Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • If you walk into a supermarket or an all-you-can-eat buffet restaurant, it's easy to get blown

    スーパーマーケットや食べ放題のビュッフェレストランに入ると、簡単に吹き飛ばされてしまいます。

  • away by the sheer selection of foods.

    膨大な種類の食品に圧倒されました。

  • In America, if you want to eat something and have the cash, the odds are you can find it.

    アメリカでは、何かを食べたいと思って現金を持っていれば、それが手に入る確率が高い。

  • But that's not always the case.

    しかし、必ずしもそうとは限りません。

  • Some iconic foods are actually illegal in America.

    象徴的な食品の中には、実はアメリカでは違法なものもあります。

  • If you try to sell or import these foods, you could wind up having your goods seized

    これらの食品を販売・輸入しようとすると、商品を差し押さえられる可能性があります。

  • by the government and facing fines - or even jail time in some cases.

    罰金、場合によっては懲役刑を科せられることもあります。

  • Some are dangerous to the eater, some are banned for conservation reasons, and some

    食べる人にとって危険なもの、自然保護のために禁止されているもの、そして

  • are just flat-out shocking.

    は、まさに衝撃的でした。

  • But the one thing they all have in common?

    しかし、彼らに共通していることは?

  • They're not going to be on the shelves any time soon.

    すぐには店頭に並ばないだろう。

  • But the first on this list might be a fond childhood memory for many.

    しかし、このリストの最初のものは、多くの人にとって子供の頃の懐かしい記憶かもしれません。

  • #20.

    #20.

  • Kinder Surprise Chocolate Eggs

    キンダーサプライズチョコレートエッグ

  • A tasty treat imported from Italy, these desserts are a candy and a toy in one.

    イタリアから輸入された、お菓子とおもちゃが一緒になったような美味しいデザートです。

  • The rich milk chocolate shell covers a plastic egg - similar to the ones hidden in Easter

    濃厚なミルクチョコレートのシェルがプラスチック製のエッグを覆っています。

  • egg hunts.

    エッグハントです。

  • When the happy child eats the chocolate shell and opens the egg, they'll find a mystery

    幸せな子供がチョコレートの殻を食べて卵を開けると、不思議なことに

  • toy inside.

    のおもちゃが入っています。

  • This made many kids very happy - but it wasn't without its risks.

    これは多くの子供たちにとって非常に喜ばしいことですが、リスクもありました。

  • Authorities were worried about the toy being a choking hazard, and US policies ban any

    窒息の危険性を懸念した当局は、米国の政策では一切の玩具を禁止しています。

  • candy from containing a non-nutritive object.

    お菓子の中に栄養のないものが入っていないこと。

  • So the Kinder Egg was banned in America despite protests, and the Ferrero company issued a

    そのため、キンダーエッグは、抗議にもかかわらずアメリカでは禁止され、フェレロ社は以下のような声明を出しました。

  • new version for Americans without the plastic egg and toy.

    プラスチック製の卵やおもちゃを使わない、アメリカ人向けの新バージョンです。

  • But what's the fun in that?

    しかし、それでは何が楽しいのか?

  • This next entry was also a sweet treat - but it hid its danger much more effectively.

    次の作品も甘いものですが、より効果的に危険性を隠していました。

  • #19.

    #19.

  • Konjac Jelly Cups

    こんにゃくゼリーカップ

  • Remember those jello cups you used to get in your lunch?

    お弁当に入っていたゼリーのカップを覚えていますか?

  • Popular in Japan, Konjac jelly cups look similar but come in smaller portions that can be slurped

    日本で人気のこんにゃくゼリーカップは、見た目は似ていますが、小分けされていて、すくって食べることができます。

  • in one go.

    を一度に行うことができます。

  • Made from a root, it's popular for being extremely low in calories and having a firmer

    根っこから作られているので、非常に低カロリーで、しっかりとした食感があるのが人気です。

  • consistency than most gelatin-based desserts.

    ゼラチンを使ったデザートの中では、最も粘度が高い。

  • They come in multiple flavors and often have bits of coconut embedded in them.

