Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • Deeds Not Words was commissioned by English Heritage in 2008 to celebrate the 100th anniversary

    Deeds Not Words」は、2008年にイングリッシュ・ヘリテージが100周年を記念して制作したものです。

  • of Women's Sunday, a mass rally at Hyde Park which demonstrated popular support for the

    ハイドパークで開催された大規模な集会「Women's Sunday」では、国民の支持を得て

  • suffragette movement. These extracts from the original introduce our two main characters,

    サフラジェット運動。原作からの抜粋で、2人の主人公を紹介します。

  • Kitty and Millicent, and their involvement in the suffragette movement and Women's Sunday.

    キティとミリセントは、サフラジェット運動や「女性の日曜日」に参加していました。

  • ( music )

    ( 音楽 )

  • (humming)

    (ハミング)

  • England is the most conservative country on Earth. Nothing has ever been got out of the

    イギリスは地球上で最も保守的な国です。からは何も出てきませんでした。

  • British Parliament without something very nearly approaching a revolution! Mrs Pankhurst

    革命に近いものがなければ、英国議会は成立しません。パンクハースト夫人

  • said that, and she should know. Her family have been agitating for female suffrage (that's

    と言っていましたが、彼女は知っているはずです。彼女の家族は女性の参政権を煽っている(それは

  • votes for women to you and me) for years! In 1906 when the people who could voted the

    女性のための投票を、あなたと私のために)何年も続けてきました。1906年に、できる人たちが投票したときには

  • Liberals in, many men still thought that...

    リベラル派の中でも、まだ多くの男性が「...」と思っていました。

  • the woman, the cat and the chimney should never leave the house.

    女と猫と煙突は、家から出てはいけない。

  • But they had been leaving in their thousands! For the mills, the factories, the mines, the

    しかし、彼らは何千人もの人々が去っていったのだ。製鉄所、工場、鉱山、そして

  • shops, the pubs! Or like me, to work in domestic service. My name's Katherine, but everyone

    お店やパブに行ったりあるいは、私のように家庭内サービスの仕事をすることもあります。私の名前はキャサリンですが、みんな

  • calls me Kitty. You wouldn't believe what a lady's maid gets to see in here. Take this

    キティと呼ばれています。女性のメイドがここで何を見られるか、信じられないでしょうね。これを

  • votes for women palava. The lady who I work for and most of her friends support the cause,

    votes for womenのパラバです。私が働いている女性とその友人のほとんどが支持しています。

  • you know, votes for women. I might not be a marching woman but I play my part. I make

    つまり、女性への投票です。私はマーチングウーマンではないかもしれませんが、自分の役割を果たしています。私は

  • the tea, serve biscuits and I listen. Many of the ladies thought the Liberal government

    お茶を入れて、ビスケットを出して、私は聞く。女性たちの多くは、自由党政権が

  • would listen to them, but all they got on all sides were the same old excuses.

    しかし、彼らが耳を傾けてくれたのは、いずれも同じような言い訳ばかりだった。

  • I had never taken much interest in politics. I'd listen in silence as my father and brothers

    私は政治にあまり関心がありませんでした。父や兄たちの話を黙って聞いていた。

  • discussed the Boer War, Kaiser, Russia, it all seemed to far away. But then one day I

    ボーア戦争、カイザー、ロシアについて議論しましたが、すべてが遠くに感じられました。しかし、ある日、私は

  • read in the Daily Mail about how Christabel Pankhurst was arrested for spitting at a policeman.

    クリスタベル・パンクハーストが警官に唾を吐いて逮捕されたという記事をDaily Mailで読みました。

  • It had happened at the Liberal meeting and all she'd done is ask about votes for women

    リベラルミーティングでの出来事で、彼女がしたのは女性の投票についての質問だけだった。

  • and they'd bundled her out. When she didn't pay the fine, she was thrown into prison.

    罰金を払わないと罰金を払わないと、彼女は刑務所に入れられてしまいました。

  • The papers said the Pankhursts were...

