Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • Let's say you're feverishly channel surfing past multiple generations of Kardashians on

    例えば、あなたが何世代にもわたって放送されているKardashiansの番組を熱心にチャンネルサーフィンしているとしましょう。

  • your TV, trying in vain to find something to watch.

    テレビの前で、何を見ようかと迷う。

  • As you flip through the channels, you realize you just skipped from Channel 36 to Channel

    チャンネルをめくっているうちに、チャンネル36からチャンネル1に飛ばしてしまったことに気づく。

  • 38.

    38.

  • Did you click too fast?

    クリックが早すぎたのでしょうか?

  • What happened?

    何が起こったのか?

  • You check again and realizeno.

    もう一度確認してみると......ない。

  • Channel 37 simply...doesn't exist.

    チャンネル37は単純に...存在しません。

  • How is that possible?

    そんなことが可能なのか?

  • Well, you may be surprised to learn that the answer concerns a British cosmologist, aliens,

    驚くかもしれませんが、その答えはイギリスの宇宙学者である宇宙人に関するものです。

  • and...Paterson, New Jersey.

    と...ニュージャージー州パターソン。

  • Seriously.

    真面目ですね。

  • Our world-class team of researchers bravely flew to the ends of the galaxy and even more

    世界トップクラスの研究者チームが、銀河の果てまで勇敢に飛び立ち、さらには

  • bravely to….[pause]....New Jersey, to find out more.

    勇気を持って....[pause]....ニュージャージー州まで行ってみました。

  • To understand why Channel 37 fell off the TV map, we have to go all the way back to

    チャンネル37がなぜテレビの地図から消えてしまったのかを理解するためには、さかのぼる必要がある。

  • 1952.

    1952.

  • The US was on the brink of what would eventually become two fast-growing obsessions: television,

    アメリカでは、テレビという、後に2つの急成長を遂げることになるものが生まれようとしていた。

  • and space exploration.

    や宇宙開発を行っています。

  • In 1952, the Federal Communications Commission - or FCC - in the US allowed television to

    1952年、アメリカの連邦通信委員会(FCC)は、テレビの放送を許可しました。

  • start using UHF; ultra high frequency signals.

    UHF(Ultra High Frequency)信号の使用を開始。

  • This was a huge milestone for the development of TV.

    これはテレビの発展にとって大きな節目となった。

  • The potential number of TV stations people could watch suddenly skyrocketed from a measly

    人々が見ることのできるテレビの潜在的な数は、わずかな数から急上昇しました。

  • 108 channels to a possible 2,051.

    108チャンネルから2,051チャンネルへ。

  • This opened up a whole wide world of possibilities for the sheer amount of programming networks

    これにより、膨大な量のプログラミングネットワークの可能性が広がりました。

  • could create and schedule.

    を作成し、スケジュールを立てることができました。

  • It's one of the reasons why we are now almost at ESPN 18: The Fly-Fishing Channel.

    これが、ESPN 18: The Fly-Fishing Channelがほぼ完成した理由のひとつです。

  • But as with most incredible-seeming opportunities, there were some unexpected drawbacks.

    しかし、信じられないようなチャンスには、思いがけない欠点があるものです。

  • And one big one came in the form of a 400-foot-wide radio telescope in Danville, Illinois.

    イリノイ州ダンビルに設置された、幅400フィートの電波望遠鏡もその一つです。

  • You may be wondering what kind of challenge a telescope would pose for a TV.

    望遠鏡はテレビにとってどんな挑戦なのかと思われるかもしれません。

  • Well, the telescope in Danville wasn't just any old telescope.

    さて、ダンビルの望遠鏡はただの望遠鏡ではなかった。

  • At the time, it was one of the most important tools scientists in the US possessed for astronomical

    当時、アメリカの科学者にとっては、天文学的に最も重要なツールの一つでした。

  • observation.

