Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • October 27, 1962.

    1962年10月27日

  • Two world superpowers, equipped with over 4,000 nuclear warheads in total, are flirting

    合計4,000発以上の核弾頭を装備した2つの超大国がいがみ合っている。

  • with a dangerous escalation of what had so far been a Cold War, one fought without direct

    これまでの冷戦が危険なまでにエスカレートして、直接的には関係のない戦いになってしまった。

  • confrontation.

    対決します。

  • Both the US and USSR have placed missiles in third countries close to each others'

    アメリカもソ連も、お互いに近い第三国にミサイルを置いている。

  • borders, pointed directly at enemy soil.

    国境を越えて、敵地に直接向けられています。

  • In this critical moment, two events happen on the same day.

    この決定的な瞬間に、同じ日に2つの出来事が起こる。

  • An American U-2 reconnaissance plane is shot down over Cuba, where the Soviet missile bases

    米軍のU-2偵察機が、ソ連のミサイル基地があるキューバ上空で撃墜される。

  • have been built up, and Kennedy is urged to retaliate militarily directly against the

    が構築されており、ケネディは直接軍事的な報復をするように促されている。

  • Soviets.

    ソビエト。

  • Meanwhile, American warships drop depth charges to force a Soviet B-59 submarine to surface.

    一方、アメリカの軍艦は、ソ連のB-59型潜水艦を浮上させるために、深度爆弾を投下する。

  • The submarine's officers are unaware they are violating a US naval blockade, and interpret

    潜水艦の士官たちは、アメリカの海上封鎖を犯していることに気づかずに、次のように解釈している。

  • the maneuvers of the US warships as an act of war.

    米国の軍艦の演習は戦争行為である。

  • What the Americans don't know is that the Soviet submarine being threatened is carrying

    アメリカ人が知らないのは、脅されているソ連の潜水艦には

  • a nuclear-tipped torpedo

    核を搭載した魚雷を...

  • Had two men made different decisions, that could easily have been the day the world exploded

    二人の男の決断が違っていたら、この日が世界の爆発の日になっていたかもしれない。

  • into nuclear war.

    核戦争に突入した。

  • Why didn't it?

    なぜそうしなかったのか?

  • To understand the actions taken in the days of the Cuban Missile Crisis, it's crucial

    キューバ・ミサイル危機当時の行動を理解するためには

  • to take a quick look back a couple of years at US, Cuban, and Soviet relations.

    をクリックすると、数年前のアメリカ、キューバ、ソ連の関係を簡単に振り返ることができます。

  • Since the Monroe Doctrine, the US had increasingly asserted its power and influence over the

    モンロー・ドクトリン以来、アメリカは、世界の国々に対する権力と影響力をますます強めていった。

  • Western Hemisphere.

    西半球。

  • With the Soviet bloc a declared ideological enemy, the US was especially vigilant about

    イデオロギー的な敵として宣言されたソ連圏に対して、アメリカは特に警戒していた。

  • communism penetrating the West.

    西洋に浸透する共産主義

  • This sphere of influence would be tested in 1959, when young revolutionary Fidel Castro

    この影響力の範囲は、1959年に若き革命家フィデル・カストロによって試されることになる。

  • took power in Cuba after waging a guerilla war against US-backed military dictator Fulgencio

    キューバでは、アメリカの支援を受けた軍事独裁者フルヘンシオに対抗してゲリラ戦を展開し、政権を獲得しました。

  • Batista.

    バティスタ

  • He quickly converted the nation to communism, further angering US politicians who were engaged

    彼はすぐに国を共産主義に変えてしまい、それに従事していたアメリカの政治家たちをさらに怒らせた。

  • in a political conflict and arms race with the most powerful communist nation of all

    世界で最も強力な共産主義国家との政治的対立と軍拡競争の中で

  • at the time.

    当時。

  • Dwight D. Eisenhower, the US President at the time, deemed Castro's administration

    当時のアメリカ大統領アイゼンハワーは、カストロ政権を次のように評価した。

  • in Cuba unacceptable.

    in Cuba unacceptable.

