Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • Somewhere far out in the Atlantic, a reinforced American destroyer squadron out on patrol

    大西洋のどこかで、強化されたアメリカの駆逐艦部隊が哨戒活動を行っていた。

  • comes under fire.

    砲撃を受ける。

  • The first few shots are off-target, but as American crews scramble to their battle stations,

    最初の数発は的外れだったが、アメリカ軍のクルーがバトルステーションにスクランブルをかけた。

  • the fire becomes much more accurate.

    射撃の精度が格段に上がります。

  • The USS Breckinridge takes a direct hit right on her bow, twisting metal and killing dozens

    艦首に直撃したUSS Breckinridgeは、金属を捻じ曲げ、数十人が死亡しました。

  • of sailors.

    船員の

  • The high Atlantic waves pour into her from the giant hole left behind, and within minutes

    大西洋の高波が、残された巨大な穴から彼女に注ぎ込まれ、数分後には

  • she begins to sink.

    沈み始めます。

  • In the distant horizon, the attackers are visible to US Navy spotters.

    遠くの地平線には、米海軍の索敵機から見える攻撃機がある。

  • There's the tell-tale puff of multiple large caliber guns firing simultaneously on several

    複数の大口径銃が同時に発射されると、その音が聞こえてきます。

  • of the enemy vessels.

    敵艦の

  • Twenty eight seconds later thirty 1500 pound shells smash into the American formation.

    その28秒後には、1500ポンドの砲弾30発がアメリカ軍の陣地に叩き込まれました。

  • The results are devastating, and hundreds more American lives are lost in seconds.

    結果は壊滅的で、数秒で数百人以上のアメリカ人の命が失われます。

  • The destroyers are all but helpless in the onslaught.

    駆逐艦は猛攻を受けてなすすべもない。

  • Their 4 inch guns can't hope to match the massive range of the enemy battleships, and

    4インチ砲では、敵戦艦の巨大な射程距離には到底かなわないし

  • the only real hope they have is their torpedoes- but that means getting closer and braving

    唯一の希望は魚雷ですが、それには接近して勇気を出すことが必要です。

  • heavy enemy fire.

    敵の激しい攻撃を受けた。

  • With few options left, the American ships turn onto their enemies with grim determination,

    選択肢が少ない中、米艦船は悲壮な決意で敵に向かっていく。

  • hoping to make use of their torpedoes.

    魚雷を使ってみたいと思っていた。

  • There is no air cover for the destroyer squadron, most of America's carriers have long ago been

    駆逐艦部隊にはエアカバーがなく、アメリカの空母のほとんどはとっくに退役している。

  • sent to the bottom of the Atlantic, and those that survive are held in reserve in the Pacific

    大西洋の海底に送り込まれ、生き残ったものは太平洋で待機させられる

  • in a desperate last stand to hold the Japanese off the California coast.

    日本軍をカリフォルニア海岸から引き離すための必死の最後の抵抗だった。

  • Likewise, most of America's battleships have long ago been lost to the major naval engagements

    同じように、アメリカの戦艦のほとんどは、主要な海戦でとっくに失われている。

  • of 1942 and 1943.

    1942年と1943年のものです。

  • Overwhelmed by a superior enemy with better planes, ships, and guns- and more of all three

    飛行機、船、銃、そしてその3つを兼ね備えた優勢な敵に圧倒された。

  • of those- the US Navy has been able to do little but put up enough of a fight to discourage

    その中で、アメリカ海軍は、ほとんど何もできず、ただひたすら戦い続けています。

  • an invasion of the homeland.

    祖国への侵攻である。

  • Until now.

    今までは。

  • As the destroyers steam towards their targets, ships being lost one by one under the withering

    駆逐艦が目標に向かって蒸気を出している間にも、艦船は次々と失われていきます。

  • enemy fire, the full complement of the enemy formation at last comes into sight.

    敵の攻撃を受けながら、ようやく敵の全陣形が見えてきた。

  • Rows of battleships supported by several squadrons of destroyers, and at the rear aircraft carriers

    戦艦の列に数個の駆逐艦隊が付き、後部には空母が配置されています。

  • for establishing air dominance.

