Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • It's the summer of 1864 and a 14-year old orphan  boy has been denied work at Fort Leavenworth in  

    1864年の夏、14歳の孤児の少年は、フォート・レブンワースでの仕事を拒否されていました。

  • Kansas. It's a blow for him, but he soon finds  a job as a teamster in a caravan taking flour to  

    カンザス州しかし、彼はすぐに、小麦粉を運ぶキャラバン隊のチームスターとしての仕事を見つけた。

  • Fort Union in New Mexico Territory. The journeyhe's aware, is one fraught with danger. On July 1,  

    ニューメキシコ準州のフォートユニオン。この旅には危険がつきものだとわかっていた。7月1日。

  • with the wagons loaded, the caravan sets  off down the perilous Santa Fe Trail

    幌馬車に荷物を積んで、危険なサンタフェ・トレイルに出発したのである。

  • As the days pass they run into bands of  Indians, but as pioneers armed to the teeth,  

    日が経つにつれ、彼らはインディアンの集団に遭遇するが、武装した開拓者である。

  • they don't lose one single manAfter 18 days, close to the fort,  

    一人の犠牲者も出さなかった。 18日後、砦に近づく。

  • they set up camp at Walnut Creek. The atmosphere  is tense, but there's excitement among the men.  

    ウォルナット・クリークでキャンプを張った。緊迫した雰囲気の中、男たちの間には興奮が広がっている。

  • A big payday is soon to come. The military isn't  too far away, so the men settle down for dinner  

    大金がすぐに手に入る。軍隊はそれほど遠くないので、男たちは夕食のために落ち着いている

  • and don't think too much about security. Suddenly war cries fill the air. Shots are  

    そして、セキュリティについてはあまり考えないようにしましょう。突然、戦争の悲鳴が聞こえてきた。銃声は

  • fired as the painted faces of Brulé Sioux  Indians rush around them. The swishing  

    描かれた顔のブルレ・スー族のインディアンが周囲を駆け巡る中での射撃。振り回される

  • sound of arrows surround the boy's head. He  watches in horror as men drop one by one.  

    矢の音が少年の頭を囲む。男たちが次々と倒れるのを恐る恐る見ている。

  • Little Turtle, the leader, victoriously  holds his arms aloft as he takes pride in  

    リーダーのLittle Turtleは、勝利のために腕を高く上げて誇りを持っています。

  • looking at the blood-stained buffalo grass. The Indians have no use for the flour. They  

    血で汚れた水牛の草を見ながらインディアンは、この小麦粉を使いません。彼らは

  • burn all the wagons. They steal the horses, but  they want something else to take back with them.  

    すべての荷馬車を燃やしてしまう。彼らは馬を盗みましたが、何か他のものを持って帰って欲しいと思っています。

  • They want scalps, and scalps they get. Some  men are grievously injured after being hit  

    彼らは頭の皮を剥ぐことを望んでおり、頭の皮を剥ぐことになる。殴られて重傷を負った男もいるが

  • with arrows, but it's the act of  scalping that finishes them off

    矢を使っても、最後には頭皮を剥ぐという行為で、彼らを殺してしまうのです。

  • Not two hours after, a commanding officer and  his men from Fort Larned arrive at the scene.  

    それから2時間も経たないうちに、フォートラーネッドの指揮官と部下が現場に到着する。

  • Bodies are strewn everywhere, with the men noting  their crooked postures, as if they'd died the  

    死体はあちこちに散らばっていて、男たちはまるで死んでしまったかのように、曲がった姿勢で注目している。

  • most painful death a person could experience. The commander suddenly sees movement. He walks  

    人が経験できる最も苦しい死。司令官は突然、動きを見つけた。彼は歩いて

  • past the mutilated corpses to find two boys, one  of them the orphan. They've been shot, they've  

    切り刻まれた死体を過ぎて、二人の少年を見つけた。一人は孤児。彼らは銃で撃たれており

  • been mutilated, they've been scalped, but somehowthey're alive. Well, one of them lasts only a few  

    体を切り刻まれたり、頭皮を剥がされたりしたが、なんとか生きている。まあ、そのうちの一人は数回しか生きられないが

  • hours after they reach the fort, but the other, a  boy named Robert McGee, survives to tell the tale.  

