Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • Coronavirus has really put a crimp in  our plans to torture your favorite lab  

    コロナウイルスは、あなたのお気に入りの研究室を拷問する計画に、本当に歯止めをかけました。

  • rat by making him do crazy, terrifyinguncomfortable, or disgusting things-  

    狂ったような、恐ろしいような、不快なような、嫌なようなことをさせて、ネズミを

  • all in the name of science of course. But  that's when we all got to thinking- if he  

    もちろん、科学の名の下にです。しかし、その時、私たちは皆、もし彼が

  • can't go outside because of the virus, what if  we put him in a place where there's no chance of  

    ウイルスのために外に出られない彼を、可能性のない場所に置いたらどうなるだろう。

  • catching the virus? Mostly because everyone there  is already dead? And that's exactly what we did,  

    ウィルスに感染する?そこにいる全員がすでに死んでいるからですか?そして、それはまさに私たちがやったことです。

  • as we challenged our least important staff writer  to spend 24 hours locked in a real morgue. What we  

    と題して、最も重要ではないスタッフライターに、本物の死体安置所に24時間閉じ込められるという挑戦をさせました。私たちは

  • didn't count on was him accidentally stumbling  on photographic proof of the supernatural...

    偶然にも超自然現象の証拠写真を見つけてしまうとは...。

  • 0700 Hours: This is the start  of my official challenge,  

    0700時間。これが私の公式な挑戦のスタートです。

  • 24 hours locked in a morgue. Honestly, who's  coming up with these ideas? Spend a day locked  

    死体安置所に24時間閉じ込められる。正直なところ、誰がこんなアイデアを思いつくのでしょうか?閉じ込められた1日を過ごす

  • in with dead people, The Infographics  Show really is run by a bunch of sadists.

    The Infographics Showは本当にサディストの集団によって運営されています。

  • So I'm in a small auxiliary morgue in  one of the communities outside of Los  

    ロサンゼルス郊外のある地域の小さな補助的な遺体安置所にいます。

  • Angeles. How long it took Infographics to find  this place, and get permission to do this,  

    エンジェルスInfographicsがこの場所を見つけて、許可を得るまでにかかった時間。

  • is beyond me, but trust me those guys and girls  have been pretty motivated lately to get me back  

    しかし、信じて欲しいのは、彼らは私を取り戻すために最近かなりのモチベーションを持っているということだ。

  • on the road and doing challenges. I guess  everyone's had about enough of coronavirus.

    旅に出てチャレンジしています。皆、コロナウイルスにはもう飽き飽きしているのではないでしょうか。

  • Speaking of the virus, sadly people still  aren't taking it seriously and the death  

    ウィルスについて言えば、悲しいことに、人々はまだ真剣に受け止めておらず、死者が出ています。

  • toll continues to mount. The place I'm at was an  old morgue that went unused for a few decades,  

    犠牲者は増え続けている。私がいる場所は古い遺体安置所で、数十年間使われていませんでした。

  • until the more modern facilities became  overwhelmed with coronavirus casualties.  

    が、コロナウイルスの犠牲者で圧倒されるようになったのです。

  • So this place is what you might call,  'temporary storage', while the morticians get  

    この場所は、あなたが言うところの「一時的な保管場所」であり、葬儀屋が

  • about disinfecting the body and prepping it for  funeral, and this place too is near capacity. It's  

    遺体を消毒して葬儀の準備をすることについてですが、ここも定員に近い状態です。それは

  • the weekend though, and this is a pretty small  community, so I was told I shouldn't be disturbed.  

    しかし、週末になると、ここはかなり小さなコミュニティなので、邪魔をしてはいけないと言われました。

  • Then the mortician's assistant said,  “at least not by the living anyways.”,  

    すると、納棺師の助手が「少なくとも、どうせ生きている人には無理でしょう」と言った。

  • and sort of laughed in a way that hinted he was  only half joking. I didn't find it funny at all.

    と、半分冗談を言っているような感じで笑っていた。私はまったく笑えませんでした。

  • I tried to get the girlfriend to do this  challenge with me, but she flat-out refused  

    このチャレンジを彼女にしてもらおうとしましたが、断られてしまいました。

  • to go anywhere near a dead body. Hard  to blame her. I've seen death before,  

    死体の近くには行かない。彼女を責めるのは難しい。私は以前に死を見たことがある。

  • but sitting in a tiny building stuffed full  of corpses is nobody's idea of a good time.  

