Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • Los Angeles, 1942, just a few months after the devastating attack on Pearl Harbor.

    1942年、真珠湾攻撃からわずか数ヶ月後のロサンゼルス。

  • Panic was in the air.

    パニックに陥った。

  • People imagined another attack, but this time on the city of angels, a place which was churning

    人々は、今度は天使の街が攻撃されることを想像していた。

  • out aircraft with impressive speed.

    印象的なスピードを持った航空機を送り出す。

  • Folks envisioned the Hollywood hills on fire, people fighting in the streets, and then it

    人々は、ハリウッドの丘が燃え上がり、人々が通りで戦っている様子を思い描き、そしてそれは

  • came, the fateful day.

    そして、運命の日がやってきた。

  • February 25.

    2月25日。

  • Coastal radar picks up an unidentified flying object about 125 miles west of Los Angeles.

    沿岸部のレーダーが、ロサンゼルスの西約125マイルの地点で未確認飛行物体をとらえた。

  • Oh God,” the radar technician thinks, “It's heading straight for the city.”

    レーダー技術者は、"ああ、神様 "と思いました。"あれはまっすぐ街に向かっている "と。

  • Half an hour later and more radars pick up the object.

    30分後、さらに多くのレーダーがその物体を捉えた。

  • Air-raid sirens fill the air.

    防空壕のサイレンが鳴り響きます。

  • Citizens of LA watch in horror as anti-air artillery and .50 caliber rounds fire above

    対空砲や50口径弾が上空で発射され、恐怖におののくLA市民たち。

  • their heads.

    彼らの頭の中には

  • The Japanese are here, they think.

    日本人はここにいる、と思っている。

  • They imagine their houses on fire.

    自分の家が燃えているところを想像する。

  • Their windows being shot to pieces.

    窓は粉々に撃たれていた。

  • This was the Battle of Los Angeles, and we imagine many of you have never even heard

    これはロサンゼルスの戦いですが、多くの方は聞いたこともないでしょう。

  • of it.

    のことです。

  • It's just one fact of many you are going to hear today, part of a history lesson that

    これは、今日皆さんが耳にするであろう多くの事実の一つであり、歴史の教訓の一つでもあります。

  • will blow you away.

    は、あなたを驚かせることでしょう。

  • Settle in, secure your position and watch the facts fly by.

    自分のポジションを確保して、事実が流れていくのを見守る。

  • 50.

    50.

  • Battle of Los Angeles: Continued.

    ロスアンゼルスの戦い。続報です。

  • Ok, so we couldn't just leave it there.

    でも、そのままにしておくわけにはいきません。

  • You're thinking, there was a Battle of Los Angeles and no one even told me about it.

    ロスアンジェルスの戦いがあったのに、誰もそのことを教えてくれなかった、と思っているでしょう。

  • I must have missed that bit in my high school history class.

    私は高校の歴史の授業でその部分を見逃していたようだ。

  • It's not quite as it seems.

    案外、そうでもないんですよ。

  • It is certainly true that people feared that the Japanese might move an aircraft carrier

    確かに、日本が空母を動かすのではないかと恐れられたことは事実です。

  • closer to the USA and start an invasion from there.

    アメリカに近づき、そこから侵攻を開始する。

  • In Oakland schools were closed because of this fear.

    オークランドでは、この恐怖のために学校が閉鎖されました。

  • There were blackouts, too.

    ブラックアウトもあった。

  • In Seattle businesses were smashed up by angry mobs because they left their lights on, making

    シアトルでは、電気をつけたままにしていた企業が、怒った暴徒に破壊されました。

  • them a bullseye for fearsome Japanese bombers.

    日本の恐ろしい爆撃機の的になっていた。

  • The situation got hairier on February 24, 1942, when U.S. Naval Intelligence warned

    1942年2月24日、米海軍情報部が、このような警告を発したことで、事態はさらに悪化した。

  • that an attack might be imminent.

