Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • Samurai have been shrouded in mystery, thanks in  no small part to the rampant misinformation put  

    侍は謎に包まれていますが、それは間違った情報が氾濫していたことも一因です。

  • out by popular movies and TV shows over the yearsWhile surely these stereotypes that most people  

    は、長年にわたって人気のある映画やテレビ番組によって生み出されてきました。 確かにこれらのステレオタイプは、ほとんどの人が

  • understand about samurai are grounded in some  truth, they were more often than not fantasy. It  

    侍についての理解は、ある種の真実に基づいていますが、多くの場合はファンタジーでした。それは

  • is true that Samurai warriors were among the most  elite and feared opponents on the battlefield,  

    武士が戦場で最も精鋭で恐れられた相手であったことは事実である。

  • which is part of the reason why many of their  famous fighting styles live on to this day  

    彼らの有名な戦闘スタイルの多くが今日まで受け継がれている理由の一つでもあります。

  • in disciplines like jujitsu. But what did  it really take to become a Samurai warrior?  

    柔術のような種目で。しかし、武士になるためには何が必要だったのでしょうか?

  • After all, these warriors did not  just magically appear one day to  

    結局、彼らはある日突然、魔法のように現れたわけではなく

  • become seasoned veterans and their training  started years, sometimes decades prior

    そのためには、何年も、時には何十年も前から訓練を受けているベテランになる必要があります。

  • To become a samurai, depending on the age you  were born, you had to have a hereditary link  

    侍になるためには、生まれた年代によって、世襲制で

  • to begin training. While this was more common  after the Tokugawa shogunate unified Japan,  

    と言って、トレーニングを始めました。徳川幕府が日本を統一してからは、このようなことが多くなりました。

  • prior to this, during the Age of Troubles  plagued by constant warfare, it was easier  

    それ以前の、絶え間ない戦争に悩まされていた「トラブルの時代」には、より簡単に

  • for anyone with skill to attend training. For those families who had a military heritage,  

    技能を持った人がトレーニングに参加できるように。軍隊の伝統を受け継いだ家族のために

  • it was not uncommon to start training the  children to be warriors at a young age.  

    は、幼い頃から武士としての訓練を始めることも珍しくなかったようです。

  • Fathers would teach sons some of the crucial  martial skills at home before sending them to  

    父親は息子に、家庭で重要な武術を教えてから、学校に行かせた。

  • school. These early lessons would focus on things  like swordsmanship, archery, and horseback riding

    学校に通っていました。初期のレッスンでは、剣術、弓術、乗馬などを学びました。

  • For those who were not born intowealthy or military aligned family,  

    富裕層や軍閥系の家に生まれなかった人には

  • they could still get training from an early age  through other means. Throughout most of medieval  

    彼らは幼い頃から他の方法で訓練を受けることができました。中世のほとんどの時代では

  • and early modern Japanese history it was illegal  for common people to own weapons. Because of this,  

    日本の近現代史では、庶民が武器を持つことは違法でした。このため

  • naturally, it was difficult for most to become  warriors. However, there were several ways  

    当然のことながら、ほとんどの人が戦士になることは難しい。しかし、いくつかの方法があった。

  • to bridge this learning gap for commoners. In the villages it was still common to teach  

    庶民の学習ギャップを埋めるために村では、まだ一般的に教えていました

  • self-defense classes. Since civilians were unarmed  they were frequently easy targets for bandits and  

    護身術の授業です。民間人は非武装であるため、しばしば盗賊の格好の標的となります。

  • renegade soldiers. Learning self-defense was  considered one of the martial skills of the  

    離反した兵士たち。護身術を学ぶことは、武術の一つとして考えられていました。

  • samurai that would have to be learned later  in training so this would be an advantage.  

