Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • November 22, 1963, President John Fitzgerald Kennedy's open-top Lincoln Continental limousine

    1963年11月22日、ジョン・フィッツジェラルド・ケネディ大統領のオープントップのリンカーン・コンチネンタル・リムジン

  • drives through the streets of Dallas, Texas.

    テキサス州ダラスの街を走る。

  • Crowds are ecstatic, cheering, holding flags aloft and taking photos.

    歓声を上げたり、旗を掲げたり、写真を撮ったりしている人たちがいます。

  • Nellie Connally, the First Lady of Texas, who's also in the car, turns around to the

    車に同乗していたテキサス州のファーストレディ、ネリー・コナリーが振り向くと、そこには

  • President and says, “Mr. President, you can't say Dallas doesn't love you.”

    大統領に、"大統領、ダラスがあなたを愛していないとは言えませんよ "と言います。

  • Filled with joyousness, the President replies, “No, you certainly can't.”

    嬉しさのあまり、社長は「そんなことはない」と答えた。

  • Moments later, as the car passes the Texas School Book Depository, shots ring out.

    しばらくして、車が「テキサス教科書倉庫」を通過したとき、銃声が響いた。

  • The President's hands move towards his neck as he leans forwards and a little to the left.

    社長の手は、前傾姿勢で少し左に傾きながら、首の方に移動していきます。

  • His wife Jackie, grabs hold of him.

    妻のジャッキーが彼を掴んでいる。

  • Another shot hits him in the head.

    もう一発、頭を撃たれた。

  • Jackie, utterly distraught, cries, “They have killed my husband.

    主人が殺された」と泣き叫ぶジャッキーの姿が印象的だった。

  • I have his brains in my hand.”

    私は彼の脳みそを手にしている」。

  • This was one of the most shocking events in US history, and not without controversy.

    これは米国史上最も衝撃的な出来事の一つであり、議論の余地がないわけではなかった。

  • For many years after, right up until today in fact, various theories have been put forward

    その後、今日に至るまで、さまざまな説が唱えられてきました。

  • as to how it actually happened and who exactly did it.

    実際にどのようにして起こったのか、誰がやったのか。

  • However, one man and one man only was ever charged with the crime and that was Lee Harvey

    しかし、その罪に問われたのは、たった一人の男、リー・ハーヴェイだけだった。

  • Oswald.

    オズワルド

  • You've all heard the name, you've likely heard some of the countless conspiracy theories

    皆さんはこの名前を聞いたことがあるでしょうし、数え切れないほどの陰謀論を聞いたことがあるでしょう。

  • about the assassination, but we guess not so many of you know much about the man who

    暗殺については、あまり知られていないと思いますが、暗殺した男については、あまり知られていないと思います。

  • was said to have pulled the trigger.

    が引き金を引いたと言われています。

  • Today you're going to meet him and you're going to ask yourself what would drive a person

    今日は彼に会って、「何が人を動かすのか?

  • to do such a thing?

    は、そんなことをするために

  • That's something you can tell us at the end of this video.

    それは、このビデオの最後に教えてください。

  • Lee Harvey Oswald is born on October 18, 1939.

    リー・ハーヴェイ・オズワルドが1939年10月18日に誕生。

  • He doesn't have the best start in life since his father dies of a heart attack just two

    父親が心臓発作で亡くなったため、彼の人生は最高のスタートを切ることができなかった。

  • months into his life.

    ヶ月間の人生。

  • The family, now the mother named Marguerite, young Lee, and his two half-brothers, John

    一家は、今ではマルグリットという母親と幼いリー、そして二人の異母兄弟であるジョン

  • and Robert, are thrust into poverty.

    とロバートは貧困に追い込まれます。

  • Those kids move around in the city of New Orleans, from orphanages to children's homes

    その子供たちは、ニューオーリンズの街で、孤児院や児童養護施設を転々としています

  • to boarding schools.

    を全寮制の学校に移しました。

  • Not having a father-figure around, young Oswald's development is what you might call strangled.

