Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • July 1979. Constable Andy Laptew turns up at the house of Peter Sutcliffe, a possible

    1979年7月。警察官のアンディ・ラプテューがピーター・サトクリフの家に現れた。

  • murder suspect. He's met at the door by Sutcliffe's wife and is invited in for a

    殺人事件の容疑者。玄関先でサトクリフの妻に出迎えられ、中に招き入れられる。

  • cup of tea and a chat. Sutcliffe appears in the living room, a man that doesn't look

    紅茶を飲みながら話をする。リビングに現れたサトクリフは、見かけによらず

  • dissimilar from a Hollywood portrayal of the antichrist. He has menacing eyes, almost like

    ハリウッドで描かれる反キリストのイメージとは異なります。威嚇するような目をしており、まるで

  • black dots; black hair and a finely coiffed jet-black beard.

    黒のドット、黒髪、きれいに整えられた漆黒のひげ。

  • The police officer asks him, “Peter, do you frequent prostitutes?”

    警察官は彼に、"Peter, do you frequent prostitutes?" と尋ねた。

  • The response is quick, “No, not at all, I've no need – I'm only recently married.”

    と聞くと、「いえいえ、私は最近結婚したばかりなので必要ありません」と即答されます。

  • After the interview the cop leaves that house thinking this could be the guy. This could

    インタビューの後、警官はこの男かもしれないと思ってその家を出た。この人かもしれない

  • be the animal that has made women fear for their lives for years now in the towns and

    は、何年も前から女性たちに命の危険を感じさせている動物であり、町や

  • cities of West Yorkshire and beyond. Laptew goes back to the station and tells

    ウェスト・ヨークシャーをはじめとする各都市。ラプテューは駅に戻って、次のように語る。

  • his boss that the guy he just spoke to is a “dead ringerfor the photofit they

    彼の上司は、今話した相手が、彼らが撮った写真と「瓜二つ」であることを

  • have. That boss, one of many cops who would be later accused of doing dreadful police

    を持っています。その上司は、後に恐ろしい警察活動をしていたと非難されることになる多くの警官の一人ですが

  • work, screams at the young constable. “Anybody mentions photofits to me again will be doing

    と、若い警部に叫んだ。"今度、写真の話をしたら、私は何もしない。

  • traffic for the rest of their service!” he shouts. The higher ups have a tape recording,

    traffic for the rest of their service!」と叫んでいます。上層部はテープ起こしをしている。

  • one they're sure was made by the real ripper. They are wrong of course, and their shoddy

    彼らは、本物のリッパーが作ったと確信しています。もちろん、彼らは間違っていて、その粗悪な

  • work will mean flagons of blood spilled on the streets that needn't have been spilled.

    このような状況下では、必要のない血を流すことになります。

  • The case, still today, is arguably the most well-known serial case the UK has ever had

    この事件は、現在でも、英国で最もよく知られている連続事件と言っても過言ではありません。

  • bar London's Jack the Ripper, who, it must be said, wasn't anywhere near as prolific

    ロンドンの切り裂きジャックは、それほど多作ではなかったと言わざるを得ません。

  • as the Yorkshireman. There's a saying in England that goes, “It's

    ヨークシャーマンのように。イギリスには「It's」という言葉があります。

  • grim up north.” If in the late 70s and early 80s you would have walked down certain streets

    grim up north"。もし70年代後半から80年代前半に、ある通りを歩いていたとしたら

  • in the industrial cities and towns of West Yorkshire you wouldn't have disagreed. These

    ウェストヨークシャーの工業都市や町では、あなたも反対しなかったでしょう。これらの

  • streets, with their dilapidated houses and rubbish piling up in gardens, were the hunting

    老朽化した家や庭にゴミが積まれている街並みは、狩猟のための

  • grounds for the man that would become known as the Yorkshire Ripper.