    しかし、小さな建物の中に死体を詰め込んで座っているのは、誰にとっても楽しいことではありません。

  • Plus, the weather outside is really overcast  which kind of adds to the gloom of the place.

    さらに、外の天気は本当に曇っていて、それがこの場所の暗さに拍車をかけています。

  • There's a main office, a small waiting area of  sorts, two private offices which are locked,  

    メインオフィス、小さな待合室のようなもの、鍵のかかった2つのプライベートオフィスがあります。

  • and the storage/examination roomwhich takes up most of the building.  

    と、建物の大部分を占める保管・検査室です。

  • The room is extremely chilly and the temperature  is kept really low in order to help keep the  

    この部屋は非常に寒く、温度を低く保つことで

  • bodies from rotting more than normal. The  room is even colder than normal now because  

    通常よりも体が腐らないようにしています。部屋が通常よりもさらに冷たくなっているのは

  • bodies are having to be stored for longer than  usual thanks to the overflow of covid victims.  

    コビドの犠牲者があふれているため、遺体を通常よりも長く保管しなければならない。

  • I heard some cities are even using refrigerated  trucks after running out of morgue space.

    死体安置所が足りなくなって、冷蔵トラックを使っている都市もあると聞いています。

  • So, ok, I have to stay in this building for  24 hours. Since the building is being used as  

    それで、よし、この建物に24時間滞在しなければならない。として使われているので、この建物は

  • overflow, nobody should be coming by to bother me  I was told, at least until I get let out tomorrow  

    溢れて、誰も私を困らせないように、少なくとも明日の出所までは、と言われました。

  • morning. The doors are locked, and the only  way out now for me would be breaking a window,  

    の朝。ドアはロックされていて、今の私には窓を割って出るしか方法がない。

  • which you best believe I'm ready to do ifzombie situation starts kicking off. I've got  

    ゾンビが出てきたときのために、私は準備をしています。私が持っているのは

  • some snacks, food to last me my stay, my laptopand a sleeping bag. There's also a small tv  

    お菓子、滞在中の食料、ノートパソコン、寝袋などがあります。また、小さなテレビもあります。

  • the staff brought out of one of the offices  for me. All in all, how hard could this be?

    スタッフがオフィスから持ってきてくれました。こんなに大変なことがあるのか?

  • 1200 Hours: Alright, it's been five hours stuck  in this building and the weather outside turned  

    1200時間。さて、この建物に閉じ込められて5時間が経ちましたが、外の天気は変わりました。

  • from bad to worse. It was overcast at first and  then started raining, which is just perfect.  

    が悪い方向に向かっています。最初は曇っていましたが、その後雨が降ってきて、ちょうどいい感じになりました。

  • Seriously, it rains so rarely out here in SoCal  

    真面目な話、ここSoCalではめったに雨が降らないんだ。

  • and it just so happens to start raining  on the day I spend in a creepy morgue?  

    不気味な遺体安置所で過ごす日に、たまたま雨が降ってきたとか?

  • I swear sometimes I think the universe, and  not just Infographics Show, is out to get me.

    Infographics Showに限らず、宇宙が私を狙っているのではないかと思うことがあります。

  • I went into the storage/examination  room just out of sheer curiosity,  

    興味本位で保管・検査室に入りました。

  • and immediately changed my mind. It's  freezing in there right now, and the  

    とすぐに考えを改めました。今、そこは凍っていて、しかも

  • smell of chemicals and death is overwhelmingIt's hard to describe the smell of a corpse,  

    化学物質と死の匂いに圧倒される。 死体の匂いを表現するのは難しいですね。

  • kind of like old leather, with some sickly  sweet aroma, but a pungent after taste.

    古い革のような、病的に甘い香りがするが、後味は刺激的だ。

  • My curiosity was immediately satisfied, andducked back into the main office. 19 hours to go.

    私の好奇心はすぐに満たされ、私は再びメインオフィスに戻った。あと19時間。

  • 1334 Hours: Alright, I swear I'm hearingslight clicking noise coming from somewhere in  

    1334時間さてさて、確かにどこからかわずかにクリック音が聞こえてきます。

  • the building. I can only hear it sporadicallyand I'm sure it's something totally normal,  

    建物の中にいます。散発的にしか聞こえないので、全く普通のことだと思います。

  • but given my circumstances, it's  definitely making me a bit spooked.