    エア・ドミナンスを確立するために

  • Several spotters planes have been launched and have allowed the enemy to accurately direct

    数機のスポッター機が打ち上げられ、敵に正確な指示を与えることができるようになりました。

  • the fire of the battleships below onto the Americans, but the carriers haven't even bothered

    下にいる戦艦の砲火をアメリカ人に浴びせていますが、空母は気にも留めていません。

  • to launch their torpedo planes- they don't need to.

    魚雷を発射する必要はありません。

  • This last line of American defense in the Atlantic shatters and breaks in its suicidal

    この大西洋におけるアメリカの最後の防衛線は、その自殺行為によって粉々に砕け散り

  • attack, the joint British and German task force, protecting the largest invasion fleet

    攻撃は、最大の侵略艦隊を守る英独合同の機動部隊が

  • ever assembled by mankind, continues on its path to the American east coast.

    人類がこれまでに組み立てた中で、アメリカ東海岸への道を歩み続けている。

  • In the late 1930s, as Hitler began to ramp up his ambitions to create a new German Reich,

    1930年代後半、ヒトラーが新たなドイツ帝国の建設に向けて野心を燃やし始めた頃。

  • it was clear he had one major problem: the United States.

    しかし、彼には大きな問題がありました。

  • Taking on France and Britain would be difficult, though all of his advisors were confident

    フランスやイギリスを相手にするのは難しいが、アドバイザーたちは皆、自信を持っていた。

  • neither nation was prepared for war and could be defeated.

    どちらの国も戦争への準備ができておらず、敗北する可能性があった。

  • But if the United States were to once more throw its weight behind the Allies, as it

    しかし、もし米国が再び連合国側に肩入れするとしたら、かつてのように

  • had in World War I, then Hitler's dreams of conquering Europe could be at serious risk.

    第一次世界大戦に参戦していたヒトラーのヨーロッパ征服の夢は、深刻な危機に瀕していたのである。

  • Russia too would be problematic, but once his western flank was secure, shifting superior

    ロシアも問題ですが、西側の側面が確保された後は、優れた

  • German firepower to the Russian front would be simple.

    ドイツの火力をロシア戦線に投入するのは簡単だ。

  • Hitler's spies assured him that the Red Army was fundamentally weak- Stalin's great ideological

    ヒトラーのスパイは、赤軍は根本的に弱いと断言していたが、スターリンの偉大なイデオロギーである

  • purges and paranoia both had resulted in the extermination of many of the Red Army's best

    粛清とパラノイアの結果、赤軍の優秀な人材の多くが抹殺されてしまった。

  • officers.

    の役員になりました。

  • What remained was a rag-tag force of mostly conscripts led by officers who's primary qualification

    残ったのは、主に徴兵された軍人が率いるゴロツキ部隊であった。

  • wasn't battlefield expertise, but rather loyalty to Stalin.

    は、戦場でのノウハウではなく、スターリンへの忠誠心だった。

  • The United States was the ultimate thorn in Hitler's side.

    アメリカは、ヒトラーにとって究極のトゲであった。

  • Even if the nation remained neutral, Hitler's dream of German superpowerdom only meant that

    国が中立を保っていても、ヒトラーの夢であるドイツの超大国化は、あくまでも

  • it would eventually be put into direct competition with the United States, a nation that German

    そのためには、ドイツとアメリカの間で直接競争する必要があります。

  • observers were quick to point out was well on its way to becoming the dominant industrial

    このような状況の中で、日本の産業界は、世界的に見ても優位に立っていたと言えます。

  • and economic power in the world.

    そして、世界における経済力。

  • Despite the Great Depression having leveled the US economy, the potential was nonetheless

    世界大恐慌でアメリカの経済が落ち込んでいたにもかかわらず、潜在的には

  • there- its navy alone had grown by almost 100 ships by the time of Germany's invasion

    ドイツが侵攻するまでに海軍だけでも100隻近く増えていたのです。

  • of Poland.

    ポーランドの

  • It was obvious- Germany would either have to face America today, or defer the conflict

    ドイツは今日、アメリカと対峙するか、紛争を先延ばしにするか、どちらかを選ばなければならないのは明らかだった。

  • to a post-war era, when it had consolidated power in Europe.

