Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • June 1st, 1937, the living legend and  so-calledQueen of the AirAmelia Earhart  

    1937年6月1日、生ける伝説であり、「空の女王」と呼ばれたアメリア・イアハートが誕生しました。

  • is met with raucous fanfare at Miami's  municipal airport. She's already become  

    は、マイアミの市営空港で騒々しいファンファーレに迎えられました。彼女は、すでに

  • the first woman to fly non-stop solo across  the Atlantic, and now with her navigator,  

    女性初の単独大西洋無着陸横断飛行を達成した彼女と、そのナビゲーター。

  • Fred Noonan, she's going to try and become  the first woman to circumnavigate the globe

    フレッド・ヌーナンさんは、女性初の世界一周に挑戦するそうです。

  • She climbs into her twin-engine  Lockheed Electra and looks to the side;  

    彼女は双発のロッキード・エレクトラに乗り込み、横を向いている。

  • her husband is waving in the distance, with  a look of joy and trepidation on his face.  

    遠くで手を振っているご主人は、喜びと不安の表情を浮かべています。

  • As the media takes snaps and the crowd jostles to  get a better look, she fastens down the hatch and  

    メディアが写真を撮り、観客がより良いものを見ようと詰め寄る中、彼女はハッチを固定して

  • starts the engines. She signals to have the wheel  chocks removed and minutes later the plane is in  

    エンジンを始動させる。彼女が合図してホイールチョックを外してもらうと、数分後には飛行機は

  • the air. Next stop, San Juan, Puerto Rico, over  a thousand miles away, and then the world beyond

    の空。次の目的地は、1000マイル以上離れたプエルトリコのサンファン、そしてその先の世界だ。

  • Except somewhere on her journey, she, her  navigator, and every single part of that  

    ただし、旅のどこかで、彼女とナビゲーター、そしてそのすべての部分が

  • plane disappeared. She got much farther than  Puerto Rico; she almost fulfilled her dream,  

    飛行機は消えてしまった。彼女はプエルトリコよりもはるかに遠くまで行き、夢を叶えることができた。

  • but something happened. The question is, whatHer disappearance has become one of the great  

    が、何かが起こった。問題は、何が? 彼女の失踪は大きな話題の一つとなった。

  • unsolved mysteries of modern times. Was she captured by the Japanese?  

    現代の未解決ミステリー。彼女は日本軍に捕らえられたのか?

  • Did she become a castaway and die a slow and  painful death? Did she disappear on purpose,  

    漂流者になって、ゆっくりと苦しい死を迎えたのか?意図的に姿を消したのか。

  • change her name, and become someone elseor did she simply crash into the ocean,  

    名前を変えて別人になったのか、それとも単に海に墜落したのか。

  • for her plane and her body never to be seen again? Some of our younger viewers might now be thinking,  

    彼女の飛行機と体は、二度と見ることができないのだろうか?若い視聴者の中には今、こう思っている人もいるかもしれません。

  • who was Amelia Earhart? Well, she was only  the most famous female aviator of all time  

    アメリア・イアハートとは?まあ、彼女は史上最も有名な女性飛行士というだけあって

  • who not only broke records but became an almost  mythical figure. She was the inspiration for  

    記録を塗り替えただけでなく、ほとんど神話的な存在となった。彼女は次のようなインスピレーションを与えました。

  • movies and books; she was a trailblazer who defied  expectations, who greatly impacted the equal  

    彼女は、映画や本など、期待を裏切る先駆者であり、平等な社会に大きな影響を与えました。

  • rights movement, and whose grit and daring earned  the praise of the president and the public alike

    その勇気と大胆さは、大統領や国民からも賞賛された。

  • If she was taken captive, she would certainly  have been a catch for her captors. But first,  

    もし彼女が捕虜になったとしたら、確かに彼女は捕虜にとっての獲物だっただろう。しかし、その前に。

  • let's look at how she got into doing things the  people of the times didn't expect women to do

    ここでは、彼女がどのようにして、当時の人々が女性に期待していなかったことをするようになったのかを見てみましょう。

  • She was born on July 24, 1897, to a fairly  well-off family in the city of Atchison,  

    彼女は1897年7月24日に、アチソン市のかなり裕福な家庭に生まれた。

  • Kansas. Her mother was a great influence  on her, telling Amelia and her younger  

