Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • We've all seen the meme: “I don't want to live on this planet anymore”.

    私たちは皆、このミームを見たことがあります。"I don't want to live on this planet"(もうこの星には住みたくない)。

  • Well, did you know the US military apparently feels the same way, because they are putting

    米軍も同じように考えていることをご存知でしょうか。

  • some big plans in motion for the Moon.

    月には大きな計画があります。

  • That's right, besides being the reason why the tides change and, according to your astrologically-inclined

    そう、潮の流れが変わる理由でもあるし、占星術に詳しい人によると

  • friends, the reason why you've been so irritated this week, the Moon is also the next big frontier

    友よ、今週のイライラの原因は、月は次の大きなフロンティアでもある。

  • for the US army.

    米軍のために。

  • So what exactly is this high-level operational plan the US military has for the big orb in

    では、米軍が持っている「ビッグオーブ」のハイレベルな作戦計画とは一体何なのか。

  • the night sky?

    夜空は?

  • We sent our investigators into the secret files of the Pentagon - something we probably

    私たちは、ペンタゴンの秘密のファイルに調査員を送り込んだ。

  • shouldn't admit online - to find out.

    はオンラインで認めてはいけないと思います。

  • When you hear about people colonizing the Moon, you might be imagining domed, high-tech

    月を植民地化するという話を聞くと、ドーム型のハイテク施設を想像するかもしれません。

  • cities with jets whizzing around and holograms everywhere.

    ジェット機が飛び交い、いたるところにホログラムがある都市。

  • These visions of space colonization have been around for decades, if not centuries.

    このような宇宙植民地化のビジョンは、何世紀とは言わないまでも、何十年も前からあった。

  • After all, plans to get people on the Moon are nothing new.

    月に人を送り込む計画は、今に始まったことではありません。

  • Before Neil Armstrong and Buzz Aldrin even landed on the Moon in 1969, when the US'

    1969年にニール・アームストロングとバズ・オルドリンが月面に着陸する前、アメリカでは

  • obsession with space was at its peak, the government was already proposing military

    宇宙への憧れが頂点に達していた当時、政府はすでに軍事的な提案を行っていた。

  • bases on the crater-filled rock that orbits us.

    私たちの周りを回っているクレーターだらけの岩の上にある基地。

  • Project Horizon, a study done in 1959, looked into how feasible a military base on the Moon

    1959年に行われた「プロジェクト・ホライズン」では、月面に軍事基地を設置することの実現性を検討しました。

  • might be, with twelve soldiers stationed there by 1966 to safeguard it.

    1966年には12人の兵士が駐留し、その安全を確保していた。

  • We're not quite sure what they thought the Moon needed safeguarding from, but based on

    月を何から守る必要があると考えたのかは定かではありませんが、その根拠は

  • the year and the object of US paranoia at the time, we're going to assume it was communists.

    年と当時のアメリカのパラノイアの対象であったことから、共産主義者であったと仮定します。

  • Either way, the idea was scrapped by Eisenhower, who, although being a fan of space and the

    いずれにしても、アイゼンハワーは、宇宙と宇宙飛行士のファンであったが、このアイデアは破棄された。

  • founder of NASA, decided to focus on more earthly projects like economic growth and

    NASAの創始者である彼は、経済成長や環境保護などの地球規模のプロジェクトに注力することを決めました。

  • building an Interstate Highway System.

    インターステート・ハイウェイ・システムの構築

  • In the present day, now that we have either a) apparently solved all our Earth issues

    現代は、(1)地球の問題をすべて解決したように見えること。

  • or b) are starting to suspect Earth doesn't want us around for that much longer, the US

    あるいは、b)地球が我々をこれ以上長くは必要としていないのではないかと思い始めたとき、米国は

  • military is once again seriously setting its sights on these other corners of our galaxy,

    軍隊は再び、銀河系外に真剣に目を向けようとしている。

  • starting with what NASA callsthe gateway to our solar system” - the Moon.

