Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • A woman is sleeping next to her husband when she  is woken up by the slow creaking of a door. She  

    夫の隣で寝ていた女性が、ドアのゆっくりとしたきしみ音で目を覚まします。彼女は

  • opens her eyes and notices the time on the alarm  clock reads 4.23 am. Turning to her side she is  

    目を覚ますと、目覚まし時計の時刻が4時23分になっている。横を向くと、彼女は

  • suddenly startled. Her four-year-old is standing  at the edge of the bed, not saying anything,  

    急にびっくりした。4歳の子供がベッドの端に立っていて、何も言わない。

  • but just pointing in the direction of his bedroom. “Mom,” he says in a tremulous voice. “Someone is  

    と言いながら、ちょうど自分の寝室の方向を指している。"ママ、"と彼は震えるような声で言う。"誰かが

  • sleeping in my bed…a boy with no face.” Understandably, the mother is in a state  

    "私のベッドで眠っているのは、顔のない男の子です。"当然のことですが、母親は状態が

  • of shock. She shoves her husbandwaking him up. Upon investigation,  

    ショックのあまり彼女は夫を突き飛ばして起こしてしまう。調査の結果

  • there is no boy with no face. “It was just  a dream darling,” the mom assures her son.  

    顔のない少年はいない。"夢だったんだよ、ダーリン "とママは息子に言い聞かせる。

  • For the rest of the night, he sleeps in their bed. As for the mother, she can't sleep at all. The  

    夜の間、彼は彼らのベッドで寝ています。母親はというと、まったく眠れない。のです。

  • image of her dead brother haunts her thoughtsHis burned face that she saw after the fire,  

    亡くなった兄の姿が頭から離れません。 火事の後、彼女が見た彼の焼けただれた顔。

  • a fire that she'd accidentally started  when they were both in their teens

    10代の頃、彼女が誤って火をつけてしまったことが原因です。

  • Several months pass, and then one  night the mom is woken up again.  

    数ヶ月が経過し、ある夜、お母さんは再び起こされる。

  • This time it's a loud bang that shakes her out of  her slumber. It came from her son's bedroom. To  

    今度は、大きな音で眠りから覚めたようだ。それは、息子の寝室から聞こえてきた。に。

  • her surprise, the alarm yet again reads, 4.23 am. She doesn't give it much thought and instead goes  

    驚いたことに、アラームは再び午前4時23分を示していた。彼女はあまり気にせずに、次のように言った。

  • to her son's bedroom where the noise seemed to  come from. She finds her son shaking in the bed,  

    そして、その音が聞こえてきそうな息子の寝室へ。息子はベッドの上で震えていた。

  • the covers pulled up almost to his eyes. His  toy desk and all the things that were on it  

    彼の目の前まで布団が来ていた。彼のおもちゃの机とその上にあったすべてのもの

  • are scattered around the room. The mom  then shivers after a cold breeze passes  

    が部屋の中に散らばっています。その後、冷たい風が通り過ぎた後、お母さんは震えています

  • over her. She looks to the window where the  curtains are flailing in the wind. Her kid  

    彼女の上に。彼女は窓を見ると、カーテンが風に揺れている。彼女の子供は

  • isn't tall enough to open that window. She looks back to her son. He says  

    あの窓を開けるには身長が足りない。彼女は息子を振り返る。息子は言う。

  • to her feebly. “He's behind you mom.” Yep, she was freaked out alright, but you won't  

    と弱々しく言っていました。"ママの後ろにいるよ"うん、彼女は確かに怖がっていたが、君はそうはならないだろう。

  • be surprised to hear there was no one behind herOn top of that, the kid never said he saw the boy  

    は、彼女の後ろに誰もいなかったと聞いて驚く。 その上、その子は少年を見たとは言っていない

  • with no face again. What's troubling, though, is  sometime after the second time the kid said he saw  

    また、顔がない。しかし、困ったことに、2回目の後のある日、その子が見たのは

  • a boy, the mom remembered that her brother had  died in the hospital around four in the morning

    弟が病院で亡くなったのは、朝の4時頃だった。

  • You might think that's a strange story or  a tall story, but it's a fact that quite a  