    戦後、ヨーロッパで力を蓄えていた頃の話です。

  • However, postponing the conflict meant that the United States could continue to grow in

    しかし、紛争を先延ばしにすることは、米国が成長し続けることを意味していた。

  • power while Germany depleted itself in combat, potentially giving America an insurmountable

    ドイツが戦闘で消耗している間に、アメリカは圧倒的なパワーを得ることができました。

  • lead.

    をリードしています。

  • Better that the US be dealt with now, while Germany was still strong.

    ドイツがまだ強いうちに、アメリカに対処したほうがいい。

  • But how, exactly?

    しかし、具体的にはどのように?

  • First, American naval might would have to be neutralized- or at least heavily occupied.

    まず、アメリカの海軍力を無力化するか、少なくとも大きく占領しなければならない。

  • A modern industrial power protected on both sides by vast oceans, the United States enjoyed

    両側を海に囲まれた近代的な工業国である米国は、以下のような環境にありました。

  • the best strategic position of any major nation in human history.

    人類の歴史上、主要国の中で最も優れた戦略的ポジションにあります。

  • It could easily engage in trade with both the European and Asian world, while being

    ヨーロッパとアジアの両方の世界と容易に貿易を行うことができ、かつ

  • protected from both by the sheer size of the oceans at either coast.

    どちらの海岸にも巨大な海があり、その両方から守られています。

  • America knew this too, which is why in the 20th century it had begun a sizable investment

    アメリカもそのことを知っていたからこそ、20世紀に入ってから、かなりの額の投資を始めたのです。

  • in its Navy, which now rivaled the legendary British Royal Navy in might.

    海軍は、伝説的な英国海軍に匹敵するほどの力を持っていた。

  • It had also worked to deter any European expansion of power into its hemisphere of the world.

    また、ヨーロッパの勢力拡大を抑止する役割も果たしていました。

  • The United States would tolerate no threat based in the southern or northern spheres

    米国は、南半球や北半球に拠点を置く脅威を容認しない。

  • of the American continents.

    アメリカ大陸の

  • The German navy wasn't big enough to take on the Americans alone, its navy was more

    ドイツの海軍は単独でアメリカを相手にできるほどの規模ではなく、その海軍はもっと

  • focused on controlling the Baltic sea- and already faced incredible difficulty in doing

    バルト海の支配に重点を置いていましたが、すでにその実現は困難を極めています。

  • so thanks to the British and French navies.

    これはイギリスとフランスの海軍のおかげです。

  • What was needed was an ally with a strong navy of its own, and Japan afforded just such

    そのためには、強力な海軍を持つ同盟国が必要であり、日本はまさにそのような国であった。

  • an opportunity.

    機会を得ることができました。

  • If the United States could be distracted in the Pacific, not only might it be deterred

    アメリカが太平洋で気を抜くことができれば、それだけでなく

  • from joining the European war, but when the time came to bring the fight to American shores,

    しかし、いざアメリカに戦いの場を移すとなると、ヨーロッパの戦争には参加しませんでした。

  • the US would have to split its fleets between the Pacific and Atlantic.

    アメリカは、太平洋と大西洋で艦隊を分けなければならない。

  • But Japan would never be able to support an actual invasion of the American homeland,

    しかし、日本が実際にアメリカ本土への侵攻を支援することはできないだろう。

  • which is what would be needed to truly neutralize the threat that the US posed to German dreams

    アメリカがドイツの夢に与える脅威を真の意味で無力化するためには、それが必要である。

  • of superpowerdom.

    超大国の

  • It simply wouldn't be economic, or realistic, to ship German troops and equipment all the

    ドイツ軍の部隊や装備をすべて輸送することは、経済的にも現実的にも不可能であった。

  • way to the Pacific where it could be escorted to the American coast by Japanese ships.

    太平洋に出て、日本の船に護衛されてアメリカの海岸にたどり着くことができる。

  • Instead, it would have to be an Atlantic power that aided the German effort, and only one

    その代わりに、ドイツの努力を助ける大西洋の国でなければならず、そのためには1つの

  • nation had the naval might to challenge, and destroy, the American navy: Great Britain.

