Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • There's a scene in Game of Thrones where  Viserys, a man not exactly well known for his  

    ゲーム・オブ・スローンズ』の中で、ヴィセリスが、あまり有名ではないが

  • moral compass, gets his arm snapped by a couple  of Khal Drogo's bare-chested men. He shouts,  

    道徳的な羅針盤である彼は、カル・ドロゴの素っ裸の男たちに腕を折られてしまいます。彼は叫ぶ。

  • Ah! No, no! You cannot touch me. I am the  dragon, I am the dragon. I want my crown!” 

    "Ah! No, no!私に触れることはできない。俺はドラゴンだ、俺はドラゴンだ。私は王冠が欲しい!"

  • And a crown he gets, although  it's not what he really wanted

    そして、彼が本当に望んでいたものではないが、王冠を手に入れた。

  • A bunch of gold is quickly heated up and meltedand his sister, Daenerys, who's also there,  

    大量の金塊があっという間に熱せられて溶かされ、そこには妹のデネリスもいる。

  • is told to look away. This aint gonna be prettyThe incredibly hot liquid gold is then poured  

    は目をそらすように言われます。これはきれいなことではありません。 とてつもなく熱い金の液体を流し込みます。

  • over his head. He didn't look too good after that. What you might not know is this scene was partly  

    彼の頭の上に。その後、彼はあまりいい顔をしませんでした。このシーンの一部は、皆さんには知られていないかもしれません。

  • based on real life. Death by molten metal  was a terrible punishment, and as you'll  

    実話に基づいています。溶解した金属による死は恐ろしい刑罰であり、あなたが言うように

  • see today, it happened all over the place. Ok, so some of you are calling BS on this one,  

    今日のようなことがあちこちで起こりました。さて、この件については、何人かの方がBSと呼んでいますね。

  • but we guess you have never heard of the Battle of  Tucapel. This took place in the town of Tucapel in  

    しかし、皆さんは「トゥカペルの戦い」をご存じないでしょう。のトゥカペルという町で起こったものです。

  • Chile on December 25, 1553, and was fought between  the Spanish conquistador, Pedro de Valdivia,  

    チリでは1553年12月25日に、スペインの征服者であるペドロ・デ・バルディビアとの間で争われました。

  • and the indigenous Mapuche people. As you can understand, the Mapuche  

    と、先住民族のマプチェ族を紹介しました。ご理解いただけると思いますが、マプチェ族は

  • folks weren't too pleased about the Spanish coming  over and trying to run things and steal all their  

    人々は、スペイン人がやってきて、自分たちの生活を支配し、すべてを盗もうとすることをあまり快く思っていませんでした。

  • gold. To cut a long story short, there was a warthe Arauco War, and at some point in that war,  

    の金です。話が長くなってしまいましたが、アラウコ戦争という戦争があり、その戦争のある時点で

  • the Mapuche forces tried to take the Tucapel  fort where the Spanish had a stronghold

    マプチェ軍は、スペイン軍が拠点としていたトゥカペルの砦を奪おうとしました。

  • The Indians, who by that time had learnedthing or two about war tactics from the Spanish,  

    当時のインディアンは、スペイン人から戦争の戦術を学んでいた。

  • killed just about every Spaniard. Valdivia, who  of course had the best horse, got away. Everyone  

    スペイン人のほとんどが殺されてしまった。最高の馬を持っていたバルディビアは逃げ出した。みんな

  • else was killed. Still, his horse didn't much  like the thick bog it walked into, and that was  

    他の人は殺されてしまった。しかし、彼の馬は厚い沼地に入っていくのをあまり好まなかったし、それは

  • the end of the getaway. The Indians got hold of  Valdivia and he was brought before the leaders

    逃避行の果てにインディアンに捕まったバルディビアは、首脳陣の前に引き出された。

  • Now, what kind of horrific punishment should be  the order of the day for a damned conquistador  

    さて、呪われたコンキスタドールにはどのようなおぞましい罰を与えるべきか

  • that had brutalized a people? Well, a mere  decapitation wouldn't well do, would it

    民衆を残虐にしたものを?単なる首切りでは済まされないだろう?