    新聞によると、パンクハースト夫妻は...

  • Crazy hooligans, shrieking hysterics! Their policy was wild delirium!

    狂ったフーリガン、叫ぶヒステリック。彼らのポリシーは野生の錯乱だった!

  • And yet, when I looked at a picture of her in the paper, I saw a young girl just like

    それなのに、新聞に掲載された彼女の写真を見ると、まるで少女のように

  • me. I had to find out for myself and so, ignoring my father's disapproval and my brothers' laughter,

    私。自分の目で確かめなければならないので、父の反対や兄弟の笑い声を無視して

  • I decided to go to a meeting of the Women's Social and Political Union at Caxton Hall.

    私は、キャクストンホールで行われた女性社会政治同盟の会合に行くことにした。

  • I went straight after work and the hall was packed. There were a number of speakers, a

    仕事が終わってすぐに行ったのですが、会場は満員でした。数多くのスピーカーがいて

  • mill girl from Leeds in her clogs and shawls, but the one I was drawn to was Christabel

    リーズから来た、下駄とショールを履いた工場の娘、でも私が惹かれたのはChristabel

  • Pankhurst. She was absolutely sincere, free of all vanity and pose and everything she

    パンクハースト。彼女は絶対的に誠実で、虚栄心や見栄から解放され、すべてが

  • said was so true. About how women were paid less than men for the same work, how the government

    が言っていたことは、本当に真実でした。同じ仕事をしても女性の給料が男性よりも低いことや、政府が

  • took advantage of women, some paid taxes, even rates and yet had no say who was in Parliament.

    女性を利用したり、税金や税率を払っていても、誰が議会に参加するかを決めることができない人もいました。

  • And yet a man with no education, an imbecile, a drunk, a criminal even might have the vote.

    それなのに、教育を受けていない、無能で、酒飲みで、犯罪者でも、投票権を持っているかもしれない。

  • It was common sense really. But it struck me to the heart and I decided then and there

    常識的に考えればわかることです。でも、心に響いたので、その場で決めました。

  • that this would be my cause.

    これが私の原因になるだろうと。

  • And so I joined the movement. Oh, my name's Millicent. Millicent Willoughby.

    そして、その活動に参加しました。ああ、私の名前はミリセント。Millicent Willoughbyです。

  • What with working all hours and only getting one Sunday afternoon a fortnight off, I didn't

    四六時中働いていて、日曜日の午後は2週間に1度しか休みがないという状況で、私は

  • get much chance of public meetings. Besides, I preferred the music hall. That's where my

    人前で話をする機会はあまりありませんでした。それに、私はミュージックホールの方が好きだった。それは、私の

  • mother and father worked, and met. But I have tea for all the Pankhursts. Oh, and the mill

    母と父は働き、そして出会った。でも、パンクハースト家の皆さんにはお茶を用意しています。ああ、それに工場は

  • girl, Annie Kenney! You see, votes for women wasn't just for your educated ladies in their

    女の子、アニー・ケニー!女性への投票は、教育を受けた女性たちだけのものではありませんでした。

  • furs and finery. It gave a voice to all women, regardless of class.

    毛皮や装飾品を身につけた階級に関係なく、すべての女性に声を届けることができました。

  • In 1908, I too became a marching woman! Well... sort of. On me Sunday afternoon off.

    1908年、私もマーチング・ウーマンになりました。まあ...そんな感じです。日曜の午後の休日に。

  • It had taken months and months of planning. Women's Sunday was going to be the greatest

    何ヶ月もかけて計画したのです。女性のための日曜日は最高のものになるはずでした。

  • demonstration of suffragettes ever and would show the government how the vast majority

    これまでに行われたサフラジェットのデモの中で、大多数の人々がどのようにしているかを政府に示すことができた。

  • of people were behind us. Every day after work I would make my way to the headquarters

    の人たちが後ろにいました。毎日、仕事が終わると、私は本社に向かって

  • in Clements Inn and join in with the hustle and bustle of typing handbills, flyers, programmes,

    のクレメンツ・インで、チラシやフライヤー、プログラムを打ち込む作業に参加してみませんか?