    様々なフレーバーがあり、ココナッツのかけらが入っていることもあります。

  • But the low calories come with a dangerous drawback.

    しかし、この低カロリーには、危険な欠点があります。

  • Because they're slow to dissolve and it's easy to suck down the whole gel, they pose

    溶け方が遅く、ゲル全体を吸い込みやすいので、「これでいいのか?

  • a choking risk to young children.

    窒息の危険性があるため、小さなお子様には

  • So while they remain a popular snack abroad - and konjac is still used in other ways,

    そのため、海外では今でも人気のあるお菓子であり、こんにゃくは他の用途にも使われています。

  • like as zero-calorie noodle substitutes - the colorful snacks have been prohibited in the

    カロリーゼロの麺の代用品のようなカラフルなスナックは、これまで

  • US since 2002.

    2002年から米国。

  • You might be shocked to know this next item could be illegal - you probably had it this

    次の項目が違法であることを知ってショックを受けるかもしれませんが、あなたはこれを持っていたでしょう。

  • week.

    の週になります。

  • #18.

    #18.

  • Unpasteurized Milk

    殺菌していない牛乳

  • Milk definitely isn't illegal in the United States - countless quarts are sold each week.

    アメリカでは牛乳は絶対に違法ではなく、毎週数え切れないほどの量が売られています。

  • But almost all the milk sold in the country, and definitely all the milk at your local

    しかし、国内で販売されているほとんどすべての牛乳、そして間違いなくあなたの地元の

  • supermarket, has been pasteurized before sale in order to kill bacteria and render it more

    スーパーマーケットの商品は、販売前に細菌を殺すために低温殺菌されています。

  • shelf-stable and safer for consumption.

    保存性が高く、より安全にお召し上がりいただけます。

  • But some aficionados insist that pasteurized milk loses both the true taste and many of

    しかし、一部の愛好家は、低温殺菌された牛乳は、本来の味と多くの機能が失われると主張しています。

  • the nutrients of milk.

    牛乳に含まれる栄養素を

  • Whether that's true or not, unpasteurized milk is 150 times more likely to cause illness

    それが事実であろうとなかろうと、低温殺菌されていない牛乳は、病気を引き起こす可能性が150倍も高いのです

  • than the pasteurized kind, according to the FDA.

    FDAによると、低温殺菌されたものよりも

  • That's why it's banned in 21 states, and most of the other 29 strictly regulate it.

    そのため、21の州では禁止されており、他の29の州では厳しく規制されています。

  • This next one used to be a common ingredient - but with a surprising kick.

    次は、かつては一般的な食材だったが、意外な効果を発揮するものだ。

  • #17.

    #17.

  • Sassafras Oil

    ササフラスオイル

  • If you've heard of Sassafras, it's probably as an old-timey candy flavor your grandfather

    ササフラスの名前を聞いたことがあるとしたら、それはおそらく、祖父が作った昔ながらのお菓子の味だと思います。

  • gave you.

    を与えてくれました。

  • It used to be much more common, but is mostly known today as the key flavor in old-school

    昔はもっと多かったのですが、今では昔ながらのキーフレーバーとして知られています。

  • root beer.

    ルートビア

  • Many root beers are flavored artificially today, and there's a reason for that - Sassafras

    現在、ルートビアの多くは人工的に味付けされていますが、それには理由があります - Sassafras

  • oil is double trouble.

    油は二重の悩み。

  • Not only has it been linked to an increased risk of cancer and kidney and liver damage,

    癌や腎臓・肝臓障害のリスクが高まるだけでなく

  • but it can be used to make psychoactive drugs.

    が、それを使って精神活性剤を作ることができる。

  • This is all due to a compound named safrole, and while it's been banned since the 1960s,

    これは、サフロールという化合物によるもので、1960年代から禁止されています。

  • extracts from the bark of the sassafras plant can still be sold if they're free of the

    を含まないものであれば、ササフラスの樹皮から抽出したエキスを販売することができます。

  • dangerous compound.

    危険な化合物。

  • This next food might be banned in America - but it's iconic in Jamaica.