    まずは、NASAが「太陽系の玄関口」と呼ぶ月から。

  • However, the first thing the US military aims to build is something that might sound a little

    しかし、米軍が最初に作ることを目指しているのは、ちょっと聞こえが悪いかもしれませんが

  • mundane to those of us envisioning the new Star Wars-like future: factories.

    スターウォーズのような新しい未来を想像している私たちにとって、工場というのはありふれたものです。

  • It does make sense in some ways.

    確かに納得できる部分もあります。

  • If the US military is going to set up permanent dwellings and habitats on the Moon, those

    米軍が月に恒久的な住居や居住施設を設置するのであれば、それらの

  • structures all need to be manufactured, assembled, and built somewhere.

    すべての構造物は、どこかで製造され、組み立てられ、構築される必要があります。

  • And as we've previously discussed on this channel, carrying large loads into space is

    また、このチャンネルでも以前ご紹介したように、大きな荷物を宇宙に運ぶことは

  • prohibitively expensive and time-consuming.

    非常に高価で時間のかかるものです。

  • So what's the solution?

    では、どのような解決策があるのでしょうか?

  • Build it all in space instead!

    その代わりに、宇宙ですべてを構築します。

  • More specifically, in orbit or on the lunar surface - for now, anyway.

    具体的には、軌道上や月面での活動です。

  • DARPA - the Defense Advanced Research Projects Agency, and definitely not the supervillain

    DARPA - 国防高等研究計画局、超悪玉ではありません。

  • conglomerate it sounds like - has started a new program to build manufacturing technologies

    製造技術を構築するための新しいプログラムを開始しました。

  • that can be implemented off-Earth.

    は、地球外でも実施可能なものです。

  • The program is called NOM4D - Novel Orbital and Moon Manufacturing, Materials and Mass-efficient

    このプログラムは、「NOM4D - Novel Orbital and Moon Manufacturing, Materials and Mass-efficient」と呼ばれています。

  • Design.

    デザイン。

  • In addition to research projects, DARPA also apparently specializes in tongue twisters.

    また、DARPAは研究プロジェクトだけでなく、舌打ちも得意としているようだ。

  • As Bill Carter, the program manager of the Defense Sciences Office stated, the point

    防衛科学局のプログラムマネージャーであるビル・カーター氏が述べているように、ポイントは

  • of the program is to, “develop foundational materials, processes, and designs needed to

    このプログラムの目的は、「次のステップに必要な基礎的な材料、プロセス、設計を開発する」ことです。

  • realize in-space manufacturing of large, precise, and resilient Defense Department Systems”.

    大規模、精密、弾力性のある国防省システムの宇宙製造を実現する」。

  • In other words, this means we as a species have to completely reconceptualize how we

    言い換えれば、これは、私たち人類が、どのように行動するかを完全に再認識しなければならないということです。

  • go about designing, manufacturing, and creating structures, as they have to adapt to a - quite

    構造物の設計、製造、作成を行う際には、-かなり-に対応しなければなりません。

  • literally - alien atmosphere.

    文字通り、異質な雰囲気。

  • One idea is to use lunar regolith from the Moon - similar to volcanic sand on Earth - to

    一つのアイデアは、地球上の火山砂に似た月のレゴリスを使って

  • build such structures.

    このような構造物を作る。

  • Professor Matthias Sperl, who has worked with the German Space Agency, says these materials

    ドイツ宇宙庁と共同研究を行ってきたマティアス・シュパール教授は、これらの素材について

  • would allow engineers to build igloo-like structures on the Moon's surface.

    これにより、月面にイグルーのような構造物を作ることができます。

  • While theoretically, lunar regolith can be made as strong as concrete, we do not yet

    月のレゴリスは、理論的にはコンクリートのように強くすることができますが、私たちはまだ

  • have the technology to do so.

    は、そのための技術を持っています。

  • So far, only one-fifth of concrete's strength has been achieved with regolith.