    侍は後の修行で身につけなければならないものなので、これは強みになります。

  • Commoners could also learn by taking advantage of  lessons provided by travelling samurai. Because  

    庶民は、旅する武士の教えを受けて学ぶこともできました。なぜなら

  • samurai relied on the hospitality of others for  food and shelter during their frequent travels, it  

    武士は、旅の途中で衣食住のすべてを人にゆだねていました。

  • was not uncommon for them to repay this kindness  with lessons in swordsmanship, spearmanship,  

    そのお返しに、剣術や槍術を教えてもらうことも珍しくありませんでした。

  • or some other martial skill. Villagers could also  learn from returning veterans from the constant  

    などの武術を学ぶことができます。また、村人たちは、恒常的に行われていた戦争から戻ってきた退役軍人から学ぶこともできました。

  • campaigns who might offer their services for  those wanting to take up arms as a profession

    また、武器を職業としたい人のためにサービスを提供するようなキャンペーンも行われていました。

  • Beyond this ad hoc training, once a young man  reached his teenage years, he could apply for  

    このような場当たり的な訓練を経て、10代になると、若者は申請して

  • formal training at a ryu. (Pronounced rye-youThe ryu was a blanket term for most centers of  

    流派での正式なトレーニング。流」とは、日本の伝統的な文化である「流儀」を総称したものです。

  • learning for samurai. These schools varied over  the years and their course of instruction largely  

    武士のための学問。これらの学校は年々変化しており、その指導方法も大きく異なります。

  • depended on where the school was located and  what clan it belonged to. Though there were  

    その学校がどこにあるのか、どこの藩に属しているのかによって変わってきます。がありましたが

  • many schools, they often taught a core set of  skills with an emphasis on one in particular. For  

    多くの学校では、一つのスキルに重点を置いてコアセットを教えていました。については

  • instance, to be considered a samurai, a student  would need to know a style of swordsmanship,  

    例えば、サムライになるためには、剣術のスタイルを知らなければなりません。

  • spearmanship, archery, horseback riding, unarmed  combat, and swimming at a bare minimum. After the  

    槍術、弓術、乗馬、素手の戦闘、水泳は最低限必要です。の後は

  • introduction of firearms in Japan, musketry  was also added to this core list of skills

    日本に銃器が導入されたことで、銃術もこのコアスキルに加えられました。

  • Ryus could specialize in different weapons  and styles, attracting those individuals who  

    ライズは、様々な武器やスタイルに特化することができ、それを求める人たちが集まってきます。

  • wanted to learn those specific skills. They  could also branch into more unique fighting  

    は、そのような特定のスキルを学びたいと考えていました。また、よりユニークな格闘技に分岐することも可能です

  • styles and weapons but more on that later. The schedule that a prospective samurai had  

    スタイルや武器については後述します。侍になる人のスケジュールは

  • depended largely on the size and funding of the  ryu. For those in wealthier areas, the schools  

    は、その流派の規模や資金力に大きく左右されました。裕福な地域の人々にとって、学校は

  • could afford at least one master, or sensei, inparticular skill. The largest and most prestigious  

    は、特定の技術の師匠(先生)を少なくとも一人は雇う余裕がありました。最大かつ最も権威のある

  • schools could even have multiple instructors  on staff. For smaller, less-funded schools,  

    の学校では、複数の講師を配置することも可能です。小規模で資金力のない学校の場合

  • there might only be one sensei who taught multiple  subjects just on different days. Additionally, the  

    曜日ごとに複数の科目を教えている先生は一人しかいないかもしれません。さらに、その

  • experience of a student depended largely on how  devoted they were to the program. At most schools,  

    学生の経験は、プログラムにどれだけ熱心に取り組むかによって大きく左右される。ほとんどの学校では

  • the students had the option of living there full  time or attending classes and then going home.  

    学生たちは、そこで暮らすか、授業を受けて帰るかの選択肢を持っていました。

  • For those that chose to stay, they would often  become the favorites of the masters who would  

    残ることを選んだ者は、しばしばマスターのお気に入りとなり、彼らは

  • reward their dedication with extra instruction. Regardless of how a student chose his path to  

    そのためには特別な指導が必要です。生徒がどのように進路を選択したかにかかわらず

  • become a samurai, they were all  bound by a certain set of rules.  