    ヨークシャー・リーパーと呼ばれるようになる男の根拠地。

  • Like many kids back in those days, Sutcliffe was born into the kind of family where higher

    当時、多くの子供たちがそうであったように、サトクリフは、高いものが好きな家庭に生まれた。

  • education was simply out of the question. For most working class teenagers, they left

    教育を受けることは問題外であった。ほとんどの労働者階級のティーンエイジャーにとって、彼らは左

  • school aged 15 or 16 and they either got a trade or worked in one of the industries in

    15歳か16歳で学校に通い、職業に就くか、あるいは日本の産業界のいずれかで働いていた。

  • what was known as the industrial north. One of Sutcliffe's first jobs was as a gravedigger,

    北部工業地帯と呼ばれていた地域だ。サトクリフの最初の仕事の一つは、墓堀り人だった。

  • a job perhaps quite apt for a man that would later ditch bodies. It's said that due to

    後に死体を捨てることになる男にふさわしい仕事だった。と言われています。

  • the morbid nature of this occupation, as a teenager Sutcliffe sometimes surprised people

    この職業の病的な性質のために、10代の頃のサトクリフは人々を驚かせることがありました。

  • with his very dark sense of humor. Possibly something that happened during those days

    彼はとても暗いユーモアのセンスを持っています。その頃に起きた出来事の可能性

  • shaped what he would become. We'll get around to that later. All we will say is that Sutcliffe

    は、彼が何になるかを形にしたものです。このことについては後ほど触れることにしよう。ここで言いたいのは、サトクリフが

  • apparently enjoyed washing the corpses, something that shocked his few friends when he told

    死体を洗うのが好きだったようで、その話を聞いた数少ない友人はショックを受けていました。

  • them about it in the pub. We don't know too much about his childhood,

    パブでその話をしていました。彼の子供時代についてはあまり知られていません。

  • but it didn't sound very pleasant. One of six children, Sutcliffe was a mother's boy.

    しかし、それはあまり楽しいものではなかった。サトクリフは6人兄弟の1人で、母親思いの少年だった。

  • As the saying goes, he was tied to her apron strings. His father never really gave much

    諺にもあるように、彼は彼女のエプロンの紐に縛られていた。彼の父親は、決して多くを語らなかった。

  • attention to who he considered the quiet, oddball son. This is what one of Sutcliffe's

    彼は、静かで変わり者の息子と思われる人物に注目していました。これは、サトクリフの一人が

  • brothers later said about their father: “He used to belt the hell out of us when

    弟たちは後に父親についてこう語っている。"彼は、私たちに地獄を見せていました。

  • we were kids. I remember when I was about four or five, there was a bit of an argument

    私たちは子供でした。私が4歳か5歳くらいの時、ちょっとした口論があったのを覚えています

  • and he smashed a beer glass into Peter's head.” It's also said most of the children

    と言って、ビールグラスをピーターの頭にぶつけた。"また、ほとんどの子供たちが

  • at times had to watch on helplessly as their father beat their mother.

    時には父親が母親を殴るのを黙って見ていなければならないこともあった。

  • Ok, so this once quiet child with a history of violence undoubtedly didn't have the

    暴力沙汰を起こしたこともあるおとなしい子が、このようなことをしていたとは思えませんね。

  • best of upbringings, but after a series of factory jobs and a stint unemployed, he landed

    恵まれた環境で育った彼は、工場勤務や失業を経て

  • himself work as a heavy goods vehicle operator at a place called T. & W.H. Clark Holdings.

    自身はT.W.H.クラーク・ホールディングスという会社で大型貨物車のオペレーターとして働いています。

  • That's a name you're going to hear again. By this time, he'd already married Sonia

    また聞きたい名前だな」。この時、彼はすでにソニアと結婚していた

  • Szurma, a young woman he'd been dating for around seven years. They tried to have children,

    シュルマは、7年ほど前から付き合っていた若い女性だ。彼らは子供を作ろうとした。

  • but after a series of miscarriages, they gave up. She also had an affair at one point, but

    が、何度も流産してしまい、諦めてしまったそうです。また、一時は不倫もしていましたが

  • still, they stayed together and bought a house in Bradford with her savings from school teaching.

    それでも二人は一緒にいて、学校で教えていた彼女の貯金でブラッドフォードに家を買った。

  • The relationship doesn't exactly sound like one made in heaven, but nonetheless, a teacher

    天国のような関係とは言えませんが、それでも、ある先生は

  • and driver living in a semi-detached property looked normal enough to family, friends and

    とドライバーがセミデタッチの物件に住んでいるのは、家族や友人、そして私たちにとっては普通のことに見えました。

  • neighbors. Together the couple had nights out with people. They attended weddings together.

    隣人。二人は一緒に人と夜を過ごした。結婚式にも一緒に出席した。

  • They were just another couple like any other. What his wife didn't know, though, is that

    彼らは他のカップルと同じだった。しかし、彼の妻は知らなかったのですが

  • her husband was a voyeur. Sometimes he'd go out at night and just watch women, especially

    彼女の夫は盗撮癖がありました。時々、彼は夜に外出して女性を観察していました、特に

  • women working in the atrociously rundown red lights districts of Leeds and Bradford.

