Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • On a quiet summer's evening in 2012, a typical  suburban house in Hull, UK, was filled with the  

    2012年の静かな夏の夜、イギリスのハルにある典型的な郊外の一軒家には

  • unmistakable sounds of two brothers arguing loudly  over a board game. But this was no typical family  

    二人の兄弟がボードゲームをめぐって大声で言い争っているのは紛れもない音でしたが、これは典型的な家族ではありませんでした。しかし、これは典型的な家族ではありませんでした

  • with normal squabbling kids. Brothers Matthew  and Michael Clark were living through a second  

    普通の喧嘩っ早い子供たちとマシューとマイケル・クラークの兄弟は 第二の人生を生きていました

  • childhood, even though they were 42 and 39 years  old at the time of this particular argument.  

    この特定の議論の時には42歳と39歳であったにもかかわらず、子供の頃。

  • The crazy true story of brothers aging  backwards is almost too strange to believe.

    兄弟が後ろ向きに老いていくという狂気じみた実話は、信じられないほど奇妙なものです。

  • The Clark brothers enjoyed a thoroughly normal  first childhood growing up in a suburban  

    クラーク兄弟は、郊外の田舎で育った普通の子供時代を過ごしていました。

  • neighborhood in Hull, UK. Both of the boys did  well in school and they spent many happy days  

    イギリスのハル市のご近所さんです。男の子二人とも学校ではうまくやっていて、幸せな日々をたくさん過ごしました。

  • with their parents playing board games, watching  cartoons and enjoying a carefree childhood. As  

    親と一緒にボードゲームをしたり、アニメを見たり、のんきな子供時代を過ごしています。として

  • the boys entered adulthood, they seemed to  be on the path to having perfectly normal,  

    少年たちが大人になったとき、彼らは完全に正常になる道を歩んでいるように見えました。

  • happy adult lives, too. Michael joined the Royal  Air Force at age 20, and Matthew was offered spots  

    幸せな大人の生活を送るためにマイケルは20歳で英国空軍に入隊し、マシューはスポットを提供された

  • in both an agricultural college and the Royal  Navy. The young men grew up, moved away from home,  

    農業大学と英国海軍の両方で若者たちは成長し、家を離れていきました。

  • fell in love and eventually got married. Michael  became a step father to his new wife's children,  

    は恋に落ち、最終的には結婚しました。マイケルは新妻の子供たちの継父となった。

  • and Matthew went on to have a daughter of  his own. Things weren't always perfect - both  

    そしてマシューは自分の娘を授かりました。物事はいつも完璧ではありませんでした。

  • brothers ended up getting divorced just  a few years into their marriages - but  

    兄弟は結婚して数年で離婚してしまった。

  • the Clark brothers seemed to be leading  perfectly ordinary lives well into their 30s.

    クラーク兄弟は30代になっても平凡な生活を送っていたようです。

  • Things appeared to be so normal, in fact, that  Michael and Matthew's parents' decided it was  

    マイケルとマシューの両親は、これが普通のことだと判断しました。

  • time to pursue one of their life-long dreamsUnderstandably believing that their child  

    彼らの生涯の夢の一つを追求するための時間です 理解できる範囲で、自分の子供が

  • rearing years were far behind them, in 2005  Tony Clark took an early retirement from his  

    育てていた時代がはるかに過ぎた2005年、トニー・クラークは早々に引退しました。

  • job as a prison guard, he and his wife Christine  sold their home and everything that they owned,  

    刑務官としての仕事をしていた彼と妻のクリスティンは家と所有していたものをすべて売却しました。

  • and they prepared to move to Spain  where they planned to enjoy a relaxing,  

    と、彼らはリラックスした時間を楽しむために計画したスペインへの移動を準備しました。

  • sun-soaked retirement complete with  plenty of visits from their grown sons.

    成長した息子たちの訪問も多く、太陽の下でのんびりとしたリタイア生活を送っています。

  • Looking back at these years, Tony and Christine  can now see some of the red flags that warned  

    この数年を振り返って、トニーとクリスティンは今、いくつかの警告の赤旗を見ることができます。

  • them that all was not as normal as it seemedbut at the time, they never in their wildest  

    すべてが普通ではないと思っていましたが、その時は思いもよらなかったのです。

  • dreams could they have imagined what terrible  truth these warning signs were pointing to.  