    しかし、自分の置かれている状況を考えると、少し不安になるのも事実です。

  • 1500 hours: First eight hours downand I'm looking forward to this ending.  

    1500時間。最初の8時間が終わったところで、このエンディングが楽しみになってきた。

  • I can't explain to you how unsettling it is to be  stuck in a building full of dead bodies literally  

    文字通り死体だらけの建物に閉じ込められることが、どれほど不安なことなのか、説明できません。

  • just a few feet away from you. I tried eating  lunch but just didn't have the appetite for it.

    あなたのすぐそばにある。昼食を食べようとしたが、食欲がわかなかった。

  • The rain is coming sporadically, but the clouds  are still heavy outside. I was really hoping for  

    雨は散発的に降っていますが、外にはまだ重い雲があります。私が本当に望んでいたのは

  • some sunshine, but this whole day has a very  horror movie vibe to it that I'm not digging.  

    しかし、この日はホラー映画のような雰囲気が漂っていて、あまり好きではありません。

  • Also, I keep hearing that clicking soundIt's rapid fire and comes in short bursts,  

    また、クリック音もずっと聞こえています。 速射性があって、短い間隔で出てきます。

  • sounds like maybe high heels on ceramic or  something like that. But there's no ceramic  

    は、セラミックにハイヒールを履かせたような音がする。しかし、セラミックはありません

  • floors here, the office area is carpeted  and the actual exam room floor is cement.  

    ここの床は、オフィスエリアがカーペットで、実際の診察室の床はセメントです。

  • I tried clicking on the floor with a pen  but it makes a totally different sound.

    ペンで床をクリックしてみましたが、全然違う音がします。

  • I'm sure it's a rodent or  something, there's bound to  

    齧歯類か何かだと思います。

  • be mice or rats in a building that stores  human bodies, right? At least I hope so.

    遺体を保管している建物の中には、ネズミやラットがいるのではないか?少なくとも私はそう願っています。

  • 1704 Hours: Clicking noise again, this time much  more obvious. It used to be that I'd only really  

    1704時間カチカチという音がまたしても、今度はもっとはっきりとした音がする。以前は、私が実際に使用するのは

  • hear it when the audio on the tv died down, but  now I can sometimes hear it even over the tv. I  

    テレビの音声が途切れたときには聞こえていましたが、今ではテレビ越しでも時々聞こえるようになりました。I

  • did a sweep of the building, which included going  into that creepy exam room, but found nothing.

    不気味な診察室も含めて、建物の中を一通り調べたが、何も見つからなかった。

  • 1900 Hours: It's been twelve hours now. I've  managed to eat some but it's incredible how  

    1900時間。12時間が経過した。何とか食べているが、信じられないことに

  • little appetite you have when you'refew feet away from a bunch of corpses.  

    大量の死体を前にしては、食欲もわかない。

  • I've heard that corpses can burp or moan  or even move as gases escape the body,  

    死体はガスが抜けることで、ゲップやうめき声が出たり、動いたりすると聞いたことがあります。

  • but these bodies have been here too long for any  of that- something I am incredibly grateful for.  

    しかし、この体はそんなことにはならないほど長く存在しています。

  • LIsten, put me face to face with something alive  any day, but I don't mess around with the dead.  

    リステン、生きているものと向き合うのはいつでもできるが、死人には手を出さない。

  • Me and Infographics Show are still negotiating  me doing a ghost hunting challenge episode  

    私とInfographics Showは、私がゴースト・ハンティング・チャレンジのエピソードをすることをまだ交渉中です。

  • for you guys. I am super not keen on  anything dead, just really squeegs me out.

    をご覧ください。私は死んでいるものが大好きではありませんが、本当に心が痛みます。

  • I haven't gone in to look at any of  the dead bodies- I know all of you  

    私は死体を見に行ったことはありませんが、皆さんのことは知っています。

  • are probably wondering when I'd get around to  that. You think that's the first thing you'd do  

    は、私がいつそんなことをするのかと思っているでしょう。あなたはそれが最初にすることだと思う

  • if you were in my shoes right? Well, I did  too, until I was actually physically here.  

