Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • It was around nine in the morning when a rookie prison officer stood outside a cell located

    朝の9時頃、新米の刑務官が独房の外に立っていた。

  • in an administrative segregation wing at a Texas prison.

    テキサス州の刑務所の管理隔離棟で。

  • He was there to take a prisoner to another unit, but when the inmate got outside of the

    彼は囚人を別のユニットに連れて行くためにいたのですが、その囚人がユニットの外に出たときには

  • cell he somehow slipped out of his handcuffs.

    セルは、手錠を外してしまった。

  • In the flash of an eye, the prisoner was beating the officer over the head with a metal bar.

    瞬く間に、囚人は金属棒で警官の頭を殴っていた。

  • The victim's colleagues not long after viewed CCTV footage that showed the inmate throwing

    被害者の同僚は、その直後にCCTVの映像を見て、収容者が投げつけられているのを確認した。

  • the officer's limp body down a staircase.

    階段を降りると、そこには警官の遺体があった。

  • The officer, with less than a year on the job, left two children behind.

    勤続1年に満たない役員は、2人の子供を残していた。

  • The man behind the attack later said to prison staff, “They didn't know how dangerous I

    襲撃した男は、後に刑務所のスタッフに「彼らは私がどれだけ危険か知らなかった」と言ったそうです。

  • am.”

    am"

  • That's a true story, something that took place in 2015.

    これは実話で、2015年に起こったことです。

  • It's a brutal story, but if you've been a prison officer long enough it's not something

    残酷な話ですが、長く刑務官をやっていると、何とも言えない気持ちになってきます。

  • all that out of the ordinary.

    いつもと変わらないですね。

  • Here are some other terrifying tales from those people tasked with trying to keep order

    この他にも、秩序を守ることを使命とする人々の恐ろしい物語があります。

  • in some of the most dangerous places in the world.

    世界で最も危険な場所で。

  • 10.

    10.

  • The worst thing he'd ever seen This story was told by a retired prison guard.

    この話は、元刑務官が語ったものだ。

  • He said that he'd seen everything in the prisons he'd worked in: people who'd been

    彼は、自分が働いた刑務所ですべてを見てきたと言った。

  • stabbed to death; people who'd hanged themselves with bedsheets- all matter of carnage, but

    刺されて死んだ人、ベッドシーツで首を吊った人など、様々な殺戮が行われていたが

  • only one time did something make him go into shock.

    ただ一度だけ、何かの拍子にショックを受けたことがある。

  • One day he was asked to take a prisoner to see the doctor.

    ある日、彼は囚人を医者に診せに行くように頼まれた。

  • When they arrived at medical, the guy was asked to pull up his pants.

    メディカルに到着すると、男はズボンを上げるように言われた。

  • Both his legs were bandaged.

    両足には包帯が巻かれていた。

  • When he removed the bandages, what the officer described seeing was, “rotted, abscessed

    彼が包帯を外したとき、警官が見たものは「腐って、膿んでいる」と言っていた。

  • flesh.”

    flesh" です。

  • It turned out the inmate had been shooting up heroin for quite some time and he hadn't

    囚人はかなりの期間、ヘロインを吸っていたことが判明し、彼は

  • taken care of infections in his legs.

    足の感染症にも気を配りました。

  • The doctor tried to bend one of the inmate's legs and it oozed puss all over the place.

    医師が収容者の片方の足を曲げようとしたところ、あちこちに膿がにじみ出ていた。

  • The doctor then asked the officer to leave the room.

    そして、医師は役員に部屋を出るように言った。

  • When the officer asked why, the doctor replied, “You're going into shock, I need you to

    警官が理由を尋ねると、医師は「あなたはショック状態に陥っているので、あなたには

  • leave before you pass out.”

    気絶する前に帰ってください」。

  • As you'll see, it's not that uncommon for officers to see things that turn their

    ご覧のように、警察官が自分の目を疑うような光景を目にすることは、それほど珍しいことではありません。

  • faces white as a sheet.