    彼らは夢の中で、これらの警告の兆候が指し示していた恐ろしい真実を想像していたかもしれません。

  • Tony recalls the first time that he had an inkling  that something might not be quite right with his  

    トニーは最初に何かがおかしいと感じた時のことを思い出す。

  • sons. When the boys were in their 30s, they  joined their parents on a holiday in Spain.  

    の息子たち。息子たちが30代になった頃、両親と一緒にスペインに旅行に行きました。

  • As the plane barrelled down the runway, picking  up speed before taking off into the sky,  

    飛行機は滑走路を駆け下り、速度を上げてから空へと飛び立っていきました。

  • the two grown men squealed  with joy and yelledYippee!”  

    歓喜の声をあげて「イッパイ」と叫ぶ大人二人

  • like a pair of kids. The two also squabbled like  children throughout the entire trip, which Tony  

    まるで子供のように二人はまた、旅の間中ずっと子供のように口論していました。

  • found rather odd considering that Matthew wasfather himself at that point. Nevertheless, he  

    マシューがその時点で父親であることを考えると、むしろ奇妙なことに気がついた。それにもかかわらず、彼は

  • brushed it off as the boys letting off some steamand focused on preparing for their upcoming move.

    それは、少年たちがいくつかの蒸気を放出し、次の引っ越しの準備に集中しているように、それをオフにしました。

  • Unfortunately, Tony and Christine's move to  Spain had coincided with their sons' dramatic  

    残念なことに、トニーとクリスティンのスペインへの移住は、息子たちの劇的な成長と重なっていました。

  • downward spirals, and though they couldn't  see all of the warning signs from abroad,  

    下降スパイラルに陥っていて、海外からの警告のサインをすべて見ることはできませんでしたが

  • they soon began to notice that something was  wrong. At first, it was little things, like  

    彼らはすぐに何かが間違っていることに 気付き始めました最初は小さなことでした

  • the boys' bizarre behavior on their trip, or the  fact that it was getting harder and harder to get  

    旅先での少年たちの奇行や、だんだんキツくなってきたこともあり

  • a hold of them on the phone. The boys used to call  and talk to their parents at least once a week,  

    電話で連絡を取り合う少年たちは週に一度くらいは電話をかけて親と話していたそうです。

  • and they usually texted with their father every  day, but eventually Tony and Christine would go  

    父親と毎日メールをしていましたが、最終的にはトニーとクリスティンは

  • weeks without hearing from their sons. But it  wasn't until they got a startling call from  

    何週間も息子たちから連絡がありませんでしたしかし、それは、彼らが驚くべき電話を受けるまでではありませんでした

  • their granddaughter Lydia that the Clarks would  learn the true extent of their sons' downfalls.

    彼らの孫娘リディアは、クラークスは、彼らの息子の落ちこぼれの本当の範囲を学ぶことになるだろう。

  • A few years into their Spanish retirement, Tony  and Christine received a frantic call from Lydia,  

    彼らのスペインの退職に数年、トニーとクリスティンはリディアから必死の電話を受けた。

  • who told a stunned Tony and Christine that her  uncle, Michael, had been living in a hostel.  

    唖然とするトニーとクリスティンに、叔父のマイケルがホステルで暮らしていたことを話した。

  • Lydia went on to explain how she had recently  received a concerning call from one of the  

    リディアは、最近、ある人から電話があったことを説明した。

  • hostel workers who was worried about both  her uncle and her father's bizarre symptoms,  

    彼女の叔父と父親の奇妙な症状の両方を心配していたホステルの従業員。

  • and who was asking for her father's information.

    と父親の情報を聞いていた人がいました。

  • By this time, things had truly fallen  apart for both of the Clark boys.  

    この頃になると、クラークの二人は本当にバラバラになっていました。

  • They were both divorced and Matthew  was estranged from his daughter, Lydia.  

