Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • October 19th, 2017 was a day like any other-  

    2017年10月19日は、いつもと変わらない一日でした-。

  • until it wasn't. High on a mountain topHawaii's Pan-STARRS1 telescope scanned the skies,  

    しかし、そうではありませんでした。山の上に設置されたハワイのパンスターズ1望遠鏡は、空をスキャンしました。

  • searching the solar system fordeadly threat to life on earth.  

    地球上の生命を脅かす脅威を求めて、太陽系を探索しています。

  • As part of NASA's Near-Earth Object Observations  program, the telescope was updating its catalogue  

    NASAの地球近傍天体観測プログラムの一環として、カタログの更新を行っていました。

  • of near-earth asteroids and comets which could  pose a threat should one impact us. However,  

    近地球の小惑星や彗星が我々に衝突した場合、その脅威となる可能性があります。しかし。

  • Pan-STARRS1 discovered something much more than  a dangerous asteroid, and according to a growing  

    Pan-STARRS1が発見したのは、危険な小惑星以上の何かであり、増加している情報によると

  • community of academics, it may have discovered the  first verified proof of intelligent alien life.

    学者たちのコミュニティは、知的生命体である宇宙人の存在を証明する最初の証拠を発見したのかもしれません。

  • Whizzing by at a breakneck speed of 196,000 miles  an hour (87.3 km per second), Oumuamua's highly  

    時速196,000マイル(秒速87.3km)の猛烈なスピードで駆け抜けるオウムアムアの高度な

  • elliptical orbit immediately told astronomers  that they weren't looking at an ordinary comet  

    楕円軌道を描くことで、天文学者はすぐに「これは普通の彗星ではない」と気づいた。

  • or asteroid- this was the first confirmed visitor  from outside our solar system. As telescopes of  

    これは、太陽系外からの訪問者として初めて確認された小惑星である。望遠鏡では

  • all kinds pointed at our interstellar visitor  though, the data only became... weirder.

    しかし、すべての種類のデータは、私たちの星間訪問者を示していますが、データはさらに...奇妙なものになりました。

  • Radar showed us that Oumuamua was a very  strange object indeed. Up to a quarter mile  

    レーダーによると、オウムアムアは非常に奇妙な物体であることがわかった。4分の1マイルのところまで

  • long (400 meters), Oumumua is ten times longer  than wide, resembling the classic UFO cigar shape  

    Oumumuaは長さ(400m)が幅の10倍あり、典型的なUFOの葉巻のような形をしています。

  • often claimed by witnesses- only on a much more  massive scale. To date no similar natural object  

    目撃者がよく主張するのは、もっと大規模なものだ。現在までに同様の自然物体は

  • has ever been witnessed in space around  the earth, neither comet or asteroid.

    彗星でも小惑星でもなく、地球の周りの宇宙で目撃されたことがある。

  • As Oumuamua- which in Hawaiian means 'the  scout'- sped out of our solar system however,  

    ハワイ語で「偵察者」を意味するオウムアムアは、太陽系を飛び出していった。

  • scientists spotted it doing something  no natural object should be doing:  

    科学者たちは、自然界の物体がしてはならないことをしているのを発見した。

  • accelerating. Any object falling towards the sun  is expected to accelerate as the sun's gravity  

    加速しています。太陽に向かって落下する物体は、太陽の重力によって加速することが予想されます。

  • pulls on it, but as Oumuamua swung past the  sun and was on its way out of the solar system,  

    が、オウムアムアが太陽を通過して太陽系外に出て行くときに、その上に乗っていた。

  • scientists spotted it moving in a way that  wouldn't be expected from gravity alone.

    重力だけでは考えられないような動きをしているのを科学者が発見しました。

  • Scientists were quick to hypothesize that if  Oumuamua was indeed the remnant of a comet,  

    科学者たちは、もしオウムアムアが本当に彗星の残骸だったら、という仮説をすぐに立てました。

  • it could simply be outgassing as the sun's  rays heat up its body. Outgassing is the  

    は、単に太陽の光で体が温められてアウトガスが発生しているだけかもしれません。アウトガスは

  • result of a cometary body warming up in  the sun, leading to the release of gas-  

    彗星体が太陽の下で暖められ、ガスが放出された結果

  • the escaping gases and debris acts much  in the same way a rocket engine does,  

    噴出するガスや破片は、ロケットエンジンと同じような働きをします。

  • albeit on a smaller scale. It was a simple, and  very routine solution to the Oumuamua mystery-  

    規模は小さいですが。それはOumuamuaの謎に対するシンプルで非常に日常的な解決策でした。

  • except it didn't fit, because try as they mightscientists could find no evidence of outgassing.

