Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • 1921- Devastated by the largest war in historyEurope still remains the center of economic,  

    1921年、史上最大の戦争で壊滅的な打撃を受けたヨーロッパは、依然として経済の中心であり続けていた。

  • military, cultural, and diplomatic power. Yet  the Great War has opened up an opportunity for  

    軍事力、文化力、そして外交力。しかし、大戦がきっかけとなって

  • a nation that has to date remained largely a  'middle' power, influencing its own region of  

    これまでは、自国の地域に影響を与える「中堅国家」としての側面が強かったが

  • the world but largely ignored by the rest of the  planet. American dollars now fuel investments  

    世界の他の地域ではほとんど無視されています。アメリカのドルが投資に使われている

  • in countries the world over, and America's  ascension as a superpower has officially begun.

    世界中の国々で、アメリカの超大国化が本格的に始まったのです。

  • In 100 years the United States went from  a second rate power to the world's sole  

    100年の間に、アメリカは二流の国から世界唯一の国になりました。

  • Superpower- with some even postulating that  American dominance in culture, economics,  

    Superpower-文化、経済におけるアメリカの優位性を指摘する声もあります。

  • military, and technology is so profound, the  United States may be a 'hyperpower'. But Russia  

    軍事、技術は奥が深く、米国は「ハイパーパワー」と言えるかもしれません。しかし、ロシア

  • still dogs America's every step, and China, a  modern miracle story, has in fifty years recreated  

    アメリカの一歩一歩を見守り、現代の奇跡の物語である中国は、50年の間に再構築した。

  • itself from a nation of backwater farmers  to a close competitor of the United States.

    僻地の農民の国から、アメリカに近い競争相手になった。

  • So what could the next 100 years hold in storeWho will be the world's superpower in 2121?

    では、次の100年には何が待ち受けているのでしょうか? 2121年に世界の超大国となっているのは?

  • A superpower is defined as a nation that  can project cultural, economic, diplomatic,  

    超大国とは、文化的、経済的、外交的な影響力を持つ国家と定義されています。

  • technological, and military power across the  world. During the Cold War two superpowers  

    世界の技術力、軍事力を高めた。冷戦時代には、2つの超大国

  • competed to shape the world in their  own image- the United States and the  

    自分たちのイメージ通りの世界を作ろうと競い合っていました。

  • Soviet Union. In the end, American culturaldiplomatic, and economic power outstripped the  

    ソビエト連邦最終的には、アメリカの文化的、外交的、経済的な力がソ連を凌駕しました。

  • Soviet Union's technological and military  prowess, and helped speed the collapse of  

    ソビエト連邦の技術力と軍事力の向上に貢献したことで、ソ連の崩壊を早めた。

  • the communist regime. Today, only America  remains as a superpower- despite competition.

    共産主義体制になった。今日では、競争にもかかわらず、アメリカだけが超大国として残っています。

  • In 2021 the closest competitors to the United  States are Russia and China, yet both these  

    2021年、米国に最も近い競争相手はロシアと中国ですが、これらの国はともに

  • nations still struggle to fulfill several of  the qualifiers for superpowerdom. Both Russia  

    各国はいまだに大国としての条件を満たしていません。ロシアも

  • and China cannot project military power very far  from their own shores, and struggle to make their  

    と中国は、自国の海岸から遠く離れた場所に軍事力を投じることができず、そのために苦労しています。

  • culture relevant to the people of the worldChina's great economic might rivals the United  

    世界の人々に愛される文化を 中国の大きな経済力は、アメリカに匹敵する

  • States' own, while Russia has fallen hopelessly  behind due to a lack of a diversified economy  

    ロシアは経済が多様化していないため、絶望的に遅れをとっています。

  • and overreliance on volatile fossil fuel marketsDiplomatically, Russia still maintains great  

    また、不安定な化石燃料市場に過度に依存しています。 外交的には、ロシアは今でも大きな

  • clout in Europe, but struggles to be relevant far  outside the European theater, while China jockeys  

    ヨーロッパでの影響力は大きいが、ヨーロッパ以外の地域では苦戦を強いられている。

  • to gain influence across Asia and the developing  African continent. China directly competes with  

    中国は、アジアと発展途上のアフリカ大陸に影響力を持つようになりました。中国が直接競合するのは

  • the United States in technological breakthroughsthough falls behind in domestic innovation and the  

    技術的なブレークスルーでは米国に負けているが、国内の技術革新や海外での事業展開では遅れをとっている。

  • ability to translate breakthroughs into products  the world wants to buy. Russia still creates some  

    ブレイクスルーを世界が買いたいと思う製品に変換する能力。ロシアは今でも、いくつかの

  • of the finest engineers and scientists in the  world, but struggles to keep those brilliant  

    世界で最も優秀な技術者や科学者が集まっていますが、その優秀な人材を確保するのに苦労しています。

  • minds from immigrating out of the country  to greener pastures elsewhere- like the US.