    顔はシートのように白い。

  • 9.

    9.

  • Extreme fights This one is short and involves a fight.

    エクストリーム・ファイト この作品は短い時間で、ファイトを行います。

  • You all know fights break out in prison quite a lot, so we won't include too many regular

    刑務所の中で喧嘩が絶えないのは皆さんご存知の通りですので、あまり常連さんは入れません。

  • scrapping stories.

    スクラップストーリー

  • However, just to give you an idea of how extreme violence can get, here's what one prison

    しかし、暴力がどれほど過激になるかを知るために、ある刑務所では次のようなことが行われています。

  • officer once saw.

    と言っていた。

  • One man approached another man and stuck a shank in his ear.

    一人の男が他の男に近づき、耳にシャンクを突き刺した。

  • The blade broke off, so what did the man do?

    刃が折れてしまったので、その人はどうしたか?

  • He stomped on the shank.

    シャンクを踏みつけた。

  • According to the officer, the blade came out of the victim's mouth and he survived.

    警察官によると、被害者の口から刃物が出てきて、一命を取り留めたそうです。

  • If you think that's bad, listen to how a fight changed one man's face forever.

    もし、それが悪いことだと思うなら、1つの戦いが1人の男の顔を永遠に変えたことを聞いてください。

  • 8.

    8.

  • Taking it on the chin One day an officer got a call that there was

    あごで受け止める ある日、警察官が「人がいる」と連絡を受けました。

  • a fight in the shower.

    シャワールームでの喧嘩。

  • When he arrived at the scene one inmate had pushed another inmate over a bench in the

    彼が現場に到着したとき、一人の受刑者がもう一人の受刑者をベンチの上に押し倒していました。

  • shower room, jumped on the guy, and then somehow during the tangle he'd bitten off the guy's

    シャワールームで男に飛びかかって、絡み合っている間になぜか男の体を噛み切ってしまった。

  • chin.

    chin

  • The officer, no stranger to violence, was the person responsible for scooping up the

    その役員は、暴力に慣れていないので、すくい上げた責任者である。

  • bit of chin flesh that was on the floor.

    床に落ちていたあごの肉を少しだけ取り出した。

  • If things weren't hectic enough, on the way to the hospital the ambulance hit a deer.

    さらに、病院に向かう途中、救急車が鹿にぶつかってしまった。

  • The officer, who was in the car behind, also hit the unfortunate animal.

    後続の車に乗っていた警官も、その不幸な動物にぶつかってしまった。

  • Maybe inmates don't receive the best medical treatment, because the officer said that the

    受刑者は最高の医療を受けていないのかもしれない、と役員が言っていたので

  • doctor seemed to just slap that bit of lost chin right onto the man's face.

    先生は、その失ったアゴの部分をそのまま男の顔に叩きつけたようだった。

  • Lo and behold, in not much time the wound became gangrenous and the guy almost died

    驚いたことに、あまり時間が経たないうちに傷口が壊疽を起こし、死にかけてしまったのです。

  • from the infection.

    感染症から

  • His chin was never the same after that.

    その後、彼のあごは決して同じではなかった。

  • This next incredibly obscene story will make you think about how sanity can so easily be

    この次の信じられないほど卑猥な話は、いかに正気が簡単に失われるかについて考えさせられるでしょう。

  • lost in an isolation cell.

    隔離された独房の中で迷子になる。

  • 7.

    7.

  • The birthday boy An officer was working in the segregation

    誕生日の男の子 隔離施設で働いていた警官が

  • unit when he looked through one of the doors.

    扉を開けてみると、そこには、"Mr.

  • What he saw was an inmate sitting on the floor with his legs around the toilet basin.

    彼が見たのは、床に座って足を便器に回している受刑者の姿だった。

  • At the same time, the man had his hands in the toilet and looked as if he was chewing

    それと同時に、その男性はトイレに手を突っ込んで、まるで咀嚼しているかのような表情で

  • on something.