  • There are some different tales as to what actually  happened, but as a man once famously said,  

    実際に起こったことについては様々な説があるが、かつてある人が言った有名な言葉がある。

  • When the legend becomes fact, print the  legend.” Did Valdivia offer the Indians a  

    "伝説が事実になった時、伝説を印刷する"バルディビアは、インディアンに

  • bunch of animals and promise to leave their  land only to get his arms lopped off? Maybe.  

    沢山の動物の群れの中で、自分の腕を切り落とされるだけで、彼らの土地を離れることを約束した?そうかもしれない。

  • Were those arms roasted and eaten in front of  him? Perhaps. Was he tortured for three days  

    その腕は、彼の目の前で焼いて食べられたのか?そうかもしれない。3日間の拷問を受けたのか

  • which ended with him getting his heart pulled  out and eaten by the Mapuche leaders? Possibly

    その結果、彼はマプチェ族のリーダーに心臓を引き抜かれて食べられてしまうことになったのですか?可能性はある。

  • But we'd like to believe a story told by another  conquistador at the time, Pedro Mariño de Lobera,  

    しかし、私たちは、当時のもう一人の征服者であるペドロ・マリーニョ・デ・ロベラが語った話を信じたい。

  • a story that was very popular in Chile in  those days. It goes that since the Spanish  

    は、当時のチリで人気のあった話です。それは、スペイン人が

  • were so desperate to have all that Chilean  gold, they could bloody well have it. Well,  

    は、チリの金塊をどうしても手に入れたいと思っていた。まあね。

  • at least some. It was melted down  and given to Valdivia via his throat

    少なくても一部はそれを溶かして、喉を経由してバルディビアに与えた。

  • Before we tell how this would have gone down and  how it might have felt, let's see if there are  

    これがどうなっていたか、どう感じられたかを語る前に、次のことを確認しましょう。

  • other instances in history of a person getting  a bucket of molten gold thrown down their neck

    歴史上、溶かした金のバケツを首に投げつけられた例は他にもあります。

  • You're in luck viewers because  we found another story

    あなたは幸運な視聴者です、私たちは別の物語を見つけたからです。

  • This story is about a Roman Emperor that  ran things back in the mid-200s. His name  

    この物語は、200年代半ばに活躍したローマ皇帝の話です。彼の名前は

  • was Valerian, and it's said he didn't  exactly root for the Christians. In fact,  

    は「ヴァレリアン」ですが、彼はキリスト教徒を応援していたわけではないと言われています。実際に。

  • he demanded that the Christian clergy kill their  own flock to propitiate the Roman Gods. Under  

    彼は、キリスト教の聖職者たちに、ローマの神々を鎮めるために自分たちの群れを殺すことを要求した。その結果

  • Valerian, just about anyone talking about one big  omniscient God that created everything, suffered

    ヴァレリアン、すべてを創造した1つの大きな全知全能の神の話をする人は、ほとんどが苦しんでいました。

  • A Christian writer back then named Lactantius  wrote about Valerian, saying that after he was  

    ラクタンティウスという当時のキリスト教作家がヴァレリアンについて書いていて、ヴァレリアンが死んだ後に

  • roundly beaten by Shapur, the king of Persia, he  was subjected to years of humiliating treatment.  

    ペルシャの王、シャプールに打ちのめされ、何年にもわたって屈辱的な扱いを受けました。

  • For one thing, he became a human footstool for  the king. Let's remember that the Persians along  

    一つには、彼が王の人間の足台になったことです。に沿ったペルシャ人のことを思い出しましょう。

  • with the Romans were predisposed to torturing  their enemies in the most horrific ways. They  

    ローマ人は、敵を最も恐ろしい方法で拷問する傾向がありました。彼らは

  • invented scaphism for God's sake, or at  least according to the ancient Greeks

    神のためにスカフィズムを発明したと、少なくとも古代ギリシャ人は言っている。

  • So, as the story goes, Valerian offered all  kinds of goodies to the king for his release,  

    そこでヴァレリアンは、釈放のために王様にいろいろなお土産を差し出したという話です。

  • but old Shapur, like the Terminator, couldn't  be bargained with. The ancient Iranian already  

    しかし、年老いたシャプールは、ターミネーターのように相手にしてくれなかった。古代イラン人はすでに

  • had enough gold and silver and whatever  else Valerian could offer, so instead of  

    金や銀、その他ヴァレリアンが提供するものは十分にあったので、代わりに

  • making a deal, he gave his people a treat. Ok, so one version has it that Shapur merely  