    もし、あなたが私の立場だったら......。私もそうでしたが、実際にここに来るまでは

  • Now the last thing I want is to see what's inside  those storage cabinets or whatever they call them,  

    さて、私が最後に見たいのは、その収納棚と呼ばれるものの中を見ることです。

  • I kind of just want to pretend  those corpses don't even exist.

    私は、あの死体をなかったことにしたいのです。

  • Buuutttt, well, I think my brain has a kind of  defect, because it has a weird macabre sort of  

    私の脳にはある種の欠陥があると思うんです。

  • curiosity, and once I get that itch, I can't  stop thinking about it until I scratch it.  

    好奇心が旺盛で、一度痒いところに手が届くと、それを掻くまで気になって仕方がありません。

  • I had been explicitly told not to do this  by the staff, but, the staff aren't here,  

    スタッフからは「やめてください」とはっきり言われていたのですが、スタッフはいません。

  • and there's no cameras. So, I braved the  freezing cold and found an empty cabinet. Listen,  

    しかもカメラがない。そこで、凍えるような寒さに耐え、空のキャビネットを見つけました。聞いてください。

  • I knew it was a bad idea, I mean how horror  movie cliche could things get? But like I said,  

    ホラー映画のような陳腐なものになってしまうのは、よくないことだと思っていました。しかし、私が言ったように

  • when I get that curious itch I gotta satisfy itOnce I got in trouble in a Titanic exhibit in  

    好奇心旺盛な私は、それを満たさなければなりません。 一度、タイタニックの展示会でトラブルを起こしたことがあります。

  • Las Vegas for climbing past the guard rails and  touching part of the hull that had been brought  

    ラスベガスでは、搬入された船体の一部をガードレールを越えて触ってしまった。

  • up from the depths. I just wanted to feel that  connection to history, I mean how many people  

    深いところから上がってくる。私はただ、歴史とのつながりを感じたかったのです。つまり、どれだけの人が

  • have physically touched the titanic? Other  than me and a bunch of really dead people?

    タイタニックに触ったことがありますか?私と本当に死んだ人たち以外に?

  • I checked to make sure the  door wouldn't close on me,  

    私はドアが閉まらないように確認しました。

  • and even wedged a few pens into the open  door to make sure it couldn't close,  

    そして、開いたドアが閉まらないように、ペンを何本か挟んだりもした。

  • then after a pretty long, pretty hard thinkclimbed onto the slab and wheeled myself inside.  

    そして、かなり長い間、一生懸命考えた後、スラブに登って、自分で車を運転して中に入った。

  • I wish I could tell you it was an amazing  experience- it wasn't. Matter of fact,  

    素晴らしい体験だったと言えればいいのですが、そうではありませんでした。実際のところ。

  • it was immediately creepy and I very quickly  got back out again. I'm not claustrophobic,  

    はすぐに気味が悪くなり、すぐに元に戻りました。私は閉所恐怖症ではありません。

  • but knowing that one day I'd be in this same box  only dead very quickly made me want to leave.

    しかし、いつか自分もこの箱の中に入って、すぐに死んでしまうのだと思うと、帰りたくなりました。

  • Honestly would not recommend  trying this one at home, kids.

    正直なところ、これを家で試すのはお勧めできません。

  • 2100 Hours: I haven't heard the clicking  in a while, so I was probably right- it  

    2100時間。しばらくクリック音が聞こえなかったので、たぶん正解だと思います。

  • was probably just a mice or rat or maybe even  raccoons. It's been raining throughout the day  

    は、おそらくネズミかラット、あるいはアライグマだったのではないかと思います。一日中、雨が降っている

  • so wouldn't be surprised if small animals were  trying to find shelter in this old building.

    そのため、この古い建物に小動物が住み着いていても不思議ではありません。

  • It's well past dark outside and it's sort  of starting to dawn on me- I have to go to  

    外はすっかり暗くなっていて、そろそろ気が付いてきた。

  • sleep here soon. Sure, being up and watching tv  during the day time in a morgue is one thing,  

    ここですぐに寝る。確かに、遺体安置所で昼間に起きてテレビを見るのは一つのことです。

  • but when it gets dark and you realize you're  going to have to spend the night in here,  

    しかし、暗くなってきて、ここで一晩過ごさなければならないと気づくと

  • well that's another thing entirely.

