Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • February 8, 1983, a plumbing company has been  called out to 23 Cranley Gardens, a large house  

    1983年2月8日、大きな家であるクランレー・ガーデンズ23番地に配管工事会社が呼び出された

  • in a respectable leafy suburb of North LondonThe occupants of the flats in the property  

    この物件は、ロンドン北部の緑豊かな郊外にあります。 この物件のフラットの住人は

  • have been complaining to the landlord about  blockages. Some of them at times have noticed  

    は、詰まりについて家主に苦情を言っていました。その中には、ある時、気付いた人もいます

  • a strange malodor wafting into their nostrilssomething akin to the smell of a dead animal

    彼らの鼻腔には、動物の死骸のような奇妙な悪臭が漂っていた。

  • Michael Cattran, the guy tasked with the  job of finding the cause of the blockages,  

    詰まりの原因究明を任されているマイケル・キャトラン。

  • opens a drain cover. He's immediately repulsed  by the stench, but determined, he digs his hands  

    排水口の蓋を開ける。すぐに悪臭に嫌気がさしたが、意を決して、両手を挙げて

  • into the drain and pulls out the sludgeTo his disgust, he extracts what looks like  

    と言って、排水口からヘドロを引っ張り出す。 驚いたことに、彼は何かのようなものを取り出した。

  • flesh and small pieces of bone. Two of the house's  occupants come outside and talk to Cattran. One  

    肉や小さな骨のかけらが出てくる。家の住人のうち2人が外に出てきて、キャトランに話しかける。一人は

  • of them remarks, “It looks to me like someone has  been flushing down their Kentucky Fried Chicken.” 

    そのうちの一人が「誰かがケンタッキーフライドチキンを流してしまったようだ」と発言する。

  • The person that says this is Dennis Nilsenthe occupant of flat 23D. He's amiable and  

    そう語るのは、フラット23Dの住人、デニス・ニルセンさん。彼は愛想が良くて

  • seemingly intelligent, a bespectacled man with the  appearance of the cliched accountant. In truth,  

    一見、知的に見えるが、眼鏡をかけていて、典型的な会計士のような風貌をしている。本当は。

  • he's a seriously deranged serial killer, a former  soldier and ex-cop whose crimes are so appalling,  

    元軍人で元警官の彼の犯行はとても恐ろしいものでしたが、彼は本当に狂った連続殺人犯です。

  • so hideous, they would make any person ponder the  deformities of this thing we call human nature

    醜悪で、誰もが人間性と呼ばれるものの奇形性について考えさせられるものでした。

  • Dennis Nilsen was born on November 25, 1945, in  a small, rugged fishing town in Aberdeenshire,  

    デニス・ニルセンは1945年11月25日、アバディーンシャーの小さな荒々しい漁師町に生まれました。

  • Scotland. His father, a Norwegian, arrived in  Scotland after the German occupation of Norway,  

    スコットランドノルウェー人の父は、ドイツがノルウェーを占領した後、スコットランドにやってきました。

  • and that's where he met Dennis's mother. As is often the case with future killers,  

    そこでデニスの母親と出会ったのだ。未来の殺人者にはよくあることだ。

  • the vast map of childhood for young Dennis  was marked with many periods of sadness.  

    若いデニスの子供時代の広大な地図には、多くの悲しみの時期があった。

  • The three children of the marriage were all  conceived only when the itinerant soldier decided  

    3人の子供たちは、いずれも旅人である彼が決意して初めて授かったものである。

  • to visit now and again. There was no love, just  carnal instinct driven by a soldier's loneliness.  

    時々訪れていた。そこには愛はなく、ただ軍人の寂しさからくる肉欲だけがあった。

  • Not surprisingly, the marriage didn't last long. Still, the one person that young Nilsen adored was  

    当然のことながら、結婚生活は長くは続かなかった。それでも、若き日のニルセンが慕っていた人物は

  • his grandfather, a man that took him on walks  through the sand dunes as the waves of the  

    彼の祖父は、彼を砂丘の中に連れて行ってくれた人で、海の波が

  • foreboding North Sea smacked the shore. He loved  this grandfather dearly and then aged 62 while out  

    不吉な北海が海岸にぶつかる。彼はこの祖父を心から愛していたが、62歳のときに

  • fishing, the grandfather died of a heart attack. Even as a young kid, Nilsen was plagued by  

    釣りをしていた祖父は、心臓発作で亡くなった。ニルゼンは、幼い頃から、ある問題に悩まされていた。

  • melancholy, often saying that until his  grandfather returned from those fishing trips  

    祖父が漁に出て帰ってくるまでは憂鬱だとよく言っていた。

  • his life was just empty. And then he was gone for  good. This constant needing for someone there,  

