Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • Plagues, murder, human sacrifice - this is  hardly the stuff of children's literature...or  

    疫病、殺人、人身御供......児童文学の世界とは思えない......。

  • is it? Once you hear the dark messages behind  nursery rhymes that you thought you knew,  

    とは?知っていると思っていた童謡に隠された暗いメッセージを聞けば

  • you'll have to agree that Mother Goose  has earned a place alongside the world's  

    は、マザーグースが世界の名作と並ぶ地位を獲得したことに同意しなければならないでしょう。

  • greatest horror writers like Edgar Allen  Poe, Bram Stoker, and Stephen King.

    エドガー・アレン・ポー、ブラム・ストーカー、スティーブン・キングといった偉大なホラー作家たち。

  • Nursery rhymes may seem harmless or downright  cute to us today, but when you learn about the  

    童謡は、現代の私たちにとっては無害でかわいいものに思えるかもしれませんが、その背景を知ると、とても興味深いものです。

  • dark history behind some of the most famous and  enduring nursery rhymes, they sound less like  

    童謡の中でも特に有名なものは、その裏に隠された歴史を知ることで、より深く理解することができます。

  • adorable children's songs and more like gruesome  horror stories. From evil monarchs to public  

    愛らしい童謡のようなものから、陰惨なホラー小説のようなものまで。邪悪な君主から一般の人まで

  • executions, deadly plagues to brutal murdersnursery rhymes are more than just background  

    処刑、致命的な疫病、残忍な殺人など、童謡は単なる背景ではありません。

  • music for fun children's games - they are a living  record of some of the darkest moments in history.

    子供向けの楽しいゲームのための音楽、それは歴史上の最も暗い瞬間の生きた記録です。

  • Ring around the rosie A pocketful of posies 

    Ring around the rosie A pocketful of posies

  • Ashes, ashes We all fall down!

    Ashes, ashes We all fall down!

  • This catchy nursery rhyme from 1881 brings to  mind images of adorable children holding hands,  

    1881年に発表されたこのキャッチーな童謡は、手をつないだ子供たちの愛らしい姿を思い起こさせます。

  • singing and dancing in a circle until theyall  fall down”. It may seem like a harmless game,  

    輪になって歌ったり踊ったりして、「全員が倒れる」まで続ける。一見、無害なゲームのように見えるかもしれません。

  • but this fun children's song actually  has a very dark story behind it.

    しかし、この楽しい童謡には、実はとても暗い物語が隠されているのです。

  • The memorable rhyme is actually about  the great plague that hit London in 1665  

    この印象的なライムは、実は1665年にロンドンを襲った大疫病をテーマにしています。

  • and killed up to 15% of the entire population  of the city. The rosie refers to the painful  

    で、全人口の最大15%が死亡しました。rosieは、痛みを伴うことを指します。

  • and highly visible rash that was the hallmark  symptom of the plague. Death and disease were so  

    疫病の特徴的な症状である、人目につく発疹。死と病気はとても

  • rampant in the crowded city that citizens took to  filling their pockets with sweet-smelling flowers,  

    混雑した都市では、市民が甘い香りのする花でポケットを埋め尽くすほどの勢いだった。

  • like posies, to cover up the stench of death  that was everywhere. And the mention of ashes  

    いたるところにあった死臭を隠すために、花束のように。灰の話も

  • is a reference to the thousands of bodies of  plague victims that were unceremoniously burned  

    は、ペストの犠牲者の何千もの遺体が無残にも焼かれたことにちなんでいます。

  • in an attempt to prevent the spread of the  disease and to clear the city of the piles of  

    疫病の蔓延を防ぎ、街中に山積みされていたものを取り除くために

  • bodies of victims. There's definitely more to this  children's song and game than it first appears!