    リーズやブラッドフォードの荒れ果てた赤線地帯で働く女性たち。

  • In 1969, when Sutcliffe was 23-years old and had been with Szurma for almost two years,

    1969年、サトクリフが23歳のとき、スールマと2年近く付き合っていた。

  • he began his life of vicious crimes. This all happened after a prostitute had tricked

    彼の凶悪な犯罪人生が始まったのである。これは、ある娼婦に騙されて

  • him out of some money. Later the same night, after having a few drinks with a friend, they

    その日の夜、友人とお酒を飲んだ後、2人は彼からお金を奪いました。その日の夜、友人とお酒を飲んだ後、二人は

  • drove off in the friend's car. This friend is another matter of great importance that

    その友人の車で走り去った。この友人は、別の重要な問題として

  • we'll come back to later. Sutcliffe told his buddy he wanted to get

    その話は後ほどすることにしよう。サトクリフは相棒に、「自分は

  • out of the car for a minute. He wanted to find the prostitute. He couldn't find her,

    ちょっと車を降りてみてください。彼は売春婦を見つけようとした。彼は彼女を見つけることができなかった。

  • but he saw another woman working on the streets, so he followed her. In his hand was a sock

    しかし、別の女性が路上で働いているのを見て、彼女の後を追った。彼の手には靴下があった。

  • filled with a stone. This is what he later admitted about that night: “I got out of

    石で満たされた。これは、後に彼がその夜について認めたことである。「私は外に出た。

  • the car, went across the road and hit her. The force of the impact tore the toe off the

    が、道路を横切って彼女にぶつかりました。その衝撃で、足の指が抜けてしまい

  • sock and whatever was in it came out. I went back to the car and got in it.”

    靴下の中に入っていたものが出てきた。私は車に戻って乗った。"

  • His friend might not have seen all this take place, but that didn't matter.

    友人はこの様子を見ていないかもしれないが、それは問題ではない。

  • The cops had gotten the registration plate of Sutcliffe's friend's car and so they

    警察はサトクリフの友人の車のナンバープレートを入手していたので

  • ended up at Sutcliffe's home the next day. As you already know, this wouldn't be the

    翌日、サトクリフの自宅に到着した。すでにご存じのように、これではせっかくの

  • first time they knocked on his door. In fact, prior to his arrest, they'd interview him

    最初に彼の家のドアをノックしたときのことだ。実は、逮捕される前に、彼にインタビューをしていたのです。

  • nine times. Yep, this is one messed up case. What you'll discover is that it seemed the

    9回。そう、これはとんでもない事件なのだ。と思われていたことがわかります。

  • police looked everywhere but the place they should have been looking.

    警察は、本来見るべき場所以外はすべて見ていた。

  • Anyway, when Sutcliffe talked to the cops, he admitted he'd hit the woman, but he said

    とにかく、サトクリフが警察に話したとき、彼は女性を殴ったことを認めたが、彼は次のように言った。

  • he had done so with his fist. The cops bought into that story, and also told Sutcliffe he

    拳で殴ったのだ。警官はその話を信じて、サトクリフにも彼が

  • was fortunate because the woman didn't want to press charges. Had she been middle class,

    その女性が告発する気がなかったのが幸いした。彼女が中流階級だったら。

  • not a prostitute, you can be sure the police would have urged her to take things further.

    娼婦ではないのだから、警察は彼女にもっと踏み込んだ話をするように促したに違いない。

  • This was the late 60s, a time of widespread class prejudice and misogyny in England.

    60年代後半、イギリスでは階級的な偏見や女性蔑視が蔓延していた時代でした。

  • July, 1975. This time the place of the crime is a textile town on the outskirts of the

    1975年7月。今回の犯行場所は、アメリカの郊外にある繊維の町。

  • city of Bradford. Sutcliffe spots a woman walking down a quiet street at night. He walks

    ブラッドフォードの街。サトクリフは、夜の静かな通りを歩く女性を見つけます。彼は歩いて

  • behind her, says something to her, and subsequently strikes her hard on the head with a ball-pein

    後ろで何かを言った後、ボールペンで頭を殴られた。

  • hammer. He then slashes her stomach with a knife. Like many of his victims, she would

    ハンマーです。そして、ナイフで彼女の腹を切り裂く。多くの犠牲者と同様に、彼女もまた

  • survive, but the attack was so traumatic she later said she sometimes wished she'd have

    生き残ったものの、この攻撃は彼女にとって大きなトラウマとなり、後に「あの時、こうしていればよかった」と思うこともあったそうです。

  • died. A month later, he stalked a woman in the town

    が死亡しました。その1ヶ月後、町内の女性をストーカーして

  • of Halifax, a mill town not too far from Bradford. He asked her something about the weather before

    ブラッドフォードからほど近い工場の町、ハリファックスの。彼は、彼女に天気のことを尋ねた。

  • hitting her over the head with a hammer. Again, he slashed the victim, this time on the back.

