Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • In April of 2012, L.S. Riley was having  nightmares. He'd always been a night person,  

    2012年4月、L.S.ライリーは悪夢にうなされていました。彼はもともと夜型の人間だった。

  • staying up well after his  roommate had fallen asleep,  

    ルームメイトが寝静まった後も、ずっと起きていた。

  • but now he had even more of  a reason to stay out of bed.

    しかし、これでベッドから出ない理由が増えた。

  • Riley had once heard someone say that fresh  air was the best way to chase the demons away,  

    ライリーは、「悪魔を追い払うには新鮮な空気が一番だ」という話を聞いたことがある。

  • so he'd started taking night walks to avoid  the terrors in his sleep. But Riley was about  

    睡眠中の恐怖を避けるために、夜の散歩を始めたのだ。しかし、ライリーは約

  • to learn a hard lesson: The worst nightmares are  the ones that come for you when you're wide awake.

    最悪の悪夢は、目が覚めているときにやってくるものだ」という厳しい教訓を得ることができました。

  • This is the story of the Smiling Man.  

    これは「Smiling Man」の物語である。

  • What happened? Who is he? Why are some  smiles so creepy? And most importantly,  

    何が起こったのか?彼は誰?なぜ笑顔は不気味なのか?そして最も重要なこと。

  • how could you survive an encounter with  him? There's only one way to find out...

    彼と遭遇したとき、あなたはどうやって生き延びることができますか?それを知る方法は一つしかない...。

  • Like we said, Riley had a habit of taking  nighttime walks. He lived downtown in a major  

    私たちが言ったように、ライリーには夜の散歩をする習慣がありました。彼が住んでいたダウンタウンの主要な

  • US city, and he'd been taking his nocturnal  strolls around town for four years without  

    アメリカの都市で、4年前から夜の街を散歩していたが、その時はまだ

  • any kind of incident. He'd once joked to a friend  of his that in this city, even the drug dealers  

    どんな事件でも。彼は友人に、「この街では、麻薬の売人でも

  • were polite. Maybe that's why he let his guard  down on the one night that he needed it most.

    が丁寧だった。だからこそ、一番必要な夜に油断してしまったのかもしれない。

  • It was Wednesday, a little after 1:00 AMand Riley was walking further away from  

    水曜日の午前1時過ぎ、ライリーはさらに遠くへと歩いていった。

  • his apartment than he usually wouldHe was at a police-patrolled park,  

    彼のアパートには、いつもよりも多くの人が訪れていた。 彼は警察が巡回する公園にいました。

  • normally as safe as your back yardHe noticed that the whole town seemed  

    しかし、そのようなことはありませんでした。 彼は、町全体の様子が

  • unusually dead tonight - he hadn't seen anyone  during the entire duration of his walk. But as  

    今夜は珍しく死んでいて、歩いている間、誰にも会っていなかった。しかし

  • he rounded the corner into a small, dark  side street, that was about to change.

    角を曲がって小さくて暗い横道に入ると、それまでの状況が一変した。

  • In the distance, he saw the silhouette oftall, lanky man, dancing. It was a kind of odd,  

    遠くに、背の高い大柄な男性のシルエットが見え、踊っているのが見えた。それは一種の奇妙なものだった。

  • loping waltz, somewhere between a dance  and a walk. There was something off about  

    踊りと歩きの中間のような、ゆったりとしたワルツ。何か違和感があって

  • the man. Something uncanny. Riley shooed away the  irrational fears and figured the guy had probably  

    ザ・男。何か不気味だ。ライリーは理不尽な恐怖心を追い払い、その男がおそらく

  • just had a few too many drinks at a local barHe walked out onto the road to give the stranger  

    彼は、地元のバーでお酒を飲みすぎてしまった。 彼は道路に出て、見知らぬ人に

  • more space on the sidewalk, but as the two got  closer, Riley realized he'd made a mistake.

    しかし、2人が近づくにつれ、ライリーは自分がミスを犯したことに気がついた。

  • The man was moving a little too gracefully  to be a drunk. He was dressed in an old suit,  

    その男は、酔っぱらいというには少し優雅な動きをしていた。彼は古いスーツに身を包んでいた。

  • his face craned up, looking at the  night sky. Riley noticed his eyes  

    顔を上げて夜空を見ていた。ライリーは彼の目が

  • were practically bugging out of his headand most notably, he was wearing a wide,  

    は頭から飛び出していたし、何よりも幅広の服を着ていた。

  • toothy smile. The kind of smile that looks  almost like it hurts. A creepy, cartoon grin.