    取引をして、民衆にご褒美を与えたのだ。さて、あるバージョンでは、シャプールは単に

  • flayed Valerian and had his skin stuffed with  straw so his body could sit in a temple like a  

    ヴァレリアンの皮を剥ぎ、その皮に藁を詰めて、その体を神殿に鎮座させて、まるで

  • very well-made piñata. There's another story  that Valerian was released after some amount  

    非常によくできたピニャータです。別の話では、ヴァレリアンはある程度の量の後にリリースされたということです。

  • of tactful negotiations, but we'd like  to believe the tale that he was killed  

    しかし、私たちは、彼が殺されたという話を信じたい。

  • by being forced to swallow molten gold. As for the person that pretty much put an  

    溶けた金を飲み込まされたりして。と言っていた人がいました。

  • end to Christian persecution in the Roman EmpireConstantine the Great, he was also said to approve  

    ローマ帝国のキリスト教迫害を終結させたコンスタンティヌス大帝は、彼が承認したとも言われています。

  • of death by molten metal. He might have created  some new laws that weren't quite as brutal as his  

    溶解した金属による死の彼は、彼のように残忍ではない新しい法律を作ったかもしれませんが

  • predecessors' laws, but he didn't exactly embrace  human rights full-on. He'd read Christian texts,  

    しかし、彼は人権を全面的に支持していたわけではない。彼はキリスト教のテキストを読んでいた。

  • so he had a thing about sexual purity. That's why he created a new edict,  

    そのため、彼は性的純潔にこだわりを持っていました。だからこそ、彼は新しい勅令を作ったのです。

  • one which was about slave girls and women  being stolen by men. Those girls were  

    その中には、奴隷の少女や女性が男性に奪われるという内容のものもありました。それらの少女たちは

  • under the protection of chaperones, women called  nurses, who were supposed to protect the slaves  

    看護婦と呼ばれる女性の付き添いのもと、奴隷を保護することになっていました。

  • from being abducted. The law came under the  “raptusstatutes, a word related to seizing  

    拉致されないように。この法律は、「ラプトゥス」という法律の下にあり、押収に関連する言葉である

  • something without permission. This could mean  forcing a slave to have sex or bride kidnapping

    許可なく何かをすること。これは、奴隷にセックスを強要したり、花嫁の誘拐を意味します。

  • Constantine had it written into law that ifchaperone should help with this kind of activity,  

    コンスタンティヌスは、このような活動には付き添いが必要であると法律に明記した。

  • she should have molten lead, not gold, poured  down her throat. It was also decreed that any  

    金ではなく、溶けた鉛を喉に流し込むべきだとした。また、このようなことがあってはならないと

  • man forcing himself on a girl should be burned  at the stake, and any slave girl who willingly  

    女の子に強引に迫る男は火あぶりにされるべきだし、喜んでいる奴隷の女の子は

  • ran off with a guy should also be burned. This is what he wrote in one edict

    また、男と駆け落ちした人も焼かれるべきです。これは彼が1つの勅令に書いたことです。

  • And since often the watchfulness of parents is  frustrated by the stories and wicked persuasions  

    "そして、親の注意力は、しばしば話や邪悪な説得によって挫折してしまうので

  • of nurses, these nurses first of all, whose  service is proved to have been hateful and  

    の看護師、まずこの看護師たちの勤務が憎しみに満ちたものであったことが証明された。

  • whose talk is proved to have been bought, this  punishment shall threaten: that the opening  

    その話が買われたことが証明された場合、この罰は脅しとなります。

  • of their mouth and of their throat, which  brought forth destructive encouragements,  

    彼らの口と喉からは、破壊的な励ましの声が聞こえてきました。

  • shall be closed by the swallowing of molten lead.” Ok, so there are umpteen historical texts that  

    は溶けた鉛を飲み込むことで閉じられる」。OK、では、歴史的な文章が山ほどありますが

  • say this happened, so now we should  ask what it would have felt like or  

    このようなことがあったと言うのだから、今度はそれがどのように感じられたのか、あるいは

  • at least how the person would have died. We are in luck here, because after a bunch of  

    少なくとも、その人がどのように死んでいったのか。私たちはここで幸運にも、たくさんの

  • modern scientists from the Netherlands heard the  story of the 1599 case of a Spanish governor in  