    彼の人生はただ空虚だった。そして、彼は永久にいなくなってしまったのです。絶えず誰かを必要としている。

  • someone to love who'd never leave, could  have been the making of the monster to come

    決して離れることのない愛すべき人は、来るべき怪物を生み出していたかもしれない。

  • That's something you budding  psychologists can tell us at the end

    それは新進気鋭の心理学者の皆さんが最後に教えてくれます。

  • In his early teens, Nilsen realized he was  homosexual, but this was something he kept  

    ニルゼンは10代前半に自分が同性愛者であることを自覚していましたが、そのことを隠していました。

  • quiet. He felt confused, ashamed. More so  because he was attracted to boys that looked  

    静かに。彼は混乱し、恥ずかしいと感じていました。それ以上に、彼は自分の目の前にいる男の子に惹かれていました。

  • similar to his own sister and brother. At  one point he touched his brother while he  

    自分の妹や弟に似ている。ある時、彼は自分の弟を触りながら

  • slept as if exploring his feelings. The brother  woke up, and from then on, he belittled Dennis,  

    は自分の気持ちを探るように眠っていた。目を覚ました兄は、それ以降、デニスをけなしていた。

  • at every opportunity calling him a sissy. In  public, the brother called himhen” a Scottish  

    機会があれば、彼をsissyと呼んでいました。公の場では、兄は彼を「ヘン」と呼んでいましたが、これはスコットランドの

  • term for a girl. It was excruciatingly  embarrassing, as well as saddening

    女の子のための言葉。耐え難いほど恥ずかしかったし、悲しいことでもありました。

  • Dennis felt he had no choice but to  leave that small minded, windswept town

    デニスは、その小さな心の風の吹く町を去るしかないと思った。

  • At age 16 he did just that, moving to England to  train with the Army Catering Corps. He loved it,  

    16歳のとき、彼はイギリスに渡り、陸軍のケータリング部隊で訓練を受けました。彼はこの仕事が大好きでした。

  • every minute of it, except for the fact he had  to keep his attraction to his fellow soldiers  

    兵士たちに自分の魅力を伝え続けなければならないことを除けば、その時間はずっと続いた。

  • a secret. Deployed in West Germany, these  mixed feelings of his coalesced and churned.  

    秘密。西ドイツに配属された彼は、このような複雑な心境が重なり合い、揺れ動いていた。

  • His antidote to his agony was hitting  the bottle. A habit, it would turn out,  

    彼の苦悩に対する解毒剤は、酒を飲むことだった。それが習慣になってしまったのである。

  • that was very useful for a serial killer. He wanted a man, but he knew what would  

    それはシリアルキラーにとって非常に有用なものでした。彼は男を欲しがっていましたが、何が起こるかわかっていました。

  • happen if he came out in the army. Let's  not forget, this was early 1960s England,  

    軍隊でカミングアウトしたらどうなるか。忘れてはならないのは、これが1960年代初頭のイギリスだということです。

  • a time of pervasive homophobia. Nilsen was  stuck with his fantasies, ones that consisted  

    ホモフォビアが蔓延していた時代。ニルゼンは自分の空想に囚われていましたが、その空想は

  • of a passive lover, a man completely subdued  to his will. Better still, an unconscious man

    受動的な恋人のように、完全に自分の意志に従わせた男。さらに言えば、無意識の男。

  • He was then stationed in the Middle East, where  for the first time soldiers in his regiment died.  

    その後、彼は中東に配属され、そこで初めて連隊の兵士が死亡した。

  • He was even kidnapped by an Arab taxi driver at  one point and almost died himself. He got away,  

    一度はアラブ人のタクシー運転手に誘拐され、自分も死にかけたこともあった。彼は逃げ出した。

  • but the darkness that had always enveloped him  grew more intense. He'd seen death; he'd almost  

    しかし、いつも彼を包んでいた暗闇は、さらに強烈になっていった。彼は死を見たことがあり、もう少しで

  • died, and now his fantasies were driven by deathThey often included intimacy with dead soldiers

    彼の空想は死によって駆り立てられていました。 その中には死んだ兵士との親密な関係もしばしば含まれていた。

  • It was only a matter of time until  fantasy would manifest as fact

    妄想が事実となって現れるのは時間の問題だった。

  • In the early 70s, he moved to London and joined  the police force, and it was then that for the  

    70年代前半にはロンドンに移り、警察官になったが、その時にフォー

  • first time he started going to gay pubs and  had short-term relationships with other men.  

    の頃は、ゲイパブに通うようになり、他の男性と短期的な関係を持つようになりました。

  • You'd have thought this fruition of his sexuality  would have been a good thing, finally being able  

    彼の性欲が結実したことは、良いことだと思っていたでしょう。

  • to be intimate with another man. But now we're  reminded of the loss of his grandfather again.  