  • Initially, his idea was simple: the CIA would train 1,400 Cuban exiles in the US, sympathetic

    当初、彼のアイデアは単純で、CIAが1400人のキューバ人亡命者をアメリカで訓練し、共感を得て

  • to the old government and angry at Castro, to invade Cuba and win the country back.

    旧政権への不満とカストロへの怒りから、キューバに侵攻して国を取り戻そうとする。

  • The plan was hatched under Eisenhower in 1960.

    この計画は、1960年にアイゼンハワーの下で練られたものだ。

  • By the time it was ready, the charismatic John F. Kennedy was President of the US.

    その頃には、カリスマ的な存在であるジョン・F・ケネディがアメリカ大統領になっていた。

  • Kennedy had second - and third and fourth - thoughts about the planned invasion.

    ケネディは、計画されていた侵攻作戦について、第二の、そして第三の、第四の考えを持っていた。

  • The strategy of sending in Cuban exiles had come about to 1) make it seem it wasn't

    キューバの亡命者を送り込むという戦略は、1)それがないように見せかけるために行われた。

  • a US government invasion of Cuba and 2) to keep the invading group small and clandestine,

    アメリカ政府がキューバに侵攻すること、2)侵攻するグループを小規模かつ秘密裏に行うこと。

  • so they could infiltrate the island nation and win the support of even more anti-Castro

    島国に潜入して、さらに多くの反カストロ派の支持を得るために。

  • Cubans.

    キューバ人。

  • Kennedy worried that the group was too small to be militarily effective, and too large

    ケネディは、軍事的に効果を発揮するにはグループの規模が小さすぎること、そして大きすぎることを懸念していました。

  • to keep secret.

    秘密を守るために

  • However, on April 17, 1961, the Bay of Pigs invasion was launched.

    しかし、1961年4月17日、ピッグス湾侵攻作戦が開始された。

  • The result was embarrassing.

    恥ずかしい結果になってしまった。

  • The US government had severely underestimated Castro's forces and severely overestimated

    アメリカ政府は、カストロの軍隊を大きく過小評価し、また、カストロの軍隊を大きく過大評価していた。

  • Cuban nostalgia for a US puppet government on the island.

    アメリカの傀儡政権であったキューバのノスタルジー。

  • Within 24 hours, the US-trained Cuban exiles had been defeated, and Kennedy's administration

    24時間以内に、米国が訓練したキューバの亡命者たちは敗北し、ケネディ政権は

  • was humiliated.

    は屈辱的でした。

  • Nevertheless, the effort to dismantle Castro's regime continued with foiled assassination

    しかし、カストロ政権を崩壊させるための努力は、暗殺を失敗させながらも続けられた。

  • attempts throughout the year.

    一年を通して試行錯誤を繰り返しました。

  • Even though many top US officials advised Kennedy that Cuba wasn't much of a threat

    多くの米政府高官がケネディに「キューバはそれほど脅威ではない」と助言していたのに

  • to the US at all, Kennedy had told voters he would be tough on communism, and in politics,

    ケネディは、有権者に「共産主義には厳しい態度で臨む」と言っていたし、政治的にもそうだった。

  • appearances matter most.

    外見が一番大事。

  • Soviet Premier Nikita Khrushchev wanted to assist the newly formed Communist government

    ソ連のニキータ・フルシチョフ首相は、発足したばかりの共産党政権を支援したいと考えていた。

  • in Cuba against US interference, while also looking for a possible bargaining chip to

    アメリカの干渉に対抗するためにキューバでの活動を開始し、同時にキューバへの交渉材料を探しています。

  • gain influence in West Berlin.

    西ベルリンで影響力を持つようになる。

  • As he said, “we had to establish a tangible and effective deterrent to American interference

    彼は、「アメリカの干渉に対する具体的かつ効果的な抑止力を確立しなければならなかった」と述べています。

  • in the Caribbean.

