Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • The SCP Foundation: The Internet's favorite  monster-battling secret organization. The  

    SCP財団。インターネットで人気の高い、モンスターと戦う秘密組織。その

  • Foundation works in the shadows to keep humanity  safe from dangerous supernatural entities,  

    ファウンデーションは、危険な超自然的存在から人類の安全を守るために影で活動しています。

  • cursed objects, and paranormal catastrophes. To  make this possible, they develop state of the art  

    呪われた物体や超常的な大惨事など。これを可能にするために、彼らは最新の技術を開発しています。

  • weapons and containment technology, to make sure  they always stay one step ahead of the threat.

    兵器や封じ込め技術を駆使して、常に一歩先の脅威に対応しています。

  • You're probably thinking, “It's a shame we  don't have a group like this in real life,  

    現実にこのようなグループがないのは残念だ」と思っているでしょう。

  • considering all the real problems  and threats we're always facing.”

    私たちが常に直面している現実的な問題や脅威を考慮して」。

  • Thankfully, we do have a real-life  answer to the SCP Foundation:  

    ありがたいことに、SCP財団には現実的な答えがあります。

  • The Defense Advanced Research Projects Agency, or  DARPA, the world-class research and development  

    国防高等研究計画局(DARPA)は、世界的な研究開発の

  • group that's given the US military some of  its most powerful and sophisticated tech  

    米軍に最も強力で洗練された技術を提供しているグループである

  • for the last sixty years. Today, we're  going to talk about what DARPA is,  

    この60年間、DARPAの活動は多岐にわたっています。今日は、DARPAとは何かについてお話します。

  • when and why it was founded, and most  importantly of all, some of the most amazing,  

    そして何よりも、最も素晴らしいものがあります。

  • unbelievable, and downright awesome  projects they've been involved in.

    彼らが関わってきたプロジェクトは、信じられないような、まさに素晴らしいものばかりです。

  • DARPA was first created back in 1958. The  Soviets had just launched the unmanned probe  

    DARPAが誕生したのは1958年のこと。ソ連が無人探査機を打ち上げたばかりだった。

  • Sputnik into space, and people across the  United States were starting to feel nervous.  

    スプートニクが宇宙に飛び立ち、アメリカ中の人々が不安を感じ始めていた。

  • President Dwight D. Eisenhower didn't intend to  take Russia's leap into the stars lying down,  

    ドワイト・D・アイゼンハワー大統領は、ロシアの星への跳躍を甘んじて受け入れるつもりはなかった。

  • so he authorized the creation of  a group to put the United States  

    そこで彼は、米国のためのグループを作ることを許可しました。

  • back at the forefront of scientific and  technological research and development.

    は、科学技術の研究開発の最前線に戻ってきました。

  • This group was first called the  Advanced Research Projects Agency,  

    このグループは最初、「Advanced Research Projects Agency」と呼ばれていた。

  • or ARPA, before the wordDefensewas first  added to the title in 1972. Presumably because  

    1972年に "Defense "の文字が追加される前は、ARPAと呼ばれていました。おそらく、その理由は

  • Congress is always eager to throw more money  at something withDefensein the title.

    議会はいつも、タイトルに「Defense(国防)」と付くものに、より多くの予算を投じたがる。

  • With a headquarters in Arlington, VirginiaDARPA has 220 government employees working in  

    バージニア州アーリントンに本部を置くDARPAでは、220名の政府職員が働いています。

  • six different technical offices, with an annual  budget of around $3.4 billion. The organization  

    6つの異なるテクニカルオフィスを持ち、年間予算は約34億ドル。組織の

  • currently oversees over 250 state-of-the-art  research and development projects.

    現在、250以上の最先端の研究開発プロジェクトを統括しています。

  • The purpose of DARPA is simple: Making sure that  the United States has the best defense technology  

    DARPAの目的はシンプルです。アメリカが最高の防衛技術を持つようにすること

  • in the world. Their organization selectsproject  leaders” - promising individuals at the top of  

    世界でも有数の企業です。彼らの組織では、「プロジェクト・リーダー」と呼ばれる有望な人材が選ばれています。

  • their field, with ideas that can reshape the world  of national defense and security - and gives them  

    国防と安全保障の世界を変えることができるアイデアを持って、それぞれの分野で活躍しています。

  • the coordination and funding they need to make  their ideas possible under the DARPA umbrella.  