    砦に到着してから数時間後、もう一人の少年ロバート・マッギーは物語を語るために生き残った。

  • As for his appearance, let's just say he will  turn heads throughout the rest of his days.

    彼の外見については、これからの人生で頭角を現すことになると言っていいでしょう。

  • It took sometime for him to be well enough to  talk about what happened, but when he was able,  

    その時のことを話せるようになるには、まだ時間がかかりましたが、話せるようになった時には

  • he described how he'd watched the Indians take  the scalps from the men of his caravan. He said  

    彼は、インディアンがキャラバンの男たちから頭の皮を剥ぐのを見ていたことを語った。彼はこう言った。

  • when it came to him, Little Turtle seemed to tell  his tribe that he would kill the boy himself. He  

    その時、リトルタートルは、自分がその少年を殺すと部族に告げたようです。彼は

  • took out his gun and shot him and then fired two  arrows into him. McGee, still conscious, recalled  

    が銃を取り出して彼を撃ち、さらに2本の矢を放ってきた。まだ意識のあるMcGeeはこう振り返った。

  • how Little Turtle pulled out a large knife. He  stooped over him, and the last thing he could  

    なんと小亀は大きなナイフを取り出した。彼は彼の上に身をかがめ、最後には

  • remember, was the force of the blade on his skull. Ok, so that bit of violence is a true story. Well,  

    刃が頭蓋骨に当たったことを覚えていますか?そうか、そのちょっとした暴力は実話なんだね。さて。

  • we say a true story but there are different  versions of it. The boy's fate became legend,  

    私たちは実話と言っていますが、それには様々なバージョンがあります。その少年の運命は伝説となった。

  • and as things tend to happen, legends mutateThe kid definitely got scalped and that massacre  

    そして、物事が起こりやすいように、伝説は変異する。 子供は間違いなく頭皮を剥がされ、あの大虐殺は

  • definitely happened, but there are different  slants to the tale. Just to be clear, some of  

    確かに起こったことですが、その話には様々な側面があります。誤解のないように言っておきますが、いくつかの

  • the stories say the army watched from a distance  as the massacre happened. That likely happened,  

    虐殺が起こるのを軍は遠くから見守っていたという話があります。それはおそらく起こったことだろう。

  • since the 15th Kansas Volunteer Cavalry  Commander was charged with cowardice

    カンザス義勇騎兵隊第15師団長が臆病者として告発された時から

  • We found a news clipping fromThe  Great Bend Weekly Tribunedated 1906,  

    1906年に発行された「The Great Bend Weekly Tribune」に掲載されていたニュースの切り抜きを見つけました。

  • which states “15 white men and two negroes were  butcheredbut the latter two guys didn't lose  

    15人の白人と2人の黒人が虐殺された」と書かれているが、後者2人は負けていない。

  • their scalps. It also says this, “Because he had  no hair to lift, his head was virtually skinned,  

    と書かれています。また、このように書かれています。「持ち上げる髪の毛がないため、頭は事実上、皮を被った状態だったのです。

  • the entire scalp being torn off after an  incision had been made in the forehead around  

    額を切開した後、頭皮全体を引き剥がし、その周りに

  • over the ears back to the nape of the neck.” Looking at the history books, it seems it was the  

    耳の上からうなじまで」。歴史書を見ると、どうやらそれは

  • Scythians who took to scalping first. Their first  kingdom popped up in the 7th century BC, and they  

    最初に頭の皮を剥いだのはスキタイ人。紀元前7世紀に最初の王国が誕生し、彼らは

  • could be found in present day Russia, UkraineMongolia, some of the 'stans', bits of China,  

    現在のロシア、ウクライナ、モンゴル、いくつかの「スタン」、中国の一部にも見られます。

  • and parts of eastern Europe. In the 5th and 4th  centuries BC they started trading with the Greeks,  

    と東ヨーロッパの一部であった。紀元前5世紀から4世紀にかけて、彼らはギリシャ人との交易を始めました。

  • and so it is through the Greek historian  named Herodotus that we know a bit about  

    ギリシャの歴史家、ヘロドトスによって、私たちは

  • their proclivity to skin a person's head. According to Herodotus, a Scythian warrior  

