Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • Would you buy products from a company that  collaborated with the Nazis during World War II?  

    第二次世界大戦中、ナチスに協力した会社の製品を買いますか?

  • What if that company paid reparations, or  started a foundation as a way to apologize  

    その企業が賠償金を払ったり、謝罪のために基金を設立したりしたらどうでしょうか。

  • for their mistakes of the past? Or what  if the company refused to apologize,  

    過去の過ちを謝罪するのか?あるいは、会社が謝罪を拒否した場合はどうでしょうか。

  • or admit they did anything wrong? Would you  still buy their products? We are about to  

    それとも、自分たちが悪いことをしたと認めますか?それでも彼らの製品を買ってくれますか?私たちは、これから

  • look at several companies that had ties to the  Nazi party, or profited by selling products to  

    ナチスと関係があったり、ナチスに製品を売って利益を得ていた企業をいくつか紹介します。

  • the Nazis during World War II. All of  these companies are still around today,  

    第二次世界大戦中は、ナチスとの戦いでした。これらの企業はすべて現在も存続している。

  • and we can almost guarantee you own one or more  of their products. Let's find out which ones.

    そして、彼らの製品を1つ以上持っていることは、ほぼ確実です。どのような製品なのかを見てみましょう。

  • If you've ever taken a picture using old school  film you've probably bought a product from Kodak.  

    昔のフィルムを使って写真を撮ったことがある人は、コダックの製品を買ったことがあるでしょう。

  • For decades after World War II Kodak kept  a sinister secret from the public. They had  

    第二次世界大戦後の数十年間、コダック社はある不吉な秘密を世間に隠していた。彼らは

  • been Nazi collaborators during the war. Kodak  had subsidiaries in Germany and across Europe.  

    は、戦時中、ナチスの協力者であった。コダック社は、ドイツをはじめヨーロッパ各地に子会社を持っていた。

  • Even as Germany's bold aspirations for  world domination grew in the 1930s,  

    1930年代に入り、ドイツの世界征服への大胆な願望が高まっていく中で

  • Kodak kept healthy buisness  relations with the Nazi party.

    コダック社は、ナチス党と健全なビジネス関係を保っていた。

  • After all out war broke out and the United States  joined the Allies, the U.S. government mandated  

    全面戦争が勃発し、アメリカが連合国に参加した後、アメリカ政府は以下のことを義務付けました。

  • that companies could no longer do business  with Axis nations. This was a problem for  

    枢軸国との取引ができなくなった。これが問題となったのは

  • many companies operating internationallyKodak being one of them. Kodak allowed their  

    国際的に事業を展開している企業は多く、コダック社もその一つである。コダックは自社の

  • German branch to become more self-sufficient, and  eventually the Nazis took control of it. However,  

    ドイツ支部は自給自足を目指し、最終的にはナチスに支配されてしまった。しかし。

  • Kodak took things one step further to makeprofit. They began using their subsidiaries in  

    コダックは、利益を上げるためにさらに一歩進んだ行動をとった。子会社を使って

  • neutral European countries, such as Switzerlandto continue doing business with Nazi Germany.

    スイスをはじめとするヨーロッパの中立国が、ナチスドイツとの取引を継続することになりました。

  • The subsidiaries in Europe continued  

    欧州の子会社は引き続き

  • selling photographic equipment and  electronics to the Nazis on behalf  

    ナチスに代わって写真機材や電子機器を売っていた。

  • of Kodak. This meant that the Kodak corporation  was directly providing technology to the Nazis,  

    のコダック社である。つまり、コダック社はナチスに直接技術を提供していたのである。

  • and making a profit off it, all while hiding these  facts from the United States government. The heads  

    そして、その事実をアメリカ政府に隠したまま、利益を得ていたのである。頭は

  • of the Kodak company justified these actions by  citing the massive profits they were bringing in.  

    コダック社の経営陣は、このような行為を、莫大な利益をもたらすことを理由に正当化していた。

  • Worst of all, the German branch of Kodak used  over 250 slave laborers from concentration camps.