    何かにつけて

  • The officer, thinking this didn't look good, said he opened the food slot in the door.

    このままではまずいと思った警官は、ドアのフードスロットを開けたという。

  • When he did that he was hit with the most repugnant odor.

    その時、彼は最も嫌な臭いを感じた。

  • This guy was eating his own excrement.

    この男は自分の排泄物を食べていたのだ。

  • He called another officer for some help and both of them tried to talk the man out of

    彼は別の警官に助けを求め、二人で男を説得して

  • eating his own poop.

    自分のウンチを食べる。

  • The guy then told the officers that he couldn't finish all hisbirthday cakeand did

    その男は、「バースデーケーキ」を全部食べきれなかった、と警官に話していた。

  • they want some.

    欲しくなってしまうのです。

  • Obviously, a lot of time in solitary had driven the guy crazy.

    明らかに、独房での長時間の生活が彼を狂わせたのだ。

  • Our next story proves that being a prison corrections officer means you have to have

    次の話は、刑務所の矯正官になるには、以下のことが必要だということです。

  • a strong stomach, and a willingness to get very, very dirty.

    丈夫な胃袋と、とてもとても汚れることを厭わないこと。

  • 6.

    6.

  • The devil's bag This next story comes from an officer who

    悪魔の鞄 次の話は、ある役員の話です。

  • worked at LA's infamous Twin Towers Correctional Facility.

    LAの悪名高いツインタワー矯正施設で働いていました。

  • He said this place is well-known for the number of mentally ill inmates it is home to, so

    この場所は、精神疾患の受刑者が多いことで有名だそうですので

  • it wasn't so uncommon for the guy to get home from work and after his wife asked him

    仕事から帰ってきた男が、妻に頼まれて

  • about his day he'd say, “Er, another guy removed his own testicles.”

    彼は自分の一日について、「えー、別の男が自分の睾丸を取り除いた」と言うだろう。

  • With that in mind, what was a really bad day for this officer?

    そんな中で、この役員にとって本当に悪い日とは?

  • He'd been called to this inmate's cell only to see through the door that the guy

    囚人の部屋に呼ばれた彼は、ドア越しにその男の姿を見た。

  • had covered himself in his own poop.

    は、自分のウンチをまとっていた。

  • This can happen at times since inmates want the officer's job to be hard when they try

    これは、受刑者が警官の仕事を難しくすることを望んでいるために起こることがあります。

  • and take them down to the floor.

    と言って、床に下ろします。

  • But then the inmate grabbed more poop and just started packing his mouth with it.

    しかし、その受刑者はさらにウンチを手にして、そのまま口に詰め込んでしまった。

  • According to the officer, the prisoner was trying to suffocate himself with poop.

    警察官によると、この囚人はウンチで窒息死しようとしていたそうです。

  • Somehow the prisoner then got hold of a plastic bag, something he shouldn't have had in

    囚人はなぜか、持ってはいけないビニール袋を手にした。

  • his cell.

    と言っていた。

  • He put that bag around his poop-filled face and tried to suffocate himself some more.

    ウンコだらけの顔にその袋を被せて、さらに窒息させようとした。

  • That's when the officers got in the cell and pounced on him.

    その時、警官が独房に入ってきて、彼に襲いかかった。

  • In the officer's own words, “I ruined my uniform that day.”

    警官自身の言葉を借りれば、「あの日、私は制服をダメにした」。

  • When the inmate was fully restrained the inmate just grinned, as if looking off into the distance.

    完全に拘束されているときは、遠くを見ているかのようにニヤリと笑っていた。

  • The officer said, “I can't really convey how creepy it was, but you get my point.

    警官は「どれだけ気持ち悪かったか、うまく伝えられませんが、言いたいことはわかりますよね。

  • He wouldn't respond to any of our questions, didn't cry, didn't say anything.”