    周りに父親がいないことで、若き日のオズワルドの成長は、いわゆる首を絞められたようなものだ。

  • As his older brother once said, “Very early on, he'd learned that he wasn't wanted.

    兄の言葉を借りれば、「自分が必要とされていないことを早くから知っていた」ということになる。

  • We weren't wanted.

    私たちは望まれていなかった。

  • Mother was always alienating herself from us.”

    母はいつも私たちと疎遠になっていた」。

  • When he's 12, Marguerite takes him to New York City where they live in a run-down area

    12歳の時、マルグリットは彼をニューヨークに連れて行き、荒廃した地域に住まわせた。

  • in the Bronx.

    in the Bronx

  • He is pretty much asked to take care of himself as his mother goes out to work.

    母親が働きに出ているので、自分のことは自分でやってくれとかなり言われます。

  • He hardly goes to school at all.

    彼はほとんど学校に行っていません。

  • Instead, he hangs around the zoo and rides the subway system.

    その代わり、動物園をぶらぶらしたり、地下鉄に乗ったりしています。

  • It's at the zoo where one day a truant officer sees him.

    その動物園で、ある日、不登校の警官が彼を見かけた。

  • Oswald is not happy about being found out, calling the officer a “damned Yankee.”

    オズワルドは発見されたことを快く思っておらず、将校を "忌々しいヤンキー "と呼んだ。

  • He ends up in a detention center called Youth House and while there he has a psychiatric

    彼はYouth Houseという拘置所に収容され、そこでは精神医学的な

  • evaluation.

    の評価を行いました。

  • He's said to live a “vivid fantasy lifeand possibly has some kind of personality

    彼は「鮮明な空想生活」を送っていると言われており、何らかの人格を持っている可能性がある。

  • disorder.

    の障害が発生します。

  • One thing for sure is, this kid desperately needs some love and attention.

    一つだけ確かなことは、この子にはどうしても愛と関心が必要だということです。

  • His social worker confirms this, saying he isemotionally frozen”, having never

    彼のソーシャルワーカーは、彼が「感情的に凍りついている」ことを認めています。

  • really developed a relationship with anyone.

    誰とでも良い関係を築くことができました。

  • You got the feeling of a kid nobody gave a darn about,” says the social worker.

    "ソーシャルワーカーは、「誰も気にかけてくれない子供という感じがしました」と言う。

  • In his early teens, he has anawakening.”

    10代前半で "覚醒 "する。

  • He's walking down the street when an old woman hands him a pamphlet.

    彼が道を歩いていると、老婦人がパンフレットを手渡してくれた。

  • It's socialist in ethos and has in it two folks named Julius and Ethel Rosenberg.

    社会主義的な理念を持ち、ジュリアス・ローゼンバーグとエセル・ローゼンバーグという2人の人物が登場する。

  • These two are sentenced to death in the US for spying for Russia.

    この2人は、ロシアのスパイとしてアメリカで死刑判決を受けています。

  • Sometime later Oswald writes in his diary: “I was looking for a key to my environment,

    それからしばらくして、オズワルドは日記にこう書いている。"私は自分の環境の鍵を探していた。

  • and then I discovered socialist literature.

    と思っていたら、社会主義文学に出会いました。

  • I had to dig for my books in the back dusty shelves of libraries.”

    私は図書館の埃っぽい棚の奥で本を探さなければなりませんでした」。

  • He writes this to The Socialist Party of America: “I am sixteen years of age and would like

    彼はアメリカ社会党に次のような手紙を書いています:「私は16歳です。

  • more information about your youth League, I would like to know if there is a branch

    ユースリーグの詳細については、支店があるかどうかを知りたいです。

  • in my area, how to join, ect., I am a Marxist, and have been studying socialist principles

    私はマルクス主義者であり、社会主義の原理を研究してきました。

  • for well over fifteen months.”

    を15ヶ月以上も続けてきました。

  • Later, after running from the clutches of truant officers, Oswald and his mother return

    その後、オズワルドと母親は、不登校の警官の手から逃れて、戻ってきた。

  • to New Orleans.