    攻撃が差し迫っているのではないかと。

  • At 2.25 am the next day the sirens sounded, and a blackout was ordered.

    翌日の午前2時25分、サイレンが鳴り響き、ブラックアウトが命じられた。

  • The 37th Coast Artillery Brigade started firing .50-caliber machine guns and anti-aircraft

    第37沿岸砲兵旅団は、50口径の機関銃と対空砲を撃ち始めた。

  • shells.

    シェルを使用しています。

  • Imagine being there, imagine seeing that as you rubbed your sleepy eyes early in the morning.

    その場にいることを想像し、早朝に眠い目をこすりながら見ていることを想像する。

  • But nothing came.

    しかし、何も来なかった。

  • Not one Japanese plane was spotted.

    日本機は1機も発見されなかった。

  • Buildings and cars were damaged, and five people died, three in car accidents related

    建物や車が被害を受け、5名の方が亡くなり、そのうち3名の方が交通事故で亡くなりました。

  • to the chaos and another two people's hearts gave out during that very stressful hour of

    混乱の中で、2人の心が折れてしまいました。

  • hearing gunfire.

    銃声が聞こえる。

  • The next day the headlines were all about this Los Angeles attack, or non-attack.

    翌日のニュースでは、このロサンゼルスでのテロ、あるいはテロでないことが話題になった。

  • But what had actually happened?

    しかし、実際にはどうだったのか。

  • Some media saidwar nervesand others called it a false alarm.

    戦争の緊張感」と言ったメディアもあれば、「誤報」と言ったメディアもありました。

  • But the people, the people were rightly concerned.

    しかし、国民は、国民は、当然のことながら心配していた。

  • Was there something the government wasn't telling them?

    何か政府が隠していることがあるのではないか?

  • They had to wait to get answers.

    答えを得るために待つ必要があった。

  • After the war ended the Japanese stood up and said, “Hey guys, we never went anywhere

    終戦後、日本人は立ち上がって、「みんな、俺たちはどこにも行かなかった」と言った。

  • near Los Angeles.

    ロスアンゼルス近郊。

  • You were all tripping.”

    あなたたちは皆、トリップしていた」。

  • To cut a long story short, that flying object that had been picked up by radar was an off-course

    話が長くなりましたが、レーダーに拾われたあの飛行物体は、コースを外れた

  • weather balloon.

    気象観測気球。

  • The Battle of Los Angeles had been part-panic, part missing balloon.

    ロサンゼルスでの戦いは、パニックと気球の行方不明という2つの要素を含んでいた。

  • Some folks said the object was an alien UFO, but we won't get into that today.

    その物体は宇宙人のUFOだと言う人もいたが、今日はその話はしない。

  • 49.

    49.

  • So, that was more of a story than a hard fact, and there will be many more insane stories,

    だから、あれは厳然たる事実というよりも物語であり、これからも非常識な物語がたくさん出てくるだろう。

  • but let's have a look at some facts, too.

    しかし、いくつかの事実にも目を向けてみましょう。

  • The U.S. army is massive, absolutely massive.

    米軍は巨大だ、絶対に巨大だ。

  • In total, it contains around 1.4 million personnel, a few more people than the country of Estonia.

    総人口は約140万人で、これはエストニアという国よりも数人多い。

  • But it's not the biggest army.

    しかし、最大の軍隊ではない。

  • That would be the North Korean army, at around 2.2 million personnel.

    それは、約220万人の北朝鮮の軍隊です。

  • 48.

    48.

  • Believe it or not, the U.S army is actually older than the U.S. Americans celebrate the

    信じられないかもしれませんが、実はアメリカ軍の方が古いのです。アメリカ人が祝うのは

  • birth of their nation on July 4.

    7月4日に国の誕生を祝う。

  • The year the nation was established was 1776, but the date that the army was established

    国が設立された年は1776年ですが、軍隊が設立された日は

  • was June 14, 1775.

    は、1775年6月14日でした。

  • It makes sense really.