    歯を見せて笑う。痛そうに見える笑顔です。アニメのような不気味な笑み。

  • Riley crossed the street to give the Smiling  Man a wide berth, but the man stopped,  

    ライリーはSmiling Manを見送ろうと通りを横切ったが、男は立ち止まった。

  • perfectly parallel with him across the  street. He was looking in Riley's direction,  

    通りを挟んで彼と完全に平行している。彼はライリーの方を見ていた。

  • still facing skywards. Riley kept moving, wanting  to put as much distance between them as possible.  

    空を向いたままである。ライリーは、少しでも二人の間に距離を置きたいと思い、動き続けた。

  • A block later, he looked over his shoulderand saw the Smiling Man crouched in the shadows  

    1ブロック後、ふと肩を見ると、影の中に微笑みの男がいた。

  • a few feet behind him. Still grinningbearing his teeth like a predator.

    彼の数フィート後ろにはまだ、肉食獣のように歯を立てて笑っている。

  • Riley was frozen as the Smiling Man rose  to his feet and began waltzing towards him,  

    笑顔の男が立ち上がり、ワルツを奏でながら向かってくると、ライリーは固まってしまった。

  • faster than any person should be able to. He was  in grabbing distance when the Smiling Man stopped  

    人並み以上の速さである。彼はつかみどころのない距離にいましたが、微笑みの男が立ち止まり

  • in front of him. Terrified, Riley choked outdesperate noise. He wanted to sound intimidating,  

    目の前にある。恐怖のあまり、ライリーは必死に声を張り上げた。威圧的な声を出したかったのだ。

  • instead, he sounded terrified. But Riley  got lucky - the Smiling Man turned tail,  

    その代わり、彼は怯えているように聞こえました。しかし、ライリーは幸運にも、スマイリング・マンは尻尾を巻いてしまった。

  • and began waltzing off in the other direction.

    と言って、別の方向に向かってワルツを歌い始めた。

  • Riley got moving again. He was closer to  his apartment; he just needed to get inside,  

    ライリーは再び動き出した。アパートの近くまで来たので、あとは家に入るだけだ。

  • and then he'd be safe. But that's when he heard  the footsteps behind him: Pounding at the asphalt.  

    そうすれば、自分は安全だ。しかし、その時、後ろから足音が聞こえてきた。アスファルトを叩く音だ。

  • He turned and saw the Smiling Man sprinting  towards him like a maniac, eyes bulging,  

    振り返ると、笑顔の男が目を輝かせながら狂ったように疾走してきた。

  • smile still freakishly wide. Lucky for Rileyperhaps because of fear and adrenaline, he could  

    笑顔が異常に大きくなっている。ライリーにとって幸運だったのは、おそらく恐怖とアドレナリンのせいで、彼は

  • run faster. He sprinted until his legs burned  and he was finally able to lose the Smiling Man.

    より速く走るために。彼は足が燃えるまで疾走し、ついにSmiling Manを負かすことができた。

  • He returned to his apartment that nighttraumatized but alive. He lived in that  

    その夜、彼は心に傷を負いながらも生きてアパートに戻った。彼はその中で生きていた

  • city for six months after that, but he never  took a night time walk again. The nightmares  

    の街を、その後半年間、夜の散歩は二度としなかった。悪夢は

  • in his head had nothing on the nightmare he  encountered on the streets that one night.  

    彼の頭の中にあるものは、あの夜、街で遭遇した悪夢とは比べ物にならなかった。

  • Riley knew from something in the man's face  that he wasn't drunk and he wasn't high.  

    ライリーはその男の顔を見て、彼が酔ってもいないし、ハイにもなっていないことを知った。

  • He was truly, dangerously insane, and Riley  had been lucky to escape with his life.