    の観測を行いました。

  • Researchers at the University of Illinois kept the telescope in operation for 12 to

    イリノイ大学の研究者たちは、この望遠鏡を12~15日間稼動させて

  • 16 hours a day.

    1日16時間。

  • And the key issue when it comes to TV signals is that it was a radio [emphasis] telescope.

    そして、テレビ信号に関して重要な問題は、それが電波望遠鏡であったということです(強調)。

  • Radio telescopes were extremely significant in teaching us more about the universe than

    電波望遠鏡は、宇宙のことを知る上で非常に大きな意味を持っていました。

  • we had ever previously known - and funnily enough, they were discovered entirely by accident.

    これまでに知られていなかったことを、面白いことに全くの偶然で発見したのです。

  • By a radio engineer at Bell Laboratories named Karl Jansky.

    ベル研究所の無線技術者、カール・ジャンスキーの手によるものである。

  • Jansky had noticed that there was some unexplained static interfering with radio waves meant

    ヤンスキーは、原因不明の静電気が電波に干渉していることに気づいていた。

  • to be used for transatlantic telephone transmissions.

    大西洋横断の電話通信に使用されていた。

  • Being a very innovative engineer, Jansky built custom instruments to determine the origin

    革新的な技術者であったヤンスキーは、起源を特定するためのカスタム機器を作った。

  • of the static.

    静止画の

  • These inventions included a large directional antenna system on a motor-driven turntable,

    これらの発明には、モーター駆動のターンテーブルに搭載された大型の指向性アンテナシステムなどがある。

  • which rode on the wheels of a Model-T Ford along a circular track.

    T型フォードの車輪の上に乗って、円形のトラックを走行するというものです。

  • We have no idea how he came up with this system, but it was calledJansky's merry-go-round”,

    彼がどのようにしてこのシステムを考え出したのかはわからないが、「ジャンスキーのメリーゴーランド」と呼ばれていた。

  • and it was shockingly quite effective.

    と、衝撃的なほどの効果を発揮しました。

  • The engineer determined that there were three types of static: the first two were local

    エンジニアは、静電気には3つのタイプがあると判断しました:最初の2つはローカル

  • and distant thunderstorms - very understandable as frequent sources of interference in the

    また、遠方の雷雨なども混信の原因になることがあります。

  • US Midwest - but the third was odd.

    米国中西部......でも、3番目は変だった。

  • Jansky said it was, quote, “composed of a very steady hiss static the origin of which

    ジャンスキー氏は、「非常に安定したヒスノイズで構成されており、その起源は」と述べています。

  • is not yet known.”

    はまだ知られていません。"

  • After investigating the problem to see what could be causing it, he came to the conclusion

    何が原因なのかを調査した結果、彼は次のような結論に達しました。

  • that the source of the static was, in fact, extraterrestrial, coming from the center of

    の中心から来た地球外のものであることがわかりました。

  • the Milky Way Galaxy.

    天の川銀河の

  • However, since Jansky's specialty was in the field of engineering, and not astronomy,

    しかし、ヤンスキーの専門は天文学ではなく工学分野であったので

  • he didn't really have the tools or means to pursue this discovery further.

    しかし、この発見をさらに追求するための道具や手段がなかったのです。

  • Not to mention the field of radio astronomy didn't really exist [emphasis] yet.

    言うまでもなく、電波天文学という分野はまだ存在していませんでした(強調)。

  • That's right, Jansky had literally just stumbled onto a whole new scientific discipline,

    そう、ヤンスキーは文字通り、全く新しい科学の分野に足を踏み入れたのである。

  • and no one was quite sure what to do about it yet.

    そして、誰もがまだどうしたらいいのか分からない状態だった。

  • He didn't need to worry for long, however, because a British cosmologist named George

    しかし、その心配も束の間、イギリスの宇宙学者であるGeorge

  • C. McVittie was on his way to help.

    C.McVittieは助けに行く途中だった。

  • After World War II, McVittie made his way to the United States and was determined to

    第二次世界大戦後、アメリカに渡ったマクビッティーは、次のことを決意した。

  • advance this relatively new field of radio astronomy.