    それは全く別の話です。

  • I tried to eat but once more the presence of  all these bodies makes it impossible to have  

    食べようと思っても、またしても体があって食べられない。

  • an appetite, and the food tastes like ash. Also,  I can't get the smell of chemicals anddeath,  

    食欲がない、食べ物が灰のような味がする。あと、化学物質の匂いと...死の匂いがしてたまりません。

  • out of my nostrils after climbing into that  cabinet. I mean, in hindsight, I doubt they  

    あのキャビネットに入った後、鼻の穴から出てきました。今にして思えば、彼らは

  • clean them very well after being used- if at  all. That was definitely monumentally stupid.

    使った後の掃除は、ほとんどしない。あれは本当に馬鹿げている。

  • 2141 Hours: The clicking is back. This time  I swear it was coming from one direction,  

    2141時間。クリック音が戻ってきた。今度は一方向から聞こえてくるような気がする。

  • and then from another. And definitely  from the examination room area. You know,  

    そして、別の場所から。そして間違いなく診察室エリアから。知っていますね。

  • the place with the corpses. While this makes  my mouse or rat hypothesis more likely, I guess  

    死体のある場所で。これで、私のネズミやラットの仮説がより確かなものになったとはいえ、やはり

  • it makes a reanimated corpse hypothesis  just as likely. Comforting thought.

    となると、生き返った死体の仮説も同じように考えられます。慰めの言葉です。

  • 2300 Hours: I've been trying to stay up on  purpose, because I really don't want to sleep  

    2300時間。どうしても寝たくないので、わざと起きているようにしています

  • in here, but I can feel myself  getting sleepier and sleepier.  

    が、だんだんと眠くなってくるのを感じます。

  • I can't stress how little I am enjoying  this challenge. Put me in the wild, or out  

    私はこの挑戦をどれほど楽しんでいるか強調できません。私を野生の中に入れたり、外に出したり

  • on the streets, or facing down another bearliterally anything but being around dead people.

    街中で、あるいは他の熊と対峙して......文字通り、死人のそばにいないものなら何でもいい。

  • And the clicking, it keeps happening. Sometimes  faintly, other times much more pronounced.  

    そして、クリック感が、ずっと続いています。時には、かすかに、時には、もっと顕著に。

  • It'll happen every fifteen or twenty minutes or  so, and if I walk into the exam room while it's  

    15分か20分に一度くらいの割合で発生し、その間に診察室に入ってしまうと

  • happening it stops. I've kept the lights  on in there and in the office area I'm at,  

    が起こると止まります。私はそこと私がいるオフィスエリアの電気をつけています。

  • but this is 1970s lighting and honestly,  I feel like it just makes things creepier.

    しかし、これは1970年代の照明で、正直なところ、より不気味さを増しているような気がします。

  • I'm going to try and sleep forbit, and have set up my sleeping  

    ちょっと寝てみようと思って、寝床を用意しました。

  • bag in a far corner of the room where  I can see the rest of the building  

    バッグを部屋の隅に置いて、建物の他の部分が見えるようにしました。

  • pretty well. Hopefully this is not my  final entry from the land of the living.

    かなりいい感じです。願わくば、これが生者の国からの私の最後のエントリーでないことを。

  • 0228 Hours: I am not going back to sleep,  

    0228時間私はもう寝ない。

  • and am seriously considering  breaking a window to get out.

    と言って、窓を割って外に出ようかと真剣に考えています。

  • I slept for a while, but got woken up about  a half hour ago suddenly. I'm not sure why,  

    しばらく寝ていたのですが、30分ほど前に突然起こされました。理由はよくわかりません。

  • I vaguely remember having a dream of being inside  this building and somebody I couldn't quite see  

    この建物の中にいて、よく見えない誰かがいたという夢を見たことを、私はぼんやりと覚えている。

  • was trying to get my attention. I  can't explain it, weird dream stuff,  

    は私の注意を引こうとしていた。説明できない、奇妙な夢のようなものだ。

  • but this person was distorted, looked likeblur and when they spoke it was all muffled.  

    しかし、その人は歪んでいて、ぼやけているように見え、話すときにはすべての音が小さくなっていました。

  • Then they grabbed me and shook me  and I woke up. Very creepy stuff.

    その後、彼らは私を掴んで揺さぶり、私は目を覚ましました。とても不気味なものです。

  • Just a few seconds after waking up  I heard the clicking noise again.  