    これまで、レゴリスではコンクリートの5分の1の強度しか得られていない。

  • But this is why DARPA wants private proposals for Moon manufacturing - there has to be a

    しかし、これがDARPAが月面製造のための民間提案を求める理由です。

  • solution people haven't thought of, or, invented yet.

    人々がまだ考えていない、あるいは発明していないソリューション。

  • More advanced systems like antennas and solar panels will be made from materials transported

    アンテナやソーラーパネルなどのより高度なシステムは、輸送される材料から作られます。

  • from Earth, but assembled on the Moon, which will make them more precise and weight efficient

    地球上ではなく、月面で組み立てることで、より精密で軽量なものになります。

  • in the lunar atmosphere.

    月の大気中の

  • Besides the fact that it makes more logistical sense to build space structures in space using

    また、宇宙構造物を宇宙で作る方が物流的にも合理的であるということもあります。

  • local materials, instead of having to transport everything from Earth, the idea behind NOM4D

    NOM4Dのアイデアは、地球からすべてを輸送するのではなく、地元の素材を使うこと。

  • is also that technologies and structures made in space to begin with will be better able

    は、そもそも宇宙で作られた技術や構造物の方が、より優れているということでもあります。

  • to withstand the extreme conditions of life on the Moon.

    月での生活に必要な過酷な条件に耐えられるように。

  • The structures can also be more reliably tested in the atmosphere and conditions which they

    また、その構造を、実際に使用される環境や条件で、より確実にテストすることができます。

  • will end up occupying.

    が占めることになるでしょう。

  • If they were being built on Earth, an exact recreation of lunar conditions to test structures

    地球上で建設する場合は、月面の状態を正確に再現して構造をテストします。

  • in would be almost impossible to do.

    をするのはほとんど不可能でしょう。

  • Why?

    なぜ?

  • Though it might look pretty and romantic to us down here on Earth - or like a big pizza

    地球上の私たちには、きれいでロマンチックに見えたり、大きなピザのように見えたりするかもしれませんが

  • pie according to one Mr. Dean Martin - the Moon is shockingly inhospitable to human life,

    ディーン・マーティン氏によると、月は人間の生活には適していないという。

  • and therefore, also to most of what humans have built.

    つまり、人間が作ったほとんどのものにも言えることです。

  • Temperatures hover between 127 and -173 degrees Celsius, or approximately 260 and -343 degrees

    温度は摂氏127~-173度、約260~-343度の間で推移する。

  • Fahrenheit, much of it depending on if you're on the shade; aka the dark side of the Moon.

    華氏は、あなたが日陰、つまり月の裏側にいるかどうかで大きく変わります。

  • Think of this temperature fluctuation like having to put on a jacket after the sun goes

    この温度変化は、太陽が沈んだ後に上着を着るようなものだと思ってください。

  • down, except a thousand times more extreme and the weather immediately kills you.

    しかし、それは1000倍も極端なもので、天候によってはすぐに死んでしまいます。

  • So actually, nothing like that.

    だから、実際にはそんなことはありません。

  • To give you an idea of how insane these temperature jumps are, the lowest temperature ever recorded

    この気温の変化がどれほど異常かというと、これまでに記録された最低気温は

  • on Earth was -128.6 degrees Fahrenheit at the Soviet Vostok Station in Antarctica, compared

    地球上では、南極のソ連ボストーク基地では華氏-128.6度だったのに対し

  • to the Moon's low of -343 degrees.

    を、月の最低気温-343度まで下げました。

  • Meanwhile, the Moon's high of 260 degrees is about 50 degrees higher than the temperature

    一方、月の最高気温は260度で、気温よりも約50度高くなっています。

  • for boiling water.

    沸騰したお湯に

  • To add to the hindrances of life and industry on the Moon, one lunar day is about 29 Earth

    さらに、月での生活や産業の妨げになるのは、月の1日が地球の約29

  • days.