    比較的新しい分野である電波天文学を発展させるために。

  • McVittie was responsible for building the entire astronomy department of the University

    マクビッティーは、大学の天文学部門全体の構築を担当しました。

  • of Illinois.

    のイリノイ州。

  • Another scientist fascinated by this new field, George Swenson, helped build the university's

    この新しい分野に魅了されたもう一人の科学者、ジョージ・スウェンソンは、大学の

  • prize radio telescope.

    賞の電波望遠鏡。

  • Swenson had the idea to make the telescope a parabolic cylinder that could use the earth's

    スウェンソンは、望遠鏡を放物線状の円筒にして、地球の重力を利用することを思いついた。

  • rotation to sweep the night sky.

    の回転で夜空を席巻しています。

  • In order to make it cost effective, McVittie had to pick the perfect frequency the telescope

    費用対効果を高めるために、マクビティは望遠鏡に最適な周波数を選ぶ必要があった。

  • would function at, to ensure the perfection of the reflector.

    リフレクターの完成度を高めるためには、その機能を発揮させる必要があります。

  • That's when McVittie and Swenson realized that to make this radio telescope function

    その時、マクビッティーとスウェンソンは、この電波望遠鏡を機能させるためには

  • optimally, and able to be maintained at a less than ridiculous cost, the observing frequency

    最適な状態で、しかも馬鹿にならないコストで維持できる、観測周波数の

  • needed to be 610 megahertz.

    には610メガヘルツが必要でした。

  • He was right on the money, as the 610 MHz [megahertz] band has now become very significant

    610MHz(メガヘルツ)帯が重要な意味を持つようになったからです。

  • in the whole field of radio astronomy.

    電波天文学の全分野で

  • This is mostly because of its position between two other important frequencies to the field,

    これは主に、フィールドにとって重要な他の2つの周波数の間に位置しているためです。

  • 410 MHz and 1.4 GHz [gigahertz].

    410MHzと1.4GHz[ギガヘルツ]です。

  • Bob King ofUniverse Todayused the following analogy to explain to those of us

    ユニバース・トゥデイ」のボブ・キング氏は、次のような例えで私たちに説明してくれた。

  • less versed in the details of radio astronomy - so, pretty much everyone watching this video

    電波天文学に詳しくない人、つまり、このビデオを見ている人のほとんどが

  • - why this frequency should be protected for science at all costs.

    - なぜこの周波数が科学のために何としても守られなければならないのか。

  • He compared the range of frequencies to a 3-panel bay window.

    彼は周波数の範囲を3枚の出窓に例えました。

  • The 610 MHz frequency allows astronomers to get an unobstructed radio view of the sky.

    610MHzの周波数は、天文学者が空を遮ることなく電波で見ることができる。

  • Losing it would be like blacking out the middle pane of the aforementioned three panel window.

    それを失うことは、前述の3枚の窓のうち、真ん中の窓を真っ黒にしてしまうようなものだ。

  • It would essentially black out that significant chunk of the telescope's view.

    望遠鏡の視界のかなりの部分が黒くなってしまいます。

  • And here is where the problem lay.

    そして、ここで問題が発生した。

  • 608-614 MHz sat right around...you guessed it; the spot Channel 37 was supposed to take

    608〜614MHzは、ちょうどチャンネル37が取るべき場所に位置していたのだ。

  • on television sets across the US.

    全米のテレビで放送されました。

  • This wasn't a big problem in the early days of television, when few channels were actually

    これは、チャンネル数が少なかったテレビ黎明期には大きな問題ではありませんでした。

  • operating at any given time, and for most TV set owners, accessing UHF signals was an

    テレビを持っている人にとって、UHF帯の信号にアクセスするのはとても大変なことでした。

  • optional upgrade few chose to buy.