    それは本当に意味のあることです。

  • If they were gonna kick out those damned imperialist Brits they needed an army to do it, well the

    あの忌まわしい帝国主義者のイギリス人を追い出すには、そのための軍隊が必要だったのです。

  • French helped a bit, too, as did some heroic foreign military leaders that we'll talk

    フランス人も少しは助けてくれたし、海外の英雄的な軍事指導者たちも助けてくれたが、それについては後述する。

  • about later.

    については後述します。

  • 47.

    47.

  • We just said that the army employs about 1.4 million people, with some of them being in

    先ほど、陸軍は約140万人を雇用していると言いましたが、その中には

  • the reserves.

    埋蔵金のことです。

  • Still, that means it is the second largest employer in the USA behind Walmart, which

    それでも、アメリカではウォルマートに次ぐ第2位の雇用主であるということです。

  • employs around 2.3 million people.

    は約230万人の従業員を抱えています。

  • Amazon is a long way behind, employing something close to 800,000 people.

    アマゾンはずっと遅れていて、80万人近くを雇用しています。

  • 46.

    46.

  • 16 of the 45 U.S. presidents have served in the U.S. army.

    45人のアメリカ大統領のうち16人がアメリカ軍に所属しています。

  • Dwight D. Eisenhower served in the army in both world war one and world war two.

    ドワイト・D・アイゼンハワーは、第一次世界大戦と第二次世界大戦の両方で軍務に就いた。

  • Theodore Roosevelt is the only president to have won the distinguished Medal of Honor

    セオドア・ルーズベルトは、名誉勲章を受賞した唯一の大統領です。

  • for his service in the army.

    軍隊での活躍に対して

  • During the Spanish-American War heled a desperate and gallant charge up San Juan

    米西戦争では、「必死になって勇敢にサンファンを突撃した」。

  • Hill”, risked life and limb under a barrage of enemy fire, and then he jumped into a trench

    ヒル」では、敵の砲撃の中で命がけで、そして、塹壕に飛び込んで

  • and killed a man, making it possible for the boys behind him to advance.

    と言って一人を殺し、後ろの少年たちが前進できるようにした。

  • 45.

    45.

  • We guess some of you have at one point have owned a pair of Ray-Ban sunglasses, but we

    皆さんも一度はレイバンのサングラスを持ったことがあるのではないでしょうか。

  • also guess that you didn't know they were the brainchild of the U.S. army.

    また、米軍が考案したものであることも知らなかったのではないでしょうか。

  • That's right.

    そうなんです。

  • There used to be a thing called the United States Army Air Corps, which was the flying

    昔、アメリカ陸軍航空隊というものがあって、それは空を飛ぶものだった。

  • part of the army before the US Air Force was created.

    アメリカ空軍が創設される前は、陸軍の一部でした。

  • In 1929, there was a guy that was tasked with working with a glasses producer to make glasses

    1929年、眼鏡メーカーと共同で眼鏡を作る仕事をしていた人がいましたが

  • that would make life easier for pilots.

    パイロットの生活をより快適にするために

  • His name was John A. Macready, Colonel John Macready.

    彼の名前はジョン・A・マクレディ、ジョン・マクレディ大佐です。

  • He was up to the task, and he got working on some glasses that wouldn't fog-up like

    曇らないメガネを作るために、彼は仕事を始めました。

  • goggles and at the same time would reduce the glare from the bright blue sky.

    ゴーグルと同時に、真っ青な空からの眩しさを軽減することができます。

  • In the late thirties the Ray-Ban Aviator glasses were patented, and the rest is history.

    30年代後半には、レイバンのアビエイター・グラスが特許を取得し、その後、歴史が始まりました。

  • 44.

    44.

  • The U.S. army created the world's first submarine.

    アメリカ軍が世界初の潜水艦を作った。

  • This was called the Turtle, and it was introduced in 1774 when the army was fighting the British

    これは「タートル」と呼ばれ、1774年に軍がイギリスと戦っているときに導入されました。

  • during the American Revolutionary War.

