Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • A small isopod scurries along the ocean floor, collecting food.

    海底で餌を集めている小さなイソップ。

  • It can see above it there are no predators, so its scavenging mission can continue without

    上には捕食者がいないことがわかるので、捕食の任務を続けることができます。

  • danger.

    の危険性があります。

  • There is nothing below it except the sand of the sea bed.

    その下には、海底の砂以外何もない。

  • Or so it seems.

    と思われるかもしれません。

  • Suddenly, the sandy floor seems to explode, and a monstrosity bursts forth.

    突然、砂地の床が爆発したかと思うと、怪獣が飛び出してくる。

  • A long snaky worm-like creature with extended antennae and a segmented body extends from

    伸びた触角と分節した体を持つ長い蛇のような虫のような生き物が、から伸びています。

  • its burrow and lightning-fast, grabs the isopod in its jaws.

    巣穴の中で、電光石火の速さで、イソップを顎で掴む。

  • Just as fast, predator and prey sink back into the sand, never to be seen again - at

    同じ速さで、捕食者と獲物は砂の中に沈み、二度と姿を現さない。

  • least until the hunter is hungry again

    少なくとも、ハンターが再び空腹になるまでは...。

  • Something out of a horror movie?

    ホラー映画のような?

  • Not quite.

    そうではありません。

  • It was the beginning of 2021 when Ludvig Lowemark, a scientist from National Taiwan University,

    台湾大学の科学者であるLudvig Lowemark氏が、2021年の初めのことでした。

  • announced that he and his fellow geoscientists had made a disturbing discovery in the sea

    彼と仲間の地質学者たちは、海の中で気になる発見をしたと発表しました。

  • beds.

    のベッドを使用しています。

  • It was a creature that was one of the ocean's deadliest predators twenty million years ago,

    2,000万年前には海の最凶の捕食者であった生物だ。

  • but it wasn't an ancient whale or shark, or a giant squid that wrapped unsuspecting

    しかし、古代のクジラやサメでもなく、巨大なイカでもなく、無防備な人を包み込むような

  • prey up in its tentacles.

    獲物を触手で掴む。

  • It was a worm.

    虫でした。

  • But definitely not like the earthworms you see in your garden.

    しかし、庭にいるようなミミズとは全く違います。

  • We don't know as much about these ancient forms of life as we'd like, because fossils

    太古の生命体のことは、化石があるためにあまり知られていません。

  • usually require one thing to be left behind - bones.

    そのためには、骨を残すことが必要です。

  • And that makes studying invertebrates tricky.

    そのため、無脊椎動物の研究は厄介です。

  • But this mysterious worm, named Pennichnus, had a few factors that made it different from

    しかし、Pennichnusと名付けられたこの謎の虫には、いくつかの要素がありました。

  • most invertebrates.

    ほとんどの無脊椎動物。

  • For one, it had an exoskeleton that was more likely to be left behind and survive in fossils.

    一つは、外骨格を持っていたことで、化石として残っている可能性が高くなりました。

  • Second, it had distinctive burrows that were easy to be identified in the rock that was

    2つ目は、特徴的な巣穴を持っていて、それが岩の中にあっても識別しやすかったことです。

  • preserved.

    を保存しました。

  • Finally, it was big.

    ようやく大きくなりました。

  • Really big.

    本当に大きい。

  • So, how big can a worm get?

    では、ワームはどれくらい大きくなるのでしょうか?

  • Ludvig Lowemark and his team believe Penninchus could have grown to be as large as six feet

    Ludvig Lowemark氏らの研究チームは、Penninchusが6フィートの大きさにまで成長していたと考えている。

  • long or larger - making them a threat not just to unfortunate fish or isopods that wandered

    の長さまたはそれ以上の大きさで、不幸にして魚や等脚類が迷子になっただけでなく、その脅威となっています。

  • by, but to larger prey - including humans if they happened to be around.

    そして、より大きな獲物(たまたま近くにいた人間も含む)を狙っています。

  • However, these creatures weren't easy to find.

    しかし、この生き物は簡単には見つからない。

  • They were likely masters of disguise, and functioned less as apex predators on the hunt

    彼らはおそらく変装の達人であり、狩りをする頂点の捕食者としての機能はあまり持っていない。

  • than as living deathtraps waiting to be triggered.