    この次の食べ物は、アメリカでは禁止されているかもしれませんが、ジャマイカでは象徴的な食べ物です。

  • #16.

    #16.

  • Ackee

    アッキー

  • The national fruit of Jamaica, Ackee has been described as being a nutty fruit with the

    ジャマイカの国民的フルーツであるアキーは、ナッツのような味わいで

  • texture of scrambled eggs.

    スクランブルエッグのような食感。

  • That's made it a common component in the breakfast dish Ackee and Saltfish.

    そのため、朝食のAckee and Saltfishにもよく使われています。

  • But while it's a staple on the island nation, it poses a danger if not handled carefully.

    しかし、島国では定番である一方で、扱いに注意しないと危険が伴います。

  • When the fruit is unripe, it's loaded with hypoglycin A, a toxin that can cause hypoglycemia

    未熟な果実には、低血糖を引き起こす毒素であるヒポグリシンAが含まれている

  • and dehydration by impeding the body's ability to lower blood sugar.

    また、血糖値を下げる働きを阻害し、脱水症状を引き起こすこともあります。

  • The raw fruit has been banned since 1973 by the FDA, but not all hope is lost for fans

    生のフルーツは1973年にFDAによって禁止されましたが、ファンにとっては希望が失われたわけではありません。

  • of the Jamaican treat - canned and frozen fruits are available, although carefully regulated.

    缶詰や冷凍の果物もありますが、規制が厳しいので注意が必要です。

  • But none of these foods can easily kill you.

    しかし、これらの食品はどれも簡単には死なない。

  • That's not true for this next one.

    この次の作品はそうではありません。

  • #15.

    #15.

  • Fugu

    フグ

  • No, this fish isn't banned because it can puff up and stick you with its spines.

    この魚が禁止されているのは、膨らんでトゲが刺さるからではありません。

  • It's considered a delicacy in the sushi world, but only the masters of the sushi knife

    寿司の世界では珍味とされていますが、寿司包丁の名人だけが

  • dare to serve it.

    あえてそれを提供する。

  • That's because - as immortalized on an early episode of The Simpsons - hidden in the skin

    それは、シンプソンズの初期のエピソードに登場するように、皮膚の中に隠れているからです。

  • and in some of the organs is an incredibly deadly toxin named tetrodotoxin.

    そして、いくつかの臓器にはテトロドトキシンという非常に恐ろしい毒素が含まれています。

  • This neurotoxin can cause paralysis and can kill people who eat enough, and one wrong

    この神経毒は麻痺を引き起こし、十分な量を食べた人を死に至らしめる可能性があり、一つの間違った

  • knife cut could contaminate the whole fish.

    ナイフで切ると、魚全体が汚染されてしまいます。

  • For most people, that's enough to steer away.

    多くの人にとっては、それだけで敬遠されてしまいます。

  • But many thrill-seeking gourmets are willing to take the risk.

    しかし、多くのスリルを求めるグルメたちは、そのようなリスクを冒すことを厭いません。

  • But the government isn't.

    しかし、政府はそうではありません。

  • Sale and consumption of Fugu is banned in the United States except for a select few

    アメリカでは一部の人を除いて、ふぐの販売・消費が禁止されています。

  • chefs who are properly trained.

    適切なトレーニングを受けたシェフたち。

  • But some regulations aren't here to protect us - they're here to protect the animals.

    しかし、規制の中には、私たちを守るためではなく、動物を守るためにあるものもあります。

  • #14.

    #14.

  • Horse Meat

    馬肉

  • While horses aren't endangered, they're viewed as beloved companions by much of the

    馬は絶滅の危機に瀕しているわけではありませんが、多くの人々にとっては最愛の伴侶とみなされています。

  • country - and eating them just seems rude.

    食べるのも失礼なくらいです。

  • It's not illegal to eat horse meat, but it's not going to be easy - slaughtering

    馬肉を食べることは違法ではありませんが、簡単にはできません。

  • horses using slaughterhouses is illegal, as is importing the meat or selling it.