    オプションのアップグレードは、ほとんどの人が購入しませんでした。

  • However, as TV exploded in popularity, the larger number of channels provided by UHF

    しかし、テレビが爆発的に普及すると、UHFのチャンネル数の多さに

  • signals became a default feature rather than a potential upgrade.

    シグナルは、アップグレードの対象ではなく、デフォルトの機能となりました。

  • For the first time, instead of families gathering around the dinner table and hurling passive

    家族で食卓を囲んで受け身を取るのではなく、初めての試みである。

  • aggressive taunts at each other, they could crowd around the latest episode of “I Love

    互いに攻撃的な罵り合いをしたり、「I Love」の最新エピソードに群がったり。

  • Lucyand just let their resentment quietly simmer while laughing at Lucy and Ethel's

    ルーシー」と呼ばれ、ルーシーとエセルのことを笑いながら、ただ静かに恨みを晴らしていました。

  • antics.

    のアンチテーゼです。

  • This created problems for scientists who needed that small frequency window for their research.

    これは、研究のためにその小さな周波数の窓を必要とする科学者にとっては問題でした。

  • At first, scientists thought bringing their concerns and requests to the FCC would quickly

    当初、科学者たちは、自分たちの懸念や要望をFCCに伝えれば、すぐに解決すると考えていました。

  • resolve the situation.

    を解決することができました。

  • After all, they were just asking for one measly channel in return for what could potentially

    結局、彼らが求めていたのは、たった1つのチャンネルの見返りとして、潜在的には

  • be groundbreaking discoveries in the field of space and astronomy.

    は、宇宙や天文学の分野で画期的な発見をすることができます。

  • However, to the surprise of no one who has lived under the reign of recent FCC Chairman

    しかし、最近のFCC委員長の下で生活したことのある人なら誰でも驚くことでしょう。

  • Ajit Pai, the FCC came into conflict with experts and science in the name of higher

    アジット・パイ、FCCが専門家や科学者と対立したのは、高等教育のためだった。

  • profits.

    の利益を得ることができます。

  • As McVittie later recalled of the general response to his requests at the time, even

    後にマクビティは、当時の彼の要求に対する一般的な反応について、次のように語っている。

  • fellow radio astronomers saw the impossibility of what was being asked in the eyes of the

    電波天文学者の仲間たちの目には、求められていることの不可能性が映っていた。

  • FCC and the American public.

    FCCとアメリカ国民のために。

  • Some said, quote, “do you mean to say you are asking the American public to give up

    アメリカ国民に諦めろということなのか」という声もありました。

  • one television channel for science?

    科学のための1つのテレビチャンネル?

  • Who ever heard of anything so absurd?”

    そんな不条理なことを聞いたことがある人はいるだろうか。

  • It's…[pause]...comforting to know that some things never change.

    変わらないものがあるというのは、とても心強いことです。

  • The FCC was also reluctant to jump on board because few stations had called in to even

    また、FCCが乗り気にならなかったのは、ほとんどの局が電話をかけても

  • use Channel 37 yet, as TV was still in its infancy and networks were slow to create and

    チャンネル37は、テレビがまだ始まったばかりで、ネットワークの設立や運営が遅れていたため、まだ使われていませんでした。

  • expand content.

    は、コンテンツを拡大します。

  • Remember, reality shows weren't a thing yet, so some semblance of care had to be put

    当時はまだリアリティ番組がなかったので、ある程度の配慮が必要でした。

  • into programming.

    をプログラミングに取り入れました。

  • But hold on, you might be thinking.

    しかし、ちょっと待ってください、と思うかもしれません。

  • Why would the FCC need to ban Channel 37 all across the US.

    なぜFCCは全米でチャンネル37を禁止する必要があるのだろうか。

  • Could all TV stations on this channel, even hundreds of miles away, really interfere with

    何百マイルも離れた場所であっても、このチャンネルを使っているすべてのテレビ局が、本当に干渉しているのだろうか?

  • this one radio telescope in Danville, Illinois?

