Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • As long as people have been sentenced to death, there has been the chance of a dramatic and

    人々が死刑を宣告されている限り、ドラマチックで

  • often bloody disaster.

    しばしば血まみれの大惨事となる。

  • Here are some of the most notorious botched executions of all time.

    ここでは、史上最も悪名高い失敗した死刑執行をご紹介します。

  • In the early days, the most common method of execution was beheading in the most low-tech

    初期の頃は、最もローテクな処刑方法である斬首刑が主流だった。

  • manner - a person swinging an axe at the unfortunate victim's neck.

    態度 - 不幸な犠牲者の首に斧を振り回す人。

  • That was the fate that awaited Margaret Pole, Countess of Salisbury.

    それが、ソールズベリー伯爵夫人マーガレット・ポールの運命であった。

  • A noblewoman in the 1500s, she committed a crime for which there was no pardon - falling

    1500年代の貴族の女性が犯した、赦されることのない罪、それが「転落」です。

  • out of favor with the notorious King Henry VIII.

    悪名高き国王ヘンリー8世の寵愛を受けていた。

  • Despite no trial, she was sentenced to death and taken to the execution block.

    裁判がないにもかかわらず、彼女は死刑を宣告され、処刑台に連れて行かれた。

  • But to her horror, her executioner wasn't a hulking man who had swung many an axe.

    しかし、恐ろしいことに、彼女の死刑執行人は、斧を何本も振り回した巨漢ではなかった。

  • It was a young, uncoordinated man who had to take eleven swings to kill her - repeatedly

    それは、若くて協調性のない男が、彼女を殺すために11回のスイングをしなければならなかった-繰り返し。

  • striking her head and shoulders before finally hitting the mark.

    彼女の頭や肩を叩き、最後には的を射る。

  • In Medieval England, no one was safe from a bloody execution - even the most powerful.

    中世のイングランドでは、たとえ権力者であっても、血まみれの処刑から逃れることはできませんでした。

  • Mary, Queen of Scotts was Queen of Scotland for twenty-five years, and engaged in a bloody

    スコットランドの女王メアリーは、25年間スコットランドの女王であり、血みどろの戦いを繰り広げた。

  • power struggle with her cousin Elizabeth I. Mary was considered the rightful Queen by

    メアリーは、いとこのエリザベス1世との権力闘争の中で、正統な女王と考えられていました。

  • many of England's Catholics, and when Mary was deposed and forced to seek refuge in England,

    イングランドのカトリック教徒の多くは、メアリーが退位してイングランドに避難することになった。

  • she found herself imprisoned.

    気がつくと、彼女は投獄されていた。

  • After eight years in custody, she was accused of attempting to assassinate Elizabeth and

    8年間の拘束の後、彼女はエリザベス暗殺未遂の容疑をかけられ

  • sentenced to death by beheading.

    斬首刑の判決を受けた。

  • The first blow only glanced the back of her head, and the second killed her - but left

    一撃目は後頭部をかすめただけで、二撃目では死んでしまいましたが、残ったのは

  • her half-severed head hanging off the neck to the horror of onlookers.

    半分に切断された頭が首からぶら下がっていて、見物人の恐怖を誘っていました。

  • But these weren't the worst executioners the world had ever seen.

    しかし、彼らは世界最悪の死刑執行人ではなかった。

  • Jack Ketch was an executioner under the reign of King Charles II, and he was so bad at taking

    ジャック・ケッチは、チャールズ2世の時代に死刑執行人として活躍した人物で、死刑の執行がとても下手だった。

  • heads that his name eventually became a synonym for death and the devil.

    は、彼の名前がやがて死や悪魔の代名詞となったことを示しています。

  • During the chaotic 1680s, filled with multiple coup attempts, Ketch botched the executions

    何度もクーデターが起きた1680年代、ケッチは処刑を失敗した。

  • of several noblemen for treason.

    数人の貴族が反逆罪で逮捕されました。

  • When William Russell came before his axe, Ketch repeatedly struck him and seemed distracted

    ウィリアム・ラッセルが彼の斧の前に来たとき、ケッチは何度も彼を殴り、気が散っているようだった。

  • as the crowd watched the gory display.

