Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • April 23, 1771, some people were sitting around reading news articles published by theEssex

    1771年4月23日、何人かの人々が座って、「エセックス」紙が発行したニュース記事を読んでいた。

  • Gazette.”

    ガゼット"

  • One article was dedicated to the punishment of a man named William Carlisle.

    ある記事では、ウィリアム・カーライルという人物の処罰が取り上げられていた。

  • He'd been found guilty of using counterfeit money in the town of Newport, Massachusetts.

    彼は、マサチューセッツ州のニューポートという町で偽札を使った罪で有罪になっていた。

  • The newspaper said he was sentenced to one hour in the pillory, during which time both

    同紙によると、彼は1時間のピロティを言い渡され、その間に両方の

  • his cheeks were branded with the letter “R'.

    彼の頬には「R」の文字が焼き付けられていた。

  • That was because he'd been accused of being a “rogue”.

    それは、彼が「ロクデナシ」だと非難されていたからだ。

  • If that wasn't bad enough, they sliced off both of his ears.

    さらには、両耳を切り落とされた。

  • Needless to say, they were tough on crime back in those days.

    言うまでもなく、当時は犯罪に厳しい時代だった。

  • We found this information in a series of notes and news clippings in something called, “The

    この情報は、「The」という雑誌に掲載されている一連のメモとニュースの切り抜きから見つけました。

  • olden time series - some strange and curious punishments.”

    olden time series - some strange and curious punishments"

  • Most of the crimes and the punishments discussed had taken place in Boston and Salem, Massachusetts.

    議論された犯罪や刑罰のほとんどは、マサチューセッツ州のボストンとセーラムで行われました。

  • It makes for interesting reading.

    読んでいて面白い。

  • Someone who'd written a book that had upset the authorities was forced to literally eat

    権力者を怒らせるような本を書いた人が、文字通り食べることを余儀なくされた。

  • his own words.

    彼の言葉です。

  • That meant the book he'd written was pulled apart and then force-fed to the hapless man.

    つまり、自分の書いた本がバラバラにされて、不幸な男に強制的に食べさせられたのである。

  • He had to eat the pages until the authorities thought if he ate more, he'd die.

    これ以上食べると死んでしまうと当局が判断するまで、ページを食べ続けなければならなかった。

  • For worse crimes, there were worse measures.

    もっとひどい犯罪には、もっとひどい手段があった。

  • Pirates just about always went to the gallows, although those people who'd been forced

    海賊はほとんどが絞首台に送られたが、強制的に殺された人たちは、そのようなことはなかった。

  • to work on pirate ships got off lightly.

    と言って、海賊船で働いていた人たちを軽くあしらった。

  • Robberies also usually meant execution, as did murder, or in one case, an attempted murder

    強盗も通常は処刑を意味し、殺人や、あるケースでは殺人未遂も意味した。

  • of a woman by her husband.

    夫による女性の

  • Petty thievery it seems usually resulted in the accused being whipped.

    些細な盗みであれば、たいていの場合、告発された者は鞭打たれることになるようだ。

  • In another case, a man accused of being a bad husband was paraded through town and shouted

    別のケースでは、悪い夫だと非難された男性が町中をパレードして叫んだ。

  • at by the mobs.

    暴徒に狙われています。

  • As for unruly kids in olden days America.

    昔のアメリカでは、手に負えない子供は

  • Sometimes teachers would make them put walnuts in their mouths, so they were unable to speak.

    先生にクルミを口に入れさせられて、声が出なくなることもありました。

  • Other kids would be forced to walk around all day carrying a heavy stone.

    他の子供たちは、重い石を担いで一日中歩き回らされる。

  • One teacher had something he called thethe mansion of misery”, which was a space he'd

    ある先生は、「不幸の館」と呼ばれる空間を持っていて、そこには

  • drawn with chalk on the floor where naughty kids had to stand for hours perfectly still.