    DARPAの傘下で、彼らのアイデアを実現するために必要な調整と資金提供を受けることができます。

  • The official mission statement of DARPA is,  “to make pivotal investments in breakthrough  

    DARPAの公式ミッション・ステートメントは、「画期的な技術に極めて重要な投資を行うこと」です。

  • technologies for national security”, and they  manage to achieve this goal and much, much more.

    国家安全保障のための技術」という目標を達成し、それ以上の成果を上げることができました。

  • Like a lot of military technology, projects first  spearheaded by DARPA have influenced technologies  

    多くの軍事技術がそうであるように、DARPAが最初に着手したプロジェクトは、技術に影響を与えてきました。

  • that would later come into common civilian useTo name one particularly impressive example, DARPA  

    後に民間で一般的に使用されるようになったものです。 特に印象的な例を挙げると、DARPAは

  • military computer networks laid the groundwork for  the modern internet. So you can thank DARPA for  

    現在のインターネットの基礎を築いたのは、軍のコンピュータネットワークです。ですから、DARPAに感謝するのは

  • your ability to watch this video and learn about  them. But we know that this isn't why you're here:  

    このビデオをご覧になり、それらについて知っていただくことができました。しかし、あなたがここに来たのはそのためではないことはわかっています。

  • You want to know about the real moon shotsThe kind of mind-blowing projects and technical  

    本当のムーンショットを知りたい方へ 心を揺さぶるようなプロジェクトや技術が

  • advancements that really make DARPA seem like  the real world's answer to the SCP Foundation.

    DARPAがSCP財団に対する現実世界の答えのように思えるほどの進歩を遂げています。

  • We have some truly incredible  technology for you here,  

    ここには、本当に素晴らしい技術があります。

  • and rest assured, each one  is crazier than the last.

    そして、安心してください、それぞれが最後のものよりも狂っています。

  • First, we have the EATR project, developed  by Cyclone Power Technologies under the  

    まず、EATRプロジェクトですが、これはCyclone Power Technologies社の下で開発されました。

  • supervision of DARPA. EATR stands for Energy  Autonomous Tactical Robot, and refers to a type  

    DARPAの監修を受けています。EATRとは、Energy Autonomous Tactical Robotの略で、以下のようなタイプのロボットを指します。

  • of theoretical surveillance robot that could  feed on plants the way a human or animal does.  

    人間や動物と同じように植物を食べることができる、理論的な監視ロボットのこと。

  • Researchers believed that if a spy robot could  eat independently to maintain its energy supply,  

    研究者たちは、スパイロボットがエネルギー供給を維持するために独立して食事をすることができれば、と考えました。

  • it would be able to carry out  missions far longer than both  

    と比べてはるかに長い期間のミッションを遂行することができます。

  • humans and conventional machinesIt was believed that the finished  

    人間と従来の機械。 と考えられていましたが、完成した

  • machines would be able to travel 100 miles  for every 150 pounds of biomass consumed.

    150ポンドのバイオマスを消費するごとに、マシンは100マイル移動することができます。

  • Incidentally, this is close to the  weight of your average adult human,  

    ちなみに、これは平均的な大人の人間の体重に近い。

  • if ever EATR wanted to try something more meaty.  

    EATRがもっと肉厚なものを食べたいと思ったら

  • In case you think we're being sensationalistic  here, even the CEO of Cyclone Power Technologies,  

    私たちがセンセーショナルな話をしていると思われるかもしれませんが、Cyclone Power Technologies社のCEOでさえ、このように言っています。

  • Harry Schoell, released a statement saying,  “We completely understand the public's concern  

    ハリー・ショールは、「世間の皆様のご心配を完全に理解しています」との声明を発表しました。

  • about futuristic robots feeding on the human  population, but that is not our mission.”

    未来のロボットが人間を食い物にするという話は、我々の使命ではありません」。

  • How incredibly reassuring.

    何とも心強い限りです。

  • But instead of evil robots spilling bloodlet's think about something even crazier:  

    しかし、血を流す邪悪なロボットの代わりに、もっとおかしなことを考えてみよう。

  • DARPA making blood. That's right, DARPA  is currently working on revolutionizing  

    血液を作るDARPA。そう、DARPAが現在取り組んでいるのは、革命的な

  • the concept ofBlood Pharming.” This means  reproducing red blood cells outside the body to  

    "Blood Pharming "という概念があります。これは、赤血球を体外で再現して

  • create stocks of so-calledsynthetic bloodfor  transfusion during surgery. As we currently sit  

    手術の際に輸血するための「人工血液」のストックを作る。現在、私たちは

  • in the middle of a blood and organ shortage for  a long, long waiting list of desperate patients,  

    血液や臓器が不足している中で、長い長い待ち時間を経て絶望的な患者さんがいるのです。

  • DARPA's research into blood pharming could change  the game and save millions of lives every year.