    観客はその血みどろの光景を見ていた。

  • Two years later, the execution of James Scott, 1st Duke of Monmouth took a shocking five

    その2年後、第1代モンマス公爵ジェームズ・スコットの処刑には、衝撃的な5つの出来事があった。

  • to eight strokes.

    を8ストロークに変更しました。

  • The execution was so badly botched that the crowd revolted, nearly attacking Ketch and

    この処刑はあまりにもひどいもので、観客は反乱を起こし、ケッチや

  • forcing the guards to spirit him away before he became the second execution of the day.

    この日、2人目の死刑執行となる前に、警備員が彼を連れ去ることになりました。

  • The science of executions advanced - but they didn't become foolproof.

    死刑執行の科学は進歩したが、死刑執行が確実なものになったわけではない。

  • The invention of the guillotine put headsmen like Jack Ketch out of work, replacing the

    ギロチンが発明されたことで、ジャック・ケッチのようなヘッドマンは仕事を失い、代わりに

  • axe with a mechanical device that would neatly slice heads off with a falling blade.

    落ちてくる刃で首をきれいに切り落とす機械仕掛けの斧。

  • It became synonymous with the French revolution and the Reign of Terror, when countless nobles

    フランス革命の代名詞となり、無数の貴族たちが

  • and political enemies were beheaded - most famously Queen Marie Antoinette.

    また、王妃マリー・アントワネットをはじめとする政敵が斬首されたことも有名です。

  • But when it came time for her husband, Louis XVI, to meet his end, things went horribly

    しかし、彼女の夫であるルイ16世が最後を迎えるとき、事態は最悪のものとなりました。

  • wrong.

    誤っています。

  • Louis XVI was a large man, and eyewitnesses said that the blade got stuck midway through

    ルイ16世は大柄な人だったので、目撃者によると、刃が途中で動かなくなってしまったそうです。

  • his neck, only partially severing his head.

    彼の首を切り、頭の一部だけを切断した。

  • The bloody blade had to be raised and dropped again, finishing the job and bringing the

    その血まみれの刃をもう一度上げて落とし、仕事を終えて

  • King's life to an undignified end.

    王の人生は不名誉な終わり方をした。

  • Beheading is by far the bloodiest execution method - but far from the only one prone to

    斬首は最も血なまぐさい処刑方法ですが、それだけではありません。

  • errors.

    のエラーが発生します。

  • In the old West, there was one popular execution method - hanging.

    昔の西部では、人気のある処刑方法に「首吊り」がありました。

  • And in 1852, a Canadian soldier namedYankeeJim Robinson found that out the hard way.

    1852年、「ヤンキー」ジム・ロビンソンというカナダ人兵士は、それを身をもって体験したのである。

  • The young man tried to steal a boat, and was shocked when he was charged with not theft,

    若者はボートを盗もうとしたが、窃盗ではないと起訴され、ショックを受けた。

  • but piracy on the high seas - a death penalty crime.

    しかし、公海上での海賊行為は死刑です。

  • He was quickly convicted and taken to the gallows, and the tall man quickly realized

    彼はすぐに有罪判決を受けて絞首台に連れて行かれたが、背の高い男はすぐに気づいた。

  • the scaffold wasn't nearly high enough.

    足場の高さが足りませんでした。

  • Instead of his neck neatly snapping at the end of the drop, he spent half an hour slowly

    落下の最後に首がきれいに切れるのではなく、30分かけてゆっくりと

  • strangling while hanging.

    吊るされた状態で首を絞める。

  • It's no surprise locals in modern-day San Diego claim his ghost still haunts the site.

    現代のサンディエゴでは、彼の亡霊がこの場所に出没していると言われています。

  • But it wasn't the only botched hanging in the United States.

    しかし、これはアメリカで唯一の失敗した絞首刑ではありませんでした。

  • What execution was so bad it brought an end to capital punishment in Minnesota?

    ミネソタ州の死刑制度を廃止させたほどの悪質な死刑執行とは?

  • That would be the death of William Williams.

    それは、ウィリアム・ウィリアムズの死だろう。

  • A miner, he carried on a secret relationship with local teenager John Keller.