  • tickets, it went on and on. And when we weren't doing that we went to hospitals, shops, restaurants,

    のチケットを購入し、それが延々と続きました。それ以外にも、病院やお店、レストランに行ったりしていました。

  • factories, wherever people gathered to spread the news. Come to Hyde Park. Bring your family.

    工場、人が集まるところならどこでも、ニュースを広めることができる。ハイドパークに来てください。家族を連れて。

  • Tell your friends.

    友達にも教えてあげてください。

  • In Knightsbridge as the day came close the ladies became more and more excited. Seven

    ナイツブリッジでは、この日が近づくにつれ、女性たちのテンションがどんどん上がっていった。セブン

  • processions to march to the park. Twenty platforms for the eighty speakers. And everyone reminded

    公園に向かって行進する行列。80人の講演者のために20のプラットフォーム。そして誰もが思い出すのは

  • the women to wear the colours.

    女性が色を身につけるために

  • Purple, white, green. Justice, purity, hope. With two weeks to go we rode about on gaily

    紫、白、緑。正義、純潔、希望。残り2週間、私たちは華やかに走り回った

  • decorated bicycles, criss-crossing through suburbs, handing out leaflets and programmes.

    の装飾が施された自転車で、郊外を縦横無尽に走り回り、チラシやプログラムを配った。

  • I was at a variety theatre and there was a special cinematographic advertisement inviting

    バラエティー劇場で、映画館の特別広告が誘われていました。

  • people to join the meeting.

    の人が会議に参加しています。

  • Three days to go and the launch sailed up the Thames towards the House of Commons. As

    あと3日で、打ち上げはテムズ川を下院に向けて航行する。そして

  • a brass band played, a banner ws unfurled. Women's Sunday. June 21st. Cabinet Ministers

    吹奏楽部が演奏し、旗が振られた。女性のための日曜日。6月21日内閣総理大臣

  • specially invited!

    特別招待

  • The night before the meeting, the house in Knightsbridge was full to overflowing with

    会議の前夜、ナイツブリッジの家には、あふれんばかりの

  • lady guests. I don't think anyone slept a wink that night.

    女性のお客様。その夜、誰もが一睡もしなかったと思う。

  • June 21st at last and a beautful summer's day. In the morning it was my job to meet

    6月21日、ついに美しい夏の日がやってきました。午前中は、私の仕事である

  • the women arriving at St Pancras Station and help them form up for the procession. There

    セント・パンクラス駅に到着した女性たちが、行列のために整列するのを手伝います。そこでは

  • were hundreds of them!

    が何百人もいました。

  • Once m'ladies were on their way, I got me hat and coat! I didn't want to miss anything!

    お嬢様方がお帰りになった後、私は帽子とコートを手に入れました。私は何も見逃したくなかったのです。

  • I was told to take a group of cotton mill workers from Lancashire to the park. So off

    ランカシャー州の綿工場で働く人たちを公園に連れて行くように言われた。そこでオフ

  • we set.

    を設定しました。

  • They'd taken down some of the railings to let people into Hyde Park as I arrived. For

    私が到着したときには、ハイドパークに人を入れるために手すりの一部が取り外されていました。これは

  • a moment I caught a glimpse of a huge circle of platforms.

    瞬間、巨大なプラットフォームの輪が見えた。

  • My group arrived right by platform eight and I remembered that's where Christabel Pankhurst

    私のグループが到着したのは8番ホームのすぐそばで、クリスタベル・パンクハーストがいた場所だと思い出しました。

  • was due to speak. Already there was gathered of rowdy young men and they were shouting,

    が演説することになっていた。すでに乱暴な若者たちが集まっていて、彼らは叫んでいました。

  • "We want Chrissie! We want Chrissie! We want Chrissie!" Somebody blew a whistle and two

    "We want Chrissie!We want Chrissie!We want Chrissie!"誰かが笛を吹き、2人の

  • men pushed the crowd back to start a wrestling match! I went over to try and stop it and

    男たちが観客を押し戻してプロレスを始めたのだ。私はそれを止めようと思って行ったのですが

  • that's when my real trouble began.