    彼は本当に危険なほどに狂っていて、ライリーは幸運にも命からがら逃げ出すことができた。

  • Riley posted this story on the r/LetsNotMeet  subreddit, a place for people to post real,  

    ライリーはこの話を、リアルな投稿をする場であるサブレディット「r/LetsNotMeet」に投稿しました。

  • frightening encounters they've had with strange  people across the globe. It seemed like a freaky  

    世界各地で奇妙な人々と遭遇した恐怖の出来事。と思われたのですが、気紛れな

  • isolated incident, but as it turns out, L.S.  Riley was only one of many people who'd had  

    しかし、L.S.ライリーは、そのような経験をした多くの人々の一人に過ぎないことがわかったのです。

  • terrifying encounters with the Smiling Man. He  was just the person to finally give it a name.

    笑う門には福来るとはよく言ったものだ。彼はそれに名前をつけることができたのだ。

  • In fact, so many people out there had had their  own experience with this terrifying grinning  

    実際、多くの人が、この恐ろしいニヤニヤ笑いを体験していたのです。

  • phantom, they started the r/TheSmilingMan  subreddit to share their experiences.

    phantomは、自分たちの経験を共有するためにr/TheSmilingMan subredditを立ち上げました。

  • A user named PoptartMuncher relayed a terrifying  encounter outside his home. He saw a distant,  

    PoptartMuncherというユーザーは、自宅の外で恐ろしい出来事に遭遇したと報告しています。彼は遠くにいる人を見ました。

  • waltzing figure as he was pulling into his  driveway. When he got out of his car and  

    彼が車道に入るときに、ワルツを踊っているように見えました。彼が車から降りると

  • began walking towards his house, the figure broke  into a frantic sprint, just like in Riley's story.  

    家に向かって歩き始めると、ライリーの話のように、その人物は必死になって疾走した。

  • PoptartMuncher ran into his home in a paniclocking all the doors and windows. That's when  

    PoptartMuncherは、慌てて自宅に駆け込み、すべてのドアと窓に鍵をかけました。その時

  • the Smiling Man appeared at his front door, trying  to slide it open, his face pressed up against the  

    笑顔の男が玄関に現れ、ドアを開けようとし、顔をドアに押し付けていました。

  • glass. He grinned and hissed out the words, “I'll  be back again for you”, before waltzing away.

    のガラスです。彼はニヤリと笑うと、「君のためにまた戻ってくるよ」と言葉を発し、ワルツを奏でて去っていった。

  • Another user with the appropriate handle  “grinningmanwatchinghad the Smiling Man appear  

    また、「grinningmanwatching」という適切なハンドルネームを持つ別のユーザーが、スマイリングマンを登場させた。

  • outside of his home in the dead of night. He  lived in an isolated farmhouse out in the woods,  

    真夜中に家の外に出てきた。彼は森の中の孤立した農家に住んでいました。

  • so when an unusually tall, grinning  creep appeared in his yard,  

    と思っていたら、庭に異様に背の高いニヤニヤした変な奴が現れた。

  • staring in through the windows, he knew that  nobody was coming to help him. He was just  

    窓の外を見ても、誰も助けに来てくれないことが分かっていた。彼はただ

  • lucky that the Smiling Man wasn't able to  enter his home that night, and eventually  

    その夜、笑顔の男が家に入ってこなかったのはラッキーだったが、最終的には

  • decided to waltz off of the property. Things  could have gone a hell of a lot worse.

    このような状況の中、私たちは、自分たちの手で、自分たちの手で、自分たちの手で。事態はもっと悪くなっていたかもしれません。

  • A former Smiling Man-skeptic with the username  Anonyme13 had the closest encounter yet.  

    最も近い出会いは、Anonyme13というユーザー名の元Smiling Manの懐疑論者でした。

  • While outside his home, he saw the Smiling  Man appear and begin waltzing towards him.  

    家の外にいたとき、「笑顔の男」が現れ、ワルツを奏でながら自分に向かってくるのを見ました。

  • He looked so terrifying and unnatural that Anonyme  literally collapsed to the floor as he approached.  

    あまりの恐ろしさと不自然さに、アノニマスは文字通り床に崩れ落ちてしまった。

  • The Smiling Man crouched over him, and leaned  in so their faces were almost touching. Anonyme  

    笑顔の男は、彼の上にしゃがみ込み、顔が触れそうなほどに身を乗り出していた。アノニメ

  • described feeling the man's breath on his skin: It  was cold, like a winter breeze. He got lucky, and  

    は、男の息遣いを肌で感じていた。冬のそよ風のような冷たさだった。彼は幸運だった。

  • the Smiling Man let him go. He was able to get uplimp back into his home, and shut the monster out.