    私たちの質問には何も答えず、泣くこともなく、何も言わなかった。"

  • The officer eventually got through to the guy and asked him where did he manage to find

    警官はその男に、どこで見つけたのかを尋ねた。

  • a plastic bag.

    ビニール袋で

  • The inmate looked at him with that grin still on his face and said, “The devil gave it

    その受刑者は、あのニヤニヤした顔のまま彼を見て、「悪魔が与えたんだ」と言った。

  • to me.”

    to me"

  • Our next story is not for anyone squeamish at the sight of blood.

    次の話は、血を見るのが苦手な方にはお勧めできません。

  • 5.

    5.

  • The bloody escape artist The next story was told by a former British

    血まみれの逃亡者 次の話は、元イギリス人が語ったものだ。

  • prison officer named Neil Samworth.

    ニール・サムワースという刑務官。

  • He's been featured in quite a few podcasts and has talked openly about some of the horrendous

    彼はかなりの数のポッドキャストで紹介されており、いくつかの恐ろしいことについて率直に語っています。

  • things he saw on the job.

    仕事で見たもの。

  • He said that day-to-day you might see sad and shocking things in a prison, but he also

    日頃、刑務所では悲しいことやショッキングなことを目にすることがあるが、それと同時に

  • said you have yourone-percenters.”

    "ワン・パーセンテージ "があると言った。

  • These are the guys that can still shock officers who've grown a very thick skin.

    彼らは、非常に厚い皮膚を持つようになった役員たちに、今でもショックを与えることができる人たちだ。

  • One such inmate had only been given a short sentence, but that was lengthened after a

    そのような受刑者の一人は、短い刑期しか与えられていませんでしたが、ある日突然、刑期が延長されました。

  • few escape attempts.

    何度も脱出を試みた。

  • One day this guy managed to get a gun sneaked into the prison hospital where he was housed,

    ある日、この男は自分が収容されている刑務所の病院にこっそり銃を持ち込むことに成功した。

  • and that time his escape was successful.

    そして、その時、彼は脱出に成功した。

  • His freedom didn't last for long, though, and he was eventually sent to Strangeways

    しかし、その自由は長くは続かず、最終的にはStrangewaysに送られた。

  • prison where Samworth worked.

    サムワースが働いていた刑務所。

  • Because of his ability to escape, he turned up at Strangeways connected to a body belt,

    逃げる能力があったため、ボディベルトに繋がれてStrangewaysに現れたのだ。

  • but he managed to slip even out of that.

    しかし、彼はその中でも何とか滑り出した。

  • Samworth said this guy had to be watched all the time because he was a chronic self-harmer.

    サムワースによると、この男は慢性的な自傷行為をしていたため、常に監視しなければならなかったという。

  • He said the inmate was always respectful and polite, but he hated it when the light in

    彼は、その受刑者はいつも礼儀正しく、礼節をわきまえていたと言っていましたが、その中の光が嫌だったようです。

  • his cell was turned on.

    彼の携帯電話の電源が入った。

  • One night he asked for it to be turned off, and Samworth asked his superior if he could

    ある夜、彼が「消してくれ」と言うと、Samworthは上司に「これでいいのか?

  • do that.

    をすることができます。

  • She said no.

    彼女はノーと言った。

  • It's worth mentioning here that Samworth has been critical at times of prisons and

    ここで言及しておきたいのは、サムワースが刑務所や

  • prison officers.

    囚人たち。

  • The inmate proceeded to rip out all the light fittings, after which all the lights in the

    囚人はすべての照明器具を引き剥がし、その後、部屋のすべての照明が

  • other cells turned off because they were all connected.

    すべてのセルがつながっているので、他のセルはオフになります。

  • The inmate then slid some of the fitting under the door, just to show off to the officers.

    そして、その受刑者は、警官に見せびらかすために、金具の一部をドアの下に滑り込ませた。

  • He soon taught other inmates how to take out the lights.