    それは、生きている死骸のようなものではなく、引き金になるのを待っているようなものです。

  • People have compared them to a pair of iconic monsters from science fiction - the Sarlacc

    SFの象徴的なモンスターである「サーラック」と比較されることもあります。

  • Pit from Star Wars and the Sandworms from Dune - both of whom lay in wait in the sand

    スターウォーズのピットとデューンのサンドウォーム、どちらも砂の中で待機している

  • until their prey came into range.

    獲物が射程に入るまで

  • But Penninchus may be more vicious than either of them.

    しかし、Penninchusはそのどちらよりも悪質かもしれません。

  • The scientists carefully reconstructed the creature's burrow from samples of rock found,

    科学者たちは、発見された岩石のサンプルから生物の巣穴を注意深く復元しました。

  • and nearly complete fossils were found inside.

    の中から、ほぼ完全な化石が発見されました。

  • The creature would lurk inside, completely concealed except for one part of its body

    その生物は、体の一部を除いて完全に隠された状態で中に潜んでいた。

  • - its long antennae, that it used as feelers.

    - その長い触角は、感覚として使われていました。

  • These sensors would alert the creature to when an unfortunate sea creature was passing

    これらのセンサーは、不幸な海の生き物が通過した時に、生き物に警告を与えます。

  • in range, and like a loaded spring it would burst out of its burrow.

    射程距離に入ると、負荷のかかったバネのように穴から飛び出してきます。

  • This is similar to the trap system used by an iconic plant - the Venus Flytrap, which

    これは、象徴的な植物であるVenus Flytrapが採用しているトラップシステムに似ています。

  • snaps shut when it senses movement.

    動きを感知するとパタンと閉じます。

  • But unlike the hungry plant, Penninchus had one advantage.

    しかし、空腹の植物と違って、ペニンチュスには一つの利点があった。

  • It could fight.

    戦うことができた。

  • And when it got prey in its jaws, it didn't back down.

    そして、獲物を捕らえても一歩も引かなかった。

  • When Penninchus latched onto its prey, the fight was just beginning.

    Penninchusが獲物を捕らえた時、戦いは始まったばかりだった。

  • The monster worm would recede back into its burrow, but the grabbed creature would still

    モンスターワームは巣穴に戻っていきますが、掴まれた生物はまだ

  • be alive.

    be alive

  • There would often be a pitched battle under the sand, as the creature desperately tried

    砂の下では、生き物が必死になって戦っている姿がよく見られます。

  • to escape and the worm clamped down tighter to finish it off.

    虫が逃げようとすると、より強く締め付けてとどめを刺す。

  • This often led to distinctive markings around the burrow from the disturbances - but it

    そのため、巣穴の周りには外乱による特徴的なマーキングが見られることが多いのですが、それは

  • was likely that most if not all the battles ended with a Penninchus with a full belly.

    は、すべての戦いが、お腹いっぱいになったペニンチスで終わったのではないだろうか。

  • But what would happen if the creature bit off more than it could chew?

    しかし、もしその生物が噛み砕いてしまったらどうなるでしょうか?

  • While we don't have many fossils to indicate this, Penninchus seems to be built in a way

    これを示す化石はあまりありませんが、Penninchusはそのように作られているようです。

  • that would allow it to be very flexible.

    これにより、非常に柔軟な対応が可能になります。

  • That means it wouldn't be vulnerable to a larger prey snapping it in two, and it has

    つまり、より大きな獲物に真っ二つにされても壊れないということであり

  • no bones to break.

    骨が折れることはありません。

  • If it was in a pitched battle that it was in danger to losing, the odds are it would

    負けそうな戦いになった場合、その確率は

  • simply release its powerful jaws and let its prey swim or scuttle away - if it was in any

    その強力な顎を解放して、獲物を泳がせたり、逃げさせたりするだけで、もし、それが

  • shape to do that after the initial bite.

    の形をしていて、最初のバイトの後にそれをする。

  • Live and attack another day.

    生きて、別の日に攻撃する。

  • There's bound to be something swimming by soon.

    すぐに何かが泳いでくるはずだ。

  • But what if Penninchus had to go after Earth's dominant lifeform today?

    しかし、もしもペニンチュスが、現在の地球の支配的な生命体を狙わなければならないとしたら?

  • At six feet, Penninchus is longer than many humans - and could definitely pose a threat

    人間の体長よりも長い6フィートのPenninchusは、間違いなく脅威となる。

  • to us if it existed today.