    アメリカ独立戦争中に

  • While the vehicle looked pretty cool, it never really did what it was supposed to do.

    見た目はとてもかっこいいのですが、実際には何の役にも立ちませんでした。

  • That was to affix explosives to British warships in New York Harbor.

    それは、ニューヨーク港に停泊中のイギリス軍艦に爆薬を装着することだった。

  • They never pulled that off, and then poor old Turtle sank into the sea when it was aboard

    しかし、それを実現することはできませんでした。そして、かわいそうなことに、タートルは乗船中に海に沈んでしまいました。

  • a vessel.

    器です。

  • 43.

    43.

  • It's thought that about 2.1 million soldiers fought for The Union during the Civil War.

    南北戦争で北軍のために戦った兵士は約210万人と言われています。

  • What's maybe quite surprising is that about one quarter of them were immigrants.

    驚くべきことに、そのうちの約4分の1が移民であった。

  • If you count the sons of immigrants that fought, then it is closer to half the army's population.

    戦った移民の息子たちを数えると、軍隊の人口の半分に近い。

  • 42.

    42.

  • During the Second World War the brand Coca-Cola was already a kind of symbol that represented

    第二次世界大戦中、「コカ・コーラ」というブランドは、すでに、日本を代表するシンボルのような存在でした。

  • the American Way.

    the American Way

  • And you know what, American soldiers fighting abroad really pined for stuff.

    そして、海外で戦っているアメリカ人兵士は、本当に物を欲しがっていました。

  • Most of them couldn't get their hands on Coke.

    ほとんどの人がコーラを手にすることができなかった。

  • Coca-Cola Company president Robert W. Woodruff heard about this and decided it wasn't good

    これを聞いたコカ・コーラ社の社長、ロバート・W・ウッドラフは、「これはまずい」と判断した。

  • enough, so he made a promise.

    と約束してくれました。

  • He told soldiers that wherever they were, they would be able to get a Coke for the cost

    兵士たちに「どこにいてもコーラが買える」と言っていました。

  • of five cents.

    の5セントである。

  • But he needed the help of General Dwight Eisenhower to get the Cokes to them.

    しかし、コーラを彼らに届けるためには、ドワイト・アイゼンハワー将軍の助けが必要だった。

  • Together they cooked up a plan to get those addictive cans of tooth-rotting liquid to

    彼らは一緒に、あの中毒性のある歯を腐らせる液体の缶詰を届ける計画を立てた。

  • the soldiers.

    兵士たち。

  • Coca-Cola opened up a bunch of plants overseas, but it went one step further when it introduced

    コカ・コーラ社は海外に工場を次々と開設したが、さらに一歩進んで、次のように導入した。

  • people calledTechnical Observers”.

    テクニカルオブザーバー」と呼ばれる人々。

  • These Coke workers wore army uniforms and looked the part, but they weren't actually

    コーラの従業員は、軍服を着てそれらしく見えるが、実際はそうではない。

  • military.

    の軍用機です。

  • They were only there to make sure the plants were built and those soldiers got their fix.

    彼らは、工場が建設され、兵士たちが治療を受けられるようにするためだけに存在していた。

  • It actually boosted morale a lot, with one soldier writing this in a letter:

    実際に士気が上がり、ある兵士は手紙にこう書いていた。

  • Dear Folks, You'll never guess what I had to drink this evening.

    "親愛なる皆さん、私が今晩何を飲んだか想像もつかないでしょう。

  • Not whiskey, not gin, not Calvados, not beer, but good old fashionedCoca-Colain

    ウイスキーでも、ジンでも、カルバドスでも、ビールでもなく、古き良き時代の「コカコーラ」で

  • the bottle that's made to fit the hand.”

    手にフィットするように作られたボトル」。

  • Suffice to say, Coca-Cola did ok out of the deal, too.

    言うまでもなく、コカ・コーラ社もこの取引で成功した。

  • It had entered Europe and it wasn't about to leave.

