Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • -My next guest is a talented actress

    -次回のゲストは実力派女優

  • who you can see on the popular CW show "Riverdale,"

    CWの人気番組「リバーデイル」でお馴染みの

  • which airs Wednesdays at 8:00 p.m.

    水曜日の午後8時から放送しています。

  • Here is Madelaine Petsch.

    ここでは、マデレーン・ペッチが登場します。

  • Madelaine, oh, it is so nice to see you.

    マドレーヌさん、ああ、お会いできて嬉しいです。

  • Thank you so much for coming on the show.

    番組に来てくれてありがとうございました。

  • I was thinking about this.

    ということを考えていました。

  • I don't think I know any other Madelaines.

    私は他のマデレーンを知らないと思います。

  • Is there a story about the name?

    名前にまつわるエピソードはありますか?

  • -Hi. Yeah, there is.

    -ハイ。はい、あります。

  • My parents are from South Africa

    私の両親は南アフリカ出身です。

  • and they are self-proclaimed hippies

    そして、彼らは自称ヒッピーです。

  • and my mom named my brother Sean after my dad, and my mom let

    母は父の名をとって弟にショーンと名付け、母は

  • my dad name me, and she thought he'd pick something normal

    父が私を指名したとき、彼女は父が普通のものを選ぶと思っていた。

  • or somewhat appropriate.

    か、やや適当。

  • And he picked the name Street.

    そして、彼は「ストリート」という名前を選んだ。

  • -[ Laughs ]

    -[ 笑い ]

  • Oh, no, no, no. -Right.

    あ、いやいやいや (笑)。

  • My mom was like, "We got to make this work.

    私の母は、「これを成功させなければならない」と言っていました。

  • You can't name a little girl Street."

    小さな女の子にStreetという名前をつけることはできません。"

  • So they picked Lane, like lane on the road, Madelaine.

    そこで彼らが選んだのは、レーン(Lane on the road、Madelaine)でした。

  • -Ah. That's a great story.

    -ああ。すごい話ですね。

  • -Yeah, my brother called me Street growing up, though,

    -ええ、私の弟は幼少期にStreetと呼んでいましたが。

  • so my dad still got his kicks.

    だから、父はまだ興奮していたのだ。

  • -"Riverdale" is now in season 5.

    -「リバーデイル」はシーズン5に入りました。

  • For me, I think that was my introduction to you,

    私にとっては、それがあなたとの出会いだったのだと思います。

  • for your big break.

    あなたのビッグブレークのために

  • Was it for you as well?

    あなたにとってもそうでしたか?

  • What things were you doing before "Riverdale"?

    リバーデール」の前はどんなことをしていましたか?

  • -It was beyond my big break, and I'm still thankful for it.

    -それは私のビッグブレイクを超えたものであり、今でも感謝しています。

  • I met you, I think, four years ago now, which is nuts.

    私があなたに会ったのは、今から4年前だと思いますが、それはおかしいですね。

  • I had like a hundred jobs before "Riverdale."

    リバーデイル」の前には、100個くらいの仕事をしていました。

  • I was a personal assistant for multiple people.

    私は複数の人のパーソナルアシスタントをしていました。

  • I was a photo retoucher.

    写真のレタッチャーをしていました。

  • I worked at a coffee shop, at a hookah lounge.

    私はコーヒーショップで働いたり、フーカラウンジで働いたりしました。

  • But one of my crazy jobs was at a pie shop in North Hollywood.

    しかし、私のクレイジーな仕事の1つは、ノースハリウッドのパイ屋さんでした。

  • And I had a very interesting closing night

    そして、私はとても興味深い閉会式の夜を過ごしました。

  • once that involved Nicolas Cage.

    ニコラス・ケイジが関わったこともある。

  • -What? He came in to get some pie?

    -えっ、彼はパイを取りに来たの?

  • -Yeah, it was like 15 minutes before we close,

    -ええ、閉店15分前くらいでした。

  • and I had kind of taken -- we had to wear vests.

    私たちはベストを着用していました。

  • And I had taken my vest off,

    そして、私はベストを脱いでいました。

  • and I was like, "I'm gonna clean. No one's coming in."

    私は「私は掃除をする。誰も入ってこないから」と。

  • And then Nicolas Cage -- It was like smoke

    そして、ニコラス・ケイジ......まるで煙のようだった。

  • should have billowed in through the door when he came through.

    は、彼が入ってきたときにドアから吹き出したはずだ。

  • It felt like a scene in a movie.

    映画のワンシーンのような感覚でした。

  • He just waltzed in with this group of friends,

    彼は、この友人たちと一緒にやってきました。

  • like, smelled great, looked like he walked off a movie set,

    匂いも良く、映画のセットから出てきたように見えました。

  • and I was like, "Oh, my God, I'm gonna die.

    で、「ああ、もう死んじゃう」と思った。

  • I'm gonna die. It's Nicolas Cage."