    カリブ海の

  • But what exactly?

    でも、具体的には?

  • The logical answer was missiles”.

    論理的な答えは「ミサイル」でした。

  • In addition, USSR and US nuclear capabilities were vastly different at this time, and Khruschev

    また、当時のソ連とアメリカの核戦力は大きく異なっていたため、フルシチョフは

  • sought to bridge the gap.

    このギャップを埋めるために

  • Physicist Pavel Podvig pointed out that Soviet bomberscould deliver about 270 nuclear

    物理学者のパヴェル・ポドヴィグ氏は、ソ連の爆撃機は「約270個の核を運搬できる」と指摘しています。

  • weapons to US territory”, while the US had thousands of warheads and almost 2,000 missile

    米国は数千個の核弾頭と約2,000個のミサイルを保有していましたが、「米国領内への兵器の持ち込み」は不可能でした。

  • delivery systems; 1,576 Strategic Air Command bombers, 183 Atlas and Titan ICBMs, 144 Polaris

    配信システム、1,576台の戦略空軍司令部爆撃機、183台のアトラスおよびタイタンICBM、144台のポラリス

  • missiles on nuclear submarines, and ten Minuteman ICBMs.

    原子力潜水艦に搭載されたミサイルと、ミニットマンICBM10基。

  • The Soviets, in contrast, had good medium-range ballistic missiles and intermediate-range

    一方、ソビエトは中距離弾道ミサイルと中距離ミサイルが充実していました。

  • ballistic missiles, though relatively unreliable ICBMs, aka intercontinental ballistic missiles.

    弾道ミサイルは、比較的信頼性の低いICBM(大陸間弾道ミサイル)ですが

  • Placing weapons in Cuba, only 90 miles from Florida, would give the USSR a more reliable

    フロリダから90マイルしか離れていないキューバに兵器を配備することで、ソ連はより信頼性の高い

  • attack system against the US.

    米国に対する攻撃システム。

  • After all, the US had already placed Jupiter missiles in Turkey pointed at the USSR, so

    結局、アメリカはトルコにジュピター・ミサイルを配備してソ連に向けていたので

  • Khrushchev figured missiles in Cuba would be an effective response.

    フルシチョフは、キューバにミサイルを配備することが有効な手段であると考えていた。

  • From July to October of 1962, the Soviets started secretly transporting troops and equipment

    1962年7月から10月にかけて、ソビエト連邦は軍隊と装備の秘密輸送を開始した。

  • to Cuba.

    をキューバに向けて発信しました。

  • Though the operation was hardly a secret from Cuban civilians - 41,902 soldiers were deployed

    この作戦はキューバの市民にはほとんど知られていなかったが、41,902人の兵士が配備されていた。

  • unconvincingly disguised asagricultural specialists”, while at one point Marshal

    説得力のない「農業専門家」を装って、ある時は元帥が

  • Sergey Biryuzov suggested disguising the missiles as palm trees - the CIA wouldn't discover

    セルゲイ・ビリューゾフは、ミサイルを椰子の木に偽装することを提案したが、CIAにはバレなかった。

  • the nuclear plot until October, as it had withdrawn most of its presence after the Bay

    湾岸戦争後、ほとんどの存在感を失っていたため、10月までは核開発計画のために

  • of Pigs.

    of Pigs

  • Though the US had noticed a Soviet military buildup in Cuba, it was on October 14, 1962

    アメリカはキューバでのソ連の軍事力増強に気づいていたが、1962年10月14日に

  • that U-2 spy plane pilot Major Richard Heyser photographed a Soviet SS-4 medium-range ballistic

    U-2偵察機パイロットのリチャード・ヘイザー少佐が、ソ連の中距離弾道弾SS-4を撮影した。

  • missile being assembled.

    ミサイルを組み立てる様子。

  • This started the clock on one of the most tense, harrowing periods in US history.