    いたずらっ子が何時間もじっとしていなければならない床に、チョークで描かれています。

  • If they moved, they might take a beating with his paddle.

    もし動いたら、彼のパドルで殴られるかもしれない。

  • Just so you better understand the climate of the times, here are some more punishments

    時代の風潮を理解してもらうために、さらにいくつかの罰則を紹介します。

  • we found: A woman who'd been fighting for women's

    を見つけました。女性の社会進出のために戦ってきた女性が

  • rights was accused of upsetting the elders.

    が、長老たちを怒らせたと非難された。

  • For that, her tongue was literally tied.

    そのために、彼女の舌は文字通り縛られていた。

  • Another person wastied neck and heels and thrown into a pond.”

    また、"首とかかとを縛られて池に投げ込まれた "人もいました。

  • That's just brutal.

    それは残酷なことだ。

  • One person got off lucky and was only, “tied to a tree and chastised.”

    ある人は幸運にも、"木に縛られて懲らしめられた "だけだった。

  • The person who was sentenced to having theirtongue bored with a hot ironwasn't

    熱した鉄で舌を退屈させる」という刑を受けた人は、そうではなく

  • so fortunate.

    は、とても幸運なことです。

  • Quite a few folks were forced to walk on thetreadmill”, which was a bit like a step

    かなりの人が「トレッドミル」で歩かされていましたが、これはちょっとしたステップのようなもので

  • machine in the gym except you couldn't get off.

    降りることができないことを除けば、ジムのマシン。

  • Perhaps the most bizarre punishment we found in this booklet was someone being, “sewed

    この冊子に掲載されている最も奇妙な罰は、「縫われる」というものでした。

  • up in bed-clothes and thrashed.”

    寝間着を着せられて叩かれる」。

  • In view of that, ear-cropping wasn't exactly a big thing back then.

    そう考えると、当時の耳かきは大したものではなかったのかもしれない。

  • There were a whole host of cruel and unusual punishments in what was called the New World.

    新世界と呼ばれていた時代には、残虐な刑罰の数々がありました。

  • But you might be wondering, because they had so many strange punishments, what made the

    しかし、不思議に思うかもしれませんが、あまりにも奇妙な罰が多かったため、何が原因で

  • judge choose a certain one?

    judgeは何を選んだのか?

  • Well, execution was reserved for the worst punishments, and whipping was very common

    まあ、処刑は最悪の罰に限られていて、鞭打ちはごく普通のことだった。

  • indeed.

    のようになりました。

  • When it came to ear-cropping and branding the onus was on making the person live the

    耳かきやブランディングは、その人の生活に密着したものでした。

  • rest of their lives in shame.

    残りの人生を恥じることになります。

  • Forevermore when they walked around people knew they'd committed a crime.

    Forevermoreは、彼らが歩いていると、人々は彼らが犯罪を犯したことに気づく。

  • With branding, a person wore the letter that represented the particular crime.

    ブランディングでは、特定の犯罪を表す文字を身につけていました。

  • So, if they were a cheat, or adulterer as people would say back then, they were branded

    そのため、当時の人たちが言うように、浮気や不倫をすると、烙印を押されてしまうのです。

  • with an A. If they were a blasphemer, they got a B. Drunks, likely drunks who'd caused

    冒涜者にはA、Bが与えられ、酔っぱらいは、原因となった酔っぱらいの可能性が高い。

  • trouble, would forevermore wear a D. Thieves got a T, and people accused of forgery got

    泥棒にはT、偽造の罪に問われた人には

  • an F. So then, why take a person's ear?

    a F. では、なぜ人の耳を取るのか?

  • Well, it's complicated.

    まあ、複雑ですよね。

  • Let's now visit England and see why it happened there.

    では、なぜイギリスでそれが起こったのか、イギリスを訪れてみましょう。

  • Take for instance the story of a man named Thomas Barrie.

    例えば、トーマス・バリーという人の話を聞いてみましょう。

  • He was what was called analmoner”.

