Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • LA's skid row is a notorious hotbed of human misery. hundreds of people with nowhere to

    LAのスキッドローは、人間の不幸の温床として知られていますが、そこには住む場所のない何百人もの人々がいます。

  • go are forced to live on the streets, and no part of this dismal place is more infamous

    このような悲惨な状況の中で、特に有名なのが、この地域に住む人々の中には、路上生活を余儀なくされている人たちがいることです。

  • than the Stay On Main Hotel. But it's only been called that since 2011. Once, it was

    Stay On Main Hotelよりも。しかし、そう呼ばれるようになったのは2011年から。かつて、それは

  • known as the Cecil Hotel - They changed the name to distance themselves from the establishment's

    セシル・ホテル」と呼ばれていたが、これは「セシル・ホテル」という名前を変えたことによるものである。

  • long history of murder, suicide, and mysterious disappearances.

    殺人、自殺、謎の失踪などの長い歴史を持つ。

  • Sadly for the managers and employees of this cursed hotel, sometimes there's just too

    この呪われたホテルの経営者や従業員にとって、悲しいことに、時々、あまりにも

  • much blood to ever be washed away.

    洗い流せないほどの血が流れています。

  • This is the insane but all-too-real story of the Cecil Hotel, also known asHotel

    これは、「ホテル」として知られているセシル・ホテルの、あまりにも現実的で非常識な物語です。

  • Death.” A tale so bloody and violent it's been the source of a Coen Brothers movie,

    死」。コーエン兄弟の映画の原作にもなったほどの血みどろで暴力的な物語。

  • a Stephen King novella, and an entire season of American Horror Story. But the reality

    スティーブン・キングの小説、そして「アメリカン・ホラー・ストーリー」の全シーズンを担当しました。しかし、現実は

  • is even more gruesome than the fiction.

    は、フィクション以上に陰惨なものだ。

  • From its earliest days, the hotel seemed like a bad omen. The hotel was first opened between

    このホテルは、設立当初から縁起の悪いものと思われていた。このホテルが最初にオープンしたのは

  • 1924 and 1927. Fifteen stories, seven hundred rooms, and an opulent marble lobby. The three

    1924年と1927年。15階建て、700室の客室、豪華な大理石のロビー。の3つがあります。

  • hoteliers that funded the venture - William Banks Hanner, Charles L. Dix and Robert H.

    この事業に資金を提供したホテル経営者、ウィリアム・バンクス・ハナー、チャールズ・L・ディックス、ロバート・H.

  • Schops - wanted the Cecil to be a classy place for traveling businessmen and Hollywood tourists.

    ショプスは、セシルを旅行中のビジネスマンやハリウッドの観光客が集まる上品な場所にしたいと考えていた。

  • But within five years of the hotel first opening, America sank into the Great Depression, and

    しかし、ホテルがオープンしてから5年も経たないうちに、アメリカは大恐慌に陥り

  • the Cecil's dreams of class and refinement sank with it. The place practically became

    その結果、セシルの夢であった高級感や洗練された雰囲気が失われてしまったのです。この場所は実質的に

  • a seedy boarding house for the poor, the desperate, and criminals overnight, as the homeless population

    貧乏人や自暴自棄な人、犯罪者が泊まる汚い下宿で、ホームレスの人口は

  • boomed to 10,000 people within a five mile radius. Nobody respectable would even dream

    半径5マイル以内の1万人に向けてブームを巻き起こした。立派な人は夢にも思わず

  • of staying there - it was the last refuge of people running from something.

    何かから逃げてきた人たちの最後の逃げ場所だった。

  • The Cecil Hotel had already become a grim, sleazy place to hang your hat. And then the

    セシル・ホテルは、すでに重苦しい、いかがわしい場所になっていた。そして、その

  • deaths started.

    の死が始まりました。

  • In 1927, while staying at the Cecil Hotel, Percy Ormond Cook was having marital troubles.

    1927年、セシル・ホテルに滞在していたパーシー・オーモンド・クックは、夫婦間のトラブルを抱えていた。

  • He and his wife were teetering on the edge of divorce, and Cook's wife was adamant

    彼と妻は離婚の危機に瀕していたが、クックの妻は固辞した。

  • that she'd take the couple's child with them. When Cool felt that the relationship

    子供も一緒に連れて行くと言っていました。とクールが感じたとき、その関係は

  • couldn't be salvaged, he checked into the hotel, and checked out with a self-inflicted

    ができなかったので、ホテルにチェックインして、自力でチェックアウトしました。

  • gunshot to the head. The hotel's first suicide, but sadly, far from the last.

