Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • Life in the Middle Ages could be tough. But, like  today, if you were rich life was a little easier,  

    中世の生活は厳しいものでした。しかし、現代と同じように、お金持ちであれば生活は少し楽でした。

  • especially when it came to food. Imagine  sitting at a table and servers bringing  

    特に食べ物に関しては。テーブルに座ると、サーバーが

  • out sculptures made of sugar. Then  a feast of exotic food, spices,  

    砂糖で作られた彫刻が出てきます。そして、エキゾチックな料理やスパイスの饗宴。

  • and wine are brought out. This may seem like  something from a high end restaurant of today,  

    とワインが運ばれてきます。これは、今どきの高級レストランのように思えるかもしれません。

  • but in fact, this was how the  wealthy ate during the Middle Ages.  

    と思っていましたが、実は中世の富裕層はこのような食事をしていたのです。

  • It may surprise you just how diverse their  diets were, and what they actually ate.  

    彼らの食生活がいかに多様であったか、そして実際に何を食べていたかに驚かされるかもしれません。

  • You may even find the food so deliciousthat you switch over to the Middle Ages Diet.

    あまりの美味しさに「中年ダイエット」に切り替えてしまうこともあるかもしれません。

  • Let's be clear, not everyone ate as good as  the nobles and aristocrats of the Middle Ages.  

    はっきり言って、誰もが中世の貴族やアリストクラートのように美味しいものを食べていたわけではありません。

  • This was a handful of elites who had the  wealth and resources to enjoy fine dining  

    これは、高級料理を楽しめる富と財力を持った一握りのエリートたちが

  • whenever they wanted. The peasants on the  other hand had a much more mediocre diet  

    しかし、農民たちの食生活は平凡なものでした。一方、農民たちはもっと平凡な食事をしていました

  • consisting of low meat content and  high amounts of breads and vegetables.  

    肉類が少なく、パンや野菜が多いのが特徴です。

  • But if you were lucky enough to be  wealthy, you could eat like a king.

    しかし、幸運にも富裕層であれば、王様のような食事をすることができました。

  • If you were rich you owned land; most likelylot of it. An aristocrat with an estate would  

    お金持ちであれば、土地を持っています。土地を持っている貴族は

  • have access to domesticated animals that could  be freshly killed, crops that could be harvested,  

    殺すことができる家畜、収穫することができる農作物を手に入れることができました。

  • and natural resources from the land, such as  wild game and fish. If you were a peasant you  

    そして、その土地から得られる野生動物や魚などの天然資源。農民であれば

  • most likely worked on one of these estatesbut the resources were not available to you.

    しかし、そのようなことはできませんでした。

  • It is a misconception that the food in the  Middle Ages was bland and non-diverse. In fact,  

    中世の食事は味が薄く、多様性に欠けていたというのは誤解である。実際には

  • the wealthy people of the Middle Ages would  rarely eat the same dish twice in one week.  

    中世の裕福な人々は、同じ料理を1週間に2回食べることはほとんどありませんでした。

  • The dishes were made with rich spices such as  caraway, nutmeg, cardamom, ginger, and pepper.  

    料理にはキャラウェイ、ナツメグ、カルダモン、ジンジャー、ペッパーなどの豊かなスパイスが使われていました。

  • These spices could be mixed and matched with  different meats and vegetables to make a  

    これらのスパイスは、様々な肉や野菜と混ぜ合わせることで

  • veritable number of dishes. Other commonly used  accoutrements to meals would include cane sugar,  

    膨大な数の料理がある。また、食事の際によく使われるものとして、きび砂糖があります。

  • almonds, and dried fruits. Many  of these items came from other  

    アーモンドやドライフルーツなど。これらのアイテムの多くは、他の

  • lands such as North Africa and East  Asia and were extremely expensive.

    北アフリカや東アジアなどの土地では、非常に高価なものでした。

  • Some rich people in the Middle Ages even had  large stores of spices filling entire rooms.  