    奇妙な話だと思われるかもしれませんが、実際にはかなりの数の人が

  • large number of children claim to see things that  are not there, or at least that adults can't see

    多くの子供たちが、ありもしないもの、少なくとも大人には見えないものが見えると言います。

  • 6. An uninvited guest A couple had for a while been  

    6.招かれざる客 あるカップルは、しばらくの間

  • looking for a new place to live. They'd searched  high and low but as yet hadn't found anything they  

    新居を探していた。いろいろと探してみたが、まだ何も見つからない。

  • thought would be suitable for them and their  three-year-old girl. They finally found what  

    自分たちと3歳の娘に合ったものは何か?最終的に見つけたのは

  • looked to them to be the ideal place. It wasthree-bedroom flat in a large building in Chicago  

    彼らにとっては理想的な場所であった。シカゴの大きなビルの中にある3ベッドルームのフラットだった。

  • that dated back to 1911. The family moved in. After the first night, when they were out  

    1911年に設立された一家は引っ越してきた。最初の夜、彼らが外出した後

  • shopping, the mom asked her daughter how  she felt about the place. Did she like it?  

    買い物をした後、お母さんは娘さんに「この場所をどう思う?気に入ってくれた?

  • The daughter's exact words were, “Yes! And the  little boy that lives there is really nice too.” 

    娘の正確な言葉は「そうよ!そこに住んでいる男の子もすごくいい子なのよ」だった。

  • The mother was taken aback and asked, “What little  boy?” The daughter told her that she'd seen a boy  

    母親はびっくりして、"どんな小さな男の子?"と尋ねた。娘は「男の子を見た」と言いました。

  • in his pajamas, and he'd waved at her. She said  he was about the same age as her. She'd only seen  

    パジャマ姿の彼は、彼女に手を振っていました。その人は自分と同じくらいの年齢だったという。彼女が見たのは

  • him in the dining room, but he was there all the  time. The mother later recalled that her daughter  

    でも、彼はずっとダイニングにいました。後に母親は、娘が

  • had told her his name, but she'd forgotten itOne thing she did remember her daughter telling  

    名前は聞いていたが、忘れてしまった。 ただ、娘が言っていたことは覚えていた。

  • her was that the boy was scared of water. The mom took this pretty seriously,  

    その子は水を怖がっていたのです。お母さんはこれをかなり深刻に受け止めていました。

  • She even started to look up things on the Internet  about how to clear a troubled spirit from a house.  

    彼女はインターネットで「家についた悪い霊を追い払う方法」を調べたりもしました。

  • She wasn't exactly comfortable with the fact her  daughter was convinced a boy was living with them,  

    彼女は、娘が男の子が一緒に住んでいると信じていることに抵抗があった。

  • at least a spectral boy. But the  daughter never talked about him again,  

    少なくとも、妖怪のような少年だった。しかし、娘は二度と彼の話をしなかった。

  • not even when she was asked to. As you'll see, such sightings are  

    依頼された時でさえも。ご覧の通り、そのような目撃情報は

  • very common. Maybe you don't believe  the moms and pops telling the stories,  

    非常に一般的です。もしかしたら、話をしているママやパパを信じていないかもしれません。

  • but there are so many of them, we very much  doubt all of them are making the stories up.

    しかし、その数は非常に多く、すべての人が作り話をしているとはとても思えません。

  • Our next ghost story was so intenseit was studied by professional  

    次の怪談は、プロに研究されるほどの強烈な内容でした。

  • psychologists- who were left stumped. 5. A Chinese-American Horror Story 

    心理学者たちは困っていました。5.中国系アメリカ人のホラーストーリー

  • This one is a bit more serious and was actually  written about in an academic paper called, “A  

    これは少し深刻な話で、実際に「A」という学術論文に書かれています。

  • child who sees ghosts every night: Manifestations  of psychosocial and familial stress.” 

    毎晩お化けを見る子供。心理社会的・家族的ストレスの表れ"

  • It's the story of a Chinese boy who had  moved to the USA. In his new country,  

    これは、アメリカに移住した中国人の男の子の物語です。彼の新しい国では

  • at the age of eight, he started seeing ghosts.  