    イリノイ州のダンビルにあるこの電波望遠鏡は?

  • Well...not all.

    まあ...全部じゃないけど。

  • But surprisingly, most big TV markets presented a problem.

    しかし、意外なことに、ほとんどの大きなテレビ市場では問題が発生した。

  • Why?

    なぜ?

  • Because the telescope would be strongly affected from any signal coming from within a 600-mile

    望遠鏡は、600マイル以内からの信号に強い影響を受けるので

  • radius, and likely affected even beyond that.

    半径、さらにその先にも影響があると思われます。

  • Danville itself is a relatively small town; population at the time: 31,246.

    ダンビル自体は比較的小さな町で、当時の人口は31,246.

  • However, within a 600-mile radius of the town lay most of the major metropolitan centers

    しかし、この町から半径600マイル以内には、ほとんどの主要都市の中心部があります。

  • of the US at the time.

    当時のアメリカの

  • Chicago, Detroit, Atlanta, St. Louis, Washington DC, Minneapolis, Pittsburgh, Milwaukee, and

    シカゴ、デトロイト、アトランタ、セントルイス、ワシントンDC、ミネアポリス、ピッツバーグ、ミルウォーキー、そして

  • even Toronto all lay within 600 miles of the centrally located Illinois town.

    その上、トロントはイリノイ州の中心地から600マイル以内に位置しています。

  • Philadelphia and New York City, though they fell slightly outside the radius, were still

    フィラデルフィアとニューヨークは、半径からわずかに外れてはいるものの

  • close enough to it to potentially provide interference as well.

    干渉を与える可能性があるほど近くにある。

  • Almost all the coastal cities of the Mississippi River fell within this radius, as well as

    この半径内には、ミシシッピ川沿岸のほとんどの都市が入り、さらに

  • the majority of the Eastern seaboard with the exception of Florida and New England.

    は、フロリダとニューイングランドを除く東海岸の大部分を占めています。

  • The FCC was eventually forced to address the issue directly when the city of Paterson,

    最終的にFCCは、パターソン市が直接この問題に取り組まざるを得なくなった。

  • New Jersey, asked for Channel 37.

    ニュージャージー州、チャンネル37に依頼。

  • For those wondering why Paterson couldn't request one of the many other channels available,

    なぜパターソンは他の多くのチャンネルを要求できなかったのかと疑問に思っている人のために。

  • other FCC limitations and regulations had taken away other channel options for this

    他のFCCの制限や規制により、このチャンネルの他の選択肢がなくなっていました。

  • New Jersey city.

    ニュージャージー州の都市。

  • Scientists impressed upon the FCC that even though Paterson fell just outside the 600-mile

    科学者たちは、パターソンが600マイルの範囲内にあるにもかかわらず、FCCに感銘を与えた。

  • radius encircling the Danville telescope, use of Channel 37 there would still likely

    ダンビル望遠鏡を中心とした半径の中で、チャンネル37を使用してもおそらく

  • interfere with the work being done at the University of Illinois.

    イリノイ大学で行われている作業の妨げになる。

  • The FCC came up with a compromise it thought would work well.

    その結果、FCCは「これなら大丈夫」という妥協案を出しました。

  • Within 600 miles of the telescope, it banned stations on Channel 37 until at least 1968,

    望遠鏡から600マイル以内では、少なくとも1968年までチャンネル37の放送を禁止した。

  • when the projected McVittie could complete his survey of radio star sources.

    予測されていたマクビッティーが電波星のソースの調査を完了したとき。

  • Stations outside the radius could use Channel 37, but couldn't air anything between midnight

    圏外の放送局もチャンネル37を使用できたが、午前0時から午後3時までは何も放送できなかった。

  • and 7 AM.

    と午前7時。

  • The thinking was that McVittie could use a few hours in this window for uninterrupted

    マクビッティーは、このウィンドウの中で数時間を使って、連続した時間を過ごすことができると考えました。

  • research.