    死んじゃうよ。ニコラス・ケイジだ。"

  • Like, this is 15 minutes before close.

    これは閉店15分前です、みたいな。

  • I've turned off Madelaine work mode.

    マデリンの仕事モードをオフにしました。

  • Like, I'm now ready to go home.

    帰りたくなってきた、みたいな。

  • And then Nicolas Cage waltzes in and I'm like, "Hi."

    そこにニコラス・ケイジが入ってきて、私は「こんにちは」と言ったんです。

  • And he's like, "Hey," and starts rattling off pie orders

    そして、彼は "ヘイ "と言って、パイの注文をし始めたのです。

  • like it's nobody's business, like 20 slices in 15 seconds.

    15秒で20枚のスライスのように、誰にも邪魔されないように。

  • And I'm sitting there and at a certain point I just froze.

    そして私はそこに座っていて、ある時点で固まってしまいました。

  • Stopped touching the screen, stopped putting pie orders in

    画面を触らなくなった、パイの注文を入れなくなった

  • and just a tear rolled down my face.

    と、ただただ涙がこぼれました。

  • And I just stopped moving. And he was like,

    そして、私はただ動きを止めた。そして彼はこう言いました。

  • "What's going on? Are you okay? Why are you crying?"

    "What's going on?あなたは大丈夫?なぜ泣いているの?"

  • He was so kind and so nice,

    彼はとても親切で、とてもいい人でした。

  • but also like, "What is wrong with this girl?"

    と同時に、"この子はどうしたんだろう?"という気持ちにもなります。

  • -So he's just rattling off pies like blueberry, coconut cream,

    -ブルーベリー、ココナッツクリームなどのパイを並べています。

  • lemon meringue, apple.

    レモンメレンゲ、リンゴ

  • Right? And he's yelling pies at you?

    だろ?そして彼はあなたにパイを叫んでいる?

  • -Yeah. And he was like, "I'll get ice cream on that.

    -ええ。そして彼は、「その上にアイスクリームを乗せる」と言っていました。

  • Ooh, can I get a coffee? Ooh, can I have some --

    コーヒーを飲みたいんだけどOoh, can I have some --

  • Oh, and then can I have a pecan pie?"

    あ、それからピーカンパイを食べてもいいですか?"

  • He was so excited about pie. Like, I can't blame the guy.

    彼はパイにとても興奮していた。その人を責めることはできません。

  • They were great pieces of pie,

    素晴らしいパイの数々でした。

  • but I was just like, "Oh, my God, Nicolas Cage is in here,

    が、「ああ、ニコラス・ケイジがいるんだ」と思ってしまった。

  • and he's ordering pie from me.

    そして、私にパイを注文しています。

  • And I'm crying. What's wrong with you, you dummy?

    そして、私は泣いている。どうしたんだ、このダミー?

  • Stop crying.

    泣かないで

  • Stop. Move your arm, move your arm."

    止める。腕を動かせ、腕を動かせ"

  • -He would love this story. He's so fun. He's so cool.

    -彼はこの物語が好きだろうね。He's so fun.He's so cool.

  • -He was so kind.

    -彼はとても優しかった。

  • I mean, there's a weird girl standing in front of him

    怪しい女の子が目の前に立っていると

  • with a single tear rolling down her face

    一粒の涙を流しながら

  • while he was ordering pie from her, which is her job.

    彼は、彼女の仕事であるパイの注文をしている間に

  • And he was so kind to me.

    そして、彼は私にとても親切にしてくれた。

  • -You got to do some really cool things in the past few years

    -ここ数年で、本当に素晴らしいことができるようになりましたね。

  • with the success of the show.

    このショーの成功で

  • I want to talk to you about this documentary you have coming up.

    今回のドキュメンタリーについてお話ししたいと思います。

  • -I'm so excited.

    -興奮しています。

  • I mean, there's so many cool things that I've gotten to do

    つまり、私はたくさんのクールなことをするようになったのです。

  • because of the show and I'm so thankful,

    この番組のおかげで、私はとても感謝しています。

  • but my parents are most proud of me for this,

    が、両親はこのことを最も誇りに思っています。

  • which is just the cutest thing in the world.

    これは世界で一番かわいいことだと思います。

  • I'm executive producing a documentary called

    というドキュメンタリー番組を製作しています。

  • "Meat Me Halfway," M-E-A-T.

    "Meat Me Halfway", M-E-A-T.

  • And it's about the effect that meat eating

    そして、肉食がもたらす影響についてです。

  • and meat consumption has on the environment.

    と肉食が環境に与える影響を考えます。

  • And the reason why I love it so much

    そして、私がこんなにも好きな理由は

  • is I've been raised plant-based, and I never wanted to ever shove

    は、私は植物性で育ってきたので、絶対に押し付けたくありませんでした。

  • those beliefs down people's throats.

    そのような信念を、人々の喉の奥に押し込んでいるのです。

  • But I also want to give them the tools and information

    しかし、私は彼らにツールと情報を提供したいと思っています。

  • to make their own educated decisions.

