Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • It is just another day in the household of Ed Gein.

    それはエド・ゲインの家庭での日常である。

  • The morning starts well, with Ed waking up early as usual to the familiar chorus of birdsong

    いつものようにエドが早起きすると、鳥の鳴き声が聞こえてきて、朝が始まる。

  • that he hears outside in the garden.

    庭の外で聞こえてくるのは

  • Yawning and stretching, he peers out of the open window to be greeted by a warm breeze.

    あくびをして体を伸ばし、開いた窓から外を見ると、暖かい風が吹いていた。

  • Life is good.

    Life is good.

  • As per usual, he grabs a nut from a bowl he's fashioned out of a human skull.

    いつものように、彼は人間の頭蓋骨で作ったボウルからナッツを手に取る。

  • When his morning hunger is satiated, he heads over to the closet and picks out a pair of

    朝の空腹感が満たされると、彼はクローゼットに向かい、一足の靴を選びます。

  • human-skin leggings and a bodysuit made from a human torso.

    人間の皮を使ったレギンスと、人間の胴体を使ったボディスーツ。

  • He then looks at a shelf bedecked with faces he once skinned from heads.

    そして、かつて自分が頭から剥いだ顔を並べた棚を見る。

  • Wagging his finger at the selection as if to say, eeny, meeny, miny, moe, he chooses

    指をくわえて、「えーん、えーん、みーん、もーん」と言いながら選んでいる。

  • the face that belonged to a woman named Dora.

    その顔は、ドーラという女性のものだった。

  • He smiles, thinking about how much she looks like his dearly departed mother.

    彼は、彼女が亡くなった母親に似ていることを考えて微笑んだ。

  • If the weather holds up, in the afternoon he'll put on the entire outfit and have

    天気が良ければ、午後には全ての衣装を身につけて

  • a little dance in the garden.

    庭でちょっとしたダンスをする。

  • This may sound like the intro to a dark horror movie, but it was in fact the truth of Ed

    まるで暗いホラー映画のイントロのようだが、実はこれがエドの真実だった。

  • Gein's life.

    ガインの人生。

  • He told the cops matter-of-factly that he derived great enjoyment from skinning women.

    彼は警察に、「女性の皮を剥ぐのが一番の楽しみだ」と淡々と語った。

  • He also admitted that he would wear his human suit and, in his thoughts, become his deceased

    また、人間のスーツを着て、思考の中で、亡くなった彼になることも認めています。

  • mother.

    の母です。

  • It was literally like getting under someone's skin.

    文字通り、人の肌に触れるような感覚でした。

  • What you want to know, though, is why would he do this?

    しかし、あなたが知りたいのは、なぜ彼がこのようなことをするのかということです。

  • That's not often discussed.

    それはあまり議論されていません。

  • There are also a few things about his life that have been questioned in the past, so

    また、彼の人生については、過去に疑問視されたことがいくつかありますので

  • we'll try and clear some things up today.

    私たちは今日、いくつかの点をクリアにしてみます。

  • Ok, so most of you will have heard about the so-calledButcher of Plainfieldand

    さて、皆さんはいわゆる「PlainfieldのButcher」について聞いたことがあるでしょう。

  • we imagine many of you know that quite a few horror movies have been based on what he did.

    彼の作品をベースにしたホラー映画がいくつもあることは、多くの方がご存知だと思います。

  • Silence of Lambs”, “PsychoandThe Texas Chain Saw Massacrebeing the well-known

    "羊たちの沈黙」、「サイコ」、「テキサス・チェーンソー・マシーン」などが有名です。

  • ones, but Gein inspired many, many more.

    しかし、Geinはもっともっと多くの人に影響を与えました。

  • We've talked about his wicked deeds before, but for you Ed Gein newbies, we'll give

    彼の悪行については以前にもお話しましたが、エド・ゲイン初心者の方のために

  • you a fast-track introduction to his life.

    彼の人生をいち早く紹介しています。

  • In short, his mother, Augusta, was an overbearing, controlling, puritanical matriarch.

    つまり、彼の母オーガスタは、威圧的で支配的で清教徒的な家長だったのです。

  • She hardly ever allowed Ed and his brother out of their isolated farmhouse in the small

    彼女は、エドと彼の弟を、小さな家にある孤立した農家からほとんど外に出さなかった。

  • rural village of Plainfield, Wisconsin.