    目覚めて数秒後、再びクリック音が聞こえてきた。

  • It was much louder without the tv onand here's the thing- I had kept the  

    テレビをつけていない時の方がはるかに大きな音がしていましたが、ここで問題が発生しました。

  • tv on on purpose so the noise of real, living  people would make me feel better as I slept.  

    テレビをわざとつけて、生身の人間の声が聞こえてくると、寝るときに気分がよくなるからです。

  • I even checked to make sure it had no auto-turn  off function enabled, and yet when I woke up, the  

    自動電源オフ機能が有効になっていないことも確認したのですが、起きたときには

  • tv was off. Also my laptop was turned so that when  I opened it back up the screen was facing away  

    テレビはオフでした。また、私のノートパソコンは電源を入れていたので、元に戻したときに画面が反対側に向いていました。

  • from me. I very clearly remember just shutting the  laptop closed, while obviously facing me because  

    私から。明らかに私の方を向いたまま、ノートパソコンを閉じたのをはっきりと覚えています。

  • I had just been writing to you guys on it. But  when I woke up and opened it, it was facing away.

    私はちょうどその上で皆さんに手紙を書いていました。でも、目が覚めて開けてみると、向きが変わっていました。

  • This is all really starting to be too much.  

    これはもう、本当にやりきれないですね。

  • I really don't do well with ghost crap, I'm  still terrified of the Poltergeist movies.

    お化けの話は本当に苦手で、「ポルターガイスト」の映画は今でも怖いです。

  • 0510 Hours: I haven't been able to  sleep, or maybe I just don't want to.  

    0510時間。眠れないというか、寝たくないというか。

  • I've stayed up watching tv and turned all  the lights in the building back on. I'm  

    私はテレビを見ながら起きていて、建物内のすべての照明を再びつけました。私は

  • officially on high alert, and it's all  thanks to that damned clicking sound.

    厳戒態勢に入っているのは、あのカチカチという音のおかげです。

  • I got a hunch about a half hour ago when  I heard it again, and I went into the exam  

    30分ほど前に再び聞こえてきたときに予感がして、試験に臨んだのですが

  • room. I started tapping on things with my  fingernail, I tried the floor again- nope,  

    の部屋にいます。爪で物を叩き始め、もう一度床を試してみましたが、ダメでした。

  • not the right pitch. Tried an examination tableagain, not quite right. Tried one of the medical  

    ピッチが合わない。診察台を試してみましたが、これも正しくありませんでした。診察台を試してみました。

  • storage chests, nope not it. Then I tried  one of the cabinets the bodies are kept in-  

    ストレージチェスト、いや、それはない。そして、遺体が保管されているキャビネットの一つを試してみると

  • it sounded almost right. I opened itlittle bit, catching glimpse of a group of  

    それは、ほとんど正しい音だった。私はそれを少し開いて、グループの姿を垣間見ました。

  • very purple toes in the process, and  tapped on the metal lid from the inside.

    紫色の足の指を使って、内側から金属製の蓋を叩きました。

  • Perfect match.

    ぴったりマッチします。

  • Listen, this thing might still be a mouse orrat or maybe a big roach, but I am officially  

    いいですか、これはまだネズミやネズミ、あるいは大きなゴキブリかもしれませんが、私は公式に

  • done with this challenge. The only thing keeping  me from prying open a window and trying to crawl  

    このチャレンジは終わりました。私が窓をこじ開けて這い上がろうとしない唯一の理由は

  • out is the fact that I know in less than two  hours I'll be let out and I really don't want  

    あと2時間もしないうちに外に出されることがわかっているのに、どうしても外に出したくないのです。

  • to cause trouble for the show. But I am beyond  done with this challenge. This is my final entry,  

    番組に迷惑をかけないように。しかし、私はこの挑戦を終えました。これが私の最後のエントリーです。

  • and I'm spending the rest of my time  here with my back to the wall and tv  

    そして、私はここで壁に背を向けてテレビを見ながら残りの時間を過ごしています。

  • lined up so I can keep an eye on the exam room  doors, and all the corpses on the other side.

