Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • So the film is called Iron Mind.

    だから映画は『アイアン・マインド』ということになる。

  • Anyone can watch it on our website and I basically hijacked you and put you in the movie based on our last interview.

    私たちのウェブサイトで誰でも見ることができますが、前回のインタビューをもとに、私があなたをハイジャックして映画に出演させました。

  • I was terribly upset by that.

    それを見て、私はひどく動揺した。

  • So thank you for that.

    だからこそ、ありがとうございました。

  • I really appreciate it.

    本当に感謝しています。

  • And for people that don't know the movie, you know from, from a bird's eye perspective is about a guest coming on the show, john joseph lead singer, the Cro Mags, 56 year old former punk rocker, former harry krishna vegan who is now doing Ironman Race.

    この映画を知らない人のために説明すると、鳥瞰図のように、ゲストが番組に登場します。クロマグスのリードボーカル、ジョン・ジョセフで、56歳の元パンクロッカー、元ハリー・クリシュナのビーガンで、現在はアイアンマンレースに参加しています。

  • Yeah, former addict, former addict job and yes, sexually abused child.

    ええ、元中毒者、元中毒者の仕事、そう、性的虐待を受けた子供です。

  • A lot of formers and then 10 Iron Iron Man, full Ironman races, which is double the race that I went to.

    たくさんのフォーミュラー、そしてアイアンマン、フルアイアンマンのレースを10回、私が行ったレースの倍の数です。

  • 12 hour races under his belt.

    12時間レースを経験。

  • Comes to my studio, Basically gets me to go back to New York because he feels there's some unfinished business with me there and then challenges me to run an ironman race.

    私のスタジオに来て、ニューヨークに未練があるからと言って、基本的にはニューヨークに戻るように仕向け、さらにはアイアンマンレースに挑戦しています。

  • Run, swimming bicycle.

    走る、泳ぐ、自転車。

  • Yeah, the yeah, the bike run and bikes, yeah, swim bike and run, which is like a six hour affair in 90 days.

    ええ、ええ、バイク・ラン・バイク、ええ、スイム・バイク・ラン、これは90日で6時間の出来事のようなものです。

  • And then I wish the trainer tells you, it usually takes a year to prepare for correct and you're going to do it in 90 days.

    そして、トレーナーから、普通は正しい準備をするのに1年かかるのに、90日でやってみろと言われたい。

  • Yeah, so it was quite a challenge.

    ええ、だからかなりのチャレンジでした。

  • And yeah, we go through this, this whole piece and while I'm training in New York City, I just, these demons kind of come out and you know that that all happened.

    そして、この作品全体を見て、ニューヨークでトレーニングをしているときに、私はただ、悪魔のようなものが出てきて、すべてが起こったことを知ることになるのです。

  • I remember I was on that bike, You can't say there's a part of the sequence where I'm training on a bike and I go really to a state of physical exhaustion and I was actually crying on that bike.

    自転車に乗ってトレーニングをしていて、肉体的に疲労困憊した状態になったときに、その自転車の上で泣いていたことを覚えています。

  • It looks like I'm sweating and I was crying and my whole crew freaked out.

    汗をかいているように見えますが、私は泣いていて、スタッフ全員がパニックになっていました。

  • They've never seen me cry before, and I was literally kind of falling apart while I was there in new york and I was in these village where I was first offered heroin and I lived in this heroin addiction.

    彼らは私が泣くのを見たことがありませんでした。私はニューヨークにいる間、文字通りボロボロになっていて、この村で初めてヘロインを勧められ、ヘロイン中毒になっていました。

  • And the interview we use is of me and and you um talking on the surface about my alcoholism, but there was also a heroin addiction mixed in there.

    私たちが使っているインタビューは、私とあなたが、表面的には私のアルコール依存症について話していますが、そこにはヘロイン依存症も混じっていました。

  • Um but still uh and so the movie addresses those issues and then there's a part where you come in where we do what you do with your work and we say, okay, uh most people would say, oh, you had the problem and now you got over it and we go deeper and say, okay, let's go back to the trauma.