    二人は離婚し、マシューは娘のリディアと疎遠になっていた。

  • Matthew had been fired from his factory job due  to his strange, immature behavior, and Michael  

    マシューは、彼の奇妙で未熟な行動が原因で工場の仕事を解雇されていたが、マイケルは

  • had been unemployed ever since an knee injury had  prompted his discharge from the RAF. Michael had  

    は膝の怪我で空軍からの除隊を促されて以来、ずっと失業していた。マイケルは

  • been evicted from his apartment because he had  stopped taking care of himself and his apartment  

    追い出された

  • had become a disgusting mess. He moved in with  Matthew for a time, but the arrangement didn't  

    は嫌な思いをするようになっていました。一時期マシューと同棲していましたが、その取り決めは

  • last long - the brothers began bickering so badly  that Michael eventually moved out, and he ended up  

    兄弟げんかがひどくなり、マイケルは結局出て行ってしまいました。

  • spending 3 weeks sleeping out in the elements atnearby park before he found his way to the hostel.

    彼はホステルへの道を見つける前に、近くの公園で3週間寝泊まりをしていました。

  • Workers at the hostel took notice of  Michael's strange behavior and his odd,  

    ホステルの労働者たちは、マイケルの奇妙な行動と彼の異様さに目をつけた。

  • childlike demeanor. They arranged for him  to receive medical wellness checks and,  

    子供のような風貌をしていました彼が健康診断を受けるように手配してくれました

  • once they learned that he had a brother who  was experiencing the same strange symptoms,  

    同じような奇妙な症状を経験している兄弟がいることを知った途端に

  • they contacted Michael's daughter Lydia. Doctors  did an MRI and genetic testing on both brothers,  

    マイケルの娘のリディアに連絡を取った。医者は、二人の兄弟のMRIと遺伝子検査をした。

  • and discovered the shocking and heartbreaking  reason for their rapid decline - both brothers  

    と、衝撃的で胸が痛む理由を発見した二人の急激な衰退の理由-二人の兄弟

  • were diagnosed with terminal leukodystrophyTheir brains were slowly being destroyed,  

    末期白質ジストロフィーと診断されました 彼らの脳はゆっくりと破壊されていきました

  • and intellectually and emotionally, the two  grown men were returning to toddlerhood.

    と知的にも情緒的にも、大人になった二人は幼児期に戻っていた。

  • Leukodystrophy is an incredibly rare and  extremely devastating neurological disease  

    白血病は、信じられないほど稀で、非常に壊滅的な神経疾患です。

  • that attacks the white, orleukomatter of  the brain and spinal cord. There is no cure for  

    脳や脊髄の白質、つまり「ロイコ」という物質を攻撃します。治療法はありません

  • leukodystrophy, and no treatment that can stop  the slow and inevitable loss of brain function  

    白質ジストロフィー、そしてゆっくりとした必然的な脳機能の低下を止めることができる治療法はありません。

  • that results from the disease. There are over 40  known types of leukodystrophy, and most forms of  

    に起因するものです。白質ジストロフィーには40種類以上のタイプが知られており、ほとんどのタイプの

  • the disease are inherited from parent carriersalthough for the terminal variant of the disease,  

    は親のキャリアから継承されますが、病気の終末変種のために。

  • there is only a 1 in 3 billion chance of two  carriers meeting and having children together,  

    二人のキャリアが出会い、一緒に子供を持つ確率は30億分の1しかありません。

  • making Michael and Matthew's diagnosis one  of the most rare diseases in the world.

    マイケルとマシューの診断を世界で最も珍しい病気の一つにしています。

  • While the diagnosis provided  answers to the Clarks' questions  

    診断はクラークスの質問に対する答えを提供していましたが

  • and explained much of their sonsstrange behavior in recent years,  

    と、近年の息子たちの奇妙な行動の多くを説明した。

  • it was devastating for the parents to learn that  their boys had a degenerative, terminal disease,  

    親にとっては壊滅的なことでした彼らの少年が退行性の末期疾患を持っていたことを知ることになります。

  • and that there was nothing they could do to  stop their heartbreaking, gradual decline.  

    そして、彼らの悲痛な、徐々に衰えていく姿を止めることはできないと。

  • For her part, Lydia found some small comfort in  her father's diagnosis. For most of her life,  

    リディアは父親の診断に少しの慰めを見出した。彼女の人生の大半は

  • she had believed that her father's absence  in her life was because he was uninterested  

    おやじがいないのはおやじがいないからだと思っていた

  • in knowing her, and some small part of her had  always wondered if that was somehow her fault.  