    鉱山労働者である彼は、地元のティーンエイジャー、ジョン・ケラーと秘密の関係を続けていた。

  • When Keller refused to answer Williams' letters at his parents' insistence, Williams

    ケラーが両親の主張でウィリアムズの手紙に答えようとしなかったとき、ウィリアムズは

  • came to the Keller home and murdered John Keller and his mother.

    ケラーの家にやってきて、ジョン・ケラーとその母親を殺害した。

  • Sentenced to death by hanging, Williams was taken to the gallows in 1906 - but the rope

    絞首刑の判決を受けたウィリアムスは、1906年に絞首台へと運ばれましたが、その時のロープは

  • was too long.

    は長すぎました。

  • He hit the floor and was injured.

    床にぶつかって怪我をした。

  • But the local sheriff wanted the execution completed, so he ordered his men to pull the

    しかし、地元の保安官は処刑の完了を望んでいたので、部下に命じて

  • rope back up until Williams strangled to death.

    ウィリアムズが絞殺されるまでの間、ロープを張り続ける。

  • The horror led to the abolition of the death penalty in the state five years later, and

    この惨劇は、5年後に同州の死刑制度を廃止するきっかけとなり

  • it has never been reinstated.

    は一度も復活していません。

  • At least firing squad - execution by a hail of bullets - should be pretty foolproof, right?

    少なくともfiring squad(銃弾の雨による処刑)は、かなり確実なはずですよね。

  • Not exactly, as Wallace Wilkerson found out.

    ウォレス・ウィルカーソンは、そうではないことを知った。

  • The cattle worker got into a nasty argument with bartender William Baxter over a cart

    バーテンダーのWilliam Baxterとカートを巡って口論になった牛飼い。

  • game, and the hot-tempered Wilkerson pulled out a gun and shot Baxter.

    ゲームの中で、気性の荒いWilkersonが銃を取り出してBaxterを撃ったのだ。

  • He was quickly captured and kept under guard to prevent a lynching.

    彼はすぐに捕らえられ、リンチを防ぐために警護された。

  • Sentenced to death at trial, Wilkerson chose a firing squad, and although appeals were

    裁判で死刑を宣告されたウィルカーソンは銃殺刑を選択し、控訴したものの

  • filed by his lawyer, in 1879 he met his fate.

    1879年、彼は弁護士に依頼され、運命の出会いを果たします。

  • He was blindfolded and shot by a group of guards - only for every single one of them

    目隠しをされた状態で警備員たちに撃たれたが、一人残らず

  • to miss his heart.

    と言って、彼の心を逃してしまいました。

  • Badly wounded and bleeding, Wilkerson lay on the ground gasping.

    怪我をして血を流しているウィルカーソンは、地面に横たわって息を切らしていた。

  • While officials initially talked about shooting him again, he eventually expired from blood

    当初、関係者は彼を再度射殺することを話していましたが、最終的に彼は血を吸って死亡しました。

  • loss after less than half an hour.

    30分も経たないうちに損失を出してしまった。

  • Well, then, no one could survive poison gas - right?

    じゃあ、毒ガスに耐えられる人はいないんじゃないか?

  • The gas chamber was a twentieth-century innovation in the death penalty, using an airtight chamber

    ガス室は、20世紀の死刑制度の革新的なもので、気密性の高い部屋を用いて

  • and a combination of poisonous gases to bloodlessly kill the condemned.

    と毒ガスを組み合わせて、死刑囚を無血で殺します。

  • That was the fate that awaited Jimmy Lee Gray, a Mississippi child-murderer who was sentenced

    これは、ミシシッピ州の児童殺人犯であるジミー・リー・グレイに下された運命でした。

  • to death for his second murder.

    2度目の殺人で死刑になった。

  • In 1983, he was taken to the death chamber - but there was a design flaw that the officials

    1983年、彼は死刑場に連れて行かれたが、そこには設計上の欠陥があり、関係者は

  • hadn't accounted for.

    は説明していなかった。

  • An iron bar behind the death chair was within reach, and Gray's head wasn't strapped

    デスチェアの後ろにある鉄棒が手の届くところにあり、グレイの頭は拘束されていなかったので

  • down.