    日間です。

  • The means there are two weeks of sunshine, and then two weeks of darkness.

    日照時間が2週間あり、その後2週間は暗闇になるということです。

  • So using solar power, which might otherwise be a great idea for a celestial body that

    そのため、太陽電池を使用することは、他の天体にとっては素晴らしいアイデアかもしれませんが

  • spends a good amount of time getting pelted by the sun, will also pose challenges.

    また、太陽の光を浴びる時間が長いことも課題となります。

  • There's no wind for wind power, and the lunar atmosphere means we can't exactly

    風力発電のための風はないし、月の大気は正確には何もできない。

  • recreate a lot of the energy generating sources we use here on Earth.

    私たちが地球上で使用しているエネルギー源の多くを再現します。

  • However, DARPA is dead set on overcoming these challenges.

    しかし、DARPAはこれらの課題を克服することに全力を注いでいる。

  • The agency has already publicly stated that in its plans it assumes anestablished

    同機関はすでに、計画において「確立されたもの」を想定していると公言しています。

  • space ecosphere by 2030 comprising reliable logistics and facilities.”

    2030年までに、確実なロジスティックと設備で構成された宇宙生態圏を実現する」。

  • So human inventors, scientists and entrepreneurs need to get the ball rolling on Moon manufacturing,

    そのためには、人類の発明家、科学者、起業家が月面製造に向けて動き出す必要がある。

  • and fast.

    と速い。

  • The point is to createdesigns so mass efficient that they can only be built off-Earth”.

    ポイントは、「地球外でしか作れないような質量効率の良いデザイン」を作ることです。

  • But what does that mean?

    でも、それってどういうこと?

  • Well, first of all, because the Moon's gravity is approximately six times weaker than ours,

    まず、月の重力は人間の約6倍も弱いですからね。

  • a structure on the Moon only needs to have one-sixth of the load bearing strength than

    月面の構造物は、月面の構造物の6分の1の耐力があればよい。

  • it would here - [pause] - in this video we're assuming everyone reading this is currently

    このビデオでは、これを読んでいる皆さんが、現在は

  • on planet Earth.

    地球上の

  • In addition to this efficiency though, other factors need to be taken into consideration.

    しかし、この効率性に加えて、他の要素も考慮する必要があります。

  • One of the most important is shielding.

    中でも重要なのがシールドです。

  • The surface of the Moon is pelted with continuous solar and cosmic radiation, as well as meteorite

    月の表面には、絶え間なく降り注ぐ太陽や宇宙からの放射線に加えて、隕石

  • impacts.

    の影響を受けています。

  • In order to have any kind of longevity, structures have to be able to withstand these dramatic

    長寿命であるためには、これらの劇的な変化に耐えられる構造でなければなりません。

  • environmental pressures.

    環境プレッシャー。

  • Even worse, if you've ever been in a dust storm or in the general direction of Nevada,

    砂嵐の中にいたり、ネバダ州の方角にいたことがあればなおさらだ。

  • you know how annoying dry dust clinging to the air all around you can be.

    あなたは、空気中に乾燥した埃がまとわりつくのが気になるでしょう。

  • The Moon's surface is covered with fine particles which frequently and easily get

    月の表面は微細な粒子で覆われているため、頻繁に、そして簡単に

  • shot up into the atmosphere and hang around, especially because there is less gravity to

    特に重力が少ないので、大気中に放出されてぶら下がることができます。

  • bring them down fast.

    速く倒す。

  • That means building surfaces, air-locks, and any other exposed areas have to take this

    つまり、建物の表面、エアロック、その他の露出した部分には、このような対策が必要です。

  • constant dust exposure into consideration as well.

    このような場合には、常に粉塵にさらされていることを考慮しなければなりません。

  • Lastly, the Moon is surrounded by a vacuum.

    最後に、月は真空に包まれています。

  • Certain construction materials will not be chemically or molecularly stable under vacuum

    一部の建設資材は、真空下では化学的または分子的に安定しません。

  • conditions.