    屠殺場を利用した馬は、その肉を輸入したり、販売したりすることは違法です。

  • While the meat is a common delicacy in other countries around the world, the US ban was

    世界の他の国では、この肉は一般的な嗜好品ですが、アメリカでの禁止は

  • just renewed in 2018 - no doubt pleasing horse lovers around the country.

    2018年にリニューアルされたばかりで、全国の馬好きの方々に喜んでいただけたのではないでしょうか。

  • Even if they may swear otherwise after their horse comes in last at the derby.

    たとえ、自分の馬がダービーで最下位になった後、そうではないと誓ったとしても。

  • But it doesn't take much for a species to become endangered - as this next fish found

    しかし、種が絶滅の危機に瀕するのには、それほど時間はかからない。

  • out.

    を出しました。

  • #13.

    #13.

  • Wild Redfish

    野生のレッドフィッシュ

  • The redfish, or red drum, was a common game fish in the American south and was generally

    レッドフィッシュ(レッドドラム)は、アメリカ南部では一般的なゲームフィッシュで、一般的には

  • considered a good fish to eat, but it wasn't the most in-demand - until one chef changed

    食べるのに適した魚だと思われていましたが、最も需要のある魚ではありませんでした。しかし、あるシェフが

  • that.

    ということです。

  • Paul Prudhomme, a celebrity chef considered a legend of Cajun and Creole food, made a

    ケイジャンやクレオール料理のレジェンドと呼ばれるセレブリティ・シェフ、Paul Prudhomme氏による

  • dish of blackened redfish that made this humble catch the hottest fish in town.

    この地味な魚を町で最もホットな魚にしたのは、赤魚の黒焼きの料理でした。

  • And that meant fishing.

    そして、それは釣りを意味する。

  • Lots and lots of fishing, which quickly led to the population drastically decreasing.

    沢山の釣りをして、すぐに人口が激減してしまった。

  • Since 2007, it's been a protected game fish, which prohibits the sale of any caught in

    2007年以降は保護対象のゲームフィッシュとなっており、で獲れたものを販売することは禁止されています。

  • federal waters.

    連邦水域。

  • Fishing for the redfish is now banned in all states but Mississippi, although some farmed

    現在、ミシシッピ州を除くすべての州でアカメの漁は禁止されていますが、一部の養殖アカメは

  • fish are available.

    の魚が用意されています。

  • And it's worked - the population is quickly recovering.

    それが功を奏して、人口は急速に回復しています。

  • Not many people can afford this next treat - but that didn't stop it from becoming

    この次のご褒美を買える人は少ないと思いますが、それでも、このご褒美は

  • endangered.

    の危険性があります。

  • #12.

    #12.

  • Beluga Caviar

    ベルーガ・キャビア

  • Caviar, the salty eggs of the sturgeon, is one of the most expensive delicacies in the

    チョウザメの卵を塩漬けにしたキャビアは、世界で最も高価な珍味のひとつです。

  • food world.

    食の世界。

  • And few were more prized than the caviar from the Beluga sturgeon, found in the Caspian

    そして、カスピ海に生息するベルーガ・チョウザメのキャビアほど珍重されるものはありませんでした。

  • and Black seas.

    と黒海である。

  • This fish's eggs are prized for their subtle flavor, and could command as much as $200

    この魚の卵は、その繊細な味で珍重されており、200ドルもの値がつくと言われています。

  • an ounce.

    1オンスです。

  • The demand was high, and the fish was soon on the verge of extinction.

    需要が高く、すぐに絶滅の危機に陥ったのである。

  • So in 2005, the US joined other countries in banning import of Beluga caviar, hoping

    そのため、2005年にアメリカは他の国とともにベルーガ・キャビアの輸入を禁止しました。

  • to help the species recover and repopulate.

    種の回復と再繁殖を助けるために

  • While a black market still exists, the species has survived to this day - although it remains

    今でもブラックマーケットは存在していますが、この種は今でも生き残っています。

  • critically endangered.

    絶滅の危機に瀕しています。

  • But it's not the only endangered treat from the sea.