    中でも、ドイツのコダック社では、強制収容所で働いていた250人以上の奴隷労働者を使っていた。

  • After the war, Kodak reclaimed their German  subsidiary and collected on the large profits  

    戦後、コダック社はドイツの子会社を取り戻し、大きな利益を回収した。

  • made by the slave laborers during the warKodak ended up paying $500,000 into a fund  

    戦時中の奴隷労働者たちが作ったものだ。 コダックは結局、50万ドルを基金に納めて

  • which provided reparations to families of  people who worked as slaves under their  

    の下で奴隷として働いていた人々の家族に賠償金を支払ったものです。

  • Nazi controled subsidiarybut the  company never actually apologized.

    ナチスの支配下にあった子会社...しかし、会社は実際には謝罪しなかった。

  • Volkswagen is clearly a German word, and it  probably doesn't surprise you that the company  

    フォルクスワーゲンは明らかにドイツ語の単語であり、その会社が以下のようなことをしていても驚かないでしょう。

  • had ties to the Nazi party. However, what might  surprise you is that the company was actually  

    はナチスとの関係があった。しかし、驚かれるかもしれませんが、実はこの会社は

  • started by the Nazis. Adolf Hitler himself laid  out the precursor to what would become Volkswagen.

    ナチスが始めたこと。アドルフ・ヒトラー自身が、後にフォルクスワーゲンとなるものの前身を作ったのです。

  • The idea for the company started with Hitler  wanting to create a car for the common man,  

    会社設立のきっかけは、ヒトラーが「庶民のための車を作りたい」と考えたことにある。

  • a “people's car.” This is  how Volkswagen got its name:  

    "people's car "であること。これが、フォルクスワーゲンの名前の由来です。

  • Volksmeaning people andwagenmeaning carHitler hired Ferdinand Porsche to develop the car.  

    "Volks "は人々を意味し、"Wagen "は車を意味する。 ヒトラーはフェルディナンド・ポルシェを雇って車を開発した。

  • This initiative was where the classic  Volkswagen Beetle got its shape. But,  

    これが、フォルクスワーゲン・ビートルの原型となった。しかし。

  • the new head of the organization which would  eventually become Volkswagen had bigger plans.  

    後にフォルクスワーゲンとなる組織の新しいトップは、より大きな計画を持っていた。

  • Porsche insisted that the company also make  military vehicles to support the Reich.

    ポルシェは、帝国を支えるために軍用車も作れと主張した。

  • The most influential of the these  vehicles was the Volkswagenbelwagen,  

    その中でも最も影響力を持っていたのが、フォルクスワーゲンのキューベルワーゲンでした。

  • which was a light military vehicle often seen in  World War II movies carrying around SS and Nazi  

    これは、第二次世界大戦の映画でよく見られた、SSやナチスを乗せた軽軍用車です。

  • officers. It had a boxy body and tire mounted  on the hood. During the time period that the  

    の役員です。箱型のボディで、ボンネットにはタイヤが装着されていました。という時間帯に

  • Nazi party controled Germany, more than 15,000  slaves from concentration camps were used to  

    ナチス党が支配していたドイツでは、強制収容所の1万5千人以上の奴隷が

  • build the Volkswagen cars. The company even  helped build the Arbeitsdorf concentration  

    フォルクスワーゲンの車を作った。同社はアルベッツドルフの集中地区の建設にも協力した

  • camp near one of their main factories to ensure  a steady supply of slave labor was available.

    そのために、主要な工場の近くにキャンプを設置し、安定した奴隷労働力を確保していました。

  • In 1998, under pressure from human rights  organizations, Volkswagen agreed to create  

    1998年、人権団体からの圧力を受けて、フォルクスワーゲンは以下のものを作ることに合意しました。

  • a fund that would benefit the victims and  their families that were used as slave labor.

    奴隷労働者として使われた被害者とその家族のための基金を設立しました。

  • `Other companies benefited from large profits  gained by working with the Nazis in a different  

    他の企業は、ナチスと協力することで得られた大きな利益の恩恵を、別の

  • way. Several companies were started, or  acquired, by wealthy individuals whose  

    方法である。いくつかの企業は、そのような富裕層が起業したり、買収したりしたものです。

  • fortune started with the money made from  dealings with the Nazi party. For example,  

    幸運の始まりは、ナチス党との取引で得たお金だった。例えば

  • the Reimann family who owns JAB Holdings profited  greatly from Nazi abuses and slave labor.