    彼はすぐに他の受刑者に照明の消し方を教えた。

  • Apparently, it took some skill and effort.

    それなりの技術と努力が必要だったようです。

  • But the inmate didn't stop there.

    しかし、受刑者はそれだけでは終わらなかった。

  • He may not have had the tools to self-harm, but using his own sharpened fingernails he

    自傷行為をするための道具は持っていなかったかもしれませんが、自分で研いだ爪を使って

  • could create so much blood it filled the floor of the cell.

    は、細胞の床を埋め尽くすほどの大量の血を生み出した。

  • He did this so much, a kind of skin covered the floor.

    あまりにもやりすぎて、床に皮膚のようなものができてしまった。

  • The prison governor then decided the only thing for him was a special cell in the segregation

    そして、刑務所長は、彼のためには隔離室の特別なセルしかないと判断した。

  • unit, but in that cell he managed to break through a wall and again pull out electrical

    ユニットを使用していましたが、その房の中で壁を突き破り、再び電気を取り出すことに成功しました。

  • wires.

    線を使用しています。

  • He then cut himself deeply and filled the cell with his own blood.

    そして、自分の体を深く切り、自分の血で独房を満たした。

  • There was so much blood loss, he fainted.

    出血量が多く、気絶してしまいました。

  • Our next story is very eye-popping- literally.

    次の話は、文字通り目が覚めるような話です。

  • 4.

    4.

  • An eye for an eye One prison officer told a story about two

    目には目を ある刑務官が、ある二人の話をした。

  • cellmates whom he said were usually on good terms and never caused anyone any trouble.

    同房者たちは普段から仲が良く、誰にも迷惑をかけなかったという。

  • For the most part, they were quiet and respectful.

    ほとんどの場合、彼らは静かで敬意を払っていました。

  • Then one night the officer heard screaming coming from that cell.

    そしてある夜、警官はその独房から叫び声を聞いた。

  • He went to investigate and saw one of the inmates lying calmly on his bed with his eyes

    彼が調査に行くと、一人の受刑者がベッドの上で落ち着いて目を伏せていた。

  • closed.

    を閉じました。

  • The other guy was making the most awful noises.

    もう一人の男は、最もひどい音を出していた。

  • In one of his hands was his own eyeball still dangling from the optic nerve and surrounded

    片方の手には、視神経から垂れ下がったままの自分の眼球があり、その周りには

  • by what looked like a foamy substance.

    泡のようなものが見えた。

  • After the guy was sent to the hospital the officers asked the other inmate what had happened.

    その男が病院に送られた後、警官はもう一人の受刑者に何が起こったかを尋ねた。

  • He told them matter-of-factly that his cellmate had been bothering him while he was trying

    彼は、自分の同房者が、自分が努力している間、自分を悩ませていたことを淡々と語った。

  • to sleep.

    を寝かせています。

  • For that, he'd gotten the inmate down and scooped out his eyeball with a spoon.

    そのために、彼は収容者を降ろして、スプーンで眼球をすくい取っていた。

  • He said he just wanted somepeace and quiet.”

    彼は "平和と静けさ "を求めていたという。

  • Hope you aren't getting squeamish on us, because our next story has plenty of gore.

    次の話は血がたくさん出てきますので、怖がらないでくださいね。

  • 3.

    3.

  • Blood and guts One officer said he had an inmate that had

    血と内臓 ある役員は、ある収容者が

  • gone into hospital to have some surgery on his stomach.

    お腹の手術をするために入院しました。

  • The inmate spent a few days in a hospital bed, and then was released.

    収容者は病院のベッドで数日過ごした後、釈放された。

  • One day when he was in his cell the officer walked past his door, only to see something

    ある日、彼が独房にいたとき、警官が彼のドアの前を通り過ぎたとき、何かが見えた。

  • strange.