    ハンマーで彼女の頭を殴った。再び、被害者の背中を切りつけました。

  • She also survived the attack. It should be said, neither of these attacks

    彼女もまた、この攻撃から生き延びた。言っておくが、これらの攻撃はどちらも

  • happened in red light areas and the victims weren't prostitutes. The last woman had

    犠牲者は売春婦ではなく、赤線地帯で起きた事件です。最後の女性は

  • been out at the Royal Oak pub in Halifax and had stopped off on her way home to buy fish

    HalifaxのRoyal Oakパブに行った帰りに、魚を買うために立ち寄ったそうです。

  • and chips for her and her husband. Sutcliffe had also been in that pub with the same guy

    と言って、彼女と彼女の夫のためにチップスを用意した。サトクリフも同じ男と一緒にそのパブにいたことがある。

  • he'd been with in the 1969 attack. At one point Suttcliffe turned to his friend and

    1969年のテロ事件の時に一緒にいた人だ。ある時、Suttcliffeは友人に向かって

  • said, “I bet she's on the game.” The next day the friend read the newspaper and saw

    と言っていました。次の日、その友人は新聞を読んでみると

  • a woman had been attacked after leaving the Royal Oak. It did cross his mind that the

    ロイヤルオークを出た後、女性が襲われていたのだ。ということが頭をよぎりました。

  • perpetrator might have been Sutcliffe. Both times he could have killed the women,

    加害者はサトクリフだったかもしれない。2回とも彼が女性を殺した可能性があります。

  • but he was interrupted during the commission of the crimes. Many years later, Sutcliffe

    しかし、彼は犯行の最中に中断されてしまった。何年も経ってから、サトクリフ

  • told the police about the second attack, “I was going to kill her. I had the knife with

    2回目の犯行について、警察は「彼女を殺すつもりだった。ナイフを持っていました。

  • me at that time. I was going to kill her, but I did not get the chance.”

    その時の私。私は彼女を殺そうと思ったが、その機会はなかった。"

  • Just after the crime, this woman told the police something of great importance. She

    犯行直後、この女性は警察にある重要なことを話した。彼女は

  • said her attacker had a Yorkshire accent. This fact, and the fact both women hadn't

    は、犯人がヨークシャーのアクセントを持っていたと言っています。この事実と、二人の女性が

  • been attacked in red light areas, police just chose to forget.

    レッドライトエリアで襲われても、警察は忘れてしまった。

  • This is very, very important for you guys to know. You see, maybe you don't know that

    これは皆さんにとって、とてもとても重要なことなのです。ほら、もしかしたら皆さんは知らないかもしれませんが

  • accents in England can change even when you don't travel too far. You can travel from

    イギリスのアクセントは、それほど遠くに行かなくても変わります。から旅行することができます。

  • Bradford to Manchester, or to Liverpool, or to Newcastle in the North East, and the change

    ブラッドフォードからマンチェスターへ、あるいはリバプールへ、あるいは北東部のニューカッスルへ、と変化していく。

  • in accent is unmistakable. These places are all pretty close by, in USA terms anyway.

    の訛りは紛れもないものです。これらの場所は、アメリカで言えばかなり近いところにあります。

  • You can drive as little as 20 miles from one city and people can sound different.

    1つの都市からわずか20マイルのドライブでも、人々の声は違ってきます。

  • Ok, not long after that last attack, Sutcliffe followed a 14-year old girl down a quiet country

    最後の攻撃から間もなく、サトクリフは14歳の少女の後をつけて、静かな田舎道を歩きました。

  • lane. He approached her and they walked for a while and chatted. After about 20 minutes

    レーンを使用しています。彼は彼女に近づき、しばらく歩いておしゃべりをしました。約20分後

  • he hit her five times over the head with a hammer. He then saw car lights, so ran, leaving

    ハンマーで彼女の頭を5回殴りました。その後、車のライトが見えたので、彼女を残して走った。

  • the girl for dead. She needed brain surgery, but when she came around, she could accurately

    その子は死んでしまった。彼女は脳の手術を必要としていましたが、意識が戻ったときには、正確に

  • describe her assailant and say what kind of accent he had.