    彼女を知ることができて、彼女の心のどこかが、それが彼女のせいではないかといつも思っていました。

  • Though her father's disease was a devastating  blow, and even though she knew that they would  

    彼女の父親の病気は壊滅的な打撃だったが、彼女は彼らが

  • never have a typical father-daughter relationshipshe was relieved to have an explanation for  

    の説明ができてホッとしたそうです。

  • their estrangement, and grateful to have the  chance to have him in her life in some way.

    疎遠になっていた二人が、何かの形で彼が彼女の人生に関わってくれたことに感謝しています。

  • Upon learning of their sons' diagnoses, Tony  and Christine immediately dropped everything  

    息子の診断を知ったトニーとクリスティンは、すぐにすべてを捨てた。

  • and returned to the UK, determined to  do whatever they could for their sons.  

    とイギリスに戻り、息子たちのためにできることは何でもすると決意しました。

  • When they arrived at Matthew's apartment, they  were appalled. They knew how bad the situation  

    マシューのアパートに到着したとき、彼らは愕然とした。彼らは状況がどれほど悪いかを知っていました

  • was, but it didn't truly hit them until they  saw the deplorable state that their sons had  

    しかし、息子たちの悲惨な状態を目の当たりにするまでは、それは本当の意味で彼らの心を打つことはありませんでした。

  • been living in. As the boys' conditions  worsened, they had gradually become  

    の生活を送っていました。少年たちの状況が悪化するにつれ、次第に

  • completely unable to care for themselvesTheir personal hygiene was abhorrent,  

    自分の世話をすることができませんでした 彼らの個人的な衛生状態は 忌まわしいものでした

  • and Matthew's apartment reflected this decline  in a dramatic way. If he dropped something,  

    とマシューのアパートは、この衰退を劇的に反映していました。もし彼が何かを落としてしまったら

  • he would simply leave it where it felldirty laundry was piled up in the corners,  

    汚れた洗濯物が隅に積まれていました。

  • and it took Christine hours to clean the  disgusting kitchen. At one point, Matthew  

    クリスティンは嫌なキッチンを掃除するのに何時間もかかりました。ある時、マシューは

  • had been sitting alone in an empty apartment  for 2 weeks without food or electricity, with  

    は、2週間、食料も電気もないアパートで一人で座っていました。

  • only a single candle for light, because he simply  didn't know how to apply for social assistance.

    単純に生活保護の申請方法を知らなかっただけなので、光のためのロウソク一本で済んだ。

  • The city council in Hull provided the Clarks with  an accessible home for themselves and their grown  

    ハル市議会は、クラーク夫妻に自分たちと成長した子供たちのためのアクセスしやすい家を提供しました。

  • sons to live in together, and life gradually  returned to normal for the Clark family - or,  

    息子たちが一緒に暮らすために、人生は徐々にクラーク家のために正常に戻ってきた - または。

  • what would have been normal for  them 2 to 3 decades ago, anyways.  

    20~30年前の彼らにとっては普通のことだったでしょう。

  • During what should have been their golden  years of retirement, the Clarks instead  

    引退後の黄金期には、クラークスの代わりに

  • found themselves caring for their sons through  a second childhood - the only difference now was  

    第二の子供時代を経て、息子たちの世話をしていることに気付きました。

  • that the twotoddlersthey were caring for were  actually 6-foot-tall, nearly 200 pound grown men.

    彼らが世話をしていた2人の "幼児 "は、実際には身長180cmで200ポンド近くの大人の男性だったことがわかった。

  • When strangers heard the story of the Clark  brothers, they often joked that the boys  

    見知らぬ人がクラーク兄弟の話を聞いたとき、彼らはよく冗談を言った。

  • were real-life Benjamin Buttons - a nod to the F.  Scott Fitzgerald character who was born as an old  

    は実在のベンジャミン・バトンズで、F.スコット・フィッツジェラルドのキャラクターにちなんだものです。

  • man and grew up into a little boy. But Tony and  Christine always found this analogy unrealistic  

    男になって少年に成長しました。でもトニーとクリスティンは いつもこの例えが非現実的だと思っていました

  • and rather upsetting. While the boys  definitely grew intellectually and  

    と、むしろ動揺していました。少年たちは確かに知的に成長しましたが

  • emotionally more immature by the day, their  bodies were not aging in reverse. “There's  

    感情的には日に日に未熟さを増していました 彼らの体は逆に老化していませんでした"そこには

  • no return to them being cute little boys,”  says Christine. “They're big strong men.”