    中世の裕福な人々は、部屋いっぱいにスパイスを蓄えていました。

  • There was even a department of the royal  court that was called thespicery,”  

    王宮の中には、"スパイサリー "と呼ばれる部署もありました。

  • whose sole purpose was to buy, maintain, and store  spices for the food that was prepared for royalty.  

    その目的は、王族のために用意された料理のためのスパイスを購入し、維持し、保管することだけでした。

  • In fact, the rich and royal loved spicy sauces  so much that entire professional careers could  

    実際、富裕層や王族はスパイシーなソースが大好きで、職業としてのキャリアを積むことができたほどです。

  • be made out of sauce making. If a saucemaker  could create flavorful sauces, they were sure  

    は、ソース作りから作られる。ソースメーカーが風味豊かなソースを作ることができれば、彼らはきっと

  • to find employment in the kitchens of some of the  most wealthy and powerful men in all of Europe.

    が、ヨーロッパの大富豪たちの厨房で働くことになったのです。

  • If you were rich in the Middle Ages every  dish you ate would be adorned with spices,  

    中世のお金持ちなら、どんな料理にも香辛料が添えられていました。

  • but the actual food would vary. A favorite dish  of both rich and poor was called pottage. It was  

    と言っても、実際の料理は様々です。富裕層も貧困層も好んで食べていたのがポタージュと呼ばれる料理です。これは

  • a thick stew that contained meat, vegetables, and  bran. If you were rich this dish often contained  

    肉や野菜、ぬかなどが入った濃厚な煮込み料理です。お金持ちの人は、この料理に

  • cereal and frumentry, which was wheat boiled in  milk and then seasoned with cinnamon and sugar.  

    シリアルや、小麦をミルクで煮てシナモンや砂糖で味付けした「フルメンタリー」などがあります。

  • When prepared this way the dish was  called mortrew. Along with the stew,  

    このようにして作られた料理はMortrewと呼ばれました。シチューと一緒に

  • and almost every meal, the rich would  eat bread. The elite would eat breads  

    と、ほとんど毎食、お金持ちはパンを食べていました。エリートたちはパンを食べるでしょう

  • made from only the best grains, while  everything else was left for the peasants.

    穀物は最高のものだけを使い、それ以外のものはすべて農民に任せた。

  • Bread also played another important  role in the dining of the rich;  

    富裕層の食卓では、パンも重要な役割を果たしていた。

  • it could be used as a plate or bowl. This  was sometimes referred to as a trench.  

    皿や鉢としても使える。これを「トレンチ」と呼ぶこともあった。

  • Thick slices of bread were hollowed out and  soup or a meal was served in the bread bowl.  

    厚切りのパンをくりぬいて、パンの器にスープや食事を入れて食べた。

  • This would allow the aristocrat to  have his meal and eat his bowl too.

    そうすれば、貴族が食事をしながら、自分の器も食べられる。

  • When it came to meat, the more exotic the  better. Peasants rarely had access to meat,  

    肉といえば、エキゾチックなものほどいい。農民はほとんど肉を食べることができない。

  • and what they did have was normally the worst  cuts of pork. But for the rich in the Middle  

    しかし、中東の富裕層にとっては、そのようなことはありません。しかし、中東の金持ちにとっては

  • Ages their choice of meat was only limited by  their imagination. They would eat roast peacock  

    Ages 彼らの肉の選択は、彼らの想像力によって制限されていました。孔雀のローストを食べたり

  • dressed in a cloak made of its own feathers, beef  that required vast amounts of resources to raise,  

    自分の羽毛で作ったマントを着て、膨大な資源をかけて育てた牛肉。

  • and salted fish from the coastal regionsNobles also had access to chickens and pork,  

    沿岸部で獲れた魚の塩漬けなどがありました。 また、貴族たちは鶏や豚も手に入れることができました。

  • which would be prepared in different ways to  ensure that the meals did not become boring.