    ウィスコンシン州の田舎町、プレーンフィールド。

  • She would fill their heads with words from the bible, telling the boys that sin was all

    彼女は、聖書の言葉で彼らの頭を満たし、少年たちに「罪はすべての

  • around, that evil lurked, that both men and women were corrupted, unkind, and constantly

    周りには悪が潜んでいて、男も女も堕落していて、不親切で、常に

  • as carnal as canines in heat.

    発情したイヌのように肉欲的なのだ。

  • That's one reason she kept them home so often.

    そのため、家に置いておくことが多かったのです。

  • She didn't want them getting too close to the sinners in the town of 700 or so where

    彼女は、700人ほどの町の罪人たちとあまり親しくなってほしくなかった。

  • they lived.

    彼らは生きていた。

  • It didn't help that the father was a drunkard.

    父親が酒浸りだったのは仕方がない。

  • Men, to Augusta, had been a huge disappointment in her life.

    オーガスタにとって男性は、自分の人生の中で大きな失望の対象となっていた。

  • She despised the women in the town, though, as much as the men, which made her a misogynist

    しかし、彼女は町の女性を男性と同じように軽蔑しており、女性差別主義者でもありました。

  • as well as a misandrist.

    また、ミサンドリストでもあります。

  • We guess you could call her a misanthrope, although one delusionally believing she was

    人間嫌いと言ってもいいかもしれませんが、自分を信じていた人は

  • guided by God.

    神に導かれて

  • She told the boys all those townsfolk had loose morals.

    彼女は少年たちに「あの町の人たちはみんなモラルがない」と言った。

  • For this reason, Ed never really formed any relationships with girls while he was growing

    そのため、エドは成長期に女の子との関係を築くことはありませんでした。

  • up.

    をアップしています。

  • He had no idea how to interact with girls, and later women, due to the fact his mind

    彼は、女の子、後には女性とどのように接したらいいのかわからなかったのです。

  • had been warped by his mom.

    は、母親の影響で歪んでいた。

  • We'll come back to the psychological impact of this soon.

    このことによる心理的な影響については、すぐに戻ってきます。

  • Ok, so fast-forward a few years and the bottle had made short work of Ed's father.

    さて、数年後のことだが、このボトルはエドの父親をすぐに殺してしまった。

  • His brother actually did manage to get into a relationship when he'd grown into a man,

    弟は大人になってから恋愛をしていた。

  • although Ed was never able to escape from his mother's very firm grasp.

    しかし、エドは母の強い支配から逃れることはできなかった。

  • So, as you can imagine, Ed was pretty upset when his mother died.

    そのため、母親が亡くなったとき、エドはかなり動揺していたことは想像に難くない。

  • In his late 30s, he was the sole inhabitant of the farm, and by God, what a mess it was.

    30代後半の彼は、この農場にたった一人で住んでいたのだが、なんということだろう。

  • It looked like a junkyard inside.

    中はまるでジャンクヤードのようだった。

  • What he'd done is boarded up most of the house and made two of the rooms where his

    彼は、家のほとんどを板で囲い、2つの部屋を彼の部屋にした。

  • mother stayed the most often into shrines for her.

    母が一番多く滞在した場所は、母のための神社になっています。

  • The kitchen and another room he kept for himself, although the area looked more like a dump.

    台所ともう一つの部屋は自分のために使っていたが、この辺りはまるでゴミ捨て場のようだった。

  • The state of the house when cops arrived was described like this, “After the unholy squalor

    警察が到着したときの家の様子は、「穢れた汚さの後に

  • of the rest of the house, the very neatness of these rooms was intensely unsettling.”

    他の家と比べて、この部屋の整然とした様子は強烈な不安感を与えました」。

  • The house actually had no electricity or running water.

    実はこの家には、電気も水道もありませんでした。

  • When they found Ed he'd been subsisting mostly on rabbits he'd hunted and potatoes.

    エドが発見されたとき、彼は狩ってきたウサギとジャガイモを主食にしていた。

  • Occasionally he'd go out and fill up on pork chops at the house of a couple named

    たまには、ポークチョップ(豚の角煮)を食べに行くこともあったという。

  • Irene & Lester Hill.

