Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • In the decade after WWI, over a million people contracted a mysterious neurological

    第一次世界大戦後の10年間に、100万人以上の人々が謎の神経疾患にかかりました。

  • disease called encephalitis lethargica. Sometimes, patients would experience headaches, fever,

    嗜癖性脳炎という病気です。時々、患者は頭痛や発熱を経験する。

  • vertigo, or trouble sleeping but then make a full recoveryOthers became comatose and

    めまいや睡眠障害などの症状が出ても、その後は完全に回復します。他の人は昏睡状態になり

  • died. And still others afflicted with the disease slipped into a sleepy, almost comatose

    と言っていました。また、この病気にかかった人の中には、眠るように、ほとんど昏睡状態に陥った人もいました。

  • state that they never recovered fromThey presented with paralysis of the eye muscles,

    この状態から回復することはありませんでした。目の筋肉の麻痺を呈していました。

  • double vision, and sometimes lost control of their facial muscles, rendering them expressionless.

    視界が二重になったり、顔の筋肉が動かなくなって無表情になったりすることもありました。

  • But no two cases were the same, and doctors never figured out what caused the disease

    しかし、同じ症例は2つとないため、医師はこの病気の原因を解明することができませんでした。

  • or any good treatment options. The epidemic hit its peak in the 1920s and left up to half

    また、良い治療法もありません。この流行は1920年代にピークを迎え、最大で半数の人が

  • a million people dead. But a number of patients survived in the sleepy state for decades.

    100万人が死んだ。しかし、何十年も眠るような状態で生き延びた患者も少なくない。

  • Then thirty years later in the 1950s, researchers made a breakthrough into the body's production

    それから30年後の1950年代、研究者たちは体の中で作られる物質の画期的な発見をしました。

  • of the chemical dopaminesometimes known as the happiness chemical. Dopamine treatment

    幸福の化学物質とも呼ばれるドーパミンの分泌量を増やすことができます。ドーパミン治療

  • was thought to be a miracle cure for Parkinson's disease, and an unconventional and empathetic

    は、パーキンソン病の奇跡的な治療法と考えられていたし、型破りで共感を呼ぶ

  • neurologist named Oliver Sacks wondered if it could also help the forgotten encephalitis

    オリバー・サックスという神経学者は、忘れ去られた脳炎にも効果があるのではないかと考えました。

  • lethargica patients, bringing them back into the world after decades in their sleepy state.

    lethargicaの患者は、何十年も眠っていたのに、この世に戻ってきました。

  • You may have heard of Oliver Sacks before, but let me tell you, this dude was coolHe

    オリバー・サックスの名前を聞いたことがある人もいるかもしれませんが、言っておきますが、この人はかっこよかったですよ。彼は

  • rode motorcycles with the Hells Angels and was a competitive weightlifter who at one

    ヘルズ・エンジェルスでオートバイに乗り、重量挙げの選手として活躍したこともあります。

  • point squatted 600 pounds! But more than anything, he was a misfit in the medical communityand

    点は600ポンドのスクワットをした。しかし、何よりも彼は医学界では不適合者であった-そして

  • it was his approach as a clinician that set him apart. See, by the 1950s science had matured

    彼は、臨床医としてのアプローチで他と一線を画していました。1950年代には、科学は成熟していました。

  • to a place that was very modern, analytic -- and distant. In contrast, Oliver was extremely

    は、非常に近代的で、分析的で、遠く離れた場所にありました。対照的に、オリバーは非常に

  • empathetic and tried to see the world through his patients' eyesInstead of treating

    共感し、患者の目線で世界を見ようとした。治療するのではなく

  • the disease -- the approach popular in medicine at this time, Oliver treated the person. In

    オリバーは、当時の医学界で主流であった「病気を治療する」という考え方ではなく、「人を治療する」という考え方です。で

  • the words of one observer, his primary diagnostic question wasHow are you?”. In 1966,

    あるオブザーバーの言葉によると、彼の診断の第一の質問は「元気ですか?1966年のことです。

  • he moved to New York and started working at Beth Abraham, a chronic disease hospital.

    彼はニューヨークに移り、慢性疾患の病院であるBeth Abrahamで働き始めました。

  • That's where he met a group of 80 patients who had been institutionalized with encephalitis

    そこで出会ったのが、脳炎で施設に収容されていた80人の患者さんたちでした。

  • lethargica and they showed little awareness of their surroundings. Their ability to move

    無気力で、周囲の状況をほとんど認識していませんでした。彼らの移動能力は

  • was severely compromised. They were unable to walk or even speak. Some had been admitted

    はひどく損なわれていた。歩くことも、話すこともできませんでした。入院していた人もいました。

  • in the 1920s at the peak of the epidemic and had been in their sleepy states for up to

    流行のピークであった1920年代には、最大で10年以上も眠った状態であった。

  • 40 years. Now, around that time, researchers were using dopamine in experimental treatments

    40年です。さて、その頃、研究者たちはドーパミンを実験的な治療に使っていましたが

  • for Parkinson's Disease which presented with many of the same symptoms. So Sacks