    JABホールディングスを所有するライマン家は、ナチスによる虐待や奴隷労働から大きな利益を得ていました。

  • You may be unfamiliar with JAB Holdingsbut you probably know the companies they own  

    JABホールディングスをご存じない方もいらっしゃるかもしれませんが、JABホールディングスが保有している企業はご存知だと思います。

  • such as: Krispy Kreme, Panera Breadand Pret a Manger. These companies were  

    などがあります。Krispy Kreme、Panera Bread、Pret a Mangerなど。これらの企業は

  • all created post World War II, however, their  financing was partly provided by JAB holdings,  

    第二次世界大戦後に設立されたが、その資金の一部はJABホールディングスが提供していた。

  • which unfortunately means they profited  indirectly from the atrocities of the  

    の残虐行為から間接的に利益を得ていたことになります。

  • Nazis. When this information was  made public, the Reiamann family  

    ナチスです。この情報が公開されると、レイアマン家は

  • said they were planning to donate around 11  million dollars tosuitable organizations.”

    は、約1,100万ドルを "適切な組織 "に寄付することを計画していると述べました。

  • Coca-Cola is an American company. People around  the world associate Coke with beingAmerican.”  

    コカ・コーラはアメリカの会社です。世界中の人々がコーラといえば "アメリカ "を連想します。

  • When you think of the soda, an image of American  families or friends enjoying an ice cold beverage  

    ソーダといえば、アメリカの家族や友人が冷たい飲み物を楽しんでいるイメージがあると思います。

  • probably comes to mind. However, The  Coca-Cola Company had ties to the  

    を思い浮かべてください。しかし、The Coca-Cola Companyは縁があって

  • Nazi party during World War II. The drink  line Fanta, which includes commercials of  

    第二次世界大戦中のナチス党。のCMをはじめとするドリンクライン「ファンタ」。

  • people happily dancing to upbeat musicwas actually created for Nazi Germany.

    明るい音楽に合わせて人々が楽しそうに踊る姿は、実はナチスドイツのために作られたもの。

  • As the Nazis came to power in 1933 Coca-Cola  was making enormous profits in Germany  

    1933年にナチスが政権を取ると、コカ・コーラはドイツで莫大な利益を上げていた。

  • selling their products under the leadership of Max  Keith. He made the Coca-Cola brand more appealing  

    マックス・キースのリーダーシップのもと、製品の販売を開始した。彼は、コカ・コーラブランドをより魅力的なものにするために

  • to the German citizen, which resulted in a boost  in sales. He also knew how to market the product  

    をドイツ人に伝え、結果的に売り上げを伸ばすことができました。また、製品の売り方も熟知していた

  • in a way that would make people around the world  want to buy Coca-Cola. During the 1936 Berlin  

    世界中の人々がコカ・コーラを買いたくなるような方法で。1936年のベルリンでの

  • Olympics Max Keith made sure that everyone in  attendance had as much Coke as they could drink.

    オリンピック・マックス・キースは、会場にいる全員にコーラを飲み放題にした。

  • As the Nazis prepared for war, they started to  limit the amount of foreign goods coming into  

    ナチスは戦争に備えて、外国製品の持ち込みを制限するようになりました。

  • the country. This included Coca-Cola syrupwhich began to hurt the company's profits.  

    のようになった。その中にはコカコーラのシロップも含まれており、会社の利益を圧迫するようになった。

  • So, the sneaky Coke executives used a third  party to open a dialogue with Hermannring,  

    そこで、卑劣なコーラの幹部は、第三者を使ってヘルマン・ゲーリングとの対話を始めた。

  • Hitler's second in command. They convinced  him to allow the import of their syrup.

    ヒトラーの副官である。彼らは、シロップの輸入を許可するようにヒトラーを説得した。

  • To boost sales even further Keith began promoting  the Coca-Cola company as pro-Nazi in Germany.  

    キースはさらに売り上げを伸ばすために、ドイツではコカコーラ社は親ナチス派だと宣伝し始めた。

  • His plan was to reach out to the Hitler Youth  and win over the younger generation of Nazis.  

    彼の計画は、ヒトラー・ユースに働きかけて、ナチスの若い世代を獲得することだった。

  • This worked for a time, but as war broke out  restrictions on imports became stricter again.  