    犠牲者の遺体。この子供向けの歌とゲームには、見た目以上の意味があるのです。

  • The often brutal reality of life in London  has inspired more than one dark poem,  

    ロンドンでの生活のしばしば残酷な現実は、1つ以上の暗い詩にインスピレーションを与えました。

  • and it's not just plagues that  provided dark foder for nursery rhymes.

    童謡の暗部となったのは、疫病だけではありません。

  • London Bridge is falling down, Falling down, falling down

    ロンドン橋が落ちている、落ちている、落ちている。

  • London Bridge is falling down, My fair lady.

    ロンドン・ブリッジが落ちてきました、マイ・フェア・レディ。

  • Don't let the catchy tune of this classic  nursery rhyme fool you - there's an incredibly  

    この古典的な童謡のキャッチーな曲に惑わされることなく、そこには信じられないような出来事があります。

  • dark history behind London Bridge's sweet melodyThe rhyme was penned in 1744, and was allegedly  

    ロンドン橋の甘いメロディーに隠された暗い歴史。 この韻文は1744年に書かれたもので、次のような言い伝えがあります。

  • written about a Viking attack on London in  the early 1000s. According to legend, a group  

    は、1000年代初頭にバイキングがロンドンを襲撃したことについて書かれています。伝説によると、あるグループが

  • of Vikings under King Olaf the Second of Norway  stormed the city and destroyed the iconic bridge,  

    ノルウェーのオラフ2世率いるヴァイキングたちが街を襲撃し、象徴的な橋を破壊したのです。

  • but there is much debate among scholars over  whether this attack ever actually happened.  

    しかし、この攻撃が実際にあったかどうかについては、学者の間でも議論があります。

  • Even if the story of a violent Viking  attack turns out to be nothing but legend,  

    バイキングの激しい襲撃の話が単なる伝説に過ぎないことがわかっても。

  • there is more darkness behind London Bridge that  might be even more brutal than a Viking invasion.  

    ロンドン・ブリッジの裏には、バイキングの侵略よりももっと残酷な闇があるかもしれません。

  • The real dark message behind the London Bridge  nursery rhyme is actually one of human sacrifice.  

    ロンドン橋の童謡に隠された本当の闇のメッセージは、実は人間の生け贄の問題なのです。

  • At the time of the bridge's construction, it  was widely believed that burying bodies in  

    橋が建設された当時、遺体を埋葬することは、その人の人生に大きな影響を与えると考えられていました。

  • the foundations of buildings was a surefire way  to keep the structure standing. The bodies were  

    は、建物の基礎を守るための確実な方法でした。遺体は

  • thought to add strength to the structure, and  the spirits of the dead would also watch over  

    強度を増すと考えられており、死者の霊も見守っていると考えられています。

  • the bridge in death. Even worse, the sacrificed  people - many of them children - were rumoured  

    犠牲になった人々(多くは子供たち)の噂はさらに悪いことに、犠牲になった人々(その多くは子供たち)は、噂によると

  • to have been immured in the walls, meaning they  were entombed within the foundations while they  

    は壁の中に固定されていた、つまり土台の中に埋もれていたということです。

  • were alive, and slowly died from lack of food  and water after the walls had been bricked up.  

    生きていた人々は、壁がレンガで固められた後、食料と水の不足でゆっくりと死んでいった。

  • This brings a whole new level of darkness to the  children's game that often accompanies the rhyme.  

    これにより、韻を踏んだ子供向けのゲームには、新たな暗さが加わることになる。

  • 2 children will form an arch with  their arms to represent the bridge,  

    2人の子どもが腕でアーチを作り、橋を表現します。

  • while others will take turns walking  under the bridge - when the song ends,  

    曲が終わると、他の人は順番に橋の下を歩いていきます。

  • the bridge falls and the children drop their arms  - the last person to walk under the bridge finds  

    橋が落ちて子供たちが腕を落とすと、最後に橋の下を歩いた人が見つけます。

  • themselves trapped within the walls, just  like the human sacrifices of the legend.