    侍になると、皆、ある種のルールに縛られることになる。

  • Students who were accepted had to swear to an oath  of secrecy about the training that went on there  

    受け入れられた学生は、そこで行われているトレーニングについて秘密を守ることを誓わなければならなかった。

  • beyond the basic techniques that practically every  warrior had learned. Since these special additions  

    殆どの戦士が学んできた基本的な技術の他にこれらの特別な付加価値は

  • to the core techniques were what made each school  different, protecting these nuances was vital to  

    そのためには、それぞれの学校の特徴を生かした技術の継承が不可欠です。

  • ensure that school's warriors maintained an edge  on the battlefield. If the techniques taught at  

    学校の戦士たちが戦場で優位に立つために。で教えられた技術が、もし

  • the school got out to other people not privy to  the information, countermeasures and new weapons  

    そのため、情報を知らない人にも学校が伝わってしまい、対策や新兵器の開発が遅れてしまいました。

  • could be developed to defeat these samurai  in combat. By keeping the training a secret,  

    このような侍に対抗するためには、戦闘力を高める必要があります。トレーニングを秘密にすることで

  • the young students could preserve the integrity  of the program for generations to come

    このようにして、若い学生たちが、このプログラムの完全性を何世代にもわたって維持することができました。

  • Once in the program, the students would also be  part of a rigid rank structure amongst themselves  

    プログラムに参加すると、生徒たちは自分たちの間で厳格なランク構造を持つことになります。

  • and in their relationship with their mastersStudents would be given a rank based on the year  

    師匠との関係においても 学生は、年に応じてランク付けされます。

  • of training they were in. Typically, the program  of instruction would last for six years. Once  

    のトレーニングを受けていました。通常、指導のプログラムは6年間続く。かつては

  • graduated, they would receive certificates for the  completion of their training and become samurai.  

    卒業すると、修行を終えた証明書が発行され、サムライになるのです。

  • The students would also have a paternalistic  relationship with their sensei. The sensei,  

    また、生徒は先生と父性的な関係を持つことになります。センセイは

  • especially for those that lived at the schoolwould become a father figure to them caring not  

    特に学校に住んでいる人たちにとっては、父親のような存在であり、彼らを気遣っていました。

  • only for their instruction but physical and mental  well-being. To question a sensei was considered  

    先生の指導だけでなく、心身の健康のために。先生に質問することは

  • a huge infraction and could get a student kicked  out of school. While we would like to believe that  

    これは重大な違反であり、学生は学校から追い出される可能性があります。と信じたいところですが

  • this was never abused by those in a position  of power, that might not have been the case

    これが権力のある立場の人に悪用されることはなかったかもしれない。

  • But instead of questioning the authority ofsensei, if a prospective student wanted to go to  

    しかし、先生の権威を疑うのではなく、もし生徒が「先生のところに行きたい」と言ったら

  • another ryu to continue training on a specialty he  wanted, he would have to apply for the opportunity  

    他の流派で希望する専門分野の修行を続けるには、申請しなければならない。

  • through his clan. If the clan granted permissionthen the student would be permitted to attend any  

    藩を通じて藩の許可が得られれば、その学生はどのような場所でも

  • school he desired as long as he brought alongwritten recommendation from his clan leadership

    藩の指導者からの推薦状を持参すれば、希望する学校に通うことができた。

  • Despite the vast array of dojos and fighting  styles available, samurai were expected to be  

    膨大な数の道場や戦い方があるにもかかわらず、サムライに求められたのは

  • well-versed in a variety of core skills that  would enable them to win on any battlefield  

    どのような戦場でも勝利を収めることができるよう、様々なコアスキルを身につけている。

  • under any condition. Learning a variety of  skills was also seen as a way of making samurai  