    を下げています。

  • When the gas flooded in, Gray began thrashing his head violently and slammed his head against

    ガスが充満してくると、グレイは激しく頭を打ち始め、頭を打ち付けた。

  • the bar repeatedly before losing consciousness.

    意識を失う前に、何度もバーに立ち寄った。

  • The room was cleared, and it's unclear whether the gas or the blows to the head ultimately

    部屋は片付けられており、最終的にガスか頭への打撃かは不明ですが

  • killed him.

    は彼を殺した。

  • But no execution method has caused more controversy than the electric chair.

    しかし、電気椅子ほど物議を醸した死刑執行方法はない。

  • A chair designed to restrain the inmate and send a fatal electric shock through their

    収容者を拘束して、致命的な電気ショックを与えるための椅子。

  • body, the electric chair had been used to kill a horse effectively in testing.

    電気椅子は、実験で馬を効果的に殺すために使われていた。

  • But when it came time to execute William Kemmler in 1890, things went very differently.

    しかし、1890年にウィリアム・ケムラーが処刑されることになったとき、事態は大きく変わった。

  • The peddler and heavy drinker had been convicted of killing his common-law wife, and New York

    行商人で大酒飲みの彼は、内縁の妻を殺した罪で有罪判決を受けていたが、ニューヨークでは

  • chose to make him a test case for the new execution method.

    その結果、彼は新しい実行方法のテストケースとなった。

  • The chair was turned on, Kemmler was hit with a thousand volts, and quickly knocked unconscious.

    椅子のスイッチを入れると、Kemmlerは1000ボルトの電圧を受け、すぐに気絶してしまった。

  • While he was immediately declared dead, witnesses noticed he was still breathing.

    すぐに死亡宣告を受けたが、目撃者は彼がまだ息をしていることに気づいた。

  • The attending physician ordered the current turned on again - and this time it definitely

    主治医は再び電流を流すように指示しましたが、今度は間違いなく

  • worked.

    が働きました。

  • 2000 volts hit Kemmler, the blood vessels in his skin burst, and his body caught fire,

    2000ボルトの電圧がケムラーにかかり、皮膚の血管が破裂して体が燃えた。

  • sending a horrible stench through the room.

    部屋中にひどい悪臭が漂っていた。

  • It wouldn't be the last time the electric chair shocked witnesses.

    電気椅子が目撃者にショックを与えたのは、これが最後ではないだろう。

  • Jesse Tafero was facing the death penalty for the shooting of an officer in Florida,

    ジェシー・タフェローは、フロリダ州で警官を射殺した罪で死刑を求刑されていました。

  • despite only being a passenger in the car during the fatal traffic stop.

    致命的な交通違反を犯した際、車に同乗していただけにもかかわらずです。

  • Many speculated the real killer was the driver, Walter Rhodes, but Rhodes testified against

    真犯人は運転手のウォルター・ローズだと多くの人が推測したが、ローズは不利な証言をした。

  • him and Tafero was convicted.

    そして、タフェロは有罪となった。

  • His date with the electric chair was May 4th, 1990 - but things didn't go smoothly.

    彼が電気椅子に座る日は1990年5月4日だったが、事は順調に運ばなかった。

  • One of the critical parts of an electric chair execution is using a sponge on the head to

    電気椅子の死刑執行で重要なのは、頭にスポンジを当てて

  • increase the conductivity and ensure a quick death - but the team had used a synthetic

    伝導率を高めて、早く死ねるようにするために、研究チームは合成の

  • sponge, not an organic one.

    オーガニックではなく、スポンジを使用しています。

  • This caused flames to shoot out of Tafero's head, shocking onlookers, and it took a seven-minute

    これにより、タフェロの頭から炎が出て、見物人に衝撃を与え、7分間の

  • process of three jolts to kill Tafero.

    タフェロを殺すための3つのジョルトのプロセス。

  • Some even speculated that the chair had been sabotaged to make Tafero suffer.

    中には、「タフェロを苦しめるために椅子に細工をしたのではないか」という意見もあった。

  • To add insult to injury, Rhodes confessed to being the shooter after Tafero's death.

    さらに、タフェローの死後、ローズは自分が犯人であることを告白した。

  • The electric chair was quickly becoming notorious - and would soon fall out of favor in Florida.