    伝説の人身御供のように、壁の中に閉じ込められてしまったのです。

  • Human sacrifice is certainly  dark, but one family had so  

    人身御供は確かに暗いですが、ある家族はとても

  • much darkness in their history that they  inspired multiple dark nursery rhymes.

    彼らの歴史には多くの闇があり、暗い童謡がいくつも生まれました。

  • Mary, Mary, quite contrary How does your garden grow

    Mary, Mary, quite contrary あなたの庭はどのように成長していますか?

  • With silver bells and cockleshells And pretty maids all in a row.

    銀の鈴と貝殻と可愛いメイドがずらりと並ぶ。

  • This sweet and harmless sounding rhyme from 1744  is actually about a very dark subject - Mary the  

    1744年に作られたこの甘くて無害な響きを持つ韻文は、実は非常に暗いテーマを扱っています。

  • First of England, also known to history as Bloody  Mary. She was the first woman to rule England in  

    イングランドのファースト・オブ・イングランド、歴史上ではブラッディ・メアリーとしても知られています。彼女は、女性として初めてイングランドを統治した人物で

  • her own right, and though her reign was short, it  was brutal and bloody. Mary's father, King Henry  

    彼女の治世は短かったが、残忍で血なまぐさいものだった。メアリーの父、ヘンリー王は

  • the 8th, had split with the Catholic church over  the Church's refusal to grant him a divorce from  

    8代目は、カトリック教会から離婚を認められなかったことで、カトリック教会と対立していました。

  • Mary's mother, Catherine - the first of his  eventual 6 wives. A staunch Catholic herself,  

    メアリーの母であるキャサリンは、彼の6人の妻のうちの最初の妻です。彼女自身も熱心なカトリック教徒でした。

  • when Mary took the throne she set about  reversing her father's religious reforms,  

    マリアは王位につくと、父の宗教改革を覆そうとした。

  • and exacting her revenge for his horrific  treatment of her mother. During her short reign,  

    そして、彼が自分の母親にひどい仕打ちをしたことへの復讐を果たしました。彼女の短い治世の間に

  • Mary made it illegal to practice a different  religion than the monarch, and brutally tortured  

    メアリーは、君主と異なる宗教を実践することを違法とし、残忍な拷問を行った。

  • anyone who refused to convert to CatholicismUnder Mary's rule, hundreds of heretics were  

    カトリックへの改宗を拒否した者は、誰であっても マリアの支配下では、何百人もの異端者が

  • burned alive at the stake for their religious  beliefs. The silver bells and cockleshells in the  

    宗教上の理由で生きたまま火あぶりにされました。の銀の鈴やコックリさんは、このように

  • rhyme may sound like beautiful flowers or harmless  gardening instruments, but in reality they were  

    韻を踏んでいると、美しい花や無害な園芸器具のように聞こえるかもしれませんが、実際には

  • actually medieval torture devices rumored to  have been used on heretics under Mary's orders.

    は、マリア様の命令で異端者に使われたとされる中世の拷問器具です。

  • Bloody Mary's reign was so brutal that it  inspired more than one dark nursery rhyme,  

    ブラッディ・マリーの治世はあまりにも残忍で、暗い童謡を1つ以上生み出すきっかけとなりました。

  • including this one from 1805:

    この1805年のものも含めて。

  • Three blind mice, three blind mice, See how they run, see how they run

    Three blind mice, three blind mice, See how they run, see how they run,

  • They all ran after the farmer's wife, Who cut off their tails with a carving knife

    農家の奥さんに追いかけられて、包丁で尻尾を切られてしまいました。

  • Did you ever see such a thing in your life, As three blind mice?

    盲目の三匹のネズミのように、人生の中でそのようなものを見たことがあるだろうか?