    8歳の時に幽霊を見るようになりました。

  • This wasn't a one-off. He saw them all  the time, at least until he was aged ten.  

    これは一度だけのことではなかった。少なくとも10歳になるまでは、常に見ていたそうです。

  • That's when his parents became so concernedthey sent him to see a child psychologist

    その時、彼の両親は心配して、彼を児童心理学者に診せたのです。

  • Obviously, they didn't think he was seeing  ghosts, but he really did think he was. In fact,  

    明らかに、彼らは彼が幽霊を見ているとは思っていませんでしたが、彼は本当にそう思っていたのです。実際に。

  • when the child psychologist tried to tell him  it was his imagination or he was dreaming,  

    児童心理学者が「それは気のせいだ」「夢を見ているんだ」と言ってくれたとき。

  • he became quite upset. He was absolutely  sure that what he was seeing was real

    彼はかなり動揺した。彼は、自分が見ているものは絶対に本物だと確信していた。

  • He talked about two ghosts that he had seen in his  house. At the time, his parents dismissed this,  

    彼は、自分の家で見た2人の幽霊について話した。当時、彼の両親はこれを否定した。

  • but he kept going on about them all the timeThe psychologist spent more time with the kid  

    しかし、彼はずっとその話をしていました。 心理学者はその子とより多くの時間を過ごしました

  • and later told the parents that he was not  hallucinating those ghosts, and he wasn't  

    と、後になって両親に「あの幽霊たちは幻覚ではないし

  • suffering from something like psychosis. Ok, so what was happening

    精神病のようなものに苦しんでいました。OK、では何が起こっていたのか?

  • Well, the answer is no one really knew. The  psychologist said the ghosts were likely a  

    その答えは、誰にもわからない。心理学者は、その幽霊はおそらく

  • result of stress from moving to the USThat's the scientific take on things,  

    アメリカに移住したことによるストレスの結果です。 それが科学的な見解です。

  • but then that kid certainly isn't alone regarding  the fact he swore he could see dead people.

    でも、死んだ人が見えると言っていたのは、あの子だけではないはずです。

  • As you'll find out in our next story, though  children may grow out of seeing ghosts,  

    次のお話でご紹介しますが、子どもたちはお化けを見なくなるかもしれません。

  • sometimes a younger sibling can confirm  the terrifying apparitions an older child  

    上の子が見た恐ろしい幻影を下の子が確認することもあります。

  • used to complain about... 4. Who the hell is Jordan

    used to complain about...4.ジョーダンって誰?

  • This also involves someone moving intonew house. It was a family from Des Moines,  

    これも、誰かが新しい家に引っ越してくることが原因です。デモインから来た家族だった。

  • Iowa. They'd just moved when the young daughter of  

    アイオワ州。引っ越してきたばかりの頃、若い娘さんが

  • the family walked into the living  room one day and said to her mom,  

    ある日、家族がリビングに入ってきて、お母さんに言いました。

  • Mom, why is there a man standing in the kitchen?” The mother immediately thought an intruder had  

    "ママ、どうしてキッチンに男の人が立っているの?"母親は、すぐに侵入者がいると思い

  • broken in, so violence more than anything  else was on her mind. Her partner was out at  

    そのため、何よりも暴力が気になっていました。彼女のパートナーは外で

  • work and so the only people in the house were  her and her one and three-year-old daughters

    の仕事をしていたので、家には彼女と1歳と3歳の娘だけだった。

  • She bravely walked towards the  kitchen and shouted, “Hello!”.  

    彼女は勇気を持ってキッチンに向かって歩き、「こんにちは!」と叫んだ。

  • No one answered, so she just walked right  in. To her relief, there was no one there.  

    誰も答えなかったので、そのまま入っていった。驚いたことに、そこには誰もいなかった。

  • No strange man, no neighbor, no husband. The mom  then asked her daughter what the man she'd seen  

    見知らぬ男でも、隣人でも、夫でもない。そしてお母さんは、娘に見た男の人は何だったのかと尋ねました。

  • looked like. The daughter replied that he was “a  big man with no hairand he was, “Old, like Dad.” 