    の条件を満たしています。

  • Creating such lunar-resilient structures may sound like an impossible achievement at this

    このような月に強い構造物を作ることは、現時点では不可能なことのように思われます。

  • point; however, you might also be thinking, how much is all this going to cost?!

    しかし、「これだけのことをするのに、いったいいくらかかるんだ?

  • After all, even the best, most ingenious design will need money, and most likely lots of it,

    どんなに優れた、独創的なデザインであっても、お金が必要です。

  • to be implemented.

    を実装する必要があります。

  • Well, in 2016 MarketWatch had estimated that reaching the Moon costs between $7 and $13

    さて、2016年のMarketWatchでは、月への到達コストは7ドルから13ドルと試算されていました。

  • billion, and constructing structures and bases would cost between $28 and $57 billion.

    また、構造物や基地の建設には、280億ドルから570億ドルの費用がかかります。

  • These might sound like astronomical sums, but keep in mind that this is a US military

    天文学的な金額に聞こえるかもしれませんが、これが米軍であることを念頭に置いてください。

  • project.

    プロジェクトに参加しました。

  • An average aircraft carrier costs around $13 billion.

    平均的な空母のコストは約130億ドル。

  • The US Defense Department had a budget of $705 billion in 2020, but total US military

    米国防総省は2020年に7050億ドルの予算を持っていましたが、米軍総

  • spending came out closer to $934 billion.

    の支出は、934億ドルに近い金額になりました。

  • So while getting to the Moon and building on it may be costly, it's not an unreasonable

    ですから、月への到達とその上での建設にはコストがかかるかもしれませんが、それは無理なことではありません。

  • amount of money for something the US military deems a priority.

    米軍が優先しているものには、いくらでもお金がかかります。

  • As for why the US might be moving a Moon base higher up on its priority list, the answer

    アメリカが月面基地建設の優先順位を上げている理由については、次のように答えている。

  • is simple: competition.

    はシンプルに「競争」です。

  • The China National Space Administration - CNSA for short - and European Space Agency - ESA

    中国国家宇宙局(略してCNSA)と欧州宇宙機関(略してESA)は

  • - have already unveiled plans to build Moon bases, with the ESA first announcing its plan

    - 月面基地の建設計画は、すでにESAが最初に発表している。

  • as early as 2016.

    早ければ2016年には

  • In fact, even private enterprises have become involved in this newMoon race”.

    実際、この新しい「月面レース」には、民間企業も参加している。

  • Elon Musk - you didn't think we'd have a discussion about space exploration and somehow

    イーロン・マスク - 宇宙開発についての議論をするとは思わなかったでしょうし、何となく

  • leave out SpaceX's quirky founder did you?

    スペースXの創始者である風変わりな人物を省いてしまったのか?

  • - revealed plans for a lunar colony in August 2017.

    - は、2017年8月に月面コロニーの計画を明らかにしました。

  • Musk is a big believer in making humanityinterplanetary”, and is already offering

    マスク氏は、人類を「惑星間」にすることを強く望んでおり、すでに

  • advance booking for humans to go up into space on one of SpaceX's many rockets.

    スペースX社の数あるロケットの中から、人間が宇宙に行くための事前予約。

  • DARPA seeks to draw on private sector innovators like Musk, and commercial space companies

    DARPAは、マスク氏のような民間のイノベーターや、商業宇宙企業を活用しようとしています。

  • in general to come up with their next big breakthrough, and most importantly, pull ahead

    一般的には、次の大きなブレークスルーを考え、そして最も重要なことは、先を読むことです。

  • of China in the new race to the Moon.

    月への新たな競争における中国の存在。

  • The US government is concerned that if China establishes a base prior to the US, it will

    米国政府は、中国が米国に先んじて基地を設置した場合には

  • be able to claim the best location and resources as well as establish the general rules of

    そのためには、最高のロケーションとリソースを確保することが必要であり、そのための一般的なルールを確立する必要があります。

  • conduct for governments on the Moon going forward.