    DARPAによる血液製剤の研究は、このゲームを変え、毎年何百万人もの命を救うことになるでしょう。

  • The amount of money the DARPA method saves is  also staggering. With these new techniques,  

    また、DARPA方式で節約できる金額も驚異的です。これらの新しい技術によって

  • the cost of synthetic blood per unit  is cut from $90,000 to a mere $5,000.  

    人工血液の1本あたりのコストは、9万円からわずか5,000円にまで下がります。

  • Saving lives and money with futuristic  synthetic blood? What's not to love?

    未来の人工血液で命とお金を救う?何が気に入らないって?

  • But if you think that's incredible, you haven't  seen anything yet. Have you ever dreamed about  

    しかし、それが信じられないと思うなら、あなたはまだ何も見ていないのです。夢を見たことはありますか?

  • having super strength, or the ability to go  further than you ever could before? Thanks  

    超能力というか、今まで以上に前進する力があるのでは?ありがとう

  • to DARPA, this superhero fantasy can becomereality. Scientists created a device known as  

    DARPAによると、このスーパーヒーローのファンタジーは現実のものになるそうです。科学者たちは、次のような装置を作りました。

  • the Soft Exosuit, a kind of artificial exoskeleton  worn by soldiers to supercharge their strength and  

    ソフトエクソスーツは、兵士が着用する人工外骨格の一種で、強度と耐久性を高めるためのものです。

  • endurance. Any troop or rescue worker can suddenly  have the strength and the precision of a machine,  

    の耐久性を発揮します。どんな部隊や救助隊員でも、突然、機械のような強さと正確さを手に入れることができます。

  • making the classic trope of the  “Supersoldier” a very real thing.

    スーパーソルジャー」という古典的な表現が現実のものとなったのです。

  • The suit even has a micro-computer and built  in sensors that make it super adaptable to  

    このスーツにはマイクロコンピューターとセンサーが内蔵されており、以下のような状況に適応できるようになっています。

  • the needs of the user, meaning it can do  the heavy lifting in more ways than one.  

    ユーザーのニーズに合わせて、様々な面で力を発揮してくれることでしょう。

  • The Soft Exosuit is just one more step  in every self-respecting geek's quest  

    ソフトエクソスーツは、自尊心のあるオタクの探求のためのもう一つのステップです。

  • to see the Iron Man suit become  a reality in their lifetime.

    アイアンマンのスーツが生きている間に現実のものとなるのを見たいと思っています。

  • The technology to make you a god-tier weight  lifter is one thing, but the tech to make  

    神がかり的なウェイトリフターにするための技術は一つですが、そのための技術は

  • you the world's greatest sharp shooter is another  ballpark entirely. “Spray and prayhas long been  

    あなたが世界最高のシャープシューターであることは、まったく別の球場でのことです。"Spray and pray "は昔から

  • the mantra of soldiers who aren't super confident  at landing a dead-on shot in a tricky situation,  

    困難な状況下で確実にショットを決めることに自信のない兵士たちのための言葉です。

  • but DARPA's awesome and terrifying EXACTO  ammunition could make this a thing of the past.  

    しかし、DARPAの素晴らしくも恐ろしいEXACTO弾は、このようなことを過去のものにしてしまうかもしれません。

  • These bullets are still in development, and many  of the details of their production are top secret,  

    この弾丸はまだ開発中であり、製造に関する詳細は多くがトップシークレットとなっている。

  • but it's believed EXACTO ammunition is  fitted with built-in guidance systems  

    しかし、EXACTOの弾薬には誘導装置が内蔵されていると言われています。

  • that allow them to actively seek  their targets after being fired.

    そのため、発射された後も積極的にターゲットを探すことができます。

  • If snipers weren't scary enough already,  

    狙撃手の怖さを知っていればこそ。

  • the completion of the EXACTO bullets may  make them truly impossible to escape.

