Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • At the beginning of 2020, a privately owned company had never launched humans into space

    2020年初頭、民間企業が一度も人間を宇宙に打ち上げたことのない

  • before. Now? SpaceX is gearing up to do it for a third time.

    の前です。今は?SpaceX社は3度目の挑戦に向けて準備を進めています。

  • Its next mission to the International Space Station, known as Crew-2, is with the company's

    クルー2と呼ばれる国際宇宙ステーションへの次のミッションは、同社の

  • most seasoned team yet and also its most international. Crew-2 is made up of four members in total;

    これまでで最も経験豊富なチームであり、最も国際的なチームでもあります。Crew-2は合計4人のメンバーで構成されています。

  • two NASA astronauts; Mission commander, Shane Kimbrough, and pilot Megan McArthur, and mission

    NASAの2人の宇宙飛行士、ミッションコマンダーのシェーン・キンブローとパイロットのミーガン・マッカーサー、そしてミッションの

  • specialists Thomas Pesquet from ESA as well as Aki Hoshide from JAXA. Although this will

    ESAのスペシャリストであるThomas Pesquet氏とJAXAのAki Hoshide氏が参加しています。しかし、これは

  • be McArthur's first duration on the ISS, each member of the team has flown multiple

    マッカーサーがISSに滞在するのは初めてのことですが、チームのメンバーはそれぞれ複数回の飛行経験があります。

  • times on previous missions including the Space Shuttle, and Soyuz spacecraft. Building on

    スペースシャトルやソユーズ宇宙船などの過去のミッションでは、何度も成功しています。その上で

  • their collective expertise, they've been able to approach the SpaceX Crew Dragon Capsule

    彼らのノウハウを結集して、SpaceX Crew Dragon Capsuleにアプローチしてきました。

  • and training program with thoroughness and excitement. Even if it's a little different.

    とトレーニングプログラムを徹底して盛り上げる。多少の違いがあっても

  • So comparing the Crew Dragon with the space shuttle training, obviously, the vehicles

    クルー・ドラゴンとスペースシャトルの訓練を比較すると、明らかに車両は

  • have a lot of differences, even though their goal is the same to get people into low Earth

    地球の低地に人を運ぶという目的は同じでも、多くの違いがあります。

  • orbit. With Crew Dragon. Of course, we don't have those panels and panels of switches,

    orbit.クルー・ドラゴンで。もちろん、あのパネルやパネルのスイッチはありません。

  • we have a very clean wall environment.

    私たちは非常にクリーンな壁の環境を持っています。

  • It's like a smartphone, I would say, compared to the old telephone.

    昔の電話に比べれば、スマートフォンのようなものだと思います。

  • And even though the team is experienced and

    また、経験豊富なチームであっても

  • most of the Crew Dragon controls are automatic, it's still a brand new spacecraft with lots

    クルー・ドラゴンの制御はほとんどが自動化されていますが、それでも全く新しい宇宙船であり、多くの機能を備えています。

  • to get used to.

    慣れないうちは

  • You need to know all the systems, to be able

    すべてのシステムを知っている必要があります。

  • to fix them and to understand how they work. You train in the SIM, then you train on your

    を修正し、その仕組みを理解する。SIMでトレーニングをしてから、自分の

  • spacesuit, and then you train with those scenarios from benign to more, more difficult, then

    宇宙服を着て、穏やかなシナリオからより困難なシナリオまでを想定したトレーニングを行います。

  • at the end you really have to you know react to a fire or launch abort, and all the contingency

    最後には、火災や打ち上げ中止などの不測の事態に対応しなければなりません。

  • that could happen and at you have to be prepared for.

    そのための準備をしておかなければなりません。

  • All this training becomes important not only for their safety, but remember these are still

    このようなトレーニングは、彼らの安全のためだけでなく、彼らがまだ生きていることを忘れてはいけません。

  • early days for commercial human spaceflight.

    民間有人宇宙飛行の黎明期。

  • This is only the third human

    これは3人目の人間である

  • flight of this vehicle, right. So when we get into the range and we've flown, you know,

    この車両の飛行は、そうですね。射程距離に入り、飛行したときには、ね。

  • I don't say, put a number on it 30 to 50 times, then I think things will be more routine,

    30回、50回と回数を重ねることで、より日常的なものになっていくと思うんです。

  • I think they're all pretty much test flights still until you get, a lot more data points

    もっと多くのデータを得るまでは、どれもテストフライトのようなものだと思います。

  • to be able to compare. The NASA and SpaceX teams have certainly looked at what happened

    を比較することができます。NASAとSpaceXのチームは、確かに何が起こったかを調べました

  • on demo two and changed things and made it better for crew one. And then we're getting

    デモ2で、クルー1のために何かを変え、より良いものにした。そして、私たちは

  • data from crew one already on the launch site, and they're working on better fixes for that,

    打ち上げ時にすでにクルー1のデータが入っていたため、その修正を行っています。

  • And SpaceX is working diligently with those

    そして、SpaceX社は、それらに熱心に取り組んでいます。

  • changes. The Crew-2 team will actually be launching on the Crew Dragon Endeavour, which

    を変更しています。Crew-2チームは、実際にはCrew Dragon Endeavourで打ち上げられますが、これは

  • is the same one that was launched during the Demo-2 mission in May of 2020 with Doug Hurley

    は、2020年5月のDemo-2ミッションで打ち上げられたDoug Hurley氏の

  • and Bob Behnken, who happens to be McArthur's husband, how cool is that?