    の人たちは、アメリカのような環境の良い場所に移住しています。

  • In the next 100 years, at least one pattern  is clear: China rises, Russia falls.

    今後100年の間に、少なくとも1つのパターンがはっきりしています:中国が上昇し、ロシアが下降します。

  • But predicting the next 100 years is far more  difficult than it was to predict who'd be a  

    しかし、次の100年を予測することは、誰が成功するかを予測することよりもはるかに難しい。

  • superpower in 2021 while looking ahead from  1921. That's because our pace of technological  

    1921年から見て2021年にはスーパーパワーになっている。それは、私たちのテクノロジーのペースが

  • breakthrough has only accelerated  since then, and even more importantly,  

    躍進はその後も加速するばかりで、さらに重要なことがあります。

  • the rate of revolutionary technological  breakthroughs has increased exponentially.  

    革命的な技術のブレークスルーの速度は、指数関数的に増加しています。

  • These are the technologies that are true  global game changers- the wheel, gunpowder,  

    これらの技術は、車輪や火薬など、真の意味で世界のゲームチェンジャーとなる技術です。

  • the compass, the steam engine, space flightthe internet, smart phones, 3d-printing.

    羅針盤、蒸気機関、宇宙飛行、インターネット、スマートフォン、3Dプリント。

  • In the past, population and economic  trends made for very good predictors  

    過去には、人口や経済の動向が非常に良い予測材料となりました。

  • for forecasting the future of global  powers. In the next 100 years it's  

    世界の大国の未来を予測するために次の100年でそれは

  • quite clear that technology will be the  greatest influence on who reigns supreme,  

    誰が頂点に立つかは、テクノロジーが最も大きな影響を与えることは明らかです。

  • and with both China and the United States  emerging as leaders in artificial intelligence,  

    そして、中国と米国が人工知能のリーダーとして台頭してきています。

  • it's likely one of these two nations will be  the world's technological superpower in 2121.

    2121年には、この2つの国のどちらかが世界の技術的な超大国になっている可能性があります。

  • Here the United States has several advantages  over China in its bid to become 2121's top dog.  

    ここでは、2121年のトップドッグになるために、米国は中国に対していくつかの利点を持っています。

  • Namely, the US is still a global leader  in turning technological breakthroughs  

    すなわち、米国は技術的なブレークスルーを起こすことにおいて、依然として世界的なリーダーであるということです。

  • into consumer products- a strength  it has enjoyed since the Cold War.

    また、冷戦時代からの強みである、消費者向け製品の開発にも力を入れています。

  • Part of China's problem in fueling innovation is  its lack of diversity. Over 90% of its population  

    中国がイノベーションを促進する上で問題となっているのは、その多様性の欠如です。人口の90%以上が

  • is native Han Chinese, and while immigration  from Africa has been increasing lately, China has  

    は生粋の漢民族で、最近はアフリカからの移民が増えていますが、中国は

  • serious problems with luring the world's citizens  to become Chinese citizens. Consider that there  

    世界の市民を中国の市民に誘い込むことには、深刻な問題があります。考えてみてください。

  • are approximately 100,000 Americans who have made  the move to China- while there are approximately  

    中国に移住したアメリカ人は約10万人、中国に移住したアメリカ人は約10万人。

  • 2.5 million Chinese living in America. China  may be the world's oldest continuous culture,  

    アメリカに住む250万人の中国人。中国は、世界で最も古くから続く文化かもしれません。

  • but the world doesn't seem particularly  interested in said culture at the moment.

    しかし、世界は今、そのような文化にあまり興味を示していないようです。

  • If China wishes to rise to superpower status  in 2121, it will have to greatly increase its  

    中国が2121年に超大国の地位に上り詰めようとするならば、そのためには

  • diversity and the appeal of its culture to  global audiences. As an authoritarian nation  

    このように、文化の多様性とその魅力を世界に向けて発信しています。権威主義の国として

  • led by the Chinese Communist Party, few people  are willing to trade in their freedoms for a  

    中国共産党に率いられている人々は、自分たちの自由を引き換えに

  • nation which has none of the basic rights ofmodern democracy- such as freedom of assembly,  

    集会の自由など、近代民主主義の基本的な権利を持たない国です。

  • the press, and speech. This is unlikely to make  China more appealing than the United States to a  