    また、加害者の特徴や訛りなども教えてくれました。

  • What we now have are three crimes that all look very similar that happened not too far

    今、私たちが手にしているのは、それほど遠くない場所で起きた、よく似た3つの犯罪です。

  • away from each other. Then, just a couple of months later he attacked another woman

    を離れていました。その後、わずか数ヶ月後には別の女性を襲い

  • with a hammer. This time he stabbed the woman many times and she died.

    ハンマーで。今度は女性を何度も刺してしまい、女性は亡くなってしまいました。

  • Even though these crimes were so similar, police hadn't linked them together. They

    これらの犯罪は非常に類似しているにもかかわらず、警察はそれらを結びつけていなかった。彼らは

  • had some details about the attacker given from the surviving victims. They'd been

    その時、生き残った被害者から聞いた犯人の詳細な情報があった。彼らは

  • told he was about five feet eight (173 cm). They knew he had a Yorkshire accent. They

    ヨークシャーの訛りがあることも知っていた。ヨークシャー訛りがあることも知っていた。そして

  • knew he had black hair and a black beard. Still, they believed one man was attacking

    黒い髪に黒いあごひげを生やしていた。それでも、一人の男が襲っていると信じていた。

  • prostitutes and he wasn't the one attacking what they deemedgood girls”.

    娼婦たちは、彼らが「良い子」と判断したものを攻撃していたわけではありません。

  • In fact, the photofit police put in the newspaper was his double. Little did police know that

    実は、警察が新聞に掲載した写真は、彼の替え玉だったのである。そのことを警察は知らなかった。

  • when that photofit appeared in the newspapers Sutcliffe joked with his mother-in-law about

    この写真が新聞に掲載されたとき、サトクリフは義理の母に、この写真のことを冗談で話した。

  • how much it looked like him. Just a few months later he picked up a prostitute

    それがどれほど自分に似ていたか。その数ヶ月後、彼は売春婦を拾いました

  • in Leeds. He drove her to some abandoned buildings where he hit her over the head with a hammer.

    リーズでは彼は彼女を廃墟に連れて行き、ハンマーで彼女の頭を殴りました。

  • This time he used a sharpened screwdriver to stab her 52 times. He then dumped her body

    今回は、鋭利なドライバーを使って52回も刺しました。その後、彼女の死体を投棄しました。

  • in what looked something like a junkyard, but this was just another downtrodden area.

    しかし、ここもまた荒廃した地域だった。

  • This time he stamped on her, leaving an impression of his boots. This is important, too. It was

    今度は彼女を踏みつけて、ブーツの跡を残した。これも重要なことだ。それは

  • a size 7 Dunlop Warwick Wellington boot. This bootprint would be seen again at a crime scene.

    ダンロップのウォーウィックウェリントンブーツのサイズ7。このブーツの跡は、犯罪現場で再び見られることになる。

  • Over the next year, he attacked more women in a similar style. Usually using a hammer

    その後1年間、彼はさらに多くの女性を同様のスタイルで襲った。ハンマーを使って

  • to knock them out or subdue them, and then stabbing them. Some of his victims would survive,

    と言って、気絶させたり制止したりしてから刺すのです。犠牲者の中には生き残る者もいた。

  • but not without life-changing injuries. One woman he killed with a hammer, and then

    しかし、人生を変えるような傷を負わずに済んだわけではありません。一人の女性をハンマーで殺した上に

  • he mutilated her dead body. This time he left tire tracks behind. That was another clue,

    彼は彼女の死体を切り刻んだ。今回はタイヤの跡が残っていました。それがもう一つの手掛かりだった。

  • since police could investigate what kind of car or at least tires they were looking for.

    警察は、どんな車なのか、少なくともタイヤを探しているのかを調べることができるからだ。

  • Still, there were 100,000 possible matches for those tires.

    しかし、そのタイヤには10万通りものマッチがあった。

  • When he killed a 16-year old girl, the police and the press all started talking about him

    16歳の少女を殺したとき、警察もマスコミもこぞって彼のことを話題にしました。

  • now killing normal people, as if the other victims were inhuman or something. Such were

    は、他の犠牲者が非人間的であるかのように、普通の人を殺していた。そのようなものは

  • the days, the cops ashamed themselves at one point by calling the last girl the firstinnocent

    日、警官は最後の少女を最初の「無実」と呼んで恥をかいたこともあった。

  • victim. They hadn't linked the 14-year old who survived, which was a pity, since she

    犠牲者が出ました。生き残った14歳の子はリンクされていませんでしたが、それは残念なことでした、彼女は

  • had given an almost perfect description of him.