    飽きがこないように、いろいろな調理法で作られています。

  • Pies were also consumed often by the  aristocrats in the Middle Ages. However,  

    また、中世の貴族はパイをよく食べていました。しかし。

  • like all their food, the rich wanted the  presentation to be sublime. The pies would  

    他の料理と同様に、お金持ちはプレゼンテーションも崇高なものにしたいと考えていました。パイは

  • be baked or constructed in different shapes  such as castles, surrounded by a moat of wine.

    は、ワインの堀で囲まれたお城のような様々な形に焼いたり、作ったりします。

  • Contrary to popular belief, the rich during  the Middle Ages did not eat with their hands,  

    俗説に反して、中世の富裕層は手で食事をしなかった。

  • or throw food over their shoulders when they were  done. There was actually specific eating etiquette  

    食べ終わったら、肩越しに食べ物を投げていました。実際には、食事のマナーがありました

  • that diners, including the rich, were  required to follow. Children were taught  

    お金持ちも含めて、食事をする人が守らなければならないこと。子供たちには

  • to wash their hands before meals, and to  use a spoon and knife while eating. Also,  

    食事の前には手を洗い、食事の際にはスプーンとナイフを使うこと。また

  • it was important to wipe one's mouth throughout  the meal to make sure that food was not left on  

    食事中は口を拭いて食べ物が残らないようにすることが大切である。

  • the face. The noble class had a plethora of  books just on table manners. The floors were  

    の顔になります。貴族階級は、テーブルマナーだけでもたくさんの本を持っていました。床は

  • regularly swept after meals to remove any fallen  food, and leftovers were fed to dogs and pigs.

    食事の後には落ちている食べ物を取り除くために定期的に掃除をし、食べ残しは犬や豚の餌になっていました。

  • No meal would be complete during the Middle  Ages without alcohol. People during this time  

    中世の食事には、アルコールが欠かせません。この時代の人々は

  • period drank lots and lots of alcoholThe rich would have their pick of wines,  

    時代は、たくさんのお酒を飲んでいました。 お金持ちはワインを選んでいました。

  • ales, and liquors. However, these drinks  were very weak by our standards today,  

    エールやお酒を飲んでいました。しかし、これらのお酒は今の基準ではとても弱いものでした。

  • so someone would have to consume large  amounts of alcoholic beverages before  

    そのため、大量のお酒を飲まないといけません。

  • succumbing to drunkenness. One plus side  of the fermentation process was that  

    酔っぱらってしまったのだ。発酵プロセスのプラス面としては

  • it killed many water-borne diseases  and bacteria. This reduced illness,  

    水を媒介とした多くの病気や細菌を殺すことができました。これで病気が減りました。

  • so drinking alcoholic beverages was oftentimes  preferable to drinking water, even for children.

    子供であっても、水を飲むより酒を飲んだ方がいい場合が多かったのです。

  • Being rich in the Middle Ages meant you had  resources and the ability to throw parties.  

    中世のお金持ちとは、財力があり、パーティーを開くことができることを意味していました。

  • No wealthy family would go too  long without having a banquet.  

    裕福な家庭では、長い間、宴会をしないことはありません。

  • This is where the most extravagant dishes  were made, and the most spectacular culinary  

    ここでは、最も贅沢な料理が作られ、最も華やかな料理が作られました。

  • sculptures were built. It was during banquets  the noblemen would show off their wealth,  

    彫刻が作られました。貴族たちが富を誇示したのは、宴の席だった。

  • and try to impress everyone who was  present. The more extravagant the banquet,  

    と言って、その場にいた全員を感動させようとする。贅沢な宴会ほど

  • the more people would talk, and the social  status of the party thrower would be elevated.