    笑顔の男は、彼を解放しました。彼は立ち上がって、足を引きずりながら家に戻り、モンスターを締め出すことができました。

  • The subreddit moderator, a user called  HeckToTheYeah65, studied all the entries  

    サブレディットのモデレーターであるHeckToTheYeah65と呼ばれるユーザーは、すべてのエントリーを調査しました。

  • on the subreddit to extrapolate the  best description of the Smiling Man.  

    のサブレディットで、Smiling Manの最適な説明を推定しています。

  • He's always above six feet tall, often wearing  an old-fashioned suit and sometimes a small hat.  

    身長は常に180cm以上で、昔ながらのスーツを着ていることが多く、小さな帽子をかぶっていることもあります。

  • He often looks up at the sky and can be  identified immediately from his strange,  

    彼はよく空を見上げていて、その奇妙な姿からすぐにそれとわかる。

  • waltzing gait. Many of the stories seem to come  from the state of Iowa, and he typically stalks  

    waltzing gait。物語の多くはアイオワ州から来ているようで、彼は典型的なストーカーである

  • dark streets and isolated homes. And of coursehe's never seen without his wide, unnatural smile.

    暗い通りや孤立した家。そしてもちろん、彼は不自然なほどの大きな笑顔を見せずにはいられないのである。

  • So who or what is the Smiling Man? He's  become the stuff of Internet legend,  

    では、「Smiling Man」とは何者なのか。彼はインターネット上の伝説の人物となっている。

  • and fans have drawn parallels with a number of  popular creepypastas. These include Smile Dog,  

    ファンの間では、数々の人気クリープパスタとの類似性が指摘されています。その中にはSmile Dogも含まれています。

  • the classic tale of an image believed by many  to be pure evil. If you haven't seen our video  

    は、多くの人に純粋な悪と信じられているイメージの古典的な物語です。ビデオをご覧になっていない方は

  • on Smile Dog already, the gist is that it's  an image of a Siberian Husky with a wide,  

    スマイルドッグではすでに、要はシベリアンハスキーが幅を利かせているイメージである。

  • demonic human smile. Anyone who sees the image  is haunted in their dreams by the monster,  

    悪魔のような人間の笑顔。このイメージを見た人は、夢の中でそのモンスターに悩まされる。

  • encouraging them toSpread the Wordand  infect more victims by showing them the photo.  

    この写真を見せることで、より多くの被害者を感染させる「Spread the Word」を奨励しました。

  • Another, similar Creepypasta often associated  with the Smiling Man isThe Grinning Man.”

    また、Smiling Manに関連したクリープパスタとしては、"The Grinning Man "がよく知られている。

  • In this story, the narrator's friend dieshorrific death. The only lead on what may have  

    この物語では、語り手の友人が凄惨な死を遂げます。唯一の手がかりは、友人の死の原因が

  • caused it is an email he received, containing  a photo of a grinning face and the trigger word  

    それは、彼が受け取ったメールであり、そこにはニヤリとした顔の写真と、きっかけとなる言葉が書かれていました。

  • Desperation.” Exposure to this is believed  to cause violent insanity in victims. However,  

    "絶望"これを浴びると、被害者は激しい狂気に陥るとされている。しかし

  • this isn't the only Grinning Man often associated  with the monster we're covering in this video. And  

    このビデオで取り上げているモンスターに関連しているGrinning Manは、これだけではありません。そして

  • if the connection holds water, the Smiling Man may  have been around for a lot longer than we thought.