    どんな状況下でもまた、様々な技術を身につけることは、武士の資質を高めることにもつながると考えられていました。

  • warriors stand out amongst their peers and be  hired by more prominent and wealthy masters

    戦士は同業者の中でも目立ち、より著名で裕福なマスターに雇われます。

  • Though wielding weapons was how samurai became  victorious in battle, it was their armor that  

    サムライは武器を使って戦いに勝利しましたが、鎧を着ていたからこそ

  • would enable them to keep fighting and was  one of the main ways that distinguished them  

    それは、彼らが戦い続けることを可能にするものであり、彼らを差別化する大きな方法の一つでした。

  • from the common foot soldier. In the days of  feudal Japan, large conscript armies of peasants  

    庶民の足軽から封建的な日本の時代には、農民の大規模な徴兵制の軍隊は

  • were lightly armed and armored, usually only  fielding simple weapons and light leather armor.  

    は軽装で、通常は簡単な武器と軽い革製の鎧しか持っていませんでした。

  • On the other hand, samurai were seen as the  professional heavy infantry, with their iconic  

    一方、武士はプロの重装歩兵とみなされ、その象徴である

  • armor not only being a status symbol but  serving a much more practical use as well.  

    アーマーはステータスシンボルであるだけでなく、より実用的なものでもあります。

  • Samurai armor was famed around the world and  differed much from the armor worn by European  

    世界的に有名なサムライの鎧は、ヨーロッパの人々が着ていた鎧とは大きく異なります。

  • knights. While the West favored protection over  mobility, the Japanese were able to do both

    騎士です。西洋では機動性よりも防御性を重視していたが、日本ではその両方が可能であった。

  • Samurai armor was composed of many pieces that  would be individually tied to each portion of  

    サムライの鎧は、多くのパーツで構成されており、それぞれのパーツに結び付けられていました。

  • the body. The arms, legs, chest, back, groinneck, and head each got their own piece of  

    体のこと。腕、脚、胸、背中、股間、首、頭はそれぞれ自分の作品を持っていて

  • armor. The individual pieces were commonly made  of leather with steel plates sewn into them.  

    の鎧を着ています。個々のパーツは、革に鉄板を縫い付けたものが一般的でした。

  • Of course, good armor was incredibly expensive  and time consuming to make with sets of armor  

    もちろん、良い鎧はセットで作るととてつもなく高価で時間がかかりました。

  • often being passed down generation to generation. Though the Hollywood depictions of ornate samurai  

    世代を超えて受け継がれてきました。ハリウッドで描かれる華麗なサムライの姿には

  • armor were actually worn, these sets were  only worn by high ranking field commanders  

    実際に着用されていたのは、高位の現場指揮官に限られていたようです。

  • as a way to bolster morale of their troops  before battle. Rather, though samurai armor was  

    は、戦いの前に兵士の士気を高めるためのものでした。むしろ、武士の甲冑は

  • cosmetically beautiful, contrary to the moviesit was more simple and utilitarian in real life

    映画とは異なり、実際にはもっとシンプルで実用的な美しさがあった。

  • But once that Samurai was dressed for battle, he  would have a plethora of options to fight with  

    しかし、そのサムライが戦いのために服を着れば、戦いのための選択肢が豊富になります。

  • and of course, what would a samurai be without his  sword? Swordsmanship was the fundamental martial  

    そしてもちろん、剣なくしてサムライは成り立たない。剣術は基本的な武術であり

  • art studied by all samurai regardless of rankclass, or skill. Learning how to use a sword in  

    階級や技量に関係なく、すべての武士が学んだ技術です。刀の使い方を学ぶのは

  • combat was one of the primary means of fightingHowever, there are a lot of misconceptions out  

    の戦闘は、主要な戦闘手段のひとつでした。 しかし、世の中には多くの誤解があります。

  • there and one the main ones being about what  constitutes a katana. A katana for the samurai  