    カンザス州母親の影響は大きく、アメリアや幼い娘には

  • sister that they should not act like good  little girls as their friends did. They  

    姉は、友達のように良い子に振る舞ってはいけないと言っていました。彼らは

  • could do what they wanted, be who they wanted. As a child, she loved to explore, go rat-hunting  

    自分のしたいことをして、したい人になれる。子供の頃、彼女は探検が好きで、ネズミ狩りに行ったり

  • in the local town, and play a bit harder than  other girls did, which got her the reputation  

    地元の町で、他の女の子よりも少しハードなプレイをしていたことで、評判になったのです。

  • for being a bit of a tomboy. At age seven she  took her first flight, a painful one at that.  

    ちょっとしたおてんば娘だったからです。7歳の時に初めて飛行機に乗りましたが、その時は苦しいものでした。

  • She flew from the roof of a shed inside a wooden  cart she and her uncle had made. Bruised and a  

    叔父と一緒に作った木製の荷車に乗って、小屋の屋根から飛んできた。怪我をして

  • little bit broken, she got out of the box and  said to her sister, “It's just like flying!” 

    少し壊れていたが、箱から出てきて、"まるで空を飛んでいるようだ!"と妹に言った。

  • Life had its up and downs, but throughout her  teens, Earhart never faltered from the path of  

    人生には浮き沈みがあるものだが、10代の頃のイヤーハートは、決して道を踏み外さなかった。

  • wanting to do stuff only men seemed to do. One of  those things was flying, but then World War One  

    男性にしかできないようなことをしたいと思っていました。その一つが空を飛ぶことだったのですが、第一次世界大戦で

  • got in the way. After seeing injured soldiers  when she was visiting her sister in Toronto,  

    が邪魔をしていました。トロントの姉を訪ねた際に負傷した兵士を見たことがきっかけで

  • the 23-year signed up to volunteer at a hospital. A year later, in 1918, she was nursing people to  

    23歳の彼女は、病院でのボランティア活動に参加しました。一年後の1918年には、彼女は人々を看護していた。

  • health who had come down with the Spanish Flu. She  herself got pneumonia and other health problems,  

    スペイン風邪にかかった人の健康を守るためです。彼女自身も肺炎などの健康被害を受けました

  • which led to a lengthy stay in hospital and  later at her sister's home. What did she do  

    その結果、長期の入院を余儀なくされ、その後、姉の家に身を寄せることになったのです。彼女がしたこと

  • with her downtime? She read, and she readlot, especially about mechanical engineering

    休み時間は何をしていましたか?読書をしていました。特に機械工学についてはよく読んでいました。

  • An audacious pilot was in the making. When she was better, she got the  

    大胆なパイロットが誕生した。彼女が良くなった時には

  • opportunity of a lifetime when in California  she came across the flying ace Frank Hawks.  

    カリフォルニアで、空飛ぶエース、フランク・ホークスと出会ったことは、彼女にとって生涯のチャンスとなった。

  • He offered to give the young woman a ride in  his aircraft, to which she said, yes, yes,  

    彼は若い女性に自分の飛行機に乗せてあげると言って、彼女は「はい、はい」と答えた。

  • yes. She later said about that experience, “By  the time I had got two or three hundred feet off  

    そうです。彼女は後にその経験について、「2、3百フィート離れたところにいたときには

  • the ground. I knew I had to fly.” And by God, did she fly

    地面に落ちた。私は飛ばなければならないと思いました」。そして神に誓って、彼女は飛んだ。

  • She trained. Ser cut her hair short so as  not to attract too much attention from all  

    彼女はトレーニングをした。みんなの注目を集めないように、髪を短く切った。

  • the male pilots. She even slept in her leather  aviator jacket to make it look worn out like all  

    男性パイロットのように。彼女は革製のアビエイタージャケットを着古したように見せかけて寝ていたほどです。

  • the men's jackets. In short, she became a pilot  and a good one at that. By the time she was 25,  

    男性用のジャケットを着ていました。つまり、彼女はパイロットになったのであり、しかも優秀なパイロットになったのである。彼女が25歳になる頃には

  • she set a world record for flying at an altitude  of 14,000 feet (4,300 meters). A year later,  

    高度14,000フィート(4,300メートル)を飛行するという世界記録を樹立しました。その1年後。

  • she was given her pilot's license, becoming  only the 16th woman in the US to get one