    頭に銃弾を受けたのです。このホテルで初めての自殺だったが、残念ながら最後の自殺ではなかった。

  • In 1931, Manhattan Beach resident W. K. Norton checked into the Cecil Hotel under the fake

    1931年、マンハッタン・ビーチに住むW.K.ノートンは、セシル・ホテルに偽名でチェックインしました。

  • nameJames Wilyfor unknown reasons. Several weeks later, he was found dead in

    理由は不明だが、「James Wily」と名乗った。数週間後、彼は遺体で発見されました。

  • his hotel room, having ingested capsules of poison. To this day, we don't know if his

    毒の入ったカプセルを飲み込んだ彼のホテルの部屋。今日に至るまで、私たちは彼が

  • death was murder or suicide.

    死因は殺人か自殺。

  • The year after that, Benjamin Dodich was also found dead in his room. Like Percy Cook, he'd

    その翌年、ベンジャミン・ドディックも自分の部屋で死体で発見された。パーシー・クックと同様、彼もまた

  • committed suicide by shooting himself in the head. Dodich never left a note, so the reason

    は頭を撃って自殺した。ドディッチは遺書を残していないので、その理由は

  • for him taking his own life at the Cecil is lost to history. Three deaths in five years

    彼がセシルで自ら命を絶ったことは、歴史から消えてしまいました。5年間で3人の死

  • is already bad, but the deaths were about to become more violent.

    はすでに悪い状態だが、その死はさらに激しくなろうとしていた。

  • In 1934, former Army Medical Corps Sgt. Louis D. Borden checked into the Cecil Hotel. The

    1934年、元陸軍衛生兵のルイ・D・ボーデンがセシル・ホテルにチェックインした。その

  • Sergeant, who was 53 at the time, was experiencing declining health and wanted to go out on his

    当時53歳だった軍曹は、体調を崩していたこともあり、自分の意思で外出したいと考えていた。

  • own terms. The Cecil was simply where he chose to take a straight razor and slash his own

    自分の言葉で。セシルは、彼が直線的なカミソリを持って、自分自身を切り刻むために選んだ場所に過ぎません。

  • throat, bleeding to death in his room shortly after.

    のどを痛め、直後に自室で出血して死亡した。

  • In 1937, Grace E. Magro checked into the Cecil Hotel, and was given a room on the ninth floor.

    1937年、グレース・E・マグロはセシル・ホテルにチェックインし、9階の部屋を与えられた。

  • She would later fall to her death from the window of that room - landing on some telephone

    その後、彼女はその部屋の窓から落ちて、電話機の上に落ちて死んだ。

  • wires on her way down, and succumbing to her injuries at a hospital hours later.

    降りるときにワイヤーを使ってしまい、数時間後には病院で負傷しました。

  • In 1938, US Marine Corps fireman Roy Thompson went the same way. He jumped to his death

    1938年、アメリカ海兵隊の消防士ロイ・トンプソンが同じ道を歩んだ。彼は飛び降りて死んだ

  • from the window of his room, his corpse crashing down onto the skylight of a neighboring building

    自分の部屋の窓から死体が隣のビルの天窓に落下してきた。

  • and terrifying everyone underneath. In 1939 and 1940, two different people - Navy Officer

    そして、その下にいる人々を恐怖に陥れる。1939年と1940年、2人の異なる人物-海軍士官

  • Erwin C. Neblett and School Teacher Dorothy Seger - would die from ingesting poison while

    アーウィン・C・ネブレットとドロシー・シーガーの2人は、この時期に毒物を摂取して死亡した。

  • inside the hotel.

    ホテルの中

  • Things took a particularly grisly turn in September of 1944, when Dorothy Jean Purcell

    特に1944年9月には、ドロシー・ジーン・パーセルが、このような悲惨な事態に陥りました。

  • and her boyfriend, Ben Levine, checked into the hotel. What Dorothy Purcell didn't know

    とボーイフレンドのベン・レビンがホテルにチェックインした。ドロシー・パーセルが知らなかったこと

  • was that she was pregnant, and when she went into labor during the night, she didn't

    は、彼女が妊娠していて、夜中に陣痛が来たときに、彼女は

  • want to wake Ben up. Instead, she snuck into the bathroom and quietly gave birth there.