    これで、米国の歴史上、最も緊張し、悲惨な時期の一つが始まった。

  • The next day, Kennedy sees the photos and calls his closest advisors to a meeting in

    翌日、写真を見たケネディは、最も親しいアドバイザーを呼んで、会議を開いた。

  • order to discuss US options.

    米国の選択肢を検討するために

  • He forms a group called the Executive Committee of the National Security Council, or EXCOMM

    国家安全保障会議の執行委員会(EXCOMM)と呼ばれるグループを形成している。

  • for short, consisting of five close advisors and nine members of the National Security

    5人の最側近と9人の国家安全保障担当者で構成されています。

  • Council.

    協議会です。

  • Suggestions thrown out in the meeting are all over the map, ranging from a stern warning

    会議で提案された内容は、厳重注意から警告まで多岐にわたっています。

  • to the Soviet Union and Cuba, to an air strike and outright invasion of the island.

    ソ連とキューバへの空爆、そしてキューバへの完全侵攻へ。

  • Kennedy, ignoring his hawkish Joint Chiefs of Staff, reflecting on humiliating previous

    ケネディは、タカ派の統合参謀本部を無視して、過去の屈辱的な出来事を反省していた。

  • interventions in Cuba and rightly considering that a direct attack and invasion may lead

    キューバへの介入や、直接的な攻撃・侵攻がもたらす可能性があることを考慮すると、当然のことながら

  • to disaster, chooses another path.

    災難に遭い、別の道を選ぶ。

  • He decides the US will conduct a naval blockade of the island, although he calls it a “quarantine

    アメリカが海軍による島の封鎖を行うことを決定したが、彼はそれを "quarantine "と呼んだ。

  • instead.

    代わりに

  • Why a quarantine?

    なぜ検疫なのか?

  • Because a blockade is technically an act of war, and this one word difference would actually

    封鎖は技術的には戦争行為であり、この一語の違いで実際には

  • further escalate the situation.

    さらに状況を悪化させてしまう。

  • JFK dictates a letter to Khrushchev announcing that the US will not permit Soviet shipments

    JFKがフルシチョフに宛てた書簡を口述し、米国がソ連の輸送を許可しないことを表明。

  • of weapons to Cuba.

    兵器をキューバに提供した。

  • The President further demands that the Soviet Union dismantle the current Cuban missile

    大統領はさらに、ソ連が現在のキューバ・ミサイルを解体することを要求します。

  • bases and return all weapons to Moscow.

    基地を建設し、すべての武器をモスクワに返還する。

  • That night, Kennedy makes a serious public announcement regarding the crisis to the US

    その夜、ケネディはアメリカに向けて、危機に関する重大な発表を行う。

  • public.

    を公開しました。

  • On national television, he says, “it shall be the policy of this nation to regard any

    国営放送では、「どんな人でも、その人のことを考えるのがこの国の方針だ」と言っています。

  • nuclear missile launched from Cuba against any nation in the Western Hemisphere as an

    西半球のいかなる国に対しても、キューバから発射される核ミサイルを

  • attack by the Soviet Union on the United States, requiring a full retaliatory response upon

    ソビエト連邦による米国への攻撃には、全面的な報復措置が必要です。

  • the Soviet Union”.

    the Soviet Union」。

  • The same day, the Joint Chiefs of Staff upgrades the US' military readiness status to DEFCON

    同日、統合参謀本部が米国の軍事的準備状態を「デフコン」に格上げ

  • 3; not full readiness yet, but increased vigilance with the Air Force ready to mobilize within

    3; まだ完全な準備態勢ではないが、空軍が以内に動員できるように警戒を強めている。

  • 15 minutes.

    15分

  • While Kennedy is taking this bold, powerful stance in front of the American people, another

    ケネディがアメリカ国民の前でこのような大胆で力強い姿勢を示している間に、もう一つの

  • discussion entirely is taking place behind closed doors in EXCOMM meetings.