    のように見えました。娘は「髪の毛のない大きな男」と答え、「パパのような古い人」と言った。

  • The mother just thought her child had  a fecund imagination and so she didn't  

    母親は自分の子供が豊かな想像力を持っていると思っていただけで、そうではなく

  • think any more about it. Only when it  happened again did she become concerned

    それ以上は考えられなかった。しかし、再び同じことが起こったとき、彼女は心配になった。

  • She then started to do a bit of researchShe found out that the house was built in  

    そして、彼女は少しずつ調べていきました。 その家が建てられたのは

  • 1912. Prior to them moving in, one  family had lived there for 49 years,  

    1912.彼らが引っ越してくる前には、ある家族が49年間も住んでいました。

  • but there were no murders there or strange  deaths, or at least none that she could discover

    しかし、そこには殺人も変死もなかったし、少なくとも彼女が発見したものはなかった。

  • Not long after doing this research, her daughter  approached her again while she was alone in bed.  

    この調査を行ってから間もなく、一人でベッドに入っているときに娘が再び声をかけてきた。

  • This time she said, “Why is that man lying in  the bed?” The mom asked, “Where in the bed?”,  

    今度は "どうしてあの人はベッドに寝ているの?"と言いました。お母さんは、「ベッドのどこに?

  • her hairs standing on end. The daughter pointed  to where her father would usually sleep.  

    髪の毛が逆立っていた。娘は父親がいつも寝ている場所を指差した。

  • When the mom looked at where her daughter  was pointing, there was no one there

    お母さんが娘の指差す先を見ると、そこには誰もいませんでした。

  • Yet again, the mom asked what the guy looked  like and yet again the daughter replied,  

    またしても、お母さんが「その人はどんな人か」と聞くと、またしても娘が答えた。

  • Tall, with no hair. Old, like Dad.” The daughter saw more things. Sometimes she  

    "背が高くて、髪がなくて。父のように老けている」。娘はさらにいろいろなものを見た。時々、娘は

  • claimed to hear laughter outside. Other times she  said she saw a person walking outside the house.  

    外で笑い声が聞こえたと言っていました。また、家の外に人が歩いているのを見たとも言っていた。

  • To the shock of her father, she once told him  someone was standing behind him when they were  

    父がショックを受けていたのは、「二人で話しているときに、後ろに誰かが立っていた」と言ったこと。

  • both down in the basement. The girl also claimed  to see two little kids called Luna and Jordan.  

    二人とも地下室にいました。その子はルナとジョーダンという2人の子供を見たとも言っていた。

  • Thoughts of the movieThe Shining”  flickered in the mother's mind

    母親の頭の中には、映画「シャイニング」のことがちらついていた。

  • Not long after, something almost flipped the  mother over the edge. She collected the mail  

    程なくして、あることがきっかけで、母親の心が揺さぶられそうになった。彼女は郵便物を受け取り

  • one morning to find a letter that wasn't  addressed to her family. It was for someone  

    ある朝、彼女は家族宛てではない手紙を見つけた。それは、ある人に宛てたものだった。

  • calledJordan.” She did some more research and  found out that no one in the family that had  

    "Jordan "と呼ばれていた。さらに調べてみると、その家族の中には

  • lived there before them was named Jordan. But  then, who was Jordan? Who was the letter for

    彼らの前に住んでいたのは、ヨルダンという名前だった。しかし、ジョーダンとは何者なのか?手紙は誰に宛てたものだったのか?

  • After the family decided to put a fence in  the garden that separated their house and  

    家と家の間の庭にフェンスを設置することになった後、家族は

  • the neighbor's house, it seems the ghosts were  not so happy about it. Soon the woman said the  

    隣の家に行ってみると、幽霊はあまり喜んでいなかったようです。やがて女性は、その

  • dogs started howling for no reason. In her owns words, she said,  

    犬が意味もなく吠え始めた。彼女は自分の言葉でこう言いました。

  • My TV turned on at about 2 in the morning while  the remotes were on top of the TV stand and the  

    "夜中の2時頃にテレビの電源が入り、テレビ台の上にリモコンが置いてあったのに

  • dogs were fast asleep. … Also, it takes two  remotes to turn my TV onThe floodlight on my  

    犬はすぐに寝てしまいました。また、テレビの電源を入れるのに2つのリモコンが必要になりました。

  • garage disconnected over a year ago randomly  turned on and was shining into my house.” 