    アメリカの海軍に挑戦し、破壊するだけの海軍力を持つ国があった。イギリスである。

  • But how could Britain be persuaded to join its bitter enemy in a fight against the United

    しかし、イギリスが敵であるアメリカとの戦いに参加するように説得することはできなかった。

  • States?

    国?

  • Well, if Britain could be defeated quickly enough, or at least made to suffer heavily,

    まあ、イギリスがすぐに敗北するか、少なくとも大きな苦しみを与えることができればいいのですが。

  • then perhaps Hitler could coerce the British to view America as an enemy, opposed to its

    そうすれば、ヒトラーは、イギリス人がアメリカを敵とみなし、その反対の立場に立つように仕向けることができるだろう。

  • own colonial interests.

    自国の植民地の利益のために。

  • It was no secret that the American president, Franklin Roosevelt, and his vice-president,

    アメリカの大統領、フランクリン・ルーズベルトとその副大統領の間には、周知の事実があった。

  • Harry Truman, were both no fans of European colonialism.

    ハリー・トルーマンは、ともにヨーロッパの植民地主義を嫌っていた。

  • Already talks amongst American leadership echoed a sentiment that if the US were to

    すでにアメリカの指導者たちの間では、「もしもアメリカが日本に戻ってきたら」という思いが共有されています。

  • aid the Allies, it would only do so with the assurances that many of Britain and France's

    連合国を援助するには、英仏の多くの国が連合国を援助することを保証する必要があった。

  • colonies would be liberated in the post-war period.

    戦後には植民地が解放される。

  • With British colonies providing much of its industrial and economic power, surely England

    イギリスの産業・経済力の多くを植民地に依存していたイギリスは、確実に

  • could be convinced that opposing the United States was in its own best interests.

    アメリカに対抗することが自国の利益につながると確信できたのです。

  • After all, Hitler had no plans to take and hold the British isles themselves- Britain

    結局、ヒトラーにはイギリス島を占領する計画はなかった。

  • could be allowed its independence and even given favorable trading status with the new

    その結果、独立が認められ、さらには新興国との有利な貿易条件が与えられることになった。

  • German reich, in exchange for helping it crush America.

    ドイツ帝国がアメリカを潰すのに協力する代わりに、ドイツ帝国は

  • However, even before a naval invasion by a joint German-British fleet could commence,

    しかし、独英合同艦隊による海上侵攻が始まる前から

  • American industrial power would have to be pounded into submission.

    アメリカの工業力を叩き潰さなければならない。

  • And that was a hell of a challenge considering New York was 4,000 miles (6400 km) from Berlin.

    ニューヨークはベルリンから4000マイル(6400km)も離れているので、それは大変な挑戦でした。

  • German engineering genius however, could solve that issue.

    しかし、天才的なドイツの技術がその問題を解決してくれます。

  • Enter the Amerikabomber, a massive long range strategic bomber which could take off from

    アメリカン・ボマー」とは、アメリカの首都ワシントンDCから離陸できる巨大な長距離戦略爆撃機のことである。

  • airfields in France and deliver several tons of bombs to the American east coast.

    フランスの飛行場で、数トンの爆弾をアメリカの東海岸に届ける。

  • With competition from several different manufacturers, Hitler's dream of seeing New York city in

    複数のメーカーが競合する中、ヒトラーの夢であったニューヨークの街を

  • flames, and Hermann Goring's ambition tostuff the mouth of arrogance across the seawould

    炎上し、ヘルマン・ゴーリングの「海の向こうの傲慢な口を塞ぐ」という野望は

  • finally come true.

    やっと実現しました。

  • The die was cast, Hitler finally had a plan to crush America and ensure uncontested German

    ヒトラーはついにアメリカを潰し、ドイツの優位性を確保する計画を立てました。

  • superpowerdom in the age to come.

    来るべき時代の超大国の姿。

  • There was just one problem- none of Hitler's plans were even remotely realistic.

    しかし、ヒトラーの計画はどれも現実的ではなかった。

  • First, gaining British cooperation was exceedingly unlikely at best.