    オランダの近代科学者たちは、1599年に起きたスペイン総督の事件の話を聞いた。

  • Ecuador dying this way, again because he upset  the locals, they investigated the matter. They  

    エクアドルがこのように死んだのは、やはり彼が地元の人々を怒らせたからで、彼らはその問題を調査しました。彼らは

  • wrote what you've already heard, that the  punishment was reserved for the gold-hungry  

    は、金に目がくらんだ者だけに与えられた罰だと、すでに聞いたことを書いている。

  • Spaniards as a symbolic kind of execution. The story of the governor says that soon after  

    スペイン人は、象徴的な処刑の一種だと思います。知事の話によると、直後に

  • he swallowed the gold his internal organs  burst. The scientists wrote in a paper,  

    金を飲み込んだときに内臓が破裂した。科学者たちは論文にこう書いている。

  • The question remains whether this is actually the  case and, also, what the cause of death would be.” 

    "問題は、これが実際にそうであるかどうか、また、死因が何であるかである。"

  • We'd test this ourselves at the Infographics Showbut we are too stingy to spare any of our gold,  

    Infographics Showで自分たちでテストしたいところですが、私たちはケチなので金を惜しみません。

  • but luckily the Dutch academics did  a test for us. They took the larynx  

    しかし、幸いなことに、オランダの学者がテストをしてくれた。喉仏を採取して

  • from a cow. The cow was already dead,  a casualty of human steak consumption

    牛から。その牛はすでに死んでいました。人間がステーキを食べたことによる犠牲者です。

  • They then took the larynx and stood it uprightand instead of using molten gold they heated up  

    その後、喉仏を取り出して直立させ、溶かした金ではなく、熱して

  • some lead to 450 degrees and used thatTissue paper was shoved into the bottom  

    の鉛を450度にして、それを使いました。 ティッシュペーパーを底に突っ込んで

  • so there was a kind of end to the larynx. In their own words, this is what happened

    喉仏にはある種の終止符が打たれた。彼らの言葉を借りれば、こうなります。

  • Immediately, large amounts of steam appeared  at both ends of the specimen, and the clot  

    "すぐに試料の両端から大量の蒸気が発生して、クロットが

  • of tissue paper was expelled with force by  the steam. Within 10 seconds, the lead had  

    のティッシュペーパーが、蒸気によって勢いよく排出された。10秒後には鉛が

  • congealed again, completely filling the larynx.” There's a lot of academic speech in the paper,  

    再び凝固し、喉頭を完全に満たした。"論文の中には、学術的な言葉がたくさん出てきます。

  • so we'll employ laymen's language here. In  conclusion, they said all that steam could  

    ここでは、平易な言葉で説明します。結論から言うと、彼らは蒸気ができるだけのことを言った

  • rupture the organs, so yes, a good old  bursting could definitely have happened  

    臓器を破裂させたのだから、確かに昔のように破裂したのかもしれない。

  • when the gold was poured into those victims. They said that if bursting didn't occur, then  

    その犠牲者に金を注ぎ込んだときに彼らは、バーストが起こらなかった場合は

  • the thermal injury to the lungs would pretty much  cause instant death from pulmonary dysfunction and  

    肺に熱傷を与えると、肺機能障害で即死してしまいます。

  • shock. They also said that there is the minute  possibility that instant death wouldn't occur,  

    ショックを受けました。また、即死が起こらない可能性も十分にあるという。

  • but then since the liquid would congeal in about  10 seconds, the airways would block, and the  

    が、その後10秒ほどで液体が凝固してしまうため、気道が塞がれてしまい

  • person would suffocate in not too many seconds. Therefore, this kind of death in the past would  

    の人は、さほど長くない秒数で窒息してしまいます。したがって、過去のこのような死は

  • have been over just as the person swallowed  the first mouthful of gold. Of course,  

    その人が最初に金塊を口にした瞬間に終わっていたと思います。もちろんです。

  • the initial contact with the mouth would have  stung a bit, but as soon as the pain was felt,  

    は、最初に口に触れたときには、少しチクッとした痛みがあったと思いますが、その痛みがなくなると

  • the person, as Londoners might have once saidwould bebrown bread”, dead. By that time,  