    には、他の男性と親密になるためのしかし、今、私たちは再び彼の祖父を失ったことを思い出しています。

  • He detested casual dating. He wanted the  men to stay with him, perhaps for eternity

    彼はカジュアルな出会いを嫌っていました。彼は、男性が自分と一緒にいてくれることを望んでいました。

  • He later became a civil servant and eventually  rose to the position of executive officer.  

    その後、彼は公務員となり、最終的には執行役員にまで昇進した。

  • He was affable, hardworking, a nice guy  who folks liked having around the office.  

    彼は愛想がよく、勤勉で、人々に好かれるいい男だった。

  • But somewhere during all his success, he'd started  murdering the men he never wanted to leave him

    しかし、その成功の過程のどこかで、彼は自分が離れたくないと思っていた男たちを殺し始めていた。

  • November 1975. There's a scene outside a pub, such  an ordinary sight in the rough streets of England.  

    1975年11月。イギリスの荒れた街にある、何の変哲もないパブの外の風景がある。

  • Nilsen helps a guy out, a 20-year old who he later  discovers after a drink or two is gay like him

    ニルゼンはある男を助けた。20歳の男で、酒を飲んだ後、自分と同じゲイであることがわかった。

  • Soon, a relationship blossomed. Things  were looking up. They both moved into a  

    やがて関係が深まっていきました。事態は好転していった。二人はそれぞれの家に移り住み

  • house on Melrose Avenue. Number 195, the first  place that would become a house of horrors

    メルローズ・アベニューにある家。195番、恐怖の家となる最初の場所です。

  • Like a scene from a Hollywood rom-com, the two  loved-up men spent months cleaning the place,  

    ハリウッドのロマンス映画のワンシーンのように、愛し合う2人は何ヶ月もかけて掃除をしました。

  • planting flowers in the garden, painting  the walls, giggling as they threw soap  

    庭に花を植えたり、壁を塗ったり、石けんを投げて笑ったり

  • suds at each other while doing the  dishes. It seemed like domestic bliss,  

    皿洗いをしながら、お互いに水を掛け合う。それはまるで家庭の至福のようでした。

  • although as time went on, that pall of  darkness soon hung over Nilsen's head again

    しかし、時間が経つにつれ、ニルセンの頭上には再び暗雲が立ち込めてきた。

  • Just a year into their relationships the  soap suds turned into plates and glasses.  

    交際1年目にして、石鹸の泡がお皿やグラスに変わりました。

  • They hurled abuse at each other. They slept  in separate beds and brought other men home.  

    お互いに罵声を浴びせ合った。別々のベッドで寝て、他の男を家に連れ込んだ。

  • By 1977, the two had gone their  separate ways. This would be the  

    1977年には2人は別々の道を歩むことになる。これは、その

  • last living love of Nilsen's life. He  met men, but like others before them,  

    ニルゼンの人生最後の生きた恋。彼は男性と出会いましたが、それまでの他の人と同じように

  • they had no intention of staying with Nilsen. This  was problematic for our killer, to say the least

    彼らはニルセンと一緒にいるつもりはありませんでした。これは、はっきり言って、犯人にとっては問題だった。

  • 1978 arrived. Lonely and distraught, Nilsen put  all his efforts into working hard through the day  

    1978年がやってきた。孤独で取り乱していたニルセンは、その日のうちに全力で仕事に打ち込み

  • and drinking heavily at night. That was when he  met his first victim, a teenager who'd been trying  

    そして、夜な夜な酒を飲んでいました。その時、彼は最初の犠牲者に出会いましたが、その犠牲者は10代の若者でした。

  • to buy booze without much success. Nilsen was out  that night, on the prowl, and as luck would have  

    と言って酒を買いに行ったが、あまり成功しなかった。ニルゼンはその夜、外をうろついていたが、幸運にも

  • it, the boy found someone to buy him the boozeAfter a heavy session on their acquisition,  

    その少年は、お酒を買ってくれる人を見つけた。 彼らの獲得した酒で重いセッションを行った後。

  • Nilsen woke up to find the sleeping boy next to  him. He didn't want him to leave, he couldn't  

    ニルゼンが目を覚ますと、隣には眠っている少年がいた。彼は彼に出て行って欲しくなかった、できなかった。

  • leave. In his mind he said, you will stay with  me over the New Year whether you like it or not

    を残すことになりました。彼は心の中で、「君が望もうが望むまいが、年越しは私と一緒にいよう」と言った。

  • Nilsen took out a tie from the drawer and  walked calmly over to the sleeping boy.  