    その中でも特に重要なのが、「カタナ」の定義です。侍のためのカタナ

  • was just one of many swords that could be carriedIn short, a katana was either a double or single  

    は、数ある刀の中の一つに過ぎませんでした。 要するに、カタナは二本か一本の

  • edged sword, depending on the era, of standard  length. A samurai could pick a longer sword called  

    時代によっては、標準的な長さの刃のついた剣があります。と呼ばれる長い刀を選ぶことができました。

  • a daito or a shorter sword called a wakizashi. No matter what kind of sword the samurai picked  

    大刀や脇差と呼ばれる短い刀。どのような刀を選んでも

  • as his main weapon, he would always carrysecond sword on his belt. This second sword  

    主力武器である刀に加えて、常に二本目の刀を帯びていました。この二刀流は

  • could serve a variety of functions depending on  the situation. It could be a secondary weapon if  

    は、状況に応じて様々な役割を果たします。次のような場合には、二次的な武器になるかもしれません。

  • the samurai loses his primary one. It could  be a tool used to decapitate defeated foes.  

    侍は主要なものを失った。それは敗れた敵の首を切るための道具かもしれない。

  • Or it could also be used to commit ritual  suicide in the case of defeat or dishonor

    あるいは、敗戦や不名誉の場合に切腹するためにも使われた。

  • Beyond the sword, samurai could also pick a spear  as a primary weapon since this was also taught as  

    刀だけではなく、侍は槍を主武器として選ぶことができました。

  • one of the fundamental fighting styles every  samurai should learn. The spear in Japanese  

    侍が学ぶべき基本的な戦い方の一つである。日本語での槍の表現

  • military history actually has a longer precedence  than the katana. Its long length and wide variety  

    戦国時代の歴史は、実はカタナよりも長い。その長さと種類の多さ

  • of spear tips made it a common weapon of choice  due to its versatility. The increased range of  

    の槍先で、その汎用性の高さから一般的な武器となりました。射程距離が伸びたことで

  • the weapon was also a favorite for those who  wanted to keep their enemies at a safe distance,  

    この武器は、敵との距離を保ちたい人にも好まれました。

  • better take on multiple targetsand take on enemy cavalrymen better

    複数のターゲットに対応できるようになり、敵の騎兵にも対応しやすくなりました。

  • Another primary weapon that all samurai were  expected to be well-versed in was the bow and  

    また、武士が使いこなすことが求められた主な武器として、弓と

  • arrow. Bows again take prominence in Japanese  military history with bows being the dominant  

    arrow日本の軍事史では、弓が再び重要な位置を占め、弓が主流となっています。

  • long range weapon before firearms. Samurai would  first begin training on the bow at a young age,  

    銃器の前の遠距離武器。侍は若い頃から弓の訓練を始めた。

  • perfecting their technique and accuracy during  hunts for wild game. They also would have a wide  

    野生動物を狩る際には、技術と正確さを磨く。また、彼らは幅広い

  • range of bows to choose from with about five  different kinds of bows available to them,  

    の範囲で、約5種類の弓が用意されていて、その中から選ぶことができます。

  • including crossbows. However, the  long bow would eventually serve as  

    弩弓も含めて。しかし、長弓はやがて

  • the premier Japanese bow of choice due to  its ability to be wielded on horseback

    は、馬上で使えることから、日本の弓の最高峰とされています。

  • Samurai archers were well-renowned for their  accuracy with a bow even long after the advent  

    侍の弓術は、弓の正確さで定評がありましたが、それは時代が変わっても変わりません。

  • of firearms. It was said before one battlesamurai warrior was asked to demonstrate his  

    銃器のある戦いの前に、武士が自分の武器を見せてくれと言われたという。

  • ability with a bow by the enemy commander and  he was able to do so by shooting a duck in the  

    のアヒルを射ることで、敵将の弓による能力を発揮しました。

  • clouds solely by the echoes of its quacksBecause of their storied history with bows,  

