Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • This video is brought to you by the School of Life For Business, click the first link in the description for more information on how the School of Life can help your business.

    このビデオは、スクール・オブ・ライフ・フォー・ビジネスがお届けするものです。スクール・オブ・ライフがあなたのビジネスにどのように役立つかについての詳細は、説明の最初のリンクをクリックしてください。

  • A complaint regularly aired around many careers is that in order to succeed at them, there is nowadays no option but to sell out.

    多くの職業でよく言われるのが、「成功するためには、今では売らないといけない」ということです。

  • It appears that we will inevitably face a choice between authenticity and poverty on the one hand and idiocy and wealth on the other.

    真面目さと貧しさ」と「バカさと豊かさ」の二者択一は避けられないようだ。

  • We're familiar with the complaint in the arts, of course, but the same dilemma shows up when an interesting restaurants seems unable to make a profit.

    芸術分野でのクレームはよく知られていますが、面白いレストランが利益を上げられない場合も同じようなジレンマがあります。

  • When a specialist bread company goes into Receivership, when a garden supply firm focusing on rare native plants can't get a foothold in the market.

    パンの専門会社が管財人になったり、珍しい原生植物を扱う園芸用品会社が市場に参入できなかったり。

  • Behind the complaint lies a very understandable, but at the same time very ambitious yearning that are most passionately held beliefs and enthusiasms should relatively painlessly simply by virtue of their merits, become high priorities for others, young Children are particularly prone to this touching assumption they may on meeting a new adult enthusiastically suggests that they joined them in playing a favorite game, Perhaps Bruce something on a miniature kitchen stove or impersonate one of their dolls, which shows how hard it is for a child to grasp how alien its pleasures might be to another person.

    この不満の背景には、自分が最も情熱的に抱いている信念や情熱が、その長所によって比較的簡単に他人にとっての優先順位の高いものになるべきだという、非常に理解しやすく、同時に非常に野心的な願望があります。幼い子供たちは、この感動的な思い込みをする傾向が特に強く、初対面の大人に、好きなゲームを一緒にやろうと熱心に提案したり、ミニチュアのキッチンストーブで何かを作ったり、人形の一人になりすましたりすることがあります。

  • Children aren't silly, they're just highly attuned to their own nature and spontaneously convinced that others may share it.

    子供は愚かではなく、自分の性質に敏感で、他人も同じような性質を持っているのではないかと自発的に考えているのです。

  • They are in a naive but representative way, illustrating an instinct that stays with us all of our lives, the supposition that others will and must be moved by what moves us.

    彼らは、素朴ながらも代表的な方法で、私たちが生涯にわたって持ち続ける本能、つまり、自分が感動したものには他人も感動するだろうし、感動しなければならないという推測を示しています。

  • It's tempting to arrive at a despairing conclusion that the economy is inherently devoted to delivering a personal insult to the better aspects of human nature.

    経済は本質的に、人間の優れた側面に対する個人的な侮辱を与えることに専念しているのだ、という絶望的な結論に達したくなります。

  • The truth is a lot less vindictive, but the tendency for the market to overlook some of our more sincere and earnest efforts is real and founded on a raft of identifiable stubborn forces in economic and psychological life.

    しかし、市場が私たちの真摯な努力を見逃してしまう傾向は現実にあり、経済的・心理的に明らかな頑固な力に支えられています。

  • One of the most basic of these forces is choice.

    その中でも最も基本的な力の一つが「選択」です。

  • It's in the nature of a growing successful economy always to expand the range of choice offers to a consumer and thereby always to minimize the a priori claims of any one product or service.

    成功した経済成長の本質は、消費者に提供される選択肢の範囲を常に拡大し、それによって特定の製品やサービスの先験的な主張を常に最小化することにあります。

  • We can track the characteristic features of this development In relation to the media.

    この開発の特徴をメディアとの関係で追うことができます。

  • In 1952, a BBC radio broadcast of Beethoven's fifth Symphony attracted an audience of five million listeners, approximately 16 of the UK's adult population.

    1952年、BBCラジオで放送されたベートーヴェンの交響曲第5番は、英国の成人人口の約16%にあたる500万人の聴取者を集めました。

  • Today, such a broadcast would claim a fraction of these numbers.

    今日、このような放送は、この数字の何分の一かを主張するだろう。

  • What explains the difference is not as some cultural pessimists might claim That the UK population has over a few generations become a great deal less sensitive to the force of German romantic music.

    この違いを説明するのは、文化的に悲観的な人たちが主張するように、イギリスの人々が数世代の間にドイツのロマンティックな音楽の力に対する感度を大幅に下げてしまったということではない。

  • The fundamental difference is that today's audience has many more options.

    根本的な違いは、今日の視聴者はより多くの選択肢を持っているということです。

  • In 1952, there were very few competing sources of entertainment.

    1952年当時は、競合するエンターテインメントがほとんどありませんでした。

  • People listened are mass to the classical end of BBC radio because there was nothing much else to do this rather nicely gave certain highbrow things more opportunity to be attended to.

    人々がBBCラジオのクラシック部門を大量に聴いていたのは、他にやることがなかったからであり、これはむしろ、ある種の高尚なものが注目される機会を増やしたとも言える。

  • But it also meant that many substandard services and products could enjoy a far larger role than their intrinsic merit warranted.

    しかし、それは同時に、多くの標準以下のサービスや製品が、その本来のメリットよりもはるかに大きな役割を享受することを意味していた。

  • There is a second reason why modern audiences are likely to sidestep opportunities for high minded consumption because they are so exhausted.