    話題になればなるほど、パーティーを開いた人の社会的地位が向上していきます。

  • Banquets were slightly different from the  normal meals of the aristocrats during  

    晩餐会は、貴族の普段の食事とは少し違っていました。

  • the Middle Ages. For one thing there  were a lot more people in attendance;  

    中世の時代。一つには、より多くの人が参加していたことです。

  • for another there was a lot more foodEvery table would be covered in jellies,  

    もう一つは、食べ物がたくさんあったこと。 どのテーブルもゼリーで埋め尽くされていました。

  • pies, and fritters as soon as guests sat downDuring the Middle Ages meals were not separated  

    客が座るとすぐにパイやフリッターが出てくる。 中世では、食事を分けることなく

  • into savory courses followed by sweet desserts  like they are today. Almost all dishes were  

    現在のように塩味のコースと甘いデザートに分かれていました。ほとんどの料理は

  • laid out together, so the guests could have  whatever looked most appetizing at the time.

    その時に一番美味しそうなものを食べられるように、一緒に並べられています。

  • Banquets were where the most extravagant food art  was presented as well. Tables would be adorned  

    宴席では、最も豪華な食の芸術が披露されました。テーブルに飾られた

  • with fully edible sugar sculptures known as  sotiltees. The works of art would be in the forms  

    ソティルティと呼ばれる完全に食べられる砂糖の彫刻でその作品は、以下のような形をしています。

  • of castles, ships, and even famous philosophersThe sotiltees were also known aswarners,”  

    城や船、さらには有名な哲学者のことも。 ソティルティーは、「ワーナー」とも呼ばれていた。

  • because they were served at the start of a banquet  to inform guests that dinner was approaching. This  

    これは、宴席の最初に出され、夕食が近づいてきたことを客に知らせるためのものだったからです。この

  • would indicate that everyone should take their  seats and prepare for the meal of a lifetime.

    と言うと、みんなが席に着いて一生に一度の食事の準備をしなさいということになります。

  • Main courses at banquets were meant to shock and  awe the guests. The more memorable the banquet,  

    宴会のメインディッシュは、ゲストに衝撃を与えるものであった。記憶に残る宴会であればあるほど

  • the better for the rich noble who threw it. Main  courses would consist of a plethora of meats and  

    投げた金持ちの貴族にとっては、その方がいい。メインコースはおびただしい数のお肉と

  • vegetables. Spices would adorn every dish to  make them unique; the hope would be that it was  

    の野菜を使っています。スパイスはすべての料理をユニークなものにするために飾られます。

  • something the guests had never experienced  before. There would also be exotic animals  

    お客様が経験したことのないようなまた、エキゾチックな動物も登場し

  • to eat such as seal, porpoise, and even whale  if they could be procured. The more difficult  

    アザラシ、ネズミイルカ、できればクジラも食べたい。もっと難しいのは

  • the animal was to obtain, the higher it bolstered  the prestige of the nobleman throwing the feast.  

    その動物を手に入れることができれば、宴を催す貴族の威光を高めることができます。

  • One banquet could contain more food thanpeasant family would eat in an entire year.

    1回の宴会で、農民の家族が1年で食べる量を超える料理が出てくることもありました。

  • Banquets were classy affairs and the host  would have to put in a large amount of his  

    晩餐会は上品なものであり、主催者は自分の力を大幅に発揮しなければならない。

  • own resources. Therefore, guests were required  to follow certain etiquette as well. There were  

    自分の資源を使う。そのため、ゲストにも一定のマナーが求められていた。そこには

  • a number of special courtesy books written during  the Middle Ages on how guests of a banquet should  

    中世の時代に書かれた、宴席のゲストがどのようにすべきかを記した特別な礼儀作法の本の数々。

  • act. Diners were nor supposed to fart, scratch bug  bites, or pick their nose while at the banquet.  

    行為をしてはいけない。宴会中にオナラをしたり、虫刺されを掻いたり、鼻をほじったりしてはいけない。

  • If these rules were broken the person could be  escorted out of the hall and may not be invited  

    これらの規則に違反した場合、その人はホールの外に連れ出され、招待されないこともあります。

  • back to subsequent parties. That was why it was  important to never offend the host of a banquet,  

    宴席の主催者を怒らせてはいけない。だからこそ、宴会の主催者を怒らせてはいけないのである。

  • and stick to the basic etiquette  of fine dining in the Middle Ages.