    アイリーン&レスター・ヒル

  • If he could get it, he also enjoyed Macaroni Cheese.

    また、マカロニチーズがあれば、それも好んで食べました。

  • In 1957, when he was 41-years old, police arrived on his property following up on an

    1957年、彼が41歳の時、警察が彼の家にやってきた。

  • investigation of a missing woman.

    行方不明になった女性の調査です。

  • They knew Ed, as did many of the townsfolk, as being a quiet man who kept to himself.

    彼らはエドを、多くの町の人々と同様に、自分の中に閉じこもっている静かな男だと知っていた。

  • He had never been a threat to them, quite the opposite in fact, he even babysat for

    彼は決して彼らを脅かす存在ではなく、むしろ逆で、彼らのためにベビーシッターもしていた。

  • kids now and again, with one parent once saying, “Good old Ed.

    ある親御さんは、「昔のエドは良かった」と言っていました。

  • Kind of a loner and maybe a little bit odd with that sense of humor of his, but just

    一匹狼で、ちょっと変わったユーモアのセンスを持っているかもしれませんが、ただ

  • the guy to call to sit in with the kiddies.”

    子供たちと一緒に座ってくれる人を呼ぶために」。

  • Yep, can you imagine how that person felt when the cops made their grizzly discovery?

    うん、警察がグリズリーを発見したとき、その人がどんな気持ちだったか想像できますか?

  • Here are some of the things they found, besides the body of the missing woman who Ed had tied

    エドが結んだ行方不明の女性の遺体の他に、彼らが見つけたものを紹介します。

  • to the beams of his barn ready to butcher her.

    と言って、納屋の梁の上で屠殺しようとしました。

  • He'd already sliced her down the middle and removed her organs and head, but much

    彼はすでに彼女を真ん中から切って、内臓と頭を取り除いていたが、はるかに

  • work still had to be done.

    まだまだ、やらなければならないことがある。

  • Police also found: Human skulls.

    警察も発見しました。人間の頭蓋骨。

  • A corset made from the skin of a woman's torso.

    女性の胴体の皮を使ったコルセット。

  • That was his bodysuit.

    あれは彼のボディスーツだ。

  • They found nine masks made from faces he'd peeled off.

    彼が剥いだ顔で作った9つのマスクが見つかった。

  • They found a head, a collection of vulvae in a shoebox, a belt made from nipples, human

    頭部、靴箱に入った外陰部のコレクション、乳首で作られたベルト、人間の

  • skin leggings, human skin chair covers, and a skin wastebasket, as well as a collection

    人肌のレギンス、人肌の椅子カバー、人肌のゴミ箱、そしてコレクションとしての

  • of noses and some lips attached to a window shade drawstring.

    鼻と唇を窓枠の巾着に取り付けたものです。

  • There were skulls on bedposts and a lampshade made from a woman's skin.

    ベッドの柱には頭蓋骨があり、女性の皮膚で作られたランプシェードもありました。

  • You already know that he was obsessed with his mom.

    彼がお母さんに執着していたことはもうご存知でしょう。

  • Often, serial killers that have killed women have grown up with very controlling mothers

    女性を殺害した連続殺人犯は、母親に支配されて育った場合が多い。

  • who have been extremely overprotective.

    極めて過保護であったこと。

  • According to psychologists these kids don't properly develop.

    心理学者によると、これらの子供たちは適切に成長しないそうです。

  • Some feminists have taken umbrage with this point, saying it's just another case of

    この点について、フェミニストの中には、「これもまた、日本の伝統文化の一つだ」と憤慨する人もいます。

  • men blaming women for their own misdeeds, but according to one study we found, 66% of

    自分の悪行を女性のせいにしている男性がいますが、私たちが見つけたある調査によると、66%の人が

  • serial killers were raised in a household with a dominant mother.

    シリアルキラーは、支配的な母親のいる家庭で育てられた。

  • There's also the fact she screamed about hell and sin to young Ed all the time.

    また、彼女は若いエドに地獄や罪についていつも叫んでいたという事実もある。

  • Sure, you can't put the whole blame on her, but you do have to ask if her very peculiar

    確かに、彼女にすべての責任を負わせることはできませんが、彼女の非常に独特な

  • and often abusive way of childrearing led to Ed's macabre behavior.