  • The 3 mice in the rhyme were thought to beprominent Protestant bishops - Hugh Latimer,  

    韻を踏んでいる3匹のネズミは、プロテスタントの著名な3人の司教、ヒュー・ラティマーだと考えられていた。

  • Nicholas Radley and the Archbishop of Canterbury  Thomas Cranmer. These formerly powerful men  

    ニコラス・ラドリーとカンタベリー大司教のトーマス・クランマー。これらのかつての権力者たちは

  • not only refused to convert to Catholicism under  Mary's brutal rule, but they also actively plotted  

    彼らは、マリアの残忍な支配下でカトリックへの改宗を拒んだだけでなく、積極的に陰謀を企てた。

  • to overthrow her. Their plot was discovered and  the 3 religious men were charged with treason  

    彼女を打倒するために。その陰謀が発覚し、3人の宗教家は反逆罪に問われた。

  • and burned alive at the stake. Their executions  were some of the most high-profile of the many,  

    そして、生きたまま火あぶりにされました。彼らの処刑は多くの人の注目を集めました。

  • many brutal executions doled out during Mary's  reign. For years after their killings, rumours  

    メアリーの治世に行われた残忍な処刑の数々。殺害されてから何年もの間、噂では

  • swirled that Mary had also had the men dismembered  and blinded before death, and though that was  

    メアリーは、死の前に男性をバラバラにして目をつぶしたとも言われており、それは

  • later proven to be false, the legend stuck and the  men would be forever known as the 3 blind mice.

    後に偽りであることが証明されたが、この伝説は語り継がれ、彼らは永遠に「3匹の盲目のネズミ」として知られることになる。

  • If you thought Mary was bad, you only have to look  at her family tree to see where she got it from.  

    メアリーが悪いと思っていたら、彼女の家系を見れば、どこからそうなったのかがわかるはずだ。

  • Another popular nursery rhyme from 1805 was  based on the dark deeds of Mary's own father's.

    1805年に流行したもう一つの童謡は、メアリーの実父の暗躍を題材にしたものだった。

  • Old Mother Hubbard Went to the cupboard 

    オールド・マザー・ハバード 食器棚に行ってみた

  • To get her poor doggie a bone, When she got there 

    哀れな犬に骨を与えるために、彼女がそこに着いた時には

  • The cupboard was bare So the poor little doggie had none.

    食器棚が空っぽだったので、かわいそうなワンちゃんには何もありませんでした。

  • This rhyme may seem benign and wholesome, but it's  actually a potent example of the terrible wrath  

    この童謡は、一見すると善良で健全なもののように見えますが、実は恐ろしい怒りを示す強力な例なのです。

  • of King Henry the 8th. Apparently, Old Mother  Hubbard wasn't a woman at all - the character  

    ヘンリー王8世のどうやら、オールド・マザー・ハバードは女性ではなかったようです。

  • was actually a mockery of Cardinal Thomas Wolseythe Catholic priest who refused to help King Henry  

    は、ヘンリー王への協力を拒否したカトリック司祭、トーマス・ウォルシー枢機卿を揶揄したものでした。

  • get an annulment from his first wife, Mary's  mother, so that he could marry his mistress,  

    彼は、愛人と結婚するために、最初の妻であるメアリーの母から婚姻届を提出しました。

  • Anne Boleyn. Wolsey's refusal to help Henry get  the annulment he so desperately wanted led to  

    アン・ブーリンウォルシーは、ヘンリーが切実に望んでいた婚姻届の提出を助けようとしなかったために

  • Wolsey's political downfall and Henry's eventual  split from the Catholic church, forever changing  

    ウォルシーの政治的没落と、ヘンリーのカトリック教会からの離脱は、永遠に変わらない。

  • religious life in England and around the worldThe story is especially dark when you realize  

    イギリスをはじめとする世界各国の宗教生活。 に気づくと、この物語は特に暗いものになります。

  • that Henry went to all this trouble only to have  his marriage to Anne last for a mere 3 years  

    ヘンリーがこれほどまでに苦労したのに、アンとの結婚生活はたったの3年で終わってしまった。

  • before he had her beheaded for treason so  that he could marry the 3rd of his 6 wives.