    まず、イギリスの協力が得られる可能性は限りなく低い。

  • Had Hitler actually succeeded in forcing Britain to surrender before American intervention,

    アメリカが介入する前に、ヒトラーが実際にイギリスを降伏させることに成功していたら。

  • perhaps the Royal Navy could have been wrangled for his effort to destroy American naval might

    アメリカの海軍力を破壊するために、イギリス海軍を説得したのかもしれない。

  • as part of an unconditional surrender.

    無条件降伏の一環として。

  • However, the US entry into the war in 1941 all but insured that Britain would continue

    しかし、1941年にアメリカが参戦したことで、イギリスの戦争継続が確実なものとなった。

  • to resist, and a cross-strait invasion was still an impossibility for the German army-

    が抵抗し、ドイツ軍にとっては海峡を越えた侵攻はまだ不可能だった。

  • even without American reinforcements waiting to greet them on British soil.

    アメリカの援軍がイギリスの地で待ち構えていてもだ。

  • Secondly, Hitler's dream of a bomber capable of reaching US soil was pure fantasy.

    第二に、ヒトラーの夢であったアメリカ本土に到達する爆撃機は、純粋な空想であった。

  • Not only were the engineering challenges of such a long range bomber incredibly difficult

    このような長距離爆撃機のエンジニアリング上の課題は非常に困難であっただけでなく

  • to overcome, and expensive, but German bombers would be put into the same position that Allied

    克服するのは難しく、コストもかかりますが、ドイツの爆撃機は連合軍の爆撃機と同じ位置に置かれることになります。

  • bombers would face themselves later in the war: forced to attack a heavily defended target

    戦後、爆撃機が直面したのは、重防御の目標への攻撃を余儀なくされたことだった。

  • with no fighter escorts.

    戦闘機の護衛はなし。

  • The savage mauling American bomber crews faced over Europe at the hands of the Luftwaffe

    アメリカの爆撃機の乗組員がヨーロッパで直面したドイツ空軍の猛烈な攻撃。

  • due to a lack of a long-range fighter made it clear that Hitler's plan to bomb the United

    長距離戦闘機の不足により、ヒトラーのアメリカ爆撃計画は明らかになりました。

  • States was destined for disaster even if the technical challenges were overcome.

    技術的な課題を克服しても、「Steats」は失敗する運命にあった。

  • However, the nail in the coffin for Hitler's plan to bomb the US came when Portugal lent

    しかし、ヒトラーのアメリカ空爆計画にとどめを刺したのは、ポルトガルの貸し出しだった。

  • the use of the Azores to the allies, denying Germany desperately needed airfields in the

    連合国側にアゾレス諸島の使用を認めさせ、ドイツが必要としていたアゾレス諸島の飛行場を奪いました。

  • Atlantic.

    アトランティック。

  • The truth is that other than a hazy ambition to attack the United States at home, Hitler

    実は、ヒトラーは国内でアメリカを攻撃するというぼんやりとした野心以外には

  • never truly had a plan to invade the US that was remotely realistic.

    アメリカへの侵攻計画が現実味を帯びることはなかった。

  • In a conversation with the Japanese ambassador in 1942, Hitler admitted that he did not yet

    1942年、日本大使との会話の中で、ヒトラーは「自分はまだ何もしていない」と認めた。

  • know how to defeat the United States.

    アメリカに勝つための方法を知っている。

  • Surely a troubling line of conversation coming from the wartime ally that dragged Japan into

    日本を巻き込んだ戦時中の同盟国から、困った話が出てきたものだ。

  • a one-on-one deathmatch with America in the Pacific.

    太平洋上でアメリカと一対一のデスマッチを行う。

  • Now you need to go watch Could the US defend from an invasion of the homeland?

    今すぐ「アメリカは祖国への侵略から守れるか」を見に行ってください。

  • Or click this other video instead.

    または、この別の動画をクリックしてください。

Somewhere far out in the Atlantic, a reinforced American destroyer squadron out on patrol

大西洋のどこかで、強化されたアメリカの駆逐艦部隊が哨戒活動を行っていた。

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 アメリカ ヒトラー ドイツ 海軍 イギリス 爆撃

ヒトラーのアメリカ征服計画の実際 (Hitler's Actual Plan for Taking Over America)

  • 6 0
    Summer に公開 2021 年 05 月 18 日
動画の中の単語