    その結果、エドの異常な行動につながったのである。

  • Ed's father was also to blame since he often just went quiet or disappeared during the

    エドの父親もまた、その原因の1つであったが、彼はしばしば黙って姿を消してしまった。

  • mother's tirades.

    母の暴言を聞いていた。

  • A dominant mother and a weak father can sometimes be a bad mix.

    支配的な母親と弱い父親というのは、時に悪い組み合わせになります。

  • On some occasions, the father would strike the mother.

    時には父親が母親を殴ることもあった。

  • Domestic violence is also a common feature in the childhoods of serial killers.

    また、連続殺人犯の幼少期には、家庭内暴力がよく見られます。

  • Three-quarters of serial killers have suffered psychological abuse as kids.

    連続殺人犯の4分の3は、子供の頃に心理的な虐待を受けています。

  • So, perhaps Ed's obsession with his mother was because of her dominance and the fact

    つまり、エドが母親に執着したのは、母親の支配力や

  • he never got a chance to see how abusive she was.

    彼女がどれほどの虐待を受けていたかを知る機会はありませんでした。

  • Her hatred of other women may also have encouraged Ed to believe they were all bad, and that

    彼女が他の女性を憎んでいたことで、エドは他の女性はみんな悪い人だと思い込んでいたのかもしれません。

  • she was the only good one.

    彼女は唯一の良い人だった。

  • This twisted love is likely why after she died, Ed tried to recreate his dear, dead

    この歪んだ愛が、彼女の死後、エドが死んだ愛する人を再現しようとした理由なのでしょう。

  • mother.

    の母です。

  • But what about the brother?

    でも、お兄ちゃんはどうなの?

  • Ed always looked up to his brother.

    エドはいつも兄を尊敬していた。

  • Together they did odd jobs around the town, although since Ed was somewhat emotionally

    二人で町中の雑用をこなしていたが、エドは感情的になっていたので

  • retarded, he much preferred to babysit.

    知恵遅れの彼は、ベビーシッターをするのが好きだった。

  • Kids were on his level.

    子供たちは彼のレベルに合わせてくれました。

  • The thing was, the brother took note of how obsessed Ed was with their mom.

    弟は、エドが母親に夢中になっていることを気にしていたのだ。

  • He even berated the mom about it, telling her to let Ed do his own thing.

    そのことで、お母さんに「エドには自分のことをさせてあげなさい」とまで言われてしまった。

  • Instead of appreciating his older sibling standing up for him, Ed couldn't believe

    エドは、兄が自分のために立ち上がってくれたことに感謝するどころか、信じられませんでした。

  • his brother was saying such things about the purest, most wonderful woman in the world,

    弟は、世界で最も純粋で素晴らしい女性に対して、そのようなことを言っていたのです。

  • a woman he later told cops was a “saint”.

    後に警官に「聖人」だと語った女性がいた。

  • Now there was some resentment between the brothers.

    さて、兄弟の間には恨みがあった。

  • One day there was a brush fire that was getting a little too close to the farmhouse.

    ある日、農家の近くで山火事が発生しました。

  • The brothers went to put it out, but only one came back.

    兄弟はそれを消しに行ったが、一人だけ戻ってきた。

  • Ed got in touch with the cops and told them he'd lost his brother while putting out

    エドは警察と連絡を取り、消火活動中に弟を失ったことを伝えた。

  • a fire.

    炎。

  • A search party later found him, except his lifeless body was not near where the fire

    その後、捜索隊が彼を発見しましたが、彼の無残な姿は火事のあった場所の近くにはありませんでした。

  • had been.

    でした。

  • On top of that, his head was bruised.

    その上、頭には打撲傷があった。

  • No one believed that quiet Ed the local babysitter could have killed his brother.

    地元のベビーシッターである静かなエドが弟を殺したとは誰も信じなかった。

  • The coroner ruled the death asphyxiation, but it's almost certain that this was Ed's

    検視官は窒息死と判断したが、これはほぼ確実にエドの

  • first murder.