    の変です。

  • The inmate was sitting on the floor with his back to the door, his arms doing something

    囚人はドアに背を向けて床に座り、腕で何かをしていた。

  • in front of him and his legs stretched out.

    を前にして、足を伸ばしています。

  • The officer decided that this didn't look right, especially when the inmate didn't

    警官は、これはおかしいと判断し、特に収容者が

  • respond to questions.

    質問に答える。

  • This prisoner had never done anything harmful to himself in the past, but something was

    この囚人は、過去に自分を傷つけるようなことをしたことはなかったが、何かが

  • amiss on this day.

    この日は不調。

  • When the officer said again, what are you doing, the inmate said, “Go away.”

    警官がもう一度「何をしているんだ」と言うと、収容者は「あっちへ行け」と言った。

  • This is what the officer said happened next: “I had the door opened by the control center

    続いて、警察官の話を紹介します。"コントロール・センターにドアを開けてもらいました。

  • and when the door opened It let in enough light into the cell for me to see a bloody

    扉が開くと独房の中に十分な光が入り、血のついた

  • handprint on the floor next to him.”

    彼の隣の床には手形がありました。

  • He ordered the inmate to stand up so he could be handcuffed.

    彼は、手錠をかけられるように被収容者に立ち上がるように命じた。

  • This usually quiet prisoner did as he was told, except when he put his hands behind

    普段はおとなしい囚人が、両手を後ろに回した時以外は、言われた通りに行動した。

  • him they were covered in blood.

    と言って、血まみれになっていた。

  • The officer then got on his radio and asked for some backup.

    その後、警官は無線で応援を要請した。

  • What had happened is the inmate had taken out his stitches, but now since there was

    何が起こったかというと、受刑者が抜糸をしてしまったのですが、その時には

  • easy access, he decided to go inside and start pulling bits of his guts out.

    彼は、中に入って内臓を取り出してみることにした。

  • Why?

    なぜ?

  • The inmate said he had wanted toplaywith them.

    囚人は、彼らと「遊びたい」と思っていたという。

  • This is what the officer said about that day: “I've responded to stabbings, rapes, beatings,

    その日のことを巡査はこう語っています。"私は刺されたり、レイプされたり、殴られたりする事件に対応してきました。

  • large scale gang fights, I've had to forcefully lock down entire pods who were non-compliant

    大規模なギャングの抗争では、コンプライアンスに違反したポッド全体を強制的にロックしなければなりませんでした。

  • with directives to lock down.

    ロックダウンの指示が出ています。

  • And even with all of those experiences, the 'guts guy' as my coworkers and I call

    そして、そんな経験をしても、同僚や私が「根性男」と呼んでいたのは

  • him now, definitely stands out.”

    今の彼は確実に目立っています」。

  • Our next prison horror story proves that if you like your eyes safely inside your skull,

    次の刑務所のホラーストーリーは、もしあなたが目を安全に頭蓋骨の中に入れたいと思っているならば、それを証明するものです。

  • maybe do your best to stay out of prison.

    そのためには刑務所に入らないように頑張ることです。

  • 2.

    2.

  • The pirate This story comes from a juvenile prison in

    海賊 この話は、日本のある少年刑務所での話です。

  • the US.

    米国では

  • According to a web forum, an officer said that two young offenders were housed in the

    ウェブフォーラムによると、ある役員が「2人の若い犯罪者が収容されていた。

  • same cell, except one of the kids was well-known for being violent and the other kid was not

    暴力的なことで有名な子と、そうでない子がいました。

  • aggressive at all.

    積極性は全くありません。

  • One day the violent kid decided he was going to extract a screw from a bench and hide it.

    暴力的な子供はある日、ベンチからネジを抜き取って隠すことにした。

  • During the night he pulled out the screw and went over to where the other guy was sleeping.

    夜中にネジを抜いて、相手が寝ているところに行ってみた。

  • He got on top of him and screamed out loud, “I'm going to make you a pirate.”