    一時はうまくいったが、戦争が始まると輸入規制が再び厳しくなった。

  • Max Keith had a new syrup created  in Germany using local products.  

    マックス・キースは、ドイツで現地の製品を使って新しいシロップを作らせました。

  • This new soda became Fanta, based off of the  German wordfantasiewhich meansimagination.”

    ドイツ語で「想像力」を意味する「Fantasie」にちなんで、この新しい炭酸飲料は「ファンタ」となりました。

  • In 1941, when the United States joined the war,  

    1941年、アメリカが戦争に参加したときのこと。

  • all official contact between the Coca-Cola company  and Max Keithe's German branch was cut off.  

    コカ・コーラ社とマックス・カイテのドイツ支社との公式な連絡はすべて絶たれた。

  • Keith continued to sell his supply of actual  Coca-Cola syrup to the Nazi party members,  

    キースは、ナチスの党員たちに本物のコカ・コーラのシロップを売り続けていた。

  • and marketed the Fanta drink to the German  public. The German people quickly fell in  

    と言って、ドイツ国民にファンタドリンクを売り込んだ。ドイツの人々はすぐに

  • love with the drink and Keith continued to  make large profits for the Coca-Cola company.

    その結果、キースはコカ・コーラ社に大きな利益をもたらしたのです。

  • After the war ended, Coca-Cola took back control  of their German branch. They even reinstated the  

    終戦後、コカ・コーラ社はドイツ支社の経営権を取り戻した。そして、ドイツ国内での販売を再開した。

  • recently convicted Nazi collabortaor, Max Keithas its leader. The profits made from the German  

    ナチスの協力者として有罪判決を受けたマックス・キースをリーダーに据えた。ドイツでの儲けは

  • branch during the years of the Nazi regime  were funneled back into the main company.

    ナチスの時代には、このようにして作られた製品が本社に戻されていた。

  • If you are into high end fashion than  you may be surprised that one of the  

    ハイエンドのファッションに興味のある方は、その中のひとつである

  • most successful fashion companies in the world  has deep ties to the Nazi party. Hugo Boss set  

    世界で最も成功しているファッション企業であるヒューゴ・ボスは、ナチスと深いつながりがあります。ヒューゴ・ボスのセット

  • up a fashion label in Germany two years  before the Nazi Party came into power.  

    ナチス政権が誕生する2年前に、ドイツでファッションブランドを立ち上げました。

  • Even before the Nazis gained control of the  country Hugo Boss was a Nazi collaborator.  

    ナチスが国を支配する前から、ヒューゴ・ボスはナチスの協力者だった。

  • The company itself had produced early  Nazi uniforms in their factories.

    同社は、初期のナチスのユニフォームを自社工場で生産していた。

  • In 1931 Hugo Boss made it clear where his  allegences lie when he officially joined the  

    1931年、ヒューゴ・ボスは、自分の主張がどこにあるのかを明確にし、公式に

  • Nazi party. He became a sponsoring member of the  Schutzstaffel and made monthly donations. Hugo  

    ナチス党。彼はシュッツバッフェルの後援会員となり、毎月寄付をしていた。ヒューゴ

  • Boss and his company created many uniforms  for the Nazis, and made large profits on  

    ボスと彼の会社は、ナチスのために多くのユニフォームを作り、大きな利益を上げた。

  • outfitting their soldiers. The company also  produced uniforms for the SS and Hitler Youth.

    兵隊の制服を作っていた。また、SSやヒトラーユースのユニフォームも製造していました。

  • In order to keep up with demand Hugo Boss began  employing slave labor from the concentration  

    ヒューゴ・ボスは、需要に応えるために、強制労働者から奴隷労働者を雇うようになりました。

  • camps. It was reported that the company used  140 slaves from the camps and 40 prisoners of  

    収容所。収容所の奴隷140人と捕虜40人を使ったと報告されています。

  • war from France to make their products. The  worst part was that many of these workers  

    フランスからの戦争の影響で、製品を作っていたのだ。最悪だったのは、これらの労働者の多くが

  • were either worked to death, or later sent to  Auschwitz or Buchenwald to be sentenced to death.