    は、彼のことをほぼ完璧に表現していた。

  • The cops had been sure they had a prostitute killer, but they were wrong. At one point

    警察は売春婦を殺した犯人だと確信していたが、それは間違いだった。ある時点で

  • they'd even invited prostitutes from West Yorkshire to attend a meeting with them so

    ウェスト・ヨークシャーの娼婦たちを招待して、彼らとの会合に参加させていた。

  • they could give advice and ask them questions. One cop smiled just before the women entered

    彼女たちにアドバイスをしたり、質問をしたりすることができるのだ。ある警官は、女性たちが入場する直前に笑顔で

  • the room and said to another cop, “I hope we're not going to catch anything sitting

    と別の警官に言っていました。

  • on these chairs.” The other cop laughed and replied, “Well, I kept well out of their

    この椅子の上で」。もう一人の警官は笑って、「まあ、私は彼らの中には入らないようにしていました」と答えました。

  • way just in case.” It was only after this murder that police

    念のため」。この殺人事件の後で、警察は

  • really stepped up the investigation and the female public started thinking, “Oh, it

    捜査が本格化して、女性たちが「ああ、そうなんだ」と思うようになりました。

  • could be me next.” Time and again, the police said now a “respectablewoman had been

    次は私かもしれない」。何度も何度も、警察は今、「立派な」女性が

  • killed. One of the biggest manhunts in English history

    が殺された。イギリス史上最大級のマンハント

  • was shaping up. Cops already had a lot of paperwork, so much, the station had to reinforce

    ができあがっていた。警官はすでに多くの書類を抱えており、あまりにも多いため、局側は補強しなければならなかった。

  • the floor. On 1 October 1977, Sutcliffe had chosen the

    フロアの様子1977年10月1日、サトクリフが選んだのは

  • city of Manchester as his next hunting ground. He made another mistake after paying a prostitute

    マンチェスターの街を次の狩猟の場として選んだのだ。娼婦にお金を払ってしまったことで、彼は別の失敗をしてしまった。

  • some money and killing her. He realized the five pound note he'd handed her could be

    お金を払って彼女を殺したのだ。彼は、彼女に手渡した5ポンド札が、もしかしたら

  • traced. He returned to the part of Manchester where he'd dumped the body. This was described

    追跡された。彼は死体を捨てたマンチェスターの地域に戻った。ここでは

  • as a wasteland. When he couldn't find the note, Sutcliffe

    荒れ地のように。メモが見つからなかったサトクリフは

  • was enraged. He took a knife and mutilated the body as much as was possible, almost taking

    彼は怒り狂った。彼はナイフを持って遺体を可能な限り切り刻んだ。

  • off her head. The victim had worked on the mean streets, so she'd known to always hide

    彼女の頭を切り落とした。その被害者は悪の道で働いていたので、常に隠れることを知っていました。

  • money in a secret compartment in her purse. The police found it, of course.

    お金を財布の中の秘密の場所に入れていました。もちろん、警察はそれを見つけました。

  • It was after this that cops narrowed down their search to some 8,000 men. That note

    この後、警察は約8,000人に絞り込んで捜索を行った。そのメモ

  • was issued by a bank for employee paychecks at certain companies. One of those companies

    は、ある会社の従業員の給料用に銀行が発行したものです。その会社の一つが

  • was T. & W.H. Clark Holdings. Sutcliffe was interviewed during his workday

    は、T.&W.H.クラーク・ホールディングスでした。サトクリフは仕事中にインタビューを受けた

  • there, but the police didn't find anything suspicious about his story. As we described

    しかし、警察は彼の話に不審な点はなかったという。私たちが説明したように

  • at the beginning, one cop ended up going to his house. There his wife said he'd been

    冒頭、ある警官が彼の家に行くことになった。そこで彼の妻は、彼が

  • with her at a party on the night of the murder. She was lying. She had no idea he was a killer,

    殺害された夜のパーティーで彼女と一緒にいた。彼女は嘘をついていた。彼女は彼が殺人者だとは知らなかった。

  • but she was still giving false alibis for him.