    議論はすべてEXCOMMの会議で非公開で行われている。

  • Special Counsel Theodore Sorensen, articulating the views of the EXCOMM board, writes the

    特別顧問のセオドア・ソレンセンは、EXCOMM理事会の見解を明確にした上で、次のように書いています。

  • following memo regarding the Soviet missiles in Cuba: “It is generally agreed that these

    キューバにあるソ連のミサイルについて、次のようなメモがある。"一般的には、これらの

  • missiles, even when fully operational, do not significantly alter the balance of power—i.e.,

    ミサイルが完全に作動したとしても、パワーバランスを大きく変えることはありません。

  • they do not significantly increase the potential megatonnage capable of being unleashed on

    また、これらの製品を使用しても、世界に放たれる可能性のあるメガトン級のエネルギーを大幅に増やすことはできません。

  • American soil, even after a surprise American nuclear strike.”

    アメリカの不意の核攻撃を受けても、アメリカの地で」。

  • The Soviets already had missiles capable of attacking the US from longer distances.

    ソ連はすでに、アメリカをより遠くから攻撃できるミサイルを持っていた。

  • Secretary of Defense Robert McNamara points out the obvious in EXCOMM meetings: “A missile

    ロバート・マクナマラ国防長官は、EXCOMM会議で当たり前のことを指摘する。"ミサイル

  • is a missile.

    は、ミサイルです。

  • It makes no great difference whether you are killed by a missile from the Soviet Union

    ソ連からのミサイルで殺されようが、大きな違いはありません。

  • or Cuba.”

    やキューバのことを考えていました。

  • The fact that the longer-range missiles were somewhat more unreliable didn't mean much

    長距離ミサイルの方が多少信頼性が高いということは、あまり意味がなかった

  • in the long run.

    長い目で見れば

  • The US is a pretty big target to hit.

    アメリカはかなり大きなターゲットを狙っています。

  • However, the Kennedy administration knows that optics are important, and after the humiliating

    しかし、ケネディ政権は光学が重要であることを知っており、屈辱的な

  • events of the last two years in Cuba, the US cannot afford to look weak in the face

    この2年間にキューバで起きた出来事に対して、アメリカは弱腰になるわけにはいきません。

  • of an aggressive Soviet act.

    ソ連の攻撃的な行動の

  • Meanwhile, halfway across the world, Khrushchev receives Kennedy's letter and sees his television

    一方、地球の反対側にいるフルシチョフは、ケネディの手紙を受け取り、彼のテレビを見て

  • appearance announcing the quarantine.

    隔離を発表する様子。

  • On October 24, Khrushchev comes back with a response of his own.

    10月24日、フルシチョフは独自の回答を返してきた。

  • The Soviet leader calls a spade a spade, or rather, a blockade a blockade, and dubs it

    ソ連の指導者は、スペードをスペードと呼び、いや、封鎖を封鎖と呼び、ダブらせる。

  • anact of aggressionon the part of the US.

    アメリカの「侵略行為」である。

  • However, even while Khrushchev publicly condemns the US's actions, he is unwilling to have

    しかし、フルシチョフは、アメリカの行動を公に非難しながらも、日本に来てもらうことを嫌がっていた。

  • weapon-carrying ships breach the US quarantine line.

    兵器を積んだ船がアメリカの検疫ラインを突破した。

  • Soviet ships are turned back by the US, except for a few carrying no weapons.

    ソ連の船は、武器を持っていない一部の船を除いて、アメリカに追い返されてしまう。

  • The tensions between the two Cold War superpowers are being felt all around the world.

    冷戦時代の2つの超大国の間の緊張感は、世界中で感じられています。

  • China starts publicly announcing its support of Cuba, while the citizens of West Berlin

    中国はキューバ支援を公言し始め、西ベルリン市民は

  • fear their freedom will end up trampled in any Soviet-US conflict.

    そのため、ソ連とアメリカが対立した場合、自分たちの自由が踏みにじられるのではないかと心配しています。

  • Though Khrushchev is unwilling to breach the quarantine line, more US spy planes inform

    フルシチョフは検疫線を破ろうとはしないが、アメリカのスパイ機がさらに情報を提供する。

  • Kennedy that the Soviets' missile site on Cuba is still being worked on and almost ready.