    ニルゼンは引き出しからネクタイを取り出すと、落ち着いて眠っている少年のもとに歩み寄った。

  • He strangled him and then drowned him in a bathtub  full of water. After that, he bathed and caressed  

    彼は首を絞めた後、水を張ったバスタブで溺れさせた。その後、彼は風呂に入り、愛撫した。

  • the body. Now the boy was his, and he could  do what he wanted. The body stayed under the  

    体がある。今やその子は彼のものであり、彼の望むことができるのだ。胴体は

  • floorboards for months, until Nilsen burned  it in that garden he'd once made so pretty

    ニルゼンがかつてきれいにしていた庭で燃やすまで、何ヶ月も床板に置いていました。

  • Just a few months later and the hardworking civil  servant felt he was in need of another long-term  

    働き者の公務員は、数ヶ月後には次の長期休暇を必要とするようになりました。

  • partner. This time he met a young man in London  from Hong Kong. Again, after the victim was plied  

    のパートナーです。今度は、ロンドンで香港から来た若い男性と知り合った。またしても、被害者がプライヴェートした後

  • with strong alcohol, Nilsen brought out his tieThis time it didn't work, and the man escaped.  

    ニルゼンは、強いアルコールの入ったネクタイを持ってきた。 今度はうまくいかず、男は逃げてしまいました。

  • The victim told the cops of course, but then  decided he didn't want to take things any further

    被害者はもちろん警察に話したが、それ以上のことはしたくないと思ったのだろう。

  • Did the cops investigate the matter? What  they saw was a well-spoken man who'd had  

    警察は調査したのか?彼らが目にしたのは......口の達者な男性で

  • a tryst with a stranger and things had  gotten out of hand. Maybe that's just  

    見知らぬ人との交際で、手に負えなくなってしまったのです。もしかしたら、それは

  • what they do in that community, they thought. If only they'd have watched Nilsen for a while,  

    彼らは、そのコミュニティで何をしているのかと考えました。ニルゼンを少しでも見ていれば。

  • because soon after he met a young Canadian  who was visiting England. Nilsen offered  

    その直後に、イギリスを訪れていた若いカナダ人と出会ったからだ。ニルゼンは

  • to show him the sights, but first, what about  some hard drinks? Why not, said the Canadian.  

    彼に観光名所を見せてあげようと思ったが、その前にハードドリンクはどうだ?と、カナダ人が言った。

  • After ample shots of rum and whisky, Nilsen  was in one corner of the room listening to  

    ラムやウイスキーをたっぷりと飲んだ後、ニルセンは部屋の片隅で次の曲を聴いていた。

  • music on his headphones. The Canadian, feeling  rather wasted, had his back turned to him.  

    彼はヘッドフォンで音楽を聴いていた。カナダ人は、どちらかというと浪費している感じで、彼に背中を向けていた。

  • Nilsen crept across the room and strangled the  man with the headphones cord, whereafter he sat  

    ニルゼンは部屋に忍び込み、ヘッドホンのコードで男の首を絞め、その後、彼は座っていた。

  • back down and carried on listening to music. For the next week, during his boozy nights,  

    と言って、音楽を聴き続けていた。それからの1週間、彼はお酒の入った夜、音楽を聴き続けた。

  • he sat next to the dead body. He'd placed it  upright in an armchair to make it seem like the  

    彼は死体の横に座った。肘掛け椅子に直立させて置いていたので、あたかも

  • body was still alive. Together they watched TVNilsen laughed out loud at the comedies he liked,  

    体はまだ生きていた。二人は一緒にテレビを見た。 ニルゼンは自分の好きなコメディーを見て大笑いした。

  • occasionally turning to his partner, the  corpse, and remaking how funny the show was.  

    時折、相棒である死体に向かって、番組の面白さをリメイクしていた。

  • The relationship ended when bloating  and putrefaction started. The body  

    肥大化と腐敗が始まった時点で、その関係は終わりました。身体は

  • went under the floorboards, but now Nilsen was  single again, the great problem of his life

    しかし、ニルセンは再び独身となり、彼の人生の大きな問題となった。

  • There were more victims, more housemates, more  lovers, call them what you want. Each of them  

    もっと多くの犠牲者がいて、もっと多くの同居人がいて、もっと多くの恋人がいて、好きなように呼べばいい。それぞれの人たちが

  • watched TV with Nilsen, listened to music, shared  his bed. He bathed them and talked sweetly with  

    ニルゼンと一緒にテレビを見て、音楽を聴いて、ベッドを共にした。彼は彼らを入浴させ、甘く語りかけた。

  • them. He chatted to them while he was cooking  and he asked their opinion about the bad weather,  

    彼らに。料理をしながらおしゃべりしたり、悪天候について意見を聞いたりした。

  • but all of them would decompose and so  essentially leave him. Even though Nilsen  

    しかし、それらはすべて分解されてしまうので、実質的には彼から離れてしまいます。ニルゼンの場合は

  • committed these obscene acts, some part of him  knew it was wrong. Sometimes he'd spit at his  

    卑猥な行為をしていても、心のどこかで悪いことだと思っていた。時々、彼は自分の部屋に唾を吐いて

  • own reflection after a murder, sometimes he'd  break down in tears, but it didn't stop him

    殺人事件の後の自分の反省会では、泣き崩れることもあったが、それでも彼はやめなかった。

  • The bodies he hadn't burned piled up under the  floorboards, but never mind how much deodorant  

    焼かなかった遺体は床板の下に積まれていたが、いくら消臭剤を使っても無駄だった。

  • or whatever other odorant he sprayed down therehe couldn't mask the smell of decaying flesh.  