    電気椅子は瞬く間に悪名を馳せ、フロリダではすぐに廃れてしまった。

  • The last straw was the execution of Allen Lee Davis, a notorious mass-murderer sentenced

    最後には、大量殺人者として悪名高いアレン・リー・デイヴィスの死刑が執行された。

  • to death for the murder of Nancy Weiler.

    ナンシー・ワイラー殺害の罪で死刑判決を受けた。

  • He would remain on death row until 1999, when he met the electric chair.

    彼は1999年に電気椅子と対面するまで死刑囚のままであった。

  • There was just one problem - he had been on blood thinner medications before his execution.

    ただ一つ問題があった。彼は死刑執行前に血液をサラサラにする薬を飲んでいたのだ。

  • Witnesses would say his nose had begun bleeding before he was electrocuted, but the guards

    感電する前から鼻血が出ていたという目撃者がいたが、看守は

  • didn't hesitate - and when the shocks went through Davis' body, he began bleeding profusely.

    躊躇することなく、衝撃がデイビスの体に伝わり、大量の出血が始まった。

  • An autopsy revealed severe burns all over his head, legs, and groin, and while an inquiry

    司法解剖の結果、頭、足、股間に重度の火傷を負っていたことが判明し、調査が行われたが

  • showed the chair had worked properly, that was enough for Florida to designate lethal

    椅子が正常に作動していたことが証明されたことで、フロリダ州は致死量を指定するのに十分だった。

  • injection the primary method of execution in the future.

    インジェクションは、将来的に主要な実行方法となるでしょう。

  • But that modern method isn't foolproof either.

    しかし、その現代的な方法も確実ではありません。

  • Lethal injection is the most bloodless modern method of execution, using a cocktail of drugs

    致死性注射は、現代の死刑執行方法の中で最も血を流さない方法であり、薬のカクテルを使用します。

  • on a restrained inmate to put them to sleep and then stop their heart.

    拘束された被収容者を眠らせ、心臓を停止させる。

  • It's supposed to be painless - but that wasn't the case for Arizona inmate Joseph

    痛みを伴わないはずの手術ですが、アリゾナ州のジョセフ受刑者の場合はそうではありませんでした。

  • Rudolph Wood III.

    ルドルフ・ウッド3世

  • Convicted of murdering his ex-girlfriend and her father, he was taken to the death chamber

    元ガールフレンドとその父親を殺害した罪で有罪となり、死刑台に送られた。

  • in July 2014 - and what was supposed to be a quick execution took a terrible twist.

    2014年7月、迅速な死刑執行のはずが、とんでもない事態になってしまったのです。

  • While one dose was supposed to be enough to kill Wood, witnesses reported that the staff

    1回の投与でウッドを殺すことができるとされていたが、目撃者によると、スタッフは

  • injected Wood fifteen times trying to give him a fatal dose.

    致命的な量を与えようと、ウッドに15回も注射した。

  • The execution took almost two hours - long enough for Wood's lawyers to file one final

    死刑執行には約2時間かかりましたが、ウッドの弁護士が最後に

  • appeal with the Supreme Court arguing that the ongoing execution was cruel and unusual

    現在行われている死刑執行は残酷で異常であるとして、最高裁に上告しました。

  • punishment.

    罰を受けることになります。

  • It was denied - a half-hour after Wood finally expired.

    拒否されたのは、ウッドが最終的に期限切れになってから30分後のことだった。

  • But there's another kind of execution that went horribly wrong - the one where the condemned

    しかし、もう一つの失敗した死刑執行があります。それは、死刑囚が

  • actually survives.

    が生き残っています。

  • Romell Broom was awaiting death in Ohio after being convicted for the kidnapping and murder

    ロメル・ブルームは、オハイオ州で誘拐と殺人の罪で有罪判決を受け、死刑を待っていました。

  • of a teenage girl.

    10代の女の子の

  • While he had filed an appeal and obtained a DNA test, he wasn't exonerated - and his

    訴えを起こしてDNA鑑定を受けたものの、無罪放免にはならず、彼の

  • date with the needle was fast approaching.