    1年以上前に切断されたガレージの電源が突然入り、家の中を照らしていました。

  • She also said at times the smoke detector would  sound by itself, but when she went to turn it off  

    また、煙感知器が勝手に鳴ることもあったそうですが、それを消そうとすると

  • it would shut down just before she got there. Her eldest daughter stopped talking about the  

    そのため、長女は、自分が到着する直前に、「これはダメだ。長女は、その話をしなくなった。

  • ghosts after a couple of years, but  when her other daughter turned three,  

    数年後、もう一人の娘が3歳になったときに、幽霊が出てきたそうです。

  • she started talking to things that weren't thereSometimes she'd ask her mom who the girl was in  

    彼女は、そこにないものと話し始めました。 時には、お母さんに「この子は誰?

  • the house. One time she said, “Why is that  girl crying?” There was no one there of course

    と言っていました。ある時、彼女は "あの子はどうして泣いているの?"と言った。もちろん、そこには誰もいなかった。

  • Then something happened that finally  convinced the mom to believe in ghosts.  

    そして、ある出来事をきっかけに、お母さんはついに幽霊の存在を信じるようになりました。

  • One day her youngest daughter asked her where  the children went when they were not at home.  

    ある日、末娘が「家にいない時、子どもたちはどこに行っているの?

  • She asked her daughter what kids she was talking  about. This is the exact response she got

    彼女は娘に、どんな子供たちのことを話しているのかと尋ねた。これは彼女が得た正確な答えです。

  • The kids with dirty faces, they say  shoo, shooYou know, Luna and Cookie.” 

    "顔の汚れた子供たちが、シュー、シューと言っている...ほら、ルナとクッキーだ"

  • You can explain children seeing ghosts away  as them having overactive imaginations-  

    子供が幽霊を見るのは、想像力が豊かだからだと説明できます。

  • but what do you do when your child can  perfectly describe someone who died long  

    しかし、自分の子供が長い間に亡くなった人のことを完璧に表現できたら、どうしますか?

  • before they were born? 3. A visit from grandpa 

    生まれる前は?3.おじいちゃんの訪問

  • Many years before a husband and wife met, the  father of the husband died after coming down with  

    夫婦が出会う何年も前に、夫の父親が病気で亡くなりました。

  • the flu. The son had felt very guilty about this  because he too had had the flu at the same time,  

    インフルエンザにかかった。息子さんは、自分も同じ時期にインフルエンザにかかったことがあり、とても罪悪感を感じていました。

  • but he'd gotten through it ok. That guilt subsided over the years,  

    しかし、彼はそれを乗り切った。その罪悪感は年々薄れていった。

  • but it didn't completely go. Still, when the  couple had a baby boy they were over the moon,  

    が、完全には行きませんでした。それでも、夫妻に男の子が生まれたときには、大喜びしました。

  • and memories of death were replaced with the  joy of giving birth to a beautiful baby boy

    と、死の記憶が、かわいい男の子を出産した喜びに変わりました。

  • However, one day that boy, a boy that had never  even seen a picture of his deceased grandpa,  

    しかし、ある日、亡くなったおじいちゃんの写真すら見たことのないその少年が

  • went up to his pop one morning and said, “DaddyPapa Don wanted me to tell you he's doing fine.”  

    ある朝、パパのところに行って、「パパ、パパ・ドンが元気にしていると伝えて欲しいと言っていたよ」と言った。

  • This not only shocked the fatherbut it almost reduced him to tears

    これには父親もショックを受けただけでなく、涙を流しそうになった。

  • He then asked his son to describe the  person he thought he had met. The kid  

    そして、息子に会ったと思われる人物の説明を求めた。その子は

  • not only described his grandpa perfectlybut he also said when he saw him outside  

    おじいちゃんのことを完璧に表現しただけでなく、外で会ったときには

  • he was standing next to a racing car with smoke  all around his head. This shocked the pop even  

    彼はレーシングカーの横に立っていて、頭の周りにはスモークがかかっていました。これは、ポップにも衝撃を与えた。

  • more because his father had raced cars and to his  discredit, he was a big fan of smoking cigarettes.