    と、中世の高級レストランの基本的なエチケットにこだわる。

  • There were several intricacies and quirks  to food in the Middle Ages. The rich in  

    中世の食には、いくつかの複雑さと奇妙さがありました。豊かな

  • particular were always on the cutting edge of  fine culinary cuisine of the time. But, there  

    このようにして、私たちは常に時代の最先端を走ってきました。しかし、そこには

  • were certain preparations and foods that were  consistent across the aristocrats. For example,  

    は、貴族の間で一貫して行われていた調理法や食べ物がありました。例えば、以下のようなものです。

  • all fruit and vegetables were cooked during the  Middle Ages. This was because they believed that  

    中世の時代には、果物や野菜はすべて調理されていました。これは、彼らが以下のように考えていたからです。

  • raw produce could cause diseases. Warnings in  cookbooks such as The Boke of Kervynge, written  

    生の食材は病気の原因になります。と書かれた『The Boke of Kervynge』などの料理本には、このような警告が記されています。

  • around the year 1500, warns that uncooked fruits  and veggies could make the chef's master sick.

    1500年頃に書かれたこの本には、調理されていない野菜や果物は料理人の主人を病気にすると書かれています。

  • Jellies and custards were a favorite for all  peoples during the Middle Ages. The rich would  

    ゼリーやカスタードは、中世にはすべての民族に愛されていました。お金持ちは

  • require that they were created in a way that was  more extravagant than the stuff the peasants were  

    農民が作ったものよりも贅沢に作られていることが必要です。

  • consuming. Oftentimes these dishes were dyed with  vivid colors. The cooks would use sandalwood for  

    を消費しています。これらの料理は、しばしば鮮やかな色で染められていました。料理人たちは、白檀を

  • a deep red, saffron for a radiant yellow, and  boiled blood to make a dish completely black.  

    深みのある赤、輝きのある黄色にはサフラン、そして真っ黒な料理には茹でた血が使われます。

  • The coloring of foods did not just  stop at jellies and custards though.  

    食品の着色は、ゼリーやカスタードだけではありませんでした。

  • Even dishes such as meatballs and deserts  were given vibrant colors to make the simple  

    ミートボールやデザートなどの料理にも鮮やかな色が使われていて、シンプルながらも

  • dishes stand out in a unique way. If  the noble was rich enough they would  

    料理は、ユニークな方法で目立つ。貴族が十分に裕福であれば、彼らは

  • even procure a flower from the Mediteranian  called turnsole to make the food purple.

    さらに、ターンソールという地中海の花を調達して、料理を紫色にすることもできます。

  • We know all about food in the Middle Ages because  a number of cookbooks have survived from the time  

    中世の食を知ることができるのは、当時の料理本が数多く残されているからです。

  • period. Obviously these cookbooks were written  for the creation of meals for the wealthy.  

    の時代です。明らかにこれらの料理本は、富裕層のための食事を作るために書かれたものです。

  • The large variety of cookbooks goes to show  how important food was at this time in history.

    料理本の種類の多さは、この時代の食の重要性を物語っています。

  • The very first English cookbook ever, The Forme  of Cury, was written in 1390 by the Chief Master  

    イギリス初の料理本「The Forme of Cury」は、1390年にチーフ・マスターが書いたものです。

  • Cooks of King Richard II. It is in these cookbooks  that the most extravagant dishes were recorded,  

    リチャード2世の料理人。これらの料理本には、最も贅沢な料理が記録されています。

  • and the tricks of the trade were passed downIt would also seem that during the Middle Ages  

    と、そのコツが伝わっていました。 また、中世の時代には

  • culinary traditions were important across  other parts of the world. Cookbooks such as  

    料理の伝統は、世界各地で重要な役割を果たしていました。などの料理本があります。

  • the Kitab a-Tabikh was written in Arabia in  the 10th century, Le Viander was written in  

    キタブ・ア・タビクは10世紀にアラビアで書かれたもので、ル・ヴィアンデルは

  • 12th century France, and Liber de Coquina was  used by cooks in Italy during the 14th century.  