    そして、マッカーサーの夫であるボブ・ベーンケン、なんてクールなんでしょう。

  • It is amazing to think that I will be sitting in the same seat that Bob was sitting in when

    あの時、ボブが座っていた席に自分が座ることになるとは、驚きです。

  • he certified that vehicle, the very first time that it launched. But that certainly

    彼は、その車が初めて発売されたときに、その車を認証しました。しかし、それは確かに

  • adds a little something special to the mission.

    は、ミッションにちょっとした特別感を与えてくれます。

  • Since then, the SpaceX team has made some

    それ以来、SpaceXチームは、いくつかの

  • tweaks to Endeavour, starting with the thermal protective system, adding some new parachutes,

    エンデバーには、熱防護システムに始まり、いくつかの新しいパラシュートを追加するなどの調整が行われました。

  • and increasing the propellant on the pad abort system. The extra fuel will improve the safety

    とパッドアボートシステムの推進剤を増やしました。燃料を増やすことで、安全性が向上する

  • systems of the capsule which allow it to launch off the Falcon 9 rocket and maneuver itself

    ファルコン9ロケットからの打ち上げと操縦を可能にするカプセルのシステム

  • away if there's an emergency. Crew-2 will launch out of NASA's Kennedy

    緊急時には離れた場所へクルー2は、NASAのケネディ基地から打ち上げられます。

  • Space Center and will be in orbit for about a day before it docks with the ISS and when

    宇宙センターでは、ISSとドッキングするまでの約1日の間、軌道上を移動し、いつ

  • it does, it will be filled with 11 people in total. Crew-2 AND Crew-1 will be aboard

    実現すれば、合計11人が乗り込みます。クルー2とクルー1が搭乗します

  • the station at the same time. Although it will be cramped space lasting roughly a week,

    を同時に行っています。狭い空間ではありますが、だいたい1週間程度の滞在となります。

  • the crews are taking advantage of the extra set of hands. They'll start conducting scientific

    クルーたちは、この人手の多さを利用して科学的な調査を開始します。

  • research such as ultrasound testing and watching cotton grow in microgravity. The crew will

    超音波検査や微小重力下での綿花の生育状況の観察などの研究を行っています。クルーは

  • also be responsible for installing the station's new solar arrays which will increase the station's

    また、ステーションの太陽電池アレイの設置も担当します。

  • total power from 160 to 215 kilowatts. Crew-2 will be able to return home in 6 months.

    総出力は160キロワットから215キロワットへ。クルー2は6ヵ月後に帰国することができる。

  • A flight like this from the three space agencies hasn't been made in 20 years. It may not

    3つの宇宙機関によるこのようなフライトは、20年ぶりのことです。実現しないかもしれません。

  • seem like a big deal, but international collaborations like these are important.

    と思われるかもしれませんが、このような国際的な共同作業は重要です。

  • It makes things more complicated. Yeah, we don't speak the

    それは物事をより複雑にする。ええ、私たちはそのようなことは話しません。

  • same language. We don't have those same priorities all the time. in the end, it makes you better,

    同じ言語。私たちは常に同じ優先順位を持っているわけではありません。最終的には、それがあなたをより良くします。

  • it makes you achieve more.

    より多くのことを達成することができます。

  • Looking ahead to the Moon and Mars. I

    月と火星を見据えてI

  • think we need to continue this international cooperation because a single country can just

    一国の力ではどうにもならないので、このような国際協力を続けていく必要があると思います。

  • cannot do it alone.

    は、一人ではできません。

  • It's also true on this global level, that

    また、このグローバルなレベルでは、次のことが言えます。

  • we have these big dreams, where we look out, you know, to the horizon, and this desire

    私たちは大きな夢を持っていて、地平線を見て、この願望を持っています。

  • to explore the universe around us. And we're always going to be more successful when we

    私たちを取り巻く宇宙を探求するためにそして、私たちは常に、より多くの成功を収めるために

  • work together with our international partners to achieve these incredible dreams.

    このような素晴らしい夢を実現するために、私たちは国際的なパートナーと協力しています。

  • For more Countdown To Launch, check out our playlist here. Don't forget to subscribe

    その他のCountdown To Launchについては、こちらのプレイリストをご覧ください。購読をお忘れなく

  • and if there's another launch you'd like us to cover, let us know in the comments below.

    また、他にも取り上げてほしい製品がありましたら、以下のコメント欄でお知らせください。

  • Thank you so much for watching and I'll see you next time on Seeker.

    ご覧いただきありがとうございました。次回の「Seeker」でお会いしましょう。

At the beginning of 2020, a privately owned company had never launched humans into space

2020年初頭、民間企業が一度も人間を宇宙に打ち上げたことのない

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 クルー 宇宙 ミッション 国際 上げ 飛行

スペースX社は、次の有人宇宙飛行をISSに向けて打ち上げます。 (SpaceX Will Launch Its Next Human Spaceflight to the ISS)

  • 5 1
    Summer に公開 2021 年 04 月 20 日
動画の中の単語