    というのも、彼の父親は車のレースをしていて、しかもタバコを吸うのが大の苦手だったのだ。

  • Our next spooky story was so  disturbing, it made national headlines

    次の不気味な話は、全米でも話題になったほどです。

  • 2. The convict This story appeared in the British national  

    2.The convict このストーリーは、英国のナショナル・サイトに掲載された

  • media. Like the others, it's pretty strangebut experts in the field of child psychology  

    のメディアです。他のものと同様、かなり不思議なことですが、児童心理学の分野の専門家は

  • don't deny it happened. In fact, one expert said  18 million young kids in the UK have seen ghosts

    は、その出来事を否定しません。実際、ある専門家によると、イギリスでは1800万人の若い子供たちが幽霊を見たことがあるそうです。

  • One of them is called Vada. When she waskid she thought that some guy had escaped  

    その中に、ヴァダという人がいます。彼女は子供の頃、ある男が脱走したと思っていました。

  • from prison and had somehow gotten into her house  and chased her up the stairs. Needless to say,  

    刑務所から出てきた彼女は、なぜか家に侵入し、階段を上って追いかけてきたのだ。言うまでもありません。

  • she was pretty scared that day. She told her momsaying the guy was fastened to a ball and chain

    その日、彼女はとても怖かった。彼女は母親に、男はボールと鎖で固定されていたと話した。

  • The mother didn't actually think a real ex-con  had broken into her house and chased her kid.  

    その母親は、まさか本物の前科者が家に侵入して子供を追いかけたとは思っていなかった。

  • Let's face it, it just wasn't plausible that  somehow a convict had gotten into the house  

    囚人が家の中に入ってきたというのは、正直言ってありえないことだった。

  • without her seeing. Also, no one in the UK has  worn a ball and chain for many, many years,  

    彼女の目を盗んで。また、イギリスでは何年も何年もボール&チェーンをつけている人はいません。

  • and even if someone was connected to a heavy ball  and chain, they wouldn't be running up stairs

    また、仮に重いボールと鎖でつながれていたとしても、階段を駆け上がることはありません。

  • But young Vada went a step further. She then  started telling her mom that she saw an old  

    しかし、若いヴァダはさらにその先を目指した。彼女は、お母さんに「昔の人を見た」と言い始めたのです。

  • woman hanging about outside the house. One  time she and her mom were just pulling out  

    家の外をうろうろしている女性。ある時、彼女はお母さんと一緒に、外に出るところだった。

  • of the driveway when Vada pointed and said,  “She's there.” There was no one there

    Vadaが「彼女はあそこにいる」と指差したときには、車道の真ん中にいた。そこには誰もいなかった。

  • Vada said she saw a man sitting on the side of her  bed. In her own words, she also said she saw this,  

    Vadaは、自分のベッドの脇に男性が座っているのを見たという。彼女自身の言葉では、こうも見たと言っている。

  • On other occasions, I was in my bedroom playing  with toy cars and two little girls would join me,  

    "また、私が寝室で車のおもちゃで遊んでいると、2人の少女が一緒になって遊んでいたこともありました。

  • about the same age, and we'd just chat and  play cars.” She actually said she saw dead  

    同じくらいの年齢の人がいて、おしゃべりしたり、車で遊んだりしていました」。彼女は実際に、死んだ人を見たと言っています

  • people in her house and a real grumpy ghost  in her grandmother's house. She didn't stop  

    彼女の家には人がいて、おばあさんの家には本当に不機嫌な幽霊がいました。彼女は止まらなかった

  • seeing such things until she hit her teens. While psychologists tell us it is perfectly  

    彼女は10代になるまで、そのようなものを見ていました。心理学者が言うには、それは完全に

  • ok for very young kids to talk about  ghosts, Vada took it to another level

    幼い子供がお化けの話をするのはOKですが、Vadaはそれを別のレベルに引き上げました。

  • According to one academic writing for Psychology  Today, one of the reasons kids see ghosts is  