    ケネディは、キューバにあるソビエトのミサイルサイトはまだ作業中で、ほぼ完成しているという。

  • Seeing that his calls to dismantle the site have gone unheeded, Kennedy and his administration

    撤去を求めても聞き入れられなかったため、ケネディとその政権は

  • upgrade the readiness status of Strategic Air Command to DEFCON 2.

    戦略空軍の準備状況をDEFCON 2にアップグレードする。

  • DEFCON 1, the highest level of military readiness- including its nuclear forces-, has in fact

    核戦力を含む最高レベルの軍事的準備状態であるデフコン1は、実際には

  • never been called for in US history.

    米国の歴史上、一度も要求されたことはありませんでした。

  • So the upgrade to DEFCON 2, meaning war is imminent, underscores the grave nature of

    そのため、戦争が差し迫っていることを意味するDEFCON2にアップグレードされ、その重大な性質を強調しています。

  • the crisis.

    危機に陥った。

  • On October 26, Kennedy starts seriously considering the option of a US invasion in Cuba and a

    10月26日、ケネディは、アメリカがキューバに侵攻するという選択肢を真剣に検討し始めた。

  • direct strike on the missile site.

    ミサイルサイトへの直接攻撃。

  • Predicting that this will cause global mayhem, he wants to give his diplomatic option more

    このままでは世界が混乱してしまうと予測し、外交的な選択肢を増やしたいと考えています。

  • time to work, while facing extreme pressure from both Congress and EXCOMM to take military

    仕事のための時間を確保する一方で、議会とEXCOMMの両方から軍事行動を取るようにという極度の圧力に直面しています。

  • action.

    のアクションである。

  • That same evening, around 2 AM Moscow time, Khrushchev sends a long, emotional message

    同日夜、モスクワ時間の午前2時頃、フルシチョフは感情を込めた長いメッセージを送っている。

  • to Kennedy, in which he details his fears of the current situation resulting in nuclear

    ケネディへの手紙には、現在の状況が核戦争につながることへの危惧が書かれています。

  • apocalypse.

    アポカリプス。

  • In a private, heartfelt letter to the US President, the Soviet leader writes, “If there is no

    ソ連の指導者は、アメリカ大統領に宛てた心のこもった私的な手紙の中で、「もしも、そこに

  • intention to doom the world to the catastrophe of thermonuclear war, then let us not only

    世界を熱核戦争の大惨事に陥れようとする意図があるのであれば、私たちは

  • relax the forces pulling on the ends of the rope, let us take measures to untie that knot.

    ロープの端を引っ張る力を緩め、その結び目を解くための対策を講じよう。

  • We are ready for this.”

    準備は万端です。"

  • Khrushchev promises to remove the missiles in exchange for a simple US assurance that

    フルシチョフは、アメリカの単純な保証と引き換えに、ミサイルの撤去を約束する。

  • they will not invade Cuba.

    彼らはキューバを侵略しない。

  • However, the next day on October 27, Khrushchev, apparently over whatever dark night of the

    しかし、翌日の10月27日、フルシチョフは、暗黒の夜を乗り越えたかのように

  • soul caused him to reach out to Kennedy the night before, goes back on his conciliatory

    前日の夜にケネディに連絡を取った原因となった魂は、融和的な

  • stance.

    のスタンスでいます。

  • In a much more harshly worded, and unfortunately, public letter, he indicates any deal must

    もっと厳しい言葉で、残念ながら公開された手紙の中で、彼は、いかなる取引も

  • include the removal of US Jupiter missiles from Turkey in order to be accepted by the

    に受け入れられるために、トルコから米国のジュピター・ミサイルを撤去することを含む。

  • USSR.

    USSR.

  • Furthermore, another military action forces the US closer than ever to war with the USSR.