    しかし、彼は6人の妻のうち3人目の妻と結婚するために、彼女を反逆罪で斬首しました。

  • Mary's brutal persecution  of heretics is legendary,  

    メアリーが異端者を残酷に迫害したことは伝説となっている。

  • but here too she took a page out of her  father's books. This 1784 rhyme paints a  

    しかし、ここでも彼女は父親の本を参考にした。1784年に作られたこの韻文には

  • disturbing picture of how Catholics were treated  under her father, King Henry. There's no denying  

    彼女の父親であるヘンリー王のもとでカトリック教徒がどのように扱われていたのか、その不穏な姿が描かれている。否定はしませんが

  • that Mary certainly learned a thing or two from  him in her later persecution of Protestants.

    メアリーは、後にプロテスタントを迫害する際に、確かに彼から学んだことがあるという。

  • Goosey, goosey, gander, Whither dost thou wander

    Goosey, goosey, gander, Whither dost thou wander?

  • Upstairs and downstairs And in my lady's chamber

    上の階、下の階、そして私の女性の部屋で。

  • There I met an old man Who wouldn't say his prayers

    そこで私は、祈りを捧げようとしない老人に出会いました。

  • I took him by the left leg, And threw him down the stairs

    私は彼の左足を掴んで、階段から投げ落としました。

  • Henry's rage over the Catholic church's refusal  to grant him a divorce played out in a brutal,  

    離婚を認めないカトリック教会に対するヘンリーの怒りが、残酷な形で表れたのだ。

  • bloody war on the devout Catholics still living  in England at the time of its split from the  

    イギリスからの分離の際に、イギリスに残っていた敬虔なカトリック教徒に対して、血まみれの戦争を仕掛けたのです。

  • Catholic church. With persecution of Catholics at  an all-time high, many devout Catholics took to  

    カトリック教会。カトリック教徒への迫害がかつてないほど高まっていたため、多くの敬虔なカトリック教徒が

  • creatingpriest's holesin their homes, small  hidden rooms no bigger than a closet where they  

    家の中に「司祭の穴」と呼ばれるクローゼットほどの小さな隠し部屋を作り、そこに

  • could hide to have their priests perform  Catholic mass and say their Latin prayers.  

    は、司祭がカトリックのミサを行い、ラテン語で祈りを捧げることを隠していました。

  • If caught, they could face torture or even  death for their heresy. The narrator in the  

    逮捕されれば、異端として拷問や死刑になることもありました。の語り手は

  • poem meets an old man who won't say his  prayers, which is probably a reference to  

    詩は、祈りを捧げない老人に出会う。

  • discovering a hidden Catholic priest who  refused to pray in English. The narrator  

    英語で祈ることを拒んだ隠れたカトリックの神父を発見する。語り手は

  • brags about throwing the man down the stairs, a  colloquial term for having someone put to death.

    その男を階段から投げ落としたことを自慢している。

  • Henry and Mary are far from the only  monarchs to have inspired nursery rhymes  

    童謡に影響を与えた君主はヘンリーとメアリーだけではない

  • with their lurid and sometimes dark deeds.

    彼らの派手で時にはダークな行為の数々。

  • Georgie Porgie pudding and pie, Kissed the girls and made them cry 

    Georgie Porgie pudding and pie, Kissed and make them cry

  • When the boys came out to play, Georgie Porgie ran away.

    男の子たちが遊びに出てくると、ジョージー・ポーギーは逃げてしまった。

  • The Georgie from this silly-sounding rhyme  from 1841 is thought to be a reference to  

    1841年に発表されたこの愚かな響きを持つライムのGeorgieは、次のように言及していると考えられます。

  • George Villiers, the Duke of Buckingham  and a beloved friend of King James the 1st.  