    最初の殺人。

  • Investigators should have asked for an autopsy, and if they had, it's very likelyThe

    捜査官は解剖を依頼するべきだったし、もし依頼していたら「The」の可能性が高い。

  • Silence of the Lambswould have been a very different movie.

    羊たちの沈黙」は、まったく別の映画になっていたでしょう。

  • Those who have studied the case have said that Ed was not only upset at his brother's

    この事件を研究している人たちは、エドが兄のことで動揺しただけでなく

  • attitude regarding his mother's behavior but he likely wanted her all to himself.

    母親の行動については、「自分だけのものにしたい」という気持ちが強かったようです。

  • Now there were just the two of them, but things weren't exactly peachy creamy.

    今では2人だけの生活になったが、決して順調とは言えなかった。

  • Augusta had a stroke and according to what Ed later told the cops, she was still very

    オーガスタは脳梗塞を患っていたが、後にエドが警官に語ったところによると、彼女はまだ非常に

  • much anti-women.

    反女性が多い。

  • You should know here that while Augusta said fornication was a sin, she still had children.

    ここで知っておいていただきたいのは、アウグスタは姦淫を罪だと言いながらも、子供を産んでいたということです。

  • Historians say that after having her first son she prayed for a girl.

    歴史家によると、長男を産んだ後、彼女は女の子が欲しいと祈ったそうです。

  • She believed a girl could be controllable, would be chaste, would not sin like men.

    彼女は、女の子はコントロール可能で、貞節であり、男性のように罪を犯さないと信じていました。

  • But she got Ed, who could be said to have been the girl she wanted.

    しかし、彼女はエドを手に入れた。エドは、彼女が望んでいた女の子と言ってもいいだろう。

  • When he was born, she told herself that this child would be perfect.

    彼が生まれたとき、彼女は「この子は完璧だ」と自分に言い聞かせた。

  • She would not allow him to be foul-mouthed, lustful, immoral, and impious.

    彼女は彼が口汚く、欲望に満ち、不道徳で、不敬なことをするのを許さなかった。

  • She would control his every action.

    彼女は彼のすべての行動をコントロールする。

  • So, when it was just her and Ed things actually became worse.

    だから、彼女とエドが二人きりになると、かえって悪くなってしまった。

  • Much of their time was spent reading about sinners.

    彼らの時間の多くは、罪人についての読書に費やされた。

  • This was one passage from the bible she liked to read to him even when he was a fully grown

    これは、大人になってからも彼女が好んで読み聞かせていた聖書の一節です。

  • adult.

    アダルト。

  • It's from Revelation 17: 3-5, about John seeing a vision of a “great prostitute”.

    ヨハネが「大いなる娼婦」の幻を見たという、黙示録17:3~5からの引用です。

  • So he carried me away in the spirit into the wilderness: and I saw a woman sit upon

    "だから、彼は私を霊のまま荒野に連れ去った。

  • a scarlet colored beast, full of names of blasphemy, having seven heads and ten horns.

    7つの頭と10本の角を持つ、冒涜的な名前でいっぱいの緋色の獣。

  • And the woman was arrayed in purple and scarlet color, and decked with gold and precious stones

    女は紫と緋色に身を包み、金と宝石で飾られていました。

  • and pearls, having a golden cup in her hand, full of abominations and filthiness of her

    真珠と金の杯を手に持ち、醜いものや汚いもので溢れかえっています。

  • fornication: and upon her forehead was a name written.”

    彼女の額には名前が書かれていた」。

  • Maybe now you might be close to understanding how such a demented man became the way he

    これで、あんなに頭の悪い人がどうしてあんなになってしまったのか、少しは理解できたのではないでしょうか。

  • was.

    でした。

  • But there's more, much more.

    しかし、それだけではありません。

  • Augusta had a stroke, so after that Ed had to do most of the chores.

    オーガスタが脳梗塞で倒れてからは、エドがほとんどの家事をこなすようになった。

  • He was also tasked with reading the bible to her each night since she was not able to

    また、彼女が聖書を読むことができないため、毎晩、聖書を読んであげる役目も担っていました。

  • read to him.

    を読み聞かせていました。

  • He'd sit there under lamplight at the side of her bed while she told him to read passages

    灯りの下、彼女のベッドの横に座って、彼女に言われるままに文章を読んでいた。

  • like the one you've just heard.