    その人は、かつてロンドンっ子が言っていたように、「茶色いパン」になって死んでしまうのだ。その時には

  • the throat mucus would have been burned  off and the muscles would have been cooked

    喉の粘液が焼かれ、筋肉が焼かれたことでしょう。

  • There is more to this story, though. What  if someone just swallowed a tiny bit,  

    しかし、この話にはまだ続きがあります。もし誰かがほんの少しだけ飲み込んでくれたら。

  • a few spoonfuls? You are in luck again  

    スプーン数杯分?あなたはまた運がいい

  • viewers because there is a story about a man  that was unfortunate enough to do just that,  

    視聴者には、不幸にもそのようなことをしてしまった男の話があるからだ。

  • and guess what, he didn't immediately die. Ok, so this wasn't a punishment, but the  

    で、どうでしょう、彼はすぐには死ななかったのです。OK、これは罰ではなかったわけですが、その

  • story still might serve to give you an idea  of what swallowing molten gold might be like

    この物語は、溶けた金を飲み込むことがどのようなものかを想像させるのに役立つだろう。

  • The story is of a lighthouse keeper named Henry  Hall who worked in the picturesque countryside at  

    物語は、ヘンリー・ホールという灯台守が、絵に描いたような田園風景の中で働くというもの。

  • the southern end of England. On 2 December 1755,  he had a bit of a bad day. There was a fire at his  

    イングランドの南端に位置する。1755年12月2日、彼はちょっとした不幸に見舞われた。彼の家で火事があったのだ。

  • lighthouse so he did the right thing and threw  water on it, only the fire was above his head

    彼は正しいことをして灯台に水をかけたが、火は彼の頭上にあった。

  • At one point, he looked up to assess the  damage, and molten lead from the roof fell  

    ある時、被害状況を確認するために顔を上げると、屋根から溶けた鉛が落ちてきました。

  • on his poor head. If that wasn't painful enoughbecause his mouth was wide open, he swallowed  

    頭の上に乗っていた。さらに、口を大きく開けていたため、飲み込んでしまいました。

  • a load of the stuff. These were his exact  words, “My God, I'm on fire inside!” 

    を一杯にした。これが彼の正確な言葉でした。"My God, I'm on fire inside!"

  • Not surprisingly, he suffered terrible burns  over his face, shoulders, and arms. But this  

    驚くなかれ、彼は顔、肩、腕にひどい火傷を負った。しかし、この

  • was a lighthouse in a very remote areaso Hall was pretty much stuck there. He  

    は、非常に人里離れた場所にある灯台だったので、ホールはそこにずっと居座っていた。彼は

  • was fortunate enough in a few days to flag  down a passing ship, and later Mr. Hall told  

    数日後、幸運にも通りすがりの船に旗を立てることができ、後にホール氏から

  • a shocked Dr. Henry Spry what had happened. All this is on record, with Spry writing that  

    驚いているヘンリー・スプリー博士に、何が起こったのかを聞いてみた。このことは記録に残っており、スプリーは次のように書いている。

  • Hall said: “with a hoarse voice, scarce to  be heard, that melted lead had run down his  

    ホールはこう言った。"嗄れた声で、溶けた鉛が彼の体に流れ込んだと。

  • throat into his body.” The doctor actually didn't  believe Hall's story, only because he thought,  

    喉から体の中へ"医者は実はホールの話を信じていなかったのですが、ただ思ったのは

  • like anyone would, that if you swallowed molten  lead, you'd be dead in a matter of seconds,  

    溶融した鉛を飲み込んだら、数秒で死んでしまうということを、誰もが知っているように。

  • or maybe hours if the serving was small. Hall was 94 at the time, which was nothing  

    盛り付けが少なければ何時間でもいい。ホールは当時94歳でしたが、何の問題もありませんでした。

  • short of a miracle back in the 1700s. For  the reason of old age, the doctor said Hall  

    1700年代には奇跡のようなことが起きていた。老齢という理由で、医師はホール

  • must have lost his mind and that was why he  was going on about swallowing lead and fires  

    気が狂ったかのように、鉛を飲み込んで火事になったと言っていたのは

  • in his stomach. Spry noted that he didn't  have any other symptoms besides the burns.  