    EXACTO弾の完成により、本当に逃げられなくなるかもしれません。

  • Did that last one make you feel a little  paranoid? We're sorry to report that that's  

    この言葉を聞いて、あなたは少し誇大妄想的になりましたか?申し訳ありませんが、そのようなことはありません。

  • nothing compared to the next creepy  technological marvel from DARPA.  

    DARPAによる次の不気味な技術的驚異に比べれば、何の問題もない。

  • Most people aren't exactly huge fans of bugsand people working in intelligence across the  

    多くの人は虫が大の苦手で、世界中の諜報機関で働く人々は

  • globe have even more of a reason to hate themDARPA has been developing the technology to turn  

    globeには、さらに憎むべき理由があります。 DARPA(米国防高等研究計画局)が開発してきた技術で

  • insects into tiny weapons of espionage. For  all you know, a fly in your room right now,  

    昆虫を諜報活動の小さな武器に。今、あなたの部屋にハエがいるかもしれません。

  • that you haven't even noticed, could  be feeding audio straight to the CIA.

    あなたが気づいていないだけで、CIAに直接音声を送っている可能性があります。

  • How is this possible, you ask? A DARPA project  known as the HI-MEMS Program has pioneered the  

    どうしてそんなことが可能なのでしょうか?DARPAの「HI-MEMSプログラム」と呼ばれるプロジェクトが、世界に先駆けて

  • tech necessary to implant a variety of different  insects with tiny recording technology. Even  

    様々な種類の昆虫に小さな記録技術を埋め込むために必要な技術。そして

  • scarier, though, DARPA has discovered tech  capable of manipulating the minds of insects  

    さらに恐ろしいことに、DARPAは昆虫の心を操作できる技術を発見しました。

  • with electrical pulses, making sure they end up in  all the sensitive areas of their intended target.  

    電気パルスを使って、ターゲットのデリケートな部分まで確実に届けます。

  • Watching you with their beady compound eyes...

    鋭い複眼であなたを見ている...。

  • However, it's worth noting that insects have  incredibly simple brains. Building a true  

    しかし、昆虫の脳は非常にシンプルです。本当の意味での

  • interface between, say, a human brain and digital  technology would truly be an astonishing feat. So  

    例えば、人間の脳とデジタル技術とのインターフェースは、まさに驚異的なものです。そう

  • it comes as no surprise that, of course, DARPA has  been working on that one too. In fact, DARPA hopes  

    もちろん、DARPAがこの問題に取り組んでいることは驚きではありません。実際、DARPAが期待しているのは

  • to create an implantable device that will allow  for a precise connection between the human brain  

    人間の脳を正確につなげることができる埋め込み型のデバイスを作るために

  • and the digital world, as part of its Neural  Engineering System Design Project, or NESD.

    NESD(Neural Engineering System Design Project)の一環として、デジタルの世界との関わりをテーマにした研究を行っています。

  • The end goal of this truly remarkable  technology would be transforming the  

    この驚くべき技術の最終的な目標は、世界を変えることです。

  • electrical and chemical signals of our brains  into data readable by computers. It would allow  

    脳内の電気信号や化学信号をコンピュータで読めるデータに変換します。それによって

  • for an unparalleled level of interpersonal  connection, and would mark the first time  

    は、他に類を見ないレベルの人とのつながりを実現し、初めての

  • in human history that we could truly see  the world through another person's eyes.

    他人の目を通して世界を見ることができたのは、人類史上初めてのことでした。

  • But if we're talking about science fiction  technology becoming reality, there's only one  

    しかし、SF技術が現実になるとすれば、一つしかない。

  • thing on most people's minds: Laser weaponry. From  Star Wars to Halo, almost no futuristic setting is  

    のことを、多くの人が考えています。レーザー兵器です。スターウォーズからHALOまで、近未来的な設定はほとんどありません。

  • complete without some awesome laser weaponsand DARPA is bringing their own to the table.  

    しかし、DARPAは独自のレーザー兵器を開発しています。

  • With the incredibly badass nameExcalibur”, it's  no surprise that these lasers really bring the  

    Excalibur "という名の通り、このレーザーは世界で最も優れたレーザーの一つです。

  • heat. DARPA's combat laser weapon, designed  to be fixed to planes for aerial combat,  

    の熱を利用しています。DARPAの戦闘用レーザー兵器で、飛行機に固定して空中戦を行うように設計されています。

  • is lighter, more efficient, and far more deadly  than almost any laser we've ever seen before.  

    は、これまでのどのレーザーよりも軽く、効率的で、殺傷力もはるかに高いものとなっています。

  • Some time in the future, if you're unlucky  enough, they might even be vaporizing you.