    ベンを起こしてはいけない。その代わり、彼女はバスルームに忍び込み、そこで静かに出産した。

  • When her baby was born, Dorothy assumed the infant was dead for reasons unknown - perhaps

    ドロシーは自分の子供が生まれたとき、理由はわからないがその子は死んだものと思っていた。

  • just sheer confusion and panic. But the infant was definitely dead when Dorothy, in an almost

    ただひたすら混乱し、パニックに陥っていた。しかし、ドロシーが、ほとんど

  • trancelike state, threw it from the window.

    恍惚とした状態で、窓からそれを投げた。

  • She was arrested, but declared not guilty by reason of insanity. The Cecil Hotel has

    逮捕されましたが、心神喪失を理由に無罪とされました。セシルホテルは

  • a funny way of messing with your head.

    頭を悩ませる面白さがあります。

  • Over the next fifteen years, the Death Hotel experienced an astonishing five different

    それから15年の間に、デス・ホテルは驚くべき5つの異なる経験をしました。

  • deaths from people falling from its windows, and many of them were clearly no accident.

    その窓からの転落死は、明らかに事故ではないと思われるものが多くありました。

  • In November of 1947, Robert Smith died after jumping from a seventh story window at the

    1947年11月、ロバート・スミスは、当時の7階の窓から飛び降りて死亡しました。

  • hotel. In 1954, San Francisco stationery firm employee Helen Gurnee checked into the hotel

    のホテルに宿泊しました。1954年、サンフランシスコの文房具会社に勤めるヘレン・ガーニーは、このホテルにチェックインして

  • under the false nameMargaret Brown.” A few weeks later, she fell to her death from

    マーガレット・ブラウン "という偽名で。数週間後、彼女は以下の場所から転落死した。

  • the seventh floor, landing on the hotel's marquee.

    7階にあるホテルのマーキーに着地。

  • Eight years later in 1962, Julia Frances Moore jumped to her death from the eighth story,

    8年後の1962年、ジュリア・フランシス・ムーアは8階から飛び降りて死亡した。

  • landing fatally on the second story interior light well of the hotel. There was never any

    ホテルの2階の室内灯に致命的に着地した。その時はまだ

  • suicide note, and the only possessions on her were a bus ticket from St. Louis, 59 cents

    遺書があり、所持品はセントルイスからのバスのチケットと59セントだけでした。

  • in pocket change, and the details of a bank account containing $1,800. However, Julia's

    小銭と、1800ドルの銀行口座の詳細が記されていた。しかし、ジュリアの

  • death would soon be overshadowed with one of the strangest deaths ever logged at the

    この死は、すぐに、これまでに記録された中で最も奇妙な死の一つに影を落とすことになる。

  • hotel, occurring that same year.

    同年にはホテルもオープンしました。

  • This death started as many others at the Hotel did: With a desperate individual at the end

    この死は、ホテルの他の多くの人たちと同じように始まった。絶望した一人の人間が、最後に

  • of their tether.

    縛り付けられている。

  • Pauline Otton and her estranged husband, Dewey, were having an explosive argument in their

    ポーリン・オットンと別居中の夫デューイは、家の中で爆発的な議論をしていた。

  • hotel room on the ninth floor of the Cecil Hotel. Dewey stormed out when the argument

    セシル・ホテルの9階にあるホテルの部屋だ。議論の末、デューイは出て行った。

  • was over, leaving the 27-year-old Pauline alone and in despair. In that moment, she

    が終わり、27歳のポーリンは一人で絶望していた。その瞬間、彼女は

  • decided to end it all, and jumped from the window of her room. Tragic, but all too common

    すべてを終わらせるために、自分の部屋の窓から飛び降りました。痛ましいことですが、よくあることです。

  • for the Death Hotel.

    デスホテルのために

  • What was decidedly uncommon was the bad luck of one George Gianinni, a 55-year-old local

    珍しかったのは、地元の55歳のジョージ・ジャニニの不運だった。

  • who happened to be walking below when Pauline decided to end her life. George was struck

    ポーリーンが自殺を決意したとき、たまたま下を歩いていたのがジョージだった。ジョージは殴られた

  • with Pauline's falling body at incredible velocity, killing both of them instantly.