    針の日が近づいてきた。

  • In September 2009, he was strapped to the gurney and the execution began - only for

    2009年9月、彼は担架に乗せられ、死刑執行が始まりました。

  • the executioners to struggle to find a vein.

    死刑執行人は静脈を探すのに苦労した。

  • The execution was called off, the Governor issued a one-week stay, and a series of appeals

    死刑執行は中止され、知事は1週間の猶予を出し、一連の控訴は

  • began arguing that to execute him again would be cruel and unusual punishment.

    そして、彼を再び死刑にすることは残酷で異常な刑罰であると主張し始めました。

  • Eventually, appeals were denied and Broom was scheduled to die in June 2020 - only for

    結局、控訴は却下され、ブルームは2020年6月に死を迎えることになったのですが、その時だけは

  • it to be called off due to the pandemic.

    パンデミックの影響で中止になりました。

  • But Broom would never meet the executioner - he died in prison in December 2020.

    しかし、ブルームは死刑執行人と出会うことなく、2020年12月に獄中で死亡した。

  • The next case faced death - and wound up cheating death.

    次のケースは、死と向き合い、死をごまかした。

  • Doyle Hamm was on Alabama's death row for the killing of Patrick Cunningham in a motel

    ドイル・ハムは、モーテルでパトリック・カニンガムを殺害した罪でアラバマ州の死刑囚となっていました。

  • robbery.

    奪われた。

  • While awaiting execution in 2014, he came down with lymphatic cancer.

    2014年に死刑執行を待っている間に、リンパ系のがんにかかってしまいました。

  • The cancer and treatments damaged Hamm's veins, making it difficult for the executioner

    癌と治療によってハムの血管が傷つき、死刑執行人が

  • to find a vein - leading to almost three hours of the team poking him with needles.

    静脈を見つけるために、チームは約3時間、彼に針を刺し続けた。

  • The painful spectacle in 2018 led to international condemnation, and Hamm's legal team filed

    2018年の痛々しい光景は国際的な非難を浴び、ハムの弁護団は申請した

  • lawsuits.

    法案を作成しました。

  • Ultimately, Alabama settled with Hamm and agreed not to set a second execution date

    最終的にアラバマ州はハム社と和解し、2回目の執行日を設定しないことで合意した。

  • - meaning that Hamm still sits in prison, having successfully beaten execution and so

    - つまり、ハムは死刑執行を見事に阻止して、今も刑務所に居座っているということだ。

  • far, cancer.

    far, cancer.

  • But convicts have survived far more violent methods of execution.

    しかし、囚人たちは、はるかに暴力的な処刑方法を生き延びてきました。

  • It was 1740 in England when William Duell was sentenced to hang.

    ウィリアム・デュエルが絞首刑に処せられたのは、1740年のイギリスであった。

  • The seventeen-year-old had been convicted as an accessory to rape, and was to be hung

    この17歳の少年は、レイプの共犯者として有罪判決を受け、絞首刑に処せられた。

  • along with four others.

    他の4人と一緒に。

  • The execution seemed to go off smoothly, as he hung for twenty minutes before being cut

    処刑はスムーズに行われたようで、20分ほど吊るされた後、切断されました。

  • down.

    を下げています。

  • His body was sent to a medical training college for dissection - when the workers noticed

    彼の遺体は解剖のために医療訓練大学に送られたが、労働者たちはそれに気づいた。

  • something strange.

    何か変だ。

  • Duell was still breathing.

    デュエルはまだ息をしていた。

  • Within two hours, he was awake and had no recollection of being hung.

    2時間後には目が覚め、吊るされたことを全く覚えていなかった。

  • He had been sick before his execution, which some say may have led to his survival.

    彼は死刑執行前に病気を患っており、それが生存につながったのではないかと言われている。

  • Instead of trying to execute him again, the law changed his sentence to exile to North

    再び死刑にしようとするのではなく、法律で北への亡命に刑を変更した。

  • America, where he lived in Boston for another sixty-five years.

    アメリカに渡り、ボストンでさらに65年を過ごしました。

  • But could anyone survive a firing squad?

    しかし、銃殺刑に耐えられる人がいるだろうか?

  • Wenceslao Moguel Herrera did - although no one is quite sure why.