    2つ目の理由は、現代の観客が疲れているため、高尚な消費の機会を避けてしまう可能性があることです。

  • Modern work demands of punishing amount from us.

    現代の仕事は、私たちに罰則的な量を要求します。

  • We typically return from our jobs at the day's close, in a state of severe depletion, in such a condition, the products and services for which we can be in the mood have to be a very particular sort.

    私たちは通常、その日の仕事が終わる頃には、激しい消耗状態で帰宅します。そのような状態では、気分的に必要な商品やサービスは、非常に特殊なものでなければなりません。

  • We're probably two brutalist to care very much about the suffering of others.

    私たちは、他人の苦しみをあまり気にしない2つのブルータリストなのでしょう。

  • We may have endured too much tedium to stay patient with arguments that are reticent and subtle.

    私たちはあまりにも退屈な時間に耐えてきたので、寡黙で繊細な議論には我慢できないのかもしれません。

  • We may hate ourselves a bit too much to want to eat and drink only what's good for us.

    私たちは、自分のことを嫌いすぎて、体に良いものだけを食べたり飲んだりしたいと思っているかもしれません。

  • Our lives may be too lacking and meaning to concentrate only on what is meaningful to counterbalance what's happened at work.

    私たちの人生は、仕事で起きたことを相殺するために意味のあることだけに集中するには、あまりにも欠けていて意味がないかもしれません。

  • We may gravitate instinctively towards what's excessively sweet, salty, distracting Ez zour, explosive, sexual or sentimental.

    私たちは、過度に甘いもの、塩辛いもの、気が散るようなもの、爆発的なもの、性的なもの、感傷的なものに本能的に惹かれることがあります。

  • This collectively creates a vicious circle what we consume ends up determining what we can produce.

    これにより、消費されるものが生産できるものを決定するという悪循環に陥っています。

  • And in turn, the quality of jobs that are on offer so long as we have only the emotional resources to consume at the more narcotic and compromised end of the market will only be generating employment that is itself rather challenged in meaning and compromised indignity.

    そして、より麻薬的で妥協した市場で消費する感情的な資源しかない限り、提供される仕事の質は、それ自体が意味のある、妥協した屈辱的な雇用を生み出しているに過ぎません。

  • The price we pay for a marketplace that refuses to support high minded efforts isn't just practical and economic.

    高邁な努力を支えようとしない市場の代償は、実用性や経済性だけではありません。

  • It is also, at some level emotional.

    また、ある意味では感情的でもあります。

  • One of our greatest cravings is to be recognized and accepted for who we are.

    私たちの最大の欲求の一つは、自分の存在を認めてもらいたいということです。

  • We long for careful, insightful appreciation of our characters and interests.

    私たちは、自分のキャラクターや興味を注意深く、洞察的に評価してくれることを望んでいます。

  • This was if things went tolerably well, a bit like what happened to us in childhood when a kindly adult, through the quality of their love spared us any requirement to impress or as we might put it to market ourselves.

    これは、物事がうまくいった場合の話で、子供の頃、親切な大人が、その愛情の質によって、私たちを感動させたり、私たちが言うところの自分自身を売り込む必要性を免れたときに起こったことに似ている。

  • We didn't, in those early years need assiduously to sell who we were.

    初期の頃は、自分たちが何者であるかを熱心に売り込む必要はありませんでした。

  • We didn't have to smile and exaggerated ways sound happier than we were put on, seductive accents or compress what we had to say in memorable jingles.

    私たちは、笑顔や大げさな言い方で、自分が置かれている状況よりも幸せそうに聞こえるようにしたり、魅惑的なアクセントをつけたり、言いたいことを圧縮して記憶に残るジングルにしたりする必要はありませんでした。

  • We could take our time, hesitate whisper, be a little elusive and complex, and as serious as we needed to be certain that another would be there to find and accept us.

    ゆっくりと時間をかけて、ためらいがちにささやき、少しつかみどころのない複雑な態度をとり、必要なだけ真剣に、他の人が私たちを見つけて受け入れてくれることを確信することができました。

  • Everything we learned of love in those days ran counter to the mechanisms of commercialization.

    当時、私たちが愛について学んだことはすべて、商業化のメカニズムに反していました。

  • No wonder if we harbor within us A degree of instinctive revulsion about selling out.

    売ることに対して本能的な嫌悪感を抱いていても不思議ではない。

  • The need not to sell ourselves aggressively was not just part of an earlier, simpler point in the history of the world, as scholars rightly point out, it was more poignantly.

    自分を積極的に売り込んではいけないということは、学者が正しく指摘するように、世界の歴史の中で以前の単純な時期に含まれていただけではなく、より切実なものでした。

  • Also, a moment in each of our personal histories to which we may in our hearts, always at some level belonging to return to the school of life, can help your business with training and employee well being visit the School of Life dot com slash business for more information.

    また、私たちの個人的な歴史の中で、私たちが心の中で、常に何らかのレベルで生命の学校に戻ることができる瞬間は、トレーニングや従業員の健康のためにあなたのビジネスを助けることができます。

This video is brought to you by the School of Life For Business, click the first link in the description for more information on how the School of Life can help your business.

このビデオは、スクール・オブ・ライフ・フォー・ビジネスがお届けするものです。スクール・オブ・ライフがあなたのビジネスにどのように役立つかについての詳細は、説明の最初のリンクをクリックしてください。

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 感動 他人 消費 本能 売り 市場

納得のいく仕事を見つけるために (How to Find Satisfying Work)

  • 19 0
    林宜悉 に公開 2021 年 04 月 28 日
動画の中の単語