    しかし、絶滅の危機に瀕しているのは海の幸だけではありません。

  • #11.

    #11.

  • Queen Conch

    クイーンコンク

  • Most conches are small, and some are among the most venomous animals in the world.

    コンチは小型のものが多く、中には世界で最も強い毒を持つ動物もいる。

  • But the Queen Conch, native to the Caribbean sea, is one of the largest sea snails and

    しかし、カリブ海に生息するクイーンコンクは、海のカタツムリとしては最大級であり

  • has a meaty body that makes it a seafood delicacy.

    は、魚介類の美味しさを感じさせる肉感的なボディを持っています。

  • Its size makes it easier to catch, and that's made it an endangered species.

    その大きさゆえに捕獲されやすく、そのために絶滅危惧種となってしまった。

  • While it remains a popular meal in Turks and Caicos, the United States has tried to reduce

    タークス・カイコス諸島では今でも人気のある食事ですが、アメリカでは、この食事を減らすために

  • demand by banning its harvest in US federal waters.

    アメリカの連邦水域での収穫を禁止することで、需要を喚起します。

  • But determined seafood fans can always head to the Caribbean.

    しかし、シーフードが好きな人には、カリブ海への旅がおすすめです。

  • This next sea creature is a beloved resident of the ocean - but also on the menu.

    次の海の生き物は、海の住人として愛されているだけでなく、メニューにも登場しています。

  • #10.

    #10.

  • Sea Turtles

    ウミガメ

  • Most kids probably associate them with the wise old sea turtle Crush from Finding Nemo,

    多くの子供たちは、『ファインディング・ニモ』に登場する賢そうな老齢のウミガメ「クラッシュ」を連想するのではないでしょうか。

  • but these reptiles are considered a delicacy in many parts of the world.

    しかし、これらの爬虫類は世界各地で珍味として扱われています。

  • That's led many species, including the Leatherback and Hawksbill turtles, to become endangered.

    そのため、オサガメやタイマイなど、多くの種が絶滅の危機に瀕しています。

  • The US Fish and Wildlife Service estimates that in California alone, 35,000 turtles are

    米国魚類野生生物局の推計によると、カリフォルニア州だけでも35,000匹のカメが

  • caught and eaten each year.

    年間に捕獲され、食べられています。

  • While individual turtle species are protected and illegal to catch and sell, turtle meat

    個々の亀の種は保護されており、捕獲や販売は違法ですが、亀の肉は

  • as a whole isn't - in fact, you might be able to find turtle soup made from land or

    全体としてはそうではありませんが、実際には、陸や海で作られた亀のスープを見つけることができるかもしれません。

  • freshwater turtles on sale at a local supermarket.

    近所のスーパーで売っている淡水ガメ。

  • It might surprise you to learn we eat these next creatures more than vice versa.

    驚いたことに、私たちはこれらの次の生物をより多く食べているのです。

  • #9.

    #9.

  • Shark Fin Soup

    フカヒレスープ

  • Oh, no!

    おおっと!?

  • A shark!

    サメ!?

  • Stay out of the water!

    水の中に入らないで!

  • While most of us have seen movies involving killer sharks, we are actually a far bigger

    私たちの多くは、殺人ザメが登場する映画を見たことがあると思いますが、実は私たちの方がはるかに大きいのです。

  • threat to them than they are to us.

    彼らにとっての脅威は、我々にとっての脅威よりも大きいのです。

  • The gelatinous fins on large sharks are considered a delicacy and are used to flavor a popular

    大型のサメのゼラチン状のヒレは珍味とされ、人気のある「SAN」の味付けに使われています。

  • Chinese soup.

    中華スープ。

  • Shark finning, which involves cutting the fins off sharks and throwing them back in

    サメのヒレを切り取って投げ戻すシャークフィニングは

  • the water, is increasingly considered cruel and has led to the shark population decreasing.