    人の頭の皮を剥ぐ習性があります。ヘロドトスによると、スキタイ人の戦士が

  • would kill a man in battle and then keep the  head. That was proof of a kill, which gained  

    は戦場で人を殺して、その首を持っていました。それが殺した証拠となり、それによって

  • him some status. But there was more to it than  that. He would cut around the skin so that when  

    しかし、それだけではない。しかし、それだけではありませんでした。彼は皮膚の周りをカットして

  • he shook the head the skull would be released. It would still have bits of flesh stuck to the  

    彼が頭を振ると、頭蓋骨が解放される。頭蓋骨には、まだ肉片が付着しています。

  • skin, so the guy would then give it a good ole  scraping with the rib of an ox. When the skin  

    皮を剥いで、牛の肋骨でしっかりと削る。皮が剥がれたら

  • was cleared, he might use it as a handkerchief  or just tie it on to his horse as an adornment  

    晴れた日には、ハンカチにしたり、馬に結んで装飾品にしたりと

  • which showed others he was a mighty warrior  – especially if he had a lot of them

    特にたくさん持っていれば、強力な戦士であることを周囲に示すことができます。

  • As you'll see later, drying out scalps  and keeping them as a badge of honor  

    後述するように、頭皮を乾燥させて勲章のように保管することは

  • happened many years later in other places. We know others were scalped in Europe as far  

    その何年後かに、他の場所でも起きたことです。ヨーロッパでは他の人が頭皮を剥がされたことを知っています

  • back as the 3rd century. One skull that was  excavated showed that a woman in Germany back  

    3世紀頃のものです。発掘されたある頭蓋骨では、ドイツのバックの女性が

  • then was hit three times on the head and then  someone cut off her scalp. Why? No one knows.

    の後、頭を3回殴られ、さらに誰かに頭皮を切り落とされました。なぜ?誰も知らない。

  • Let's now go to England in the 11th century  and the Anglo-Saxons that ruled there.  

    さて、11世紀のイギリス、そしてそこを支配していたアングロサクソンに話を移します。

  • Harold II was the last of the Anglo-Saxon  kings because in 1066 those formidable  

    ハロルド2世は、アングロサクソンの最後の王であり、1066年には、アングロサクソンの強敵である

  • Norman conquerors came over and took him out with  an arrow to the eye. That's the legend, anyway

    ノルマン人の征服者がやってきて、目に矢を当てて彼を倒した。それが伝説だ。

  • His father, Earl Godwin, was apparently good with  a knife and was a keen proponent of scalping.  

    彼の父、アール・ゴドウィンはナイフの扱いに長けていたようで、頭皮剥ぎを熱心に行っていた。

  • Sometimes he blinded his enemies, sometimes  he made sure they'd never walk again,  

    時には敵を盲目にし、時には二度と歩けないようにした。

  • but occasionally he took the scalp. An ancient manuscript proves that it should  

    しかし、たまには頭皮を取ることもあった。すべきであることを証明する古文書がある。

  • be included in the worst ways to die. Bearing in  mind what we just said about blinding and maiming,  

    は、最悪の死に方に含まれます。先ほど言った失明や傷害についての話を念頭に置いて

  • that very old chronicle says about scalping, “No  more horrible deed was done in this country.” 

    その古い年代記には、頭皮剥ぎについて「この国でこれほど恐ろしい行為はなかった」と書かれています。

  • The son of “Æthelred the Unready”, “Alfred  Aethelingwas always caught up in power  

    Æthelred the Unready」の息子である「Alfred Aetheling」は、常に権力にとらわれていました。

  • struggles. According to the manuscripts, he was  captured by Earl Godwin. He was put in a boat and  

    の奮闘ぶり。写本によると、彼はアール・ゴドウィンに捕らえられた。彼はボートに乗せられて

  • sent to an island, but when he got there, they  tore his eyes out and some say he was scalped.  