    があったとしたら、それは私たちのためのものです。

  • There's just one problem for the monster worm - what would it do with us?

    ただ、モンスターワームには一つ問題がある。

  • While it may be close to us in length, it's definitely not in overall size, and definitely

    長さでは私たちに近いかもしれませんが、全体の大きさでは絶対に違うし、絶対に

  • wouldn't be able to eat us.

    は、私たちを食べることができないでしょう。

  • But that doesn't mean encountering them would be a pleasant experience.

    しかし、だからといって、彼らとの出会いが楽しいものであるとは限りません。

  • Humans walking along the sea bed could definitely trigger its antennae, and between their speed

    海底を歩く人間は、確実にそのアンテナを作動させることができるし、その速度の間には

  • of attack and powerful bite, they could definitely cause some serious damage.

    の攻撃力と強力な噛みつき力で、大きなダメージを与えることは間違いありません。

  • The effect might be similar to the Mantis Shrimp, another sea-bed predator that punches

    この効果は、海中の別の捕食者であるシャコのパンチにも似ているかもしれません。

  • above its weight class.

    その重量クラス以上の

  • This crustacean kills by delivering a devastating high-speed punch with its leg.

    この甲殻類は、足で壊滅的な高速パンチを与えて殺す。

  • The impact is so powerful, the creature gained the nicknameToe-Splitter” - with many

    そのあまりの衝撃に、この生物は「Toe-Splitter」というニックネームで呼ばれるようになりました。

  • of its victims needing surgery.

    犠牲者のうち手術を必要とする人は

  • The good news is, Penninchus is extinct and humans aren't likely to encounter it - right?

    朗報は、ペニンチスは絶滅しており、人間が遭遇する可能性はないということですね。

  • Yes...and no.

    はい...そして、いいえ。

  • We only have a few fossils of this ancient sea worm and some fossilized burrows.

    この古代の海虫の化石は数個と、巣穴の化石しかありません。

  • So how do Dr. Ludvig Lowemark and his team know so much about how it lived and hunted?

    では、Ludvig Lowemark博士とそのチームは、どのようにしてこの生物の生活や狩りについてこれほどまでに知ることができたのでしょうか?

  • It's because there is a creature living today that may be a direct descendant - and

    直系の子孫と思われる生物が今生きているからである-と。

  • while it may be smaller, it's no less dangerous and terrifying.

    小さくても、危険で恐ろしいことに変わりはありません。

  • Eunice Aphroditois is a benthic bristle worm that lives in warm ocean waters, but is much

    Eunice Aphroditoisは暖かい海水に生息する底生動物の毛虫ですが、はるかに

  • more known by its more colorful name - the Bobbit Worm.

    は、よりカラフルな名前で知られるボビットワーム。

  • Named after the famous case of Lorena Bobbit, who hacked off her abusive husband's...member

    虐待を受けた夫の体を切り落としたロレーナ・ボビットの有名な事件にちなんで名付けられました。

  • in 1993.

    1993年のことです。

  • What's the connection between this worm and that case?

    このワームとあの事件との関連は?

  • Well, the worm's vicious snapping motion made people think it could take off members

    このワームは、その凶暴な動きから、メンバーが飛び立つのではないかと思われていました。

  • in a hurry.

    を急いでいます。

  • Could that happen?

    そんなことがあるんですか?

  • Probably not - but no one's looking to find out.

    おそらくそうではないだろうが、誰もそれを知ろうとはしない。

  • Typically living among coral reefs, this modern worm can be as small as four inches - but

    サンゴ礁に生息するこの現代の虫は、4インチほどの大きさになりますが

  • the biggest and most well-fed specimens can grow to as much as ten feet.

    大きな個体や栄養状態の良い個体は10フィートにもなります。

  • Despite this long body, it's still very thin - only an inch wide at most.

    このような長いボディにもかかわらず、幅は最大でも1インチ程度と非常に薄い。

  • With no eyes, it hunts entirely using its antennae as feelers and has a similar hard

    目がなく、触覚だけで狩りをし、同じような硬さの

  • exoskeleton to the ancient version.

    外骨格を古代版に

  • While it's not known if Penninchus had similar features, this creature has retractable mandibles

    Penninchusが同様の特徴を持っていたかどうかは不明だが、この生物は格納式の大あごを持っている

  • that are strong enough to snap prey clean in half.