    彼の上に乗って、"お前を海賊にしてやる "と大声で叫びました。

  • He proceeded to push the screw in the other guy's eye.

    彼は、相手の目にネジを押し込んでいった。

  • When the first responder got to the cell, he asked the inmate why he had done such a

    最初の応答者が独房に到着したとき、彼はなぜそのようなことをしたのかと尋ねました。

  • thing.

    のことです。

  • The kid replied, “He looked at me the wrong way.”

    その子は「彼は私を間違った方向から見ていた」と答えた。

  • Don't worry, our last prison horror story doesn't involve things getting shoved into

    心配しなくても、最後にご紹介する刑務所でのホラーストーリーは、物が押し込まれたりすることはありません。

  • people's eyes, instead it includes something being shoved somewhere much more sensitive

    人の目に触れるものではなく、もっとデリケートなところに押し込まれているものも含まれています...。

  • Inmate G The officer telling this story said he used

    収容者G この話をしている警官は、自分が使ったのは

  • to work at a prison in Tennessee.

    テネシー州の刑務所で働くことになりました。

  • He'd usually work on the medium security wings, which he enjoyed, but from time to

    彼は通常、中程度のセキュリティの翼で仕事をしており、それを楽しんでいましたが、時折

  • time because of staff shortages he was asked to work in the ultra max unit.

    が、人手不足のためにウルトラマックスユニットで働くことになりました。

  • He said he dreaded those days because many of the inmates had serious mental issues.

    受刑者の中には深刻な精神的問題を抱えている人も多く、その日々が怖かったという。

  • One of those inmates he named Inmate G.

    その中の一人、彼は「収容者G」と名付けた。

  • This guy was what you might call hard to control, and from the sounds of it, mentally unwell.

    この男は、いわゆるコントロール不能で、精神的にも参っているようだった。

  • One day the officer was delivering food to each cell through the food slots and Inmate

    ある日、役員がフードスロットを使って各房に食料を届けていたところ、収容者が

  • G was shouting and screaming because it was taking too long.

    あまりにも時間がかかるので、Gは大声で叫んでいた。

  • In fact, he was so upset he made something called a “stinger”.

    実際、彼は動揺して「スティンガー」というものを作ってしまった。

  • Despite what some of our viewers think, us guys at the Infographics Show have not done

    視聴者の方の中には、「Infographics Show」のスタッフは、「Infographics Show」をやっていないと思っている方もいるかもしれません。

  • hard time, so we'll let the officer describe in his own words what a stinger is:

    苦労したので、スティンガーとは何かを警官の言葉で説明してもらいます。

  • “A paperclip or even notebook wire folded over to plug into the socket and have one

    "ペーパークリップ、あるいはノートの針金を折り曲げてソケットに差し込むと、1つの

  • end stick out to get hot and light paper on fire.

    棒の先が熱くなって、紙に火がつく。

  • The ultra max unit is set up so if anything is plugged in an outlet that cell's power

    ウルトラマックスユニットは、コンセントに何かを差し込むとそのセルの電源が切れるように設定されています。

  • gets tripped.”

    gets tripped」。

  • The officer then wrote up a disciplinary report, but because of what was going down, the entire

    その後、警察官は懲戒報告書を作成しましたが、その時の状況から、全

  • wing was screaming and shouting.

    翼は悲鳴を上げ、叫んでいた。

  • It was chaos.

    カオスだった。

  • Inmate G kept on shouting, so the officer called for some backup.

    収容者Gはずっと叫んでいたので、警官は応援を呼んだ。

  • As the officer was waiting for help to arrive, Inmate G looked at him through the door.

    警官が救助の到着を待っていると、G収容者がドア越しに警官を見た。

  • He took out a pen and pulled out the wire spring.

    彼はペンを取り出し、線状のバネを引き出した。

  • He then started cutting himself on the wrist and around the throat with the wire, at which

    その後、ワイヤーで手首や喉元を切り始め、その時に