    島に送られたが、島に着くと目を引き裂かれ、頭皮を剥がされたとも言われている。

  • Some monks took pity on him, but he died not long  after. That's the thing with scalping injuries,  

    哀れんでくれたお坊さんもいましたが、ほどなくして亡くなってしまいました。頭皮を剥ぐということは、そういうことなのだ。

  • if the initial injury doesn't kill youthe blood loss or ensuing infection will

    最初の怪我で死ななくても、出血やその後の感染症で死ぬ。

  • As for Aetheling's men, this was written about  them in the chronicle of Florence of Worcester

    Aethelingの部下については、WorcesterのFlorenceの年代記にこう書かれている。

  • Some he put in fetters and afterwards blindedsome he tortured by scalping and punished by  

    "ある者は足枷をはめられ、その後盲目にされ、ある者は頭皮を剥がされて拷問され、罰を受けた。

  • cutting off their hands and feet; many also he  ordered to be sold, and he killed by various  

    手足を切断し、また多くの者を売らせ、様々な方法で殺した。

  • and miserable deaths 600 men at Guildford.” Before we get back to North America,  

    ギルドフォードで600人の男が悲惨な死を遂げた」。北アメリカに戻る前に

  • let's talk a bit more about scalping in generalOne of the reasons people took scalps was because  

    ここでは、スキャルピングについてもう少し詳しく説明します。 人々が頭皮を取る理由の一つは

  • heads were bulky. You can hardly take back  11 heads and show everyone how well you'd  

    ヘッドはかさばりました。11個のヘッドを回収して、みんなに自分の実力をアピールすることはほとんどできません。

  • done on the battlefield. Logistically, on  horseback 11 heads just doesn't work out

    戦場で行う。論理的には、馬上では11頭というのはうまくいかない。

  • As for how scalping was done, well, it  wasn't always an exact science and it  

    スキャルピングがどのように行われていたかというと、それは必ずしも正確な科学ではなく、それは

  • depended on how much of the scalp a person  wanted. It also depended on how long the  

    頭皮をどの程度にするかは、その人の希望によります。また、どのくらいの期間

  • person's hair was. After someone had cut  the skin with a knife or another tool,  

    その人の髪の毛は誰かがナイフなどで皮膚を切った後に

  • they used the hair to pull off the scalpIt would have been hard scalping a bald man.

    髪の毛を使って頭皮を引き剥がしていました。 禿げた男の頭皮を剥ぐのは大変だっただろう。

  • With a sharp enough knife andgood bit of hair to grab hold of,  

    鋭利なナイフと、つかめる程度の髪の毛があれば。

  • the scalp would have come right offIn the Old world, they sometimes had  

    は、頭皮がすぐに剥がれてしまいます。 昔の世界では、時々

  • to use seashells for the cutting, or flint  or sharp stones. Fortunately for the victim,  

    貝殻や火打ち石、尖った石などを使って切ります。被害者にとっては幸いである。

  • scalping often happened when they  were already dead or very close to it

    スキャルピングは、すでに死んでいるか、それに近い状態で行われることが多かった。

  • Ok, now let's talk about the long  history of American scalping

    さて、ここからはアメリカのスキャルピングの長い歴史についてお話します。

  • It's been said before that Europeans brought  scalping to North America, which is not  

    ヨーロッパ人が北米にスキャルピングを持ち込んだと以前から言われていますが、それは間違いです。

  • true in the slightest. You already know that  scalping in Europe happened many centuries ago,  

    は少しも真実ではありません。ヨーロッパでのスキャルピングが何世紀も前に起こったことはすでにご存知でしょう。

  • but Native Americans were also scalping back then. We can look at something called theCrow Creek  

    が、当時はネイティブ・アメリカンもスキャルピングを行っていた。クロウ・クリーク」と呼ばれるものを見てみましょう

  • Massacre.” That happened back in 1325 or  thereabouts, somewhere close to the Missouri  

    大虐殺」。それは1325年かそこらに起こったことで、ミズーリ州に近い場所での出来事です

  • River. Groups belonging to the Initial Coalescent  culture had been fighting there for some time

    川。そこでは、「初期合体文化」に属するグループがしばらくの間、戦っていた。

  • Anyway, an excavation there discovered the remains  of almost 500 people. These were villagers,  

    いずれにしても、そこでの発掘調査では500人近い人々の遺骨が発見されました。村人たちだ。

  • and included men, women and childrenSome people had had their limbs cut off,  

    その中には、男性、女性、子供も含まれていました。 手足を切り落とされた人もいた。

  • tongues cut out, or were beheaded. 90 percent of  them had been scalped, although the children's  