    "かわいい男の子には戻れない" とクリスティンは言う。"彼らは大きくて強い男だ"

  • Other than their outward appearance, Michael and  Matthew were exactly like stereotypical children.  

    外見以外では、マイケルとマシューはまさにステレオタイプな子供たちのようでした。

  • Michael was moody and childlike, and couldn't  be left alone for even a few minutes without him  

    マイケルは不機嫌で子供じみていて、彼がいないと数分でも放っておくことができませんでした。

  • getting into something. Matthew was always  shouting and was a non-stop talker with a  

    何かに夢中になるマシューはいつも叫んでいたし、ノンストップでしゃべっていて

  • child-like lack of impulse control, always saying  whatever came to his mind. They were incredibly  

    子供のような衝動制御の欠如で いつも思いついたことは何でも言います彼らは信じられないほど

  • affectionate, especially with each otheroften hugging each other and cuddling while  

    抱き合ったり、抱き合ったり

  • watching their favorite cartoon, The SmurfsThe boys had a fascination with model trains,  

    大好きな漫画「スマーフ」を見ていました。 男の子は鉄道模型に夢中になっていました。

  • and, just like when they were growing  up, the boys loved playing board games,  

    と、大人になった時と同じように、男の子はボードゲームをするのが大好きでした。

  • though these games would frequently devolve  into meltdowns and violent temper tantrums,  

    これらのゲームは頻繁にメルトダウンと暴力的な気性のかんしゃくに変形するだろうが。

  • which were all the more frightening for their  parents coming from two fully grown men.  

    親にとってはもっと怖いことになっていましたが、完全に成長した二人の男性からのものでした。

  • There's nothing we can do to help,” said  Chistine. “We feel absolutely powerless.”

    "「私たちにできることは何もない」とチスティンは言いました。"私たちは全く無力だと感じています"

  • Christine found herself reliving her childrearing  years some 2 decades after her sons had left  

    クリスティンは、彼女の息子たちが去った後、いくつかの20年後に彼女の子育ての年を追体験している自分自身を発見しました。

  • their first childhood behind. She found herself  exhausted and sleep deprived from being up at  

    最初の子供時代を後にして彼女は疲れ果てて寝不足になっていることに気付きました

  • night with children, sometimes as many as 7 times  in one night. She was worn out from the nightly  

    子供たちとの夜、時には一晩に7回も。彼女は毎晩のように

  • bedtime battle with 2 moody and exhausted boys who  denied that they were tired even as their eyelids  

    まぶたが疲れていても「疲れている」と否定した不機嫌で疲弊した男子2人との就寝バトル

  • drooped and they struggled to stay awake. She  was frustrated from trying to feed 2 increasingly  

    垂れ下がり、彼らは起きているのに苦労していました。彼女は、ますます増えていく2匹に餌を与えようとしていたことにイライラしていました。

  • picky eaters. And she constantly faced curious  and even hostile stares from strangers in public  

    好奇心旺盛な食いしん坊。公共の場で見知らぬ人からの 好奇心と敵意に満ちた視線に 絶えず直面していました

  • because her grown sons insisted on  holding her hand in noisy, crowded stores.

    彼女の成長した息子たちが、騒がしく混雑した店で彼女の手を握ろうとしたからだ。

  • Like most children, the boys were happiest  being around other kids, despite being  

    ほとんどの子供たちと同じように、男の子は他の子供たちと一緒にいるのが一番幸せでした。

  • physically much larger than children who shared  their emotional and intellectual age. In 2012,  

    情緒年齢や知的年齢を共有する子どもたちよりも、身体的にはるかに大きくなっていました。2012年には

  • Matthew himself became a grandfather when his  daughter Lydia gave birth to a son. Matthew had  

    マシュー自身が祖父になったのは、娘のリディアが息子を出産した時だった。マシューは

  • the chance to meet the baby, and he even seemed  to understand that the child was his grandson, but  

    赤ちゃんに会う機会があり、その子が孫だと理解しているようにさえ見えたが

  • watching them interact, Tony, Christine and Lydia  were heartbroken to observe that intellectually,  

    彼らの交流を見て、トニー、クリスティン、リディアは、知的にそれを観察して心を痛めていた。

  • Matthew was closer to a slightly older brother  than he was to being the child's grandfather.