    は、死ぬまで働かされるか、後にアウシュビッツやブッヘンヴァルトに送られて死刑を宣告された。

  • After the war, Hugo Boss was tried  and convicted for being a “supporter  

    戦後、ヒューゴ・ボスは「支援者」として裁判にかけられ、有罪判決を受けた。

  • and beneficiary of National Socialism,”  and his right to own a company was taken  

    の恩恵を受けた」とし、会社を所有する権利を奪われました。

  • away. The company continued on under Bossson-in-law Eugen Holy. In 1999 the company  

    を離れました。その後、ボスの義理の息子であるオイゲン・ホーリーのもとで会社は継続された。1999年、会社は

  • finally agreed to pay into a fund that was  set up to compensate former slave laborers.

    その結果、元奴隷労働者への補償のために設立された基金への支払いに合意しました。

  • If you've ever had a headache, or needed relief  from pain, you may have taken an Aspirin. Bayer,  

    頭痛に悩まされたり、痛みを和らげたいと思ったことがある人は、アスピリンを飲んだことがあるかもしれません。バイエル

  • the company that makes the pain relievermay have one of the darkest histories when  

    鎮痛剤を製造している会社は、最も暗い歴史を持っているかもしれません。

  • it comes to collaborating with the Nazi partyIn the 1930s Bayer was part of a company called  

    は、ナチスに協力することになる。 1930年代、バイエルは以下のような会社の一員でした。

  • IG Farben. It was a conglomerate made up  of several chemical companies in Germany.

    IGファルベン。ドイツの複数の化学会社からなるコングロマリットである。

  • As the Nazis swept through CzechoslovakiaIG Farben worked closely with the party to  

    ナチスがチェコスロバキアを席巻する中、IGファルベンは党と密接に協力して

  • capture chemical factories to be used by the  corporation. The chemists who worked for Bayer,  

    は、企業が使用する化学工場を捕獲する。バイエルで働いていた化学者たちは

  • and were employed by IG Farben, later went on to  create Zyklon B; the gas used in concentration  

    IGファルベンに雇われていた、後に強制収容に使われたガス「チクロンB」を作ることになる。

  • camps to quickly kill large numbers of Jews and  other people the Nazis labeled asundesirable.”

    収容所では、ナチスが「好ましくない」としたユダヤ人やその他の人々を大量に迅速に殺害しました。

  • IG Farben also heavily used slave labor from  the same camps they provided Zyklon B to. It  

    IGファルベンは、チクロンBを提供していた収容所の奴隷労働者も多用していた。それは

  • was a very messed up relationship between the  Nazis and IG Farben. They built a factory next  

    ナチスとIGファルベンの関係は非常に混乱していた。彼らは、隣に工場を建て

  • to Auschwitz where they would use the prisoners  their product would later kill for slave labor.  

    アウシュビッツでは、後に製品が殺すことになる囚人たちを奴隷労働に使っていた。

  • As the war came to an end, IG Farben was forced  to dissolve; the directors of the company were  

    戦争が終わると、IGファルベンは解散を余儀なくされ、取締役たちは

  • put on trial for war crimes. Unfortunatelyjustice was never served, and Fritz ter Meer,  

    戦争犯罪として裁判にかけられました。残念ながら、正義は果たされず、フリッツ・テル・メールは

  • who was the director of operations at the  IG Farben facility at Auschwitz, became the  

    アウシュビッツのIGファルベン施設の運営責任者であった彼が

  • president of Bayer after the war. In 1995 Bayer  apologized for their role in the Holocaust.

    戦後、バイエル社の社長に就任。1995年、バイエルはホロコーストに関与したことを謝罪した。

  • If you are watching this video you most likely are  using a device that has components built by IBM.  

    このビデオをご覧になっている方は、おそらくIBMが製造した部品を搭載した機器をお使いだと思います。

  • The company, International Business Machines, has  been around since 1911. In 1933 the president of  

    インターナショナル・ビジネス・マシンという会社は、1911年から存在しています。1933年には社長が

  • the company, Thomas Watson, traveled to Germany  to oversee an IBM factory being built there.  

    トーマス・ワトソンは、ドイツに建設されたIBMの工場を視察するためにドイツを訪れた。

  • At this time IBM was using a subsidiary  called Dehomag to do their work in Germany.