    の研究を行っています。

  • While the FCC patted itself on the back for a job well done, scientists felt that officials

    FCCはよくやったと自画自賛していますが、科学者たちは次のように感じています。

  • there had completely missed the point.

    は、完全に的外れだった。

  • Signals outside the 600-mile radius would still interfere with telescope functionality

    半径600マイルの範囲外の信号は、望遠鏡の機能を妨げることになる。

  • most of the time, and the field of radio astronomy would need that 610 MHz frequency way past

    電波天文学の分野では、過去に610MHzの周波数を必要としたことがありました。

  • 1968.

    1968.

  • Feeling they had hit a brick wall in their negotiations with the FCC, scientists took

    科学者たちは、FCCとの交渉で壁にぶつかっていると感じていました。

  • their complaints to the media instead.

    その代わりに、メディアに不満をぶつけていました。

  • Strangely enough, this nerdy little story of bandwidths, frequencies and astronomy blew

    不思議なことに、この帯域幅、周波数、天文学のオタク的な小話は、爆発した。

  • up, landing on the front page ofThe New York Times” [img src=https://timesmachine.nytimes.com/timesmachine/1963/04/14/89917110.html?pageNumber=1].

    をアップし、「The New York Times」の一面に着地しました[img src=https://timesmachine.nytimes.com/timesmachine/1963/04/14/89917110.html?pageNumber=1]。

  • An ever growing chorus of scientists sent the following statement to the FCC to express

    増え続ける科学者たちの合唱が、FCCに次のような声明を送って表明した。

  • their displeasure: “The FCC Docket suggests an appalling lack of comprehension within

    今回のFCC Docketは、私たちの理解力が圧倒的に不足していることを示唆している」と不快感を示している。

  • the FCC of the nature and needs of radio astronomy and yet the Commission has power to cripple

    電波天文学の性質と必要性をFCCが理解しているにもかかわらず、委員会は電波天文学の発展を妨げる力を持っています。

  • and perhaps even destroy radio astronomy.”

    そして、おそらく電波天文学を破壊することになるでしょう。

  • Officials at the Commission rejected this assessment - as most people would reject an

    欧州委員会の担当者は、この評価を否定した。

  • assessment of themselves as, essentially, dumb and ignorant - but strangely enough,

    しかし、不思議なことに、自分たちは本質的に馬鹿で無知であると評価されているのです。

  • relented.

    と言ってくれました。

  • In October of 1963, the FCC issued a statement announcing that the use of Channel 37 would

    1963年10月、FCCは、チャンネル37の使用を発表しました。

  • be barred in the US.

    は、米国では禁止されています。

  • Additionally, the Commission encouraged its Canadian and Mexican neighbors to do the same.

    さらに、欧州委員会はカナダとメキシコの近隣諸国にも同様の対応を促した。

  • McVittie could hardly believe that the FCC flipped on the issue after so many months

    McVittie氏は、何ヶ月も経ってからFCCがこの問題で手のひらを返したことが信じられなかった。

  • of seemingly failing to understand the problem, as well as scientists' frustrations.

    問題を理解していないかのように見えることや、科学者たちのフラストレーションなど。

  • Though the official FCC explanation for the decision simply stated that they had finally

    しかし、FCCの公式説明では、「最終的に」という言葉が使われています。

  • understood any activity on Channel 37 would likely interfere with significant scientific

    チャンネル37での活動は、重要な科学的情報を妨害する可能性があると理解しました。

  • research, rumors floated around of other pressures on the FCC.

    このような状況の中で、FCCには別の圧力がかかっているという噂が流れた。

  • One of the most interesting - and shockingly, plausible rumors about the FCC's flip - suggested

    最も興味深い、そして衝撃的なことに、FCCのフリップに関するもっともらしい噂のひとつは、次のように示唆しています。

  • that the public had put immense pressure on the Commission after media attention was brought

    メディアに注目されたことで、一般の人々が委員会に大きな圧力をかけたこと。

  • to the frequency issue.