    彼女にはパイロットライセンスが与えられ、米国で16人目の女性パイロットとなった。

  • Ok, so in 1927, the world-famous Charles  Lindbergh became the first person to fly solo  

    1927年、世界的に有名なチャールズ・リンドバーグが世界で初めて単独飛行をしました。

  • across the Atlantic. Earhart saw that and thought,  “I want to do that.” But first, people wanted to  

    が大西洋を横断した。イアハートはそれを見て、"自分もやりたい "と思った。しかしその前に、人々は

  • see a woman do the same trip as a passengerThe PR people started thinking about who would  

    女性が乗客として同じ旅をしている姿を見てみたい。 広報担当者は、誰なら

  • make a suitable passenger and they came up with  one Amelia Earhart. On June 17, 1928, at age 31,  

    その結果、アメリア・エアハートという一人の乗客が誕生したのである。1928年6月17日、31歳のとき。

  • she got in a plane with pilot Wilmer Stultz. Together they did the trip and Earhart now  

    彼女はパイロットのウィルマー・ストルツと一緒に飛行機に乗った。二人で旅をして、イアハートは今

  • found herself being something of a celebrityBut when they landed her face did not denote  

    自分が何かの有名人になっていることに気づいた。 しかし、着地したとき、彼女の顔は否定されませんでした

  • much happiness. When asked how she felt she  said, “I was just baggage, like a sack of  

    私はとても幸せでした。感想を聞かれた彼女は、「私はただのお荷物だった、袋のように。

  • potatoesmaybe someday I'll try it alone.” We'll fast-forward quite a few years now and  

    じゃがいも...いつか一人でやってみようかな。"今からかなりの年月を早送りして

  • tell you that this woman became a household  name. She got married, she promoted aviation,  

    この女性が一躍有名になったことをお伝えしたい。彼女は結婚し、航空の宣伝をしました。

  • especially for women, and she became the first  woman to fly solo across North America and back,  

    特に女性のために作られたもので、女性として初めて北米大陸を単独で横断して帰ってきました。

  • among other records that she set. Then in 1932, she did exactly what  

    などの記録を打ち立てました。そして1932年、彼女はまさに

  • Mr. Lindbergh had done. She flew solo across  the Atlantic. She set off from Newfoundland  

    リンドバーグ氏が成し遂げたこと。彼女は単独で大西洋を横断した。ニューファウンドランドを出発して

  • in a Lockheed Vega 5B and 14 hours, 56 minutes  later she landed in Ireland close to a farm. A  

    ロッキード・ベガ5Bに乗って、14時間56分後にアイルランドの農場の近くに着陸しました。A

  • laborer on that farm ran up to her plane and  asked had she come far, her response was,  

    その農場の労働者が彼女の飛行機に駆け寄り、「遠くから来たのか」と尋ねると、彼女はこう答えた。

  • From America.” He was more than a bit surprised. It was after that she became even more of a  

    "アメリカから"彼は少なからず驚いた。そのあと、彼女はさらに

  • celebrity, even becoming a favorite of First Lady  Eleanor Roosevelt. But there was one more mission  

    エレノア・ルーズベルト大統領夫人のお気に入りになるなど、有名人になっていた。しかし、もう一つの使命があった。

  • to accomplish. That was to become the first  woman ever to circumnavigate the entire globe

    を達成すること。それは、女性として史上初の世界一周をすることでした。

  • This is where things get dark. Suffice to  say, back then this was some risky venture

    ここからが本番だ。言うまでもなく、当時はこれが危険な賭けであった。

  • On March 17, 1937. She made her first attempt  with navigator Fred Noonan and Harry Manning.  

    1937年3月17日。ナビゲーターのフレッド・ヌーナンとハリー・マニングとともに初挑戦した。

  • The latter was a skilled navigator but alsodab hand at operating a radio. As you'll see,  

    後者は航海術に長けているだけでなく、無線機の操作もお手の物だった。見てのとおりだ。

  • Manning could possibly have ensured  we wouldn't be telling this story

    この話をしないで済むようにするには、マニングが必要だった。

  • The trip didn't go as planned. The flight left from Oakland,  

    旅行は予定通りに進まなかった。飛行機はオークランドから出発しました。

  • California, and later landed in Honolulu, HawaiiWhen it took off from there on its way to a small  