    この頃、IBMはドイツでの仕事をデホマグという子会社で行っていた。

  • IBM's subsidary had been hired by the Nazi  party to carry out a nation wide census.  

    IBMの子会社は、ナチス党に雇われて全国的な国勢調査を行っていた。

  • The census itself was designed to identify  populations of ethnic groups that the  

    国勢調査の目的は、日本ではあまり知られていない民族を特定することでした。

  • Nazis found impure or undesirableThis included populations of Jews,  

    ナチスは、不純なもの、好ましくないものとみなしていました。 その中にはユダヤ人の集団も含まれていました。

  • Gypsies, and any ethnic group that would dilute  the Arian bloodlines of the country. IBM supplied  

    ジプシーなど、アリウス派の血統を薄めるような民族はすべてIBMが提供した

  • the Nazis with punch cards and a sorting system  that would make it easy for them to identify,  

    は、ナチスが識別しやすいようにパンチカードと仕分けをしていた。

  • locate, and track any people that  they would later sentence to death.

    後に死刑を宣告することになる人々の居場所を突き止め、追跡していた。

  • These same machines and cards were later converted  and used to coordinate the trains bringing people  

    この機械とカードは、後に人を運ぶ列車の調整にも使われました。

  • to death camps across Nazi controlled territoriesIBM has come a long way since punch cards,  

    ナチスの支配地域にある死の収容所へ。 IBMはパンチカードからずいぶんと進歩した。

  • but at the time this technology was bringing  in massive amounts of money for the company.

    しかし、当時はこの技術が会社に巨額の資金をもたらしていた。

  • IBM continued to conduct business with the Germans  even after the United States joined the war.  

    IBMは、アメリカが戦争に参加した後も、ドイツ人との取引を続けていた。

  • High ranking members of IBM falsified  data from their European subsidiaries  

    IBMの高官が欧州子会社のデータを改ざん

  • to make sure they could smuggle in punch card  materials and devices that were in high demand  

    パンチカードの材料や需要の高いデバイスを密輸できるようにするために

  • by the Nazis. For IBM at the time the Nazi  buisness of killing was highly lucritive.

    ナチスによって。当時のIBMにとって、ナチスの殺しのビジネスは非常に有益でした。

  • During World War II Nazi Germany was IBM's  largest territory after the United States.  

    第二次世界大戦中、ナチス・ドイツはアメリカに次ぐIBMの最大の領土だった。

  • Now many computers and electronic devices use  parts created by IBM. The crazy part is that up  

    現在、多くのコンピュータや電子機器には、IBMが開発した部品が使われています。驚くべきことに

  • until this day IBM has not appologized  for their complicity in the Holocaust.

    IBMは今日に至るまで、ホロコーストへの加担を謝罪していません。

  • A company's main purpose is to  make money; but at what cost?  

    企業の最大の目的はお金を稼ぐことですが、そのためには何が必要ですか?

  • It is important to never forget the pastso we do not repeat the same mistakes.  

    同じ過ちを繰り返さないためにも、過去を忘れないことが大切です。

  • Collaberating with the Nazi party, and  being complicit in the attrocities they  

    ナチスに協力し、彼らの残虐行為に加担していたこと。

  • carried out during World War II, issteep price to pay to make a profit.

    第二次世界大戦中に行われた、利益を上げるための高い代償である。

  • Now check outOldest Companies  In The World (OVER 800 YEARS).”  

    では、"Oldest Companies In The World (OVER 800 YEARS) "をご覧ください。

  • Or watchMost Powerful Corporations  in the World?” Thanks for watching,  

    または "Most Powerful Corporations in the World? "をご覧ください。ご覧いただきありがとうございます。

  • and, as always, don't forget to likeshare, and subscribe. See you next time!

    そして、いつものように、「いいね!」「シェア」「購読」をお忘れなく。それではまた次回、お会いしましょう

Would you buy products from a company that  collaborated with the Nazis during World War II?  

第二次世界大戦中、ナチスに協力した会社の製品を買いますか?

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 ナチス ドイツ コーラ 会社 コカ 製品

第二次世界大戦中にナチスに協力した現代企業 (Modern Companies that Collaborated with Nazis During World War 2)

  • 4 0
    Summer に公開 2021 年 04 月 10 日
動画の中の単語