    そこからが本当の悩みの始まりだった。

  • Out of the corner of my eye, I could see a young girl with a sash being pushed like a

    視線の先には、たすきをかけた若い女の子が、まるで

  • football between some rowdies.

    乱暴者同士のサッカー。

  • I struggled and turned but I couldn't free myself and then I felt a hand pull my skirt!

    私はもがいて振り返りましたが、自由になれませんでした。そして、手が私のスカートを引っ張ったのを感じました

  • This poor girl was trapped by the bullies. Well I thought, this is what we're here for,

    このかわいそうな女の子は、いじめっ子たちに追い詰められていました。そうか......私たちはこのために来たんだと思った。

  • women's rights! So I gave one of the toughs an almighty clip round the ear and I grabbed

    女性の権利!そこで私は、タフな人の一人に耳を思いっきり引っ叩いてやりました。そして、私が掴んだのは

  • her!

    と言っています。

  • I began to sink and I almost gave up, when suddenly a hand pulled mine and I was free!

    沈み始め、あきらめかけたとき、突然、手が引っ張られて自由になったのです。

  • You alright, miss? Oh, yes, thank you, a little dizzy.

    お嬢さん、大丈夫ですか?ええ、ありがとうございます。少しめまいがします。

  • You should go home miss, you've had a trying time, you should rest.

    お嬢さん、家に帰ってください、大変な思いをしたのですから、休んでください。

  • No! No. I'm fine. I can't leave, I must stay here until five o'clock. I can't leave until

    いやいや、大丈夫ですよ。私は5時までここにいなければなりません。まで帰れません。

  • then.

    と言っています。

  • Very well, miss. I'll stand by and keep you company.

    わかりました、お嬢さん。傍らでお付き合いさせていただきます。

  • And so we waited. The crowds moved around us. And then, from the centre of the park,

    そうして私たちは待っていた。群衆は私たちの周りを移動していきました。そして、公園の中央から

  • a bugle call sang out. It was the signal we had waited for, the signal of the Great Shout.

    ラッパの音が鳴り響いた。待ちに待った、グレートシャウトの合図である。

  • The noise was like a train passing close by. A rumble of sound that slowly formed the words...

    その音は、近くを通る電車のようなものだった。ゴロゴロとした音が、ゆっくりと言葉を形成していく...。

  • votes for women... votes for women! VOTES FOR WOMEN!

    女性に投票を...女性に投票を!女性に一票!

  • Half a million voices, it was our finest hour. Surely it would only be a matter of time.

    50万人の声、それは私たちの最高の時間でした。それも時間の問題だろう。

  • 1908 was our year; the year of the militants.

    1908年は私たちの年であり、過激派の年であった。

  • (Narrator) 1908 was also the year that the Liberal leader Herbert Asquith became Prime

    ナレーター)1908年は、自由党のリーダーであるハーバート・アスキスが首相に就任した年でもあります。

  • Minister. An implacable opponent of female suffrage, he refused even to receive a delegation

    大臣。婦人参政権には断固として反対し、代表団の受け入れも拒否していた。

  • from the WSPU. Mass arrests, hunger strikes, the Cat and Mouse Act. The militants were

    WSPUから。大量逮捕、ハンガーストライキ、猫とネズミ法。過激派は

  • in for a longer struggle than they had hoped. It would take twenty years and a world war

    それは、彼らが期待していたよりも長い戦いだった。20年の歳月と世界大戦を経て

  • before Parliament came to its senses.

    国会が正気に戻る前に

  • We went up to St Stephen's with petitions, year by year.