    カリフォルニア州、そして後にハワイのホノルルに着陸。 そこから離陸した際には、小さな

  • island in the Pacific, things went wrong. Some  people said on the take-off the tire had blown,  

    太平洋の島では、いろいろなことがうまくいかなかった。離陸時にタイヤが吹っ飛んだという人もいた。

  • but others said there had been some pilot  error. Whatever happened, the plane was in  

    しかし、他の人たちは、パイロットのミスがあったと言っていました。何が起こったにせよ、飛行機は

  • a serious state of disrepair. It was over. For the second trip, and this is important,  

    は、深刻な状態に陥っていた。終わっていた。2回目の旅行で、これは重要なことです。

  • Manning declined to go. He felt too many  things had gone wrong the first time. This  

    マニングは行くのを断った。彼は1回目の時にあまりにも多くのことがうまくいかなかったと感じていた。これは

  • judgment saved his life...well, possiblyif you believe Earhart and Noonan died

    判断力が彼の命を救った...いや、EarhartとNoonanが死んだと考えれば、そうかもしれない。

  • They were now without a skilled radio operator. The two of them took off from Miami on June 1,  

    これでは、熟練したラジオオペレーターもいない。6月1日、2人はマイアミを飛び立った。

  • 1937, and as you know, lots of people were  there to wave them off. They sailed through  

    1937年、ご存知のように多くの人々が彼らを見送ってくれました。彼らは航海を終えて

  • the first part of the journey, making stops  in South America to refuel. They did the  

    旅の最初の部分では、南米で燃料を補給しながら旅を続けました。彼らが行ったのは

  • same in Africa, in the Indian subcontinent  and they also stopped in Southeast Asia

    アフリカでもインド亜大陸でも同じで、東南アジアでも止まっていた。

  • When they arrived at Lae, New Guinea, on June 29,  1937, they'd already circumnavigated much of the  

    1937年6月29日にニューギニアのラエに到着したとき、彼らはすでにニューギニアの大部分を一周していた。

  • world. They'd traveled 22,000 miles (35,000 kmand only had another 7,000 miles (11,000 km) to  

    世界の人々のために。彼らは22,000マイル(35,000km)を旅してきて、あと7,000マイル(11,000km)しかありませんでした。

  • go over the Pacific. Their next stop would  be Howland Island, a tiny place pretty much  

    太平洋を越える。次の目的地はハウランド島です 小さな島ですが

  • smack in between Hawaii and Australia. The termthe middle of nowherecouldn't  

    ハワイとオーストラリアの間に位置しています。"the middle of nowhere "という言葉があるように

  • be more suitable. Nonetheless, the US had builtsmall landing strip there and that's whereEarhart  

    しかし、アメリカはそこに小さな着陸帯を作っていた。それにもかかわらず、アメリカはそこに小さな着陸帯を建設していた。

  • could refuel. The Japanese bombed the island a few  years later, but that's a story for another day

    補給することができた。数年後、日本軍はこの島を爆撃したが、それは別の日の話だ。

  • Anyway, so Earhart and Noonan were in good  spirits and ready to leave New Guinea.  

    ともあれ、そんなわけで、イヤーハートとヌーナンは元気にニューギニアを出発する準備をしていた。

  • Close to Howland island, a U.S. Coast Guard cutter  called the Itasca was waiting to guide them down  

    ハウランド島の近くには、アメリカ沿岸警備隊のカッター「イタスカ」が待機していて、彼らを誘導していた。

  • safely onto the landing strip...The  crew would be waiting a long time

    無事にランディング・ストリップに到着したものの、クルーはずいぶんと待たされたことだろう。

  • That day the skies were thick with cloudsIt wasn't a good day for flying. On the way,  

    その日の空は厚い雲に覆われていた。 飛ぶには良い日ではなかった。道中。

  • they had radio transmission problems and it  was known that they only had just enough fuel  

    無線機の故障や、十分な燃料がないことがわかっていた。

  • to make the journey. At some point, the Itasca  lost contact with the plane for the last time.  