    さらに、別の軍事行動によって、アメリカはこれまで以上にソ連との戦争に近づくことになる。

  • Soviets tracking an American U-2 spy plane conducting a reconnaissance mission over Cuba

    キューバ上空で偵察活動を行うアメリカのU-2偵察機を追跡するソビエト軍

  • become increasingly concerned the US will learn too much as the pilot spends well over

    アメリカでは、パイロットが何かを学びすぎてしまうのではないかと心配になるほどです。

  • an hour near secret locations of Soviet nuclear weapons.

    ソ連の核の秘密基地の近くで1時間。

  • Even though only the commanding general is supposed to authorize a surface to air missile

    地対空ミサイルを許可するのは指揮官だけとされていますが

  • launch, he is nowhere to be found.

    打ち上げでは、彼の姿はどこにもありません。

  • Lieutenant General Stepan Grechko gives the order to shoot the plane down instead.

    ステパン・グレチコ中将は、代わりに飛行機を撃墜するよう命令した。

  • Two missiles are fired; one of them manages to find its target, bringing down the plane

    2発のミサイルが発射され、そのうちの1発が目標を達成し、飛行機を墜落させた。

  • and killing US pilot Rudolf Anderson.

    米軍パイロットのルドルフ・アンダーソンを殺害した。

  • A hush falls over Kennedy's meeting with his team as the killing of Anderson reaches

    ケネディのチームとの会談は、アンダーソンの殺害事件の影響で静まり返っていた。

  • their ears.

    彼らの耳には

  • Assistant Secretary of Defense Paul Nitze remarks, “They've fired the first shot”.

    ポール・ニッツェ国防次官補が「彼らは最初の一発を撃った」と発言した。

  • To everyone in the room, war now seems inevitable.

    その場にいた誰もが、戦争は避けられないと思っていた。

  • In Moscow, Khrushchev hears of the attack and starts to realize the situation is quickly

    モスクワでは、フルシチョフが攻撃を受けたことを聞き、状況が急速に悪化していることを認識し始める。

  • careening out of control.

    制御不能に陥った。

  • As he would state later in life, the Soviet premier had mostly wanted to make the USlearn

    彼が後に述べているように、ソ連の首相はアメリカに「学習」させることを主眼としていた。

  • just what it feels like to have enemy missiles pointing at you; we'd be doing nothing more

    敵のミサイルが自分に向けられているような感覚に陥り、それ以上のことはできません。

  • than giving them a little of their own medicine”.

    彼らに自分の薬を少し与えるよりも」。

  • It was never his intention to come so close to nuclear war, a possibility which now seems

    彼は、核戦争の可能性に近づくことを意図していたわけではありません。

  • increasingly likely, and is about to become an even closer call.

    の可能性が高まってきており、さらに危うい状態になろうとしています。

  • At the same time the two leaders are deciding their next move, there is a problem at the

    二人のリーダーが次の一手を決めようとしている時、日本では問題が発生していた。

  • quarantine line.

    検疫ライン。

  • The US Navy is dropping a series of signaling depth charges close to a Soviet B-59 submarine

    米海軍は、ソ連のB-59潜水艦の近くで、一連の信号用深海物を投下している。

  • to force it to surface.

    を使って、強制的に浮上させることができます。

  • Unbeknownst to them, the submarine is equipped with a nuclear-tipped torpedo, one that it

    潜水艦には核を搭載した魚雷が搭載されています。

  • has orders to use if the submarine is fired on.

    は、潜水艦が砲撃された場合に使用する命令を持っています。

  • Unfortunately, the submarine has been too deep in the ocean for too long to know the

    残念ながら、潜水艦はあまりにも長い間、海の奥深くにいたために、そのことを

  • current status of the crisis.

    危機の現状

  • Captain Valentin Grigorievitch Savitsky assumes the charges being dropped on the B-59 are

    バレンティン・グリゴリエビッチ・サヴィツキー大尉は、B-59にかけられた罪が

  • an attack, and that the US and USSR are already at war.

    攻撃を受け、米ソがすでに戦争状態にあること。

  • He makes the decision to launch the torpedo.