    今聞いた話のように

  • It's easy to understand why Ed wasn't exactly comfortable with women.

    エドが女性を苦手としていたことは、容易に想像がつく。

  • One day they ran out of straw, so both she and Ed went to a guy named Smith to buy some.

    ある日、藁が足りなくなったので、彼女とエドはスミスという男のところに藁を買いに行った。

  • Only when they got there, Smith was beating a dog in a very brutal fashion.

    ただ、彼らがそこに着いたとき、スミスは非常に残忍な方法で犬を殴っていた。

  • He beat it so much it died in front of the shocked Ed.

    彼は、ショックを受けたエドの目の前で死んでしまうほど叩きのめした。

  • Tears filled his eyes, and his mother looked awfully upset, too.

    彼の目には涙が浮かんでおり、母親もひどく動揺しているように見えた。

  • But get this, she wasn't upset about the dog.

    しかし、彼女は犬のことで動揺していたわけではありません。

  • She didn't care at all about the dog.

    彼女は犬のことを全く気にしていなかった。

  • She then told Ed that the woman who'd appeared in the doorway of Smith's house was not

    そして彼女はエドに、スミスの家の玄関に現れた女性は

  • his wife.

    妻のことだ。

  • What a terrible sin it was!

    それは何と恐ろしい罪だったのか。

  • With a bloodied dog in front of him, Ed's mother said two words, “Smith's harlot!”

    血まみれの犬を目の前にして、エドの母親は "スミスのハーロット!"と二言。

  • And then his mother died.

    そして、母親が亡くなりました。

  • Ed's thoughts turned to how cruel the world was.

    エドは、世界がいかに残酷であるかということに思いを馳せた。

  • He was absolutely lost without her.

    彼は、彼女がいないと絶対にダメだと思っていた。

  • Who would guide him and keep him on the path of righteousness?

    誰が彼を導いてくれるのか、彼を正義の道に導いてくれるのか。

  • He very quickly descended into insanity, although this wasn't apparent to the local people.

    彼はすぐに狂気に陥ったが、それは地元の人々にはわからなかった。

  • They even sent their kids to the farm so he could babysit them.

    また、自分の子供を農場に送って、彼が子守をすることもありました。

  • Later, some would return home saying Ed liked to tell them about the pulp books he had that

    後になって、エドが持っていたパルプの本の話をするのが好きだと言って帰ってくる人もいました。

  • featured stories about cannibals and Nazi atrocities.

    は、人食い人種やナチスの残虐行為などの話を取り上げていました。

  • One time a 16-year old returned home and told his parents he'd seen shrunken heads at

    ある時、16歳の子供が家に帰ってきて、両親に「お店で縮んだ頭を見た」と言ったそうです。

  • the house, which Ed later said he'd been sent by a cousin of his who'd served in

    家の中には、後にエドが言うには、戦地に赴いていた従兄弟が送ってくれたものだそうだ。

  • WWII.

    WWIIです。

  • What the kid had actually seen were some of Ed's face masks.

    その子が実際に見たのは、エドのフェイスマスクの一部だった。

  • The parents paid no mind.

    両親は気にも留めなかった。

  • It was just weird Ed being weird again.

    奇妙なエドがまた奇妙になっただけだ。

  • To everyone, he was just a harmless, lonely man.

    誰が見ても、彼はただの無害で孤独な男だった。

  • Nothing could have been further from the truth.

    しかし、それは本当のことではありません。

  • His first victim was the local tavern owner named Mary Hogan.

    彼の最初の犠牲者は、地元の酒場のオーナーであるメアリー・ホーガンだった。

  • She looked a bit like his mother, although in personality she was very different.

    彼女は彼の母親に少し似ていたが、性格的には全く違っていた。

  • She cursed, she'd been divorced twice, she'd even been a madam in a brothel, but dead,

    彼女は、2度の離婚を経験し、売春宿のマダムになったこともあるが、死んでしまったことを呪った。

  • she could certainly become part of a bodysuit.

    彼女は確かにボディスーツの一部になるかもしれません。

  • Police found her head at his house upon his arrest.