    報道や言論の分野では、中国は米国よりも魅力的な国とは言えません。これでは、中国がアメリカよりも魅力的な国になるとは思えません。

  • prospective immigrant, specially when they could  be the next to face genocide such as the Chinese  

    中国人のように次に大虐殺に遭う可能性がある場合は特に、移民を希望する人は

  • genocide of the Uighur people. However, this  lack of rights is also a potential powder keg,  

    ウイグル人の大量虐殺があった。しかし、このような権利の欠如は、潜在的な火薬庫でもあります。

  • which could seriously derail China's plan to  become a global superpower. Even today there is  

    これは、中国が世界の超大国になるという計画を大きく狂わせる可能性がある。現在でも、中国の

  • a growing movement against the Chinese Communist  Party, largely spearheaded by Chinese youth who  

    中国の若者を中心とした中国共産党への反発が高まっています。

  • have traveled and lived abroad, then returned  home to a dissatisfied life controlled by the CCP.

    は、海外を旅行したり生活したりした後、帰国して中国共産党に支配された生活に不満を感じています。

  • The US has its own issues to face in the next 100  years, but it is at least a politically stable  

    アメリカは今後100年で直面する問題を抱えていますが、少なくとも政治的に安定した

  • nation. However, growing wealth inequality  is putting serious pressure on the American  

    の国になりました。しかし、富の格差の拡大は、アメリカの社会を深刻に圧迫しています。

  • way of life, and if not addressed before future  technologies concentrate wealth even more in the  

    また、将来のテクノロジーが富をさらに集中させる前に対処しなければ、このような問題を解決することはできません。

  • hands of the elite, could become America's own  powder keg that derails it from superpowerdom.

    エリートの手にかかれば、アメリカが超大国から脱落するための火薬庫になるかもしれない。

  • China also faces a very serious population  problem in its future- and it's likely not what  

    また、中国は将来的に非常に深刻な人口問題に直面しています。

  • you think. While today it is the most  populous nation on earth, by 2121  

    と思っている方も多いのではないでしょうか。現在は地球上で最も人口の多い国ですが、2121年には

  • some experts predict China will actually  shrink by as much as 300 to 400 million.  

    一部の専門家は、中国は実際には3億から4億人ほど減少するだろうと予測しています。

  • Part of this is the natural decline of birth rates  in a first world nation, where individuals have  

    その背景には、第一世界の国では自然に出生率が低下し、個人が

  • more opportunities and thus choose to improve  themselves before having a smaller number of  

    の数が少なくなる前に、より多くの機会を得て、自分を高めることを選択します。

  • children later in life. Of much greater concern  though is China's ticking population time bomb.

    しかし、それ以上に懸念されるのは、中国の人口問題です。しかし、それ以上に懸念されるのは、中国の人口という時限爆弾の存在です。

  • Thanks to the one-child policy enacted in  the 1970s in a bid to control overpopulation,  

    1970年代に人口増加を抑制するために実施された一人っ子政策のおかげです。

  • China now has a population that is aging  faster than almost anywhere else in the world.  

    中国は現在、世界のどの国よりも早く高齢化が進んでいます。

  • As more and more Chinese enter retirement, there  are fewer and fewer young workers to take their  

    中国人がどんどん退職していく中で、その代わりになる若い労働者がどんどん減っていく。

  • place in the economy. Pensions, social securityand the care of the elderly soon threaten to  

    経済の中での地位を確立しています。年金、社会保障、高齢者の介護はすぐに脅かされる

  • place an extremely serious burden on China, and  social programs to encourage women to have more  

    中国では非常に深刻な負担となっており、女性の出産を促す社会的なプログラムは

  • children are not finding any purchase amongst  China's women. The disparity in men and women,  

    中国の女性たちの間では、子供たちが買ってくれない。男と女の格差。

  • thanks to a preference for boys  over girls during one-child only,  

    一人っ子の時代に男の子が女の子よりも優先されたおかげで

  • only fuels the pending fire. In 2019,  there were 114.61 men for every 100 women.  

    は、懸案の火種を煽るだけ。2019年、女性100人に対して男性は114.61人。

  • Compare that to the US, which in 2020 had a much  more even ratio of 97.95 men for every 100 women.

    これを米国と比較すると、2020年には女性100人に対して男性が97.95人と、はるかに均等な比率になっています。

  • The Chinese language also makes it more  difficult for it to become a global superpower,  

    また、中国語は世界の超大国になることを難しくしています。

  • as it is a very hard language to learn and must  compete against English, which has the advantage  

    習得が非常に困難な言語であり、有利な立場にある英語と競争しなければならないからです。

  • of being much simpler and already being the  default language of business around the world.  