    彼は「アルモナー」と呼ばれる人だった。

  • This was a person of the church who did the nice thing of giving alms to the poor.

    この人は教会の人で、貧しい人に施しをするという素敵なことをした人です。

  • It was a good job to have, but it didn't prevent a person from getting into trouble.

    それは良い仕事ではあったが、人がトラブルに巻き込まれることを防ぐことはできなかった。

  • Barrie was around during the reign of King Henry VIII.

    バリーがいたのは、ヘンリー8世の時代。

  • Close to the end of Henry's life, Barrie started saying he'd heard that the king

    ヘンリーの人生の終わり近くになって、バリーは「王様が、このようなことをしたと聞いている」と言い始めた。

  • was already dead.

    はすでに死んでいた。

  • He thought he had reliable sources, so he went about telling people.

    彼は、信頼できる情報源があると思い、人々に伝えていったのです。

  • The trouble was, Henry wasn't dead.

    困ったことに、ヘンリーは死んでいなかった。

  • Saying the king is dead was a huge crime back then, and one that would usually result in

    王様が死んだと言うことは、当時は大罪であり、通常であれば

  • execution since it was an act of treason.

    反逆の行為であるために処刑された。

  • Barrie wasn't sentenced to death, but he was sentenced to standing in the pillory all

    バリーは死刑にはならなかったが、終身刑を宣告されたのである。

  • day long while people in the market square stood around calling him treasonous while

    一日中、市場の広場で人々が彼を反逆者と呼びながら立ち尽くしていた。

  • throwing rotten vegetables at him.

    腐った野菜を投げつける。

  • If that wasn't bad enough, his ears were nailed to the wood.

    それに加えて、耳が木に釘付けされていた。

  • As the sun went down that day, the authorities cut off his ears and let him out of the pillory.

    その日の日没後、当局は彼の耳を切り落として、彼を柱の外に出した。

  • Some sources say he died of shock there and then, but other sources say he lived on.

    その場でショック死したという資料もあるが、生きていたという資料もある。

  • This was one form of cropping.

    これはクロッピングの一つの形です。

  • They always intended to take off his ears, but worse, the punishment was intended for

    彼らは常に彼の耳を取ることを意図していましたが、さらに悪いことに、その罰は

  • the person to struggle in the pillory while dealing with a sometimes hostile mob, and

    時には敵対的な暴徒を相手にしながら、ピローで奮闘する人と

  • therefore rip their own ears off.

    そのため、自分の耳を引きちぎることになります。

  • It was also a symbolic punishment in this case since Barrie had spread rumors which

    また、このケースでは、バリーが噂を広めていたため、象徴的な罰でもありました。

  • had entered other people's heads through their ears.

    は、耳から他人の頭の中に入り込んでいた。

  • Then there was William Prynne.

    そして、ウィリアム・プリンがいた。

  • In the 17th century, he was well-known for writing a lot of pamphlets that delineated

    17世紀に、彼は多くのパンフレットを書いて有名になりました。

  • his religious beliefs.

    彼の宗教的な信念を表しています。

  • He was quite the Puritan and detested all forms of decadence, including drinking booze,

    彼はかなりのピューリタンで、酒を飲むことも含めて、あらゆる退廃的なものを嫌っていた。

  • which was as common as drinking water in his native England.

    彼の母国イギリスでは、水を飲むように当たり前のことだった。

  • He even hated acting, which put him on the wrong side of King Charles I. Charlie's

    俳優業も嫌っていたので、国王チャールズ1世とは仲が悪かった。

  • wife was a big fan of the theater.

    妻は演劇の大ファンだった。

  • To cut a long story short, Prynne bugged a lot of people, a lot of powerful people.

    長い話を短くすると、プリンネは多くの人、多くの権力者を盗聴していた。

  • He ended up in prison, but even while in a cell, he managed to troll the people he didn't

    彼は刑務所に入ることになりましたが、独房にいても、自分のいない人たちを荒らすことができました。

  • like.