    このようにして旅を続けてきた。ある時点で、イタスカ号は最後に飛行機との連絡を失った。

  • That was it. They were gone. For the next 80  plus years, people would be asking what happened  

    そうだった。彼らは消えてしまった。その後80年以上もの間、人々は何が起こったのかと問うことになる。

  • to that plane. Why was none of it ever found? It wasn't as if an incredibly big search mission  

    その飛行機になぜそれが見つからなかったのか。とてつもなく大規模な捜索活動をしたわけでもないのに

  • wasn't undertaken. We are talking about the most  famous female pilot ever, a celebrity that was  

    は引き受けられませんでした。私たちが話しているのは、史上最も有名な女性パイロットであり、その有名人が

  • known and loved by people in the US and beyond. So what are the facts we do know

    アメリカをはじめ、世界中の人々に愛されています。では、私たちが知っている事実は何でしょうか?

  • At one point during the journey, everything was  going fine. Earhart communicated that she was  

    旅の途中、すべてが順調に進んでいたときがあった。イアハートからの連絡で、彼女は

  • flying at an altitude of 10,000 feet, but she said  the clouds were thick so she said she was going to  

    高度10,000フィートで飛行していたが、雲が厚いと言っていたので

  • reduce her altitude. Two hours later, she reported  that she was flying at an altitude of 7,000 feet

    高度を下げようとしました。2時間後、彼女は高度7,000フィートで飛行していると報告してきた。

  • We also know there were some problems with  radio communication from the plane to the ship.  

    また、飛行機から船への無線通信に問題があったこともわかっています。

  • When Earhart was just 200 miles (320 km) away  she radioed the ship and said get ready for us.  

    イアハートは、320kmの距離まで来たところで、船に無線で「準備してください」と伝えた。

  • That ship was using something called a direction  finder, which is a technology that uses radio to  

    その船が使っていたのは方向探知機と呼ばれる、無線を使った技術で

  • direct a plane. Noonan by the way had earlier  doubted how well this technology worked

    飛行機を誘導する。ところで、ヌーナンは以前からこの技術の有効性を疑問視していた。

  • Basically, how it does work is two radio  transmitters connect from two vehicles,  

    基本的には、2台の車から2台の無線機を接続して使用します。

  • in this case, a ship and a plane. So, by  doing this, they know how far away they are  

    ここでは、船と飛行機です。このようにして、彼らは自分たちがどのくらいの距離にいるのかを知ることができるのです。

  • from each other. What's important, thoughespecially in this case, is that the ship  

    互いの間にある。しかし、重要なのは、特に今回の場合、船の

  • and plane are on the same radio frequency. It's also said Earhart was not very familiar  

    と飛行機が同じ電波を使っていること。イアハートはあまり詳しくなかったとも言われている

  • with the direction-finding system. One thing for  sure is, while she kept using the radio so her  

    方向探知機を使って。ひとつ確かなことは、彼女が無線機を使い続けていた間、彼女の

  • plane could be detected by the ship, the ship  itself at times couldn't find the plane's 3105  

    飛行機が船に探知されても、船自体が飛行機の3105を見つけられないこともあった。

  • kHz frequency. The radio guy on the ship said  later that he wassitting there sweating blood  

    kHzの周波数である。船に乗っていた無線技師は、後で「血の汗を流しながら座っていた」と言っていた。

  • because I couldn't do a darn thing about it.” But, the plane was so close at that point. In  

    なぜなら、私には何もできなかったからだ」。しかし、その時の飛行機はとても近かった。で

  • the last call they received from Earhart  she said she thought they were only 100  

    イアハートからの最後の電話で、彼女は自分たちが100人しかいないと思っていたと言っていました。

  • miles (160 km) away. This is one of  the last things she said on the radio

    マイル(160km)離れています。これは、彼女がラジオで語った最後の言葉の一つです。

  • ITASCA WE MUST BE ON YOU BUT CANNOT SEE  U BUT GAS IS RUNNING LOW BEEN UNABLE TO  

    "イタスカ 我々はあなたに向かっているはずだが、あなたの姿は見えない。 しかし、ガスの残量が少なくなってきているので、できない。

  • REACH YOU BY RADIO WE ARE FLYING AT A 1000 FEET.” The next call also said that the plane was almost  

    無線で連絡すると、我々は1000フィートで飛行している」。次の電話でも、飛行機はほぼ

  • at the island, but they weren't sure of their  position. Earhart couldn't hear what the ship was  

    島に到着したものの、自分たちの位置がよくわからないのだ。イアハートは、船が何をしているのか聞こえなかった。

  • saying, so she requested for Morse Code. A message  was sent and Earhart received it, but she said she  