    自分で考えて判断できるようになる。

  • And I met Brian Kateman,

    そして、ブライアン・カットマンと出会った。

  • who has this whole movement called Reducetarianism,

    は、Reducetarianismと呼ばれる運動を展開しています。

  • which is reducing your meat consumption,

    は、肉の消費量を減らすことです。

  • not stopping it. It's an unrealistic goal

    を止めないこと。非現実的な目標である

  • to think the whole world should go vegan.

    は、全世界がヴィーガンになるべきだと考えています。

  • And I reached out to him when I read about his movement

    そして、彼の動きを読んで手を差し伸べました。

  • and asked him what he's got going on.

    と聞いてみると、「何をやっているの?

  • And he told me he was working on a documentary,

    そして、彼はドキュメンタリーを作っていると言っていました。

  • and I jumped on with him,

    と言って、一緒に飛び乗った。

  • and we just hit the ground running.

    と言っていましたが、その通りになりました。

  • -That's so fun. And I love the title.

    -それはとても楽しいですね。タイトルもいいですね。

  • "Meat Me Halfway."

    "Meat Me Halfway"

  • -"Meat Me Halfway." -M-E-A-T.

    -「Meat Me Halfway」。-M-E-A-T

  • -Yeah, it's really cool.

    -ええ、すごくいいですよ。

  • I'm really excited. It comes out in the summer.

    とても興奮しています。夏に発売されます。

  • -Oh, fantastic. Well, come back.

    -ああ、素晴らしい。では、また来てください。

  • We'll talk about that because that'd be great.

    それは素晴らしいことだから、そのことについて話そう。

  • -I'd love to. Yeah. I'm really excited about it.

    -ぜひそうしたいですね。ええ、とても楽しみにしています。

  • -You know, I'm a big fan of "Riverdale."

    -「リバーデイル」の大ファンなんですよね。

  • What is Cheryl up to?

    Cherylは何をしているの?

  • What could possibly be happening this season?

    今シーズン、何が起こるかわからない。

  • -Well, you know, as per usual, Cheryl is just up to no good.

    -まあ、いつものようにシェリルは何かを企んでいるのでしょう。

  • You know how it is.

    知っている人は知っていると思います。

  • She -- We're about to shoot our show

    彼女...私たちはこれから番組を撮影します。

  • episode eight on Wednesday.

    エピソード8を水曜日に放送します。

  • And she throws a key party.

    そして、彼女は重要なパーティーを開きます。

  • She brings a love interest,

    彼女は恋敵を連れてくる。

  • a new one for herself, and also her ex-girlfriend

    自分のために新しいものを作ったり、元カノの

  • because she loves to stir up trouble.

    なぜなら、彼女はトラブルを起こすのが大好きだからです。

  • -I want to show a clip.

    -クリップを表示したい。

  • Here's a look at tomorrow night's episode of "Riverdale."

    明日の夜の「リバーデイル」のエピソードをご紹介します。

  • Check it out.

    チェックしてみてください。

  • -Ahem. Hear ye, hear ye, fellow friends and fiends.

    -Ahem.聞いてください、聞いてください、仲間の友人や悪人たちよ。

  • Not that I don't want us swan diving into sad adulthood

    悲しい大人になっても、白鳥のように飛び込んでいってほしいとは思わないが

  • with babies and marriages and arthritis, et cetera,

    赤ちゃんや結婚、関節炎など、さまざまなことがあります。

  • I'm throwing a party, one last hurrah

    私はパーティーを開きます、最後のひと時を

  • to celebrate our wild, misspent youth,

    私たちのワイルドな青春を祝うために。

  • one final chance to recall our reckless teenage selves.

    10代の頃の無謀な自分を思い出す最後のチャンス。

  • I mean, who could forget my iconic

    つまり、私のアイコンである

  • "spin the bottle" parties of yore?

    "往年の「スピン・ザ・ボトル」パーティ?

  • -Aren't we a little old for that?

    -それにしても、ちょっと年を取りすぎではないでしょうか?

  • -Which is why this little fete will be a key party.

    -だからこそ、この小さなお祭りは重要なパーティーになるのです。

  • -Madelaine Petsch.

    -Madelaine Petsch.

  • "Riverdale" airs Wednesdays at 8:00 p.m. on the CW.

    "Riverdale "は、CWで水曜日の午後8時から放送されています。

-My next guest is a talented actress

-次回のゲストは実力派女優

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 TheTonightShow パイ ニコラス 注文 ドキュメンタリー 番組

マドレイン・ペッチュ、ニコラス・ケイジとの初対面で涙|The Tonight Show Starring Jimmy Fallon (Madelaine Petsch Cried When She First Met Nicolas Cage | The Tonight Show Starring Jimmy Fallon)

  • 0 0
    林宜悉 に公開 2021 年 03 月 17 日
動画の中の単語