    舌を切られたり、首を切られたりしました。90%は頭皮を剥がされていましたが、子供たちの

  • heads were cut higher than the men and women's. When the first explorers from Europe arrived  

    は、男女ともに頭が高くカットされていました。ヨーロッパからの最初の探検家が到着したとき

  • in the 16th century, they talked about Indians  scalping Indians in parts of present day Mexico,  

    16世紀には、現在のメキシコの一部で、インディアンがインディアンの頭皮を剥ぐという話があった。

  • what is now Florida and also in Canada. In  1535, Jacques Cartier talked about how he'd  

    現在のフロリダ州やカナダにもある。1535年、ジャック・カルティエは、自分がどのように

  • been introduced to a tribe in what's now called  Montreal. He said he was shown scalps of their  

    は、現在のモントリオールと呼ばれる地域のある部族に紹介された。彼らの頭皮を見せてもらったそうです。

  • enemies drying out in the sun. In 1540, the  first European expeditioner lost his scalp near  

    太陽の下で乾燥している敵。1540年、ヨーロッパ初の遠征隊員は、近くで頭皮を失った。

  • Appalachian Bay. His name was Simon Rodriguez. Then when the first British colonists arrived  

    アパラチア湾。彼の名はサイモン・ロドリゲス。その後、最初のイギリス人入植者が到着すると

  • in the early 17th century, they started  paying native tribes to kill other tribes  

    17世紀初頭、彼らは先住民族にお金を払って他の部族を殺してもらうようになりました。

  • that were hostile to them. Proof of a kill was  a scalp. Some of the tribes had aligned with  

    彼らに敵対する人たちを殺した証拠は頭皮である。いくつかの部族は、それぞれの部族に合わせて

  • the colonists and were doing trade with  them, while others, notably the Pequot,  

    また、ペコ族をはじめとする他の民族も、植民地の人々と交易を行っていました。

  • were not aligned. This led to the Pequot War. Then there's the famous story of a woman named  

    が揃わなかった。これがペコ戦争につながった。それから、有名な話としては

  • Hannah Duston, aka, “The mother of the American  tradition of scalp-hunting.” On March 15, 1697,  

    ハンナ・ダストン、別名 "アメリカ伝統の頭皮狩りの母"1697年3月15日に

  • her town in Massachusetts was raided by  around 30 men from the Abenaki tribe. 27  

    マサチューセッツ州にある彼女の町が、アベナキ族の30人ほどの男たちに襲撃されたのだ。27

  • of those townspeople, most just kids, were  killed. Duston was taken captive along with  

    町の人たちは、ほとんどが子供だったが、殺されてしまった。ダストンも一緒に捕らえられた。

  • her newborn child. The tribe swung that child  by the legs against a tree and made her watch

    生まれたばかりの子供がいた。部族はその子の足を木に振り回し、彼女に見張りをさせました。

  • After that, Duston and other captives were held by  another tribe and you could say not treated very  

    その後、ダストンたちは別の部族に捕らえられ、あまりいい扱いを受けていないと言ってもいいでしょう。

  • well. One night while their captors were sleepingDuston and others attacked the tribe's members.  

    をよく知っている。ある夜、捕虜が眠っている間に、ダストンたちは部族の人たちを襲った。

  • Duston herself used a hatchet to kill two mentwo women, and six children. She also took their  

    ダストン自身も手斧を使って、男性2人、女性2人、子供6人を殺した。彼女はまた、彼らの

  • scalps as proof and after returning to friendly  territory she received 25 pounds in bounty money

    友好地に戻った後、25ポンドの懸賞金を受け取った。

  • Suffice to say, there was a lot of scalping going  on back then. Sometimes the colonists would do  

    言うまでもなく、当時はたくさんの頭皮剥ぎが行われていました。時には、植民地の人々が

  • the scalping themselves, and sometimes they'd  pay native tribes to do the scalping for them.  