    をニューオリンズに向けて発信しました。

  • They live in an area beset with poverty and vice, something that affects young Oswald

    彼らが住んでいる地域は、貧困と悪徳が蔓延しており、若き日のオズワルドにも影響を与えていた。

  • deeply.

    を深く理解しています。

  • Drug addicts, prostitutes, violent crime, pervasive racism, dilapidated housing, oppressive

    麻薬中毒者、売春婦、凶悪犯罪、蔓延する人種差別、荒廃した住宅、圧迫感のある

  • cops, no help for the poor, and no opportunities for those not born with silver spoons.

    警官、貧乏人への援助、銀のスプーンを持たない人への機会もない。

  • He's taking it all in, guided by his socialist sympathies.

    彼は、社会主義者のシンパシーに導かれて、すべてを受け入れている。

  • At age 16, he becomes a cadet with the Civil Air Patrol.

    16歳でシビル・エア・パトロールの士官候補生となる。

  • He also tries to join the army but is turned down for being too young.

    また、軍隊に入ろうとするが、若すぎるという理由で断られてしまう。

  • That doesn't stop him from memorizing from back to front theMarine Manual.”

    しかし、彼は "Marine Manual "を隅から隅まで暗記することを止めない。

  • The obvious question is why does this budding Communist want to join the US military during

    この新進気鋭の共産主義者が、なぜ米軍に入隊しようとしているのか、という疑問は当然ある。

  • a very cold war with the 'commies'?

    共産主義者」との間で非常に冷たい戦争をしていた?

  • This is a kid who tells a friend he wants to kill President Eisenhower for exploiting

    搾取したアイゼンハワー大統領を殺したい」と友人に話す子供です。

  • the working classes.

    労働者階級が

  • This is a boy who regularly showers praise on the Russian leader, Nikita Khrushchev.

    ロシアの指導者、フルシチョフを日頃から褒め称えていた少年だ。

  • One day a friend's father kicks him out of his house because he isexpounding the

    ある日、友人の父親が彼を家から追い出しました。

  • Communist doctrine and saying communism was the only way of life for the worker.”

    共産主義の教義を掲げ、共産主義こそが労働者の唯一の生き方だと言っていた。"

  • It seems his reason is he just needs to get away from his mother, that or it's the fact

    彼の理由は、母親から離れたいということらしい。

  • his father had been a Marine and his brother has joined up.

    父親が海兵隊員で、弟も海兵隊に入った。

  • The Warren Commission later wrote, “His study of Communist literature, which might

    ウォーレン委員会は後に、「彼の共産主義者の文献の研究は、おそらく

  • appear to be inconsistent with his desire to join the Marines, could have been another

    海兵隊に入りたいという彼の希望と矛盾しているように見えるが、それは別のものだったかもしれない。

  • manifestation of Oswald's rejection of his environment.”

    オズワルドが自分の環境を拒絶していることの現れ」。

  • You should also remember, he's a boy who just wants to be accepted.

    また、彼はただ受け入れられたいだけの少年であることも忘れてはなりません。

  • And so at age 17, he becomes a Marine.

    そして、17歳で海兵隊員になります。

  • Nothing much changes, though.

    何も変わらないけどね。

  • He makes few friends and not so many people like him.

    彼には友達が少なく、自分を好きになってくれる人もあまりいません。

  • He isn't seen as mentally unstable, but he just doesn't fit in, nor does he ever

    彼は精神的に不安定なわけではありませんが、どうしても馴染めませんし、これまでも

  • rise above the rank of private first class.

    一等兵以上の階級になる。

  • Still, he knows something about foreign affairs because he reads voraciously.

    しかし、本を読むことが好きなので、外国の事情には詳しい。

  • At times he picks fights with officers, according to one soldier, so hecould come out top

    ある兵士によると、彼は「トップに立つため」に将校と喧嘩をすることもあるという。

  • dog.”

    犬」です。

  • This kid still hates authority with a vengeance, but he's also smart and can be likable to

    この子はまだ権威を恨んでいますが、頭が良くて好感が持てるのは

  • certain people.