    匂いを消すことはできなかったが、肉の腐った匂いは消すことができた。

  • One by one he pulled them up, each of them riddled  with maggots, oozing the liquids of decomposition,  

    一枚一枚引き上げると、ウジ虫が湧き、腐った液体がにじみ出ている。

  • no longer boyfriends he wanted to have. He chopped them all into pieces and then took them  

    望んでいた彼氏ではなくなった。彼はそれらをすべて切り刻んでから、それらを

  • out to the garden where he burned the evidenceTo hide the smell of burning flesh he added to  

    庭に出て、証拠を燃やした。 肉の焼ける匂いを隠すために、彼はさらに

  • his great fire, tires from cars. Kids from the  neighborhood came around, excited that some man  

    彼の大火は、車のタイヤだった。近所の子供たちが集まってきて、「男の人がいる!」と興奮していました。

  • had made a bonfire. In Nilsen's mind, they were  dancing around a great pyre of his former lovers.  

    焚き火をした。ニルゼンの頭の中では、かつての恋人たちの大火の周りで踊っていた。

  • When the fire turned to ashes he raked out the  bone fragments and smashed the bits of skull

    火が灰になると、彼は骨の破片をかき集め、頭蓋骨の破片を粉砕した。

  • He stopped killing for a while, but he  couldn't fight back those fantasies of his

    暫くの間、彼は殺人を止めていたが、彼のそのような空想に対抗することはできなかった。

  • A year later he was at it again. Why? Why  would he do this? Maybe the answer to this is  

    1年後、彼は再びそれを行った。なぜ?なぜ彼はこんなことをするのか?たぶん、この答えは

  • something he later said: “I could only relate  to a dead image of the person I could love.  

    と後に語っています。"私は、愛せる人の死んだイメージにしか共感できなかった。

  • The image of my dead grandfather would be the  model of him at his most striking in my mind.” 

    亡くなった祖父の姿は、私の中で最も印象的な祖父のモデルとなるでしょう。"

  • The next victim was a young Scottish man who'd  made the mistake of not just talking to Nilsen but  

    次に犠牲になったのはスコットランド人の青年で、ニルセンに話しかけただけでなく

  • agreeing to have a drinking competition with himIn another life, Nilsen could have drank booze for  

    彼との飲み会に同意したのだ。 別の人生では、ニルセンは酒を飲んでも

  • Scotland in the non-existent boozing Olympics. He killed again, and again, and again,  

    存在しない酒池肉林のオリンピックでスコットランドを彼はまた、何度も何度も殺した。

  • even a young man who he'd helped and taken to  hospital after seeing the guy slumped over after  

    倒れている男性を見て、助けて病院に連れて行った若い男性もいた。

  • taking too much epilepsy medication. When the guy  returned from the hospital to thank Nilsen that  

    癲癇の薬を飲みすぎた。その人が病院から戻ってきて、ニルセンにお礼を言うと

  • was the end of him, after a few drinks of course. This was his life. He even admitted it later,  

    もちろん、何度かお酒を飲んだ後には、彼は終わりを迎えた。これが彼の人生だった。後になってそれを認めることになった。

  • saying at times his days consisted  ofEnd of the day, end of the drink,  

    時には「一日の終わり、一杯の終わり」のような日々もあったという。

  • end of a person ... floorboards back, carpet  replaced, and back to work.” He had to take a  

    人の終わり......床板を戻し、カーペットを張り替えて、仕事に戻る。"を取らなければならなかった。

  • lot of sick days by way. Dissecting bodies and  burning them was time-consuming, and anyway,  

    その結果、病欠が多発した。遺体を解剖したり、焼いたりするのは時間がかかりますし、とにかく

  • when the bodies were still fresh, he wanted  to spend as much time with them as he could

    遺体がまだ新鮮なうちは、できるだけ一緒にいたいと思っていた。

  • Then the shock came. Nilsen's landlord asked  him to move out. He wanted to renovate the  

    そして、衝撃が走った。ニルゼンの大家さんから退去を求められたのである。大家さんは、家を改装して

  • house. There were five more bodies under the  floorboards, most of them already dissected,  

    の家。床板の下にはさらに5体の遺体があり、そのほとんどがすでに解剖されていた。

  • one whole. It was looking like he'd have to  call in sick again, this time for a few days.  