    獲物を真っ二つに折ってしまうほどの強度がある。

  • And just like its ancestor, it's a master of disguise.

    祖先のように、変装の達人です。

  • The Bobbit Worm became famous in 2013, when an aquarium's staff noticed something disturbing

    ボビットワームが有名になったのは、2013年にある水族館のスタッフが不穏な動きに気づいたことがきっかけでした。

  • in their fish tank.

    水槽の中の

  • The collection of coral seemed to be getting smaller and smaller, almost like something

    珊瑚の集合体がどんどん小さくなっていくように見えた。

  • had been eating it.

    は、それを食べていた。

  • After observing the tank carefully for a while, they saw something moving in there - something

    しばらく注意深く観察していると、水槽の中で何かが動いているのが見えてきました。

  • that shouldn't be there.

    本来あるべきではない

  • The Bobbit Worm had likely hitched a ride back when it was tiny, and had been growing

    ボビットワームは、小さい頃に乗ってきたのか、どんどん成長していきました。

  • fat on the tank for years.

    何年も前からタンクには脂肪がついています。

  • By the time the aquarium staff finally noticed it, the creature had grown to over four feet

    水族館のスタッフがようやく気付いた時には、その生物は4フィート以上に成長していました。

  • in length - and it was going to keep growing as long as it had things to eat in the tank.

    水槽の中に食べるものがある限り、どんどん成長していきました。

  • But one detail indicated just how much of an invasive threat these worms could be.

    しかし、この虫がどれだけ侵略的な脅威となりうるかを示す詳細がありました。

  • The long creature covered in small spiked tentacles seemed to move as one, but before

    小さなトゲのついた触手に覆われた長い生物は、一体となって動いているように見えたが、その前に

  • the surveillance video that had discovered it started, its tail had been cut off.

    発見した監視カメラの映像では、尻尾が切られていた。

  • And before the footage of the worm ended, the tail seemed to slither away independently

    そして、ワームの映像が終わる前に、尻尾が独立してそそり立っているように見えました。

  • - indicating that each segment of the worm could potentially become its own creature.

    - これは、ワームの各セグメントが独立した生物になる可能性があることを示しています。

  • And when the worm is as hungry and as deadly a predator as this one, that could be a major

    虫がこの虫のように食欲旺盛で致命的な捕食者であれば、それは大きな問題となるでしょう。

  • problem for any bodies of water it swims in - both as small as a fish tank, and as large

    水槽のような小さなものから大きなものまで、あらゆる水域で問題を起こします。

  • as a sea.

    海のように。

  • But some scientists worry that the creature may have another deadly weapon in its arsenal.

    しかし、一部の科学者は、この生物が別の致命的な武器を持っているのではないかと心配しています。

  • When the Bobbit Worm became world-famous in 2013, everyone wanted to study the four-four

    2013年にボビットワームが世界的に有名になると、誰もが4-4を研究したいと思うようになりました。

  • creature they nicknamedBarry”.

    クリーチャーは「バリー」という愛称で呼ばれていました。

  • A newspaper quickly claimed that the worm likely had a devastating venom in its bristles

    新聞社は、この虫の毛には恐るべき毒があると主張した。

  • - possibly causing permanent numbness and paralysis in humans who touch it.

    - 触れた人間に永久的なしびれや麻痺を引き起こす可能性があります。

  • But scientists studying Barry raised doubts - the theory about the venom came from assessing

    しかし、バリーを研究している科学者たちは疑問を投げかけた。

  • another family of worms called fireworms that have bristles capable of causing severe skin

    また、火虫と呼ばれる虫の仲間には、皮膚に深刻な影響を与える剛毛があります。

  • irritation.

    刺激を与えます。

  • However, the bobbit worms seem to be something very different despite some physical similarity

    しかし、ボビットワームは、物理的には似ていても、全く違うもののようです

  • to fireworms.

    からホタルまで。

  • And possibly far more ancient.

    そして、もしかしたらもっと古いかもしれません。

  • The bobbit worm can cause a lot of havoc in fish tanks, but it's far more dangerous

    ボビットワームは、魚の水槽の中で大混乱を引き起こしますが、それよりもはるかに危険です。

  • to the creatures it encounters in the wild.