    バッキンガム公爵であり、ジェームズ1世の最愛の友人であったジョージ・ヴィリアーズ。

  • The two men were so close, in fact, that Villiers  was rumored to actually be James' long-time lover.  

    二人は非常に仲が良く、ヴィリアーズは実際にジェームズの長年の恋人だと噂されていました。

  • While there's no hard proof of their romantic  relationship, it was certainly no secret  

    二人の関係を示す確かな証拠はありませんが、確かに秘密ではありませんでした。

  • that James favored Villiers, and showered him  with land, titles and money during his reign.  

    ジェームズはヴィリアーズを寵愛し、在位中に土地や称号、金銭を与えていたという。

  • This, combined with Villers' reputation asladies man who had frequent dalliances with  

    これに加えて、Villersは女性と頻繁に付き合っていたという評判もありました。

  • married women - sometimes against their willearned him the hatred of the other men at court,  

    時には自分の意思に反して女性と結婚したことで、宮廷の他の男性たちから嫌われていました。

  • and eventually led to him being  stabbed to death in a local pub.

    その結果、彼は地元のパブで刺殺されてしまいました。

  • Naughty royals certainly make good fodder  for dark nursery rhymes, but sometimes the  

    いたずら好きな王族は、暗い童謡の格好のネタになりますが、時には

  • real story behind a gruesome rhyme is actually  less dark than the rumours that surround it.

    陰惨な韻の裏にある本当の話は、実はその周りの噂よりも暗くない。

  • Jack and Jill went up the hill, To fetch a pail of water

    ジャックとジルは、水の入ったペール缶を取りに、丘の上に行きました。

  • Jack fell down, And broke his crown

    ジャックは転んで王冠を壊してしまった。

  • And Jill came tumbling after.

    そして、ジルが後から転がり込んできた。

  • This rhyme has long been rumored to be about  France's King Louis the 16th and his wife  

    この童謡は、フランス王ルイ16世とその妻についてのものだと長い間噂されてきた。

  • Marie Antoinette, who lost their crowns - and  their heads - in the French Revolution of 1793.  

    マリー・アントワネットは、1793年のフランス革命で王冠と頭を失いました。

  • But the rhyme, written in 1765, actually  predates their executions by a good 30 years.  

    しかし、この韻文は1765年に書かれたもので、彼らの処刑よりも30年も前に行われています。

  • Scholars agree that it's more likely about King  Charles the 1st's attempt to reform the tax on  

    学者の間では、チャールズ王1世が税金を改革しようとしたことについての可能性が高いと言われています。

  • liquids. When Parliament rejected his proposal, he  retaliated by reducing the volume of half pints,  

    液体。この提案が議会で否決されると、彼はハーフパイントの容量を減らすことで報復した。

  • known as Jacks, and quarter  pints, commonly called Gills.

    ジャックス(Jacks)と呼ばれるものと、ギル(Gills)と呼ばれる1/4パイントのものがあります。

  • In yet another royal-inspired nursery rhyme,  

    また、王室にちなんだ童謡もあります。

  • lurid rumors about 2 English monarchs have  been passed on from generation to generation.

    イギリスの2人の君主にまつわる下世話な噂は、代々受け継がれてきました。

  • Rock-a-bye baby, in the tree top. When the wind blows, the cradle will rock

    ロック・ア・バイ・ベイビー、木の上で。風が吹けば、揺りかごが揺れる。

  • When the bough breaks, the cradle will fall. And down will come Baby, cradle and all.

    枝が折れると、揺りかごが落ちてくる。そして、ゆりかごごとベイビーが降りてくる。

  • This sweet song is no wholesome lullaby. It's  actually rumored to be about King James the 2nd of  

    この甘い歌は、健全な子守唄ではない。実際には、第2代ジェームズ王の話だと噂されています。

  • England and his wife, Mary of Modena. In 1630,  they announced the long-awaited birth of their son  

    イングランドと、その妻であるモデナのメアリー。1630年、彼らは待望の息子の誕生を発表した。

  • Charles. After years of difficult pregnancies and  the death of at least 5 of their infant children,  

    チャールズ何年にもわたって困難な妊娠をし、少なくとも5人の幼い子供を亡くした。

  • England at last had a Catholic heir  to the throne. The trouble was,  

    イングランドにはついにカトリックの王位継承者が誕生した。困ったことに

  • it was widely believed that the boy  was not actually their son at all.  