    私たちは1年ごとに嘆願書を持ってセント・スティーブンズに行った。

  • Get out, the politicians cried, we want no women here.

    出て行け」と政治家たちは叫んだが、ここには女性はいらない。

  • MPs behind the railings stood and laughed to see the fun,

    手すりの向こうの国会議員たちは、その面白さに立ちすくんで笑っていた。

  • As bold policemen knocked us down because we would not run.

    走らないからといって、大胆にも警官に倒されてしまった。

  • For it's woman this and woman that and... Woman, go away!

    それは、女がこうで、女がああで...女よ、消えろ!

  • But it's share and share alike, ma'am, When the taxes are to pay.

    でも、税金を払うときは、同じように分け合っているんですよ、奥さん。

  • We went before the magistrate who would not hear us speak.

    奉行の前に行っても、私たちの話を聞いてくれない。

  • To a drunken brute who beat his wife he only gave a week.

    酔っぱらって妻を殴った悪党には1週間しか与えなかった。

  • But we were sent to Holloway for a calendar month or more,

    しかし、私たちはホロウェイに暦月以上も送られた。

  • Because we dared, against his will, to knock at Asquith's door.

    彼の意思に反して、あえてアスクイスの門を叩いたからだ。

  • For it's woman this and woman that and... Woman, wait outside.

    それは、女の人が、あれやこれやと...。女の人、外で待っててね。

  • But it's listen to the ladies when it Suits your party's side.

    しかし、自分の政党のためには、女性の意見に耳を傾けるものです。

  • We may not be quite angels, had we been we would have flown.

    私たちは天使ではないかもしれませんが、天使だったら飛んでいたかもしれません。

  • We are merely human beings with wants much like your own.

    私たちは、あなたと同じような欲求を持つ人間に過ぎません。

  • And if sometimes our conduct isn't all your fancy paints,

    そして、私たちの行動が、あなたの好きな絵の具ではないことがあっても

  • It wasn't man's example could have turned us into saints.

    人間の手本が私たちを聖人に変えたのではありません。

  • For it's woman here and woman there and Women on the streets,

    それは、ここにいる女性、あそこにいる女性、そして路上にいる女性です。

  • But it's how they look at women With most men that one meets.

    しかし、それは彼らが女性をどのように見ているかということであり、ほとんどの男性と出会う。

  • You talk of sanitation and temperence and schools,

    サニタリーや気質、学校の話をしていますね。

  • You send you male inspectors to impose your man-made rules.

    あなた方は男性の検査官を派遣して、あなた方の作ったルールを押し付ける。

  • The woman's sphere's the home, you say, then prove it to our face:

    女性の領域は家庭だと言うなら、それを面と向かって証明してみろ。

  • Give us the vote so we can make the home a happier place.

    家庭をより幸せな場所にするために、私たちに投票してください。

  • For it's woman this and woman that and Woman, say your say.

    女はこうだ、女はこうだ、女はこうだ、と言っています。

  • But it's 'what's the woman up to?' when she Tries to show the way.

    しかし、彼女が道を示そうとすると、「この女は何をしているんだ?

  • When she tries to show the way, my friends, When she tries to show the way.

    彼女が道を示そうとするとき、私の友人、彼女が道を示そうとするとき。

  • And the woman means to show it. That is why she's out today.

    そして、この女性はそれを示したいと思っている。だからこそ、彼女は今日出てきたのです。

  • ( music )

    ( 音楽 )

Deeds Not Words was commissioned by English Heritage in 2008 to celebrate the 100th anniversary

Deeds Not Words」は、2008年にイングリッシュ・ヘリテージが100周年を記念して制作したものです。

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 女性 投票 日曜 男性 公園 キティ

ヒストリー・オン・ステージ|Deeds Not Words:女性の日曜日」と「サフラジェット」運動 (History on Stage | Deeds Not Words: Women's Sunday and the Suffragette Movement)

  • 2 0
    Summer に公開 2021 年 03 月 18 日
動画の中の単語