    今後、月面での政府の活動は

  • The good news is, the US space agency's Artemis program - Artemis being the goddess

    朗報は、米国宇宙機関のアルテミス計画(アルテミスとは女神のこと)で、この計画を実行することができます。

  • of the hunt and the Moon in Greek mythology - aims to have astronauts on the Moon by 2024

    ギリシャ神話に登場する「狩」と「月」にちなんで、2024年までに宇宙飛行士を月に送り出すことを目指しています。

  • to start setting up a permanent human presence.

    人間の永続的なプレゼンスを確立するために

  • And surprisingly, there are some natural resources on the Moon that could be used to aid the

    そして意外にも、月には天然資源があり、それを利用することで

  • construction of a human habitat.

    人間の居住空間の構築。

  • Some scientists hope to tap into the water and material deposits beneath the Moon's

    月の地下にある水や物質の堆積物を利用したいと考えている科学者もいます。

  • surface to help set up a permanent human colony.

    人類の恒久的なコロニーを設立するために。

  • While a more permanent human settlement is being set up, DARPA hopes these manufacturing

    より恒久的な人類の居住地が設定されている間、DARPAはこれらの製造業が

  • facilities will operate mostly with the aid of highly advanced robots, which may be better

    施設は主に高度なロボットの助けを借りて運営されることになりますが、そのロボットの方が優れているかもしれません。

  • adapted to Moon living.

    月の生活に合わせて

  • It's a great inconvenience for us that humans need things like water, food, and, oh yeah,

    人間が水や食べ物、そしてそういったものを必要とするのは、私たちにとって非常に不便なことなのです。

  • a breathable atmosphere to survive.

    生き残るためには、呼吸可能な大気が必要です。

  • However, we seem to be OK with destroying those resources on our planet as well, so

    しかし、私たちは地球上のそれらの資源を破壊することにも問題がないようですので

  • perhaps there's another way to live we don't yet know of.

    私たちの知らない別の生き方があるかもしれない。

  • Currently, the NOM4D program has already officially started.

    現在、NOM4Dプログラムはすでに正式にスタートしています。

  • On February 26, 2021, DARPA held a Proposers' Day event for companies interested in pitching

    2021年2月26日、DARPAはピッチに興味のある企業を対象としたイベント「Proposers' Day」を開催しました。

  • their mass-efficient lunar designs.

    そのためには、質量効率の高い月面設計が必要です。

  • The rest of the program will then be divided into three 18-month phases to createsub-scale

    その後、残りのプログラムは18ヶ月間の3つのフェーズに分けて、「サブスケール

  • exemplar structures” - a fancy way of saying smaller samples - so DARPA can adequately

    模範的な構造」とは、より小さなサンプルという意味で、DARPAが適切に対処できるようにするためのものです。

  • evaluate each proposal's material, manufacturing and design capabilities in order to pick the

    各提案の素材、製造、デザインの能力を評価し、その結果に基づいて選択します。

  • proposal best suited to lunar manufacturing.

    月面での製造に最適な提案。

  • Phase I is proof of concept for the proposed materials and designs.

    フェーズIは、提案された素材とデザインのコンセプトを証明するものです。

  • They must prove that they can meet the structural efficiency targets of the military using DARPA's

    DARPAの構造効率目標を達成できることを証明しなければなりません。

  • exemplar problem of a 1-megawatt solar array.

    1メガワットの太陽電池アレイの例題です。

  • In Phase II, based on the example of a 100 meter diameter radio frequency reflector,

    フェーズIIでは、直径100メートルの電波反射板を例にして

  • companies' designs must focus on risk reduction and surviving the technical maturation of

    企業の設計は、リスクの低減に焦点を当て、技術的な成熟を生き残るためには

  • their technology to continue meeting structural targets while maintaining the precision such

    構造目標を達成し続けるために、彼らの技術は、その精度を維持しながら

  • advanced technology requires.