    遥かにシンプルで、すでに世界中のビジネスのデフォルト言語となっているからです。

  • The Chinese are acutely aware of this problemwhich is why English is compulsory in most Chinese  

    中国人はこの問題を痛感しているので、ほとんどの中国では英語が必修となっているのです。

  • schools- but you won't find Mandarin being  compulsory in global schools anytime soon.

    しかし、世界の学校でマンダリンが必修化されることはすぐにはないでしょう。

  • With all of our focus on the US and China however,  

    アメリカと中国に焦点を当てています。

  • we've missed two other contenders  for superpowerdom in 2121.

    2121年の超大国の候補を2つ見逃しています。

  • India is expected to be the world's  most populated country in 2121,  

    インドは、2121年には世界で最も人口の多い国になると予想されています。

  • with a population over 1 billion. HoweverIndia faces the challenge of lifting many  

    10億人以上の人口を抱えるインド。しかし、インドは多くの人を持ち上げるという課題に直面しています。

  • millions out of poverty. Currently, India ranks  at number 131 in the Human Development Index,  

    何百万人もの人々が貧困から抜け出しています。現在、インドは人間開発指数で131位に位置しています。

  • while China ranks at number 85. Increasing  tensions with two of its neighbors- China  

    一方、中国は85位となっています。隣国である中国との緊張関係の高まり

  • and Pakistan- could also derail plans to  become a superpower should war break out.

    また、戦争が勃発した場合には、超大国になるための計画が頓挫する可能性もあります。

  • By 2121 the nations with the  greatest population gains  

    2121年には、人口増加率の高い国は

  • will all be in Africa. As the continent  rapidly catches up with the rest of the world,  

    は、すべてアフリカで行われます。この大陸が急速に世界に追いつくにつれて

  • it'll be able to assert itself with  more effect both at home and abroad.  

    は、国内外でより効果的に自己主張することができるようになります。

  • For long its plentiful natural resources have been  exploited by other nations, yet as Africa rises it  

    長い間、その豊富な天然資源は他国に搾取されてきましたが、アフリカの台頭とともに

  • will be able to better manage and control the vast  stockpiles of natural wealth on the continent.  

    そのためには、大陸に蓄積された膨大な天然資源をよりよく管理し、コントロールする必要があります。

  • And with the fastest growing populations  in the world, a unified Africa could field  

    また、世界で最も急速に人口が増加しているアフリカでは、統一されたアフリカがフィールドになる可能性があります。

  • a military that dwarfs all three of today's  greatest powers- the US, China, and Russia.

    アメリカ、中国、ロシアという現在の三大国を凌駕する軍事力を持つ。

  • So who will reign supreme in 2121?  It's a tough question to answer,  

    では、2121年の覇権を握るのは誰なのか? それは難しい質問です。

  • but given its long term political  stability, diverse population,  

    しかし、長期的に政治的に安定していること、多様な人口を抱えていることから

  • strong culture, two big oceans to protect it from  war, and current status as sole world superpower,  

    強い文化、戦争から守る2つの大きな海、そして唯一の世界的超大国としての現在の地位。

  • it's likely the US will remainsuperpower in one hundred years.  

    100年後もアメリカが超大国であり続ける可能性は高いと思います。

  • It's possible, but unlikely that China will rise  to become a second superpower in that time period,  

    その間に中国が第二の超大国になる可能性はありますが、可能性は低いでしょう。

  • though it will certainly remain Asia's most  powerful nation- or perhaps be eclipsed by a  

    アジアで最も強力な国家であり続けることは間違いないが、あるいはアジアの国々に追い越されてしまうかもしれない。

  • rising India. Africa meanwhile, if it managed to  unify, may not become a global superpower by 2121,  

    インドの台頭。一方、アフリカは、なんとか統一できたとしても、2121年までに世界の超大国になることはできないかもしれません。

  • but will certainly become a contender for world  superpowerdom in the following one hundred years.

    しかし、今後100年の間に、世界の超大国の座を争う存在になることは間違いない。

  • Now go watch This Could Be The  Most Powerful Military in 2050,  

    2050年には最強の軍隊になっているかもしれない」を見てみましょう。

  • or click this other video instead!

    または、こちらの別のビデオをクリックしてください。

1921- Devastated by the largest war in historyEurope still remains the center of economic,  

1921年、史上最大の戦争で壊滅的な打撃を受けたヨーロッパは、依然として経済の中心であり続けていた。

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 大国 世界 人口 アメリカ 技術 文化

2121年に超大国になるのは誰? (Who Will Be The Superpower Nation in 2121?)

  • 6 1
    Summer に公開 2021 年 05 月 09 日
動画の中の単語