    映画ではそのような問題を取り上げていますが、その後、あなたが登場して、あなたの仕事と同じように、「あなたは問題を抱えていたが、それを乗り越えた」と言う人が多いと思いますが、私たちはもっと深く掘り下げて、「よし、トラウマに戻ろう」と言います。

  • And so we visit my trauma and briefly talk that way.

    そして、私のトラウマを訪ねて、簡単にそのように話します。

  • If I make a comment here.

    ここでコメントをすると

  • Yeah, it's something in the film you say to john um you have much migrated from it than I did and I thought, uh because there's no comparing traumas.

    映画の中で、ジョンが......あなたは私よりもはるかに多くのことを経験していると言っていましたが、私は、トラウマを比較することはできないと思いました。

  • And let me ask you this question, how old were you in?

    そして、この質問をさせてください、あなたは何歳の時でしたか?

  • I think you were five or 7 when you're conscious of having experienced trauma.

    トラウマを体験したと意識するのは、5歳か7歳の頃だと思います。

  • Is that right?

    そうなんですか?

  • Seven was the divorce event itself?

    セブンは、離婚というイベントそのものを楽しんでいましたか?

  • Fair enough.

    いいじゃないですか。

  • So it's at that time.

    その時になってしまうんですね。

  • Yeah.

    うん。

  • Let's take your Children, hold is the oldest 12 years old, 2.5 to, well let's say he's five years old and let's say you and his mother are getting divorced.

    あなたの子供たちを例にとると、ホールドは一番上の12歳、2.5からは、まあ5歳だとして、あなたと彼の母親が離婚するとしましょう。

  • But before the divorce, there's a lot of tension and stress and strain in the home and your five year old comes to you and says daddy, I'm so unhappy and I'm so stressed and I'm so sad and I'm so scared and I'm so angry because you guys are fighting.

    しかし、離婚前は家庭内に緊張やストレスがあり、5歳の子供があなたのところに来て、「パパ、僕はとても不幸で、とてもストレスを感じていて、とても悲しくて、とても怖くて、あなたたちが喧嘩しているから、僕はとても怒っているんだ」と言います。

  • Would you say to him, you think this is bad?

    あなたは彼に「これは悪いことだと思う」と言いますか?

  • Think about the trauma that john joseph went through a music it when he was sexually abused.

    ジョン・ジョセフが性的虐待を受けたときに、ミュージック・イットで受けたトラウマについて考えてみてください。

  • Would you say that to your five year old?

    5歳の子供にそんなことを言うか?

  • No, I wouldn't say that to him.

    いや、彼にそんなことは言わないよ。

  • Why would you say to him?

    なぜ彼に言うのか?

  • Because, well, because he wouldn't understand that he's living in his world and in his world, this is a traumatic event because we totally uncompassionate to say it.

    なぜなら、まあ、彼が自分の世界で生きていることを理解してくれないだろうし、彼の世界では、これはトラウマになるような出来事なのだが、私たちはそれを言うには全く思いやりがないからだ。

  • But you say it to yourself in the film, you say to yourself.

    でも、映画の中では自分に言い聞かせているんですよね、自分に。

  • So I start brian you're comparing traumas, which is inherently unfair to you.

    だから私は、あなたがトラウマを比較しているのではないかと、ブライアンを始めたのです。

  • You can't compare traumas, each person trauma is their own and the pain is real.

    トラウマを比較することはできません。トラウマは人それぞれであり、その痛みは本物です。

  • And so and to say that somebody else is greater, pain is utterly meaningless and we would never do to other people.

    そして、誰か他の人がより偉大であると言うこと、痛みは全く無意味であり、私たちは他の人にすることはありません。

  • We only do it to ourselves anyway.

    どうせ自分のことしか考えていない。

  • Sorry, the job, I appreciate that.

    申し訳ありませんが、仕事、感謝しています。

  • And when I wrote, I wrote an email because we put this out in a weekly video series as well.

    そして、書くといっても、これは毎週のビデオシリーズでも出しているので、メールを書きました。

  • And I think I forbid you that third part where we just came clean about the heroin.