    時には先住民にお金を払って頭皮を剥ぐこともありました。

  • When the British and the French were fighting over  parts of North America, they both paid natives for  

    イギリスとフランスが北アメリカの一部をめぐって争っていたとき、彼らはどちらも先住民に報酬を支払っていた。

  • scalps of anyone allied to the opposing side. Acts  were even introduced in both countries which made  

    敵対する側の人間の頭皮を剥ぐ。両国では、敵対する側の人間の頭の皮を剥ぐような法律も導入された。

  • it law that bounties could be given for scalps. Meanwhile, the colonists were still fighting  

    そのためには、頭の皮を剥いでも報奨金が出るようにしなければなりません。一方、植民地の人々はまだ戦っていた

  • the natives. In 1756, Lieutenant Governor Robert  Morris of Pennsylvania, wrote in a declaration

    と述べています。1756年、ペンシルバニア州のロバート・モリス副知事は、宣言文にこう記している。

  • “130 Pieces of Eight, for the  Scalp of Every Male Indian Enemy,  

    "130ピースの8個で、すべてのインド人男性の敵の頭皮を狙う

  • above the Age of Twelve Years…50 Pieces of  Eight for the Scalp of Every Indian Woman,  

    12歳以上のインディアン女性の頭皮には、8個入りの50枚が必要です。

  • produced as evidence of their being killed.” Paying money for scalps of course got some  

    彼らが殺されたことを示す証拠として作られた」。頭皮にお金を払うことはもちろん、いくつかの

  • entrepreneurial people thinking. Some of them  robbed newly dug graves and scalped the deceased  

    起業家の人々の考え。掘ったばかりの墓を奪い、亡くなった人の頭皮を剥ぐ者もいた

  • hoping to get a bounty. There's also evidence of  church ministers putting together scalping gangs.  

    懸賞金を得るために。また、教会の牧師が頭金稼ぎの組織を作っていた証拠もある。

  • In an article published in The American Historical  Review, it was written, “Policymakers offered  

    The American Historical Reviewに掲載された論文には、「Policymakers offered

  • bounties for Native American heads or scalps in  at least twenty-three states of their colonial,  

    少なくとも植民地時代の23州で、ネイティブ・アメリカンの首や頭の皮に懸賞金をかけていました。

  • territorial, or Mexican antecedents.” In 1763, the Scots-Irish frontiersmen  

    領土、またはメキシコの前身である。1763年、スコットランド・アイルランド系の開拓者たちが

  • called The Paxton Boys committed an  atrocity that has gone down in history.  

    パクストンボーイズは、歴史に残る残虐行為を行った。

  • They brutally slaughtered 20 Susquehannock  men, women, and children and took their scalps,  

    20人のサスケハノック族の男女と子供を残虐に虐殺し、頭皮を奪った。

  • and it was the sermons of a holy man that ignited  the violence. The people who were killed had not  

    暴力に火をつけたのは、ある聖職者の説教だったのです。殺された人々には

  • provoked any of the settlers at all and they'd  lived peacefully with settlers in the past

    これまでも入植者を刺激することなく、平和に暮らしてきた。

  • In the 1800s, the mercenary John Glanton scalped  500 Indians in Mexico and made a lot of money from  

    1800年代、傭兵のジョン・グラントンがメキシコで500人のインディアンの頭皮を剥ぎ取り、大金を手にしたのは

  • it. He was also scalped and killed himself a bit  later, by a native tribe he'd been in a rivalry  

    と言っています。また、彼は少し後に、対立していた先住民族に頭皮を剥がされ、自らも殺された

  • with. During the American Civil war, Bloody Bill  Anderson mutilated and scalped Union troops,  

    とのことです。アメリカ南北戦争中、ブラッディ・ビル・アンダーソンは北軍の兵士の身体を切断し、頭皮を剥いだ。

  • at least one time under the  watch of a young Jesse James

    少なくとも、若き日のジェシー・ジェームズの監視下に置かれたことはあった。

  • Entire families were sometimes scalped. In the  19th century, one woman and six children were  

    家族全員が頭皮を剥がされることもありました。19世紀には、女性1人と子供6人が

  • scalped by Indians in Madison County, IllinoisIt's now known as the Wood river massacre. This  

    イリノイ州マディソン郡でインディアンに頭皮を剥がされた。 今ではウッドリバーの大虐殺として知られています。この

  • was horrific, but you have to remember that during  the early to mid-19th century, American troops and  

    は恐ろしいものでしたが、19世紀初頭から半ばにかけて、アメリカの軍隊と

  • gangs killed and scalped hundreds upon hundreds  of natives. In 1867, the New York Times wrote that  

    暴力団は何百人もの原住民を殺し、頭の皮を剥いだ。1867年、ニューヨーク・タイムズ紙は次のように書いています。

  • settlers in Colorado were offering this: “$25  each to be paid for scalps with the ears on.” 