    野生の生物との出会いを大切にしています。

  • It has a wide range, living in sandy and muddy areas near coral reefs.

    範囲が広く、サンゴ礁の近くの砂地や泥地に生息しています。

  • But it's notoriously hard to detect due to its ability to blend into its surroundings

    しかし、周囲の環境に溶け込むことができるため、発見されにくいという特徴があります。

  • and its habit of burrowing into the ground.

    と地中に潜り込む習性があります。

  • It can live deep under the water - as deep as 285 feet.

    水深285フィートの深海にも生息しています。

  • And while most of its prey never see it coming, a few fish have developed a unique defense

    ほとんどの獲物はそれに気づかないが、少数の魚は独自の防御方法を開発している。

  • mechanism.

    のメカニズムを紹介します。

  • A group of fish swim over the sea bed.

    海底を泳ぐ魚の群れ。

  • Suddenly, the worm strikes, grabbing one of them.

    突然、ワームが襲ってきて、一人をつかみます。

  • But the other fish don't swim away and leave their schoolmate to its fate.

    しかし、他の魚たちは泳ぎ去ることなく、同級生を運命に任せてしまう。

  • Instead, they mob the worm, shooting the worm and its burrow with jets of water from their

    その代わりに、彼らはワームを暴徒化させ、ワームとその巣穴を水のジェット噴射で撃ちます。

  • mouth, hoping to disorient it and make it let the other fish go.

    混乱させて、他の魚を逃がすようにするためです。

  • Does it work?

    効果はありますか?

  • Not always, but it gives them a fighting chance - and proves that in nature, few creatures

    必ずしもそうではありませんが、彼らに戦うチャンスを与え、自然界ではほとんどの生物が

  • are without some kind of defense.

    は、何らかの防御手段がないと

  • But has this nightmare worm really been stalking the seas for twenty million years?

    しかし、この悪夢のような虫は、本当に2,000万年前から海を闊歩していたのだろうか?

  • It's too early to tell if Eunice Aprhoditois and Penninchus are the same creature, but

    ユーニス・アプリホディトワとペンニンチュスが同じ生き物かどうかを判断するのはまだ早いですが

  • they're likely closely related.

    近い関係にあると思われます。

  • A look at the Bobbit Worm's reproductive cycle indicates they can live three to five

    ボビットワームの繁殖サイクルを見ると、3~5回は生きられるようです。

  • years, but their eggs have a harder go of it - often being eaten by other animals before

    しかし、彼らの卵はより困難で、しばしば他の動物に食べられてしまいます。

  • hatching.

    のハッチングを行います。

  • Which may be the only time the nightmare worm is prey rather than predator.

    これは、ナイトメアワームが捕食者ではなく獲物である唯一のケースかもしれません。

  • How big would Penninchus grow?

    Penninchusはどのくらいの大きさになるのでしょうか?

  • What were the biggest animals it hunted in ancient times?

    古代に狩りをしていた最大の動物は何だったのか?

  • The life cycle of its modern relative may provide some clues, but for now, the ancient

    現代の親戚のライフサイクルが何かのヒントになるかもしれませんが、今のところ、古代の

  • nightmare worm found in the seas off Taiwan is keeping many of its secrets locked up in

    台湾沖で発見された悪夢のようなワームは、その秘密の多くが隠されている。

  • the past.

    過去の話です。

  • And most people are probably happy they won't be encountering it any time soon.

    そして、ほとんどの人は、すぐに遭遇することがないことを喜んでいるでしょう。

  • For more on nature's deadliest small predators, check outMurder Hornet Sting, This Is

    自然界で最も致命的な小さな捕食者については、「スズメバチに刺された殺人事件、これは」をご覧ください。

  • How Painful It Is”, or watchMost Venomous Animals In The World You Should Watch Out

    How Painful It Is」、または「Most Venomous Animals In The World You Should Watch Out」をご覧ください。

  • For!” for some of the animal kingdom's secret killers.

    動物界の秘密の殺し屋たちを「For!

A small isopod scurries along the ocean floor, collecting food.

海底で餌を集めている小さなイソップ。

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 ワーム 生物 獲物 捕食 化石 水槽

悪夢のようなワームに科学者たちは大興奮 (Nightmare Worm has Scientists Completely Freaked Out)

  • 4 1
    Summer に公開 2021 年 04 月 20 日
動画の中の単語