    ヨーロッパに進出していたが、このままでは帰れない。

  • 41.

    41.

  • There are some sources that will tell you that the US army pioneered modern guerrilla

    米軍が近代的なゲリラを開拓したという資料もあります。

  • warfare, but that's debatable.

    の戦力となりますが、それは議論の余地があります。

  • A lot of armies could claim that, but it is certainly true that the man named General

    多くの軍隊がそう主張していますが、確かに将軍と呼ばれる人物が

  • Francis "Swamp Fox" Marion was an excellent guerrilla warfare tactician.

    フランシス・"スワンプ・フォックス"・マリオンは、優れたゲリラ戦の戦術家であった。

  • This guy, also credited with being the man that led the first special forces in the US,

    この男は、アメリカで最初の特殊部隊を率いた男としても知られている。

  • got his nickname because he'd take militiamen into the swamps where they'd wait in hiding

    民兵を沼地に連れて行き、そこに隠れて待っていたことからついたあだ名です。

  • for Loyalists and British regulars.

    ロイヤリストと英国の正規軍のために。

  • They didn't fight the regular way, but would jump out of the swamps and kill.

    彼らは通常の戦い方ではなく、沼地から飛び出して殺していました。

  • His men, who weren't paid and supplied their own arms and sometimes food, frightened the

    無給で、武器や時には食料も自前で調達していた彼の部下たちは、当時の日本軍に恐怖を与えた。

  • hell out of their enemy.

    敵に地獄を見せた。

  • So we don't get in trouble, we should add that he was despised by many and criticized

    トラブルにならないように、彼が多くの人に軽蔑され、批判されたことを付け加えておきましょう。

  • for being more than harsh to his men and someone who committed many atrocities.

    部下に厳しい態度をとり、多くの残虐行為を行った人物である。

  • 40.

    40.

  • From the years 2006 to 2020, 17,645 active-duty personnel died serving in the U.S. Armed Forces.

    2006年から2020年の間に、17,645人の米軍の現役兵士が亡くなっています。

  • 39.

    39.

  • 53,402 U.S. soldiers died in combat during World War One, and most of those served in

    第一次世界大戦では、53,402人の米軍兵士が戦闘で亡くなりましたが、そのほとんどが

  • the army.

    軍隊です。

  • 38.

    38.

  • The war that saw the most deaths in the U.S. was the Civil War.

    アメリカで最も多くの死者を出した戦争は南北戦争である。

  • When you count Union soldiers as well as Confederate soldiers the number of deaths is between 755,000

    北軍の兵士と南軍の兵士を数えると、75万5千人の死者が出た。

  • - 800,000 victims, which was about 449 per day.

    - 80万人の被害者は、1日あたり約449人だった。

  • That makes it the worst war that U.S. soldiers have ever fought in.

    これは、米軍兵士がこれまでに戦った戦争の中で最悪のものとなっています。

  • Ok, now for something even more surprising.

    さて、ここでさらに驚くべきことがあります。

  • 37.

    37.

  • The U.S. army used to use the Swastika as a symbol.

    アメリカ軍は、かつて卍をシンボルとして使っていました。

  • You heard that right.

    それを聞いていたんですね。

  • The 45th Infantry used to pin it on their sleeves, but they only did that to honor their

    第45歩兵隊は袖にこのマークを付けていましたが、それは彼らを称えるためだけのものでした。

  • native American brothers in arms.

    ネイティブアメリカンの戦友。

  • What you have to remember is that before Adolf Hitler hijacked that symbol, it was used for

    忘れてはならないのは、アドルフ・ヒトラーがこのシンボルを乗っ取る前には、このシンボルは次のように使われていたということです。

  • thousands of years in many different cultures and was a symbol of good luck.

    何千年もの間、様々な文化の中で、幸運のシンボルとして使われてきました。

  • For instance, in Sanskrit it means, “conducive to well-being.”