    しかし、科学者たちが試してみても、アウトガスの証拠は見つからなかったからだ。

  • A new theory was quickly proposedOumuamua was simply venting solid hydrogen,  

    オウムアムアは固体の水素を放出しているのではないかという新しい説がすぐに提案された。

  • invisible to us- but that  theory was quickly rebutted  

    しかし、この説はすぐに否定されました。

  • as being completely impractical in the  real world. Theory came and theory went,  

    は、現実の世界では全く実用的ではないと考えました。理論が来て、理論が去った。

  • but none could offer a widely accepted answer  for Oumuamua's acceleration. Except for one.

    しかし、Oumuamuaの加速について、広く受け入れられる答えを提供できるものはありませんでした。ただし、ひとつだけ。

  • Harvard astronomer Avi Loeb looked at the  data and proposed a stunning solution:  

    ハーバード大学の天文学者Avi Loeb氏は、このデータを見て、驚くべき解決策を提案しました。

  • Oumuamua was an alien ship  being propelled by solar sails.

    Oumuamuaはソーラーセイルで推進するエイリアンの船でした。

  • The acceleration witnessed by Oumuamua was very  slight, but exactly the type of acceleration we'd  

    オウムアムアが目撃した加速度はごくわずかなものでしたが、まさに私たちが想像するような加速度でした。

  • expect from a very large ship using a massive  solar sail. This type of interstellar propulsion  

    これは、巨大なソーラーセイルを使った超大型船の場合です。このタイプの恒星間推進装置は

  • method uses extremely thin sheets of material set  either to the front or sides of a spacecraft. The  

    は、非常に薄いシート状の素材を宇宙船の前面または側面に設置する方法です。この方法では

  • 'sails' work in the exact same way that wind sails  do here on earth, only with solar radiation rather  

    帆」は、地球上の「風の帆」とまったく同じ働きをしますが、それは太陽の光ではなく

  • than wind. While miniscule, the impact of photons  on a solar sail imparts a tiny bit of momentum  

    風よりも。光子がソーラーセイルに衝突することで、ごくわずかではありますが、運動量が増加します。

  • which over long spans of time can accelerate  a ship to a very respectable fraction of the  

    長時間に渡って船を加速させることができ、それは非常に重要な割合である。

  • speed of light. The best part is that unlike  regular rockets, you don't have to carry the  

    光の速さを実現します。一番の特徴は、普通のロケットと違って、運ぶ必要がないので

  • weight of your fuel with you, and as long as you  can dip near a star you'll never run out of fuel.

    の重さの燃料を持っていて、星の近くに浸かっていれば、燃料切れになることはない。

  • Solar sails aren't the fastest means of  interstellar propulsion humanity has theorized,  

    ソーラーセイルは、人類が想定している恒星間移動の最速の推進手段ではありません。

  • but they are extremely efficient. It'll  take Oumuamua about 11,000 years to travel  

    しかし、非常に効率的です。オウムアムアは約11,000年かけて移動します

  • one light year as it speeds away from us  and towards the Pegasus constellation,  

    1光年の速さで我々から離れ、ペガサス座に向かっています。

  • and while that sounds like a very long time, the  truth is that for an intergalactic civilization  

    とっても長い時間に聞こえますが、実際には、銀河系の文明にとっては

  • those sorts of time scales are irrelevant. While  not likely a research ship of any kind, as manned  

    このようなタイムスケールは関係ありません。いかなる種類の研究船でもないだろうが、有人としての

  • ships would want to move faster than Oumuamua, it  could have very well been an automated cargo craft  

    船はOumuamuaよりも速く移動したいと思うはずなので、自動化された貨物船だった可能性もあります。

  • dipping into our solar system for a speed  boost as it slingshotted past our sun.

    太陽系の中に入ってスピードを上げ、太陽を飛び越えていく。

  • There is one problem with this though, and that's  the fact that Oumuamua was believed to be tumbling  

    しかし、これには1つ問題があります。それは、Oumuamuaが転がっていると信じられていたことです。

  • on more than one axis- which wouldn't make much  sense for a functional alien ship. However,  

    これは、機能的なエイリアンの船としては、あまり意味のないことです。しかし。

  • a derelict or destroyed ship, or perhaps  simply a piece of massive alien debris,  

    廃船や破壊された船、あるいは単に巨大なエイリアンの残骸。

  • could easily be spinning on multiple axis the  way Oumuamua was. We may possibly have just  

    は、オウムアムアのように多軸で回転している可能性があります。私たちはもしかしたら、ただ

  • witnessed the alien equivalent of the  Titanic zipping past our solar system,  

    タイタニック号が太陽系を通過するのと同じことを、宇宙人が目撃したのだ。

  • with its deployed solar sail still propelling  it on a never ending journey through the galaxy.