    落下してきたポーリンの体と信じられない速さで衝突し、2人は即死した。

  • It was such a brutal incident that police first assumed that George had jumped too,

    あまりにも残酷な事件だったので、警察は最初、ジョージも飛び降りたのではないかと考えた。

  • but the fact his hands were in his pockets and his shoes were still on his feet proved

    しかし、彼の手がポケットに入っていて、靴が足に残っていたことが証明されました。

  • that he was just walking in the wrong place at the wrong time.

    彼は悪い時に悪い場所を歩いていただけなのだ。

  • Suicide and accidental deaths are one thing, but murder is another horrifying ballpark

    自殺や事故死もそうですが、殺人はまた別の恐ろしい球場です。

  • altogether. In 1964, a local woman named Goldie Osgood - nicknamedPigeon Goldie” - checked

    をご覧ください。1964年、"Pigeon Goldie "の愛称で親しまれているゴールディ・オズグッドという地元の女性が調べたところ、このような結果が出ました。

  • into the Cecil Hotel. Goldie was a retired telephone operator, and was well-liked in

    セシル・ホテルの中に。ゴールディは電話交換手を引退していたが、日本ではよく知られた存在だった。

  • the local community. Her nickname, Pigeon Goldie, was given to her because she adored

    のように、地域社会に貢献しています。彼女の愛称であるPigeon Goldieは、彼女が慕っていたことからつけられたものです。

  • feeding the local birds.

    地元の鳥たちに餌を与えています。

  • But even the good don't last long in the darkness of the Death Hotel. A worker found

    しかし、デス・ホテルの暗闇の中では、優秀な人材も長くは続かない。ある作業員が

  • Goldie dead in her room - she'd been beaten, stabbed, and raped. A bag of birdseed and

    自分の部屋で死んでいたゴールディは、殴られ、刺され、レイプされていました。鳥の餌が入った袋と

  • her favorite LA Dodgers cap were both laying near her corpse.

    彼女が愛用していたLAドジャースのキャップも、彼女の遺体のそばに置かれていました。

  • Shortly after Goldie's body was found, a man named Jacques B. Ehlinger was walking

    ゴールディの遺体が発見された直後、ジャック・B・エリンジャーという男性が歩いていた。

  • through Pershing Square, the place where Goldie loved to feed the pigeons. He seemed dazed,

    ゴールディが鳩に餌をやるのが大好きだったパーシング・スクエアを通り抜けた。意識が朦朧としていた。

  • and had blood on his clothes. He was arrested and brought in on suspicion of killing Goldie,

    で、服には血が付いていました。彼はゴールディを殺した疑いで逮捕され、連行された。

  • but he was later cleared of all charges. The murder of Goldie Osgood remains unsolved to

    が、後に無罪となりました。ゴールディ・オズグッドの殺人事件は、現在も未解決のままです。

  • this day.

    この日。

  • Next came another two falling deaths with one freaky commonality: Neither victim has

    続いて、奇妙な共通点を持つ2件の転落死があった。どちらの被害者にも

  • ever been identified. In 1975, a woman checked into the hotel under the name Alison Lowell.

    識別されたことはありません。1975年、アリソン・ローウェルという名前でホテルにチェックインした女性がいました。

  • She was given room 327 on the twelfth floor, and jumped to her death from its window. It

    彼女は12階の327号室を与えられ、その窓から飛び降りて死亡した。それは

  • was later found out that Alison Lowell was an alias, and the true identity of the dead

    が、後にアリソン・ローウェルは偽名であることが判明し、死者の正体は

  • woman was never found. In 1992, an unidentified African-American man was found dead on the

    の女性は発見されませんでした。1992年には、身元不明のアフリカ系アメリカ人男性の死体が

  • sidewalk. Based on the gruesome state of his corpse, police speculated that he either fell,

    の歩道を歩いていました。死体の無惨な状態から、警察は彼が転落したのではないかと推測した。

  • jumped, or was pushed from the fifteenth floor of the Cecil Hotel. To this day, he has never

    セシル・ホテルの15階から飛び降りた、あるいは突き落とされた。今日に至るまで、彼は一度も

  • been identified.

    を確認しました。

  • A number of darkly eventful things happened between those last two deaths. It's important

    この最後の二つの死の間には、暗い出来事がいくつもあった。それは重要な

  • to note that while the Cecil Hotel is a place of great suffering, not everyone who it draws

    は、セシル・ホテルが大きな苦しみの場である一方で、そこに集うすべての人が

  • in is a tormented, innocent victim. In fact, two of the Hotel's most high profile guests

    のは、苦しめられた無実の犠牲者である。実際、このホテルの2人の著名なゲストが

  • are quite the opposite.