    パーキンソン病にも同じような症状が見られました。そこでサックスは

  • wondered if their strategies might help with his patients, even though his patients were

    彼らの戦略が自分の患者に役立つのではないかと考えたのですが、彼の患者は

  • more severely affected. While we associate dopamine these days as a “happiness chemical”,

    より深刻な影響を受けます。最近ではドーパミンは「幸せの化学物質」と連想されますが

  • it has a ton of jobs inside our bodies. In the 1950s, a scientist figured out that dopamine

    ドーパミンは私たちの体の中でたくさんの仕事をしています。1950年代に、ある科学者がドーパミンが

  • is what's called a neurotransmitter, a chemical that lets nerve cells communicate with each

    は、神経伝達物質と呼ばれるもので、神経細胞がお互いにコミュニケーションをとるための化学物質です。

  • other. That same scientist then experimented with a chemical called DOPA, a chemical precursor

    のようなものです。その同じ科学者が次に実験したのは、DOPAという化学物質の前駆体である

  • to dopamine, and found it alleviated Parkinson's symptoms in animals. A different researcher

    をドーパミンに変換することで、動物のパーキンソン病の症状を緩和することを発見しました。別の研究者が

  • took a look at the brains of deceased Parkinson's patients and found that they were deficient

    死亡したパーキンソン病患者の脳を調べたところ、脳が欠損していることがわかりました。

  • in dopamine. Making the connection, this researcher proposed giving living Parkinson's patients

    ドーパミンの量が多い。この研究者は、生きているパーキンソン病の患者に

  • DOPA as a way to relieve symptoms. From there, scientists found that giving intravenous DOPA

    症状を和らげる方法として、DOPAを使用しました。そこから、科学者たちは、DOPAを静脈内に投与することで

  • improved symptoms of Parkinsons. And a form of the drug called L-DOPA proved especially

    パーキンソン病の症状を改善しました。また、L-DOPAと呼ばれる薬の一形態が、特に

  • effective. It was later found that L-DOPA (in the presence of certain enzymes) could

    効果がありました。後に、L-DOPA(特定の酵素の存在下で)が

  • cross the blood brain barrier while DOPA could not, making L-DOPA the best medication to

    DOPAは血液脳関門を通過することができず、L-DOPAはその点で優れた薬である。

  • treat Parkinsons at the time. By the late 1960s, there was a lot of excitement around

    当時、パーキンソン病の治療には様々な方法がありました。1960年代後半になると、盛り上がりを見せていた

  • L-DOPA in the neurological community. Some of Dr. Sacks's patients actually requested

    L-DOPAは、神経学界でも注目されていました。サックス博士の患者の中には、実際に要求した人もいました。

  • the drug after hearing about it. But Sacks hesitated to use the drug on his patients

    その話を聞いたサックスは、自分の患者にこの薬を使うことをためらった。しかし、サックスは自分の患者にこの薬を使うことをためらった

  • for 2 full years. Part of that was its prohibitively high cost. The other was the unknown: he was

    その理由の一つは、コストが非常に高いことでした。その理由の一つは、コストが非常に高かったことです。もう1つは、未知の世界であること。

  • concerned about how his patients would react to the new treatment. Yes, L-DOPA had a good

    患者さんの反応が気になって仕方がない。そう、L-DOPAには良い効果があった。

  • track record in Parkinson's patients, but encephalitis lethargica was a different disease

    パーキンソン病患者での実績はあるが、嗜癖性脳炎は別の病気だった。

  • that still wasn't well understood. But following the death of some of his patients in the summer

    が、まだよくわかっていませんでした。しかし、夏に彼の患者の何人かが亡くなると

  • of 1968, Oliver felt compelled to experiment with L-DOPA. So in March of 1969, he began

    1968年、オリバーはL-DOPAの実験をしたいと思った。そこで、1969年3月、彼は

  • an experiment on a small group of patients. He studied 6 patients total, 3 were put on

    少人数の患者さんを対象にした実験です。彼は合計6人の患者を調査しましたが、3人には

  • L-DOPA, 3 were given a placebo for a 90 day long observational study. At first, the treatment

    L-DOPA、3名にはプラセボを投与し、90日間の観察試験を行いました。最初は、治療

  • was a success. The L-DOPA patients wereawakenedfrom their decades-long sleep. Very quickly

    が成功しました。L-DOPA患者は、数十年に及ぶ眠りから「覚醒」した。非常に早く

  • after receiving the medication, some were able to speak and even walk for the first

    薬を投与した後、何人かは言葉を発し、初めて歩くことができました。

  • time in decades. After seeing success in the trial, Sacks started treating his other encephalitis

    は数十年ぶりの快挙でした。この試験で成功を収めたサックスは、他の脳炎の治療を開始しました。

  • lethargica patients with L-DOPA. They improved dramatically at first, but quickly developed

    lethargica患者にL-DOPAを投与しました。最初は劇的に改善しましたが、すぐに

  • tolerance to the medication and needed increased dosage to keep their symptoms at bay. To this