    特定の人。

  • One day he shocks some folks listening to his rants by saying, “All the Marine Corps

    ある日、彼は自分の主張を聞いていた人たちに「海兵隊のみんなは

  • did was to teach you to kill and after you got out of the Marines you might be good gangsters.”

    は、殺人を教え、海兵隊を出た後は、良いギャングになれるかもしれないと思ったからだ。

  • During this stint in the Marines, he has two court-martials, one for having an unauthorized

    この海兵隊では、2度の軍法会議にかけられ、1度は無許可での

  • pistol he accidentally shoots himself with.

    誤って自分を撃ってしまったピストル。

  • His other court-martial is for calling an officer out to fight him.

    彼のもう一つの軍法会議は、自分と戦うために将校を呼び出したことである。

  • He still holds those sympathies towards the Soviet Union and he even teaches himself some

    彼は今でもソ連へのシンパシーを持っており、自分でも教えています。

  • Russian, albeit, he isn't very good.

    ロシア人、とはいえ、彼はあまり優秀ではありません。

  • He gets taken off active duty to look after a sick mother, but then he decides he's

    彼は病気の母親の世話をするために現役を退くが、その後、自分が

  • going to Russia.

    ロシアに行く。

  • For that decision, he's undesirably discharged.

    その判断により、彼は不名誉除隊となる。

  • So, there he is in Russia, telling people how much he loves the Soviet Union in his

    彼はロシアにいて、自分がいかにソ連を愛しているかを、自分の

  • rudimentary Russian.

    初歩的なロシア語。

  • He tries to apply for citizenship, which is turned down.

    彼は市民権を申請しようとしたが、却下された。

  • This is what he writes in a letter to his brother:

    これは、兄に宛てた手紙に書かれていることです。

  • “I have been a pro-communist for years and yet I have never met a communist, instead

    "私は長年共産主義者でありながら、共産主義者に会ったことがない、代わりに

  • I kept silent and observed, and what I observed plus my Marxist learning brought me here to

    私は黙って観察し、観察したこととマルクス主義の学習が私をここに連れてきた。

  • the Soviet Union.

    ソビエト連邦の

  • I have always considered this country to be my own.”

    私はいつもこの国を自分のものだと思っています」。

  • He also writes this: “In the event of war.

    また、こうも書いている。"戦争になったら

  • I would kill any American who put a uniform on in defense of the American government - any

    私は、アメリカ政府を守るために制服を着たアメリカ人は誰でも殺します。

  • American.”

    アメリカ人"

  • Just before his visa runs out and he's about to leave the country, he cuts himself on purpose,

    ビザが切れて出国しようとする直前に、わざと自分を切ってしまう。

  • after which, he's taken to a psychiatric facility.

    その後、彼は精神科の施設に連れて行かれます。

  • He actually can't believe that the country he's given his heart to has snubbed him.

    彼は、自分が心を寄せた国が自分を見捨てたことが信じられないのです。

  • In his diary, he writes, “I am shocked!”

    日記には、"ショックだ!"と書かれている。

  • He says his dream has been shattered because one solitary official has taken it upon himself

    ひとりの役人が勝手にやったことで、彼の夢は打ち砕かれたという。

  • to turn his visa down.

    と言って、彼のビザを下げました。

  • He finishes an entry in his diary with these words:

    彼は日記の最後にこんな言葉を残している。

  • “I decide to end it.

    "終わりにしよう "と決心する。

  • Soak fist in cold water to numb the pain.

    冷たい水にこぶしを浸して痛みを和らげる。

  • Then slash my left wrist.

    そして、私の左手首を斬る。

  • Then plug wrist into bathtub of hot water....

    そして手首をお湯の入ったバスタブに差し込む....

  • Somewhere, a violin plays, as I watch my life whirl away.

    どこかでバイオリンが演奏されていて、私は自分の人生が消えていくのを見ている。

  • I think to myself 'How easy to Die' and 'A Sweet Death'.”

    自分でも『How easy to Die』や『A Sweet Death』と思っています」。

  • When he gets out of the hospital he goes straight to the American Embassy.