    この子は自分の息子ではないという説が有力であった。

  • Rumors spread far and wide that the boy who  was now a Prince had not been born of James and  

    噂では、プリンスとなった少年は、ジェームズとの間に生まれた子ではないという話が広まっていた。

  • his wife, but had actually been snuck into the  birthing room and passed off as their own son.  

    しかし、実際には分娩室に忍び込み、自分の息子と偽っていたのである。

  • Whatever the truth of his birth, Charles went on  to become one of England's most popular kings,  

    出生の真偽はともかく、チャールズはイギリスで最も人気のある国王の一人となった。

  • earning himself the nickname of the Merry  Monarch for his lively and indulgent court life.

    その活発で寛大な宮廷生活から「メリー・モナーク」というニックネームがついた。

  • Many nursery rhymes are not what they seem,  

    童謡の中には、見た目とは違うものも多くあります。

  • but the story of the origin of this  rhyme will certainly come as a surprise.

    しかし、この韻律の起源の話は、きっと驚きに満ちたものになるでしょう。

  • Here we go round the mulberry bush

    桑の木の周りを回っています。

  • The mulberry bush, The mulberry bush

    The mulberry bush, The mulberry bush.

  • Here we go round the mulberry bush So early in the morning.

    桑の木を一周する 早朝に

  • This simple rhyme is often part  of an amusing game for children,  

    このシンプルな韻文は、子供たちの楽しいゲームの一部としてよく使われます。

  • but it actually has dark, sinister rootsAccording to a former governor of England's  

    しかし、実はそのルーツは暗く、不吉なものなのです。 イングランドの元知事によると

  • notorious 420 year old Wakefield prison, the song  should not be credited to Mother Goose - rather,  

    notorious 420 years old Wakefield prison, the song should not be credited to Mother Goose - rather,

  • it was created by the prison's female prisoners  in the 1840s. The prisoners took their daily  

    は、1840年代に同刑務所の女性囚人たちによって作られました。囚人たちは、毎日

  • exercise outside under strict supervisionwalking round and round a mulberry tree  

    厳重な監視の下、外で桑の木の周りを歩きながら運動する。

  • in the prison yard, and they invented the  song to liven up their monotonous routine.

    牢屋の中で、単調な日常を盛り上げるために、この歌を考案した。

  • Nursery rhymes are truly more than  just child's play - now that you know  

    童謡は単なる子供の遊びではありません。

  • the dark messages behind nursery rhymesthese merry songs will never be the same!

    童謡に隠されたダークなメッセージを知ることで、楽しい歌が今までとは違ったものになります。

  • If you thought this video was fascinatingbe sure and check out our other videos,  

    このビデオに興味を持たれた方は、ぜひ他のビデオもご覧になってみてください。

  • like this one calledHow Disney Sanitized Fairy  Tales That Were Originally Horror Stories”,  

    もともとはホラーだったおとぎ話をディズニーがどのように浄化したか」というような内容です。

  • or perhaps you'll like this other video instead.

    あるいは、別のビデオをご覧になってはいかがでしょうか。

Plagues, murder, human sacrifice - this is  hardly the stuff of children's literature...or  

疫病、殺人、人身御供......児童文学の世界とは思えない......。

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B2 中上級 日本語 カトリック メアリー 暗い ヘンリー イングランド 子供

童謡に隠された実際の暗いメッセージ (Actual Dark Messages Behind Nursery Rhymes)

  • 20 3
    Summer に公開 2021 年 05 月 12 日
動画の中の単語