    のようなものです。

  • That's why in 1633 he had SL branded on both cheeks, which stood for Seditious Libel.

    そのため、1633年にはSLに両頬に「Seditious Libel」の意味の焼印を押させた。

  • They also sliced off both his ears.

    また、両耳も切り落とされてしまった。

  • Even though he walked with marks of shame, King Charles II took a liking to him and he

    恥の跡を残して歩いていても、国王チャールズ2世に気に入られて

  • spent the latter part of his life a free man.

    晩年は自由人として過ごした。

  • We found quite a few cases of people accused of libel in England who were given a hefty

    イギリスで名誉毀損で訴えられた人が、高額の賠償金を受け取ったケースがかなりありました。

  • prison sentence to be served without a pair of ears.

    耳がない状態で服役することになりました。

  • Believe it or not, England had a kind of three-strikes law long before it was introduced in the USA.

    信じられないかもしれませんが、アメリカでスリーストライク法が導入されるずっと前から、イギリスにはスリーストライク法のようなものがありました。

  • Under Henry VIII, the Vagabonds Act 1530 came into existence.

    ヘンリー8世の時代、1530年に浮浪者法が制定された。

  • It's said to be one of the first poor laws, a kind of welfare, because it made sure that

    この法律は、最初の貧乏法の一つと言われています。

  • beggars could have a license to beg if they applied for one.

    乞食は、申請すれば物乞いの許可を得られる。

  • This was better than before because prior to that they might have just been punished.

    それまでは、ただ罰せられるだけだったので、以前よりも良かったと思います。

  • The law, however, was tough on vagrants, people accused of just not wanting to work rather

    しかし、この法律は浮浪者、つまり働きたくないという理由で告発された人々には厳しいものであった。

  • than being disabled or old.

    障がい者や高齢者であることよりも

  • Under this new law, if people were arrested for vagrancy the first time they were put

    この新法では、浮浪者として逮捕された場合、最初に置かれたのは

  • in the stocks for three days.

    を3日間ストックしました。

  • But if they were caught again, they had their ears shorn off.

    しかし、再び捕まると耳を削られてしまう。

  • If they were struck out a third time they were executed.

    3度目に空振りすると処刑された。

  • So, it was during the sixteenth and seventeenth centuries in Britain that ear-cropping was

    つまり、耳掻きが行われたのは、16世紀から17世紀にかけてのイギリスでのこと。

  • sometimes the go-to punishment for sedition, which basically means saying things that might

    扇動的な発言をすると罰せられることがあります。

  • make people want to rebel against the authorities, mainly the church and the monarchy.

    人々は、主に教会や王政などの権力者に反抗したくなる。

  • Ear-cropping actually didn't happen too often, but there are plenty of reliable resources

    耳掻きは実際にはあまり行われなかったが、信頼できる資料はたくさんある

  • that stated it definitely did happen.

    それは間違いなく起こったことだと述べています。

  • Here's what a British chronicler wrote after he'd watched a person having his ears cropped.

    イギリスの記録作家が、耳を刈られる人を見て書いた言葉です。

  • The executioner cut off his ears deep and closewith much effusion of blood, an artery

    "死刑執行人は彼の耳を深く切って閉じた...多くの血を流しながら、動脈が

  • being cut.”

    がカットされています。

  • The further we looked into this, we found that in some countries other body parts might

    さらに調べてみると、国によっては他の体の部位がある場合もあるようです。

  • have been removed.

    が削除されました。

  • When nuns rebelled in the 6th century at a French Benedictine monastery, some of them

    6世紀にフランスのベネディクト派修道院で修道女たちが反乱を起こしたとき、一部の修道女たちが

  • had their noses removed.

    は鼻を取り除いていました。

  • It happened a bit later to the Byzantine emperor, Justinian II.

    その少し後、ビザンチン帝国の皇帝ユスティニアヌス2世に起こったことだ。

  • After that, he wore a golden prosthesis.