    例えば、サンスクリット語では「幸福を助長する」という意味があります。

  • That's why you can still see it today all over Asia, something that surprises less educated

    だからこそ、今でもアジアのあちこちで見ることができ、あまり教育を受けていない人が驚くようなものなのです。

  • travelers.

    の旅行者がいます。

  • It won't surprise you, though, because now you know where it came from.

    驚きはありませんが、その由来を知っているからです。

  • Needless to say, when Hitler started using it the 45th Infantry dropped it.

    言うまでもなく、ヒトラーがこの言葉を使い始めたとき、第45歩兵隊はこの言葉を捨てた。

  • 36.

    36.

  • Batteries, the US army needs them, and any soldier will tell you that they weigh quite

    バッテリーは、米軍が必要とするもので、兵士なら誰でも、かなりの重さがあると言うでしょう。

  • a bit.

    を少しだけ紹介します。

  • You see, if you want to go on a mission you need to power stuff.

    任務を遂行するためには、動力が必要です。

  • It takes around 400 pounds (181 kg) of batteries for 30 men going on a 3-day mission.

    30人が3日間のミッションに参加するには、約400ポンド(181kg)のバッテリーが必要です。

  • You can actually find a slew of articles talking about the army's battery problem.

    実際に軍のバッテリー問題について語っている記事は山ほどあります。

  • 35.

    35.

  • In the late 1960s, the army introduced something called the Walking Truck, or if you want to

    1960年代後半に陸軍が導入した「ウォーキング・トラック」と呼ばれるものがあります。

  • get technical, the Cybernetic Anthropomorphous Machine.

    技術的には、Cybernetic Anthropomorphous Machineです。

  • The giant robot had four big legs and while it looked like something from a sci-fi movie

    巨大なロボットは4本の大きな足を持ち、SF映画に出てくるような姿をしていましたが

  • it wasn't exactly nimble.

    は、決して軽快な動きではありませんでした。

  • The plodding machine was designed to solve the army's age-old problem of carrying stuff.

    この機械は、軍隊の古くからの問題である荷物の運搬を解決するために設計されました。

  • Like in the movie Alien, a person would sit inside it and control with their feet and

    映画「エイリアン」のように、人がその中に座って足で操作したり

  • hands.

    の手になります。

  • It weighed 3,000 pounds (1,400 kg) and travelled at 5 miles per hour (8 km/h).

    重さは3,000ポンド(1,400kg)、時速5マイル(8km)で走行した。

  • While it looked like a good idea, it wasn't.

    一見、良いアイデアのように見えたが、そうではなかった。

  • It was so tiring to operate that a person could only move for a short amount of time.

    人が短時間しか動けないほど操作が疲れるのだ。

  • 34.

    34.

  • Only 28 percent of folks aged 17-23 in the US qualify to serve in the army.

    アメリカでは、17歳から23歳までの人のうち、兵役に就く資格を持つ人は28%しかいません。

  • It has high standards.

    基準が高いですね。

  • One recruiting commander said this about those standards, “We don't want to sacrifice

    その基準について、ある採用担当者は「犠牲にしたくない」と言っていた。

  • quality.

    の品質を向上させます。

  • If we lower the quality, yes we might be able to make our mission, but that's not good

    クオリティを下げれば、確かにミッションは達成できるかもしれないが、それでは困る。

  • for the organization.”

    組織のために」。

  • 33.

    33.

  • In 2020, the Pentagon's budget meant $178 billion would go to the Army, $207.1 billion

    2020年のペンタゴンの予算では、1780億ドルが陸軍に、2071億ドルが

  • for the Navy and Marine Corps, a further $191.8 billion for the Air Force, and just $15.4

    海軍と海兵隊には1,918億ドル、空軍にはわずか154億ドルとなっています。

  • billion for the Space Force.

    宇宙軍には10億ドルを投入しました。

  • 32.

    32.