    そして、3つ目のパートでは、ヘロインのことを白状することを禁じていたと思います。

  • And then I wrote I said finally wrote the story about my shameful past and you watch the show and I really appreciate you wrote back and he said, I disagree about it's shameful and that was really powerful moment for you to say that and I appreciate that.

    そして、ついに私の恥ずかしい過去についての話を書いたと書いたら、番組を見てくれたあなたが返事をくれて、「恥ずかしいという意見には同意できない」と言ってくれました。

  • And if that was all really hard emailed the right, um I actually, you know, I this happened in new york, I hadn't told my wife about it, came back, we made the episode and then I showed it to her at home.

    もし、それが本当に難しいメールだったとしたら、私は実際に、ニューヨークで起こったこの出来事を、妻には伝えずに帰国し、エピソードを作って、家で妻に見せました。

  • It's the first time she ever heard about this for me.

    私にとっては初めて聞く話だそうです。

  • And then I said, maybe I have to send this email out and she's just like tell the world, tell him everything.

    そして、このメールを送らなければならないかもしれないと言ったら、彼女は「世界に向けて、彼にすべてを伝えよう」と言ってくれました。

  • So I wrote this like, yeah, she's good.

    だから、彼女はいいね、と思って書いたんだ。

  • So it's like three days on email.

    だから、メールでは3日くらいかな。

  • And it's it's been it's been one of the greatest things I've ever done.

    そしてそれは......私がこれまでにしてきたことの中で、最も素晴らしいことのひとつでした。

  • And I never thought that this deep dark black hole of my life would ever have any positive meaning ever.

    そして、この深く暗いブラックホールのような人生に、これまでにないポジティブな意味があるとは思っていませんでした。

  • I always thought it was just this really bad time and it will always be this dark hole.

    私はいつも、これは本当に悪い時期だったのだと思っていて、これからもずっとこの暗い穴のままだと思っています。

  • But like now it's actually this amazing source of light.

    しかし、今のように実際には素晴らしい光源となっています。

  • Well.

    まあね。

  • And your friend john says that in the film, I think at some point you said something about the addiction.

    あなたの友人のjohnは、映画の中で、ある時点であなたが依存症について何か言っていたと思います。

  • I mean all this, all this suffering has been a great gift because he's learned so much from it.

    つまり、すべての苦しみは、彼がそこから多くのことを学んだからこそ、大きな贈り物となったのです。

  • Yeah.

    うん。

  • You know, I was speaking of woman today to a journalist here in London, she had breast cancer and she said that was the greatest gift she had.

    今日、私はロンドンのあるジャーナリストに女性の話をしました。彼女は乳がんを患っていましたが、それが彼女にとって最大の贈り物だったと言いました。

  • No, I don't recommend heroin addiction or best consider anybody.

    いいえ、私はヘロイン中毒を勧めたり、誰かのことを一番に考えたりはしません。

  • It's only that when they happen and then we work our way through them.

    起こった時にはそれだけで、その後はそれを乗り越えていくのです。

  • We actually get the gift of what they're here to teach us the truth about ourselves and the truth.

    私たちは実際に、彼らが私たち自身と真実を教えるためにここにいることの贈り物を得る。

  • That light is the greatest gift there is.

    その光は、最高の贈り物だと思います。

  • Mhm.

    mhm

  • Yeah.

    うん。

  • Mhm.

    mhm

  • Mhm.

    mhm

  • Mhm.

    mhm

  • Mhm.

    mhm

  • Yeah.

    うん。

  • Mhm.

    mhm

  • Yeah.

    うん。

  • Mhm.

    ムムム。

  • Yeah.

    うん。

So the film is called Iron Mind.

だから映画は『アイアン・マインド』ということになる。

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

A2 初級 日本語 トラウマ ヘロイン 贈り物 映画 中毒 ニューヨーク

BRIAN ROSEのIRONMIND TRAUMAをGABOR MATEで説明する - London Real (BRIAN ROSE'S IRONMIND TRAUMA EXPLAINED WITH GABOR MATE - London Real)

  • 6 0
    林宜悉 に公開 2021 年 05 月 12 日
動画の中の単語