw was then held wide open and secured, after which water was poured down his throat

    その後、顎を大きく開いて固定し、喉に水を流し込みました。

  • until he became unconscious.

    意識を失うまで

  • In a book written by US author and activist Sidney Lens, he said that a reporter from

    米国の作家であり活動家でもあるシドニー・レンズが書いた本の中で、彼は、日本の記者が

  • the New York Evening Post saw such torture.

    ニューヨーク・イブニング・ポスト紙はそんな拷問を見ていた。

  • He said that water just kept being poured until the man's body wasan object frightful

    彼は、男性の体が「恐ろしい物体」になるまで、水が注がれ続けたと言います。

  • to contemplate.”

    to contemplate」。

  • The victim was then jumped on until the water made its way out, and there was a rinse and

    その後、水が出てくるまで被害者に飛びつき、すすぎと

  • repeat routine until the person either talked or died.

    その人が話すか死ぬまで、同じことを繰り返します。

  • The question is, whether just water or a bucket of watery poop, just how much would kill a

    問題は、ただの水でも、水っぽいウンチの入ったバケツでも、どれくらいの量を飲めば死んでしまうのかということです。

  • person?

    の人?

  • A US pathologist noted in one article that the average human stomach is good with about

    米国の病理学者は、ある記事で、人間の平均的な胃は、約1.5倍で良いと指摘しています。

  • one and a half liters of water, and three liters is a pretty big fill.

    1.5リットルの水を、3リットルはかなりの量を入れています。

  • However, six liters of water could rupture the stomach.

    しかし、6リットルの水では胃が破裂してしまう。

  • Most people of course wouldn't even try to drink that much, but when you're tied

    普通の人は、もちろんそんなに飲もうとは思わないでしょうが、縛られていると

  • to a piece of wood and have a wedge in your mouth you don't really have much choice.

    を木に刺して、口にくさびを入れてしまったら、もうどうしようもありません。

  • The pathologist said that the walls of the stomach in such a torture would be under so

    病理学者は、このような拷問を受けた胃の壁は、とても

  • much pressure that the tissue would get weaker until it tore.

    その結果、組織が弱くなり、破れてしまうのです。

  • The content of the stomach would then enter parts of the body, causing incredible pain

    胃の内容物が体の一部に入り込み、信じられないような痛みを引き起こす。

  • and probably infection.

    そしておそらく感染症。

  • This is likely the point of no return.

    ここが勝負どころでしょう。

  • There's also another great risk of being forced to drink lots of water.

    また、水をたくさん飲まざるを得ないという大きなリスクもあります。

  • It's called water intoxication, and it has killed many people who drank a lot of water

    水中毒と呼ばれるもので、水を大量に飲んだ人の多くが死亡しています。

  • of their own accord.

    のは、自分の意志です。

  • It happened to a 28-year-old California woman in 2007 after she drank six liters of water

    2007年にカリフォルニア州の28歳の女性が、6リットルの水を飲んだ後に起こった出来事です。

  • in a competition to win a Nintendo game console.

    を、任天堂のゲーム機が当たる懸賞に応募しました。

  • She threw up, got a searing headache later, and then died.

    吐いて、後に焼け付くような頭痛がして、そして死んだ。

  • It happened in 2005, too, also in the US.

    2005年には、アメリカでも同じことが起こりました。

  • A student at California State University was involved in some kind of hazing ritual which

    カリフォルニア州立大学の学生が、ある種のハズレの儀式に参加していました。

  • involved him drinking lots and lots of water.

    そのためには、たくさんの水を飲まなければなりません。

  • It even famously happened to a British raver back in the day because she'd heard you

    その昔、イギリスのレイバーが、あなたの話を聞いていたために起こったことは有名です。

  • could get dehydrated after taking ecstasy.

    は、エクスタシーを摂取した後に脱水症状を起こす可能性があります。

  • She died from excessive water consumption after downing seven liters.

    彼女は7リットルの水を飲んだ後、水の飲み過ぎで亡くなった。

  • The tabloids demonized the E, but it was the drink that did it.

    タブロイド紙はEを悪者扱いしたが、それは酒のせいだった。

  • People have also died from drinking too much after exercising.

    また、運動後に飲みすぎて死亡した人もいます。

  • In all, water isn't toxic, but it can be if you go overboard with drinking it.

    水には毒性はありませんが、飲み過ぎれば毒性があります。

  • We don't mean to scare anyone away from drinking water.

    私たちは、誰もが水を飲むのを怖がるつもりはありません。

  • You really have to drink ridiculous amounts of the stuff in a short period of time.

    本当に短時間でとんでもない量を飲まなければなりません。

  • In laymen's terms, drinking that much will prevent the kidneys from working as they should

    平たく言えば、それだけ飲むと腎臓が本来の働きをしなくなるということです。

  • and the person's body for all intents and purposes will become waterlogged.

    で、その人の体はどこまでも水浸しになります。

  • The cells swell, and as they can't really do that too much in the brain, the next step

    細胞は膨らみますが、脳内ではあまり膨らませることができないため、次のステップである

  • could be seizure, followed by coma, with death around the corner.

    痙攣、昏睡、そして死に至る可能性があります。

  • In conclusion, whether you're being filled with liquid cow dung and human pee-pee, or

    結論から言うと、液体の牛糞や人間のおしっこで満たされていようが

  • whether you are being filled with good ole tap water, the result would be very painful,

    水道水を使っているのであれば、非常に痛い結果になるでしょう。

  • and if you kept being filled the outcome could easily be death.

    このままでは、死に至ることもあり得るのです。

  • Now you need to watch, “WORST Punishments Kids Received From Their Parents.”

    今度は「子供が親から受けた最悪の仕打ち」を見てみましょう。

  • Or, for the full story about the Nintendo console winner, “ What If You Drank Too

    また、任天堂ゲーム機の受賞については、「What If You Drank Too」が詳しいです。

  • Much Water?

    水の量は?

  • A Woman Did Just That - See What Happened To Her.”

    ある女性がそれを実行して、どうなったかを見てください」。

It's the break of day in a small European village circa 1650.

1650年頃のヨーロッパの小さな村の日暮れ時です。

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 スウェーデン ドリンク リットル 戦争 飲み ドイツ

スウェーデンのお酒 - 人類史上最悪の処罰 (Swedish Drink - Worst Punishments in the History of Mankind)

  • 24 2
    Summer に公開 2021 年 05 月 23 日
動画の中の単語