Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • would you describe London real as something broader than a Youtube channel?

    London realは、Youtubeチャンネルよりも広い範囲で表現されているのでしょうか?

  • You said there it was kind of a platform or a movement?

    そこには、プラットフォームやムーブメントのようなものがあると言いましたね?

  • I mean, You know, it's something again, when I started back in in 2011, uh, everyone thought I was crazy.

    私が2011年に始めたときは、みんな私のことをクレイジーだと思っていました。

  • All my old banker buddies thought I was crazy.

    銀行員時代の仲間は皆、私のことをおかしいと思っていた。

  • Some still think I'm crazy.

    いまだに私のことをクレイジーだと思っている人もいます。

  • Um, I was never doing it to run it as a business, anybody I could get to come over to my studio, I would have conversations with Jiu Jitsu buddies, uh, anybody from banking, I knew any friend.

    ビジネスとしてやっていたわけではなく、スタジオに来てもらえる人なら誰でもいいし、柔術仲間や銀行の人、知り合いの友達とも話をしていました。

  • And we just had these conversations long form, I was inspired by joe Rogan.

    私はジョー・ローガンに触発されて、このような長い会話をしました。

  • Um, and so we just had these long form conversations and we put them out there and for three years I did that alone in my kitchen with no vision, no business model, but we started to get these themes of listening learning um, and trying to become a better version and I became a better person over time.

    3年間、ビジョンもビジネスモデルもなく、キッチンで一人でやっていましたが、「聞くこと」「学ぶこと」「より良いバージョンになろうとすること」というテーマが出てきて、時間が経つにつれ、私も良い人間になっていきました。

  • And so about three or four years ago we decided to create what is this about?

    そこで、3~4年前に「What is this about」を作ることにしました。

  • And we put a mission statement out and it is our mission is to create a mass scale transformation of humanity into a fully empowered, conscious and cooperative species.

    私たちの使命は、人類が完全に力を持ち、意識的で協力的な種へと、大規模な変革を起こすことである」と。

  • That's what we came up with.

    ということになったのです。

  • Everything we do is that whether it's a documentary film or my academy or our broadcast, I was trying to change the world into this positive place.

    私たちがすることは、ドキュメンタリー映画であれ、私のアカデミーであれ、私たちの放送であれ、私は世界をこのポジティブな場所に変えようとしていました。

  • That's what we do.

    それが私たちの仕事です。

  • And so every day I come to that and I put someone in the chair and hopefully I tell their story and allow someone out there to make a decision whether they think the story is good or bad or they can learn from it.

    私は毎日、誰かを椅子に座らせて、その人のストーリーを伝え、そのストーリーが良いものか悪いものか、あるいはそこから学べるものかどうかを、そこにいる誰かが判断できるようにしたいと思っています。

  • I know I put guests in the chair sometimes that I don't like them.

    私は時々、好きでもないゲストを椅子に座らせてしまうことがあります。

  • I don't agree with them.

    私は彼らに賛同しません。

  • I think their ideas are weird, but then sometimes five years later I'm doing those things, you know, whether it's women off the ice man, I think it's a weird guy, sticks himself in ice for an hour.

    彼らのアイデアは奇妙だと思いますが、5年後には私がそのようなことをしていることもあります。例えば、女性のオフ・ザ・アイス・マンにしても、私は奇妙な男だと思いますが、自分を1時間氷漬けにしています。

  • But now I take cold showers every morning, you know?

    でも今は、毎朝冷たいシャワーを浴びていますよ。

  • So I've learned so much and I've learned that I'm not always right.

    だからこそ、私は多くのことを学びましたし、自分が常に正しいわけではないということも学びました。

  • And so that's kind of the mission of London real.

    それがLondon Realの使命だと思っています。

  • I think I'm kind of searching for a purpose and I kind of found one with that becoming the mayor, I think is a way where I can do more of that try to help people take their lives to the next level somehow.

    私は目的を探していて、市長になることでその目的を見つけました。市長になることで、人々が人生を次の段階に進めるための手助けができると思います。

would you describe London real as something broader than a Youtube channel?

London realは、Youtubeチャンネルよりも広い範囲で表現されているのでしょうか?

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

A2 初級 日本語 使命 椅子 クレイジー ストーリー 学び 銀行

?"I'm not always right!"ブライアンは聞いて、学んで、あなたの次のロンドン市長として奉仕するためにここにいます ? (? “I’M NOT ALWAYS RIGHT!” BRIAN IS HERE TO LISTEN, LEARN & SERVE AS YOUR NEXT MAYOR OF LONDON ??)

  • 11 1
    林宜悉 に公開 2021 年 05 月 04 日
動画の中の単語