    退院後、彼はアメリカ大使館に直行した。

  • He has a signed note with him which he hands over to an official.

    彼はサイン入りのメモを持っていて、それを関係者に渡している。

  • On it are the words, “I Lee Harvey Oswald do hereby request that my present citizenship

    そこには、「私、リー・ハーヴェイ・オズワルドは、ここに私の現在の市民権を要求します」と書かれています。

  • in the United States of America, be revoked.”

    アメリカ合衆国では、取り消される。"

  • He says he wants this for political reasons.

    彼は、政治的な理由でこれを望んでいるという。

  • He's a Marxist now, and damn American poverty and the life he lived as a kid.

    彼は今マルクス主義者で、アメリカの貧困や子供の頃の生活を呪っている。

  • He says the only real reason he joined the Marines was that he wanted to have “a chance

    海兵隊に入隊した本当の理由は、「チャンスを掴みたかった」からだという。

  • to observe American imperialism.”

    アメリカの帝国主義を観察するために"

  • He writes in his diary, “I'm sure Russians will accept me after this sign of my faith

    彼は日記に「この信仰の証の後、ロシア人はきっと私を受け入れてくれるだろう」と書いている。

  • in them.”

    のではないかと思います。

  • He's right.

    彼は正しい。

  • He's allowed to stay, but does he then become a tool of the Soviet government?

    彼は滞在を許されたが、それではソ連政府の手先になってしまうのか?

  • Is he hired as a spy?

    スパイとして雇われているのか?

  • Is he trained as an assassin?

    暗殺者としての訓練を受けているのでしょうか?

  • Perhaps not, and later investigations will say that.

    おそらくそうではなく、後の調査ではそうなるだろう。

  • Not only that, The Russians are obviously a bit suspicious of him, so the KGB follow

    それだけでなく、ロシア人は明らかに彼を少し疑っているので、KGBは彼をフォローします。

  • him around a lot and plant bugs in his house.

    虫を植えたりしていました。

  • Oswald is actually working for neither side.

    オズワルドは実際にはどちらの側にもつかない。

  • He's sent to work as a lathe operator at an electronics firm in Minsk.

    彼は、ミンスクの電子機器会社で旋盤工として働くことになった。

  • Over there he's given quite a good wage packet and lives in an apartment that is better

    向こうでは、かなりの額の給料をもらい、より良いアパートに住んでいる。

  • than most people's places.

    他の人の場所よりも

  • Still, his distrust of authority doesn't change.

    それでも、彼の権威への不信感は変わらない。

  • Now he talks about the oppressive Soviets.

    今では、抑圧的なソビエトについて語っている。

  • Communist Party officials he writes are given benefits that he believes they shouldn't

    共産党の幹部が、本来ならば受けられないはずの恩恵を受けていると書いています。

  • receive.

    を受け取ることができます。

  • His conclusion is that there arefat stinking politicians over there just like we have over

    彼の結論は、「我々と同じように、太った臭い政治家がいる」ということだ。

  • here.”

    ここで"

  • In January of 1961 he writes in his diary: “I am starting to reconsider my desire about

    1961年の1月、彼は日記にこう書いている。"1961年1月の日記には、「私は自分の欲望を再考し始めている。

  • staying.

    滞在しています。

  • The work is drab, the money I get has nowhere to be spent.

    仕事は淡々としていて、もらったお金は使い道がない。

  • No nightclubs or bowling alleys no places of recreation except the trade union dances.

    ナイトクラブやボウリング場はなく、労働組合のダンス以外のレクリエーションの場もない。

  • I have had enough.”

    もう十分だよ」。

  • He subsequently gets in touch with the US Embassy and says he wants to come home.

    その後、彼はアメリカ大使館と連絡を取り、「帰国したい」と言います。

  • Prior to that happening, he has a whirlwind romance with a 19-year-old pharmacology student

    その前に、19歳の薬学生と一触即発の恋愛をしています。

  • named Marina Prusakova.

    マリーナ・プルサコバという

  • After six weeks, they marry, and around a year later they have their first child.