    その後、金色の義足を装着した。

  • Apparently, this kind of mutilation was common in Byzantine culture, as it was in parts of

    の一部と同様に、ビザンチン文化ではこのような切除が一般的だったようです。

  • East Asia.

    東アジア。

  • In ancient Egypt, there was something called thegreat harem conspiracy”.

    古代エジプトでは、「大ハーレムの陰謀」というものがありました。

  • A harem had conspired to bring down the ruler, pharaoh Ramesses III.

    統治者であるファラオ・ラメセス3世を陥れるために、ハーレムが陰謀を企てていたのだ。

  • That resulted in a few people losing not only their noses but also their ears.

    その結果、鼻だけでなく耳まで失ってしまった人もいた。

  • Scholars sometimes disagree about the translation of this version of events, but it seems quite

    このバージョンの出来事の翻訳については学者の間でも意見が分かれることがありますが、かなりの確率で

  • a few conspirators were executed, others were forced to take their own lives, some lost

    幾人かの陰謀家は処刑され、他の者は自ら命を絶つことを余儀なくされ、ある者は失った。

  • their nose and ears, and at least one was given a “severeverbal warning.

    また、少なくとも1人には "厳しい "口頭での注意がありました。

  • In fact, we found this kind of thing happening all over the place back in the day.

    実際、当時はこのようなことがあちこちで行われていました。

  • When the great Danish king, king Cnut reigned over not only Denmark but England and Norway,

    デンマークの偉大な王、クヌート王がデンマークだけでなく、イングランドやノルウェーにも君臨していた時代。

  • he introduced some new laws.

    彼はいくつかの新しい法律を導入した。

  • This is how one of them went, “A woman who commits adultery with another man whilst her

    そのうちの一つがこうだった。「他の男と姦淫した女は、その女の一方で

  • husband is still alive, and is found out, shall suffer public disgrace, and her husband

    夫がまだ生きていて、それが発覚した場合、世間の不名誉を被り、夫は

  • will have all her property, and she will lose her nose and ears.”

    はすべての財産を手に入れ、彼女は鼻と耳を失うことになります。"

  • In various parts of the world at some point in time the crime of adultery could have led

    世界の様々な地域で、ある時期に姦通罪が発生した可能性があります。

  • to losing a nose or ears.

    鼻や耳を失うことに。

  • In some cases, the part of the body that came off was a man's penis, and other times,

    外れた部位が男性のペニスだったりすることもありました。

  • a person's eyes could be gouged out.

    人の目をえぐり出すことができたのです。

  • But let's stick with the ears for now and hear more about ear-cropping in North America.

    しかし、ここでは耳にこだわって、北米での耳の刈り取りについて詳しく聞いてみましょう。

  • The winter of 1609-1610 was a bad time in the Virginia colony.

    1609年から1610年にかけての冬は、バージニア植民地にとって最悪の時期だった。

  • In fact, it was called, “The Starving Time.”

    実際には、"The Starving Time "と呼ばれていた。

  • A lot of people literally had nothing to eat.

    多くの人が、文字通り食べるものがない状態でした。

  • This is how one person described it, “Having fed upon horses and other beasts as long as

    ある人はこう表現しています。「馬や他の獣を食べていた時と同じように

  • they lasted, we were glad to make shift with vermin, as dogs, cats, and mice.”

    犬、猫、ネズミなどの害獣との交替を喜んでいた。

  • Some people also apparently ate shoe leather and the rotten flesh from corpses they'd

    また、靴の革や死体の腐った肉を食べていた人もいたようだ。

  • dug up.

    を掘った。

  • It wasn't a nice scene at all.

    全然いいシーンではありませんでした。

  • You can imagine these folks weren't exactly soft on crime.

    この人たちが犯罪に甘くなかったことは想像に難くない。

  • If people were found stealing food during the starving time it was very likely they'd

    飢餓の時代に食べ物を盗んでいる人を見つけたら、その人はきっと

  • be punished in a cruel and unusual way.