    しかし、彼女はまだ彼のために偽のアリバイを作っていた。

  • Then there was another survivor and yet another woman who described a man who was a dead ringer

    その後、別の生存者と、さらに別の女性が、死人のような男の話をしていました。

  • for Peter Sutcliffe. On top of that, the same tire tracks were found at the scene of the

    ピーター・サトクリフのために。その上、現場には同じタイヤの跡が残っていたという

  • crime. Maybe if they hadn't had so much paperwork

    犯罪です。もしも彼らが、これほどまでに多くの書類を持っていなかったら

  • they would have known he was a prime suspect. So much information in the days when technology

    彼が第一容疑者であることを知っていただろう。テクノロジーが発達した時代にこれだけの情報を

  • was so backwards might have hampered the case. That, or the cops just sucked at their jobs.

    が逆になっていたことが、事件の妨げになったのかもしれません。それか、警官が仕事をなめていたのかもしれない。

  • They even questioned him yet again about why his car was seen so many times in red light

    さらには、赤信号で何度も車を見かけた理由についても質問された。

  • areas. It's said theRipper Squadhad talked to him several times at this point.

    の領域に入ります。この時点で「リッパー・スクワッド」は何度か彼と話をしていたと言われている。

  • In '78, he killed again, twice, each time stabbing and slicing the corpses. He later

    78年には再び2度の殺人を行い、その度に死体を刺したり切ったりしていた。その後、彼は

  • told the cops about 1978, saying, “I had the urge to kill any woman. The urge inside

    1978年のことを警察に話すと、「どんな女性でも殺したいという衝動に駆られた。心の中の衝動は

  • me to kill girls was now practically uncontrollable.” In '79 he killed a 19-year old girl as she

    女の子を殺したいという気持ちが抑えられなくなった」。79年には、19歳の少女を殺害した。

  • walked home from her clerk job in the town of Halifax. The British tabloid press made

    は、ハリファックスの町での事務員の仕事を終えて、歩いて帰宅した。イギリスのタブロイド紙は

  • it a much bigger story when a young worker like this could be one of the Ripper's victims.

    このような若い労働者が切り裂き魔の犠牲者の一人になったとしたら、もっと大きな話題になるでしょう。

  • The pressure now on the West Yorkshire police was intense. To say the least, they looked

    今、ウェストヨークシャー州警察にかかっているプレッシャーは強烈だった。控えめに言っても、彼らは

  • bad. That's one reason they sent the file to the FBI, an agency very experienced with

    悪い。そのため、ファイルをFBIに送ったのですが、FBIは経験豊富な機関であり

  • serial killers. It's then that someone posted a tape recording

    連続殺人犯です。そんな時、誰かが録音したテープを投稿して

  • packed into an envelope. It was addressed to the lead investigator. When they played

    封筒に入っている。封筒の宛先は主任研究員である。彼らがプレイすると

  • it, they heard, “I'm Jack. I see you're having no luck catching me. I have the greatest

    その時、彼らは「俺はジャックだ。俺はジャックだ。お前は俺を捕まえることができないようだな。私には最高の

  • respect for you, George, but Lord, you're no nearer catching me now than four years

    あなたを尊敬していますよ、ジョージ。しかし、主よ、あなたは4年前よりも私を捕まえることができなくなりました。

  • ago when I started.” Obviously, if you know anything about the

    私が始めた時には明らかに、何かを知っていれば

  • Jack the Ripper letters, you'll know this person was imitating those. Linguists listened

    切り裂きジャックの手紙を見れば、この人はそれを真似したのだとわかります。言語学者が聞いた

  • to the recording and said this man was from Sunderland in Tyne and Wear in the North East

    録画したものを見て、この男は北東部のタイン・アンド・ウェア州のサンダーランド出身だと言った。

  • of England. That is about 78 miles (126 kilometers) away from Bradford, and if you know your English

    イングランドのブラッドフォード。それはブラッドフォードから約78マイル(126キロ)の距離で、もしあなたが英語を知っていれば

  • accents, people from Sunderland sound nothing like people from West Yorkshire. Cops had

    サンダーランドの人々は、ウェストヨークシャーの人々とは全く違うアクセントを持っています。警官は

  • already heard how the attacker was short, had a Yorkshire accent, and how many people

    犯人は背が低く、ヨークシャー訛りで、何人もの人がいたという話はすでに聞いている。

  • now described him as having black hair and a black beard. It didn't matter.