    6週間後には結婚し、1年後には第一子が誕生しました。

  • Not long after, the three of them land on American soil ready to live the American dream...

    程なくして、アメリカンドリームを求めて3人はアメリカの地に降り立つ。

  • But something happens on Oswald's return.

    しかし、オズワルドが戻ってくると何かが起こる。

  • He suddenly becomes not himself, not the man Prusakova knows.

    彼は突然、自分ではなく、プルサコワの知っている男ではなくなってしまう。

  • He's become easily enraged, irritable.

    怒りやすく、イライラするようになった。

  • She later told a court, “after coming to the United States Lee changed.

    彼女は後に法廷で、「アメリカに来てからリーは変わった。

  • I did not know him as such a man in Russia.”

    ロシアではそのような人とは知りませんでした。"

  • What has happened to him?

    彼に何が起こったのか?

  • Well, that's the million-dollar question.

    まあ、それは100万ドルの質問ですね。

  • Maybe his demons have caught up with him.

    悪魔が彼に追いついたのかもしれない。

  • This is a young man who's had psychological problems as a child.

    これは、子供の頃に心理的な問題を抱えていた若者のことです。

  • He's tried the Marines and that hasn't helped.

    彼は海兵隊を試しましたが、効果はありませんでした。

  • He's tried moving to the Soviet Union and that hasn't helped, either.

    彼はソ連に移ってみたが、それもうまくいかなかった。

  • Here is a man that now detests both communism and capitalism.

    今や、共産主義も資本主義も憎むようになった男がいる。

  • This is evident in his writing, of which one diary goes like this:

    それは彼の文章にも表れていて、ある日記にはこんなことが書かれています。

  • No man, having known, having lived, under the Russian Communist and American capitalist

    "ロシアの共産主義者とアメリカの資本主義者の下で知り、生きてきた男はいない。

  • system, could possibly make a choice between them, there is no choice, one offers oppression

    のシステムは、どちらかを選択できる可能性がありますが、選択肢はありません。

  • the other poverty.”

    他の貧困」。

  • He believes there can be another system, one which doesn't have the shortfalls of capitalism

    彼は、資本主義の欠点を持たない別のシステムがあり得ると考えています。

  • and one which isn't a corrupt and twisted form of Marxism.

    そして、それはマルクス主義の堕落した歪んだ形ではありません。

  • He writes that he hates the mass exterminations of Stalin and how Communism oppresses people,

    彼は、スターリンの大量殺戮や、共産主義がいかに人々を抑圧するかが嫌いだと書いている。

  • but he equally detests what he considers a corrupt form of capitalism in the US.

    しかし、彼はアメリカの腐敗した資本主義を嫌悪しています。

  • He gets a job as a sheet metal worker, but he soon leaves that.

    板金工の仕事に就いたが、すぐに辞めてしまう。

  • He then starts working as a photoprint trainee but is fired after rankling one too many people

    その後、写真印刷の研修生として働き始めるが、多くの人を怒らせたために解雇されてしまう。

  • when waxing about his beliefs.

    自分の信念を語っているとき。

  • He isn't very good at the job, either, but what really peeves his fellow employees is

    彼は仕事もあまり得意ではありませんが、同僚の社員を怒らせたのは

  • the fact one day he brings into work a Russian language newspaper.

    ある日、彼が職場にロシア語の新聞を持ってきたこと。

  • His employer later said the newspaper incident wasn't the only reason he was let go, but

    雇い主は後に、彼が解雇された理由は新聞社の事件だけではないと述べたが

  • itdidn't do him any good.”

    それは「何の役にも立たなかった」のです。

  • Oswald is rejected once again.

    オズワルドはまたしても拒絶される。

  • Is he now ready to put his hand on the trigger?

    彼は今、引き金に手をかけようとしているのだろうか。

  • In March 1963, he pays $29.95 for a secondhand 6.5 mm caliber Carcano rifle.

    1963年3月、彼は中古の6.5mm口径のカルカノライフルに29.95ドルを支払う。

  • He buys himself a revolver, too.