    未来のある日、運が悪ければ、彼らはあなたを蒸発させるかもしれません。

  • But what's a crazy, futuristic weapon  without an even crazier futuristic vehicle?  

    しかし、クレイジーで未来的な武器には、さらにクレイジーな未来的な乗り物が必要です。

  • Enter DARPA's Transformer Project. No, we're not  kidding, it's actually called that. With this  

    DARPAのTransformer Projectの登場です。いや、冗談ではなく、実際にそう呼ばれています。これで

  • project, DARPA's mission is to create something  that's as effective on land as it is in the air,  

    DARPAの使命は、空中と同様に陸上でも効果を発揮するものを作ることです。

  • a kind of flying car or tank that  some have described as a “a more  

    は、空飛ぶ車や戦車のようなもので、「より多くの人が楽しめる」と評されています。

  • militarized Chitty Chitty Bang Bang.” These  vehicles will be able to fly in, land,  

    軍隊化したチキチキ・バンバン」。これらの車両は、飛来し、着陸することができます。

  • and then continue their high intensity missions  on the ground, with a truly unparalleled level  

    そして、地上での高強度のミッションを継続するという、まさに比類ないレベルの

  • of adaptability. They're even designed to fly  250 nautical miles on a single tank of fuel.

    の適応性を持っています。燃料タンク1つで250海里を飛行できるように設計されています。

  • Throw on a couple of Excalibur Laser Cannons,  

    エクスカリバー・レーザーキャノンを2台装着。

  • and you've got the coolest vehicle since  the Millennium Falcon on your hands.

    と、ミレニアム・ファルコン以来のクールな乗り物を手に入れることができます。

  • However, while a lot of this technology is  mind-blowingly cool, it's worth mentioning  

    しかし、これらの技術の多くは心躍るようなクールなものですが、特筆すべきことがあります。

  • that active combat is no picnic. In addition  to obvious death tolls and physical injuries,  

    現役の戦闘は、決して楽なものではありません。明らかな死亡者数や身体的負傷に加えて

  • people involved in these kinds  of combat engagements can often  

    このような戦闘に参加する人々は、しばしば

  • develop debilitating mental illnesses  like Post-Traumatic Stress Disorder,  

    心的外傷後ストレス障害のような衰弱した精神疾患を発症する。

  • or PTSD. But DARPA is also developing  new technology to help treat PTSD,  

    やPTSDの治療に役立つ新技術を開発しています。しかし、DARPAはPTSDの治療に役立つ新技術の開発も行っています。

  • along with a number of other serious ailmentslike anxiety, depression, and substance abuse.

    また、不安や抑うつ、薬物乱用などの深刻な病気も多くあります。

  • It all comes down to a project known as SUBNETS,  

    それは、「SUBNETS」というプロジェクトに集約されます。

  • which stands for the Systems-Based  Neurotechnology for Emerging Therapies project.  

    の略で、「Systems-Based Neurotechnology for Emerging Therapies」プロジェクトを意味します。

  • While the exact science is still being developedthis piece of cutting edge neurotechnology  

    正確な科学はまだ開発中ですが、この最先端の神経技術は

  • is a brain implant that treats neurological issues  from within the skull. Because of the sensitivity  

    は、頭蓋骨の中から神経系の問題を治療する脳インプラントです。敏感なため

  • of the issue, DARPA has brought in a legion  of psychology, neurology, and ethics experts  

    この問題を解決するために、DARPAは心理学、神経学、倫理学の専門家を多数招聘しました。

  • to make sure everything goes smoothly. After  all, a mind is a terrible thing to waste.

    すべてがスムーズに進むように。結局、心というものは無駄にするには恐ろしいものです。

  • Throughout this video, we've discussedhuge number of technologies developed by  

    このビデオの中で、私たちが開発した膨大な数の技術について説明してきました。

  • DARPA that would make the SCP Foundation  proud. They've regularly committed to  

    SCP Foundationが誇りに思うようなDARPA。彼らが定期的にコミットしているのは

  • turning science fiction into science fact  for over sixty solid years. And of course,  

    は、60年以上もの間、SFを科学的な事実に変え続けてきました。そして、もちろんです。

  • no overview into some of DARPA's most  iconic projects would be complete  

    DARPAの最も象徴的なプロジェクトの概要を知ることはできません。

  • without a journey into their most iconic  contributions to the world of robotics.