    Psychology Todayに寄稿したある学者によると、子供が幽霊を見る理由の一つは

  • often because they feel stressed. That could  be the reason so many see ghosts when they  

    幽霊が見えるのは、ストレスを感じているからかもしれません。それが、多くの人が幽霊を見てしまう理由かもしれません。

  • move to a different house. It's actually the  ghosts that are kind of helping the kid get  

    は別の家に引っ越す。実際には幽霊が子供を助けているようなものなのですが

  • through this difficult situation. That's why  they make them up, according to the expert

    この困難な状況の中でだからこそ、彼らは作り上げるのだと専門家は言う。

  • There's also something in evolutionary psychology  calledagency-detection mechanisms”. The theory  

    また、進化心理学には「代理権検出メカニズム」というものがあります。という理論があります。

  • says we've evolved to think something might do  us harm so we can get ready to protect ourselves

    と言うと、私たちは「何かが自分に危害を加えるかもしれない」と考え、身を守るための準備をするように進化してきました。

  • Maybe you are walking down a really dark street  and you hear something, and then you think you  

    真っ暗な道を歩いていると何かが聞こえてきて、その時に自分が

  • see a shadow. Your mind quickly thinks, damnsomething is going to hurt me. Except it turns  

    影が見える。あなたの心はすぐに、くそ、何かが私を傷つけようとしている、と考えます。しかし、それが

  • out that the thing was just a cat. You might  have overreacted, but in terms of evolution,  

    と思っていたら、ただの猫でした。過剰反応だったかもしれませんが 進化という意味では

  • it's better than underreacting since it made  you prepared to fight or flight. Kids just  

    過小反応よりはマシだと思いますよ。子供たちはただ

  • possibly don't know the difference between  an imagery overreaction and the real thing

    おそらく、想像上の過剰反応と本物の違いがわからないのでしょう。

  • Ok, so that's what science says, others really do  believe in ghosts. In fact, serious thinkers have  

    科学的には、他の人たちは本当に幽霊を信じているということです。実際、真剣に考えている人たちは

  • talked about the plausibility of people being able  to see spirits. Some believers have said perhaps  

    は、人々が霊を見ることができることの信憑性について語りました。ある信者は、おそらく

  • kids see things on a different level than adultsThe famous Swiss psychologist Carl Jung believed  

    子供は大人とは違うレベルで物事を見ている。 スイスの著名な心理学者カール・ユングは

  • in connecting with the paranormal. This is what  a biography of him said about the young Jung

    超常現象とのつながりにおいて若き日のユングについて、彼の伝記にはこんなことが書かれています。

  • He thought he could hear things walking  in the house at dead of night and fancied  

    "真夜中に家の中を歩く音が聞こえると思っていたし

  • he saw ghosts and other emanations  emerging from his mother's room.” 

    母親の部屋から幽霊などが出てくるのを見た」。

  • Our next story is a cautionary tale about  messing with the supernatural, lest you curse  

    次の話は、超常現象に手を出して呪われないようにするための注意点です。

  • not just yourself but the next generation… 1. Don't mess with Ouija Boards 

    自分だけでなく、次の世代のために... 1.占いボードには手を出すな

  • Ok, so this story comes from a mom who says  she made one big mistake when she was in  

    この話は、あるお母さんの話ですが、お母さんは、自分が子供の頃、一つの大きな失敗をしました。

  • grade school and that was messing with  a Ouija Board, what she calledmisuse”. 

    小学校の頃、彼女が「誤用」と呼んでいた占い板をいじっていたことです。

  • After playing on that board trying to contact the  dead, things started getting weird around her.  

    死者とコンタクトを取ろうと、そのボードで遊んだ後、彼女の周りには奇妙なことが起こり始めた。

  • One night she was babysitting for her young  cousin. Before she put the two-year-old to bed  

    ある夜、彼女は幼いいとこの子守をしていました。2歳の子供を寝かせる前に、彼女は

  • she did the usual thing and bathed her. Whilst in  the tub the infant suddenly looked panic-stricken.  