  • Who first looked at the Grand Canyon and thought, wow, nice, can't wait to tell everyone about

    誰が最初にグランドキャニオンを見て、「わあ、いいね、早くみんなに教えてあげたい」と思っただろうか。

  • this and put it on a map?

    これを地図に載せることができますか?

  • It was the army.

    それは軍隊だった。

  • You see, the US army was responsible for mapping much of the USA.

    アメリカの多くの地域の地図を作成していたのは、アメリカ軍です。

  • In the early 1800s the US government wanted to map the entirety of the USA, which was

    1800年代初頭、アメリカ政府はアメリカ全土の地図を作りたいと考えていましたが、それは

  • no easy feat.

    は簡単なことではありません。

  • The Lewis and Clark Expedition was the solution, and that was led by the U.S. army.

    それを解決したのが、アメリカ軍を中心とした「ルイス・クラーク探検隊」だった。

  • 31.

    31.

  • George Washington didn't actually want to be the commander of the army.

    ジョージ・ワシントンは、本当は軍の司令官になりたくなかった。

  • He didn't think he was up to the task.

    自分には無理だと思ったのだ。

  • He was happy when the war was over, but then he resigned.

    戦争が終わったときは嬉しかったが、その後、辞職してしまった。

  • This is what he told Congress: “Happy in the confirmation of our independence

    これは、彼が議会で語った言葉である。"独立を確認できたことを喜び

  • and sovereignty, and pleased with the opportunity afforded the United States of becoming a respectable

    と主権を主張し、米国が立派な国になる機会を与えられたことに満足しています。

  • nation, I resign with satisfaction the appointment I accepted with diffidence; a diffidence in

    国は、私が自信を持って引き受けた任命を満足して辞任します;その自信は

  • my abilities to accomplish so arduous a task.”

    私の能力では、このような困難な仕事を成し遂げることはできません。

  • A man of humility!

    謙虚な人だ

  • As you'll soon see, there were many more great military leaders.

    この他にも多くの偉大な軍人がいたことはすぐに分かる。

  • 30.

    30.

  • After World War Two and for many years on, the US army had a dump-athon.

    第二次世界大戦後、長年にわたって米軍はダンプマラソンを行ってきた。

  • In total, the army admitted to secretly dumping 64 million pounds of nerve and mustard gas

    軍は合計で6400万ポンドの神経ガスとマスタードガスを秘密裏に投棄したことを認めました。

  • agents in the sea.

    剤を海に投入します。

  • Also thrown in were 400,000 chemical-filled bombs, landmines and rockets, and with that

    また、化学物質を含んだ40万個の爆弾や地雷、ロケット弾なども投入されていた。

  • 500 tons of radioactive waste.

    500トンの放射性廃棄物

  • It was revealed that storage was expensive and dangerous and destroying was difficult,

    保管には費用と危険が伴い、破壊することは困難であることが明らかになった。

  • so overboard the stuff went.

    と言っていたので、その通りになりました。

  • 29.

    29.

  • During World War One the German military was unhappy with the US Army.

    第一次世界大戦中、ドイツ軍はアメリカ軍に不満を持っていた。

  • It didn't much like the shotguns the army were using, claiming that being hit by a shotgun

    軍隊が使用していた散弾銃とは似ても似つかぬもので、散弾銃で撃たれると

  • was unnecessarily painful.

    は、不必要なほどの痛みを伴うものでした。

  • 28.

    28.

  • The US hasn't fully banned the use of landmines.

    アメリカは地雷の使用を完全には禁止していません。

  • Under President Obama there was a ban on the use of landmines except for the defense of

    オバマ大統領の下では、防衛目的以外の地雷の使用は禁止されていました。

  • South Korea, but under the Trump administration restrictions were lifted.

    韓国では、トランプ政権下で制限が解除されました。

  • In 1997, the Mine Ban Treaty was signed by most countries, but the US, along with China,

    1997年、地雷禁止条約は、中国とともにアメリカを除くほとんどの国が署名した。

  • Egypt, India, Israel, Pakistan and Russia d