    ロボットの世界で最も象徴的な貢献をしてきた彼らを紹介します。

  • On the more basic level, we have the transport  and reconnaissance robots made possible by  

    より基本的なレベルでは、以下のような輸送ロボットや偵察ロボットがあります。

  • DARPA's coordination and funding. Two famous  examples are the WildCat and the BigDog,  

    DARPAの調整と資金提供。有名な例としては、WildCatとBigDogがある。

  • both created by robotics company Boston  Dynamics. These four-legged robots were  

    ロボットメーカーのボストン・ダイナミクス社が開発したこれらの4本足のロボットは

  • built to traverse dangerous terrain  and haul military equipment, however,  

    しかし、危険な地形を踏破したり、軍用機器を運搬するために作られたものである。

  • concerns about the volume of these robots  made people doubt their viability in combat.  

    しかし、このようなロボットは、量的な問題から戦闘能力を疑われることもありました。

  • But that doesn't mean they're useless. These  robots are still being prepared today for  

    しかし、それは役に立たないということではありません。これらのロボットは、今日も準備されていて

  • use in dangerous environments and work in  risky fields like mining and construction.

    危険な環境での使用や、鉱業や建設業などの危険な分野での作業にも対応しています。

  • The biggest debate still surrounding  these quadrupedal machines  

    四足歩行の機械をめぐる最大の論争は今も続いている

  • is whether they're cute or  creepy. That battle rages on.

    それは「かわいい」か「きもい」か。その戦いは続いています。

  • And finally, an incredible machine straight out  of realms of science fiction: Atlas, one of the  

    そして最後に、まるでSFの世界から飛び出してきたような驚異的なマシンをご紹介します。アトラスは

  • most brilliant humanoid robots ever created. And  of course, it was created by DARPA. This six foot  

    これまでに作られたヒューマノイド・ロボットの中で最も素晴らしいもの。もちろん、DARPAによって作られたものです。この6フィートの

  • tall beast of a machine was another collaboration  with Boston Dynamics, and has shown a strength and  

    ボストン・ダイナミクス社との共同開発によるもので、その強さと美しさは、世界的な評価を得ています。

  • agility that prior androids have only ever dreamed  of - between the electric sheep, we assume. But  

    これまでのアンドロイドが夢見ていたような俊敏性を、電気羊の間で実現したのだと思われます。しかし

  • before you get too afraid, there are no plans to  use Atlas in combat situations. Atlas is mainly  

    怖いと思われるかもしれませんが、アトラスを戦闘行為に使用する予定はありません。アトラスは主に

  • intended for dangerous emergency situations, like  search and rescue missions into hostile terrain.

    敵地での捜索・救助活動など、危険な緊急事態を想定しています。

  • So there you have it, an exploration into some of  DARPA's most incredible projects. And these are  

    以上、DARPAの最も素晴らしいプロジェクトをご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。そして、これらは

  • just a fraction of the 250 currently operating, so  who knows what else DARPA is working on under the  

    現在稼働している250台のうちのほんの一部ですから、DARPAが以下のように取り組んでいるかどうかはわかりません。

  • hood? They may not have monsters and anomalies  entities to fight like the SCP Foundation,  

    フード?彼らはSCP財団のようにモンスターや異常な存在と戦うことはないかもしれません。

  • but we can rest pretty easily knowing that if  ever that becomes a problem in the real world,  

    しかし、万が一、現実の世界でそれが問題になったとしても、私たちは安心していられます。

  • DARPA has the skills, brains, and  resources to know exactly what to do.

    DARPAには、何をすべきかを的確に把握するための技術、頭脳、資源がある。

  • Now check outMost Successful Weapons  Ever InventedandMost Lethal Modern  

    では、「今までに発明された最も成功した武器」と「最も致命的な現代の武器」をご覧ください。

  • Weaponsfor more cutting edge  facts about military technology!

    軍事技術の最先端を知るには、「Weapons」をご覧ください。

The SCP Foundation: The Internet's favorite  monster-battling secret organization. The  

SCP財団。インターネットで人気の高い、モンスターと戦う秘密組織。その

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 技術 ロボット 開発 プロジェクト レーザー 血液

DARPAは現実のSCP財団なのか?DARPAの正体 (Is DARPA Real Life SCP Foundation? What Actually Is DARPA)

  • 2 1
    林宜悉 に公開 2021 年 03 月 25 日
動画の中の単語