    もしこの関連性が成り立つのであれば、"Smiling Man "は私たちが思っているよりもずっと昔から存在していたのかもしれません。

  • The town of Point Pleasant, West Virginia, is no  stranger to weirdness. If the name is familiar  

    ウェストバージニア州のポイントプレザントという町は、奇妙なことで知られています。名前に見覚えがある方は

  • to you, it's because it was where the legendary  Mothman was first sighted. But a lesser known  

    と言えば、伝説のモスマンが最初に目撃された場所だからです。しかし、あまり知られていないのは

  • monster was also sighted here by a sewing machine  salesman named WoodrowWoodyDerenberger in  

    のミシンのセールスマン、ウッドロー・"ウッディ"・デレンバーガーがこの場所でモンスターを目撃しています。

  • 1966. Woody was driving along a hill just outside  Parkersburg on Interstate 77 when he encountered a  

    1966.ウディはパーカーズバーグ郊外の丘に沿って州間高速道路77号線を走っていたとき、ある人物に遭遇した。

  • strange vehicle: It looked almost like a giant oil  lamp, traveling towards him on the road. He pulled  

    奇妙な乗り物だ。それは巨大なオイルランプのようにも見え、彼に向かって道を進んできた。彼は

  • over in sheer confusion. That's when a hatch  in the vehicle opened, and someone stepped out.

    混乱していました。その時、車のハッチが開いて、誰かが出てきた。

  • He was a strange man with a dark  overcoat and an unseasonably dark tan,  

    暗い色のオーバーコートを着て、季節外れの真っ黒な日焼けをした奇妙な男だった。

  • but the strangest thing of all was his freakishly  wide grin. The man identified himself to Woody as  

    しかし、何よりも奇妙だったのは、彼の異常なほどの大きな笑顔だった。その男は、ウディにこう名乗った。

  • Indrid Cold, and told him that this would be the  first of several encounters. But Woody reported  

    インディード・コールドは、これが何回かの出会いの最初になるだろうと話していました。しかし、ウディは次のように報告した。

  • that Cold's grin didn't shift once during this  conversation - he was speaking telepathically.  

    この会話の間、コールドの笑顔は一度も変わることなく、テレパシーで会話していたのだ。

  • He even encouraged Woody to share the story with  the authorities, before climbing back into his  

    彼は、ウディに当局に話を伝えるように勧めた後、自分の部屋に戻った。

  • strange vehicle and disappearing. Two other men  reported a similar experience that same night,  

    奇妙な車に乗って消えていった。同じ日の夜、他の2人の男性からも同様の体験談が寄せられた。

  • describing the grinning Cold disembarking from  his craft and asking them strange questions.

    コールドがニヤリと笑って船から降りてきて、不思議な質問をする様子が描かれています。

  • Cold kept his word and met up with Woody several  times after that. He told the sewing machine  

    コールドは約束を守り、その後も何度かウッディと会っていた。彼はミシンに

  • salesman that he was an alien from a planet named  Lanulos, simply visiting earth. The 1960s were a  

    彼はラヌロスという惑星から来た宇宙人で、ただ地球を訪れているだけなのだと、セールスマンは言った。1960年代は

  • real heyday for mysterious, grinning figures. A  few weeks before Indrid Cold allegedly appeared  

    神秘的なニヤリとした人物の全盛期。印度寒が登場したとされる数週間前には

  • in West Virginia, two young boys - James Yanchitis  and Martin 'Mouse' Munov - encountered a similar  

    ウェストバージニア州の2人の少年、ジェームズ・ヤンチティスとマーティン・「マウス」・ムノフが同じような体験をしました。

  • figure in Elizabeth, New Jersey. Both boys claim  to have spotted theStrangest man they ever saw”  

    は、ニュージャージー州エリザベスにある人物です。二人の少年は、"Strangest man they ever saw "を目撃したと言っています。

  • standing behind a chain link fence. He  didn't say a word, he just stood there,  

    チェーンフェンスの後ろに立っていた。彼は何も言わず、ただ立っていました。

  • freakishly tall and grinning like a maniac. That  certainly sounds like the Smiling Man to us.

    異常なほど背が高く、狂ったように笑う。それは確かに私たちには「Smiling Man」のように聞こえる。

  • Nobody could blame you for feeling freaked out  right now. Is he an alien, a monster, a demon,  

    今、あなたが恐怖を感じていることを誰もが責められないだろう。彼はエイリアンなのか、モンスターなのか、悪魔なのか。

  • or just a dangerous, smiling lunatic? And why is  a smile - a facial expression meant to indicate  

    それとも、危険な笑顔の狂人なのか?そして、なぜ笑顔は、顔の表情を示すものなのか?

  • happiness - so disturbing in the right contextAccording to a research study performed by the  

    幸福感 - 正しい文脈では、とても邪魔になる? が行った調査研究によると

  • University of Minnesota, it all depends on  the type of smile. The study aimed to find  

    ミネソタ大学、笑顔のタイプによって決まる。を見つけることを目的とした研究を行いました。

  • out what makes a smile seem likable, and what  makes a smile seem creepy or off-putting.