    は全く逆です。

  • During the 1980s, a man named Richard Ramirez was said to have rented a room at the hotel

    1980年代には、リチャード・ラミレスという男がこのホテルに部屋を借りていたと言われている。

  • for a number of weeks. Ramirez is better known to many as The Nightstalker, a brutal rapist

    を何週間も続けていました。ラミレスは多くの人に「ナイトストーカー」として知られており、残忍な強姦魔である

  • and serial killer who terrorized Los Angeles.

    ロスアンジェルスを恐怖に陥れた連続殺人犯。

  • Ramirez would break into people's homes and commit unspeakable atrocities against

    ラミレスは、人々の家に侵入して、言葉にならない残虐行為を行っていた。

  • them when they thought they were safe. And in case he wasn't creepy enough already,

    彼らは安全だと思っていた。そして、彼がまだ十分に不気味ではなかった場合に備えて。

  • he was a literal Satan worshipper. Ramirez frequented LA's skid row while cruising

    彼は文字通りのサタン崇拝者だった。ラミレスはLAのスキッドロウを頻繁に訪れ、その間にクルージングをしていた。

  • for victims, so the Cecil Hotel was a natural place for Ramirez to want to stay. Some even

    犠牲者のために、セシルホテルは、ラミレスが滞在したいと思う自然な場所だった。一部では

  • speculate he committed part of his killing spree while staying at the Cecil.

    彼はセシルに宿泊している間に殺人の一部を犯したと考えられています。

  • In 1991, the Cecil Hotel became a stopgap for another monstrous individual: Austrian

    1991年、セシル・ホテルは、もう一人のとんでもない人物のために、その場しのぎの場所となった。オーストリアの

  • serial killer Jack Unterweger. Jack was a particularly intelligent and insidious killer

    連続殺人犯のジャック・ウンターヴェーガー。ジャックは特に知的で陰湿な殺人者であった

  • - he murdered a woman, was sent to prison, and managed to leave jail and find success

    - 彼は女性を殺害して刑務所に送られ、刑務所を出て成功を収めることができました。

  • as a journalist and author as well as a supposedlyreformedcriminal. In fact, Jack was

    ジャックは、ジャーナリストや作家としてだけでなく、「更生した」とされる犯罪者としても活躍していた。実際のところ、ジャックは

  • still a psychopathic murderer, generally strangling women to death with their own underwear.

    今でもサイコパスの殺人者で、女性を自分の下着で絞め殺したりしています。

  • During Jack's brief stay at the Cecil Hotel, it's possible he murdered as many as three

    ジャックがセシル・ホテルに短期間滞在した間に、3人もの人を殺した可能性がある。

  • women, perhaps even trying to emulate Ramirez's earlier crimes. All this just further added

    女性たちは、おそらくラミレスの以前の犯罪を真似ようとしていたのだろう。これらのことは、さらに

  • to the Cecil Hotel's local infamy as Hotel Death.

    セシル・ホテルは「ホテル・デス」という悪名で知られていた。

  • But in 2013, there was one incident that changed everything. An incident that turned the Cecil

    しかし、2013年、すべてを変えてしまうようなある事件が起きた。セシルを変えたある事件

  • Hotel from a local shame to a horrifying worldwide sensation, inspiring countless discussions,

    ホテルは、地元の恥から世界的におぞましいセンセーションを巻き起こし、数え切れないほどの議論を巻き起こしました。

  • videos, podcasts, and documentaries since. A sinister video was posted onto the internet...

    のビデオ、ポッドキャスト、ドキュメンタリーなどを制作してきました。不吉な動画がインターネット上に投稿された...。

  • The video depicted a 21-year-old Canadian tourist named Elisa Lam in an elevator at

    このビデオでは、21歳のカナダ人観光客エリサ・ラムさんがエレベーターの中で

  • the Cecil Hotel. It's a strange and frightening watch. She appears to be afraid, paranoid,

    セシルホテルでの奇妙で恐ろしい光景だ。彼女は怖がっているように見える、偏執的だ。

  • acting strangely. She presses the elevator buttons in seemingly random orders. She looks

    不思議な行動をする。彼女はエレベーターのボタンを、一見ランダムな順序で押します。彼女は

  • out of the elevator doors, afraid, as though something was chasing her. It was like something

    何かに追われているような気がして怖かった。何かに追われているような

  • out of a horror movie.