    1つの全体。このままでは、また数日間、病欠しなければならなくなりそうだった。

  • He burned the bodies and collected a thousand  pounds from the landlord in compensation

    彼は死体を燃やし、その対価として家主から1000ポンドを徴収した。

  • And so now we come to 23 Cranley Gardens, a  1930s Semi-detached with Tudor-style exposed  

    23 Cranley Gardensは、1930年代に建てられたセミデタッチドで、チューダー様式の装飾が施されています。

  • wood on the facade. A dream house for some,  a nightmare for others. It was also quite  

    ファサードには木が使われています。ある人にとっては夢のような家、ある人にとっては悪夢のような家。それはまた、かなり

  • inconvenient for a serial killer, given it was  divided into flats andand didn't have a garden!

    連続殺人犯にとっては都合が悪いことに、アパートに分かれていて......庭がなかったのです!(笑

  • Nilsen still invited young men up to his attic  flat, but knowing the disposal of bodies would  

    ニルゼンは相変わらず若い男たちを屋根裏部屋に招いていたが、遺体の処理を知ると

  • be hard or impossible he stopped himself from  killing them, even when they were blind drunk.  

    酔っぱらっていても殺さないようにしていた。

  • Then in March 1982, one young man got so drunk  Nilsen couldn't awaken him. He tried numerous  

    そして1982年3月、一人の青年が泥酔してしまい、ニルセンは彼を起こすことができなかった。彼は何度も

  • times, but the man was out cold. Nilsen  just stared at the body, like a famished  

    しかし、その男は冷たくなっていた。ニルゼンは、飢えた人のように、ただその死体を見つめていた。

  • dog that's been ordered to wait before eating. He then snapped, wound a strap around the man's  

    食べる前に待つように命令された犬をその後、キレて、男の人に紐を巻いて

  • neck, and pulled it tight. The sleeping man was  thrust out of his slumber and he attacked back,  

    と言って、首を強く引っ張った。眠っていた男が突き飛ばされ、反撃に出た。

  • wrapping his hands around Nilsen's  throat, almost killing the killer.  

    ニルゼンの喉に手をかけて、犯人を殺しかけた。

  • He passed out and Nilsen emitted a sigh of  relief, only for the guy to breathe and moan.  

    気絶した彼にニルセンは安堵のため息をついたが、彼は息をついてうめき声をあげた。

  • It took Nilsen three attempts to finish him offWhen he went back to work the next day he had to  

    ニルゼンは3回の挑戦で彼を完膚なきまでに叩きのめした。 次の日、彼が仕事に戻ったとき、彼には

  • make up a story about the bruises around his neckHis colleagues weren't suspicious, of course, Mr.  

    首についたアザの話をしていた。 同僚はもちろん疑っていなかったが、氏は

  • Nilsen was the salt of the Earth, a lovely bloke. The next victim changed everything

    ニルゼンは大地の塩であり、愛すべき人物であった。次の犠牲者がすべてを変えた。

  • It was only two months after the last one. Nilsen  met the 21-year old in a drag cabaret bar in the  

    前作からわずか2ヶ月後のことだった。ニルゼンは、21歳の彼女とドラッグ・キャバレー・バーで出会った。

  • famous Camden Town. They drank together while  the guy told him about how lost he felt after  

    有名なカムデン・タウンである。彼らは一緒に酒を飲みながら、その男が、自分がどのように迷っているかを話してくれました。

  • being dumped by another man. Nilsen's answer  to that grief was a few drinks at his house

    他の男に振られた。その悲しみに対するニルセンの答えは、彼の家での飲み会だった。

  • Sometime later, the man awoke partly stuffed  into a sleeping bag. He looked up at Nilsen,  

    しばらくして、男は寝袋に入った状態で目を覚ました。彼はニルセンを見上げた。

  • whose hands were around his neck. Only  partly conscious with the image blurring,  

    その手は彼の首にかかっていました。意識は一部しかなく、映像はぼやけている。

  • the last thing he heard in a faint whisper  was, “Stay still.” The next thing he knew he  

    彼が最後に聞いたのは、かすかなささやき声で、"Stay still "でした。次の瞬間、彼は

  • was inside a bathtub and Nilsen was holding his  head underwater. Everything then turned to black

    がバスタブの中にいて、ニルセンが水中で頭を抱えていた。その後、すべてが黒くなりました。

  • Nilsen, thinking he was done with the manplaced him in the armchair next to him so  

    ニルゼンは、この男との関係が終わったと思って、隣のアームチェアに彼を置いた。

  • they could watch some television togetherNilsen's dog, Bleep, joined in the fun. It  

    一緒にテレビを見ることができました。 ニルゼンの愛犬、ブリープも一緒に楽しみました。それは

  • got up on the armchair and started licking the  man's face. To Nilsen's surprise, he thought he  

    肘掛け椅子の上に立ち上がって、男の顔を舐め始めた。驚いたことに、ニルセンは自分が

  • noticed some vestige of life in the body. Rather than finish him off, Nilsen rubbed  

    体の中に生命の痕跡があることに気づいた。ニルゼンは、彼にとどめを刺すのではなく、彼の体をこすってみた。

  • him all over and tried to shake  him awake. The man did wake up,  

    彼を全身で揺さぶって、目を覚まさせようとした。男は目を覚ました。

  • after which Nilsen told him he'd almost strangled  himself while trying to zip up that sleeping bag.  