    と言っていたので、モールス信号を要求しました。メッセージが送られ、イヤハートはそれを受け取りましたが、彼女は「私は

  • still wasn't able to get a position on the island. There were more problems with the radio and then  

    それでも島の位置を把握することはできなかった。さらに無線機の問題が発生し、その後

  • there was silence, although, and this  is important, claims were made that they  

    沈黙していましたが、ここが重要なのですが、彼らが主張していたのは

  • received a signal from the planepossibly as it landed somewhere

    どこかに着陸した時に、飛行機からの信号を受信したのかもしれません。

  • Some of those signals seemed to lead in the  direction of a place called Gardner Island  

    それらの信号のいくつかは、ガードナー・アイランドと呼ばれる場所の方向につながっているようだった。

  • (now Nikumaroro island), which wasn't too  far from Howland island. It's thought they  

    現在のニクマロロ島)は、ハウランド島からそれほど遠くない場所にありました。おそらく彼らは

  • could have also landed on other islands knowing  that if they didn't their fate was in the ocean

    また、他の島に上陸しても、その運命が海にあることを知っていたかもしれません。

  • Ok, so here are some interesting  and later some outlandish theories

    さて、ここではいくつかの興味深い、そして後には突拍子もない説を紹介します。

  • A massive search operation ensued, with the  U.S. Navy and Coast Guard for months going over  

    大規模な捜索活動が行われ、アメリカ海軍と沿岸警備隊が何ヶ月もかけて

  • 250,000 square miles of ocean, not to mention  all the spots nearby where it was thought the  

    250,000平方マイルの海はもちろんのこと、近くのスポットでも、そのように考えられていました。

  • plane would have crashed. They found nothing. As you know, some radio signals pointed to the  

    墜落していたかもしれない。何も見つかりませんでした。ご存知のように、いくつかの無線信号は、その飛行機を指していました。

  • possibility that the plane landed on Gardner  Island. This place was uninhabited, although  

    飛行機がガードナー島に着陸した可能性があります。ここは無人島だったが

  • humans had lived there in the past. The US Navy  flew over the island and reported that there were  

    昔は人間が住んでいたそうです。アメリカ海軍が島の上空を飛行して、そこにあると報告しました。

  • no signs of life, but was there a possibility that  Earhart and Noonan had become real-life castaways

    生活の痕跡はありませんでしたが、イヤーハートとヌーナンは本物の漂流者になった可能性があります。

  • This is what the report said after looking over  the island, “Here signs of recent habitation  

    島を見て回った報告書には、「ここには最近人が住んでいた形跡がある」と書かれていました。

  • were clearly visible but repeated circling and  zooming failed to elicit any answering wave from  

    がはっきりと見えていましたが、何度も旋回したりズームしたりしても、返事の波を得ることはできませんでした。

  • possible inhabitants and it was finally  taken for granted that none were there.” 

    住んでいる可能性があるのに、最終的には誰もいないということになってしまった。"

  • But it also said this about a lagoon,  “Given a chance, it is believed that  

    しかし、ラグーンについては、「チャンスがあれば、次のように考えられる」とも書かれています。

  • Miss Earhart could have landed her aircraft  in this lagoon and swum or waded ashore.” 

    イアハートさんはこのラグーンに飛行機を着陸させ、泳いだり泳いだりして上陸することができました。

  • It was believed she wasn't there. Then  in 1940, the Brits landed on that island  

    彼女はそこにいないと信じられていた。そして1940年、イギリス人がその島に上陸しました

  • and there they found a human skeleton. They were  believed to be male bones, but unfortunately,  

    と、そこで人骨を発見しました。男性の骨だと思われていましたが、残念ながら

  • those bones were later lost. Still, precise  measurements were made of the bones. That  

    その骨は後に失われてしまった。しかし、その骨を正確に測定することができました。それが

  • crew also found a shoe and a sextant boxwhich is navigational equipment. One of the  

    また、靴や六分儀の箱なども発見されました。の一つです。

  • officers said this about the bones, “The  bones look more than four years old to me  

    役員たちは骨について、「私には4年以上前の骨に見える」と言っていた。

  • but there seems to be a very slight chance  that this may be remains of Amelia Earhart.” 