    彼女は、いつものように彼女を入浴させた。湯船に浸かっている間、その子は突然、パニック状態になった。

  • She couldn't keep her eyes off the hallway. This  happened on the third floor of the townhouse

    廊下から目が離せなかった。これはタウンハウスの3階での出来事です。

  • Then the dog, a little Pomeranian, just  started barking like mad, but barking at  

    すると、小さなポメラニアンの犬が、狂ったように吠え始めたのですが、その吠え方は

  • nothing in particular. So, there she was looking  at an entranced kid in a bathtub while a dog was  

    特に何もしていない。そこで、彼女はバスタブの中でうっとりしている子供を見ていましたが、その間に犬が

  • going wild over what seemed like nothing. That  dog suddenly started growling in the hallway,  

    何でもないようなことでも大騒ぎ。その犬が突然、廊下で唸り始めたのです。

  • right where the child was looking. The girl  looked around but she could see nothing

    その子が見ていた場所に少女は周りを見回したが、何も見えなかった。

  • She quickly took the kid out of the bath and after  drying her she picked her up and took her down to  

    彼女はすぐに子供を風呂から出して、乾かした後に抱き上げてから

  • the first floor. It was there she asked her, “What  did you see in the hallway?” The kid replied,  

    は1階にあった。そこで彼女は、"廊下で何を見たの?"と尋ねた。その子は答えた。

  • The man with the black eyes.” Then she  suddenly became entranced, this time on  

    "黒い目の男 "です。その後、彼女は突然うっとりして、今度は

  • the stairs to the second floor. With her eyes  opened wide she concentrated on the stairs.  

    2階への階段を登ります。目を大きく開けて階段に集中しました。

  • She then slowly raised a finger to her lips and  shaking her head she breathed the word, “Shhhh”. 

    そして、ゆっくりと指を唇に当てて、頭を振りながら「シーッ」と息を吹きかけた。

  • That babysitter became an adult and had  a kid of her own. When he was five or six  

    そのベビーシッターが大人になって、自分の子供ができた。その子が5歳か6歳のとき

  • years old he too had a thing about stairsHe hated them, and for good reason. You see,  

    歳の彼も階段が苦手だった。 階段を嫌っていましたが、それには理由がありました。ほらね。

  • when they stayed over at his grandma's he always  used to sleep on the sofa in the living room

    おばあちゃんの家に泊まると、いつもリビングのソファで寝ていました。

  • One day he told his mom that he didn't  want to sleep there another time.  

    ある日、彼はお母さんに「もう二度とあそこでは寝たくない」と言った。

  • She asked why and he told her that there  were too many people walking around.  

    彼女が理由を尋ねると、彼は「人がたくさん歩いているから」と答えた。

  • He was scared and he couldn't sleep. She said,  “Who darling, there are no people here except you,  

    彼は怖くて眠れなかったのです。彼女はこう言いました。「Who darling、ここにはあなた以外の人はいないのよ。

  • me, and grandma.” To that, the boy said,  “People going up and down the stairs.”  

    私、そしておばあちゃん"それに対して少年は、"人が階段を上り下りする "と言った。

  • Those stairs led to an attic, but you couldn't  get into the attic without removing a wooden slat

    その階段は屋根裏につながっているのですが、木のスラットを外さないと屋根裏には入れませんでした。

  • Suffice to say, the woman regrets  sitting around a board with a bunch  

    言うまでもなく、この女性は、たくさんの人と一緒にボードを囲んだことを後悔しています。

  • of friends asking, “Is there anybody there?” Now you need to watch, “New Video Evidence  

    友達の「誰かいないかな?今、あなたが見たいのは「新しいビデオ・エビデンス」です。

  • That Proves Ghosts Are Real.” Or, get more  frightened with, “Most Terrifying Ghost Stories”.

    幽霊が実在することを証明しています。"または、「最も恐ろしい幽霊の話」でもっと怖くなる。

A woman is sleeping next to her husband when she  is woken up by the slow creaking of a door. She  

夫の隣で寝ていた女性が、ドアのゆっくりとしたきしみ音で目を覚まします。彼女は

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 幽霊 母さん 子供 母親 心理 階段

お化けが出た子供に親が大騒ぎ (Parents Freak Out Over Haunted Children)

  • 3 1
    Summer に公開 2021 年 04 月 27 日
動画の中の単語