    ホラー映画のように。

  • And the reason the footage went so viral is that Elisa Lam had gone missing shortly after

    そして、この映像がこれほどまでに広まったのは、エリサ・ラムが直後に行方不明になったからである。

  • it was taken.

    撮られていました。

  • The internet speculation machine exploded, as the sordid history of the hotel went global.

    インターネットの投機機は爆発的に増え、ホテルの汚い歴史が世界に広まっていった。

  • Was Elisa being chased by killers? Ghosts? Demons? The evil forces of the Cecil Hotel

    エリサは殺人者に追われていたのか?幽霊?魔物?セシルホテルの邪悪な力

  • itself?

    それ自体は?

  • Some questions were answered when, a short while later, people at the hotel complained

    疑問が解けたのは、しばらくしてホテルの人たちから苦情が出たからだ。

  • about low water pressure and funny-tasting tap water. When maintenance workers checked

    水圧が低いとか、水道水の味が変だとか。メンテナンス担当者がチェックしたところ

  • the water tank on the hotel's roof, they found Elisa's decomposing, naked body inside.

    ホテルの屋上にある貯水槽の中に、エリサの腐乱した裸体があった。

  • People had been drinking and bathing in this contaminated water for days without even knowing

    人々は何日も前から、この汚染された水を飲んだり浴びたりしていた。

  • it.

    になっています。

  • Theories on Lam's death ranged from murder to the supernatural, but the most likely reason

    ラムの死については、殺人説や超常現象説など様々な説がありましたが、最も有力な理由は

  • is arguably more tragic. Lam suffered from bipolar disorder, and was under a huge amount

    の方がより悲劇的であると言えるでしょう。Lamは双極性障害を患っており、膨大な量の

  • of stress after deciding to drop out of college and travel. It's likely that Lam experienced

    大学を中退して旅に出ることを決めた後、ストレスを感じていた。ラムが経験したことは、おそらく

  • a manic episode - explaining her strange behavior in the elevator - which led to her climbing

    エレベーターでの奇妙な行動を説明するために、彼女は躁病のエピソードを持っていました。

  • to the roof, accidentally falling into the water tank, and drowning.

    誤って水槽に落ちてしまい、溺れてしまった。

  • The latest death to occur at the Cecil Hotel happened in 2015, but if the pattern holds

    セシルホテルで発生した最新の死亡事故は2015年に起きたが、このパターンが続くならば

  • true, it won't be the last. The body of an unidentified 28-year-old man was found

    とはいえ、これが最後ではないだろう。身元不明の28歳の男性の遺体が発見されました

  • on the sidewalk outside the building. It's suspected by many that he fell to his death,

    建物の外の歩道で転落死したのではないかと多くの人が疑っています。

  • but the LA County Coroner has yet to make an official declaration on this matter.

    が、LA郡の検視官はこの件に関してまだ公式には発表していない。

  • This brings the dark tale of the Cecil Hotel to an end...for now. Is it an evil place,

    これで、セシル・ホテルの暗い物語は終わった......今のところ。それは邪悪な場所なのか。

  • or just a place where evil things seem to happen at unusually high rates? We'll never

    それとも、邪悪なことが異常に多く起こる場所なのでしょうか?私たちには

  • know for sure. All we do know is that something isn't right about the Cecil Hotel. And those

    はっきりとしたことはわかりません。わかっているのは、セシル・ホテルには何かがおかしいということです。そして、その

  • who check in often have very strange ways of checking out...

    チェックインする人は、チェックアウトするときにとても奇妙な方法をとることがあります...。

  • Now check outBody Found In Hotel Water Tank Used for Washing Hair and Brushing Teeth

    では、「髪を洗ったり歯を磨いたりするためのホテルの水槽から遺体が発見される」をご覧ください。

  • andMorgue Employees Reveal Things That Would Scare Anyonefor more REAL tales

    また、「Morgue Employees Revealed Things That Would Scare Anyone」では、よりリアルな物語を紹介しています。

  • of horror!

    of horror!

LA's skid row is a notorious hotbed of human misery. hundreds of people with nowhere to

LAのスキッドローは、人間の不幸の温床として知られていますが、そこには住む場所のない何百人もの人々がいます。

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B2 中上級 日本語 ホテル 殺人 自殺 ドロシー エリサ 部屋

人が死に続けるホテル (Hotel Where People Keep Dying)

  • 10 3
    Summer に公開 2021 年 04 月 01 日
動画の中の単語