    弓の反響だけで雲ができてしまう。 弓の歴史があるからです。

  • even until the very end of the feudal erasamurai were expected to master the bow

    藩政末期まで、武士は弓を使いこなすことが求められていました。

  • The last of the fundamental martial fighting  styles samurai had to master were the art of  

    侍がマスターしなければならない基本的な武術の最後のものは、以下の通りです。

  • horsemanship and swimming. Both of these  techniques came in handy due to the nature  

    馬術と水泳です。この2つの技術は、自然の中で役に立つものでした。

  • of Japanese tactics and landscape. Japanese  tactics revolved around the use of cavalry  

    日本の戦術と風景の日本の戦術は騎兵の使用を中心としていた

  • to go around and trap large bodies of troopsMilitary commanders would also need mounted  

    は、大規模な部隊の周りを回って罠にかけることができる。 軍の指揮官には、馬に乗った

  • scouts to collect intelligence as well  as move quickly to meet enemy threats.  

    偵察機で情報を収集し、敵の脅威に迅速に対応する。

  • Samurai also trained on using horses with all  their fighting styles of swords, spears, and bows

    侍もまた、剣や槍、弓などのあらゆる戦闘スタイルに対応するために、馬を使った訓練を行っていました。

  • Swimming also comes in handy due to the nature  of how Japan is laid out. As an island nation,  

    また、日本という国の特性上、水泳は非常に有効です。島国ですからね。

  • it has a large number of rivers, lakes, streamsand coastlines that were frequently the scenes  

    また、多くの河川、湖沼、小川、海岸線があり、それらが頻繁に舞台となっています。

  • of battles. Samurai warriors were expected  to train to fight and swim in the water.  

    の戦いをしていました。侍の戦士たちは、戦いのための訓練と、水の中で泳ぐことを期待されていました。

  • Swimming in full armor was a skill that  would be necessary to save a samurai's life  

    鎧を着て泳ぐことは、武士の命を守るために必要な技術だった

  • should he ever have to ford a body of water  for escape or maneuver or make his stand in it

    このような状況の中で、彼が水域に入って逃げたり操縦したりしなければならなくなった場合、彼はその場で立ち上がることができます。

  • While these are nowhere near all the training  methods and weapons used by samurai warriors,  

    侍が使っていたトレーニング方法や武器は、これらがすべてではありません。

  • they are a great overview of what was most common.  

    これらは、最も一般的なものの概要を示しています。

  • Once a samurai mastered these basic techniques  and weapons, he could go on to more advanced  

    侍はこの基本的な技術と武器を習得した後、より高度な技術を身につけることができます。

  • training in prestigious schools or acquire  certificates in lesser-known styles of combat.  

    有名な学校で訓練を受けたり、あまり知られていない戦闘スタイルの証明書を取得したりしています。

  • With dozens of dojos teaching their own  styles for each kind of weapon, a samurai  

    何十もの道場がそれぞれの武器の種類に応じて独自のスタイルを教えているので、サムライは

  • had a very unique and personal experience on  his way to become a warrior. Combine that with  

    は、戦士になるまでの過程で、非常にユニークで個人的な経験をしました。それを組み合わせることで

  • the fact that there were almost a dozen other  commonly accepted weapons to choose from, and  

    他にも10種類近くの一般的な武器があったこと、そして

  • it makes the cookie cutter samurai in Hollywood  movies armed with a katana seem kind of bland.

    ハリウッド映画に出てくる、カタナで武装したクッキー型のサムライが、何とも味気ないものに思えてきます。

Samurai have been shrouded in mystery, thanks in  no small part to the rampant misinformation put  

侍は謎に包まれていますが、それは間違った情報が氾濫していたことも一因です。

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B2 中上級 日本語 武士 サムライ 武器 カタナ 日本 戦い

侍の装備とトレーニングを解説 (Samurai Warrior's Equipment and Training - Explained)

  • 5 0
    林宜悉 に公開 2021 年 03 月 15 日
動画の中の単語