    逮捕された彼の自宅で、警察が彼女の頭部を発見しました。

  • He admitted that he had no scruples about taking her life because he believed her to

    と信じていたので、彼女の命を奪うことに何のためらいもなかったことを認めています。

  • be an immoral person.

    は不道徳な人間である。

  • It seemed with the puritanical influence of his mother gone, he didn't have the ability

    母親の影響を受けていない彼には、そのような能力はなかったようです。

  • to create an identity for himself.

    自分のアイデンティティを作るために

  • This is one of the reasons he killed Mary Hogan and the woman the cops found strung

    これが、メアリー・ホーガンを殺した理由のひとつであり、警察が発見した女性の首を絞めた理由でもある。

  • up in his barn, Bernice Worden.

    バーニス・ワーデンは、彼の納屋にいた。

  • He later said he'd planned her murder for about a week.

    後に彼は、1週間ほど前から彼女の殺害を計画していたと語っている。

  • Hogan was killed with a .32 Mauser pistol when they were both alone in the tavern.

    ホーガンは、酒場で二人きりになったときに、32マウサーのピストルで殺された。

  • He killed Worden in her store with a Marlin .22 rifle.

    彼はワーデンさんの店でマーリンの22口径ライフルで殺害しました。

  • Both times he somehow managed to get the bodies home without anyone seeing.

    2回とも、何とか誰にも見られずに遺体を持ち帰ることができた。

  • Did he kill more people?

    より多くの人を殺したのか?

  • It's very possible that he may have murdered a 15-year old named Evelyn Hartley.

    彼がエブリン・ハートリーという15歳の少女を殺害した可能性は非常に高い。

  • The Plainfield resident had gone missing after babysitting.

    プレーンフィールドの住人は、ベビーシッターをした後に行方不明になっていました。

  • There were signs of a struggle in the house where she'd been, with her broken eyeglasses

    彼女がいた家には争った形跡があり、壊れた眼鏡があった。

  • found and bloodstains on the floor.

    が見つかり、床には血痕が残っていました。

  • Her underwear was found nearby and some bloodied man's pants found a little farther away.

    彼女の下着は近くで発見され、血のついた男性のズボンは少し離れたところで発見された。

  • He may also have killed 8-year old Georgia Weckler, who went to school one day and never

    また、8歳のジョージア・ウェックラーを殺害した可能性もあります。

  • came back.

    が戻ってきました。

  • Her body was never found and the only clue was a tire track from a Ford vehicle.

    彼女の遺体は発見されず、唯一の手掛かりはフォード車のタイヤ痕だった。

  • Then there were the two deer hunters, Victor Travis and Ray Burgess, who also went missing

    また、鹿狩りをしていたビクター・トラビスとレイ・バージェスの2人も行方不明になりました。

  • in Plainfield during the time Ed was living on that farm.

    エドがその農場に住んでいた間、プレーンフィールドの

  • One thing you don't always hear about the Ed Gein interrogations is the fact he took

    エド・ゲインの尋問についていつも聞かれることはないが、彼が取ったのは

  • a lie detector test regarding the murders we have just talked about.

    先ほどの殺人事件に関する嘘発見器のテストです。

  • Such tests are not conclusive, but this is what Charles M. Wilson from the State Crime

    このようなテストは決定的なものではありませんが、State CrimeのCharles M. Wilson氏はこのように述べています。

  • Laboratory concluded when he gave him the test:

    研究室は、彼にテストを渡したときに結論を出した。

  • The lie detector tests of Edward Gein have now been completed, and after consultation

    "エドワード・ゲインの嘘発見器検査が終了し、相談の結果

  • with the several interested district attorneys, we are able at this time to state that the

    数人の関心のある地方検事と一緒に、今のところ、私たちは

  • results of the tests referred to eliminate the subject, Edward Gein, 51 years of age,

    エドワード・ゲイン(51歳)を排除するために行われた検査の結果です。

  • as the person responsible for and/or involved in the disappearance of Evelyn Hartley in

    のエヴリン・ハートリー失踪事件の責任者・関係者として

  • La Crosse County on Oct. 24, 1953; the disappearance of Georgia Jean Weckler in Jefferson County

    1953年10月24日、La Crosse County、Jefferson County、Georgia Jean Wecklerの失踪事件。

  • May 1, 1947, and Victor Tavis in