    診察室のドアとその向こう側の死体を見張れるように並べています。

  • Post Challenge Update: So a few days  after this very stupid challenge,  

    チャレンジ後のアップデート:この非常に馬鹿げたチャレンジから数日後のこと。

  • I was talking to a friend about everything that  went on in that morgue and he was very curious  

    私は友人にその死体安置所で行われたすべてのことについて話していましたが、彼は非常に興味を持っていました。

  • about the laptop being turned around. He suggested  that I check the laptop's camera roll, because  

    ノートパソコンの向きを変えたことについて彼は、ノートパソコンのカメラロールを確認するよう提案しました。

  • apparently spirits sometimes can activate digital  cameras and make themselves known that way.

    霊がデジタルカメラを作動させて、自分の存在をアピールすることがあるらしい。

  • The laptop I was using is pretty oldbecause I never take my nice laptop out  

    使っていたノートパソコンはかなり古いもので、いいノートパソコンを外に持ち出すことはないので

  • on the field with me on these challenges.  I never use the camera on that thing,  

    を使ってフィールドに挑戦しています。 私はその上でカメラを使うことはありません。

  • and the last time I did must've been a few  years ago. But, well, I did find pictures,  

    最後にやったのは数年前だったと思います。でも、まあ、写真は見つけました。

  • just like my friend said I might, and... they  don't make me feel any better about my experience.

    友人が言っていたように、そして...彼らは私の経験について少しも良い気分にさせてくれません。

  • So, ok, here's picture 1.  

    では、写真1をご覧ください。

  • Sorry about the bad quality- like I said it's  an old laptop and low light didn't help matters.  

    画質が悪くて申し訳ありません。古いノートパソコンなので、光量が少なくても問題ありません。

  • You can clearly see the glow of the tv  which must have still been on at this point.

    この時点ではまだ電源が入っていたはずのテレビの光がはっきりと見えます。

  • Now here's picture 2. Tv is still  on, but did you catch that? Here,  

    さて、写真2です。テレビはまだついていますが、これを見ましたか?これです。

  • look at picture one and picture two  back-to-back. See how the perspective  

    写真1と写真2を並べて見てみましょう。遠近法がどうなっているか

  • of the photo very clearly shifts? Something  obviously moved the laptop in between photos.

    の写真が明らかにずれていませんか?写真と写真の間に何かがノートパソコンを動かしたのは明らかです。

  • Now, for the reason I will never do a ghost hunt  

    さて、私が絶対にゴーストハントをしない理由ですが

  • challenge video for Infographics Show  ever in my life. Picture number 3. .

    Infographics Showのためのチャレンジビデオは、これまでの人生の中で初めてです。写真番号3.

  • You can see how the image is fuzzy, like the  camera doesn't quite know what to focus on.  

    カメラがどこにピントを合わせていいのかわからないような、ぼんやりとした画像になっているのがわかります。

  • Or maybe because those big boots appeared  suddenly as the photo was being taken.  

    あるいは、写真を撮っている最中に突然、あの大きなブーツが現れたからかもしれない。

  • You can even tell that the laptop moved pretty  dramatically right before the photo was taken.

    この写真を撮る直前に、ノートパソコンが大きく動いたことがわかるだろう。

  • Listen, I can tell you that I wasn't wearing boots  that night, and there was only me in that morgue  

    あの夜、私はブーツを履いていなかったし、あの死体安置所には私しかいなかった。

  • for the entire stay, but I understand if you  don't believe me. As for me, I'm officially done  

    しかし、あなたが私を信じないなら、私は理解します。私の場合は、正式に終了しました

  • with anything related to dead people or ghosts for  Infographics. They do NOT pay me enough for this.

    死者や幽霊に関連するものをインフォグラフィックに使用しています。これでは十分な報酬は得られません。

  • Want more creepiness? Check out when our  challenge guy probably heard bigfoot and  

    もっとゾッとしたい?挑戦者がビッグフットの声を聞いたと思われる時をチェックしてみてください。

  • almost fought a bear, in 72 hours in the forest  alone! Or click this other video instead!

    72時間、森の中で一人、熊と戦いました。または、この別のビデオをクリックしてください。

Coronavirus has really put a crimp in  our plans to torture your favorite lab  

コロナウイルスは、あなたのお気に入りの研究室を拷問する計画に、本当に歯止めをかけました。

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 死体 建物 パソコン 診察 ノート 遺体

死体安置所で24時間を過ごす(チャレンジ (Spending 24 Hours Inside a Morgue (Challenge))

  • 2 0
    林宜悉 に公開 2021 年 03 月 18 日
動画の中の単語