    ワンスラオ・モグエル・エレーラは、その理由は誰にもわからない。

  • It was 1915, in the midst of the violent Mexican Revolution, when he was arrested for being

    それは1915年、激しいメキシコ革命の最中、彼が逮捕されたのは

  • a revolutionary.

    革命家。

  • It was wartime and there was no trial - only an impromptu finding of guilt and a quick

    戦時中だったので、裁判もなく、即席の有罪判決が下され、すぐに

  • firing squad.

    射殺します。

  • Witnesses say he was shot at least eight times in the body, and then shot once in the head

    目撃者の証言によると、彼は体に少なくとも8回撃たれ、その後、頭に1回撃たれたそうです。

  • to ensure he was dead.

    彼が死んだことを確認するために。

  • But what comes next is up for debate.

    しかし、次に何が起こるかは議論の余地があります。

  • Some say he was found unconscious in the bodies of his fellow revolutionaries.

    革命家仲間の遺体の中で意識を失って発見されたという説もある。

  • Others say he crawled to a church for sanctuary and recovered there.

    また、教会に這いつくばって聖域を求め、そこで回復したという人もいる。

  • What is clear is that he lived for another sixty years after his shooting - even appearing

    明らかなのは、彼が撮影後、さらに60年生きたことである。

  • on the Ripley's Believe it or Not radio show in 1937.

    1937年、ラジオ番組「リプリーズ・ビリーブ・イット・オア・ノット」に出演。

  • But no one had the sheer luck of John Babbacombe Lee.

    しかし、ジョン・ババコム・リーのような強運の持ち主はいなかった。

  • A notorious thief and former Navy cadet in England, Lee was convicted in 1885 of murdering

    イギリスの海軍士官候補生だった悪名高い窃盗犯のリーは、1885年に殺人罪で有罪判決を受けた。

  • his employer Emma Keyse.

    雇い主であるEmma Keyse氏。

  • While the evidence was weak, Lee's reputation preceded him and he was sentenced to death

    証拠は不十分だったが、リーの評判は高く、死刑判決を受けた。

  • by hanging.

    吊り下げて

  • He maintained his innocence, but the gallows were waiting at Exeter Prison.

    彼は無実を主張したが、エクセター刑務所には絞首台が待っていた。

  • That's where something odd happened - the trapdoor under the scaffold failed to open.

    ここで、足場の下にあるトラップドアが開かないという異変が起きた。

  • Famous executioner James Berry presided and couldn't explain the failure in the device

    有名な死刑執行人であるジェームズ・ベリーが裁判長を務め、装置の故障を説明できなかった。

  • - nor could he explain how it kept happening in two future attempted executions.

    - また、その後に行われた2回の死刑執行未遂事件でも同じことが繰り返されたことを説明できなかった。

  • It seems John Babbacombe Lee was the man they couldn't hang, and he soon became famous.

    ジョン・ババコム・リーは、彼らが絞首刑にできなかった男であり、すぐに有名になったようだ。

  • Amid public attention, Lee's sentence was commuted to life imprisonment by the Home

    世間の注目を浴びる中、リーさんの刑期は内務省によって無期懲役に減刑されました。

  • Secretary, allowing him to keep fighting to prove his innocence.

    長官は、自分の無実を証明するために戦い続けることができます。

  • He was eventually released in 1907 and lived to eighty years old - becoming a celebrity

    1907年に釈放された彼は、80歳まで生き、有名人となった。

  • as the man who beat death three times.

    死を3回も乗り越えた男として

  • Check out “50 Insane Death Penalty and Execution Facts That Will Shock Youfor more of the

    50 Insane Death Penalty and Execution Facts That Will Shock You」をチェックしてみてください。

  • death penalty's darkest secrets, or watch this video instead.

    または、このビデオをご覧ください。

As long as people have been sentenced to death, there has been the chance of a dramatic and

人々が死刑を宣告されている限り、ドラマチックで

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B2 中上級 日本語 死刑 執行 処刑 椅子 有罪 リー

大失敗した死刑執行 (Executions That Went Horribly Wrong)

  • 11 1
    Summer に公開 2021 年 05 月 22 日
動画の中の単語