    しかし、これは非常に残酷な行為であり、サメの数を減少させる原因となっています。

  • While the sale of shark fins is only banned in twelve states and the soup is still a popular

    フカヒレの販売は12の州でしか禁止されておらず、スープは今でも人気があります。

  • - and expensive - offering, the act of shark finning is totally banned in US waters since

    - また、アメリカの海ではシャークフィニングが全面的に禁止されているため、高価です。

  • 2000.

    2000.

  • The desire to protect sea life took this next delicacy off a LOT of menus.

    海の生き物を守りたいという思いから、この次の珍味は多くのメニューから消えていった。

  • #8.

    #8.

  • Chilean Sea Bass

    チリアンシーバス

  • It may be an ugly fish, but all it takes is a little rebranding to make a seafood superstar.

    醜い魚かもしれませんが、ちょっとしたリブランディングでシーフードのスーパースターになることができます。

  • Originally called the Patagonian Toothfish, this meaty fish was renamed the Chilean Sea

    元々はパタゴニアのトゥースフィッシュと呼ばれていたこの肉厚な魚は、チリの海に改名されました。

  • Bass to make it more appetizing - and it worked a little too well.

    食欲をそそるようにバスを使ってみましたが、ちょっとうまくいきすぎました。

  • The mass increase of fishing due to demand rapidly depleted the fish in the wild, and

    需要による大量の漁獲で、野生の魚が急速に枯渇してしまい

  • so the FDA stepped in.

    そこで、FDAが介入しました。

  • While it's not entirely illegal to catch this fish now, it's strictly regulated and

    現在、この魚を獲ることは完全に違法ではありませんが、厳しく規制されており

  • only certified boats are allowed to catch the fish in specific numbers.

    認定された船だけが、特定の数の魚を捕まえることができます。

  • But no animal welfare ban has been more controversial than this next one.

    しかし、この次の禁止令ほど物議を醸した動物福祉禁止令はありません。

  • #7.

    #7.

  • Foie Gras

    フォアグラ

  • Almost as prized as Beluga caviar, this meaty treat is made from the livers of geese that

    ベルーガ・キャビアと並んで貴重な、ガチョウの肝臓を使った肉料理です。

  • are heavily fattened, giving the liver an extremely rich and creamy taste.

    は大きく肥育されているため、レバーの味は非常に濃厚でクリーミーなものとなっています。

  • The controversy comes in how the fattening is achieved - using a type of force-feeding

    議論の対象となるのは、どのようにして太らせるかということで、一種の強制給餌を用いています。

  • called gavage that involves funnels down the geese's throats.

    ガベージと呼ばれる、ガチョウの喉にファンネルを通す方法です。

  • While defenders say geese lack a gag reflex and it doesn't harm them, animal rights

    ガチョウには咽頭反射がないので害はないと擁護派は言うが、動物愛護団体は

  • activists say the process is cruelty to animals and point to the reaction of the birds.

    このプロセスは動物にとって残酷であると活動家は言い、鳥の反応を指摘します。

  • That has led California to ban the sale of the product, with multiple cities including

    そのため、カリフォルニア州では販売が禁止され、以下のような複数の都市で販売されています。

  • Chicago and New York City following suit.

    シカゴやニューヨークもそれに続きます。

  • While a national ban isn't in the works yet, the activists continue to make the case.

    全国的な禁止措置はまだ取られていませんが、活動家たちは主張を続けています。

  • But some of the next banned foods in the United States might shock you.

    しかし、アメリカで次に禁止される食品の中には、衝撃的なものがあるかもしれません。

  • #6.

    #6.

  • Bushmeat

    ブッシュミート

  • This isn't so much a specific food as a class of foods.

    これは、特定の食品というよりも、食品のクラスといってもいいでしょう。

  • It's common among trophy hunters to go to Africa and hunt large animals including Giraffes

    トロフィーハンターは、アフリカに行ってキリンなどの大型動物を狩るのが一般的です。

  • and Lions - usually as part of a legal hunting program supervised by local guides.