    しかし、これがアメリア・イアハートの遺体である可能性は非常に高いと思われます」と述べています。

  • Then in 1989, theGroup for Historic Aircraft  Recoveryended up on the island. After exploring  

    そして1989年、「歴史的航空機を復元する会」がこの島にたどり着いた。探索の結果

  • the place, it concluded that someone could have  lived there. They analyzed the measurements of  

    その場所に人が住んでいた可能性があると結論づけた。の測定値を分析しました。

  • the bones that were found there and concluded  that they were from a European woman of the  

    のヨーロッパ人女性の骨であると結論づけた。

  • same height as Earhart. Later, anthropologists  from the University of Tennessee also analyzed  

    イアハートと同じ身長。その後、テネシー大学の人類学者も分析したところ

  • the measurements of the bones. In their  statement, they wrote that the boneshave  

    骨の寸法を測ってみました。彼らは声明の中で、その骨が「持っている」と書いています。

  • more similarity to Earhart than to 99 percent  of individuals in a large reference sample.” 

    大規模な参照サンプルの99%の個人よりも、Earhartに類似している。"

  • This has also been questioned, not debunkedhowever. It's been an ongoing argument for years

    しかし、これも疑問視されており、論破されたわけではありません。何年も前から継続的に議論されています。

  • It was later discovered that the sextant box  is believed to have come from the USS Bushnell  

    その後、六分儀の箱はUSSブッシュネルから来たものと思われることが判明しました。

  • that was in the area after Earhart went  missing. In 2019, a bigger ocean exploration  

    イアハートが行方不明になった後、その地域にいたという2019年、より大きな海洋探査を

  • took place and that didn't find any of  the missing wreckage of Earhart's plane

    が行われましたが、行方不明になっていたエアハート機の残骸は見つかりませんでした。

  • That's the castaway theory. But what about the  bones of Noonan, or what about the plane? It  

    それが漂流者説である。しかし、ヌーナンの骨はどうなのか、飛行機はどうなのか?それは

  • would have had to have crashed in the ocean  with only Earhart making it to the island.  

    その場合、海に墜落し、島にたどり着いたのはイアハートだけだったと思われる。

  • That's certainly a long shot. You should also  know that as well as the US Navy doing searches,  

    確かにそれは無理な話だ。米海軍が検索をしているように、そのことも知っておくべきです。

  • Earhart's husband sponsored searches of all  the nearby islands and nothing was ever found

    イアハートの夫がスポンサーとなって近隣の島々を捜索したが、何も発見されなかった。

  • What if they landed in the  Japanese-held Marshall Islands

    日本が統治していたマーシャル諸島に上陸したとしたら?

  • The Japanese could have thought they were  spies. The theory goes that this happened and  

    日本人は彼らをスパイだと思ったかもしれない。一説によると、このようなことが起きて

  • the Japanese tortured and killed them. It could  be the reason that the plane was never found

    日本軍は彼らを拷問して殺した。飛行機が発見されなかったのはそのせいかもしれない。

  • They could have possibly made it there with  the fuel they had but only if they'd flown  

    燃料があれば行けるかもしれないが、飛んでいればの話だ。

  • directly there. That's unlikely, but then  there was a woman interviewed many years  

    直接そこに行った。可能性は低いですが、何年も前にインタビューを受けた女性がいました。

  • later who said she'd seen Earhart and  Noonan being executed by the Japanese.  

    後日、日本軍に処刑されるイアハートとヌーナンを見たという人が現れた。

  • In recent books, other Marshall Islanders  were quoted as saying they saw the two  

    最近の書籍では、他のマーシャル諸島の人々が、2人の姿を見たと言っています。

  • in the hands of the Japanese. Then in 2017, a documentary came  

    を日本人の手に委ねた。そして2017年、あるドキュメンタリーが

  • out calledAmelia Earhart: The Lost Evidence.”  It talks about a photo that really exists that  

    アメリア・イアハート」という本を出版しました。The Lost Evidence"(失われた証拠)という本があります。 その内容は、実際に存在する写真について

  • shows two people that look at Earhart and Noonan  on the islands. That photo has since been credited  

    には、島でイヤハートとヌーナンを見つめる2人の姿が写っている。その写真はその後、クレジットされている

  • to a Japanese travel guide that was published  in October 1935, so it couldn't have been them