    展開されたソーラーセイルの推進力で、銀河系の果てしない旅を続けています。

  • The alien theory seems out there, but the shape  of Oumuamua itself does lend it some credibility.  

    宇宙人説は、一見すると嘘のようですが、オウムアムアの形自体は、信憑性があります。

  • It just so happens that Oumuamua is not only  an extremely unusual shape for a natural comet  

    オウムアムアは自然の彗星としては非常に珍しい形をしているだけでなく

  • or asteroid- in fact, none like it have  ever been observed- but that its skinny,  

    これまでに観測されたことのないような小惑星ではなく、痩せているのが特徴です。

  • elongated body is perfect for traveling through  the cosmos at high speeds. When you're moving at  

    細長い体は、宇宙を高速で移動するのに適しています。で動いているときは

  • a fraction the speed of light, as even our own  technology today would allow us to accomplish  

    光速の何分の一かの速度で、現在の我々の技術でも達成できるような

  • on long interstellar voyages, running into a speck  of dust would release energy equivalent to a small  

    長時間の恒星間航海では、一片の塵にぶつかっても、そのエネルギーは小さな

  • nuclear explosion. The best way to avoid strikes  is thus to create the main body of your ship,  

    核爆発。そのため、ストライクを避けるためには、自機の本体を作るのが一番です。

  • where your inhabitants or equipment  is stored, skinny and very long,  

    あなたの住人や機器が保管されている場所、痩せていて非常に長い。

  • reducing the forward-facing profile of the  ship. You would then protect the ship with  

    船の前向きなプロフィールを減らす。あなたはその後、船を保護するために

  • an extremely hard nose cone which would  ablate away as you traveled through space.

    非常に硬いノーズコーンで、宇宙空間を移動する際に削られてしまいます。

  • Other observations however reveal that Oumuamua  may instead have been shaped like a very large,  

    しかし、他の観測結果によると、Oumuamuaは非常に大きな形をしていたのではないかと考えられています。

  • very flat pancake- which makes the  case for a light sail even stronger.  

    非常にフラットなパンケーキであるため、軽いセイルの必要性がより強く感じられます。

  • This shape is certainly well outside the  bounds of nature, though sadly Oumuamua's  

    この形は確かに自然の範疇を超えていますが、残念ながらオウムアムアの

  • tumbling and extreme distance from earth  made it difficult to get accurate data.

    また、地球からの距離が非常に遠いため、正確なデータを得ることが困難でした。

  • What's even more curious is that Oumuamua seemed  to pass through the goldilocks zone of the sun-  

    さらに不思議なことに、オウムアムアは太陽のゴルディロックスゾーンを通過したようです。

  • or the area where liquid water, and thus life, is  possible. At its closest, Oumuamua came within 15  

    液体の水、つまり生命が存在する可能性がある領域のこと。オウムアムアが最も接近したとき、その距離は15メートル以内でした。

  • million miles of earth (24million km), or about  63 times the distance from earth to the moon.  

    地球の100万マイル(2,400万km)、地球から月までの距離の約63倍です。

  • In astronomical terms, this is basically  invading the earth's personal space- Mars,  

    天文学的に言えば、地球のパーソナルスペースである火星を侵略することになる。

  • our closest neighbor, is over twice that distance,  33.9 million miles, at its closest to us.

    私たちの最も近い隣人は、私たちに最も近いところでその2倍以上の距離、3,390万マイルです。

  • As if Oumuamua wasn't strange enough already,  

    Oumuamuaが十分に奇妙ではなかったかのように。

  • observations show that Oumuamua was likely  'at rest' compared to other stars around us-  

    の観測結果から、Oumuamuaは私たちの周りの他の星に比べて「静止していた」可能性が高いことがわかりました。

  • its speed kept it in the same relative position to  stars around it. Rather than Oumuamua visiting us,  

    その速度によって、周囲の星との相対的な位置関係が保たれているのだ。オウムアムアが来たというよりは

  • the solar system itself crashed into it as we  orbit the massive black hole at the center of  

    の中心にある巨大なブラックホールの周りを回っているうちに、太陽系そのものが衝突してしまったのだ。

  • our galaxy. This type of celestial  motion is extremely rare in nature,  

    私たちの銀河系ではこのような天体の動きは、自然界では非常に珍しいものです。

  • but once more the alien object theory fills  in some holes that traditional theories don't.