    胃の中に入っていた。スプライは、火傷のほかには何の症状もなかったと指摘する。

  • The doctor was having none of it. A few days later Hall was dead

    医者はそれを許さなかった。数日後、ホールは死んだ。

  • An autopsy was performed given Hall's  claims about what had happened. This is  

    ホール氏の主張を受けて検死が行われた。これは

  • what was written in the report: “The diaphragmatic upper mouth of the stomach  

    報告書に書かれていたこと"胃の横隔膜上口部の

  • greatly inflamed and ulcerated, and the tunica in  the lower part of the stomach burnt; and from the  

    炎症や潰瘍がひどく、胃の下部の中膜が焦げている。

  • great cavity of it took out a great piece of  lead ... which weighed exactly seven ounces.” 

    その中には、7オンスの重さの鉛が入っていた。

  • That bit of lead in his stomach is now  in a museum, and if you go to a certain  

    彼の胃の中にあった鉛のかけらは、今では博物館にあり、ある場所に行けば

  • pub in Plymouth today, nearby you'll see  a plaque dedicated to the brave Mr. Hall

    現在、プリマスにあるパブの近くには、勇敢なホール氏に捧げられたプレートがあります。

  • So, yes, you could swallow some molten metal and  survive, but you'd likely end up dying with some  

    つまり、溶けた金属を飲み込んで生き延びることはできても、最終的には何らかの原因で死んでしまう可能性が高いのです。

  • of the hardened stuff inside of you. One thing  is for sure, if those ancients did perform this  

    自分の中の固まったものをひとつ確かなことは、もし古代人がこのようなパフォーマンスをしていたら

  • kind of groovy execution, they would not be out of  pocket, because they could just take the hardened  

    このようなグルーヴ感のある実行をすると、彼らはポケットから出てくることはありません、なぜなら、硬化した

  • gold back once they'd opened the guy up. For this  reason and more, there's absolutely no reason  

    このような理由で、このような製品を作る必要はありません。このような理由で、全く理由がありません。

  • to think this kind of punishment didn't exist. Was molten lead ever a real punishment outside  

    このような刑罰は存在しないと思っていた。溶けた鉛は外では本当の罰だったのでしょうか

  • of Constantine's God-fearing empire? Well, if you read the Old Testament  

    コンスタンティヌスの神を畏れる帝国の?さて、旧約聖書を読むと

  • you might believe that to be true because  in Leviticus 20:14 there's a part about  

    あなたは、レビ記20章14節には、以下のような部分があるので、それを信じるかもしれません。

  • someone being punished for having close  relations with both his wife and daughter, i.e,  

    妻と娘の両方と親密な関係を持つことで罰せられる人、つまり

  • an incestual melange-et-trois. It was the bible  that probably inspired Constantine to do the same

    近親相姦的なメランジュ・エトロワである。おそらくコンスタンティヌスを触発したのはバイブルです。

  • The Holy Book says that the criminal man was  first made to kneel down in a pile of dung,  

    聖典によると、犯人の男はまず、糞の山にひざまずかされたという。

  • after which a cloth was tied around his throatThe executioners then pulled that cloth tight so  

    その後、喉に布をかけられた。 死刑執行人はその布を強く引っ張って

  • the man had no choice but to open his mouth very  wide. After that, they poured in the molten lead,  

    そのため、男は口を大きく開けるしかなかった。その後、溶けた鉛を流し込んだ。

  • thus doing the right thing in the eyes  of God by burning the man to death

    そのため、神の目から見て正しいことをするために、その男を焼き殺しました。

  • Now you need to watch, “Choke Pear - Worst  Punishments in the History of Mankind.” Or,  

    今度は "Choke Pear - 人類史上最悪の刑罰 "を見てください。とかね。

  • get down with more pain with, “Head CrusherWorst Punishments in the History of Mankind.”

    は、"ヘッドクラッシャー-人類史上最悪の罰 "で、より多くの痛みでダウンします。

There's a scene in Game of Thrones where  Viserys, a man not exactly well known for his  

ゲーム・オブ・スローンズ』の中で、ヴィセリスが、あまり有名ではないが

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 ホール 溶け スペイン 飲み キリスト 灯台

溶融した金塊を食べさせられる-人類史上最悪の刑罰 (Forced to Eat Molten Gold - Worst Punishments in the History of Mankind)

  • 12 1
    Summer に公開 2021 年 05 月 09 日
動画の中の単語