    12世紀のフランス、14世紀のイタリアではリベル・ド・コキーナが料理人に使われていました。

  • Food for the rich during the Middle Ages was  so important that it needed to be written down.

    中世の富裕層の食生活は、文書化しなければならないほど重要なものでした。

  • Not everyone during the Middle Ages ate so well  however. Most peasants and people from lower  

    しかし、中世の人々は皆、それほど豊かな食生活を送っていたわけではありません。農民や下層階級の人々の多くは

  • classes could not read, and therefore, recipes  were passed down by word of mouth. We do know  

    庶民は文字が読めなかったので、レシピは口伝で伝えられていました。私たちが知っているのは

  • that unless you served a large estate, or someone  who was incredibly rich, that fresh meat was hard  

    大地主や大金持ちに仕えるのでなければ、新鮮な肉はなかなか手に入りませんでした。

  • to come by for poor people. Most peasants ate  foods that were preserved through pickling or  

    貧乏人には手に入らないものだ。ほとんどの農民は、漬け物や保存食を食べていました。

  • by using salt. Once an animal was slaughtered, or  a crop was harvested, it had to last the peasants  

    塩を使って。動物が屠殺されたり、作物が収穫されたりすると、農民たちはそれを持続させなければなりません。

  • a very long time since they wouldn't know when  their next chance for fresh food would come. This  

    次の新鮮な食べ物の機会がいつ来るかわからないので、非常に長い時間を過ごすことになります。これは

  • meant everything was preserved so that it could be  eaten at a later date. Bacon, pickled herring, and  

    つまり、すべてのものが後から食べられるように保存されていたのです。ベーコン、ニシンの酢漬け、そして

  • preserved fruits would be some of the best food  the poor could hope for during the Middle Ages.

    中世の貧しい人々にとって、保存された果物は最高の食べ物だったのです。

  • Just like today life was easier for the rich back  then. They could afford to spend massive amounts  

    今と同じように、当時のお金持ちは生活が楽でした。莫大な金額を費やす余裕がありました

  • of money and resources on the most extravagant of  meals. The chefs of the rich biggest problem was  

    贅沢な食事のために、お金と資源を惜しみなく使う。お金持ちのシェフたちの最大の問題は

  • not lack of variety, but in finding ways  to make each dish unique and different.  

    バラエティに富んでいないのではなく、それぞれの料理に個性を持たせる工夫をしています。

  • Nobles ate food that was both visually pleasing  and tasteful. Exotic meats and intricate sugar  

    貴族たちは、見た目にも味にもこだわった料理を食べていました。エキゾチックな肉や複雑な砂糖

  • sculptures were served to aristocrats while they  drank wine and ale to their heart's content.  

    貴族たちがワインやエールを心ゆくまで飲んでいるときに、彫刻が振る舞われた。

  • It would seem that rich people in the Middle  Ages ate better than many people do today.

    中世の裕福な人々は、現在の多くの人々よりも良い食事をしていたと思われます。

  • Now check outWhy You Wouldn't Survive  In Medieval time.” And after that  

    では、"Why You Wouldn't Survive In Medieval time "をご覧ください。そしてそのあと

  • watchWhy Teenage Life In  The Middle Ages Sucked.”

    watch "Why Teenage Life In The Middle Ages Sucked.".

Life in the Middle Ages could be tough. But, like  today, if you were rich life was a little easier,  

中世の生活は厳しいものでした。しかし、現代と同じように、お金持ちであれば生活は少し楽でした。

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 中世 料理 食事 貴族 金持ち 農民

食べたくない中世の食事 - 中世のお金持ちは何を食べていたのか? (Medieval Meals You Wouldn't Want to Eat - What Did Rich People Eat in the Middle Ages?)

  • 10 1
    Summer に公開 2021 年 03 月 30 日
動画の中の単語