    魚雷を発射する決断をする。

  • However, all three officers on board need to sign off on the decision to launch a nuclear

    しかし、船上の3人の役員全員が核発射の決定にサインをする必要がある。

  • weapon from the submarine.

    潜水艦から武器を取り出す。

  • One man, Vasili Arkhipov, holds out, believing the situation might be a misunderstanding;

    一人の男、Vasili Arkhipovは、この状況は誤解ではないかと信じて耐えていた。

  • the torpedo remains unlaunched, and a nuclear strike is, once again, very narrowly averted.

    魚雷は発射されないままで、核攻撃はまたしてもギリギリのところで回避されました。

  • Back in D.C., with news of the U-2 plane being shot down all over the White House, Kennedy's

    ワシントンに戻り、ホワイトハウスではU-2機撃墜のニュースが飛び交う中、ケネディの

  • advisers are clamoring for revenge.

    アドバイザーはリベンジを切望している。

  • They urge Kennedy to launch a retaliatory attack the next morning.

    翌朝、ケネディに報復攻撃を促す。

  • Kennedy, however, correctly suspects that Khrushchev did not authorize this air strike

    しかしケネディは、フルシチョフがこの空爆を許可しなかったと正しく推測していた。

  • against a US plane.

    米軍機に対して

  • He is still hesitant to take military action.

    彼はまだ軍事行動をとることに躊躇している。

  • As he explains to the advisers directing him towards war, “it isn't the first step

    彼は、戦争に向かわせるアドバイザーに、「それは最初のステップではない」と説明しています。

  • that concerns me, but both sides escalating to the fourth or fifth step and we don't

    私が懸念しているのは、双方が第4、第5段階までエスカレートしているのに、我々が

  • go to the sixth because there is no one around to do so”.

    は、周りに誰もいないから6日に行く」。

  • At this point, the US administration makes a risky move.

    この時点で、米政権は危険な行動に出ます。

  • Kennedy decides to ignore Khrushchev's second, angrier letter, as promising to withdraw missiles

    ケネディは、フルシチョフの2度目の怒りの手紙を無視して、ミサイルの撤退を約束することにした。

  • from Turkey would show US weakness and risk NATO alliances.

    トルコからの撤退は、米国の弱さを示し、NATOの同盟関係を危険にさらすことになります。

  • The President decides to respond only to the first letter instead.

    社長は、1通目の手紙にだけ返事をすることにしました。

  • Ignoring the existence of an official enemy demand in a crisis is definitely a bold move,

    危機的状況下で敵の公式要求の存在を無視するのは、確かに大胆な行動だ。

  • but one that Kennedy feels will pay off.

    しかし、ケネディはそれが報われると感じている。

  • JFK also realizes that to preserve US status and alliances, he has little other choice

    JFKもまた、米国の地位と同盟関係を維持するためには、他に選択肢がないことを悟っていた。

  • at this point.

    この時点で

  • Little do the EXCOMM members know that JFK has also been secretly playing another hand

    JFKもまた、密かに別の手を使っていたことを、EXCOMMのメンバーは知らなかった。

  • this whole time.

    この間、ずっと

  • Perhaps to be expected from such a tight-knit family, JFK keeps his younger brother, Robert

    このような緊密な家族の中では、当然のことながら、JFKは弟のロバートには、「自分のことは自分でやる。

  • F. Kennedy, just 36 years old at the time, as his most trusted advisor.

    F.当時36歳だったケネディを、最も信頼できるアドバイザーとして迎えた。

  • As the missile crisis is escalating, RFK is functioning as the President's de facto

    ミサイル危機が深刻化する中、RFKは事実上の大統領の役割を果たしていた。

  • chief of staff.

    チーフ・オブ・スタッフ

  • Unbeknownst to the rest of the EXCOMM members, while the team publicly drafts JFK's response

    他のEXCOMMメンバーには知らされていなかったが、チームがJFKの回答を公開で作成している間に