    笑顔を好感が持てるもの、不気味で不快に感じるもの、それぞれの特徴を把握しておくことが大切です。

  • The study found that the following features were  often associated with creepy and threatening  

    この調査では、以下のような特徴が「不気味」や「脅威」と関連することが多いことがわかりました。

  • smiles: Being too wide, showing too many teethand conforming to a “V” shape. Sound familiar?  

    の笑顔になります。幅が広すぎる」「歯が見えすぎている」「V字型になっている」。思い当たる節はありませんか?

  • According to a meta-study published by the BBCthere are nineteen different types of Smile,  

    BBCが発表したメタ研究によると、Smileには19種類のタイプがあるそうです。

  • each one communicating something differentThe Smiling Man's signature grin seems closest  

    それぞれが異なるものを伝えています。 スマイリングマンの特徴であるニヤリとした表情が一番近いように思います。

  • to what the article calls theAngry-Enjoyment  Smile.” These wide, fixed grins often indicate  

    この記事では、"Angry-Enjoyment Smile "と呼ばれています。この大きく固定された微笑みは、しばしば

  • a malicious intent, or a kind of sick joy in  hurting others. That's why it's often applied  

    悪意や、人を傷つけることへの病的な喜びのようなものを意味します。だからこそ、よく適用される

  • to frightening villains, from Jack Torrance to  The Joker, and the Smiling Man is no exception.

    ジャック・トランスからジョーカーまで、恐ろしい悪役を演じてきたSmiling Manも例外ではありません。

  • Sometimes, a smile like that of the Smiling  Man can indicate sickness and disease.  

    微笑みの人のような笑顔が、病気や疾患を示すこともあります。

  • The rare illness Risus Sardonicus, often  associated with tetanus and Wilson's Disease,  

    破傷風やウィルソン病と関連することが多い希少な病気、Risus Sardonicus。

  • can cause facial muscle spasms that  force the face into a malicious smile,  

    は、顔の筋肉が痙攣して悪意のある笑顔になることがあります。

  • orRictus Grin.” This definitely sounds like  the Smiling Man's painful-looking cartoon grin.

    または "Rictus Grin"。これは確かにSmiling Manの苦しそうなアニメのニヤケ顔に似ている。

  • Finally, how can you hope to avoid the Smiling  Man? Well, according to the Smiling Man subreddit,  

    最後に、Smiling Manを避けるためにはどうすればいいのでしょうか?Smiling Manのサブレディットによると

  • your best bet is to avoid going out at nightespecially if you live in a quiet or isolated  

    特に静かな場所や孤立した場所に住んでいる場合は、夜間の外出を避けるのが最善策です。

  • area - keep your doors and windows locked, and  if you ever encounter the Smiling Man himself,  

    のエリアでは、ドアや窓に鍵をかけておくこと、そしてもしSmiling Man自身に遭遇した場合には

  • don't make a noise and get out of  the area as quickly as possible.

    音を立てずに一刻も早くその場を離れてください。

  • The Smiling Man could be anywhere nowPerhaps even a little closer than you think...

    Smiling Manは今どこにでもいるかもしれない。 もしかしたら、あなたが思っているよりも少し近くにいるかもしれません...。

  • Now check outScary Urban Legends  That Will Keep You Up At Nightand  

    では、「夜も眠れないほど怖い都市伝説」をチェックして

  • True Scary Stories - TRY NOT TO GET SCARED  CHALLENGE 2019” for more terrifying videos!

    "True Scary Stories - TRY NOT TO GET SCARED CHALLENGE 2019 "では、より多くの恐怖映像をお楽しみいただけます。

In April of 2012, L.S. Riley was having  nightmares. He'd always been a night person,  

2012年4月、L.S.ライリーは悪夢にうなされていました。彼はもともと夜型の人間だった。

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 ライリー 笑顔 ワルツ 奇妙 恐怖 気味

The Smiling Man - Explained (Creepypasta) (The Smiling Man - Explained (Creepypasta))

  • 3 1
    林宜悉 に公開 2021 年 03 月 23 日
動画の中の単語