    彼は自分でもリボルバーを買っている。

  • The next month, retired U.S. Major General Edwin Walker is sitting at his desk in his

    翌月、米国の退役少将エドウィン・ウォーカーは、自宅の机に向かっている。

  • home in Dallas when suddenly there's a loud crash.

    ダラスの自宅で、突然大きな音がした。

  • He's injured after bullet fragments connect with his arm.

    弾丸の破片が腕に当たって負傷している。

  • To investigators, it looks like an assassination attempt, and it is, one it will turn out that

    捜査官には暗殺計画のように見えますが、実際にはそうです。

  • was undertaken by Lee Harvey Oswald.

    は、リー・ハーヴェイ・オズワルドが行った。

  • This isn't discovered until later, though.

    これが判明するのは後になってからですが。

  • Why has he done it?

    なぜ彼はそれをしたのか?

  • Ozwald despises Walker for his far right-wing sentiments, his anti-communist stance and

    オズワルドはウォーカーの極右的な感情や反共的な姿勢を軽蔑しており

  • his racist attitude.

    彼の人種差別的な態度。

  • According to his wife, he believes that, “If someone had killed Hitler in time it would

    妻によると、彼は「もし誰かがヒトラーを殺すのに間に合っていたら」と考えているそうです。

  • have saved many lives.”

    は、多くの命を救ってきました。

  • He thought he was doing the right thing.

    自分は正しいことをしていると思っていた。

  • The family moves to New Orleans, where Oswald becomes more infatuated with the Fair Play

    一家はニューオーリンズに移り、オズワルドはフェアプレイに夢中になっていく。

  • for Cuba Committee.

    フォー・キューバ・コミッティ

  • There he distributes leaflets supporting Cuba, and even though he gets on the radio twice,

    そこではキューバを応援するビラを配り、ラジオにも2回ほど出演している。

  • he doesn't really garner that much attention for the movement.

    彼はムーブメントの中ではそれほど注目されていません。

  • Not only that, Cuban exiles can't stand him.

    それだけでなく、キューバの亡命者たちは彼に我慢できない。

  • It seems Oswald is as much concerned about getting attention for himself as he is for

    オズワルドは、自分のために注目を集めることを重視しているようだ。

  • the plight of Cuba.

    キューバの窮状を

  • His wife later said in court, “He wanted to be arrested.

    後に妻は法廷で「彼は逮捕されたがっていた」と語っている。

  • I think he wanted to get into the newspapers, so that he would be known.”

    新聞に載って、自分のことを知ってもらいたかったのではないでしょうか」。

  • He then tries to get to Cuba via Mexico.

    そして、メキシコ経由でキューバに行こうとする。

  • In Mexico he pleads to officials at the Cuban embassy, saying he supports the cause, and

    メキシコでは、キューバ大使館の職員に「私は支持します」と懇願したり

  • can he have a visa.

    彼はビザを持っていますか?

  • He says he also intends to return to the former Soviet Union.

    また、旧ソ連にも戻るつもりだという。

  • After speaking with officials, and even the KGB, he is turned down.

    関係者やKGBにも相談したが、断られてしまう。

  • The Cubans say he'll do more harm than good for the cause.

    キューバ人は、彼が目的のために利益よりも害をもたらすだろうと言っている。

  • Ok, so now it's just days before JFK is gunned down in the street.

    さて、それではJFKが路上で銃殺される数日前のこと。

  • His heavily-pregnant wife is happy when he returns from Mexico, seeing as he is in a

    重い妊娠中の妻は、彼がメキシコから戻ってきたときには喜んでいました。

  • pleasant mood and treats her well.

    楽しい気分で彼女に接することができます。

  • He seems like his old self again.

    彼は昔の自分に戻ったようだ。

  • She later said in court, “He helped me more - although he always did help”, adding that

    その後、彼女は法廷で「彼はもっと私を助けてくれました-いつも助けてくれましたが」と述べ、次のように付け加えた。

  • he was delighted about the prospect of having a second child with her.

    そして、2人目の子供ができることを喜んでいた。

  • Strange, because he's about to give all that up.

    奇妙なことに、彼はそのすべてを放棄しようとしている。