    その後、ニルセンは、寝袋のジッパーを閉めようとして自分の首を絞めそうになったことを話した。

  • He said he'd placed him in the bathtub of cold  water to bring him around. Nilsen, the hero, had  

    冷たい水の入ったバスタブに入れて、彼を連れてきたという。主人公のニルセンは

  • resuscitated him and saved his life. Over the next  48 hours, the man didn't know what was going on,  

    蘇生させて命を救ったのです。それからの48時間、男は何が起こっているのかわからなかった。

  • only ever being partly conscious. When he  finally came to, Nilsen just let him leave  

    意識は一部にしかなかった。意識が戻ったとき、ニルセンは彼をそのままにしておいた。

  • and he went off to the nearest hospital. Before  they parted, Nilsen told him that he hoped  

    と言って、近くの病院に行ってしまった。別れ際に、ニルセンは彼に「期待しています」と言った。

  • they'd cross paths another day in the future. They would, but not quite as Nilsen imagined

    将来的には、また別の日に出会えるだろう。そうなるだろうが、ニルセンが想像していたほどではない。

  • On October 9, 1982, Nilsen called in sick. He'd  killed again and dissection needed to be done.  

    1982年10月9日、ニルセンは病欠した。彼はまた殺してしまい、解剖が必要になったのだ。

  • Only this time, there weren't many places to hide  the body parts. A few months later he met 20-year  

    ただ、この時は、体の一部を隠す場所があまりなかった。その数ヶ月後、彼は20年の歴史を持つ

  • old Stephen. Together they larked around, drank  copious amounts of booze and listened to The Who.  

    年老いたスティーブン。彼らは一緒に遊び回り、大量の酒を飲み、The Whoを聴いた。

  • Moments later, Nilsen leaned beside the man  and said, “Oh Stephen, here I go again.”  

    その数分後、ニルセンは男のそばに寄り添い、"ああスティーブン、またやってしまった "と言った。

  • It seems he almost felt sorry for this  victim since while he was killing him,  

    この被害者を殺しているときから、ほとんど同情していたようだ。

  • he noticed the boy had bandages over his wrists. Now he had three dissected bodies in his small  

    手首に包帯が巻かれているのが見えた。今、彼は小さな部屋に3つの解剖された死体を抱えている。

  • flat. He decided to dump the organs  and smaller bits of flesh and bone  

    フラットな状態。臓器や小さな肉や骨のかけらを捨てることにしました。

  • in the toilet and flush them, but he was still  stuck with some heads, arms, legs, and torsos.  

    しかし、頭、腕、足、胴体などが残っていた。

  • Some of that he boiled to separate the flesh. Believe it or not, sometime later he had the  

    そのうちのいくつかは、肉を分離するために煮た。信じられないかもしれませんが、その後しばらくして、彼は

  • audacity to call the landlord and complain  the drains were blocked. Maybe he just  

    大家さんに電話して、排水管が詰まっていると苦情を言うという大胆さ。多分、彼は

  • wanted to be caught. The neighbors were also  complaining, so time was running out for him

    逮捕されたくなかった。近所の人たちからも苦情が出ていたので、彼にとっては時間がない状態だった。

  • And so, we come to those two words we so often  read in media: “gruesome discovery.” That plumber  

    そして、メディアでよく目にする2つの言葉が出てきました。"恐ろしい発見 "です。その配管工は

  • had an inkling that what he'd discovered was  not the remnants of Kentucky Fried Chicken.  

    それは、ケンタッキーフライドチキンの残骸ではないと直感した。

  • When he returned to the house the next  day with his boss they were both pretty  

    翌日、上司と一緒に家に戻ったときには、二人ともかなり元気になっていた。

  • darn sure they were looking at the remains  of a human being. They were sure that one  

    彼らは人間の遺体を見ていると確信していた。彼らは確かに、ある

  • thing they found in the drain was a human eye. Suffice to say, they didn't just unblock the  

    排水溝の中から見つけたのは人間の目だった。言うまでもなく、彼らはブロックを解除しただけでなく

  • drains and collect their cash. It was discovered  by a pathologist that the flesh was human or  

    排水溝を利用して現金を回収する。病理学者によって発見されたその肉は、人間か

  • various humans. The next day the cops waited at  the house for Nilsen to return home from work.  