    マシューは、子供の祖父であることよりも、少し年上の兄に近い存在だった。

  • As time went on, the boys' conditions continued  to deteriorate. Their mental and emotional  

    時間が経つにつれ、少年たちの状態は悪化の一途をたどっていきました。精神的にも感情的にも

  • maturity continued to decline as they reverted  to more and more childlike behavior. They were  

    成熟度はどんどん子供らしい行動に回帰していき、衰えていきました。彼らは

  • declining physically, too. Where Matthew used to  be able to eat normally with a knife and fork,  

    肉体的にも衰えてきているマシューがナイフとフォークで普通に食べられていたところに

  • over a matter of weeks it became increasingly  difficult for him to manage as his motor skills  

    数週間の間に、彼の運動能力が低下してきたため、彼の管理がますます困難になってきました。

  • regressed - he could get the food onto  the fork, but couldn't manage to direct  

    彼はフォークに食べ物を乗せることはできても、フォークに食べ物を乗せることができませんでした。

  • the fork into his mouth. As walking also became  increasingly harder, eventually both boys required  

    とフォークを口に入れていました。歩くことも難しくなってきたので、最終的には二人とも

  • a wheelchair to get around. Most heartbreakingly  of all, at times the boys seemed all too aware  

    車椅子で移動しました何よりも心が痛むのは、少年たちが時折、あまりにも

  • of what was happening to them. They knew what  they used to have, and they were frustrated  

    彼らに起こっていたことの彼らは昔のことを知っていて 苛立ちを感じていました

  • at what they were becoming, but they and their  parents were powerless to stop the inevitable.

    自分たちが何になりつつあるのかに気づいていたが、彼らとその両親は、避けられないことを止める力がなかった。

  • Most parents' worst nightmare is the idea  of outliving their kids; for the Clark's,  

    ほとんどの親の最悪の悪夢は 子供が長生きすることです クラーク家にとってはね

  • their greatest fear was that their children  would outlive them. They worried about what  

    彼らの最大の恐怖は 子供が長生きすることでした彼らは心配していました

  • would happen to their boys - who would take care  of them and meet their incredibly unique needs  

    誰が彼らの世話をし、彼らの信じられないほどユニークなニーズを満たすだろうか?

  • if their parents died before them? Tragicallythe Clarks would survive both of their sons,  

    両親が先に死んでいたら?悲劇的なことに クラーク家は 息子の二人を生き残らせることになった

  • and would not have to agonize over what would  happen to the boys if anything happened to Tony  

    トニーに何かあっても少年たちがどうなるのかと 悩む必要はありません

  • and Christine. Matthew succumbed to his disease  in 2013, and leukodystrophy took Michael in 2016.

    とクリスティン。マシューは2013年に病気に屈し、2016年にマイケルを白血病で亡くした。

  • Leukodystrophy, an incredibly rare neurological  disease, turned the Clark family's lives inside  

    白血病は、信じられないほど珍しい神経疾患で、クラーク家の生活を内側に変えてしまった。

  • out, causing two grown men to mentally and  emotionally return to their toddlerhood  

    二人の成人男性が精神的にも感情的にも幼児期に戻ることを引き起こして、アウト

  • before ultimately taking their lives. The  crazy true story of the Clark brothers - the  

    最終的に彼らの命を奪う前にクラーク兄弟の狂ったような真実の物語、それは

  • brothers who aged backwards - is  as strange as it is heartbreaking.

    後ろ向きに年をとった兄弟たち - それは心が痛むのと同じくらい奇妙なことです。

  • If you thought this video was shockingbe sure and check out our other videos,  

    この動画が衝撃的だと思った方は、ぜひ他の動画もチェックしてみてください。

  • like this video calledWeirdest Brain Disorders”,  or perhaps you'll like this other video instead.

    奇妙な脳の障害」と呼ばれるこのビデオのように、またはおそらくあなたは、代わりにこの他のビデオを好きになるでしょう。

On a quiet summer's evening in 2012, a typical  suburban house in Hull, UK, was filled with the  

2012年の静かな夏の夜、イギリスのハルにある典型的な郊外の一軒家には

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 マシュー クリスティン クラーク 子供 リディア マイケル

後ろ向きに老いていく兄弟のクレイジーな実話 (Crazy True Story of Brothers Aging Backwards)

  • 0 0
    林宜悉 に公開 2021 年 02 月 17 日
動画の中の単語