    症状を抑えるためには薬の量を増やす必要がありました。このため

  • day, we still don't know why. One idea is that some of the patients who had the disease

    日、その理由はまだわかっていません。一つの考えは、病気を持っていた患者の一部が

  • had symptoms that were exacerbated by some of the metabolic byproducts of dopamine. So

    は、ドーパミンの代謝副産物によって症状が悪化することがありました。そこで

  • as patients took L-DOPA, their bodies metabolized it which created this byproduct that caused

    患者がL-DOPAを摂取すると、体内で代謝されてこの副産物が生じ、それが原因で

  • other symptomsNobody has researched this hypothesis specifically on encephalitis lethargica

    他の症状が出ています。誰もこの仮説を無気力脳炎に特化して研究していない

  • patients, but research from other brain disorders points in that direction. Regardless, Oliver

    しかし、他の脳疾患の研究ではその方向性が示されています。いずれにしても、オリバー

  • had a drug that he knew would help people, so he was compelled to share his results,

    は、人を救うことができると確信した薬を持っていたので、その結果を伝えたいと思ったのです。

  • but his study was more observational than traditionally quantitative, so his work was

    しかし、彼の研究は伝統的な定量的なものではなく、観察的なものであったため、彼の研究は

  • rejected by professional journals. Unable to publish in the medical literature, he described

    専門誌に拒絶された。医学論文を発表することができず、彼は次のように述べています。

  • his findings in a book, Awakenings, which was released in 1973. And not only did he

    その結果を『Awakenings』という本にまとめ、1973年に発売しました。それだけでなく、彼は

  • document how dopamine was involved in encephalitis lethargica, he gave detailed case histories

    無気力脳炎にドーパミンがどのように関与しているか、詳細な症例を紹介しています。

  • for each patientIn Awakenings, each patient is described by name, not relegated to a number.

    ひとりひとりの患者のために。Awakeningsでは、各患者は番号に追いやられることなく、名前で説明されます。

  • And therein lies his legacy. Sacks wasn't the only person experimenting with L-DOPA

    そして、そこに彼の遺産がある。L-DOPAの実験をしたのはサックスだけではありません。

  • at the time, but his observations were meticulous and described his patients' Parkinson's-like

    当時、彼の観察は綿密に行われ、患者のパーキンソン病のような

  • symptoms better than anyone else. He aimed a spotlight on the value of minute observation

    症状を誰よりも理解している。微細な観察の価値にスポットライトを当てた

  • and description. His lasting impact on medicine is his empathetic and personal approach to

    と説明しています。彼が医学に与えた永続的な影響は、彼の共感的で個人的なアプローチが

  • treatment and his insistence on the individuality of every patient. His work finally caught

    また、患者の個性を重視した治療を行った。彼の作品はついに

  • a more popular audience when Awakenings was adapted into a Hollywood movie starring Robert

    は、ロバートが主演してハリウッドで映画化されたことで、より多くの人に受け入れられました。

  • de Niro and Robin Williams in 1990. Having read Awakenings, I was struck at how Oliver

    1990年、デ・ニーロとロビン・ウィリアムズ。Awakenings』を読んだ私は、オリバーがいかに

  • wrote his patients' case histories in such a vivid and empathetic way. As a reader, I

    は、患者の事例を生き生きと共感できるように書いてくれました。一読者として、私は

  • couldn't help but to put myself in the patients' shoes. Oliver Sacks turned observations into

    思わず患者さんの立場になって考えてしまいました。オリバー・サックスは観察結果を

  • humanized stories, giving a face and voice to patients with chronic mental and neurological

    慢性的な精神疾患や神経疾患を持つ患者の顔と声を伝え、人間味のあるストーリーを提供します。

  • conditions. This approach of treating the person, not the disease would ultimately make

    の状態になります。病気ではなく、人を治療するというこのアプローチは、最終的には

  • him a key figure in modern neurology , and his work has now inspired generations of younger

    彼は現代の神経学における重要な人物であり、彼の研究は今では何世代にもわたって若い人たちに影響を与えています。

  • doctors. If you're interested in the story of Dr. Oliver Sacks and the rest of his work,

    の医師を紹介します。オリバー・サックス博士の話などに興味がある方は

  • check out Oliver Sacks: His Own Life, now streaming on PBS and available on major platforms!

    オリバー・サックスの「His Own Life」をご覧ください。His Own Life」をご覧ください。PBSでストリーミング配信中で、主要なプラットフォームでもご覧いただけます。

  • And as always, we appreciate when you like the video, and subscribe. Thanks for watching.

    また、いつものように、ビデオに「いいね!」と言っていただき、購読していただけるとありがたいです。ご視聴ありがとうございました。

In the decade after WWI, over a million people contracted a mysterious neurological

第一次世界大戦後の10年間に、100万人以上の人々が謎の神経疾患にかかりました。

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 患者 パーキンソン ドーパミン オリバー 治療 症状

40年間、人々を眠らせ続けた神経疾患 (This Neurological Disease Kept People Sleeping for 40 Years)

  • 3 1
    Summer に公開 2021 年 04 月 30 日
動画の中の単語