    通常は、地元のガイドが監督する合法的な狩猟プログラムの一環として行われます。

  • While these thrill-seekers might be able to display their trophies on social media - to

    このようなスリルを求める人たちは、自分のトロフィーをSNSで公開することができるかもしれません。

  • many jeers from animal-lovers back home - they won't be able to bring their catch back

    釣った魚を持って帰れない」という動物愛好家の声が聞こえてきそうだ。

  • home.

    のホームになります。

  • Meat from African game hunts - named bushmeat by US authorities - is strictly prohibited

    アメリカではブッシュミートと呼ばれている、アフリカの狩猟で獲れた肉は厳禁です。

  • due to safety concerns, and customs agents will destroy any they find along with any

    安全上の問題から、税関が発見したものはすべて破棄してしまいます。

  • items that might have come into contact with it.

    接触している可能性のあるもの。

  • Some banned foods in the US can pack a deadly punch in a small package.

    アメリカで禁止されている食品の中には、小さなパッケージの中に致命的なパンチを秘めているものがあります。

  • #5.

    #5.

  • Laetrile

    Laetrile

  • Have you ever eaten an Apricot pit?

    杏の実を食べたことがありますか?

  • It probably had a slightly nutty, bitter taste that tasted a little like a weird almond.

    おそらく、少しナッツのような苦味があり、変なアーモンドのような味がしたと思います。

  • But eating apricot pits is strongly discouraged because they contain a deadly compound - cyanide.

    しかし、杏の種にはシアン化合物という致命的な物質が含まれているため、食べるのは絶対にやめましょう。

  • This poison can be toxic or even fatal in large amounts, which makes it all the more

    この毒は、大量に摂取すると毒性があり、死に至ることもあるため、さらに

  • shocking that some doctors were marketing it as a cancer treatment.

    癌の治療薬として販売している医師がいたことは衝撃的でした。

  • Laetrile, also known as Vitamin B17, is a controversial supplement processed from apricot

    ビタミンB17として知られているレートルは、アンズから加工された話題のサプリメントです。

  • pits and was touted by new-age pseudomedical activists as a cancer cure.

    坑内では、新時代の疑似医療活動家によって、がん治療薬として宣伝されました。

  • Banned in the US since 1980, it has been responsible for poisonings and may have been involved

    1980年以降、米国では禁止されているが、中毒事件が発生しており、関与している可能性がある。

  • in hastening the death of famous actor Steve McQueen.

    名優スティーブ・マックイーンの死を早めることになりました。

  • But food or drink being poisonous hasn't always stopped its fans.

    しかし、食べ物や飲み物に毒があるからといって、そのファンがいなくなるわけではありません。

  • #4.

    #4.

  • Absinthe

    アブサン

  • There are plenty of potent spirits out there, but few deliver the kick that this bright

    強力なスピリッツは数多くありますが、このブライト・スピリッツのようなキックはあまりありません。

  • green alcohol can.

    緑のアルコール缶。

  • A green potion should be a giveaway that danger lies ahead, as any fairy tale fans will tell

    緑色の薬は、危険が迫っていることを示すサインであると、おとぎ話のファンは言うでしょう。

  • you, but absinthe has a pleasant - if intense - flavor of anise.

    しかし、アブサンには、強烈ではあるが、心地よいアニスの香りがある。

  • The danger - and for some, appeal - comes from the wormwood used to make it.

    危険なのは、そしてある人にとっては魅力的なのは、それを作るために使われるヨモギからです。

  • This wood contains the chemical compound thujone, which can be toxic in large amounts.

    この木材には、大量に摂取すると毒性を示す化学物質「トゥジョン」が含まれています。

  • While the legends of absinthe being a powerful psychoactive spirit that drove people to insanity

    アブサンは強力な精神作用を持ち、人々を狂気に陥れたという伝説がありますが

  • may have been exaggerated, it was still banned in the US until 2007, when its import was

    誇張された表現かもしれませんが、米国では2007年に輸入が禁止されるまで続きました。

  • allowed as long as the thujone was below a certain level.

    トゥージョンが一定量以下であれば許される。

  • But these last three entries may just make you lose your appetite.

    しかし、この最後の3つのエントリーを見ると、食欲がなくなるかもしれません。

  • #3.

    #3.