    しかし、エイリアン・オブジェクト理論は、従来の理論にはない穴を埋めてくれるのです。

  • The solar system orbits around the galaxy in  roughly 230 million years. An alien civilization  

    太陽系は約2億3千万年で銀河系の周りを回っている。異星人の文明が

  • using the very same spectroscopy techniques we  use to analyze faraway planets would have been  

    遥か彼方の惑星を分析するのと同じ分光法を使っていたとしたら

  • able to detect unnatural levels of oxygen in our  atmosphere as much as 2.23 billion years ago-  

    22億3,000万年前の大気中の不自然なレベルの酸素を検出することができました。

  • concentrations so high that they could only have  come from life continuously replenishing oxygen in  

    の酸素を継続的に補給している生命体にしか考えられないほどの高濃度である。

  • the atmosphere. Rather than send a probe to us  directly, aliens could have simply left one in  

    大気圏に突入した。宇宙人は直接私たちに探査機を送るのではなく、単に1つの探査機を残しておいたのかもしれません

  • our path for us to run into eventually- especially  if they wanted to gather information about us in a  

    もし彼らが私たちの情報を集めようとしていたならば、私たちはいずれ遭遇することになるでしょう。

  • stealthy manner without giving away obvious signs  of this probe having working technology aboard.  

    この探査機に技術が搭載されていることを明らかにすることなく、秘密裏に行われた。

  • Or, Oumuamua may simply be one of millions of  similar probes scattered across the galaxy,  

    あるいは、オウムアムアは、銀河系内に散らばる何百万もの同様の探査機の一つに過ぎないのかもしれない。

  • collecting data automatically as solar systems  run into them and sending it back home.

    太陽系が突っ込んでくると自動的にデータを収集し、自宅に送り返す。

  • All of this would be an  incredibly lengthy process,  

    これらはすべて、とてつもなく長いプロセスになります。

  • requiring timescales on the millions of yearsyet again, for an advanced enough civilization,  

    数百万年単位のタイムスケールが必要となりますが、これも十分に高度な文明があってのことです。

  • these time scales mean nothing. When your  technology has progressed far enough that  

    これらのタイムスケールには何の意味もありません。あなたの技術が十分に進歩したとき

  • you've survived your first million yearsthe rest are completely inconsequential.

    は、最初の100万年を生き抜いた後は、全く取るに足らない存在です。

  • Most scientists still believe Oumuamua was  natural, and very publicly oppose any claim  

    ほとんどの科学者はOumuamuaが自然だったと信じており、いかなる主張にも公然と反対しています。

  • that Oumuamua was alien in origin. However, the  data does indicate that whatever Oumuamua was,  

    Oumuamuaがエイリアンの起源であることを示しています。しかしデータは、オウムアムアが何であれ

  • it was without a doubt the most  unusual object humanity has ever seen,  

    それは間違いなく、人類がこれまでに見たこともないような珍しい物体だった。

  • and could have been the first proof of  intelligent life from beyond the earth-  

    地球外から知的生命体がやってきたことを証明する最初の証拠になったかもしれません。

  • or maybe that's just what the  government is paying us to tell you.

    あるいは、政府がお金を出して教えてくれているだけかもしれない。

  • Just kidding... though that is what we would  say if we were secretly run by the government,  

    冗談だよ...もし、我々が政府に秘密裏に運営されていたら、そう言うだろうね。

  • isn't it?

    そうですね。

  • Now go watch Actual Military Audio  Recording of Alien Encounter-  

    では、実際に軍が録音した宇宙人遭遇の音声を見てみましょう。

  • or click this other video instead!

    または、こちらの別のビデオをクリックしてください。

October 19th, 2017 was a day like any other-  

2017年10月19日は、いつもと変わらない一日でした-。

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 太陽 彗星 宇宙 ソーラー 地球 エイリアン

ハーバード大学の天文学者が、私たちは宇宙人の訪問を受けたと主張しています。 (Harvard Astronomer Claims We Have Been Visited By Aliens)

  • 2 0
    Summer に公開 2021 年 04 月 03 日
動画の中の単語