    コロラドの入植者たちはこのように提示していました。"耳付きの頭皮には各25ドルを支払う"

  • When did the scalping stop in this bloody era in  North American history? We're not exactly sure,  

    北米の歴史の中でこの血なまぐさい時代に、いつ頭皮剥ぎをやめたのか?正確なことはわからない。

  • but as late as 1864 one of the worst  atrocities against native Americans happened.  

    しかし、1864年にはアメリカ先住民に対する最悪の残虐行為が行われていた。

  • This was the Sand Creek Massacre in Colorado. 675 men from the Third Colorado Cavalry rode into  

    これがコロラド州の「サンドクリーク大虐殺」である。コロラド州の第三騎兵隊の675人が乗り込んできて

  • a Cheyenne and Arapaho village and killed  at least 150 people, most of them women,  

    シャイアン&アラパホ族の村で、女性を中心に少なくとも150人が殺害されました。

  • children and the elderly. They mutilated  the bodies and took scalps as trophies

    子供やお年寄りを彼らは遺体を切断し、頭皮をトロフィーとして持ち去った。

  • We'll finish with an English railroad worker  named William Thompson. In 1867, he and others  

    最後は、ウィリアム・トンプソンというイギリス人の鉄道員の話です。1867年、彼をはじめとする

  • were on a train going to Nebraska. His job there  was to fix a broken telegraph wire. On the way,  

    は、ネブラスカに向かう列車に乗っていた。そこでの彼の仕事は、切れた電信線の修理だった。その道中。

  • a group of about 30 Cheyenne attacked themThe train derailed and he and the rest in that  

    その時、30人ほどのシャイアン族の集団が襲ってきた。 列車は脱線し、彼とその中の残りの人は

  • car were attacked. Thompson was shot in the  shoulder and lost his scalp, but he survived

    の車が襲われた。トンプソンは肩を撃たれて頭皮を失いましたが、一命を取り留めました。

  • As legend has it, the pain was so much  he fainted, but when he came around he  

    伝説によると、あまりの痛さに気絶してしまったが、気がついたときには

  • saw his scalp next to him. This was usual  given that scalps were used as trophies.

    傍らには彼の頭皮があった。頭皮はトロフィーとして使われるのが普通だったからだ。

  • When help came, he was taken to a doctor who  unsuccessfully tried to reattach the scalp.  

    助けが来ると、彼は医者に連れて行かれ、頭皮の再接着を試みたが失敗した。

  • By this time, his head was already  dangerously infected. He ended up  

    この時、彼の頭はすでに危険な状態になっていた。結局、彼は

  • taking the scalp back to England with him, but  it didn't garner much interest. Because of that,  

    その頭皮を持ってイギリスに帰ったが、あまり興味を持たれなかった。それが原因だ。

  • he sent it back to the US where it  stayed. It's now in a special box  

    彼はそれをアメリカに送り返し、そのままにしておきました。今は特別な箱に入っています

  • at the W. Dale Clark Library in Omaha. It's  probably the last surviving scalped scalp

    オマハのW.Dale Clark Libraryにて。これはおそらく現存する最後の頭皮の剥ぎ取りであろう。

  • Now you need to watch, “Skinned AliveWorst Ways to Die.” Or, have a look at

    今度は "Skinned Alive - Worst Ways to Die "を見てください。または、見てみてください...

It's the summer of 1864 and a 14-year old orphan  boy has been denied work at Fort Leavenworth in  

1864年の夏、14歳の孤児の少年は、フォート・レブンワースでの仕事を拒否されていました。

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B2 中上級 日本語 頭皮 インディアン 世紀 殺し 先住 少年

Scalped - Worst Ways to Die (Scalped - Worst Ways to Die)

  • 9 1
    Summer に公開 2021 年 04 月 30 日
動画の中の単語