    高度な技術が必要です。

  • Finally, in Phase III, the proposals must pass through the most stringent test yet,

    最後のフェーズ3では、これまでで最も厳しいテストに合格しなければなりません。

  • enabling infrared reflective structures suitable for use in a long-wave infrared telescope.

    長波長の赤外線望遠鏡に適した赤外線反射構造を実現します。

  • All these phases are programmed to test technologies and designs for the majority of the hardships

    これらのフェーズは、大半の困難に対して技術や設計をテストするためにプログラムされています。

  • they will face on the lunar surface.

    月面で直面するであろうこと。

  • Now for the final, and perhaps most important, question: what exactly will these structures

    さて、最後の、そしておそらく最も重要な問題は、これらの構造物が具体的に何をするのかということです。

  • and manufacturing facilities do on the Moon?

    や製造設備を月に設置するのか?

  • Well...we're not exactly sure.

    そうですね...正確にはわかりません。

  • Since the testing phases have to do with solar arrays, infrared telescopes and radio frequency

    テスト段階では、太陽電池アレイ、赤外線望遠鏡、無線周波数が関係してくるので

  • antennas, it's probable that DARPA hopes to establish some scientific and military

    アンテナは、DARPAが科学的、軍事的に確立したいと考えているのではないでしょうか。

  • activity on their lunar base.

    彼らの月面基地での活動

  • However, the US military has not fully disclosed their plans.

    しかし、米軍はその計画を完全には公表していない。

  • The European Space Agency's director-general, Jan Woerner, has a vision for a “Moon village

    欧州宇宙機関のJan Woerner長官は、"月の村 "のビジョンを持っている。

  • that would include scientists, tourism, and artists.

    科学者、観光客、芸術家など、様々な人が参加しています。

  • And China, quite naturally, refuses to say much at all.

    そして、中国は当然のことながら、何も語ろうとしない。

  • So far, their National Space Administration has just shared plans to build a lunar base

    これまでのところ、米国宇宙局は月面基地の建設計画を発表しただけです。

  • that will be shared by multiple countries.

    複数の国で共有されることになります。

  • Their exploration efforts have focused on the Moon's South Pole, an area many scientists

    彼らの探査は、多くの科学者が関心を寄せる月の南極に焦点を当てています。

  • consider amenable to human habitation - as amenable as any area on the Moon can be - due

    人類の居住に適していると考えられていますが、それは月面上のどの地域でも同様です。

  • to the presence of water ice.

    水の氷の存在を

  • No matter what the outcome of the NOM4D program is, one thing is clear.

    NOM4Dプログラムの結果がどのようなものであっても、一つだけはっきりしていることがあります。

  • After a long pause, we are once again in a new Space Race; or, more accurately, Moon

    長い休止期間を経て、私たちは再び新たな宇宙開発競争、より正確には月面競争に突入しました。

  • Race.

    レース。

  • When do you think the US Military will build bases on the Moon?

    米軍はいつ月面に基地を作ると思いますか?

  • And what do you think they will do there?

    そして、そこで何をすると思いますか?

  • Comment and share your thoughts below!

    あなたの意見を聞かせてください。

  • In the meantime, while you wait for your new Moon home to be built to see if life is any

    その間に、新しい月の家が建つのを待っている間に、人生が少しでも

  • better there, check out this video right here or another one to pass the time!

    それよりも、このビデオや他のビデオを見て、時間をつぶしてください。

We've all seen the meme: “I don't want to live on this planet anymore”.

私たちは皆、このミームを見たことがあります。"I don't want to live on this planet"(もうこの星には住みたくない)。

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 月面 宇宙 米軍 基地 地球 製造

米軍の「月面着陸計画」の全貌 (The US Military's FULL PLAN For the Moon)

  • 1 0
    Summer に公開 2021 年 04 月 20 日
動画の中の単語