    は、1935年10月に発行された日本の旅行ガイドに掲載されているので、彼らではないはずです。

  • Ok, so what did happen to that plane? Well, there was the theory that Earhart  

    さて、その飛行機はどうなったのでしょうか?イアハートの説もありましたが

  • was a spy for Franklin D. Roosevelt. We know he  liked her, but that theory was just a silly rumor

    は、フランクリン・D・ルーズベルトのスパイだった。彼が彼女を好きだったことは知っているが、その説はただのくだらない噂だった。

  • Possibly the strangest theory is that Earhart  and Noonan flew off together into the sunset  

    最も奇妙な説は、イヤーハートとヌーナンが一緒に夕日の中を飛んでいったというものです。

  • and disappeared on purpose. That theory goes  that Earhart somehow survived the flight and  

    意図的に消えてしまった。その説では、イアハートはどうにか飛行を生き延びて

  • changed her name to Irene Craigmile BolamWe don't even know what happened to Noonan

    アイリーン・クレイグマイル・ボーラムと改名した。 ヌーナンがどうなったのかもわからない。

  • It's proposed that she became a wealthy banker  from New Jersey under that name. But why on  

    この名前でニュージャージーの裕福な銀行家になったという説があります。しかし、なぜ

  • Earth would she have done that, is the question  you might ask? Well, in 1965 a man called Joseph  

    いったい彼女は何をしたのだろうか、と疑問に思うかもしれない。1965年、ジョゼフという男が

  • Gervais was asked to speak at an event for retired  pilots. One of Earhart's friends introduced him  

    Gervaisは、退職したパイロットのためのイベントでの講演を依頼された。イアハートの友人の一人が彼を紹介した。

  • to Bolam, and when he met her, he said he knew  right then that she was the real Amelia Earhart

    ボラムに会いに行ったとき、彼女が本物のアメリア・イアハートだとすぐにわかったという。

  • He started to research her past and still thought  she was Earhart. Then, more research led to the  

    彼は彼女の過去を調べ始めたが、それでも彼女はEarhartだと思っていた。その後、さらに調査を進めていくと

  • publication of the book, “Amelia Earhart Lives.”  This led to a lawsuit, but people didn't give  

    "Amelia Earhart Lives "という本を出版しました。 これは訴訟に発展しましたが、人々は

  • up. When Bolam died in 1982 a researcher asked  to take fingerprints of her. This was denied

    をアップしました。1982年にボラムが亡くなったとき、ある研究者が彼女の指紋を取りたいと言った。しかし、それは却下された。

  • Criminal forensic experts have since said the  women weren't the same, but that hasn't stopped  

    法医学の専門家は、2人の女性は同じではないと言いましたが、それでもなお

  • more writers from saying this is not true. Bolam  might have had an uncanny resemblance to Earhart  

    と言うよりも、もっと多くの作家が「これは真実ではない」と言っています。ボラムはイアハートに似ていたかもしれない

  • and even flown planes, but prior to Earhart going  missing, Bolam had been married twice and had had  

    ボラムは、飛行機を操縦したこともありますが、イアハートが行方不明になる前には、2度の結婚を経験しています。

  • one kid. How could Earhart have lived two lives? We'd like to tell you what happened to Amelia  

    一人の子供。イアハートはどうやって2つの人生を送ったのか?アメリアに何が起こったのかをお伝えしたいと思います。

  • Earhart, but the fact is, she is likely going  to be on the missing person's list forevermore

    イアハートは、今後も行方不明者リストに載る可能性が高いのは事実です。

  • Now you need to watch, “Did Pan Am Flight 914  Really Land 37 Years Later.” Or, for a very  

    今度は "Did Pan Am Flight 914 Really Land 37 Years Later "を見る必要があります。あるいは、とても

  • different kind of disaster story watch, “Plane  Crash Leads To Unbelievable Survival Story.”

    別の種類の災害の話を見る「Plane Crash Leads To Unbelievable Survival Story」。

June 1st, 1937, the living legend and  so-calledQueen of the AirAmelia Earhart  

1937年6月1日、生ける伝説であり、「空の女王」と呼ばれたアメリア・イアハートが誕生しました。

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 飛行 パイロット 女性 着陸 日本 飛ん

アメリア・イアハートが実際に生存していた証拠 (Proof That Amelia Earhart Actually Survived)

  • 5 2
    Summer に公開 2021 年 04 月 07 日
動画の中の単語