    には、周波数の問題があります。

  • Why?

    なぜ?

  • Because what the public had gathered from this case is that interfering with the radio

    というのも、この事件で一般の人たちが集めたのは、ラジオを妨害することが

  • telescope at Danville would interfere with potential alien communications.

    ダンビルの望遠鏡は、宇宙人の通信を妨害する可能性がある。

  • Now, whether people were scared of potential aliens or excited by them is unclear.

    さて、人々が宇宙人の可能性に怯えていたのか、それとも宇宙人に興奮していたのかは定かではありません。

  • However, they viewed the FCC's intention to interfere with such possible contact as

    しかし、そのような可能性のある接触を妨害しようとするFCCの意図を、彼らは次のように捉えています。

  • a threat to progress, or safety, or simply a government cover-up.

    進歩や安全への脅威、あるいは単なる政府の隠蔽工作である。

  • Though laypeople didn't seem to quite understand the debate or the work being done at Danville

    一般の人には、ダンビルで行われている議論や仕事の内容がよくわからないようでしたが

  • - to be fair, neither did the FCC - they threw their weight behind the scientific community

    - 公平を期すために、FCCも科学界に肩入れした。

  • over deregulation and potential corporate profits.

    規制緩和や企業の潜在的な利益のために

  • Clearly, this happened in a bygone era.

    明らかに、これは過去の時代の出来事である。

  • The way McVittie later put it, quote, “We got rumors, George particularly from friends

    マクビティが後に語ったところによると、「ジョージは特に友人から噂を聞いていた」とのこと。

  • he knew, that gradually a huge accumulation of letters arrived at the FCC, protesting

    彼が知っていたのは、次第にFCCに抗議の手紙が大量に届くようになったことだ。

  • against this nonsupport of this new science…[pause]...whatever it was.”

    この新しい科学を支持しないことに対して......[pause]......それが何であれ」。

  • By the way, if you get Channel 37 today and have been wondering what in the world we're

    ところで、もしあなたが今日チャンネル37を手にして、私たちがいったい何をしているのか気になったなら

  • talking about this whole time, it's likely you get it as a digital channel.

    の話をずっとしていると、デジタルチャンネルとして手に入る可能性が高くなります。

  • This means that 37 functions as a “virtual channel”, allowing any station to be broadcast

    これは、37が「仮想チャンネル」として機能し、どの局でも放送できることを意味しています。

  • on it no matter what its position on the MHz spectrum.

    MHzのスペクトルのどの位置にあっても、その上にある。

  • But for most of us, we can stop wondering if our TV is broken, and instead marvel at

    しかし、ほとんどの人にとっては、テレビが壊れているかどうかを気にすることなく、その代わりに

  • the fact that a small and determined group of scientists banded together to override

    少数精鋭の科学者グループが結束して無効化したという事実がある。

  • the mighty FCC.

    強烈なFCC。

  • We may not have channel 37, but we have a whole new important field of science giving

    チャンネル37はないかもしれませんが、科学の全く新しい重要な分野ができました。

  • us discoveries about our galaxy and universe at every turn.

    私たちの銀河系や宇宙について、あらゆる場面で発見があります。

  • And now that this story is over, if you're still itching to learn about more puzzling

    この話が終わっても、もっと不思議なことを知りたいと思ったら

  • mysteries, click on this video, or this one right here!

    謎を解くには、このビデオか、こちらのビデオをクリックしてください。

Let's say you're feverishly channel surfing past multiple generations of Kardashians on

例えば、あなたが何世代にもわたって放送されているKardashiansの番組を熱心にチャンネルサーフィンしているとしましょう。

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B2 中上級 日本語 望遠 電波 チャンネル 天文 周波 テレビ

チャンネル37はなぜ存在しないのか (Why Channel 37 Doesn’t Exist)

  • 11 0
    Summer に公開 2021 年 05 月 10 日
動画の中の単語