    は残酷で異常な方法で罰せられます。

  • If it was just petty theft, they might have had something called a bodkin inserted in

    軽い窃盗ならば、ボドキンというものを挿してもらっていたかもしれませんが

  • their tongue.

    彼らの舌を

  • This device kind of looked like an arrowhead or a spike.

    この装置は、矢じりやスパイクのような形をしていました。

  • That wasn't close to the worst that could happen.

    それは、最悪の事態には程遠いものだった。

  • In 1623 in Virginia a guy named Captain Richard Quailes was sent to the pillory, although

    1623年、バージニア州でキャプテン・リチャード・クエイルズという男が絞首刑に処せられた。

  • it's not exactly clear why.

    その理由は明確ではありません。

  • This is what was written about the nature of his punishment.

    これは、彼の罰の内容について書かれたものです。

  • He should beset upon the pillory with his ears nailed thereto, they either to be

    彼は、「耳を釘付けにして柱の上に置かれ、彼らはどちらかというと

  • cut off of or redeemed by paying the fine of 100 pounds sterling.”

    を切ったり、100ポンドの罰金を払って償還したりすることができる。"

  • Fast-forward to 1755 and a person might have picked up the Maryland Gazette.

    1755年に遡ると、メリーランド・ガゼットを手にした人がいたかもしれません。

  • On one particular day, they'd have read that an African-American woman had been flogged

    ある日、アフリカ系アメリカ人女性が鞭で打たれたという記事を読んだだろう。

  • but also had herears cropped close.”

    が、"耳が近くに刈り込まれている "こともあった。

  • Around the same time, someone might have readThe Statutes at Large of Pennsylvania.”

    同じ頃、"The Statutes at Large of Pennsylvania "を読んだ人がいたかもしれない。

  • This was what that law said about counterfeiting.

    偽造品については、このような法律がありました。

  • Such person or persons shall be sentenced to the pillory and to have both his or her

    "そのような人は、ピローリーに処され、その両方の

  • ears cut off and nailed to the pillory, and to be publicly whipped on his or her bare

    耳を切られて柱に釘付けにされたり、裸で公開鞭打ちをされたりと

  • back with thirty-one lashes well laid on.”

    は、31回の鞭打ちを受けて帰ってきた。

  • Horse thieves received a similar punishment, but they might also have been branded with

    馬泥棒も同じような罰を受けましたが、焼印を押されたこともあったようです。

  • the letters, H.T.

    の文字、H.T.

  • In 1782, a guy named Brice McWhimney of Bedford County, Pennsylvania, lost his ears after

    1782年、ペンシルバニア州ベッドフォード郡のブライス・マクウィムニーという男が、耳を失った。

  • stealing a horse, but it seems he didn't get the brand treatment.

    馬を盗んでも、ブランド扱いにはならなかったようです。

  • He did get 39 lashes, though.

    しかし、彼は39回の鞭打ちを受けた。

  • In 1790, in Tennessee, two guys named John Wilson and Joseph Fulsome were accused of

    1790年、テネシー州で、ジョン・ウィルソンとジョセフ・フルサムという二人の男が告発された。

  • horse stealing.

    馬を盗む。

  • Their punishment was to beconfined in the public pillory for the space of one hour,

    彼らの罰は、「公衆の面前で1時間の監禁」というものだった。

  • and that each of them have both their ears nailed to the pillory and severed from their

    そして、それぞれが両耳を柱に釘付けにされ、切断されること。

  • heads.”

    の頭」です。

  • In 1794, a slave in Virginia was accused of stealing a hog from the man that enslaved

    1794年、バージニア州のある奴隷が、奴隷にしていた男から豚を盗んだと訴えられた。

  • him.

    のようになります。

  • He had one of his ears nailed to the pillory and after an hour it was cut off.

    彼は片方の耳を柱に釘付けにされ、1時間後には切り落とされた。

  • Then his other ear was nailed to the pillory and that too was cut off after an hour.