    今では、黒髪に黒のあごひげと書かれていた。そんなことはどうでもいい。

  • They started investigating the man dubbed, “Wearside Jack.” This would become one

    彼らは "ウェアサイド・ジャック "と呼ばれる男の調査を始めた。これは、一つの

  • of the biggest embarrassments in UK policing history. Why? Because it was a hoax.

    英国の警察史上最大の恥さらしである。なぜか?それは、デマだったからです。

  • Wearside Jack even sent letters to the Daily Mirror newspaper. One went in part like this:

    ウェアサイド・ジャックは、『デイリー・ミラー』紙に手紙を送ったこともある。その中のひとつに、こんなものがありました。

  • “I am the Ripper. I've been dubbed a maniac by the Press but not by you, you call me clever

    "私はリッパーです。報道機関からは狂人と呼ばれているが、あなたからはそうではなく、あなたは私を賢いと呼ぶ。

  • and I am. You and your mates haven't a clue that photo in the paper gave me fits.”

    そして私はそうだ。あなたやあなたの仲間たちは、新聞に掲載された写真が私を苦しめたことを知らないでしょう。

  • Experts even told the investigators that the letter and the recording were very likely

    専門家は、手紙と録音の可能性が高いと言っていた。

  • the work of a hoaxer, but the cops stubbornly pressed forward with this line of investigation.

    しかし、警察は頑なにその捜査を続けていた。

  • The FBI's Behavioral Unit, the people tasked with catching serial killers in the US, told

    アメリカで連続殺人犯を捕まえる仕事をしているFBIの行動学ユニットは、次のように語っています。

  • the Yorkshire cops that the tape was a hoax. They'd studied serial killers. They'd

    ヨークシャーの警官がテープはデマだと言っていた。彼らは連続殺人犯を研究していた彼らは

  • invented profiling. They were leagues ahead of sexist, misogynistic Yorkshire cops.

    プロファイリングを発明した。性差別や女嫌いのヨークシャーの警官よりもずっと進んでいました。

  • One night Robert Ressler sat down for some pints in a quiet pub with the Yorkshire investigators.

    ある夜、ロバート・レスラーは、ヨークシャーの捜査官たちと静かなパブで酒を酌み交わした。

  • This was the man depicted in the series Mindhunter and in real life the guy that helped bring

    この男は、「マインドハンター」シリーズで描かれた人物であり、実生活では、このような状況を作り出すのに貢献した人物です。

  • down the likes of Jeffrey Dahmer and Ted Bundy. He said to the cops, “You realize, of course,

    ジェフリー・ダーマーやテッド・バンディのような人物を倒した。彼は警官に向かって 「あなたはもちろん気づいているでしょう。

  • that the man on the tape is not the killer, don't you?”

    テープに映っている男が犯人ではないと思っているのではないか」。

  • He told them the man on the tape was an extrovert, when they should be looking for an introvert.

    彼は、内向的な人を探すべきなのに、テープの男は外向的だと言っていた。

  • They also said the guy they were looking for likely worked as a driver for a living. It

    また、彼らが探している男は、運転手を生業としている可能性が高いという。それは

  • was being able to move around for a job that gave him cover, he said, adding that the man

    は、仕事のために動けることが彼のカバーになっていた、と彼は言いました。

  • was likely aged late 20s early 30s and had some serious mental health problems.

    は、20代後半から30代で、深刻な精神的問題を抱えていたようです。

  • Even the surviving victims came forward and said this was not the man that had attacked

    生き残った被害者も名乗り出て、この人は攻撃してきた人ではないと言いました。

  • them. The actual killer, Peter Sutcliffe as you know, was even put at the back of the

    彼らのことです。ご存知のように実際の犯人であるピーター・サトクリフは後ろに置かれていたほどです。

  • suspect list because he didn't have a North East accent.

    容疑者リストは、彼が北東のアクセントを持っていなかったからです。

  • As the cops were looking for Wearside Jack the real Yorkshire Ripper killed three more

    警察がウェアサイド・ジャックを探している間に、本物のヨークシャー・リーパーはさらに3人を殺した。

  • women and grievously injured two others. In 2005, thanks to DNA evidence that wasn't

    人の女性と2人の女性に重軽傷を負わせました。2005年には、DNAの証拠があったおかげで

  • available back then, John Humble was arrested on the Ford Estate in Sunderland. The man,

    当時、ジョン・ハンブルはサンダーランドのフォード・エステートで逮捕されました。その男。

  • now a poor alcoholic, admitted he had been fascinated with Jack the Ripper and that's

    現在、貧しいアルコール依存症である彼は、切り裂きジャックに魅了されていたことを認め、それが