    様々な人間がいる。翌日、警官たちはニルセンが仕事から帰ってくるのを家で待っていた。

  • They didn't tell him he was under investigation  for murder, but they were just interested  

    殺人事件の捜査を受けているとは言わずに、ただ興味を持って

  • in what looked like a health hazard. They  asked if they could look inside his flat

    健康を害しているように見えたからだ。彼らは、彼のアパートの中を見ることができるかどうか尋ねました。

  • He didn't say no. It took about three  

    彼はノーとは言わなかった。約3時間

  • seconds after entering the flat to notice the  awful stench of human decomposition. That's a  

    部屋に入って数秒後には、人間の腐敗したひどい臭いに気がつきました。それは

  • smell you never forget. When the cops told him  that they'd found human flesh in the drains,  

    忘れることのできない匂い。警察が排水溝から人肉を発見したと言った時は

  • Nilsen pretended to be shocked, acting like  someone else had put the flesh there. This lasted  

    ニルゼンはショックを受けたふりをして、まるで誰かがその肉をそこに置いたかのように振る舞った。それは

  • about two minutes because he knew he was finished. When the cops asked where the rest of the bodies  

    終わったと思っていたので、2分ほどで終わりました。警官が残りの遺体はどこにあるのかと尋ねると

  • were, he pointed them to a wardrobe. Before  they even opened itthey didn't really  

    と言うと、彼は彼らにワードローブを指し示した。彼らがそれを開ける前に - 彼らは本当に

  • need to due to the stenchthey asked him  if there was more. Nilsen replied, “It's a  

    臭くてたまらないので、「まだあるのか」と聞いてみた。と聞くと、ニルセンは「それは......」と答えた。

  • long story; it goes back a long time. I'll tell  you everything. I want to get it off my chest.” 

    長い話になる。全部話すよ。私はそれを胸にしまっておきたいのです。"

  • In handcuffs, he was put into the back seat  of a police car. One of the officers asked  

    手錠をかけられ、パトカーの後部座席に乗せられた。警官の一人が

  • him if the remains belonged to one or two peopleSeemingly unperturbed, even glad he'd been caught,  

    彼は、遺体が一人の人間のものか、二人の人間のものかを知っていた。 彼は平然としており、捕まったことを喜んでいるようにも見えた。

  • Nilsen answered, “Fifteen or sixteen, since  1978.” Sometime later, investigators found  

    ニルゼンは「1978年以降、15〜16回」と答えた。それからしばらくして、調査官は

  • in his flat hands, a skull, a severed head,  a torso, arms, organs, and other body parts

    彼の平らな手には、頭蓋骨、切断された頭部、胴体、腕、内臓などの体の一部がある。

  • During the many hours of interrogations  he told them a lot, but not everything.  

    何時間もの尋問で、彼は多くのことを話したが、すべてを話したわけではない。

  • They asked him why he did it, at which point he  said, “I'm hoping you will tell me that.” He said  

    その理由を聞かれ、その時に "それを教えてほしい "と言われました。と言ったそうです。

  • at another point, “I wished I could stop, butcouldn't. I had no other thrill or happiness.” 

    また、「やめたいと思ったけど、やめられなかった」ということもありました。他にスリルも幸せもなかった。"

  • He eventually told them most of what you  have heard today, from the TV watching  

    そして、今日、テレビを見ている皆さんが聞いているようなことを、ほとんど話してしまった。

  • to the loss of his grandfather to how  much he worshipped those bodies and how  

    祖父を亡くしたこと、どれだけそれらの体を崇拝していたか、どれだけ

  • much he enjoyed the ritual of killing people. During the trial he tried to claim diminished  

    彼は人を殺すという儀式をとても楽しんでいました。裁判の間、彼は減少したと主張しようとしました。

  • responsibility, his argument being that when  killing people he thought he was doing the  

    彼の主張は、人を殺すときには自分がやっていると思っていたので、その責任は大きい。

  • right thing. But then the ones who'd got away  came forward as witnesses, proving that Nilsen  

    と言っていた。しかし、逃げた人たちが目撃者として名乗り出て、ニルセンが

  • was in control all the time and knew exactly  what he was doing. The young man he'd let go  

    自分が何をしているのか、常にコントロールしていた。彼が手放した若い男は

  • could barely speak he was so traumatized. The jurors seemed in a state of utter shock  

    は、トラウマのためにほとんど話すことができませんでした。陪審員は全くのショックを受けているようでした。

  • as they heard about how he made the  bodies his lovers as if they were alive.  

    恋人の体をまるで生きているかのようにしたという話を聞いて