    そして、もう片方の耳は柱に釘付けにされ、それも1時間後に切断された。

  • The New England Puritans created something called the Blue Laws, likely called that because

    ニューイングランドのピューリタンは「ブルー・ロー」と呼ばれるものを作りました。

  • they were written on blue paper.

    青色の紙に書かれていました。

  • The laws related to being impious, which could mean a lot of things.

    この法律は、「不敬罪」に関するもので、いろいろな意味があります。

  • Drinking too much, or shopping on a Sunday, or even showing someone too much affection,

    飲み過ぎたり、日曜日に買い物をしたり、あるいは誰かに愛情を注ぎ過ぎたり。

  • could land a person in trouble.

    は、人に迷惑をかけることになります。

  • It was normal in New England but seen as backward in some other places.

    ニューイングランドでは普通のことだが、他の地域では後進的に見られることもあった。

  • A woman could even have been found guilty of theexcessive wearing of lacebecause

    女性が「レースの着すぎ」で有罪になったこともありました。

  • that could get men aroused.

    男性を興奮させることができる。

  • Back then, men in the town of New Haven were forced to wear a hat on Saturday and shave

    当時、ニューヘブンの町の男性は、土曜日には帽子をかぶり、髭を剃ることを強いられていました。

  • off all the hair that remained under the brim of the hat.

    帽子のつばの下に残っている髪の毛をすべて取り除く。

  • If they didn't have a hat, they had to wear half a pumpkin shell.

    帽子がなければ、カボチャの殻を半分かぶらなければなりませんでした。

  • That is why they were sometimes calledpumpkin heads”.

    そのため、「パンプキンヘッド」と呼ばれることもありました。

  • According to Reverend Samuel Peters in hisGeneral History of Connecticut”, one

    サミュエル・ピーターズ牧師の「コネチカットの一般的な歴史」によると、1つの

  • of the reasons why they had to cut their hair wassuch persons as have lost their ears

    髪を切らなければならない理由の中に、「耳を失った者」というのがありました。

  • for heresy, and other wickedness, cannot conceal their misfortune and disgrace.”

    異端やその他の邪悪な行為のために、彼らの不幸と不名誉を隠すことはできない。"

  • Hearing that, you have to wonder just how common ear-cropping was.

    それを聞くと、耳かきがどれだけ普及していたのか気になるところです。

  • As far as we can see, branding and ear-cropping didn't completely die out in the US until

    私たちが見る限り、アメリカで焼印や耳かきが完全に消滅したのは

  • around 1850, and much of the time it was slaves who were the victims of the punishment.

    1850年頃には、多くの場合、奴隷が刑罰の犠牲になっていました。

  • Louisiana, for instance, had something called the Black Code or Code Noir.

    例えば、ルイジアナ州には「ブラックコード」や「コード・ノワール」と呼ばれるものがあった。

  • This law made it possible for slave owners to brand or crop the ears of slaves who had

    この法律は、奴隷の耳に焼印を押したり、刈り込みをしたりすることを可能にしました。

  • run away.

    が逃げてしまう。

  • It seems these days the only victims of such barbarity are some family pets.

    最近では、このような蛮行の犠牲になるのは、家族の一員であるペットだけのようです。

  • Now you need to watch, “The Catherine Wheel - Worst Punishments In The History of Mankind.”

    今度は、"The Catherine Wheel - Worst Punishments In The History of Mankind "を見る必要があります。

  • Or, have a look at...

    または、見てみてください。

April 23, 1771, some people were sitting around reading news articles published by theEssex

1771年4月23日、何人かの人々が座って、「エセックス」紙が発行したニュース記事を読んでいた。

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 バリー 処刑 法律 イギリス ヘンリー 当時

人類史上最悪の「耳かき」刑 (Cropping of Ears - Worst Punishments in the History of Mankind)

  • 5 2
    Summer に公開 2021 年 04 月 14 日
動画の中の単語